顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)に鍼灸(針灸)にて治療|東京都文京区/鍼灸・マッサージ・整体の総合治療院


サイト詳細

治療のご案内
スタッフ紹介


マッサージ・ストレッチ
スポーツ傷害
はりきゅう治療
整体治療
適応症状






東京都鍼灸師会

ウェルネス広小路治療院  鍼灸・マッサージ・整体の総合治療院(東京都文京区)
【新しいページへ】

顔面神経麻痺とは

ある日突然、顔の筋肉を動かす神経である顔面神経に障害が起き、顔に表情を作ることができなくなります。飲み物が口からこぼれたり、洗顔の時に目がしみたりして顔面神経麻痺に気が付きます。

麻痺が片側だけに起きた場合、麻痺している側の表情筋が、麻痺していない側に引かれるために顔が片方に歪みます。両側に起きた場合は感情表現が上手くいかず顔全体が無表情になり能面の様になってしまうことが有ります。

両側性と片側性の顔面神経麻痺がありそれぞれ初期の対処法が違いますので注意が必要です。

顔面神経麻痺の種類と原因

中枢性顔面神経麻痺

脳梗塞や脳出血といった脳血管障害によるもので末梢性の麻痺に比べて著明な麻痺ではない。CTやMRIでの検査の後、脳血管障害に対する処置が必要となる。顔面部以外にも片麻痺など四肢の神経症状を伴うことが多い。顔面部の特徴としては、飲み物が口からこぼれる、話が上手くできないなど。但し前頭部のしわ寄せは可能となる場合が多い。

末梢性顔面神経麻痺

ベル麻痺

急性発症し原因が不明なものをベル麻痺と呼び最も多い。寒冷刺激による循環不全やストレスが原因と考えられている。男女を問わず、また特定の季節に関係なく発症する。

ラムゼイ・ハント症候群

帯状疱疹ウィルスの感染により耳痛を発症、耳たぶや外耳道に水疱ができる。聴神経が侵されると難聴になることも有る。

ギラン・バレー症候群

両側性の顔面神経麻痺。多発性末梢神経炎により、下肢末端の左右対称性脱力が著明。

末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症状

顔面部の症状

顔面神経麻痺(ベル麻痺) (絵は向かって右側の顔面麻痺)

1.顔面表情の左右非対称。

2.麻痺側の額のしわ寄せができない。

3.閉眼が不十分。麻痺側の白眼が残る。

4.麻痺側の鼻唇溝が浅くなる。

5.口角が下がる。健側に引かれる。

6.口笛が上手く吹けないなど。

その他の症状

・聴覚過敏

耳のアブミ骨筋の麻痺により音が大きく感じる。

・味覚障害

麻痺側の舌の前2/3の味覚が低下する。

・涙分泌低下

まぶたが完全に閉じず目が乾燥しやすい。

末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺)の治療

ベル麻痺の場合、病変部位によりますが予後は良好であると言われています。しかし、麻痺神経・筋肉の機能が回復するまで時間がかかる為、根気よく治療を続ける事が重要です。マッサージや鍼での刺激は血行を良くし、表情筋の強ばりを防ぐのに効果的です。また、首筋から肩にかけてコリ強い場合は同時に治療していくと心身ともにリラックスし、より効果的です。

顔面神経麻痺のリハビリと注意点

・冷たい風にあたらない。特に顔面、首付近。
・ゴミやホコリが入らない様に目を保護し、乾燥しすぎない様にする。
・コップの水を飲む時に口からこぼし易いので注意する。
・毎日根気よく手の平でソフトにマッサージし、筋肉が強ばるのを防ぐ。
・鏡を見ながら百面相をし、手でしわを寄せたり伸ばしたりする。
・なるべく大きく口を開けてゆっくりアイウエオを言う。
・首肩周辺のストレッチを併せて行なう。


顔面神経麻痺の特別施術

当院では、顔面神経麻痺の効果的な機能回復の為に、週2回〜3回の通院をおすすめしております。症状の重さにより個人差がありますが、施術結果は期待できます。

施術の方法は、頸部から局所への鍼灸施術になります。
(だいたい30分くらいかかります)

 施術料金: 3,150円 

ウェルネス広小路治療院  鍼灸・マッサージ・整体の総合治療院(東京都文京区)戻る