ビデオダビング編集・動画変換・動画制作専門

FAQ

よくある質問

質問1 昔出演したテレビ番組をDVDにダビングしたい

放送されたテレビ番組は私的な範囲内において放送されているものを1回のみ録画を認められておりますが、それを複製することは著作権法で認められておりません。またビデオソフトなども複製を禁ずるなどの記載がありダビングが禁止されています。当店では著作権の問題のない個人的なホームビデオを中心とした映像のダビング、編集などを承っております。

質問2 ビデオテープってそんなに持たないの?

保管状態にもよりますが、30年以上経ったビデオテープでも再生機があれば見ることは出来ます。しかし、このように保管状態が悪くカビが生えてしまったものはそのままでは再生機を壊す恐れがあるのでテープクリーニング専門業者などで適切な処理をしていただくことをおススメします。また再生機も新品状態のものがある訳でもなく、メーカーでの修理を終了しているものも多く、リサイクルショップなどで状態の良い再生機を手に入れることは難しいです。

質問3 パソコンで見るのでSDカードにダビングしたい

当店ではDVD、Blu-ray以外にもPCに対応した各種ファイル形式への変換も承っています。主なファイル形式はmpeg2,mpeg4,AVCHDなどです。ダビング料金以外にSDメディア代金を別途いただきます。SDカードは携帯端末などでもご覧になれるようMicroSD互換のタイプも選べます。

質問4 画質は良くならないものだろうか?

デジタル放送になれてしまった今、何十年も前の映像を見ると非常に画質が荒く特に大画面の液晶テレビなどでみるとかなりボケボケになってしまいます。ビデオテープに記録された元の映像を改善することは出来ません。また記録時についたノイズなどは除去できませんのでそのままダビングされます。

質問5 音がこもって聴き取りにくい、なんとかならないか?

80年代までの古いモノラルビデオレコーダー(Hi-Fiを除く)は画質向上を最優先に製造されていたこともあり、カセットテープなどよりも録音状態は悪く非常に聴き取りにくいものです。低音ばかりでこもっているものは音質改善のオプションを付けることでメリハリのある聴き取りやすい音質に改善できます。申し込み時に音質改善のオプションをご注文ください。ただし、ノイズに埋もれているものはノイズ自体も大きくなってしまいますので効果が期待できないこともあります。

質問6 ダビング費用はいくらになりますか?

たとえばVHS/VHS-C(120分以内)からDVDへのダビングで店頭受取りの場合は基本料金1,000円+消費税80円で映像補正、音圧調整、単色盤面印刷(40文字以内)、チャプターは頭1箇所のみ。DVD/Blu-rayどちらかのメディア1枚分の代金、スリムPケース代込み、ビニールパッケージで梱包してお渡し致します。BETACAM/BETACAM-SP/DigitalBETACAMなど業務用につきましては別途料金設定がございます。

質問7 ダビング前に内容確認のため試写できますか?

当店では以下のように家庭用VTRから業務用VTRまで幅広いラインナップのビデオ機器を常設しております。

編集作業もしくはメンテナンスで使用できない場合を除き試写は可能ですので事前にご予約ください。
ダビングを依頼のお客様には1時間以内に限り無料で試写できますが、試写のみの場合は1時間当たり2,500円の機器使用料をいただきます。

設備一覧
【S-VHS/S-VHS-C/VHS/VHS-C】
 Panasonic:AG-DS7350/AG-DS555
 TOSHIBA:A-S99/A-BS99
 HITACH:7B-BS700
【Hi8/Video8】
 SONY:EV-BS3000
 SONY:EV-S900
【ED Beta/Beta】
 SONY:EDV-8000
 SONY:EDV-9000
【Digtal Betacam】
 SONY:DVW-A500/1
【HDV/miniDV】
 CANON HV20

ビデオダビング編集・動画変換・動画制作専門 株式会社 松澤企画

所在地 神奈川県横浜市中区本牧大里町33-8-440
TEL 045-629-3290
営業時間 10:00〜19:00

特定商取引法に基づく表示

↑ PAGE TOP