自作ベランダ太陽光発電のページ (鈴木靖文 環境のページ内)

 太陽光発電を簡単に始めるには、1枚ものの太陽光パネル(数千円)と、バッテリー、そして家電製品を動かすためのインバータをつなげるだけでOKです。ベランダなどに置くこともできます。晴れた日にふとんを干す感覚で、発電ができます。

 ただ、バッテリーの過充電をすると、水素が発生してバッテリーにも負担がかかるため、充放電コントローラをつけることが望ましいです。市販のものもあるのですが、やはり自分で作ってこそ、楽しみは倍増になります。とにかく簡単な仕組みから、充放電コントローラーまで、失敗の記録とともに書き綴ってみます。回路とソースコードは公開していますので、ご自由に活用してみてください。


2012年7月

★その1★ シンプル太陽光発電

 基本に忠実で、バッテリーに充電して夜にも使えます。ただし過充電・過放電の管理ができないため、バッテリーの様子をみてON・OFFを手動で設定する必要があります。

★その2★ 充放電コントローラーの製作

 回路は簡単にして、マイコンチップで制御する方向で、制作をしてみました。2012年7月26日現在、充電コントローラー部分のみを作成して、事務所で動かしています。いまもこの記事は、太陽光のエネルギーでパソコンを動かして書いているものです。


お問い合わせ、感想などありましたら鈴木(ysuzuki@mti.biglobe.ne.jp)まで。お気軽にどうぞ。

[自転車発電] [環境のページへ戻る]