王重陽の丹法

 

 

 

 王重陽は道教の全真教の開祖であり、内丹の北宗の創始者である。その丹法の特色は、鍾呂および南宗から受け継いだものを基礎にしながら、「先性後命[最初は性に重点を置き後には命に重点を置く]」の内丹理論と実践体系を提唱したことであり、金・元以降の内丹の発展に大きな影響を与えた。王重陽の内丹の論述には、主要なものに《重陽全真集》・《重陽教化集》・《五篇霊文》・《分梨十化集》、馬丹陽に授けた《金関玉鎖訣》・《二十四訣》などがある。これらの著述によって、王重陽の北宗丹法の内容や特色を知ることができる。
 王重陽は、内丹を大中小の三乗に分けて論じている。これは鍾呂丹法を踏襲したものである。その三乗は大乗神仙抱一の道、中乗富国安民の法、小乗強兵戦勝の術である。この三乗の法によって、病[病気を取り除くこと]・健身・修仙の三層構造の煉養体系を形成した。そしてこの体系の実践方法は、煉性・修命・成丹の3つの修練に分けることができる。

 

(1)煉性

 心性を重点的に修練が、北宗の内丹の最も重要な修練であり、南宗と比べたときの北宗丹法の最も大きな特徴である。王重陽は、内丹ではまず最初に、精神・信仰・意志・徳操・品性・修養などの心性の問題を解決しなければならないと考えていた。馬丹陽に授けた《二十四訣》の中で、王重陽は「命は元神であり、性は元気であり、名を性命というのである」と述べている。また「賓は命であり、主は性である」とも言っている。彼は神仙長生不死の道は「真性が死なず、すべての誘因がきっかけにならず、去らず来ない」ということであると考え、修仙の目標は心性を修練することであり、「心はもともと道であり、道がそのまま心であり、心の外に道はなく、道の外に心はないのである」と強調した。
 このように心性の修練を重視したことは鍾呂・南宗からの内丹に最も大きな変革をもたらした。もとは「命功」に従属する修練法の一つにすぎなかった心性の修練は、これ以降人の生活の各方面にあたはめられるようになった。衣食住や移動、言動や徳行品性、人のために事を処理することなどで北宗の「煉己」の範疇に入らないものは一つもなく、それらは北宗の性功の「明心見性」の実践を具体的に表すものとなった。王重陽は《立教十五論》の中で北宗の煉養の十五の方面について規範を示した。

@ 住庵 : 仏教徒の出家清修を真似たものである。
A 雲遊 : 山水の間で性情を鍛練しまた師を尋ね道を訪ねる。
B 学書 : 学習に努力し知識と教養を広げる。
C 合薬 : 医薬の学を学習し、世の中の人を助ける。
D 蓋造 : 茅庵草舎[簡素な家]の建て方を学習し修練のための居住に備える。
E 合道伴 : 同伴[一緒に活動する人]と付き合う方法を学習する。
F 打坐 : 煉丹の静坐方法を掌握する。
G 降心 : 静坐の中で乱れた心を落ち着かせる方法を修練する。
H 煉性 : 心性守中の道を修練する。
I 匹配五気 : 五臓の精気を中宮に集めて内丹を修練する。
J 混性命 : 清修の中で神とを合し、精を煉りと化す。
K 入聖道 : 神とが合したことを基礎にしてを煉り神と化す。
L 超三界 : 神を煉って虚に戻し、三界を超越する。
M 養身の方 : 「法身」である陽神を温養する。
N 離凡世 : 陽神を頭のてっぺんから出し、虚に戻り仙人に成る。

 この十五論から、北宗の内丹修練が「性功」の概念を大きく拡張し、煉丹の第一の要点としていることがわかる。このすべての目的は「明心見性」にある。王重陽は動心忍性[心を働かせ怒りを忍ぶ]・含恥忍辱[恥辱を耐え忍ぶ]・清心絶欲[心を清め欲を絶つ]・損己利人[自分を損ない他人を利す]の心性の錬磨を特に強調した。彼は仏教の禅宗の修習方法を内丹の「煉己」・「見性」の手段として広く吸収することに力を入れ、また道教では社会生活の広い範囲の中で心性を修練することを主張した。だから、南宗の内丹の初歩の「煉己」が自身の精気を煉ることであるのとは異なり、王重陽の定めた北宗の「煉己」は心性を修練することである。彼は《五篇霊文》の中でこう言っている。
 「煉己は煉心である。心は離で、離は己土である。煉心が動かなければ、離宮が修まり定まる。定まれば気が和し、和せば身が安らぎ、安らげば精気が充満し、満ちれば鉛汞が凝結し、結べば自身を造り化す。玄珠が姿を現し、太乙が真を含み、金液が肉体を煉り、骨散寒瓊、肉体も意識も妙なるものになり、道と合するというのは、すべて自然なことである。もし心を降ろし性を煉ることを訓練し厳守することがなければ、絶対に達成できるわけがない。この修練は、勇猛不屈の心、死を覚悟し生を忘れるような志しがあって、熟達できるものである。心が死ねば神が生き生きとしするというのは、これのことを言っているのである」。

 

(2)修命

 王重陽は、性功を第一に重んじたが、神仙道教の信仰である内丹修練の最終的な立脚点はやはり物質的な身体である。だから王重陽はさまざまな手段によって性を煉ることを主張すると同時に、精気を補修し、正気を結び付けすることが、煉丹の基であることも主張した。これらの補修の方法は主に王重陽の《金関玉鎖訣》の中に記載されている。それらは、「小乗の法」とされているが、内丹を修練する基礎である。その中で比較的詳しく記述されているのは次のようなものである。

 @神水還丹田法。
 「その修練を行う時、背筋を伸ばし、足を組んで座り、手をもみ、蒸気で体を加熱するような感じで、天橋を過ぎ、額顱[額・頭蓋骨]を過ぎるのである。ただ教えることは、上の頬と下の頬の上に意を用い、真気を二つに分けて下ろし、太陽元中に流して、頬に落とし、上げて歯に流し、口元の左右から液を取ることである。これは玄珠甘露である。赤龍[舌]で掻き混ぜることは止めて、すすいで雪花とするが、白には甘味があるのである……2〜3回に分けて飲み込み、常に二停に留め、樹が枯渇することを恐れる」。
 この修練法は、道教の常用する漱液咽津法である。

 A黄婆匹配の法。
 「修練を行う時、泰山のように座り、宝塔のように立て、四門を堅く押さえ、玄関を緊密に尋ねる。津で一口すすぎ、猛々しく三回飲み込み、を迎えて離隔を過ぎる。これを快活に三度行うと、自然と龍虎のが生じる。行住坐臥などで繰り返し、口と目を閉じ、耳は物音を聞かず、眼は内景[体内の様子]を見るようにし、一日正に丹田を観じる。意中では、吐くのに伴ってが下降し、吸うのに伴ってが上昇するが、離隔を過ぎないことがわかる。しかし状態ばかり気にすることは教えない。六のそれぞれが中元[中丹田]で出会い、清いは右を行き、濁ったは左へ行き、それぞれ九回回転する。は上下に出ることはできず、左右は結び付いて炉竈を形成する。これは龍盤虎繞[龍と虎がぐるぐる巻き付く]と呼ばれ、気は自然と和し会する」。
 この方法は「天地交泰の法」、「坎離交媾」などとも呼ばれる。
 比較的詳しく記述してある上の二つの方法のほかにも、王重陽は、九転還丹の法・肘後飛金晶法・黄芽穿膝の法・射九重鉄鼓の法・太子遊四門の法・金鞭指輪の法・芦芽穿膝の法・鍾離背剣の法・呂翁釣魚の法・陳希夷大睡の法・玉女摸身の法なども、「病気を治してしまうものである」と述べている。しかし、残念ながらこれらについては詳しく記述されていない。これらの方法は王重陽が性功を重んじたと同時に、命功を修めることも基本的な修練として重視していたことを説明している。

 

(3)成丹

 王重陽は主に《五篇霊文》およびその詩詞の中で成丹について論じている。その中で彼は、天心を主とし、元神を用とし、三宝を基とすることを主張している。外的には三宝を漏らさなければ、内的には三宝が自ずと合する。神仙の妙用[玄妙な働き]は、金丹の母として先天真陽の気を採取し、自分の身体の陰気を変化させて、純陽の体に変えることだけである。具体的なやり方には次のようなものがある。

 @玉液
 内煉を実践するには、まず雑念を払って意識を内側に振り向け、神が気を離さず、気が神を離さないようにしていると、呼吸は往来し、一源に帰る。静かにして意識を掛け続けていると、心身は何も為すことはないが、神気は自然と何かを為している。煉己に熟練し、長い間、静の修練をしていくと、静から定を生じる。神は気の中に入り、気と神は合する。五行四象の例えで言うと、四つのものが一か所に集まり、精と気が凝結する。これが坎離交媾である。この最初の静の修練は、必ず陽火で鍛練しなければならない。つまり、神を凝らして坤宮[腹部]に意識を掛けていると、真気が発生し、ぼんやりしてはっきりしないが、不可思議な働きによって、活子時になり一陽が再び動き出す。

 A産薬
 神守坤宮[神が坤宮を守る]は、意を人体の黄庭宮に注ぐことである。ここは産薬の川源の処であり、陰陽交媾の郷である。神守の法は、昼夜の間、常に欠かさない。元神によって意識を掛け、光を振り向け静かに定めて、造化を逆に施し、天関を弾いて転回させる。そうしていると、外薬が自然に発生する。この時に精が火によって錬成され、水が火と出会えば一に変化する。これを燻蒸すると上昇し、止まることなく周りに流して、河車を運転し、泥丸まで上げる。ここでは甘露に変わり、重楼[喉]を降下すると、固まって精液になる。これを坤位に戻すと、胚胎の元気は、だんだんと旺盛になる。そうなると神が呼び気が吸い、自然と含み育み、脈は止まり気は停まり、静から定を生じる。大定の中で、内薬が発生し、先天のが乾宮から入って来る。内薬と外薬は、母が子供を恋するように、自然と感応して合する。その方法は自然に任せ、速くやろうとしては駄目である。黙して神光を運用し、静かにして神が機敏であるようにしていると、突然、定の中に動を生じ、何かが見え隠れするように感じる。これが大薬が芽生え始めたのであり、「玄珠成象[玄珠が姿を現す]」とも称する。

 B採薬
 採薬の段階は、神が乾宮を守るようにしなければならない。乾宮は頭頂の泥丸宮のことで、「玄無玄関一竅」とも称する。その方法は神を乾[頭]に凝らし、ゆっくり煉ってゆっくり凝らし、ゆっくり集めてゆっくり結び、一粒の玄珠を結成する。その大きさは黍米[モチキビ]ぐらいで、いつも目の前にある。この時には、神の中の精は下って坎で交わり、精の中の神は上って離で交わり、内であれば精神が内で交合し、外であれば陰陽が外で交合する。どんどん煉っていくと、内外が明るくなって、上下を照らし、一粒の明粒に変わる。それはコマのように円く、光がきらきら輝き、三関を昇降し、上下に車輪のように回転し、巡り流れて止まらない。その日月が光を交える時が、正に採薬の時である。その様子は泥丸で風が生じているように感じ、天から吹き下りて、玄関の両目の中に流れ込み、身の周りを通っていく。関竅は天に等しく、骨や節は断ち切られたようで、体は綿のようにだるく力がなく、心は氷のように冷たく、丹田は火のように熱く、天地人我も分からなくなり、夢に耽っているようにぼんやりする。この状況が現れたら、雷の稲光のように早く、急いで採取する。それは非常に重い弩[仕掛けの力を利用して射る弓]を用いるように、ただ一瞬のチャンスを捕らえるのである。その方法は採っているようで採らず、採らずに実際には採っているようにする。それが本当の採である。

 C得薬
 大薬は必ず採らなければならず、採ってから得ることになる。得薬の方法は、神守玄宮[神が玄宮を守る]であり、意を牝府に迎え、神と意が合すると、先天が自然に得られる。ぼんやりとしてはっきりしないが、一点の赤い光が閃き、下元[下丹田]に入る。自身の真気は、吸われるように一か所に集まる。陰は陽に激しく押し寄せ、陽は陰を抱き、陰と陽は結び付く。それが太玄関から尾閭に至り、夾脊を通り抜け、玉沈を通過し、金液に変化し、飲み込んで腹内に入る。甘くさわやかな香りがし、万孔は春を生じ、全身は光を生じ、心身は清く静かで、すべての関は和らぎのどかである。光の中に円いものがあり、その内には胎児の姿がある。これが陽神出象[陽神が姿を現す]である。この時には危険を防ぐために、遠く離してはいけない。堅牢に封じ固めて閉ざし、浸透させないようにすると、容易に温養することができる。

 D温養
 温養の方法は、神守黄庭[神が黄庭を守る]である。それには一日中それを行うことが必要である。これをずっと考えて、常に光を隠し、見ることや聴くことを制限し、鶏が卵を抱き、龍が珠を養うように、綿々と続け、少しの間も離れることがあってはいけない。ただ神と呼吸を安め、火は運用しないが火は自然に運用される。百日で修練の成果は素晴らしいものになり、十カ月で胎は完成する。陰魂は自然に変化して、陽神が出現する。千日たてば、温養の火は足り、群がっていた陰は剥離してしまい、体は純陽に変わる。嬰児が身を現し、体は仙に変わる。

 王重陽の論じる五段階の丹法は、「煉己築基」の上に直接、煉精化、煉化神、煉神還虚の修練を論じているが、その方法は南宗の要点を出ていない。北宗丹法の特色は、まず性に重点を置き後で命に重点を置く煉性の築基の修練である煉己の段階にあると見ることができる。

 

 

 《龍虎丹道》の目次へ   仙学研究舎のホームページへ