カメラの撮り比べ

カメラ、安いものから高いものまで非常に多くの機種があり、新機種の発売も続いている。値段の差が機能の差であれば、その機能がいらなければ安いのでもかまわない、となるのだが、画質の差ならばこれは気になる。プリントはL版程度とであっても、画質が劣ってよいことは通常はない。であれば、同じコンパクトカメラでも5万円以上の機種は1万円少々の機種と比べて画質は良いのか? 気になるところである。 そして、大きくて重い一眼レフは重さに見合った価値があるのだろうか? 更にフイルムと比べてどうなのか? また、デジタルカメラでNORMALとFINE(一例)では違いはあるのか? また、一眼レフなどにあるRAWはサイズが極端に大きくなるがJPEGに比べてそれだけの価値はあるのか? 疑問に持った人は少なくないと思う。
でも、多くの人は画質まで比較することはしない。というより、複数機種を持っている人はそう多くはないし、撮影の画質も深く考えずに選んでいるのではないだろうか? 実は、私もコンパクトカメラでは(必要かどうかわからないが、メモリも余裕があるし)最高で撮っておけばよいだろう、とFINEで撮ってる。NORMALでは一度も写していない。一眼レフは、RAWとJPEGは比較した結果、違いがあると判断してRAW+NORMAL(JPEG)で同時記録しているが、RAWがあるからJPEGはNORMALでよいだろう、と思ってのことでFINEはほとんど使っていない。これも比較してみたいと思う。
但し、テスト結果は私の手持ちのカメラでの比較である。コンパクト機は古い機種(偶然時期はだいたい揃っているが・・・)、一眼レフは比較的新しい機種なので、比較の上では一眼レフが有利だろうと思う。また、使うレンズも重要であるが、これも手持ちの都合もあって、非常に古いレンズが中心である。比較写真も厳密な比較には向かないところもあると思う。ということで、参考程度のちょっとした遊びと思って見て欲しい。

比較機種
 SONY T5
 RICHO R5
 RICHO GR Digial
 Nikon D700 
 Nikon F4 (フイルムカメラ、FUJICOLOR 100を使用)


 D700に使用のレンズ
  Ai NIKKOR 28mm F2.8S、Ai NIKKOR 50mm F1.4、AF‐S Micro NIKKOR 60mm F2.8G、AF NIKKOR 70-300mm F14-5.6G、AF NIKKOR 80-200mm F2.8D(直進タイプ)


その他の機器
 プリンタ  EPSON PX-G5100 用紙は写真用紙クリスピア
 スキャナ  EPSON GT-7200U

比較方針
 撮影はなるべく条件が同じになるように行う。撮影は場所を固定するため、手振れの影響をなくすため、三脚を使用する。
 撮影は、一般的な撮影を想定し、露出はプログラムオートを原則とし、感度とホワイトバランスはオートとした。

このページは改版の可能性があるので、当面更新履歴を載せます。
 2009/01/25 新規作成
 2009/02/11 ”一般的な写真にて”、デジタルズームを追加
          ”さまざまな場面”を追加。
 2009/02/22 夕焼けの写真を追加

注意: 画像の表示はディスプレイによって異なります。
     私は写真用に調整したディスプレイにて確認していますが、ディスプレイによっては違いが分かりにくいこともあると思います。



一般的な写真にて

冬の公園にて撮影を行った。なるべく多くのカメラ、レンズで比較することと、条件による違いを確かめるために28mm/85mm/200mm相当で比較してみた。

28mm相当

プリントによる比較 左より、F4(フイルム)、D700、GR (RAW)、GR(JPEG)、R5


28mm相当は、R5とGR、D700の比較となる。コンパクトカメラの標準機と高級機、一眼レフでの比較となる。GRではJPEGとRAW両方での比較となる。

プリントでの比較である。まず目に付くのは、R5の色が他機種と違うことである。空の青が薄くなり、煉瓦がより赤く感じる。実際はどうだったか? 空の色は記憶が薄いのだが、煉瓦はR5が派手すぎるように感じる。85mmではT5とも比較したが、この場合もR5だけが違って見えたのでこの機種の特性なのだろう。もっとも、R5の写真1枚だけ見れば違和感を感じるほどではない。
2Lで見比べた場合、画質面で大きな違いはない、というのが正直な感想である。並べれば違いはある。そして、R5よりGR、GRよりD700が良い。でも、R5の写真を1枚だけ見た場合、満足できるだけの画質はある。今回は同じ構図だから比較できたが、同じ公園内で構図の違い写真をR5とD700で撮って混ぜた場合、気がつかないかもしれない。

ただ、この写真ではコンパクトカメラの欠点が出にくいことも理由のひとつだと思う。別途載せる拡大画像では、画質の違いは明確にわかる。高層ビルの最上部、D700ではガラスが1枚1枚分かれているがR5とGRではそこまで写っていない。だけど、写真では区別できない。また、空などにはJPEG固有のノイズが出ているが、これも写真では目立たない。より大きなサイズでのプリント、あるいはトリミングで一部分を拡大すると違いがでてくるだろう。

続いてフイルムとの比較である。プリントで見ると、F4だけ空の色が違う。これは、撮影中に雲が晴れてきたためである。最初、曇りで撮影を始めたのだが、コンパクトカメラの次にF4の撮影を行った途中で晴れてきた。撮影条件をそろえるためにコンパクトカメラは再撮影したのだが、F4はフイルムが切れてしまって再撮影できなかったのである。
その違いはあるが、デジタルとの明確な違いは感じない。色の再現に関しては条件が違うので比較はできないが、画質の違いを感じるほどではない。但し、写真をレンズで拡大すると解像度の違いは感じる。中央の高層ビル上部のガラス、1枚1枚の区別が辛うじてわかる。デジタルでは、画像上は写っているがプリンタはここまで表現はできない。


R5 28mm相当(JPEG)


GR 28mm相当(JPEG)


GR 28mm相当(RAW)


D700 28mmF2.8(RAW)



85m相当での比較
85mmでは、GRが抜け、代わりにT5が入る。T5は500万画素で、同じコンパクトカメラのR5に比べると約3割減る。この違いが気になるところである。また、メーカの違いによる比較もできる。
そして、一眼レフでレンズによる違いの比較がある。80-200mmF2.8は、F2.8の明るさと低分散ガラス使用が特徴でありが、10万円を越えるレンズで重さも1.2Kg ある。レンズ自体も古い。一方、70-300mmF4-5.6は、2万円以下で買えるレンズであり、重さも425gと軽い。暗いのは仕方ないとして、画質面で違いがあるのだろうか? また、比較的新しいレンズとして、60mmF2.8を加えてみた。単焦点レンズなので85mm相当にトリミングすることになるが、単焦点としての画質の比較になる。

プリントでの比較、R5の色が違うのは他の焦点距離と同じである。T5の発色はD700と大きな違いはなかった。それ以外での比較であるが、T5/R5の荒さが少し目立った。煉瓦部分、D700の3枚と比べるとちょっと見劣りしてしまう。とはいえ、プリントとしてみた場合は十分な質があると思う。単独に見た場合、不満はほとんど感じないと思う。アルバムなどに貼るには十分である。また、D700での3枚、これもプリントで見る分には違いはほとんど感じられなかった。

次の画像データで見てみた。Webの画面では、表示画素数の関係で違いは分かりにくいと思う。オリジナルでは違いが見えるのだが、D700ではWebに載せるとき幅を詰めた関係で違いが分かりにくいと思う。D700でのレンズによる違いであるが、60mmF2.8は、他の2本に比べるとやや荒く感じる。これは1.4倍にトリミングした結果であろう。70-300F4-5.6と80-200F2.8、画質でも違いが見えた。高層ビルの最上部の窓、80-200F2.8の方がよりくっきりと見える。煉瓦の質感もやや高いように感じる。80-200F2.8は、明るさ以外にも利点がある。しかし、値段差を考えると70-300F4-5.6 も十分使えると感じる。

プリントによる比較 左から、D700 80-200F2.8、D700 70-200F4-5.6、D700 60mmF2.8、R5、T5


T5 85mm相当(JPEG)


R5 85mm相当(JPEG)


D700 60mmF2.8 85mm相当にトリミング(RAW)


D700 70-300mm 85mm(RAW)



D700 80-200mmF2.8 85mm(RAW)

200m相当での比較
200mは、R5と一眼レフのレンズ2本での比較となる。
望遠、R5ではちょっと苦しいようで、プリントで比較した場合、並べるとちょっと見劣りしてしまう。JPEG固有のノイズも目立っている。もっとも、これ1枚だけ見るのであれば不満を感じるほどではない。拡大画像では大きな違いがあるが、2Lのプリントでは違いは目立たない。
R5の200mm相当、これはちょっと短いようで、やや広い範囲が写っている。
80-200F2.8と70-300F4-5.6を比べると、遠景のボケが80-200の方がやや大きい。絞りはどちらF8である。フォーカスポイントは80-200の方がやや手前になっていることが理由のひとつかもしれない。また、焦点の合わせ方法がレンズ繰り出し式と内部焦点と、違うのも影響しているのかもしれない

フイルムとの比較であるが、色が赤くなっている。これは、冬の午後ということで、赤めになったのだろう。プリントの印を見ると、曇りのときと同じで、ほとんど補正がかかっていない。それを除けば、違いはほとんどない。


プリントによる比較 上から R5、D700 70-300F4-5.6、D700 80-200F2.8、F4 80-200F2.8


R5 200mm相当(JPEG)


D700 70-300F4-5.6 200mm(RAW)



D700 80-200F2.8 200mm(RAW)

デジタルズーム比較 (2/11追記)
コンパクトカメラには、デジタルズームの機能がある。これは、撮像素子の中央のみを使うことで拡大するものである。見かけの画素数が減るため、画質に影響がある。画質低下はどのくらいか、比較を行った。
比較は次の3つにより行った。
 ・R5デジタルズーム ×1.5。300mm相当
 ・D700 80-200mmF2.8 クロップによる撮影。300mm相当
 ・D700 70-300mmF4-5.6 300mmの撮影

画像処理によるトリミングではなくデジタルズームを行ったのは、カメラ側の処理を確認したかったことと、必ずしもパソコンによるトリミングが行えないことを考慮してである。
また、×1.5倍であるが、この拡大により、画素数は1/1.5×1/1.5で、1/2.25になる。つまり実質的な画素数は半分以下になる。700万画素のR5では約300万画素に低下する。D700 のクロップ、1.5倍に合わせたのであるが、このあたりが実用上の限界では? と予想したことも理由のひとつである。

なお、300mm相当というのは日中の撮影とはいえ、手振れの面では厳しい。特にR5のようなデジタルコンパクトカメラでは手振れ補正があるといえ限界に近いと思う。今回、近くにあった斜めの木材に手を添えることで手振れの影響を抑えている。


プリントによる比較 左より、 D700 70-300mmF4-5.6 300mm、D700 80-200mmF2.8 クロップによる300mm相当、R5 デジタルズームによる300mm相当

実質的な画素数が落ちることから、R5とD700とではかなり差があるのでは? と思っていたのだが、意外と差は少なかった。R5による300mm相当、十分実用になると思う。ぼんやりとした感じになり、階調も落ちる。だけど、2Lならば十分だと思う。200mm相当に比べると1回り半くらい拡大されるので、運動会などでは便利だと思う。但し、撮影したままの画像はコントラストが低い、ちょっと見られないような写真だった。上の写真は、CaptureNX2により画像処理した結果である。
D700による300mmと200mmクロップでは、写真では多少色の差が出てはいるがほとんど差はない。2Lまでの写真を前提にするなら、十分使える。300mmのクロップ、450mm相当も使えそうである。


R5 デジタルズームによる300mm相当


D700 80-200mmF2.8 クロップ撮影による300mm相当


D700 70-300 F4-5.6 300mm

FINE比較

カメラの画質設定で差があるのか? これを比べてみる。
GRには、画質として8MのFineとNormal、5MのNormal,3MのNormal、1MのNormalが指定できる。8MのNormalとFineは同じ画素数であるが、5M以下は画素数を落として記録する。うっかりして5Mでの撮影を忘れてしまったので、8Mの2種と3Mの比較を紹介する。
8Mでの比較、NormalとFine,ほとんど違いが分からない。その中で違いが見えやすかったのが建物の土壁の部分である。Normalでは、柱のすぐ近くが白くなっている。JPEGの圧縮率を高めたことによるノイズだろう。サイズの差は2.7Mと1.7M。これだけ違うのだからNormalでも・・・と思ってしまう。とはいえ、被写体によっては目立つかもしれない。あと、今回の空では分からなかったが、ここでブロックノイズが出てくる可能性もある。さすがに3Mは画質が違いすぎる。無理に引き伸ばすことになるので、ぼんやりとしてしまう。


GR 8MFine


GR 8MNormal


GR 3MNormal


まとめ
写真、好みもあるから何が良いかは人によって違う。また、画質をどこまで求めるか、これも人によって違うだろう。データを多く出すのが望ましいが、今回の撮影データを劣化なく提供するには画像1枚当たり10M以上になってしまう。これは現実的ではない。
”私の判断では”というのを強調した上でまとめてみたい。

画質の差はある。しかし、コンパクトカメラでも用途によっては十分な画質がある。
 今回の撮影例では、次のことが言える。
 ・一眼レフカメラはコンパクトカメラより画質が良い
 ・コンパクトカメラの高級機は画質は良い
 ・高価格レンズは低価格レンズより画質が良い

画質の差は小さく、特に2L以下の小サイズのプリントでは違いが分からないこともある。用途によっては、十分な画質があると考える。但し、今回の例では、より望遠になると画質の差が目立った。
コンパクトカメラの性能は予想以上であり、今回のような一般的な撮影では十分と言える。

ネガフィルムとデジタル一眼レフでは、小プリントで見る限り、画質は大差ない
今回、一眼レフによるISO100のネガフィルムとデジタル一眼レフ(35mmフルサイズ)の比較を行ったが、2Lのプリントによる比較では、両者に明確な画質の差は見られなかった。なお、フイルムにはネガ以外に、低感度リバーサルフィルムなど色表現、解像度の優れたフイルムもある。
また、フイルムのプリントでは、最近はデジタルプリントが増えてきた。これに対して、従来どおりの光学プリントもある。今回、店先でのデジタルプリントと手焼きのプリントも比較してみた。色の再現性などの違いは感じるが、2Lとキャビネではそれほどの違いは感じなかった。レンズで拡大しても、従来感じた正方形の画素は見えない。通常のプリントでは、デジタルでも十分だと感じた。


夕焼け (2/22追記)

階調比較と、暗い場所での撮影の比較目的で夕焼けを写してみた。
といっても西の空の一部だけが赤くなる程度で、かろうじて夕焼け、といった程度である。写真の比較はできると思う。

夕焼け、これはもともと非常に写しにくいものである。露出がオーバーすると色が飛ぶし、色温度もわからない。しかも時間と共にどんどん変わってゆく。通常の夕焼け撮影なら、露出補正を行い、色補正もしながら撮影結果を確かめ、更に補正して・・・となる。比較という意味では理想的には1台1台最良の補正をして、となるのだが撮影に時間はかけられない。夕焼けはその間にどんどん変わってゆく。
最初、比較の台数が多い28mmを基準に撮影し、50mm相当でも撮影したが、急いで撮影したため一方が失敗、という例もあった。今回の写真、とにかく各カメラ1枚以上という感じでよいものを選び出した。撮影は室内で三脚を使ったので28mmは窓枠が写っているのでトリミングしている。また、色の補正も実際に見た記憶を頼りに実際の景色に近くなるように補正し、プリントしている。
今回の比較、厳密な比較という意味では条件が統一されていないが、参考ということで載せる。

写真を並べて気がつくこと、今までの撮影と同様やはりR5のみ色がちょっと違うことである。他のカメラは青が深みのある色になっているが、R5のみ日中の青空のような感じになる。少々補正しても他の写真とあわせるのは難しかった。
発色、やはり一眼レフのD700が見た目に近い感じに仕上げられたと思う。コンパクトカメラではGRがよさそうに見える。
また、コンパクトカメラではノイズが目立った。印刷した写真で見ても空がざらざらして見える。特にR5で目立ち、赤い点と青い点がはっきりと見える。T5やGRなどもR5ほどではないにしてもノイズが目立つ。但し、これは画像処理でノイズリダクションを掛ければ目立たなくなる。D700は、ノイズはほとんど見えないが、写真では28mmの周辺部で同心円状の縞がかすかに見える。これは画面ではほとんど見えない代わりにノイズの影響らしい斑点が見える。F2.8で1/2秒。一眼レフでも少々厳しいのだろう。但し、これもちょっとノイズリダクションを掛けると分からなくなる。
夕焼け、普通に撮って気楽にプリントしたのでは無理である。そして・・・コンパクトカメラには更に厳しいようだ。


プリントによる比較 上より R5 28mm相当をトリミング、T5 55mm相当、GR 28mm相当をトリミング、D700 60mmF2.8、D700 28mmF.8をトリミング

以下の画像は、CaputureNX2にてサイズを幅640に変換したもの。


R5 28mm相当で撮影し、トリミング(JPEG)


T5 55mm相当 (JPEG)


GR 28mm相当をトリミング(JPEG)


D700 60mmF2.8 (RAW)


D700 28mmF2.8 トリミング(RAW)


マクロ撮影
接写は、フイルム時代は一眼レフなどしかできなかった。これは、コンパクトカメラの光学式ファインダーでは近距離になるとずれが大きくなって使えないためである。
しかし、デジタルコンパクトカメラでは、液晶画面をファインダーとして使うことによりこの問題は解決、コンパクトカメラでも接写が可能になった。現在は、”レンズ前1cmまで接写可能”の製品もある。R5/GRもそうなっている。

一眼レフであるが、手持ちの中の1本、60mmF2.8はマイクロレンズである。(他社ではマクロレンズと呼ぶことが多い) これは最大撮影倍率は1:1となっている。D700では、幅3.6cmの範囲まで写せることになる。R5/GRを試してみると、だいたい2.7cmくらいの幅まで写せた。つまり、R5/GRがより大きな倍率となる。では、実際に写すとどうなるか? 比較してみた。なお、一眼レフには接写リングがある。これは、レンズとカメラの間に挟むことによってより近い距離にピントが合うようにするものである。今回、50mmF1.4に接写リングPK-11+PK-12を使って撮影を行ってみた。


R5


D700 60mmF2.8

写真で見て分かるように、R5はボケが少ない。D700 60mmF2.8では、背景がほとんど分からないが、R5はぼんやりと分かる。それ以外は、一見して画質の違いは分からない。拡大写真で比べてみる。



R5


D700 60mmF2.8


D700 50mmF1.4+接写リング


ピントは口の部分に合わせたのでそこを中心に拡大する。ピントの合う範囲の狭さは拡大しても同じ。R5は目と口の右端もはっきりしているが、D700の60mmと50mmではぼけているのが分かる。R5の画質、十分質が良いと思う。逆に、50mm接写リングの方が苦しそうにも見える。この被写体に関しては接写に関してはR5も十分な質では、と思う。被写界深度が深いこと。接写に関してコンパクトカメラも使いやすいと思う。R5、など、リコーの製品は接写に強いと聞いているのでそれもあるのかもしれない。


さまざまな場面での比較

階調表現(2/11追記)
LittleWorld内を歩いていて、菜の花畑があった。狭い場所なのだけど、午後の傾いた太陽に光に薄い葉の緑が透け、とても鮮やかに感じた。
まず緑の美しさに惹かれたのだが、次にこれが写真でどこまで再現できるのか、と考えてしまった。背景がグレーの他は、菜の花は緑中心で濃淡と微妙な色の違いがある。階調が重要になる写真である。

プリントによる比較 左より D700 80-200F2.8 200mm、R5 200mm相当

写真で見た場合、R5は色の深みが足りず、ただの緑の濃淡のように感じてしまう。R5の写真には実物を見て感じた鮮やかな緑はない。D700は陰になった濃い緑と光が透ける淡い緑とで色の豊かさを感じる。実際に見た感じもこれに近いと思う。とはいえ、透過光の表現はさすがに写真では難しい。



R5 200mm相当


D700 80-200F2.8 200mm

拡大画像では更に大きな差を感じる。R5は平面的になってしまい、色合いも透過した鮮やかな緑は表現しきいれていないように感じた。生き生きとした菜の花ではなく、壁紙みたいになってしまっている。
D700は階調がしっかりとしていて、葉が1枚1枚分かれて見える。R5では上にある花のつぼみのような部分もよくわからす、最初、本当に同じ場所にカメラを向けたのか? と疑った位である。周囲の葉などの形は一致しているので場所に間違いは無い。
なお、この写真をD700のJPEGとRAWを比較してみたが、ほとんど違いは無かった。

グレーの屋根飾り(2/11追記)
D700で、JPEGとRAWの違いに気がついたのがこの被写体であった。色がグレーで、細かな凹凸になり、階調の差が出やすい被写体のようだ。今回、R5でも撮影した。なお、撮影はどちらも200mmであるが、プリントの際トリミング多少トリミングを行い、拡大している。


プリントによる比較 左は D700 80-200F2.8、右は R5 200mm相当

JPEGでは厳しいようで、R5では更に差が出た。写真を並べると少々寂しく感じる。飾りの立体感が消えてしまっている。影の部分の階調が粗くなってしまっているからだろうか? 屋根の草葺も色が淡くなり、保護用の網ばかり目立ってしまっている。


R5 200mm相当



D700 80-200F2.8 200mm


屋根裏の像
(2/11追記)

屋根の裏、陰になる部分にある像である。屋外の撮影ではあるが、被写体は屋根のすぐ下にある。室内ほどではないが暗い場所での撮影になる。暗いところの撮影、撮像素子の小さなR5は苦しくなる。その影響を確認してみた。
画像のみ掲載するが、全体にコントラストの低い中で、R5はくすんで見えてしまう。また、画像の補正で消したが、R5は元画像はノイズが乗っていた。リコーの製品、ノイズが多いという声も聞くが、カメラ側でノイズを消す処理を行っていないことによるようだ。画像処理でノイズリダクションの処理を行えばよいだけのことである。この方が全体の様子を見ながら適正なノイズ消去の処理を行えるので良い面もある。というのは、画像によってはノイズ消去が少なめのほうがよい場合もあるからである。もっとも、一般の人は初めからノイズが見えない方が良い画像と思えるかもしれない。この撮影はD700のデータで見ると、1/200 F2.8 ISO200である。少し暗い程度でノイズが乗るのは、やはり撮像素子が小さいことによるのだろう。


R5 200mm相当





建物の模型(2/11追記)
比較的色が豊富な模型である。
色再現性の違いか、R5では赤などが物足りなく感じてしまう。


R5 200mm相当


D700 80−200mmF2.8 200mm


さまざまな写真でのまとめ

今回、実はR5の弱点を意識して撮影を行った。R5はJPEG記録であり、階調が必要になるところでは差が出そうだ、と感じていた。更に、GRやD700は色空間がAdobeRGBなのに対してR5はsRGBである。色の範囲が少し狭くなり、特に緑で差が出るといわれている。また、小撮像素子なのでやや暗いところでは不利になるだろう、との考えもあった。そんな弱点を突いての比較である。だから、差が出るのは予想していた。実際、画像で比較するとがっくりしてしまいそうな差が出ているものもある。意図したとおり、とも言える。
しかし、写真での比較では差は縮まる。一般的な撮影ではここまで差は出ないだろう、と思う。


感想と私見

コンパクトカメラは意外と良い。最初に28mm比較では、本当に一眼レフは価値があるのか? と心配になった。でも、差はあることがわかってほっとした。GRとR5の画質でも同様である。用途に合わせ、堂々とコンパクトカメラを使いたいと思う。
但し、今回の撮影例でもあるように、階調表現や暗いところなど、弱点もある。被写体によっては物足りなさを感じるかもしれない。
もうひとつ、フイルムとの差が無いことも確かめられた。画像の扱いやすさなどでデジタルはフイルムを上回る。しかし、初期のデジタルカメラでは画質面で不満もあった。現在の一眼レフで画質は十分であるとは思っていたが、プリント目的ではネガフイルム以上であることを実感した。
そして、プリンタの性能向上も再認識した。以前からコンパクトデジタルカメラを使い、写真を人に配るのはプリンタ印刷のものだった。ひとつには、プリンタの質の向上もこの結果の背景に上げてよいと思う。

以下は私見である。

1200万画素は必要か?
最近のコンパクトカメラの画素数は、1000万画素が普通になり、1200万画素が出てきている。一方、一眼レフは2000万画素が出てきているが1200万画素が主流である。コンパクトカメラの画素数は一眼レフと同数となっている。
コンパクトカメラの使用目的を考えた場合、ここまで必要なのだろうか? また、受光素子が小さいことによる弊害も起こりやすくなる(階調の悪化、ノイズの増加など)。

85mmで、D700 60mmのトリミング、約1.4倍に相当する。この場合画素数はおよそ2690×2020だった。これは、550万画素に相当する。R5は700万画素なので画素数で比較すると下回ってしまうことになる。しかし、プリント結果はD700の方が上である。しかし、RAWとJPWGを比較するのはフェアではない。D700もJPEGで比較してみた。やはり・・・D700の方が上である。この比較、一眼レフは単焦点レンズであり、大きさも余裕がある、という一面はあるが、画質は画素数だけでは決まらない、という例かもしれない。たとえばニコンの一眼レフ、D40は610万画素である。偶然だけど、ほぼ同じ画素数である。D40がまだ売られている理由・・・コンパクトカメラ並みに安いこともあるとは思うが、画質面でコンパクト機を上回っているから、というのもあるのかもしれない。

1000万画素以上、今のコンパクト機で要るのだろうか? などと思ってしまった。が、手元にあるのは800万画素GRまで。比較できないので、もちろん私には結論は出せない。


プリントによる比較 上より R5 85mm相当、D700 60mmF2.8を85mm相当にトリミング(JPEG)、D700 60mmF2.8を85mm相当にトリミング(RAW)

TOPページに戻る