1999/10/28


次は阪神の番・・・のはず(^^;

 99年のプロ野球は、今宵ダイエーホークスの日本一で幕を閉じました。ダイエーは私の地元の球団ということもあって、いつしか阪神と日本シリーズを戦ってくれることを祈りつつ、毎年応援していました。日本シリーズは、第一戦・第二戦は、ダイエーファンになりきって福岡ドームに観戦に行ってきましたが、あのどうしようもなく弱かったチームがよくぞここまで・・・という感慨でいっぱいでした。昨年の横浜、今年のダイエーと、かつて万年Bクラスだったチームがこうして強くなっていくのを見せられると、一体阪神は何をやっているんだろうと考えさせられてしまいます・・・。
 野村フィーバーで幕を開けた今年の阪神、一時中日以外で唯一の首位に立つも、結局55勝80敗で最下位・・・。はぁ〜、借金25ですかぁ〜(^^;。開幕当初は、良質の投手陣に野村監督の頭脳が加わることで、走・攻において打撃陣が成長してくれれば優勝も夢では無いと思っていたのですが、投手はベテラン勢の故障や調整遅れが重なって、思ったような力が出せませんでした。中盤以降は、その戦力不足に追い打ちをかけるかのように、次々と外人問題がまき起こり、いつものパターンへ逆戻りです。野村さんのおっしゃるように、今年は畑を耕す年だったようです。もう一度しきりなおしして、来年こそお好きなように種をまいて貰いたいと思います。・・・なんか毎年言ってるような気もしますが、これ以上、下がることはないんです!ノムさん、今度こそたのんまっせーっ!!


戻る