ボークの適用2


【状況】
1999. 8. 7 スワローズ×タイガース 18回戦(明治神宮野球場)
 タイガース1点のリードで迎えた8回表、坪井がタイムリーを打ち2点差とリードを広げました。さらに攻撃の手を緩めないタイガースは田中が三遊間に痛烈な打球を打ちました。ショート宮本が追いついて深い位置からセカンドへ送球、タイミングはセーフでしたが、坪井がオーバーランをしてしまいました。
 送球を受けた馬場はオーバーランをした坪井と交錯したときにヘルメットにタッチをしたように見えましたが、這いながら2塁に戻った坪井への判定はセーフ。審判からはタッチしたところが見えなかったようです。当然、若松監督以下スワローズが抗議をしたところ、この抗議が受け入れられ、一転アウトということになりました。
 ところが、場内への審判の説明で、田中が打った岡林の投球にボークがあったことが判明。えっ?ボークなのに、坪井はオーバーランでアウトなの??

ボークがあったらボールデッドじゃないの?どうして坪井がアウトでチェンジなの?


【調べてみると】
 この場面をテレビで見ていて、判定が覆ったときに、単なるミスジャッジ、再生ビデオを見ると明らかにタッチしているし、馬場自身タッチしたという感覚があったから、そのままプレイを流したんだろうし、まぁ坪井としてはとりあえず・・・という形でセカンドに触塁し直したんだと思いました。たぶん、坪井もタッチされた感触があったから、素直に引き下がったんだろうしね。

 ところが場内への審判のアナウンスを聞いてビックリ。上記のような状況でボークがあったなんて言うし。単純にタッチを見ていなかったというだけではなく、非常に深いルールの適用があったようです。
 中継のアナウンサーや解説者の人も、何がどうなっているのかわからない、ルールの適用がおかしいんじゃないか、という論調でしたし、あの審判の説明だけでは誰もわからないと思うよ。ちゃんと説明するようになったのは、いい傾向だけど、わかりやすい説明を心掛けて欲しいところです。

 すぐにルールブックを確認したのですが、どうやら今回のプレイはミスジャッジが絡んでいたので、何かおかしい感覚を受けてしまいますが、ちゃんとしたルールが適用されているようです。

 ちょっと復習です。
 ボークの適用1を思い出して下さい。
 佐伯の外野フライがボークの球だったので打ち直しになったケースです。

 公認野球規則8.05、いくつかのボークになる違反投球の規定の中でペナルティとして記載されている部分を再度書き出します。

 本条各項によってボークが宣告されたときは、ボールデッドとなり、各走者は、アウトにされるおそれなく、一個の塁が与えられる。
 ただし、ボークにもかかわらず、打者が安打、失策、四死球、その他で一塁に達し、かつ、他のすべての走者が少なくとも一個の塁を進んだときには、本項前段を適用しないで、プレイはボークと関係なく続けられる。


 後半部分、つまり前回の佐伯のケースではボークの球を外野フライではなく、エラーやヒットだった場合、つまり打者有利の結果になった場合、例えボークではあっても関係なくプレイは続行されるということです。

 これを今回の田中の打球で考えると、ショートがセカンドへ送球した段階で、坪井はすでにセカンドに到達していたので、当然田中は1塁セーフ。田中の記録としてはショート内野安打になっているはずです。
 つまり、例え岡林の投球がボークであっても田中の内野安打ということで、プレイはそのまま続行されてしまうのです。

 それでは坪井のアウトはどういうことか・・・。
 同じ項の付記ニが適用されたのでしょう。

【付記ニ】 本条ペナルティを適用するにさいして、走者が進塁しようとする最初の塁を空過し、アピールによってアウトを宣告されても、一個の塁を進んだものと解する。

 坪井はオーバーランしてしまった時点で2塁に進んだことになったために、田中の内野安打が成立してしまったんですね。

 もしものケースですが、例えば、
・田中の打球が平凡なショートゴロ、もしくは内野フライとか外野フライ、要するに完全なアウトであれば、ボークが成立して坪井が進塁した上で、田中は打ち直し。
・坪井がオーバーランなどせずに2塁セーフになっていれば、2死1,2塁で試合続行。

てなことになるのでしょう。今回のケース、タイガースにとって有利だったのですが、スワローズにとってラッキーだったということでした。
 田中の打球がもっと平凡な当たりだったら、そもそも坪井がオーバーランなどしていなければ・・・。この試合、タイガースが勝ったから良かったものの、ひとつ間違えば試合の流れを変える大きなプレーだったと思います。

 ところで、一旦セーフの判定だったわけですが、果たしてこれがタッチが見えなくてセーフとしてしまったのか、ボークとわかっていてセーフと判定し、あとでルールの適用を確認して判定が覆ったのか?
 どちらにしても、審判のミスだと思うのですが、果たしてどっちだったんでしょう。あのアナウンスでの説明だけでは、やっぱりよくわからないよなぁ。
目次に戻る