d HYPER 高砂部屋 Last modified 2017,3,26


 ○部屋案内  ○親方紹介  ○力士紹介  ○裏方紹介  ○新弟子募集  ○チャンコ  ○相撲豆知識  ○今場所の星取表(UP3.26)
 ○行事・イベント(UP3.13)  ○後援会ご案内  ○高砂部屋応援掲示板  ○高砂部屋写真掲示板 ○高砂部屋iモード版
現在親方2名・力士17名・行司2名・呼出し2名・床山1名・若者頭1名・マネージャー2名

いらっしゃいませ、 番目のお客様。
ご意見・ご質問のメールは、こちらまでお送りください。
6300000番目のお客様はメールを下さい。高砂部屋チャンコご招待&粗品を進呈致します。
takasago@kub.biglobe.ne.jp
件名(タイトル)がないとメールがとどきません。必ず件名を入れて下さい。

今日の高砂部屋
平成29年3月28日
涙と感動の千秋楽を終え、27日の月曜日から力士にとっては一番しあわせな一週間の稽古休み。地方場所は、稽古が休みとはいえ、若い衆は宿舎のお寺の後片付けや荷物整理などもあって完全にオフになるわけでもないが、それでも精神的な解放感がこのうえない。勝越した力士は、2泊3日で実家に帰省もできる。地元大阪は泉大津出身の朝塩本と今場所デビューの三重県志摩市出身の村田が帰省。

平成29年3月23日
ちゃんこ長序二段83枚目の大子錦、今場所ようやく2人目の勝越し。残すところ3日間となって負越しがすでに11人。残り1番に勝越しをかける力士が関取を含めて5人。ひじょうに厳しい大阪場所となってしまった。7日目に第1号の勝越しを決めた村田、5番相撲では全国学生相撲選手権で団体優勝を果たした同じ東洋大相撲部のチームメイトとの対戦。この一番を制し、これで三段目優勝間違いなしと思ったのも束の間、昨日の取組で土がついてしまった。今日は大学の卒業式でいったん帰京。千秋楽に6勝目をかける。十両朝乃山は、あす大奄美との取組に勝越しをかける。

平成29年3月17日
怪我することを「やまいく」という。やまい(病)いくからきているよう。最近やまいきっぱなしの朝弁慶、今日は元幕内明瀬山を押し倒して「片目があいた」(初白星)。その朝弁慶、昨晩は毎年お世話になっている方々と東住吉区の蒙々亭(もうもうてい)という焼き肉屋で「えびすこ決めた」(大食い)。知人からは、もうもうパワーだ!と喜びのメール。白星がみんなに幸せをあたえてくれる。朝赤龍にも初白星。NHKで新十両紹介された朝乃山4勝目。

平成29年3月15日
「金なのかこんにゃくなのか・・・」という言葉が話題になっているようだが、相撲用語でお金のことは、「お米」という。もっとも最近は、ふつうにご祝儀とか車銭とかを使う場合のほうが多いが。お米(お金)をたくさんもたらすことから、有望力士のことを「米びつ」という。高砂部屋の「米びつ」たらんとする朝乃山、玉木、村田、そろっての白星。ゆくゆくは相撲協会の「米びつ」となっていかなければならない。朝乃土佐も2連勝。

平成29年3月14日
「しゃみをこく」というのは相撲用語だったのかどうか。いろいろ検索してみたけどよくわからない。ちょっと前までは、「○○部屋の誰々は、いいしゃみをこく」とか「いいしゃみ飛ばす」とかよく聞いた気がするが、最近はあまり耳にしない。もともと「三味線をひく」という言葉には、ごまかすとか調子を合わせるというような意味があるようだが、相撲界での「しゃみをこく」は「軽口をたたく」に近い感じ。今場所三段目附出しデビューの村田が、「いいしゃみこく」ので「しゃみ」という言葉を思いだした。

平成29年3月13日
朝乃山応援団が故郷富山から団体60名で観戦にくるも、惜しくもの黒星。勝ちたいときに勝てなくて、あまり意識しないときに(勝ちたいのに変わりはないが、知り合いが来ているときと相対的に)いい相撲で勝てたりするのはよくあること。そういう経験を積み重ねながら精神的にも成長していく。要は、ひきずらない、居着かないこと。というか、今日は出場力士9人全員が黒星という何年かに一度の珍しい日。3月26日(日)千秋楽打上げパーティーのご案内です。

平成29年3月10日
取組編成会議。あさって初日は午前8時35分取組開始で十枚目(十両)土俵入りが2時5分、幕内土俵入りが3時30分。新十両朝乃山は、十両取組の4番目で北播磨との対戦。呼出しは邦夫。三段目附出しの村田は漣との対戦。新横綱稀勢の里は豪風、日馬富士に琴奨菊、鶴竜に御嶽海、白鵬に正代と好取組がつづく。ご当所新入幕の宇良は佐田の海との対戦。

平成29年3月8日
北日本新聞社社長が来阪して、朝乃山関に化粧回しの贈呈式。化粧回しには、富山湾をイメージしたという青地に、波間を飛び跳ねるブリが朝乃山の四股名と共に刺繍されている。富山では成長にしたがい、コズクラ→フクラギ→ガンド→ブリと名前が変わる出世魚として、お歳暮で嫁の嫁ぎ先に1本丸ごと贈る風習が今でも残るそう。中でも“氷見の寒ぶり”は全国ブランド。朝乃山にも、これから幕内、三役、そして横綱へと出世してもらうようにとの富山県民からの願いが込められた化粧回し。朝乃山の名前は変わっていかないだろうが。

平成29年3月6日
またまた昨日の話で恐縮ですが、昨日10年目となる関西奄美相撲連盟主催の奄美出身力士を励ます会が尼崎にて開催。奄美出身力士は現在、前頭15枚目の九重部屋千代皇を筆頭に十両の追手風部屋大奄美、尾上部屋里山、幕下に元十両の明生、若乃島、慶天海、さらに勝誠、魁禅といて、序ノ口まで入れると総勢17名。奄美部屋としてあったとしても立派な陣容を誇る勢力。もともと奄美出身者が多い尼崎の人等を中心に250名近くが集い、出身力士を祝う。

平成29年3月5日
昨日3月4日(土)が場所前恒例の大阪高砂部屋激励会。例年通り上六(上本町6丁目)の都ホテル(ウエスティン都ホテル大阪)にて開催。こういうパーティーを30年近く支えてきたのが師匠の近大時代の同級生や後輩たち。いわば、“朝潮の愉快な仲間たち”が、土産つくりや受付、進行まで裏方で動いて運営している。パーティー終了後、愉快な仲間たちの元締めともいうべき勝田氏の呼び掛けで集合写真撮影会。はじめは部屋一同で撮ったが、見守る愉快な仲間たちから歓声やらツッコミやら、大阪ならではの大賑わい。あまりの賑やかさに、師匠から「やかまし!」の大喝声。すかさず、♪「やかまし、かどまし、ねやがわし」♪、の返し。笑顔はじける集合写真となった。

平成29年3月3日
大相撲人気沸騰で、TVや雑誌、新聞等にも記事が増えている.毎日新聞紙上でも「月刊相撲」という紙面一面記事が組まれていて、2月の記事の「土俵を支える」コーナーで、“入門29年目 声の花形に”と題して呼出し利樹之丞の特集記事。呼出し稼業29年目、先輩に「呼出しは裏方だと思うなよ」と言われたことを肝に銘じ、呼び上げのときには「花形にならなければ」という気概で臨んでいると語っている。さらに「完成だと終わりだと諭された」ともいい、あるゆる所作を自然形にしたく、まだまだ修行中の身だと語る。まことに“呼出し道”も奥が深い。毎日新聞では第一火曜日の特集らしいので、次回は3月7日(火)か。

平成29年3月2日
昨日から錦戸部屋が出稽古に。この一年で力士数が減って寂しい状況の錦戸部屋だったが、日大相撲部主将で一昨年のアマ横綱と昨年の学生横綱の実績を持つモンゴル出身トゥルボルドが入門。一昨日から部屋に合流したそうで、今朝の稽古場には一緒に顔を見せた。逸ノ城を彷彿させる体格とパワーは目を見張るものがあり、TV画面で活躍を見られる日も近いことであろう。五月場所からのデビューになるもよう。大阪場所恒例となっている関西大学アメフト部も体験入門に来て、賑やかな稽古場。

平成29年2月28日
3月場所稽古はじめ。昨日の番付発表を境に、石橋は正式に朝乃山となり十両(正式には十枚目)となり、関取と呼ばれる資格者待遇になる。稽古回しが、いままでの黒から白色になり、付人(朝乃丈、朝達家、朝横道)がつく。稽古後の風呂を真っ先に入る。ちゃんこもお膳と座布団が用意され一番先に食べる。食事のときに付人や若い衆が給仕でまわりに立つ。朝乃山関と、「ゼキ」をつけて呼ばれるようになる。今朝の稽古場にも富山からのTVカメラが3台。

平成29年2月27日
3月場所番付発表。石橋改め朝乃山は東十両12枚目。朝弁慶が幕下西4枚目で、朝赤龍が西9枚目。先場所初めての負越しだった玉木は東15枚目と全勝すれば昇進できる地位にギリギリ残った。朝山端三段目29枚目、朝横道序二段12枚目、朝森本序二段23枚目の3力士が自己最高位。3月4日に新弟子検査を受ける村田は、三段目100枚目格附出しの予定。6130500番目と6131000番目のお客様、送り先を書いてメールください。3月場所新番付と高砂部屋便り68号をプレゼントいたします。

平成29年2月26日
「これを思えば、仕切りにおいて、自己の作戦によって初めより全然気を入れない、あるいは、ただ単に時間の引き延ばしを図るために、漫然と仕切り直しを繰り返すということは、私一個の信念においては、明らかに相撲道の邪道と解しているのである」 小坂秀二氏は次のようにつづけている。 平常、己を語ることの少ない、また感情を面に表さない双葉山としては珍しく激しく語っている言葉である。東京残り番だった力士も全員大坂乗り込み。ちゃんこ朝潮徳庵店にて大阪後援会特別会員とのちゃんこ会。みなさんとも一年ぶりの再会。あすが番付発表。

平成29年2月25日
つづき。「したがって、仕切りの本道というものは、文字通り真剣必死の気迫をもってすべきであり、ただただ自らの気迫の完全な充実、いわば気力の最高潮を待つという意味においてのみ仕切り直しは許されるのである。すなわち仕切り直しとは、相互の気迫が一瞬に合し、最善最高の気分充実の状態をもって相うつという、最高精神を表すためのみに許される制度だと思うのである。これを極端に言えば、仕切りにおいて、あらゆる術策をろうする、相手の虚をつくことのみに専念するということは、決して称揚さるべきものではない。ここにこそ、仕切り直しに際して、自らの気迫不充実を許す意味において、相手に会釈する型が残されているのではないか」(つづく)

平成29年2月24日
再び立合いについて。前述『わが回想の双葉山』に双葉山が立合いについて語っている文が紹介されている。当時の相撲雑誌に掲載された文であろう。「私は、数年来の信念として一回目からいつでも立つという気組みで仕切る。つまり一回、一回の仕切りに全精力を打ち込むのが、相撲道の正しい精神だと考えているのである。このことを逆に言えば、仕切りに作戦なしということになる。力士が土俵に上がって、いったん仕切りに入った以上、それはもはや絶対の境地であり、いやしくも作戦的に時間の引き延ばしを図り、あるいは故意に相手の心理を焦躁に導くというような、駆け引きは許されないものと信じている」(つづく)。石橋、玉木と共に東洋大学村田も宿舎入り。

平成29年2月23日
土俵築き。土俵つくりは先発隊の大きな仕事のひとつで、力士は呼出しさんの補佐として土俵つくりを手伝う。一門各部屋の土俵つくりをこの一週間で行なうため、呼出しさんも先発隊と同じく19日(日)から大阪入りして八角部屋、錦戸部屋とつくり終え、今日が高砂部屋の土俵。土俵が出来上がると、力士の顔つきも先発隊モードから稽古場モードに微妙に変化してくる(ような気がする)。本場所へ向けてのいろいろな行事が、力士のモチベーションを少しずつ高めていく。

平成29年2月20日
寒さは和らいだものの小雨そぼ降る大阪先発隊2日目。洗い物等、外の仕事ができないため若い衆が寝る本堂のゴザ貼りや天幕張り。稽古場にしまってある荷物を出して、明日からの土俵造りの準備。場所前恒例の高砂部屋激励会、例年通り初日一週間前の土曜日3月4日午後6時半上六シェラトン都ホテル大阪です。

平成29年2月19日
大阪場所先発隊(大子錦、朝乃丈、朝山端、朝達家、朝大門、玉木、朝塩本、松田マネージャー)大阪入り。今年も師匠の後輩の嶋川さん一行に新大阪まで迎えに来ていただき谷町9丁目の宿舎久成寺(くじょうじ)に入る。風呂場からゴザを引っ張り出して部屋に貼り、今晩からの寝る場所を確保。晩飯は大阪先発隊恒例のちゃんこ朝潮鴫野店。4月1日までの大阪場所の生活が今日から始まる。

平成29年2月18日
もっとも大相撲の世界でも“阿吽の呼吸”が常に守られているわけではなく、立合いの問題は歴史的にも根が深い。たびたび立合いの乱れが指摘され、ときに相撲協会あげて講習会を行ない、待ったへの制裁金制度をとったこともあった。お互いに委ねられているだけにより難しい。功利的に作戦的にしようと思えばいくらでもそうなってしまう。双葉山の仕切り、立合いが立派だったことは同時代の力士達からも讃えられているが、かの双葉山でさえ相手の虚をつく作戦の立合いに敗れたことがあった。

平成29年2月17日
“阿吽の呼吸”が外国人には絶対に理解できないのかというとそうではない。外国人でも、相撲部屋に入門して24時間生活を共にすると、やっているうちに体で覚えてしまう。要は文化としての相撲を受け入れていることになるのであろう。逆に日本人でも小さい頃から大学卒業までスポーツとして相撲を行なってきた力士の方が、“阿吽の呼吸”を理解し難いかもしれない。スポーツとしての相撲では、立合い相手を焦らしたりタイミングをずらしたりして自分優位の立合いをすることが、ふつうに作戦であり技術になる。

平成29年2月16日
相手との気合が合ってはじめて成立する大相撲の立合いは“阿吽の呼吸”といわれる。競技者当人同士がスターターであるという他には類をみない方式であろう。かつてはアマチュア相撲の立合いも同様であった。世界選手権を行なうようになり、外国人の参加選手には“阿吽の呼吸”がどうしても理解できなく、不公平だということで現在のような「ヨーイドン」式の立合いに改めた。相撲をスポーツとして世界に広めていくためには当然の措置だったであろう。

平成29年2月15日
幕下・三段目の5力士(石橋、玉木、朝天舞、朝山端、朝大門)、昨日から東洋大学へ出稽古。近大相撲部出身の石橋、玉木やベテラン朝天舞は別として、朝山端と朝大門の二人はアマチュア相撲力士との稽古は初めて。立ち合いの違いに戸惑うという。アマチュア相撲では、両者が両手を土俵に着き静止した状態から、主審の「ハッケヨイ」の掛声で立ち合う。いわば、陸上競技などの「ヨーイドン」と同じ。大相撲の場合は、両者の気が合った立合いが成立したときにはじめて行司が「ハッケヨイ」の声を掛ける。

平成29年2月12日
同じく『わが回想の双葉山』より〜 照国は、自身、柔らかみのある、腰の重い、難点のない横綱だったが 「双葉関だけは別ものです。あの人は、前傾してもよし、後ろへ反ってもよしという人で、前にも後ろにも強い腰でした。私や大鵬などは、前には強いのですが、反ったらダメという腰で、たいがいの力士が、いい腰を持っているといっても、前か後ろか、どちらか一方なのです。あの人だけは、どちらにもいい。まあ類のない腰を持っていたと言えます」

平成29年2月11日
小坂秀二『わが回想の双葉山』より双葉山の腰について。怪力をうたわれた初代玉ノ海「当時の私は、右で前まわしを取ったら、横綱でもそうはいかんぞくらいの気持ちを持っていましたが、双葉関だけは別でした。グイと押して出ると、双葉関の上体が反るので、手ごたえありと思ってさらに押すと、今度はもうビクとも動かない。見ると、動いたのは上体だけで、腰から下は少しも動いていない。本当に腰で相撲を取った人でしたね」 同門の力士は「腕力はむしろないほうでした。腕相撲なんかでは羽黒山、名寄岩にかなわないのですが、相撲取ると、幕の内の相撲取りをつかみ投げのよなことをやる。結局、腰なんでしょうね」 大関五ツ島「一生懸命組んでいると、途中で、どうしたんだろう、いなくなっちゃったんじゃないだろうかと思うことがある」

平成29年2月10日
「腰が重い」という言葉は、一般的にはあまりいい意味で使われないが、相撲界では褒め言葉になる。腰が重い力士は本当に押しにくい。体の重さ以上に押しにくさを感じる。アンコ型で体の柔らかい力士に多いが、イコールではない。肩の脱力や重心の置き方、腰の構え、足腰の柔軟性などが関わってくるであろう。腰の重い力士は、ぶつかり稽古でいい胸を出す。高砂部屋では朝乃土佐の腰の重さには定評がある。未来のJリーガーJFAアカデミー福島の中学3年生4名が今日から2泊3日の体験入門。

平成29年2月9日
「二枚腰」という言葉は、相撲界でも死語になった感があるが、双葉山の腰は二枚腰とよく形容された。一度残って、崩れそうになってももう一度残る腰のことをいい、「粘り腰」よりも柔らかみのある、もう一段深みのある腰とでも表現した方がいいのかどうか・・・。昭和17年夏場所千秋楽結びの一番、双葉山が安藝ノ海の万全の寄りをこらえ右にうっちゃる相撲は、まさに二枚腰と称される一番であろう。笠置山は「あれだけ腰を落としている安藝ノ海をよく腰に乗せるものだ」と感嘆の声をあげている。

平成29年2月8日
さて、朝乃山の“腰の良さ”について。朝乃山は189cm160kgと力士としても大柄なほうである。大柄な力士は概して腰を下ろすことが苦手であるが、腰を下ろすことを苦にしない。すり足の稽古のときにも小さな力士より低い腰でこなす。さらにいいのは腰が寄せられること。腰が入った押し方ができる。ぶつかり稽古のとき、土俵際までいくと相手の真下に入るくらい腰が入る。なかなかできないことである。先場所の豊ノ島戦や優勝決定戦の一番でも見事な腰の寄せを見せてくれた。相撲関係者は、ああいう相撲を見せられるとワクワクしてしまう(はずである)。

平成29年2月7日
安定した動きのためには腰を下ろすことが大切だから、「腰が高い」「もっと腰を下ろせ」と、稽古場でもよく言われる。腰を下ろすことはもちろんだが、高い低い以上に大切なことは腰の前後のポジショニングだと思う。“腰言葉”でも、「腰を入れる」「腰の入った動き」「逃げ腰」「へっぴり腰」と、腰の前後の位置関係が腰の構えの良し悪しを決める。相撲の一番の基本である「腰を割る」ということも、腰を下ろすことはもちろんだが、股関節を開いて腰を前で使うことがより大切なことになる。しっかり腰を割って腰の入った動きをするために股割りをおこない、羽目板の前で四股を踏む。

平成29年2月6日
逆に身体の中心としての腰が備わっていないことを、「逃げ腰」「へっぴリ腰」「および腰」「腰ぬけ」などと表現する。腰の構えや姿勢が精神状態にも関わってくることがわかる。心身の中心としての「腰」が、相撲にとって一番大事な所以である。相撲は重心を崩し合う競技だから、重心を安定させることが大切になってくる。人間の重心は、大体おへその下辺り云わば腰の中心辺りにある。そのため腰を下ろさなければならない。ただ必要以上に下ろし過ぎると動きが悪くなってしまう。人それぞれ、相撲の取口によっても、程良い高さがある。

平成29年2月5日
“腰の良さ”とはどのようなことですか?と質問をうけた。そもそも日本語には“腰”を使った言葉が多い。「腰を入れる」「腰を割る」「腰を据える」「腰で打つ」「本腰を入れる」「腰を落ち着ける」「腰を上げる」「腰で担ぐ」「粘り腰」「二枚腰」「腰が重い」「腰が低い」「話の腰を折る」・・・たんに腰痛のときに感じる腰部のことではなく、身体の中心としての存在、動かし方、心構えや意識のあり方まで含めた全身的なものである。まさに肉月(にくづき)に要と書く通り。強さはもちろんだが、しなやかさやバランスの良さも含まれる。

平成29年2月4日
先日国技館で元力士の漫画家琴剣さんに会ったら、「いいのが入ったねぇ」と興奮気味に石橋改め朝乃山の昇進を喜んでくれた。部屋近くですれ違った東関親方も、我が事のように喜びを伝えてくれた。稀勢の里の横綱昇進同様、相撲関係者がそろって喜びを大にしている。みんな、朝乃山の将来性を大きく買ってのことである。アマチュア相撲時代から関係者が口をそろえて言うのは、朝乃山の腰の良さである。朝乃山の腰の良さに大相撲の明るい未来を感じるからこその喜びである。

平成29年2月2日
富山の北日本新聞社が昨年末に創刊した富山のスポーツを応援する雑誌『T’SCENE(ティーズシーン)』が朝乃山を朝の稽古はじめからちゃんこまで密着取材。地元富山での期待度はもの凄く大きいようで新十両昇進が決まった1月25日(水)夕方には北日本新聞社からの号外も出て、JR富山駅前では多くの人が石橋改め朝乃山新十両昇進の紙面に見入っていたという。翌26日の朝刊も横綱稀勢の里誕生の記事より大きく一面トップに「石橋が十両昇進ーしこ名朝乃山」の記事。北日本新聞社からは出世魚ブリの絵柄の化粧回しも贈呈されることになっている。

平成29年2月1日
TV新聞等の報道でご存知のこととは思うが、元小結時天空の間垣親方が亡くなられた。まだ37歳という若さであった。朝青龍や朝赤龍とはモンゴルで小学生の頃から同じ道場で柔道をやった仲で朝赤龍関もショックが大きい。相撲は多彩な足技で技巧派であったが、相撲に対する取り組み方は正統派で、真摯な姿勢は指導者としてこれから大いに期待されただけに本当に残念でならない。心よりご冥福をお祈りいたします。両国回向院念仏堂にて2月6日午後5時通夜、7日午前11時半告別式。

平成29年1月30日
東洋大学相撲部主将村田亮選手の高砂部屋入門が決まり、本日東洋大学にて入門会見。三重県志摩市の出身で、玉木と同じ道場で相撲をはじめ、中学も一緒(一年後輩)。金沢市立工業高校から東洋大学へとすすみ、181cm160kgの体格で今年度の学生選手権3位、全日本選手権ベスト8の実績。3月場所三段目格附出しでのデビューとなる。

平成29年1月27日
3月大阪場所からの新十両昇進が決まった石橋改め朝乃山。23日の恩師の葬儀のときに四股名が決まった。亡くなられた浦山英樹監督の同級生ら富山商業相撲部OBの先輩方があつまり考えてくれたという。故郷富山の「山」、富山を代表する立山の「山」、富山出身の大横綱太刀山の「山」、育ててくれた浦山先生の「山」。いくつもの想いを「山」に込めての”朝乃山英樹”。いろいろな思いを支えに頑張っていくことが、「朝乃山」の四股名を高め、「山」を大きくしていく。

平成29年1月25日
3月場所番付編成会議が開かれ、石橋改め朝乃山の新十両昇進が決まった。本日午後2時半より高砂部屋にて新十両昇進記者会見が行なわれる。石橋は富山市出身で富山商業から近畿大学相撲部へとすすみ昨年3月場所で入門。その富山商業の浦山英樹監督が21日の朝に急逝された。まだ40歳という若さであった。高校時代厳しく指導してくれたという浦山監督は、常々「教え子が関取になるのが夢」と語っていたという。その夢が叶えられた瞬間を見届けて旅立った。23日の葬儀に参列した石橋は四股名を朝乃山英樹と改名。恩師と共に、これからの相撲人生を歩んでいく。

平成29年1月20日
石橋、7戦全勝での幕下優勝。朝からかなり緊張気味だったが、土俵上ではしっかり踏み込み二本差して腰の寄せも完ぺきに危なげなく寄り切っての快勝。正式には場所後水曜日の番付編成会議を待たねばならないが、新十両昇進もほぼ確実なものとした。明治11年創立以来続いていた関取が今場所で途切れたが、一場所で復活することになった。石橋が先陣となってまた新たな高砂部屋の歴史がはじまる。3勝3敗だった朝横道、朝ノ島勝越し。

平成29年1月18日
幕下7枚目の石橋、今日も右差し一気の寄りで完勝。6連勝。幕下の全勝は朝日山部屋朝日龍と石橋の2人のみとなり、13日目に幕下優勝決定戦として対戦することになるはず。13日目の一番が、幕下優勝と新十両昇進をかけた一番になる。先場所序二段優勝して自己最高位に上がった朝山端、今場所も勝越し。序二段47枚目の朝森本、長い相撲を我慢して勝ち、勝越し決定。来場所自己最高位を更新できる。

平成29年1月16日
石橋、今日も動きよく落ち着いた相撲で5連勝。その石橋、昨晩は玉木と一緒に東京溜会中日恒例の食事会に招待され、激励を受ける。二人とも、高砂部屋のというより相撲協会の米びつ(有望力士)として期待が大きい存在になってきた。朝赤龍踏みとどまるも、朝弁慶負越し。朝山端勝越しまであと一つ。朝森本3連勝から2連敗で今日も勝越しならず。

平成29年1月15日
石橋、今日も元幕内力士を相手に快勝。4連勝での勝越し。あす4連勝同士で北播磨との対戦。玉木は2敗目。朝興貴負越し。日馬富士休場で横綱二人となったため、東張出横綱の白鵬が西にまわり、今日8日目の横綱土俵入りは西方白鵬から。あす9日目は、東方鶴竜からの土俵入りとなる。取組も明日は鶴竜が結びの一番。

平成29年1月14日
土俵入りは、奇数日が東方から偶数日は西方からおこなう。横綱土俵入りは、どういう順序で行うのか聞かれ、はて?と首をひねった。横綱付人歴が長い~山に聞くと、取組で土俵に上がる順番に関係があるという。初日は、最初に白鵬、2番目に日馬富士と登場して結びが東正横綱の鶴竜と番付順に土俵に上がる。2日目は鶴竜、白鵬、結びが日馬富士の順。3日目は日馬富士、鶴竜、結びが白鵬となり、4日目は初日に戻り、以下繰り返しになる。横綱土俵入りは、初日が日馬富士、鶴竜、白鵬の順番。2日目は白鵬、日馬富士、鶴竜の順で、2番手に土俵に上がる横綱から土俵入りを行うよう。その~山3勝目で勝越しまであと一番。朝乃丈負越し。

平成29年1月11日
幕下7枚目の石橋、スケールの大きな相撲で2勝目。その石橋、初日のNHKBS大相撲中継で“富山の人間山脈”と紹介される。命名者は、もちろん若松親方。一世を風靡した人間山脈アンドレ・ザ・ジャイアントもすっかり過去の人で、石橋本人は全く知らなかったそうだが、ネットで調べてみましたとのこと。そういえば、洗い髪のときの雰囲気は似てなくもない。えびすこ(大食)や酒量で人間離れした伝説を数々残している人間山脈アンドレ。富山の人間山脈の方は食も酒もふつうだが、将来性の大きさは関係者誰もが認めるところ。

平成29年1月9日
2日目成人の日。高砂部屋には今年成人式を迎える力士はいなく、朝横道が来年。朝達家、朝塩本は4年後のこと。酉年生まれの年男は多く、平成5年生まれが玉木、朝森本の二人。ひとまわり上の昭和56年生まれに朝赤龍、朝乃土佐、朝天舞の三人。石橋は平成5年生と、~山は昭和56年生と同学年だが早生まれの戌年で来年が年男になる。昨日の初日が2勝6敗、今日2日目は1勝8敗と天候と同じく荒れ模様のスタート。明日からの晴天に期待したい。

平成29年1月7日
午前10時から土俵祭りがおこなわれ、終了後触れ太鼓が市中へとくりだす。11時前、部屋の稽古場でも触れ太鼓の高い音が響き渡り、あすの割り(取組)が呼び上げられる。呼び上げられるのは関取のみなので高砂部屋力士の名が呼び上げられないのは寂しいが・・・。復帰を目指す朝赤龍は、あす幕下上位五番最後の取組で北播磨との対戦。石橋は、上位五番2番目に翔天狼と。2日目は上位五番最初に玉木が岩崎と、五番目で朝弁慶が海龍との対戦。膝の怪我で休場していた朝天舞も明日の三段目の土俵で復活を目指す。

平成29年1月5日
幕下以下に目を転じると、「白鷹山」「鳰の湖」「朱雀」「朱鷺の若」などの四股名がある。以前大鵬部屋に「大鷹」という関取がいた。最近引退した立浪部屋の「大鷹浪(だいおうなみ)」はモンゴル出身。「鳰の湖」は「におのうみ」と読み、琵琶湖の古称。「朱雀」は中国の伝説の神鳥。四神のひとつで南を守り土俵上では赤房であらわされている。「鳩岡」という力士がいるが、こちらは本名のよう。あす取組編成で明後日土俵祭り。

平成29年1月4日
酉は鶏をあらわすが、ひろく鳥として番付を眺めてみると東の正横綱鶴竜の「鶴」が目に入る。 その隣には横綱白鵬の「鵬」の字。「鵬」は、「おおとり」ともよみ「荘子」にでてくる伝説の大鳥。四股名として使われたのは横綱大鵬にはじまる。「松鳳山」や「千代鳳」の「鳳」も「鵬」と同じ意だが「鳳」は鵬の雄をあらわし、「凰」は鵬の雌をあらわすそう。関脇には玉鷲。前頭2枚目まで上がってきた荒鷲もいる。元若松部屋幕内の大鷲は長野県佐久市の出身。プロレスラー大鷲透は息子(力士名は朝鷲だった)。

平成29年1月1日
あけましておめでとうございます
旧年中はたくさんのご支援ご声援いただきましてありがとうございました。平成29年は丁酉(ひのととり)。干支の説明によると、丁は陰の火を表し、植物が成長してきて安定した状態に達したことを意味し、酉は陰の金を示し、果実が成熟の極限に達したことを意味するそう。高砂部屋にとっても、幕下上位まで育ってきた力がいくつも実を結び、それぞれがさらに羽ばたける一年となりますよう願いたいものです。本年もよろしくお願い申し上げます。

平成28年12月31日
平成28年大晦日。年内の稽古は29日で締めて解散、それぞれ故郷で正月を迎える。帰省せずに部屋にのこる力士も2名ほどいるが。2日の夜には戻り、3日から稽古はじめ。3日は軽めに切り上げ、先々代と先代のお墓参りへ。4日からが本格的な始動となる。恒例の新年の行事で気持ちを新たに、8日初日の初場所に臨む。

平成28年12月26日
平成29年1月場所新番付発表。朝赤龍が西幕下筆頭、朝弁慶が東幕下2枚目。石橋は西7枚目で玉木が西10枚目、朝興貴が19枚目と幕下20枚目以内に5人。関取が途絶えてしまった寂しさはあるが、復活への兆しが新旧ともに大きくふくらんでいる。序二段優勝の朝山端はちょうど100枚上げて自己最高位の三段目42枚目。朝横道も自己最高位を大きく更新の序二段37枚目。初勝越しで初序二段の朝達家は序二段53枚目に上がり、~山、大子錦を抜いた。6080500番目と6081000番目のお客様、送り先を書いてメールください。新年初場所新番付と高砂部屋便り66号をプレゼントいたします。

平成28年12月17日
九州場所、入門以来初めての勝越しを5勝2敗で飾った朝達家。場所後、木村朝之助の付人として初めて巡業に出た。明け荷を担いだり、装束の着替えを手伝ったりというのが主な仕事だが、周りは資格者や兄弟子ばかりなので、初巡業はそういう気苦労の方が大きい。そんな中、他の部屋の行司さんなどにも可愛がってもらい「いっぱい食べて大きくなれよ」と食事に誘われることもあったとか。その甲斐あって飯が強くなった(たくさん食べられる)そうだが、体重はあまり変化なし。代わりに、朝之助がけっこう大きくなって帰ってきた・・・。

平成28年12月15日
部屋は緑町3丁目宿禰神社の東隣にあった。というか初代高砂部屋の隣に宿禰神社ができたのだが。宿禰神社は現在も規模を小さくして北斎通沿いの同じ場所に建っている。江戸博から錦糸町へつながる北斎通りは、昭和初期まで南割下水と呼ばれる掘だった。緑町の部屋から吉原へ向かうさまが次のように記されている。「自身が先頭に立ち、小錦、朝汐、源氏山、逆鉾関を始め役相撲は綱っ引、その他幕内十両の力士もズット俥を列ねて南割下水から吉原さして行きました、俥の上に乗っているのは髷を美しく結ひ上げた、繪に書いたような関取許りですからそれは実に壮観でした。」

平成28年12月14日
昭和16年野球界10月号で初代高砂浦五郎について書いているのは高木織右衛門氏。初代綾浪嗣子と紹介されている。綾浪は、青森県藤崎町の出身で明治13年高砂部屋入門。怪力で知られ最高位は関脇。引退後追手風を襲名している。高木氏本人は力士ではなかったが、始終初代高砂親方の近くにいて、初代が亡くなった時にも巡業中だった力士達に代わり死水を取ったとある。高木氏によると、初代高砂は厳格で癇癪持ちであったが、本場所が終わると関取衆を全員つれて吉原で大盤振る舞いするのが常だったという。

平成28年12月13日
年末恒例の高砂部屋激励会&クリスマスパーティー&忘年会、今年は来週19日の月曜日にホテルニューオータニにて行なわれます。豪華景品や高砂部屋グッズが当たる抽選会もあります。みなさまのご参加お待ちしております。

平成28年12月10日
墨田区亀沢2丁目に建つ野見宿禰神社は、明治17年初代高砂浦五郎により建立された。神社前の掲示板にあるように津軽藩上屋敷跡地で、この東隣に初代高砂部屋があった。明治11年の高砂部屋創立当初からそこだとおもっていたのだが違っていた。知人に頂いた昭和16年野球界別冊10月号掲載の記事によると、はじめは神田の東龍閑町にいて、しばらくして本所藤代町(両国橋のたもと当たり)に引っ越したものの弟子が増える一方で、緑町3丁目の宿禰神社隣に移ったとある。

平成28年12月9日
改正高砂組も順風満帆ではなかったよう。一時は100人近い力士を擁し、京都相撲や大阪相撲との合併相撲も盛況を呈したが、西南戦争による政情不安などから不入りがつづき、金銭面のトラブルによる分裂騒ぎもあり、質屋通いで力士達の食費を稼いだりもしたという。明治11年2月5日、警視庁から「相撲は東京府下に一組」という布達が出され、東京から締め出されそうになるが、その大ピンチを逆手にとり、男気で築いた人脈と政治力で強引にねじ込み、合併を成し遂げた。

平成28年12月8日
何度か記したと思うが、高砂部屋の歴史は初代高砂浦五郎に始まる。初代は、天保9年(1838)千葉県東金市生まれで本名山崎伊之助。21歳で阿武松部屋に入門(途中から千賀ノ浦部屋)。はじめ東海大之助の四股名で、後に松ヶ枝鶴之助。三段目の頃に姫路藩酒井侯のお抱えとなり高見山大五郎と改名。明治2年に入幕して最高位は前頭筆頭。明治4年に姫路藩から高砂浦五郎の名を頂戴し、明治6年に協会改革を訴えるも除名され脱退、改正高砂組を立ち上げる。明治11年に調停成って年寄高砂として復帰。明治11年5月場所から高砂部屋の歴史が始まった。

平成28年12月7日
午後からインフルエンザ予防接種。むかしCMで、♪すもうとり すっぽんぽんで 風邪引かん!♪というフレーズがあったが、おすもうさんも一般人並みに風邪を引くしインフルエンザにも罹る。団体生活ということもあるし、とくに体が疲れ切った頃や場所後にホットして気が抜けた時など罹りやすい。江戸寛政期の横綱谷風の死因は当時江戸で流行ったインフルエンザで、人々はこれを「タニカゼ」といったという風説もある。

平成28年12月3日
巡業組あすの巡業地大分へ出発。大分のあと中津、直方、佐世保、大牟田、天草、熊本、都城と一日興行がつづき、一日おいて13日(火)が佐賀。十両以下は佐賀から帰京するが、幕内以上は船で奄美へ渡り、沖縄宜野湾、宮古島と2日興行を行って22日(木)の帰京。残り番の力士で家財道具一式、チャンコ場プレハブ、自転車等をトラック2台で大牟田の倉庫まで引っ越し。お天気に恵まれ順調にすすむ。仕切りのカーテンやゴザを外し本堂もガランと広くなり、祭りのあとの寂しさが漂ってくる。一ヵ月半に及ぶ唐人町での暮らしも今日限り。残り晩も明日相撲列車(新幹線)にて帰京。

平成28年11月28日
一年納めの九州場所。昨日27日が千秋楽。千秋楽の土俵、十両残留をかけて最後の一番に臨んだ朝赤龍だったが残念な結果に終わり、明治11年創立以来138年続いた関取が高砂部屋から途切れることが濃厚になった。千秋楽パーティ後の、「記録はいつか途切れるもの。来場所からまた新たな歴史をつくっていこうじゃないか!」と言う師匠の言葉通り、幕下上位に朝弁慶、石橋、玉木、朝興貴と揃ってきているので、一場所でも早く関取を数多く育てていくことが、高砂部屋の伝統に応えることであり、長年一人で踏ん張ってきた朝赤龍関の功に報いること。

平成28年11月25日
朝山端全勝同士の対決を制して7戦全勝での序二段優勝!。今日の相手も日大相撲部出身の実力者だったが、立合いの双手突きでふっ飛ばして会心の一番。場所前に腰を怪我したことで腕力に頼ることなく全身が力みなく使えるようになった怪我の功名であろう。この怪我がきっかけになれば面白い存在になっていけるかもしれない。一方、ちゃんこ長大子錦は7戦全敗。入門以来6回目の記録で、これはこれで部屋うちではかなりホットな盛り上がり。

平成28年11月23日
午前10時すぎ、お客さんの給仕をしていたらチャンコ場のほうから大きな拍手と歓声が沸き起こった。序ノ口7枚目の朝達家が入門以来初の勝越しを決めて帰ってきて、みんなから祝福の嵐。「おかげさんで給金なおしました」と挨拶するのも初めてのことで、付人をしている朝赤龍関にも嬉しい挨拶が出来、関取も満面の笑み。朝山端、元幕内舛の山を破っての6連勝。玉木勝ち越し。
平成28年11月21日
突き押し相撲を得意とする朝山端、今日の相手は同じく4連勝の高田川部屋元関取大雷童。相手も突き押し得意の力士だが、持ち前のパワーで突っ張って相手が頭を下げて出てくるところを叩き込んでの5勝目。場所前ぎっくり腰を患い出場も危ぶまれたが、治療の甲斐もあり、変に力まずに腕が伸びているよう。怪我から学ぶことは大きい。今後の相撲に大いに活かしてもらいたい。

平成28年11月20日
決まり手は現在82手ある。「押し出し」「上手投げ」「引き落とし」、珍しいところで「居反り」「たすき反り」などだが、決まり手以外の非技(勝負結果)というのがある。「勇み足」「腰砕け」「つき手」「つきひざ」「踏み出し」の5つで、相手がかけた技ではなく、いわば自分で負けてしまったような場合になる。3連勝だった石橋、小兵の曲者相手に土俵際まで攻め込むも、相手にしぶとく残られポロリと左足を出してしまい勇み足での初黒星。アマチュア時代から相撲歴は長い石橋、「相撲とっててはじめてのことです」と無念の表情。朝山端、4連勝で今場所第1号の勝越し。

平成28年11月19日
2つ目の白星をあげて帰路のタクシーに乗り込んだ朝乃土佐。運転手さんは80歳になろうかというおじいさんだったそう。「唐人町の成道寺までお願いします」というと、「高砂部屋の~山さん、知ってますよ」といい、「~山さんは、えらかですね〜相撲に行く前に車の中でお経を唱えてました・・・」そして、「私は浄土宗なので南無阿弥陀を唱えるのですが、お経を唱えると眠くなってしまって・・・」といいつつ2回ほど唱えると、ほんとうに寝そうになったらしく、慌てて急ブレーキを踏んだそう。無事部屋に帰りついて~山に聞くと、「えっ!お経の本は持っているけどタクシーの中でお経を唱えたことなんかないよ」と否認。運転手さんの幻想なのか、~山の声が運転手さんにはお経に聞こえたのか、~山が無意識にお経を口にしたのか、真相は定かではない・・・お経効果なのかどうか、~山3勝目。玉木入門以来初の2敗目。

平成28年11月16日
一年納めの九州場所。11月27日(日)に行なわれます高砂部屋千秋楽祝賀会のご案内です。博多駅前の八仙閣にて午後6時半開会です。どなたでも参加できます。みなさまの参加お待ちしています。

平成28年11月13日
午後2時過ぎ国際センターに行くと、正面玄関前に大勢のひと人ひと。中に入っても関取衆の入り待ちのお客様の人垣であふれかえっている。満員御礼の九州場所初日。切符の受け渡しのために行ったのだが、ちょうど朝弁慶の取組がはじまった。切符を受け取るお客様が玄関で待っていると電話をもらうも、弁慶の取組を見てからとおもい、「2,3分後に行きます」と答えたら、動きの激しい相撲で物言いがつく一番。物言いの協議がやたら長くあせるが、取り直しとなって弁慶の白星を見届けて玄関へ。石橋も会心の相撲での白星発進。

平成28年11月12日
♪トントンストン トントンストン トントンストン♪ 触れ太鼓の甲高い音が成道寺に鳴り響き、呼出しさんの声で明日の取組が高らかに呼び上げられる。「♪あさせきりゅうには ほまれふじじゃんぞーえ♪」 「ごうえいどうには とちおうざんじゃんぞーえ」 心が奮い立つときでもある。復帰をかける朝弁慶は幕下上位五番の4番目で岩崎との対戦。石橋は十両土俵入りの2番前に竜王浪と、玉木は2日目に元幕内天鎧鵬との対戦。体調万全な力士も怪我で苦しんでいる力士にも等しく明日から初日。

平成28年11月11日
昨日11月10日(木)が九州場所前恒例の高砂部屋激励会。司会は、おなじみRKBラジオパーソナリティのあべやすみさん。あべさんは、師匠が現役の頃からの飲み友達で、軽妙なトークで宴を盛り上げてくれる。冷え込み厳しくあいにくの悪天候にもかかわらず大勢のお客様が集い力士を激励。カラオケタイムの最後は師匠とおかみさんの♪『今夜は離さない』♪でヤンヤの拍手喝采。中締めは、近大の後輩にあたる江藤秀之福岡県議会議員の一本締めにて閉会。

平成28年11月9日
“無事これ名馬”というように、怪我をしないことは強くなるための大きな条件のひとつになる。怪我はつきものではある。それでも、何度も怪我をしてきて思うのは、やはり怪我は体の使い方の間違いによるものだということである。怪我をしないために受け身がある。ぶつかり稽古で、何度も当たって転ぶ。コンクリートのように固めた土俵の上で転ぶから、丸く転がるのが基本になる。経験のない新弟子は、転ぶのを怖がり丸くなれず、肩をぶつけたり、腰を強打したり、手をついたり、転ぶ稽古で怪我をすることもある。

平成28年11月6日
福岡入りしての稽古はじめからほぼ一週間。腰や肩、膝などに痛みが出て申し合い稽古からリタイアする力士が数人でてきたものの、朝塩本朝達家の二人は休まず初口の三番稽古に励んでいる。二人とも腋が開いてしまうクセは同じで、先に中に入った方が前に出られる。朝達家が学年は一つ上だが、ともに平成12年生まれの16才。力は同程度だが、相撲歴が長い朝塩本が先場所初めての勝越しを決め、朝達家は初勝越しを今場所にかける。

平成28年11月3日
稽古は、番付が下の方から順番に行なう。最初に土俵に上がるのは、朝達家、朝塩本、朝横道の3人。3人での申し合い(勝ち残り)稽古で、先場所までは3人で勝ったり負けたりを繰り返していたが、一昨日の稽古はじめから朝横道が一人勝ち。そこで今日からは、朝達家と朝塩本の2人での三番稽古から始まって、朝横道は次のグループ(朝森本、朝ノ島、朝大門)に格上げ。序二段上位による申し合いだが、そこでもたまにめを出すこともあり、進境著しい。「おっ!強くなった」と感じられるときは間近で見ていて楽しい。

平成28年11月1日
今日から宿舎成道寺での稽古はじめ。冷え込み厳しく、稽古場はお寺さんの駐車場の前面を天幕でふさいでいるが、強風にあおられ土俵の中まで冷たい風が吹き込んでくる。幕下に陥落の朝弁慶、今日からまた黒マワシになっての稽古。まだ体調が戻りきらないが四股やぶつかり稽古で汗をかく。朝天舞は、ようやく松葉づえが外せた状態で膝の装具をつけたまま腰割りや上半身のトレーニング。何れにせよ体を動かした方が回復も早くなる。8時半から土俵祭り。「寒い日は声が出にくいんですよ」と行司さんにも厳しい冬の朝の稽古場。

平成28年10月31日
一年納めの九州場所番付発表。朝赤龍が西十両9枚目。朝弁慶は幕下3枚目。石橋が14枚、玉木が17枚目。朝興貴は24枚目と25枚目以内に4人。先場所膝の怪我で途中休場の朝天舞は福岡入りしてリハビリ中。九州場所の出場は難しいかもしれない。序二段以下では朝森本、朝塩本が最高位更新。高砂部屋全力士の11月場所新番付です。6029500番目と6030000番目のお客様、送り先を書いてメールください。九州場所新番付と高砂部屋便り64号をプレゼントいたします。

平成28年10月26日
一年納め九州場所。場所前恒例の高砂部屋激励会は11月10日(木)午後6時半よりホテルニューオータニ博多3階芙蓉の間にて開催されます。高砂部屋グッズの当たる抽選会や特製ちゃんこも味わえます。みなさまのご参加お待ちいたしております。チケットのお問合せは メールにてお願いします。

平成28年10月23日
小雨そぼ降るなか大牟田の倉庫まで引っ越し作業。今日もゴーヤーマンが朝から一日中大活躍。4トントラックと2トントラックに荷物を山盛りに積み込んでの引っ越しだが、トラックを出してくれるのも師匠関係の毎年おなじみの方々で、年一回のお祭りのような作業。いろいろな方のご厚志に支えられて相撲部屋の一年はまわっている。

平成28年10月22日
先発隊7人(大子錦、朝興貴、朝達家、朝大門、石橋、朝塩本、松田マネージャー)空路福岡入り.、空港から地下鉄で小雨降るなか唐人町成道寺に入る。ゴザを敷いてカーテンを張り、とりあえず今晩寝られる環境つくり。1年ぶりのゴーヤーマン(11月2日)もさっそく登場して一緒に作業。まことにありがたい。夕食は、毎年恒例の藁巣坊。福岡初上陸の石橋、朝塩本も餃子やニラ玉、わさび地鳥、・・・とそのおいしさにびっくり!明日は大牟田の倉庫から家財道具一式の引っ越し作業。

平成28年10月16日
部屋のスタッフに新しいメンバーが一人加わった。今年の7月場所で退職した木下マネージャーの代わりに師匠の運転手を務めることになった鈴木照仁君。名古屋出身で、毎年名古屋場所の折にはよく部屋に出入りしていたから力士とは顔なじみ。もともと力士志願で部屋を訪ねてきた(6月22日)縁。年齢オーバーで力士入門は叶わなかったが、違う形で高砂部屋の一員となった。

平成28年10月9日
高知合宿稽古3日目。今日も明徳義塾相撲部が参加。明徳相撲部は横綱朝青龍はじめ、大関琴奨菊、朝赤龍、栃煌山、徳勝龍、東龍、出羽鳳、千代桜と、そうそうたる面々の関取衆を輩出している名門で、全国から(もちろんモンゴルからも)相撲部に入学してくる。1年生に大阪出身の子がいて朝塩本と同級生だという。話を聞くと、小学校4年生のとき瀬戸内海対抗(瀬戸内に隣接する10県ほど)大会の決勝で対戦したとのこと。聞いてみんなビックリ!・・・ 「えっ!!なおき!(朝塩本の本名) 小学生のころ今より強かったんちゃうか?!!」 潜在能力は高いのかもしれない・・・。

平成28年10月8日
高知合宿稽古2日目。今日から明徳義塾高校相撲部の10人が稽古に参加。3年生の中には石橋、玉木といい稽古をくり広げる子もいてレベルが高い。あす明後日まで合宿稽古に参加してくれる。夕方、3歳児と小学校1年生の兄弟がお母さんに連れられて合宿所へ。1歳の頃からまとわりついて相撲体操に参加していた子(10月9日)が3歳になり来たのだが、日程がわからずに昨日は不参加。残念がっていたが、四股踏んで朝森本にぶつかって記念撮影。年一度の相撲体操を楽しみにしてくれている子がいるのが嬉しい。

平成28年10月7日
高知合宿稽古初日。早朝から地元テレビ局、新聞各社が稽古の模様を取材に来て夕方のニュースや夕刊で紹介される。夕方5時から相撲健康体操教室。3歳児から小学生までの男の子15人ほどが土俵で、女の子やお母さん方は上がり座敷にて力士と一緒に相撲健康体操。「土俵の砂が気持ちいい」と裸足になって「ヤァー!!」と元気よく相撲体験。

平成28年10月6日
今日から高知合宿へ出発。午後1時過ぎ羽田に集合すると、さっそく係りの人がやってきてひとり一人体重を聞かれる。「延長ベルトが必要な方は?」とも聞かれる。大子錦、朝乃土佐が該当するが、朝森本も名前が挙がる。飛行機に乗り込むと、該当者の席には早速延長ベルトが配られるが、朝森本「あ、これいらんかったっすわ」と延長ベルトを返却。ムリクリベルトを締めきったよう。「無理すんなよ」という声にも、「いやダイジョウブッす」と、超アンコ軍団仲間入りを拒んだ。午後3時半高知空港着。毎年のことながら明徳義塾の大型バスが迎えに来てくれ高知市相撲場入り。師匠のお父さんも室戸から米や魚や野菜をもって出迎えてくれる。

平成28年10月4日
今年も高砂部屋高知合宿が行われます。今年で5年目となり、10月6日に高知入りして、稽古は10月7日(金)〜10月10日(月)までの4日間。例年通り、高知市大原町の高知市総合運動場内相撲場1階土俵にて。10月7日(金)夕方5時からは、小中学生対象の相撲健康体操教室も開催されます。こちらは3年目。2年前から参加している子もいます。今年も待っています。まだ参加したことのない子供たちもお相撲さんといっしょに体操してお相撲さんにぶつかってみましょう。


過去の高砂部屋
若松部屋日記
制作協力