1999/04/02


 いや〜、ついに今日午後6時に、待ちに待った開幕ですね!
 私の場合、毎年開幕の時期になると口では強気なことを言っているのですが、内心は結構複雑なんです。「今年はもしかして・・・」という期待と、「多分駄目だろう」とか、「いつまで楽しめるかなぁ」という、悲しい諦めの気持ちが入り交じる不思議な気持ちになります。ここ数年は、大概開幕後の数試合で、「今年もか・・・」という気持ちになってしまうのですが(^^;、今年は野村さんが監督になったので、「今年こそは!」という期待がいつにも増して膨らみます。もっとも監督にしてみれば、選手の顔ぶれもそんなに変わったわけではないし、又、自分の考えが十分選手に伝わるには日が全然浅すぎるわけで、まだまだ発展途上だと思ってるはずですよね。オープン戦を見てても、はっきりそれがわかるし・・・。そんな状況で、今年すぐに結果を求めるのは酷というものでしょう。大阪のフィーバーぶりは、ものすごいみたいですが、そういうことはみんな先刻承知のことだと思います。しかしながら、未来に向かって夢と期待を持たせるような、キラリと光る何かを見せて欲しい!そこら辺をファンは望んでいるんだと思いますね〜。
 さて開幕投手ですが、阪神はオープン戦での安定感から見て、やはりエース藪が先発でしょうか。虚塵は因縁のガルベスのようですが、投手だけなら藪が上かな(^^)。とにかくいい勝負になることは間違いないでしょう。後は野村監督に緻密な継投を駆使してもらい、できれば3連戦を勝ち越すことで勢いをつけてくれたらいいですね。そして、できるだけ長くペナントレースを楽しませて欲しい・・・。まぁ、今年は野村監督が就任してまだ1年目ですから、あまり過大な期待をかけることなく、暖かく見守っていこうではありませんか!(今年は虚塵に勝ち越すことを最優先にしてもらいましょう。)
 さて、最後に私のいいかげんな順位予想でも・・・。

99年順位予想
1位 阪神タイガース
2位 中日ドラゴンズ
3位 ヤクルトスワローズ
4位 横浜ベイスターズ
5位 広島カープ
6位 読売虚塵群

 1位と6位はお約束として、その間は投手力を中心に考えています。ムランボの場合、基本的に野球は投手力だと思っています。相手に点を取らせなければ、負けることはないのです。その最たる例が、92年の阪神だといえるでしょう。そう考えると、投手の揃った中日、古田のいるヤクルトはかなりの強敵になりそうです。勿論阪神も投手は揃っていると思いますよ。これに野村監督の頭脳が加わって、ひょっとしたら・・・(^^)。ベイスターズは、佐々木如何ですが、私はこのチームを基本的に打のチームと考えています。打線で優勝したチームは反動が恐いし、昨年大きく勝ち越した阪神から、今年も同じように貯金が稼げるのか?阪神の監督が野村さんに変わったことや、ベイキラー湯舟の復活を考慮すれば、疑問が残ります。従って、評価を下げます。広島は、昨年の防御率最下位に対し、目立った投手力の補強がなされていないように見受けられます。で、評価は低いです。
 あなたの予想はどうでしょうか?まぁこれは、あくまで素人の直感に頼った予想ですから、外れても抗議のメールなど送らないように!(笑)
 それでは次は、福岡ドームでの対ヤクルト三連戦の後にお会いしましょう!そのとき幸せな気持ちでいられますように・・・。


戻る