TSUCHIYA CLINIC

HOME

診療のご案内

ごあいさつ

子どもの病気

交通のご案内

リンク集

 私の生まれは新潟ですが、夫の出身地が川口市だったため、自宅そばのこの地で開業いたしました。
息子二人も地元の小中学校を卒業しており、今ではその同級生が赤ちゃんを連れて、当クリニックに来てくださいますので、まさに孫をみているような気持ちで毎日診療しています。

 開業してからは、主に小児科一般を診ていますが、私の得意領域は子どものけいれん(ひきつけ)で、当クリニックでは脳波検査ができます。
熱性けいれんは珍しくない病気ですが、繰り返しけいれんする時は、小児てんかんの場合もありますので、是非脳波検査を受けてみてください。
また、てんかんと間違えやすい泣き入りひきつけや失神なども、子どもではよくありますので、気軽にご相談ください。

 当クリニックは済生会川口総合病院に一番近いため、入院が必要なお子さんはまず済生会川口総合病院小児科にお願いすることが多く、次いで近い戸田中央総合病院小児科にお願いしています。二病院ともに、いつも快くお引き受けいただいております。
また、高度医療を必要とされる方は、東京女子医大小児科などにご紹介いたします。

  • 医学博士
  • 小児科専門医
  • 小児神経科専門医

著書(共著)・・・小児のてんかん


昭和40年

新潟県立佐渡高校卒業

昭和46年

新潟大学医学部卒業

昭和46年

新潟大学医学部付属病院で内科研修

昭和48年〜昭和57年

東京女子医大病院小児科 福山幸夫教授に師事

昭和52年〜平成5年

松戸クリニックへ出張勤務 丸山博院長に師事

昭和51年〜平成5年

大宮市心身障害総合センターひまわり学園嘱託医

平成5年9月

つちやこどもクリニック開設

川口市立仲町小学校 校医

仲町保育所 嘱託医