東京八百八坂

2015年に東京勤務になりました。金沢九十九坂も仕上げていないのですが、東京にも風情ある坂が多数あります。折角東京勤務になったのですから、東京の坂を回ってみようと思います。タイトルの八百八坂、もちろん八百八町から名づけました。金沢が九十九なら八百八では? と考えてのことです。もちろん808以上の坂があるでしょう。でも、東京勤務が終わるまで、と考えると100でも多すぎるかもしれませんが、とりあえず808を目安に増やしてゆきたいと思います。
対象とする坂の範囲ですが、東京都としてしまうとあまりにも広すぎます。でも”江戸の町”とすると今度は狭すぎます。東京23区、だいたい山手線の範囲を対象にしようと思います。もちろん、風情ある坂があればこの範囲にとらわれずに対象とする予定です。



富士見坂/日無し坂(豊島区)

コミック、「東京シャッターガール」第1巻の表紙の絵がこの2つの坂です。
写真のとおり、2つの坂が分かれるようにY字形になっていての右が富士見坂、左が日無し坂です。



富士見坂(荒川区)




江戸坂(北区)

田端駅近くにある坂です。写真中央は田端文士記念館です。

炭団坂(文京区)

本郷台地から菊坂の谷へと下る坂です。炭団などを商売にする者が多かった、切り立った急な坂で転び落ちた者がいた、ことに由来するともいわれています。この坂の近くには、坪内逍遥が住んでいました。

TOP Pageに戻る