Ver1.0〜'98.8.14作成

大阪球場


 南海ホークスが身売りして以来、野球場としては表舞台から姿を消してしまったのが大阪球場です。
 たまにTVに映る大阪球場、「あぶさん」なんかに出てくる大阪球場は、すでに野球場としての機能を放棄して、グランドが住宅展示場になった姿でした。
 まだ、ナゴヤ球場などのように、表舞台からは姿を消してしまっても、野球場としての機能を残してくれていれば幸せなのでしょうが、あまりにも無惨な姿としか言いようがありませんでした。
 ただ、野球としては使わないなら、そこを住宅展示場にしてしまえ・・・てのは、大阪人らしい合理主義なのかもしれません。(笑)
 さて、野球場としては、すでに役目を終えてしまった大阪球場ですが、幾多の名勝負を生んできた球場で、少なくとも外観は昔のままだったので、いつかここで紹介しようと思っていました。
 そのとき、ふと目に止まったニュースが・・・。
 ついに大阪球場が取り壊されることになったという記事でした。しかも、今年の11月には取り壊しが開始されるということ。来年の正月休みにでも写真を撮りにいこうと思っていたのですが、これは一刻の猶予もできなくなってしまいました。
 というわけで、大阪球場の貴重な姿を写真に納めましたので、何枚か紹介したいと思います。

大阪球場外観 大阪球場外観


 外からみると、どう見ても野球場なんだけどなぁ。(^^;
 さて、すっかり住宅展示場だと思っていた大阪球場なのですが、取り壊しに備えてか、住宅展示場はすでに大阪球場横に移転してました。
 スタンドに入れると思っていたのですが、スタンドへの入り口はすでに封鎖され、入れなくなっていました。こ、これは誤算だ。(笑)
 どうしても中に入りたくて、ウロウロしていたのですが、回りに人もいなかったことですし、関係者以外立ち入り禁止って書いてあったのですが、グランドに通じる通路を入っていくと・・・。

大阪スコアボード 大阪グランド


 そこは駐車場だった・・・。
 住宅展示場ってのも、哀しいものがあるけど、駐車場ってのもなぁ。しかも閑散としていて、本当に寂れたって感じでした。
 スコアボードに目を転じると、何故か野球のスコアが・・・。

 
西2x 


これは大阪球場最後の野球の試合で関西財界人対抗試合のスコアのようです。(60番さんからの情報です。Special Thanks!)
 そういうのをずっと残しておくっての、なかなかいいですねぇ。できればメンバーの名前も残しておけばいいのに・・・。と思ったら、東軍の杉山さん、西軍の川島さんだけボードに名前がありました。これって誰?(笑)
 杉山さんがラストバッター、川島さんが1番バッターのところに名前があるので、ひょっとして、最後の投手&最後の打者でしょうか・・・。
 それにしても、最後の試合にサヨナラ試合ってのは、あまりにも出来過ぎですね。

大阪バックネット裏スタンド 大阪1塁側スタンド


 こうして誰もいない球場を見るという機会はまずないので、スタンドを見ても何か寂しいものを感じさせます。
 グランドはともかく、スタンドだけを見ると、試合終了後のスタジアムって感じで、強者どもが夢のあと・・・という雰囲気ですね。
 球場内の広告看板は、ほとんどなくなっており、ただの白い板が並んでいるだけになっていました。あの有名な「あぶさん」の広告もいまはなく・・・。
 ただ、ちょっと目を引いたのは、バックネット裏に堂々と残っている「がんこ」の親父。(笑)
 関西人にはお馴染みのがんこ寿司のキャラクターですが、この球場の中で唯一自己主張しているようで、さすがやな・・と、ニヤッとしてしまいました。

大阪3塁側スタンド 大阪1塁側ベンチ


 スタンドの席の指定って、アルファベット+数字とか、数字の組み合わせが定番だと思っていたのですが、大阪球場は「いろは」を使っていたんですね。スタンド見ていて気がつきました。
 それから、ちょうど3塁側のスタンドのところに、アイスクリームと生ビールの幟が立っていて、なんとも言えない懐かしさというものを醸し出していました。
 ベンチは1塁側、3塁側ともに、すでに倉庫状態になっていました。ここに、かつての名選手、名監督が座っていたんだなぁと思うと、ちょっとした感動が・・・。でも、やっぱり現状は寂しい姿です。

大阪3塁ベンチ裏


 最後の写真は、3塁側のベンチ裏の通路です。
 右手に見える扉がベンチへの入り口になっているようです。その向かいの食堂は昔から食堂だったのでしょうか。選手たちが食事していたんでしょうかね。

 実際に大阪球場での野球の試合を見ることはなかったのですが、個人的に非常に記憶に残っているのは、やはりあの「江夏の21球」の近鉄×広島の日本シリーズでしょうか。やっぱり江夏のファンですからね。
 あの年、近鉄の本拠地、藤井寺では収容人員の関係や、ナイター照明の問題等があって、日本シリーズだけ大阪球場をフランチャイズにしていたんですよね。
 で、江夏といえば、かつては、この大阪球場を本拠地として南海ホークスでリリーフ投手として復活した球場。そこで、あのような名勝負を展開したというのも、何かの因縁だったのかもしれませんね。

 サヨナライベントで野球の試合は・・・できないだろうなぁ、これでは。





球場インデックスへ戻る

りが・みりてぃあトップページへ戻る