難聴・耳鳴り・眩暈(めまい)・突発性難聴・メニエール症などに整体・鍼灸(針灸)にて治療|東京都文京区/鍼灸・マッサージ・整体の総合治療院


サイト詳細

治療のご案内
スタッフ紹介


マッサージ・ストレッチ
スポーツ傷害
はりきゅう治療
整体治療
適応症状






東京都鍼灸師会

ウェルネス広小路治療院/東京都文京区/はりきゅう・マッサージ・整体の治療(東京・横浜)
【新しいサイトへ】

OAストレスによる障害−難聴・耳鳴り・眩暈(めまい)

オフィスでは、PCを使用する作業が多く、その作業時間に比例するように、突発性難聴メニエール症候群など、内耳に原因がある感音性難聴の方が増えています。音が聞こえにくくなり、耳鳴りや目眩(めまい)を訴える方が非常に増加しています。

内耳の中には、聴覚と平衡感覚をとらえる器官があります。聴覚は音の振動を周波数ごとに収集し、平衡機能は重力や頭部動きなどの情報をとらえます。どちらでも有毛細胞という細胞が物理刺激を神経刺激に変換し、蝸牛神経節細胞に伝えています。有毛細胞はいったん傷害されると細胞は再生難しく、内耳障害に関して早急な治療が必要になります。

伝音性難聴と感音性難聴

伝音性難聴

中耳、外耳に病変があり原因となるもの。

空気伝導聴力と骨伝導聴力に差がある。

耳垢栓塞、化膿性中耳炎、中耳真珠腫、滲出性中耳炎、耳管狭窄症

伝音性難聴と感音性難聴1

感音性難聴

内耳、蝸牛神経(音を信号に変える神経)、中枢経路に問題がある場合。

空気伝導聴力と骨伝導聴力に差があまり見られない

突発性難聴、音響騒音性難聴、メニエール症候群、(以下に記載)

伝音性難聴と感音性難聴2

感音性難聴の種類

突発性難聴

突然で急激な高度の難聴で始まります。閉塞感と耳鳴り、時に眩暈があります。突発性難聴はウイルス感染、血行循環の不良などが原因と考えられます。通常は一側性に起こります。早期の治療開始が必要です。

メニエール症候群

閉塞感、めまい、耳鳴り、難聴を主訴としわりと頻繁に繰り返し発症します。通常は一側性に起こります。

老人性難聴

60歳を過ぎてた頃から見られる、両側性の難聴。徐々に聴力が低下し、自身の病状に気がつきにくいようです。

音響騒音性難聴

長時間騒音にさらされた時や、ヘッドホンを使いすぎの難聴などのこと。最近、「イヤホン難聴」が急激に増加しています。

感音性難聴の原因

感音性難聴の原因1

OA作業が、毎日毎日数時間継続で行われると、頭を支える筋肉に負担がかかり、特に感音性難聴になる場合がみられるようです。

頭を支える筋肉は様々ありますが、顔を上に向ける筋と、顔を下に向ける筋に分類できます。
耳垂(耳たぶ)のすぐ後ろにある固い骨(乳様突起)に付着する筋(胸鎖乳突筋や頭板状筋など)にストレスがかかり続けるとその付着する部分に疲労性の炎症が起こります。
これが、側頭骨を介し内耳の循環障害を引き起こし、耳鳴りや難聴を発症させる事があります。

上記の突発性難聴やメニエール症候群は代表的なものと思われます。

感音性難聴の原因2

難聴・耳鳴り・眩暈(めまい)の治療

頭蓋骨はだいたい4・5キロの重さがあります。 その重い頭蓋骨は7個の不安定な頸椎と、頭あるいは頸椎から走行する筋が、胸椎、肩胛骨、胸骨などに付着し引っ張りあって、バランスを取り支えています。耳鳴り、難聴などの症状が出ている場合、必ずと言って良いほど、頸部まわりの個々の筋肉の緊張状態に前後差、左右差が出てきます。

その筋肉の緊張を徒手や鍼(はり)・灸を使用し整えてあげることにより、脊柱と頭蓋骨の関係を最もバランスのとれた位置に安定させる事が重要です。ただ、感音性難聴に関しては特に早急な治療開始をお勧めします。発症して時間がかなり経過したものは、聴力回復の期待が難しくなります。

戻る