風に吹かれて  パソコンの話、私がRealforceを買ったわけ

TOP Pageへ



Realforceは東プレが販売しているキーボードで、業務用のキーボードをベースにしている。業務用だったので打ちやすさや耐久性は非常に優れていて、市販のキーボードのなあ出はトップクラスだろう。ただ、それだけに高価でもある。
わたしがあえてRealforceを買ったわけ、書いてみようと思う。。

キーボードの不調と英語キーボード
数年前の話である。PC本体を買い換えて1年ほど経過したときのことである。本体は変えたけどキーボードは以前使っていた古いものをそのまま使ってきた。これは気に入ったキーボードだからとか、そういう深い意味はなく、キーボードは机の隙間をケーブルを通して置いていたので、交換するのが面倒だったからそのままにしていた、というだけのことである。で、そのキーボード、最近ちょっと調子が悪くなってきた。使えないわけではない。キーの中心付近を押せばよいのだが、少しずれると引っかかるような感じがあり、これが強まってきたのだ。かなり酷使するものだから経年変化かもしれない。

さて、キーボード。これは普通にPCを買えばついてくるものである。その時も着いてきていた。だけど、その頃から付属のキーボードには非常に安っぽいものが使われ始めた。オプション的に周辺機器メーカのものも選択できたけど、それはしなかった。また、別売り品が広く売られてきていた。自作する人向け、ということもあるかもしれないが、その一方でキーボードが非常に大切な機器として認識され始めた時期でもあったと思う。でも、市販PCの一部が、価格競争で安価なつまり質が今一つのキーボードを使うことが多くなってきたこともあると思う。
キーボード、この値段はまちまちである。その頃でも、特売の1000円以下のものがある一方、Realforceのように2万円近いもの、更に3万円近いものもあり、それなりに売れているという。金沢あたりでは売っている品は限られるのだが、それでも 多くの店には1000円から1万円近くのものまである。キーも、最小限の約60キーのものから、通常の約110キーのほかにたとえばオーディオコントロールなどのさまざまなスイッチの付いたもの、スライドパッド付き のものなどもある。
そして、キーを叩いた感じもさまざまである。重い軽いの他に、クリック感のあるものないもの、音がするものしないもの・・・。やっぱり安いものは滑らかさに欠けるような気はするが、使えないわけでもなさそう・・・。値段ほどの差はあるのかな?なんて考えてしまう。

市販の キーボード、これはほとんど日本語キーボードであるが、一部英語キーボードも売られている。実は、以前から一度英語キーボードを使ってみたいと思っていた。英語キーボードといっても、日本語は入力できる。ローマ字入力なら 何の問題はない。日本語入力の開始の操作がちょっと違うだけである。他に違いは、といえば英字の記号、たとえば”〜”とかの位置がずれていたりする。これは普段頻繁に入力するわけではないので、そう大きな問題ではないだろう。
それに・・・私の使わない、かなの刻印がない分、キートップがすっきりしている。そして、”英語キーボードを使っている”と言えばなんとなくかっこいいではないか?
という、やや不純な動機あるが、英語キーボードも探してみる事にした。

私にとってはどんなキーボードがいいのだろうか?
まず、多機能のものは要らない。自宅のほかのPC、あるいは会社のPCには、文字入力以外にも専用ボタンがいくつか付いているが、これは使ったことがない。オーディオ向けに再生や早送りのボタンがあるものもあるようだが、これも不要である。それに、この種のキーボードは大きくなる。机ではPC以外の作業もするので、必要以上に大きくないものがよい。となれば、一番単純な文字入力だけのものでよい。だけど、数字入力用のキー、テンキーなどと呼ばれるものであるが、これがないと不便である。自宅での作業では、数字を入力することが意外と多い。電話番号や郵便番号の入力には やはり便利である。
そして、私にとっては無駄なwindowsキーがないものが欲しい。Windowsキー、たとえば一般的にはALTキーの左にあるものなどである。普通は3つ付いている。 だが、これらのキーは私は使わない。使わないならあっても同じでは? といわれそうだが、キーには誤操作ということもある。普通の文字なら間違って押しても別の文字になるだけであるが、こういう操作に関するキーは時には予想外の結果になってあわてることにもなる。これは、”ひらがなカタカナ”キーも同じことである。 会社では、この無駄な(?)キーを誤って押さないようにキートップをはずしてしまっている人もいるくらいである。 これらのキーのないキーボード、一般にスペースキーが長い。これも魅力がある。

そして、英語キーボードが気になるのは前述の通りである。

さて、この条件でキーボードを探してみた。
肝心の 英語キーボードがない・・・。 全くない店もあるし、あっても1種類程度。選択の余地はほとんどない。英語キーボードなんて買う奇特な人は少ないのだろうから、金沢では商売にならないのだろうか。それならば、とインターネットで調べてみる 。販売店のほかに使ってみた感想など、いろいろと載ってる。キーボードは、さすがにタイプライターからの歴史のある輸入品に評判のよいものが多い。だけど、最近では国産でも定評あるものも出てきたようだ。
しかし、評判のよいものは、さすがに高い。英語キーボードは1万円程度以上、日本語キーボードでは、定評あるものは1.7万円以上である。さすがに高い・・・。考えてみれば、キーボードはパソコンの中で一番頻繁に操作する機器である。本当によいものならその位出しても良いとは思う。が・・・。それらの 評判のよい品であっても、”私は嫌い”あるいは、”私には合わない”と言い切る人も少なくない。やはり、理想は使ってみて、ということになるのだろう。で、ここに見つけて気になったものの一つがRealforceである。
さすがに1万円となると慎重になるが、日本語キーボードでは、7000円あたりでもいい評価を受けているものもある。これは金沢でも売っていて、店頭で触った感じは割とよかったものである。

何がいいのだろうか・・・と思っている最中に一つ買ってしまった。ある店に、980円の英語キーボードがあったのだ。押してみるとキーはそんなに悪くはない。 これ、新品ではあるが、”ジャンク品扱い”だった。つまり、”動作の保障などはしませんよ”ということになる。まあ、980円。キータッチもよくはないにしてもまあまあかな、と思って買ってみた。英語キーボード、もちろん日本語版のWindowsはサポートしている。ただキーボードを交換しただけでは元の日本語キーボードとして動くこともあり、この場合は記号がおかしくなる 。これはドライバを再起動するような感じで解決する。待望の(?)英語キーボード・・・。結論からいえば、この品はやはり”はずれ”であった。英語キーボードだからではない。 キータッチも使えないほど悪くはない。別の問題である。キーボードを横から見て欲しい。普通は、キートップがやや丸く配置されているはずである。しかしこれはまっ平らなのだ。だから、 上の方のキー、"Q"や"W"、数字のキーあたりを打つとき、妙に遠く感じる。これは結構違和感がある。そして、ベースの強度が足りず、キーボードが全体が捩れたりひよったりする。これでは使えない。やはり、値段相応、ということだったようだ。 このあたり、”授業料”としての980円、まあ妥当、ということだろうか?

さて、改めて探してみると、日本語キーボードならまあまあのものが見つかった。約7000円・・・。普通なら3つ付いているWindowsのキーが一つしかないのもありがたい。これもよさそうだが、やはり英語キーボードにも未練がある。英語キーボードで定評あるものとの差額は約4000円。(+送料) 出せない金額ではない。しかし・・・不安もある。定評があるとはいえ、好みもあってのもの・・・。 触ってみないで買ってもいいものだろうか? と、980円の英語キーボードを打ちながら迷っていた。
ところで、キーボード。パソコンが出始めた頃はかなりしっかりした品で高価だった。故障で修理扱いで購入すると数万円だったようだ。元々は何千万円もするような大型コンピュータの部品だったから、相当しっかりしたつくりになっていたのだろう。それからPC自体がどんどん低価格になってしまった。 キーボードはその影響を一番受けたものの一つだろう。質なども”それなり”になってしまったような気がする。別売り品で高価格でいい品が選べるようになってきたのは、その意味ではいい傾向かと思う。金沢で買いにくいのは残念だが。


日本語メカニカルキーボードの購入
最初に安物の英語キーボードを買って、値段の安さゆえの失敗を経験した。続いて購入したのはメカニカルスイッチ式の日本語キーボードである。しかし、結果からいえば使えなかった。高価で良いものだけど買った品が私には合わなかったのである。それだけキーボード選びの難しい、ということになる。実は、買いはしなかったが、”古いタイプのものは?”と思って中古の店にも寄ったのだが、そこの店長もある程度(無駄に)買って使ってみるしかない、と言っていた。最初の英語キーボードが使えなかったのは以前に書いたとおりだが、2つ目の日本語キーボードの場合は? なぜ買う時にわからなかったのか? このあたりをちょっと書いてみようと思う。

ここでキーボードの方式を補足しておく。大きく分けるとキーボードには3種類ある。
 ・メンブレン
  薄い2枚の膜を電極にしてそれを押す。安価に作れるので現在のキーボードの主流である。
 ・メカニカル
  キー一つ一つが接点をもつスイッチになっているもの。以前はこの方式であったが、部品が多く高価になるため減少した。
  キータッチなどの調整がしやすく、クリック感なども持たせやすい。
 ・静電容量式
  キーを押したときの電極間の静電容量の変化を検知してキー入力するもの。耐久性に優れているが高価である。
  Realforceはこの方式である。

日本語キーボードの失敗に戻る。メカニカル式日本語キーボード、決して物が悪いわけではない。Webでも評価する人は結構いる。そして、価格も安くはないがそれほど高いわけではない。値段と質、バランスが良いのだが私には合わなかった、ということである。具体的には、キーの押す加減、これが私の癖とは合わず、指の疲労が大きかったのである。
キーボード、通常は押し込んでゆくとだんだん押し返す力が強まり、あるところで軽くなる。その後また徐々に強くなり、押し切って止る。キー入力はメンブレンでは押し切る直前になるが、メカニカルや静電容量式では軽くなった直後あたりで入力されることが多い。つまり通常よりやや早めに入力されることになる。
日本語キーボードに戻る。まずキーがやや堅めである。それはいいのだが、押し切った時の底あたり感が非常に強かったのである。固めなので余計底当たるが強くなってしまう。もちろん押し切る前に力を弱めようとするのだが、峠を越えてからのストロークが(私には)短いので、戻しきれないようだ。 だから、底に強くあたってしまい、指の疲労が大きかったようだ。時には指の痛みまで感じてしまった。もうひとつ、音が大きすぎたのである。キーを押すと軽快な音がする。メカニカルでは良くあるのだが、夜中に打つと部屋中に音が響くように思え、ちょっと苦痛に感じた。
”キーボードが合わない”こう書くと、”店頭で確かめなかったのか?”といわれそうである。もちろん店頭で何度も打って確かめている。だが、店頭のためし打ちでは判断しきれなかった。店頭で、キーを適当に高々百何十回打つのと、実使用で短時間に何百文字、数千文字を入力するのとではやはり違う。実仕様での指の疲労感、これは大量に入力して初めてわかることだと思う。
そして、もう一つ、打鍵音。音がすることはもちろん店頭でわかっていた。だか、比較的うるさい店頭で聞く音と、静かな自宅、特に深夜とでは音への感覚が全然違う。自宅の方が数倍、うるさく感じるのだ。音・・・。キーボードではこれも重要な要素である。これも念のために言うと、このメカニカル式キーボードの音は大きいものの不快ではない。むしろ心地よい音である。実際、入力しているときのリズミカルな響き、軽快で気持ちがよい。だが、使用目的によってはやはり音が大きすぎる。ワープロなどで文字入力をしているときならこれでも良い。というより、打鍵音でリズムに乗ってくるようにさえ思える。だけど、キー入力が主ではないとき・・・。これはやはりうるさく感じてしまう。キーボードの音・・・。これも環境の違いであり、店頭では判断がしにくかったことだと思う。

購入時、試し打ちできるなら、数百字は打ちこんでみてほしい。普段プログラム入力が多いなら、プログラムの内容を意識して、日本語入力であるなら良くある文書を意識して打ちこんでみると良いだろう。可能ならPCに繋いで、椅子あればよいのだが、そこまでしてくれる店はないだろう。でも、文字数は多く。これは重要である。

Realforce英語キーボードへ
キーボードの買い替え、だいぶ回り道したが、結局は静電容量式の英語キーボード、商品名Realforce 101に落ち着いた。キーボード選び・・・思った以上に難しいものと痛感してしまった。ただ、自分に合った優れたキーボード、これは文字入力が楽しい、とさえ感じるものである。今のキーボードに今ひとつ満足できないなら・・・買い替えも良いと思う。

さて、買い替え時、速くからRealforceが欲しいと思っていたが、踏み切れなかったのはその価格である。あまりにも高い。業務用に広く使われているから物は良いのだろう。でも二万円近い価格は・・・とためらっていた。その結果が機械式キーボードの選択であった。それで失敗したのは前述の通りである。次、もう失敗したくない、と思ってRalforceの購入に踏み切った。これは非常に使いやすいものであった。高価だけどその価値はある。安心してお勧めできるものの一つだと思う。

次に英語キーボードについて書いておきたい。英語か日本語か、これは大いに悩んだ。結論から言えば、私の感覚では英語キーボードの方が打ちやすい。もちろん、かな入力する人なら、日本語でないとだめである。だけど、ローマ字入力するなら、英語キーボードはいいものである。違いは? というとこの3つである。
 日本語入力の切り替えがALTキーもつかって行う。
  ・・・なんのことはない、昔のWindowsはそうだった。
 変換、無変換のキーがない。
  
・・・ほとんど使っていない・・・。
 英記号の位置が異なる
  
・・・これはちょっと?

英語キーボードで問題になるとすれば、それは英記号だろう。だが、プログラムなどを作らないなら記号を入力することは意外と少ない。割と良くつかう ./ は同じだし、/*-+ は、テンキーも使えるのであまり問題ない。あとは()とか・・・。
私の場合、会社では日本語キーボードを使うことになる。英記号の位置が違う・・・。これが一番迷うところだった(会社でも自前で英語キーボードを買って使ってもいいが・・・)。 だけど、会社で主に使うのはノートPCで標準的なキーボードとは違う。それに・・・もともと私は英記号をブラインドタイプするほど打ち慣れていない。とすれば、自宅では英語キーボードの利点が生きてくる。日本語キーボードの場合、ENTERを打つときと右のSHIFTを押すとき、”遠い”と感じることがある。英語キーボードにはそれがないのだ。 これは、キーが一つ分近いためである。やはり英語キーボード、合理的なのだと思う。
だけど・・・日本人の手は一回り小さいはず? なのに日本語キーボードは実質的に1キー分Enterなどが遠くなってしまっているのはなぜ? とつい思ってしまう。ローマ字入力だけなら、英語キーボード、非常に良いと思う。
英語キーボードを使っている、といえばなんとなくかっこよく聞こえることだし。


英語キーボードの利点
英語キーボードの利点は? ひとつにはスペースキーが非常に大きいことである。日本語キーボードではスペースは普通のキーの3つ分程度しかないが、私の使っている英語キーボードでは7つ分ある。 キーボードによって多少の差はあるが、英語キーボードのスペースキーが大きいことにはかわりはない。スペースキーは日本語入力の場合、漢字変換につかうので、これは便利である。
そしてもうひとつ、実質的にキーの幅が1文字分狭いのである。
  
写真を並べてみる。左が日本語キーボード、右が英語キーボードである。(いちいち書かなくてもわかる?)

ここで、Enterキーを押すことを考えてみよう。アルファベットのキーは同じである。アルファベットのキーとEnterキーの距離を、右端に近いLキーと の間隔でみてみよう。LキーとEnterキーの間は、日本語キーボードでは3キー、英語キーボードでは2キーになる。Shift,Back Spaceも同様に1キー分、近くなる。それだけ、Enterなどが操作しやすいのである。
日本語キーボードに英語キーボードのBack Space,Enter,Shiftを重ねるとこんな感じになる。

実は、PCを使い始めたとき、Enterを押すのに手を動かさなくてはならず、”遠いな〜”なんて思っていたのである。それが英語キーボードでは全く感じることがない。
英記号の違いはあるが、英語キーボード、使いやすいと思う。 但し、パソコンショップなのでもあまり売っていないのが問題である

もうひとつ、携帯用PCでの話である。
良くある15インチ程度以上のディスプレイを持つノートPCでは、キーボードは十分大きいので特に問題はない。しかし、以前のB5ファイルサイズなど、12インチ程度のディスプレイをもつ携帯性重視のノートPCでは、キーボードはぎりぎりである。そして、一部メーカのキーボード、日本語キーボードの場合はキーが変則的になっているものがあった。
これはその一例である。
 

写真の通り日本語キーボードでは、@や*などのキーが通常より狭い。幅が半分に思えてしまう。(実際にはそんなに狭くないのだが) これはちょっと使いにくい。英語キーボードは、ほぼすべてのキーが同じ幅であり、使いにくく感じることはない。”実質1キー分狭い”英語キーボードの利点が生きてくる。
なお、このメーカでは、キーボードは補修部品として購入できる。交換のマニュアルもWebで公開されていた。なので部品として購入(約1万円)し、自分で換えた。交換しても保証は継続するらしい。

さて、Realforceの使い勝手である。
購入前、キーの数の違いは認識はしていたけどそれほど重視していなかった。でも、非常に打ちやすくなった。また、会社では日本語キーボードだけど、うまく使い分けできている。プログラムと作るわけではなく、文書入力中心だから、ということもあると思うが、記号の違いはほとんど苦にならない。
もうひとつ、Realforceについてである。入力に関しては非常に快適である。キーを押した感じが非常に滑らかで、多少キーの中心から外れても押しやすい。また、キー入力の位置が比較的高いので押し切らなくても入力ができる。そして、私が買ったモデルは、端のキーが軽い。これは買う前は気になったけど実際に使うと丁度良いと思う。ただ、小指などで押す軽いキーを人差し指などで押すと軽すぎて指を置いただけで勝手に入力されたりする。まあこれは慣れればよいだけかもしれな
いが。
キーボードとしては非常によくできていると思う。値段が高いのだが非常に良い。耐久性も高いので長く使えるから価格差はある程度取り戻せると思う。初期投資できるなら、お勧めしたいキーボードである。

 
その後。別のメカニカルキーボード(Cherry社製)の購入
自分用のPCのキーボードはRealforceを継続して使っている。だけど、別の家族用PCもあり、そちらも使っている。そのPC用には、以前Cherry社のスイッチを使った日本のメーカのコンパクトキーボードをつかっていたが キーが一つ不調になってしまった。買い替え、このころにはドイツCherry社のメカニカルキーボードが売られるようになったのでそれを買った。価格は1万円少々である。Cherry社のキーボード、メカニカルスイッチで、特性が異なるものが数種類揃えてある。どれを選ぶかは好みであるが、私は赤軸を選んだ。赤軸、リニアタイプの軽いものであるクリック感が薄いもので、昔のPC9801のキーボードに似た特性という。これも私に合っていると思う。Realforceとの併用でもあまり違和感を感じない。
Cherry社のキーボード、私は英語キーボードを買ったが日本語キーボードもある。値段は普通のキーボードより高いがこちらも満足度も高いと思う。


キーボード、マウスと並んで一番良く使う機器の一つである。比較的安いものもあるが、自分に合った使いやすいものを選ぶことは重要である。キーボードは、PC本体が変わっても継続して使える。高価であっても良いものを長く使う、というのも正しい選択だと思う。その際、Fearforceやcherry社の製品は高価だけど良いもの、という意味で選択の候補になると思う。

TOP Pageへ