外来生物の鳥類(かごぬけ鳥) 2013年2月 

 静岡県は山岳、河川、海、湖沼など変化に富んだ地形や温暖な気候に恵まれ、冬鳥、夏鳥、旅鳥など自力で渡来してくる「渡り鳥」は多く、400種程になるといわれている。
 ここで取り上げる外来生物の鳥類は人為的に持ち込まれ、野生化して繁殖したもので、「かごぬけ鳥」と呼ばれ、「渡り鳥」とは区別している。「かごぬけ鳥」は生態系への影響が危惧されている。
 国は2005年5月27日、外国から持ち込まれる動物、植物、卵、種子などについて「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(略して外来生物法)を設けて対策に当たることにした。特に生態系に深刻な打撃を与える生物種を「侵略的外来種」と名付け、防除対策がとられることになっている。

     ガビチョウ 
2013年1月15日 伊豆の国市  k

 ガビチョウは愛玩用として中国南部や東南アジアから持ち込まれた外来種である。(かごぬけ鳥)
 ガビチョウは野生化し、分布域を拡大して日本の在来種の生態系を乱す心配があり、「特定外来生物」
 「侵略的外来種」に選定されている。
富士山麓、箱根山西麓、天城山麓などで観察した。大きな声でさえずるけれど、警戒心が強く、姿は見せない。
 ソウシチョウ 
2013年2月12日 富士山西麓 ka

 自然分布は中国南部、ベトナム北部、インドなどである。1972年頃から愛玩用として多数輸入された。「かごぬけ鳥」で、留鳥として住み着いている。
 静岡県では1990年頃、ソウシチョウが富士山の標高1000m付近で始めて見つかっている。近年、冬には楽寿園や三嶋大社でもソウシチョウの群れを見かける。
「外来生物法」で特定外来生物に、日本生態学会では
「侵略的外来種」に選定されている。
   コジュケイ
 2013年1月9日 沼津市   i

 自然分布は中国南部で、日本では狩猟対象鳥として1918年愛知県岡崎市で1919年東京、神奈川で放鳥された。1930年ごろからは全国で盛んに放鳥された。
 平地から標高1000m以上の山地の藪に生息する。
 「ちょっとこい ちょっとこい」の聞きなしはよく知られている。以前は日本の野鳥と扱われてきたが、2000年から外来種の扱いに変更された。農作物や在来種への被害は余り無いようである。
   ドバト 
2013年2月20日 柿田川

原種はヨーロッパ、中央アジア、北アフリカなどに生息するカワラバトである。食肉用や通信用として家禽化され、再び野生化されたものをドバトと呼んでいる。
 江戸時代後期に大阪の商人がコメ相場の伝達に使われたと伝えられている。明治以後は通信用や長距離レースなどに盛んに使われた。
 繁殖力が旺盛で増えすぎ、病気の伝染、神社仏閣の汚損、農作物の食害など、被害は広範囲に及んでいる。
「侵略的外来種」に選定されている。
   カナダガン  
2008年10月22日    山中湖

 自然分布は北米大陸である。
富士五湖では1989年以降、本栖湖・河口湖・山中湖・精進湖などで繁殖し観察されている。
日本のカナダガンの全個体数は100羽程度で推移している。被害は認められないので
「要注意外来生物」に指定している。
千島列島で繁殖し、日本へ冬鳥として飛来する亜種シジュウカラガンとの交雑が心配されている。
   テンニンチョウ 
2008年12月29日 富士川河口
 i,k

 自然分布はアフリカ大陸である。
全長 オスは尾羽根が長く約34cm,メスは約12cm、雑食で種子や昆虫類を食べる。
日本にはペットとして輸入されている。富士川河口で観察したが、繁殖・拡散するか不明である。

もどる