相撲用語
面白相撲用語

アンコ(なまってアンシュともいう)
 太っている力士、または人の事をいう。アンコ型の力士に対しては、名前を呼ぶかわりに「おい、アンコ」と呼んだりする。太り方の度合いによって、「中アンコ」とか「ちょいアン」とかいうこともある。(一般人から見たらひとまとめのデブなのだろうが・・・)
 (例:朝泉、朝錦)

ソップ
 アンコの反対でやせている力士のことをいう。鳥ガラのような体なので、鳥ガラでだしを取る鳥のしょう油味のチャンコのことを ソップ炊きという。(例:朝藤墳、朝ノ霧)

エビスコ
 大食いのこと。たくさん食べることをエビスコ決めるという。最近は、おすもうさんも昔ほどエビスコを決めなくなったが、少し前に若松部屋 を引退した瀬王錦(せおにしき)というおすもうさんは、部屋でドンブリ3杯の飯を食った後、カレーの“壱番屋”にいき、20分以内に食えば ただになるというあの1300gのジャンボカレーを6分で食ったという記録を持つ。おだてるといくらでも食うおすもうさんだった。

馬力
 お酒のこと。お酒を呑むことを馬力をかけるという。「ゆうべは馬力をかけすぎた」などと使う。

石炭たく
 最近では殆ど使われなくなったが、急ぐこと。新弟子時代、兄弟子から用事を頼まれ、ウロウロしていると「コラ、石炭たかんか」と 怒鳴られ、何のことかわからず、ますます怒られるということがあった。

トウスケ
 ケチのこと。昔、何とか藤助(とうすけ)といって、ものすごくケチなおすもうさんがいて、そこから来ているらしい。似たような 言い方で、「カタイ」とか「あいつの家は石屋らしい」などともいう。

ホシ
 彼女のこと。その中でも美人のことを金星という。(例:若松部屋のオカミさんは金星だ。)

アゴ
 キャンセルとか、だめだということ。「今日ホシにアゴかまされた」などと使う。

手相撲
 人におごってもらうのでなく、自分で金を出すことをいう。「昨日は手相撲で飲みにいった」とか使う。自分でやることから転じて、 もう一つの意味もあるが、それはご想像におまかせ。