2001/01/22


新しい世紀を迎え

 忙しさにかまけて更新しておりませんでしたが、当然ながら阪神ファンを辞めた訳ではありません(^^;。昨年は甲子園まで応援に行った甲斐もなく、またまた第6位。三年連続とは真に屈辱であります!更にオフには打撃陣の中心だった新庄選手、大豊選手の移籍。野村監督の教えも虚しく、チーム状態は更に下降線を辿っているかのようです・・・。がしかし、全ては前世紀のお話。嫌なことはスッパリ忘れ、この記念すべき年を新生タイガース元年と重ねて考えればなんだか希望も湧いてくるというもの!?21世紀が阪神タイガースの年になるよう、一層気合いを入れて応援して行こうじゃありませんか。これ以上下に行くことはないんですから、考えようによっては気楽なもんですよ。(笑)
 チームの中心を失い、確かに不安いっぱいのキャンプインですが、その一方で誰がレギュラーの座を射止め、開幕スタメンに名を連ねるか、予想するのが本当に楽しみです。選手の皆さんもこの状況をチャンスと捉えてるでしょうから、きっとより一層ハッスルし、実力を高めていってくれると思います。今年のオープン戦は、九州では長崎、大分、福岡でありますので、スケジュールの許す限り応援に駆けつけ、この目で選手の成長ぶりを見てくるつもりです。またこのコーナーを通じ、皆にお知らせしますね。
 野村監督にとっては最後の年になりますが、未来の阪神タイガースの為、目先の一勝にこだわらず、是非とも積極的に若手を起用してくれることを希望します。早く将来の阪神を担ってくれるスター選手が現れるといいですね(^^)。


戻る