四十肩・五十肩(肩関節痛)に整体・鍼灸(針灸)にて治療|東京都文京区/鍼灸・マッサージ・整体の総合治療院


サイト詳細

治療のご案内
スタッフ紹介


マッサージ・ストレッチ
スポーツ傷害
はりきゅう治療
整体治療
適応症状






東京都鍼灸師会

肩関節周囲炎(いわゆる四十肩・五十肩)/はりきゅう・マッサージ・整体の治療/東京都文京区
【新しいサイトへ】

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

四十肩・五十肩

中年以降に発症する。四十肩・五十肩の痛みは、運動制限を主とするもので、退行変性(加齢による筋力の低下と衰え)が原因です。四十肩・五十肩の痛みは肩部に生ずるが腕の方まで痛みを訴える事もあります。主として鈍痛。関節内の炎症が強い場合、夜間などに痛み、睡眠にも支障をきたします。動きとしては髪をとく時や電車の吊革を持つ時、手を後ろに回す時などに痛みが出現します。四十肩とは40代のひとがこの症状になった時の呼び方で、五十肩は50代のひとがこの症状になった時の呼び方(俗称)で症状は同じです。

肩関節周囲炎の種類(四十肩・五十肩)

肩峰下滑液包炎

肩関節の挙上(上腕を上げる動作)によって、肩腱板(棘上筋腱)と肩峰下滑液包は烏口肩峰アーチとの間で挟まれます。この動作が繰り返されると、腱板の慢性炎症と慢性肩峰下滑液包炎が発生し、徐々に疼痛と炎症を中心とした症状が出現します。

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋(力こぶを作る筋肉)の長頭腱に炎症が起きる。これが肩関節周囲に影響を及ぼし、関節包の癒着を生じてくる。特に肩の前面に痛みが出ます。

石灰化腱炎

石灰沈着が棘上筋腱部に発生。腱の部分壊死による石灰化、カルシウムイオンの透過性の増加による石灰化などがいわれている。

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩イラスト1四十肩・五十肩イラスト2 四十肩・五十肩の原因は、個人差がありますが、40歳から50歳にかけて筋力の低下が著しく現れ、特に背筋群(身体を反らす筋肉)の筋力低下が見られます。そのため拮抗筋である身体を前に倒す筋肉が優位に働き、身体全体が丸くなり(猫背のような感じ)肩が前に出てきます。これにより胸の前の筋肉(大胸筋など)の緊張が強くなり肩の動きが制限されます。


時として打撲などの外傷がきっかけになることもあります。また運動不足などによる筋力の低下や、柔軟性の欠如等も原因になります。

四十肩・五十肩の治療

急性期

動かさなくてもズキズキ痛む時は炎症が強い状態。肩周辺に熱感がある時期にはアイシングをし、動かさない方がよいでしょう。
三角巾などで、肘をつるのも、良い対処法です。

慢性期

肩をなるべく冷やず、自分で少しずつ無理をせず動かす必要があります。痛いから、動かさないでいると肩周辺の筋力が落ちてしまいます。お風呂の中で肩をゆっくり動かすのが効果的です。
急性期と慢性期の区別がつきずらいとは思いますが、処置を間違うと痛みが増してしまいます。何もしなくても痛みがある時、熱感がある時は、まず冷やして安静にしているのが一番です。この四十肩・五十肩は先にも述べましたが退行変性のものなので治療を一回したからといってすぐに治るものではありません。しかし、整体、マッサージ、鍼灸などの治療をする事により、痛みが軽減し治りも早くなります。
日々、肩の痛みをかばうために、どうしても背中を丸めて立ってしまいます。そのため体全体のバランスが悪くなって、首の凝りや痛みなど他の症状も出てくる事もあります。
筋力の低下により拮抗筋のバランスが悪くなるのも原因の一つです。ですから肩だけの部分的な治療よりも全身のバランスを調整すると、より速く肩の痛みを軽減させる事が出来ます。

ウェルネス広小路治療院/はりきゅう・マッサージ・整体の治療/東京都文京区戻る