般若心経

 

 一切を知る者に礼してたてまつる。

 求道者アヴァローキテーシュヴァラは、般若に到達しようと深遠な行を実践していた時、五蘊はすべてであると見抜いた。
 シャーリプトラ
 であり、性がである。と異ならず、と異ならない。とはであり、とはである。もまた同様である。
 シャーリプトラ
 一切の法はの様相をしている。
 生じることもなく、滅することもない。汚れることもなく、清浄であることもない。増すこともなく、減ることもない。だから、シャーリプトラの中であるから、はなく、も、も、も、もない。
 視覚も、聴覚も、臭覚も、味覚も、触覚も、心もない。視覚の対象も、聴覚の対象も、臭覚の対象も、味覚の対象も、触覚の対象も、心の対象もない。視覚の領域から心の領域までことごとくない。
 迷いもなく、迷いがなくなることもない。老いも死もなく、また、老いと死がなくなることもない。苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを制することも、苦しみを制する道もない。知ることもなく、得るところもない。
 求道者は般若に到達するので心を覆うものがない。心を覆うものがないから、恐れがなく、正しくものを見ることのできない迷いから遠く離れ、一切の迷いから脱した境地に入っているのである。
 過去・現在・未来の目覚めた人々は般若に到達することによって、このうえもない正しく平等な目覚めを得る。
 それゆえに、般若に到達することは大いなる真言、大いなる悟りの真言、無上の真言、無比の真言であると知るべきである。全ての苦しみを除くことができるものである。真実であり偽りがないから、般若に到達することの真言が説かれた。すなわち、真言を説いて言うには、

 ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディー スヴァーハー

 これで般若に到達することの真髄を終わる。

 

 

参考:中村 元・紀野一義訳注「般若心経・金剛般若経」(岩波文庫)

 

 般若波羅密多心経のトップページへ   仙学研究舎のホームページへ