指定席の取り方 2014.4.1修正
 
トップページ/ さかなの掲示板/ 18きっぷとは/ 夜行列車/ 札幌/ 青森/ 仙台/ 金沢/ 名古屋/ 京都/ 大阪/ 高松/ 広島/ 博多/ 長崎/ 大阪-博多
発売日・発売時間
──────────
指定席券は1ヶ月前の10時から一斉に発売。
(7/30に乗るのであれば6/30、7/31の場合は7/1)
夜行列車で日付が変わる列車は始発駅を発車する日の1ヶ月前。
東京7/30発のムーンライトながらに小田原から乗る場合は
指定席券の日付が7/31です。発売は6/30です。
日付を間違えて買う人が多いようです。


発売個所
──────────
みどりの窓口のある駅、旅行会社など
早朝や前日までに申込書を受け取って後程取れたか確認できるところもあります。
えきねっとなどではインターネットや携帯電話から予約できます。
早い時期から受付けをしているところではたくさんの人が申込をしているので
取りにくいことがあります。
旅行会社などでは10時に立ち会わなくても前日までに受け付けてくれるところがあります。
いずれにしても発売日の10時から窓口1つ、端末1つに対して1件ずつ発券します。
指定席券売機で購入できる列車もあります。

買い方のコツ
──────────
長期休暇の時期は必ず発売日に買うべきです。
コミックマーケットがある日、コンサートのある日はすぐに売り切れます。数分程度のことがあります。
大きな駅より小さな駅の方が並んでいる人か少なく有利です。
何駅も申し込んで買う人とオークションに流す人がいるためムーンライトながらだけは
売り切れが早くなってます。
誤発券等で当日キャンセルというのもあります。
上記の日以外は週末でも午前中くらいは結構残ってます。
発売直後でなければ電話で空席があるか教えてくれて、押さえてくれる駅もあります。
青春18きっぷとは関係ないですが、湘南ライナーの1ヶ月券は徹夜で並んでいる人がいますが、
すいている駅では並ばずに買えます。

発売日に買い損ねた場合
──────────
出発直前ではキャンセルが多く出るので窓口へあきらめず行った人は買うことができると思う。
ピーク時はキャンセルが出てもすぐ売り切れるので何度も駅へ行くようになります。
時期によってキャンセルが出たら連絡もらえる駅もあります。
団体は先に予約できるため発売前にほとんど団体に押さえられていることもあります。
この場合はキャンセル待ちしか方法がありません。
夜行を使わず昼間乗り継ぐ方法に変えるとか格安夜行バスを利用する方法もあります。

キャンセル・変更
──────────
キャンセル料は330円です。乗る列車の発車時間まで可能です。
指定席券の変更は発車時間前までならば1回限り無料でできます。
その時は、発売している指定席券どれにでも変更できます。
特急などへも変更できます。

座席の選択
──────────
ムーンライトえちごは女性専用席があります
ムーンライトながらは普通の席とセミコンパートメント席があります。
こちらから指定しないと片方しか調べてもらえないことがあります。

指定席券の値段
──────────
通常期520円。閑散期は320円。
JR九州内相互間とJR北海道内相互間は年間を通して310円。
JR九州とJR北海道のSL列車は820円。
閑散期 1/16〜2月末、6月、9月、11月1日から12/20のこれらの期間のうち月〜木曜日
(但し祝祭日とその前日を除く)
指定券の値段は乗車駅の日付が基準なので同じ列車なのに料金が変わることがあります。



トップページへ