Las Vegas *1*

 結果待ちのある出来事の関係で夏旅行予約はずっと先送りになっていた。行くことに決めたのは6月の半ば過ぎ、去年の夏旅行行き先変更よりもさらに遅い決定。はたして予約が取れるか心配だった。

 旅行先についても海方面・欧州・アジアいろんな案があったが、←自分の頭の中で 天候・日程・料金・選択肢の多さ・空席あり等で 近畿日本ツーリストの ラスベガスとロスアンジェルス8日間に決定。  

 ←モンテカルロというラスベガスのストリップのほぼ中心にあるホテル。数あるテーマホテルの中でここを選んだのは、部屋の良し悪しの開きが少なそうなこと、空いていたこと、便利な位置であったことから。3261室あるゲストルームもはす向かいのMGMグランド5005室に比べればまだまだ小さい。

このゴージャスな入り口はカジノの入り口。ストリップ大通りがわの入り口だ。ここを抜けても←抜けるのに7分くらいかかる4819坪・・ホテルには通じているが、ホテル側フロントは裏側の入り口から入る。ほかの多くのホテルとは違いカジノとホテルフロントは別れている。

 

 

部屋はスタンダードながら、(ホリディでも平均的なカテゴリーのホテルランクだつた)都市部とは違い広め。エアコンは寒いほど効いており、きらないと長袖が必要なほど。空気も思いっきり乾燥しており湿気の暑さになれているわれわれはすぐに鼻のどをやられる。のどアメは必需品だ。

日本語放送の番組はない、冷蔵庫なし、←ラスベガスではあたりまえらしい・・部屋を居心地悪くしてカジノにくるようにするためだとか。。スリッパなし、バスローブなし、歯ブラシなし。

が、24時間開いているカジノに隣接してマクドナルドなどのファーストフードの店は同じく24時間空いている。カジノで遊んでいれば、バニーガールのようなウエイトレス?がチップのみでアルコール類を持ってきてくれる。24時間でなくてもなかなか感じのよい飲食店やショッピングアーケードなどがあり快適。

左は洗面台 (バスルーム)

ガンガンに効くドライヤーとシャンプーリンスボディーミルク。温水は常時でる。砂漠なので水の出を心配したのがうそのようだ。

右は浴槽(当然バスルーム)

壁や床は大理石で感じがいい。何日か滞在するとタオル類を換えてもらえないこともあるが、ここは毎日浴槽そばのバスマットすら換えてくれる。バスタブの近くの絵も柔らかな優しい雰囲気を出している。

トイレはバスルーム浴槽絵画の左手にある。広いので同じバスルームにあってもゆったりしている。

14階の部屋の窓からの風景→

ホテルのプールがいくつかとテニスコート・・広い・・隣のテーマホテル「ベラッジオ」とそこまでいく無料モノレール・・・ひ・ひろい・・そして駐車場。

カジノだけでなくプールも人でいっぱい。もちろん子連れも多い。

 

 

 

おきらくりょこうメイン

next

home