1999/08/30


今期二度目の6連勝!

 いや〜、今頃になって調子が上がってきましたね(^^;。今年の阪神は連勝したり連敗したり、メリハリがあって疲れます・・・。相手が下位チームですし、試合内容も先発が崩れた後の逆転勝ちとかが多く、そんなに良くない内容なのですが、何はともあれ連勝は嬉しいものですね(^^)。これが来年に繋がってくれればいいのですが・・・。
 そういえば、92年の優勝争いの前年、91年のシーズン終盤にも翌年に繋がる連勝がありましたよね。この年も相変わらず下位に低迷する中、5試合連続完投勝利という離れ業をやってのけた覚えがあります。今回の連勝は、それほど強烈な印象はないものの、失点は1点、1点、2点、4点、3点、3点となかなかの防御率です。この連勝の中で先発として投げた舩木、ミラー、中込のピッチングは、間違いなく来年に繋がるのではないでしょうか。また、先発陣の弾が揃ってきたおかげで中継陣も充実してきましたね。遠山、田村、福原、伊藤などはシーズンを通じて頑張ってくれましたが、山崎や竹内、杉山の調子もいいようです。特に杉山はこの6試合中4戦目で先発して早々とノックアウトされましたが、その後中継ぎでいい働きをしており、どうも彼の適正は短いイニングの中継ぎにあるように思うのですが、来年はどういう起用になるのでしょうか・・・。そういえば、二軍で調子が上がって来ているという葛西あたりや、弓長なんかも、少しでも今年中に顔を出してくれないかな〜と思うんですけどね(^^;。来年彼等も戦力として加われば、結構層の厚い投手陣になると思いませんか?一 方打撃陣に目を移すと、地味ながら田中がいい働きをしています。彼の成長は内野のレギュラー争いに大いに貢献しています。また、大豊、八木という球界最強の代打陣の調子も上々で、特に大豊はこういう活躍をしてくれるのなら来年も是非残留して欲しいです。ただ、相変わらず打線の中心となるべき4番が見あたらず、来年もここは助っ人に頼るしかないんでしょうかね〜(^^;。
 さて、ペナントも残すところあと試合です。残念ながら今年も優勝争いから取り残されてしまいましたが、少しでも上を目指し内容ある試合を期待しています。皆さんも、来年以降のタイガースのあるべき姿を思い描きながら、一緒に元気に応援して行きましょう!


戻る