BACK_HOMEトップのページ   BACK世界史のページ   年表4年表4に戻る

1592年 豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄の役)


 日本の国内統一を終えた豊臣秀吉は、海外の国をも支配下に置こうと考えるようになった。その初めとなるのが、朝鮮であった。当時の朝鮮は、李氏朝鮮で第14代宣祖王のときである。
 豊臣秀吉は、朝鮮のほかにも、ポルトガル領インドのゴア呂宋(ルソン。現在のフィリピン。)、高山国(現在の台湾)へも入貢をうながしている。

 朝鮮に入貢を求めて拒否されると、1592年3月12日、日本は約15万の大軍で朝鮮を攻めた(日本では「文禄の役」、朝鮮では「壬辰倭乱」と呼ぶ。)。
 朝鮮軍は鉄砲を持たず、防衛体制も整っていなかったため、連戦連敗で、首都の漢城(現在のソウル)や平壌を落とし窮地に陥った。朝鮮はに援軍を求め、平壌は一時奪還された。
 ただし、海上では亀甲船などを考案した朝鮮の李舜臣が制海権を確保し、陸上でも在地両班や義兵による抵抗が行われた。
 明と日本の間で和議交渉が行われたが決裂し、秀吉は再度の遠征を指令した。


【豊臣秀吉の構想】
 豊臣秀吉は、中国のみならず、天竺(インド)まで勢力を伸ばすことを考えていたらしい。
 西尾幹二著「決定版 国民の歴史 下」p26 から引用します。なお、引用文中の (注)は当サイト管理人による注で、引用文中の太字も、当サイト管理人が施したものです。
 文禄元年(一五九二年)、日本軍は釜山に上陸し、わずか二十日あまりで漢城(現在のソウル)を占領した。陣営をおいた名護屋(注:九州の北部にあった。現在は佐賀県。)で勝利の報に接した秀吉は、関白秀次宛てに書状を送り、彼の壮大な世界征服計画を明らかにした。要点をまとめると次のようになる。
 大唐の都北京に後陽成天皇を移す。明後年には天皇の居をお移しし、都の周辺の国々十カ国を渡す。日本の国内の天皇には、皇太子良仁親王か弟帝智仁親王かのいずれかどちらでもよい。日本の関白には、豊臣秀保か宇喜多秀家のいずれかとする。朝鮮には織田秀信か宇喜多秀家をおき、九州は羽柴秀俊。また朝鮮は羽柴秀勝か宇喜多秀家かに支配させる。そして秀吉自らは、まず北京に入り、その後、寧波(ニンポー)(注:中国中部(現在は浙江省)にある都市。)に居を定める。そこから諸侯各位に、予(よ)が命令せずとも天竺(インド)を好き勝手に切り取らせるようにする。
 西尾幹二氏は、このあと更に、秀吉が文禄二年(1593年)にマニラ総督に宛てた書状などを引用して、秀吉は「東アジアの大帝国を築」いて「スペインのフィリップ2世に対抗しようとしていた」とみている。(出典:西尾幹二著「決定版 国民の歴史 下」p28-37。)


【会戦までの経緯】
 1587年(天正15年)、対馬の家臣である柚谷康広(ゆずたにやすひろ)を使者として、朝鮮に入貢を求めたが拒否された。
 1588年(天正16年)、宗義智と僧玄蘇(げんそ)をつかわし、強行に使者の来朝を求めた。朝鮮は、倭寇と行動をともにする朝鮮の叛民の沙火洞(しゃかどう)の逮捕送還を条件とした。豊臣秀吉は、これを捕らえさせ、倭寇の首魁若干と倭寇が捕虜としていた朝鮮人160人をそえて朝鮮に送った。これにより、朝鮮の使者として黄允吉と金誠一が来朝した。1591年(天正19年)、柳川調信らがこの使者を送って朝鮮におもむき、秀吉の意を伝えたが、朝鮮王はきかなかった。
 秀吉は出兵の意を固め、翌年春の出兵とし、肥前名護屋(現在の佐賀県唐津市)に築城して基地とすることを決めた。
 一方、朝鮮王も秀吉の襲来に備えて、全羅道・慶尚道の城邑を増築・修備させた。


【会戦】
 1591年(天正19年)9月に、秀吉は諸将に対して準備命令を出した。12月には、秀吉は朝鮮の役に専念するため関白を辞し、豊臣秀次を関白とした。
 1592年(文禄元年)1月、諸将に出陣を命じた。2月、朝鮮に最後の使者を送ったが、返報はなかった。日本の先鋒隊は対馬まで渡り、3月12日に進撃となった。

 一番隊は、同年3月12日には釜山浦に入港、13日に釜山鎮城を攻め落として、戦闘が始まった。軍の編成は、次のようになっていた。
・1番隊 小西行長・宋義智ら  1万8700人
・2番隊 加藤清正・鍋島直茂ら 2万2800人
・3番隊 黒田長政・大友義統  1万1000人
・4番隊 島津義弘ら      1万4000人
・5番隊 福島正則・蜂須賀家政・長宗我部元親ら 2万5000人
・6番隊 小早川隆景・小早川秀包ら 1万5000人
・7番隊 毛利輝元       3万0000人
・8番隊 宇喜多秀家      1万0000人
・9番隊 羽柴秀勝・細川忠興  1万1500人
 合計 15万8000人
 さらに、徳川家康・前田利家・上杉景勝・伊達政宗らは、10余万の兵で名護屋に布陣した。豊臣秀吉自身も渡海の意思を示していた。
 上陸部隊は、釜山から漢城(現在のソウル)に向けて進撃、連戦連勝であった。5月1日に朝鮮国王は漢城をすて、平壌へ向かった。3日に日本軍が漢城に入った時には、朝鮮の退却軍に火をかけられて焦土と化していた。
 日本軍は、漢城から手分けして各地の制圧に向かった。旧都の開城を落とし、平壌も戦わずして手中にした。
 秀吉は6月3日、明に向かっての進撃体制を整えるため、軍の編成を改めた。

 ここにいたって、は、朝鮮もしきりに援軍を要請してくることから、祖承訓の軍隊を救援に向かわせた。祖承訓は朝鮮北西部の国境を越えて南下、7月16日には平壌を襲ったが、日本軍はこれを撃退した。
 8月30日、講和派の小西行長は講和使節の沈惟敬と50日間の休戦協定を結んだ。1593年(文禄2年)1月5日、明はあらたに李叙松と4万の大軍平壌の小西行長を囲み、小西行長は陣を引いた。開城の軍も漢城へ引き、漢城へ李如松の軍がせまると、邀撃してこれを破った。
 また、漢城では飢饉のため兵糧が欠乏し、講和の気運が高まった。小西行長・石田三成・増田長盛の三奉行は、4月18日に明の使者を伴って撤収し、5月15日に名護屋に戻った。


【講和交渉】
 秀吉はこの使者を厚く饗すとともに、次の7か条の条件を提示した。
1 明の皇女を迎えてわが后妃とする。
2 勘合貿易を復活する。
3 日・明両国の朝権をもつ大臣が誓詞をとりかわす。
4 上の条目を領納すれば、朝鮮を南北に分かち、朝鮮の北部4道と国都を返還する。
5 朝鮮より王子・大臣一両人を人質とする。
6 去年生け捕りの朝鮮王子二人は故国に帰す。
7 朝鮮国王の権臣が累世違却なき誓詞を書く。

 しかし、小西行長はなんとしても講和を成功させようと策謀し、明使節の沈惟敬と図って、明廷への国書を、秀吉が封建を求めて和を結ぶものにすりかえた。

 明王からは、次の3つを条件として和好を約するとしていた。
1 日本兵はことごとく帰国する。
2 すでに封ずるも貢をあたえず。
3 朝鮮を侵すことなきを誓う。

 1596年(慶長元年)9月1日に日本で使節の引見が行われた、翌日明王の国書を読み上げさせた秀吉は、その違いに気付いて激怒し、和約は破れて、即日再征の令がくだされた。



【景福宮の焼失】
 1592年の文禄の役において、李氏朝鮮の国王が漢城(現在のソウル)の景福宮(王宮)を脱出したあと、日本軍の入城を前に、朝鮮の民衆によって略奪・放火されて焼失した。その後、離宮の昌徳宮が使用され、景福宮は約270年の間再建されなかった。(出典:LINK 景福宮 - Wikipedia
:李氏朝鮮の開祖李成桂は1392年に開城で即位し、1394年に漢陽(漢城、現在のソウル)へ遷都し1395年から景福宮が正宮として使用された。1553年に大火によって焼失し、1592年の文禄の役において再び焼失した。
 のちに興宣大院君が景福宮の再建を行い、1868年に王宮を景福宮に移した。閔妃が大院君から政権を奪った年(1873年)の12月(注:呉善花著「韓国併合への道」p124では、1876年末としている。)に「閔妃の寝殿に仕かけられた爆弾」によって出火、火災が発生して景福宮の多くの建物を焼失したため、高宗王夫婦は昌徳宮に移った(出典:角田房子著「閔妃暗殺」p91)。1885年3月(出典:呉善花著「韓国併合への道」p124)に景福宮に戻り、 1895年の乙未事変(このとき閔妃が殺害された。)も景福宮で起きている。1896年の露館播遷で高宗がロシア公使館へ逃げ込んだ後、1897年から慶運宮(徳寿宮の当時の名称)が使われた。1907年に純宗が即位して昌徳宮を王宮とする。1910年の日韓併合により朝鮮の王制が廃止され、純宗は日本の皇室となった。その後、景福宮の敷地に朝鮮総督府の庁舎が建てられた(1925年完成)。
LINK 景福宮 - Wikipedia
LINK 昌徳宮 - Wikipedia
・角田房子著「閔妃暗殺」p91
・呉善花著「韓国併合への道」p124  )

(参考)
LINK カイカイ反応通信韓国人「景福宮の苦難の歴史」 - 日本などが及ぼした影響(2013年5月28日付)





【参考ページ】
1592年 豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄の役) 〜このページ
1597年 豊臣秀吉の二度目の朝鮮出兵(慶長の役)



【LINK】
朝鮮出兵
LINK 文禄・慶長の役 - Wikipedia
LINK Yahoo!知恵袋韓国では歴史の授業で朝鮮出兵で野蛮国家日本からの侵略を防いだとか言ってるけどさ 〜ベストアンサーが詳しいです。
LINK システム論アーカイブ論文編秀吉の朝鮮出兵はなぜ失敗したのか
LINK こん秀吉の慧眼によって救われた大航海時代の危機
LINK 京都の不動産会社グローバルエステート 大将のブログ正しい歴史認識 文禄の役
LINK しばやんの日々多くの朝鮮民衆が味方し勝ち進んだ秀吉軍〜〜朝鮮出兵2
LINK ねずさんの ひとりごと秀吉の朝鮮出兵
LINK ボロロン速報朝鮮はなぜ倭軍に踏みにじられたのか、血で書いた反省文 2ch「チクビの精神」「これは冗談抜きで日本のせいだろw」「反省するとこが相変わらずズレてるね」(2015年2月21日付) 〜「懲ビ録(チンビロク)」
李舜臣
LINK 李舜臣 - Wikipedia
LINK News U.S. 中国・韓国・在日朝鮮人崩壊ニュース韓国の李舜臣とかいう英雄は【 実在しない 】ことが発覚www 反日映画「鳴梁」の興行成績も【 捏造 】らしいぞwww(2014年8月28日付)
LINK NAVER総督府弾薬庫弾薬庫/東郷平八郎と李舜臣
朝鮮人陶工
LINK カイカイ反応通信韓国人「豊臣秀吉に拉致された朝鮮人陶工の末路…朝鮮に帰りたくない」(2015年2月5日付)





参考文献
「日本の歴史12 天下一統」林屋辰三郎著、中公文庫、1974年
「地域からの世界史1 朝鮮」武田幸男・宮嶋博史・馬渕貞利著、朝日新聞社、1993年
「年表式日本史小辞典」芳賀幸四郎監修、文英堂、1988年
「決定版 国民の歴史 下」西尾幹二著、文春文庫、2009年
LINK 名護屋城 - Wikipedia
LINK 寧波市 - Wikipedia
LINK 景福宮 - Wikipedia
LINK 昌徳宮 - Wikipedia
「韓国併合への道」呉善花著、文春新書、2000年
「閔妃暗殺」角田房子著、新潮社、1988年


更新 2015/2/21

  <広告>
cover


  <広告>


 BACK_HOMEトップのページ   BACK世界史のページ   年表4年表4に戻る