【return】


房総移転に伴い

2014年5月19日に有機JAS認定を改めて取得し直しました

◆定休日  毎週水曜日
 
カボチャ畑の除草作業中のボランティアK氏


「2018年後半について」

 房総に移転して6年目の前半はトマトを除いて概ね良作でした。後半は毎年有機野菜作りの難しさを思い知らされますが、いろいろ考えつつ野菜作りに取り組んでまいります。

◆土つくり◆ 目に見えて地力が向上しております。生産者の思いに近い野菜ができることが多くなりました。6年間の積み重ねが結果に結びついていると思われます。今後も微量要素を多く含む良質な有機質を投入してさらなる土壌改良をしてまいります。
◆場所選定◆ タバコ栽培履歴の影響が低下してきたようです。影響を受けやすいナス科野菜も育つようになりました。野菜ごとに異なる水分要求量を考慮し、湿潤な水田と乾燥しやすい畑を使い分けていますが、良好な結果が出ています。獣被害が最も多いトウモロコシは毎年荒らされています。栽培に適した場所は見つかりません。被害覚悟の栽培になります。落花生も獣の好物。栽培適地は1か所しかありません。そこを半分に分けて交互に栽培しています。

◆播種定植◆ 7月中旬から秋野菜の苗つくりを始めます。高温期ですから防虫、と高温対策が必要になります。家庭菜園的育苗なので冷房の効いた作業場に入れたり出したりしながら育てます。直播についても秋冬はアブラナ科野菜中心ですから、虫害を最小化すべく播種時期を調整します。

◆品目と種◆ 年間80品目程度の多品目少量栽培に変わりはありません。ブルーベリーの木が育ち、それなりに収穫できるようになりました。7月中旬から収穫する品種中心です。野菜の栽培品種については房総の種苗会社のものを徐々に増やしています。また、可能な種は自家採取を目指します。落花生(おおまさり)とニガウリは全量、ソラマメは半分以上自家採取種になりました。短形自然薯も一部自前の種芋を使用しています。自家採取した種での栽培は好調です。

◆販路◆ 引き続き宅配と直売所出荷。道の駅「つどいの郷むつざわ」、小金井のショップ「Herb&Berry」などへ出荷継続。今秋には茂原に新規開店するJAの直売所へも出荷予定。宅配会員の高齢化が進んでいるので、今後は直売所比率を上げていくことになります。

◆取り組み姿勢◆ 経営は引き続き道楽農業です。今後はシーズン中でも旅行に出かけたり、釣り糸を垂れたりして、家庭菜園的有機野菜作りに取り組みます。業務内容を徐々に見直す時期が近づいてきたようです。



「2018年前半について」


 房総に移転して6回目の春を迎えることになります。年の前半は天候の影響も比較的少なく良作に恵まれてきました。本年も良作目指して有機野菜作りに取り組んでまいります。

◆土つくり◆ 年々地力が向上しております。ミミズが増え土壌改良の助けになっています。副作用でミミズが大好物のモグラも増えました。こちらはあまり歓迎できませんがいいことずくめという訳にはいかないようです。今後も微量要素を多く含む良質な有機質を投入してさらなる土壌改良をしてまいります。

◆場所選定◆ ナス科野菜の栽培場所全般についても余裕が出てきました。ナス、ピーマン類の栽培可能場所は年々拡大しています。トマトの栽培場所は風通しとタバコ栽培履歴を考慮して分散させています。野菜ごとに異なる水分要求量を考慮し、湿潤な水田と乾燥しやすい畑を使い分けながら適地適作を目指します。また、獣の好物は獣が出にくい場所で栽培します。この3年間は落花生が無事でした。

◆播種定植◆ 1月中旬から室内の暖房機の前で苗つくりを始めます。春が早い房総ですから春野菜は防寒資材を使ってできるだけ早く定植します。夏の果菜類は何回も播種定植しますが、キュウリは支柱栽培と地這い栽培を使い分けて長期収穫を目指します。インゲンは弦なし品種も栽培して切れ目なく収穫するつもりです。アブラナ科野菜については虫害を最小化すべく播種時期を調整します。

◆品目と種◆ 年間80品目程度の多品目少量栽培に変わりはありません。庭の梅やシーカーサ―が宅配品目になるのはいつのことか?ブルーベリーの木が育ち、それなりに収穫できるようになりました。野菜の栽培品種については房総の種苗会社のものを徐々に増やしています。また、可能な種は自家採取を目指します。落花生(おおまさり)とニガウリは全量、ソラマメは半分以上自家採取種になりました。

◆販  路◆ 引き続き個人やプロへの宅配中心。道の駅「つどいの郷むつざわ」への出荷も継続。小金井のショップ「Herb&Berry」も人気が出てきたようです。野菜が足りません。

取り組み姿勢
 経営は引き続き道楽農業です。気象変動に翻弄された2017年でしたが、今後も同様であろうと考え、半農半遊程度の気分で有機野菜作りに取り組みます。車で10分程度のところに格好の釣り場があるという幸せも同時に満喫するつもりです。
 
TEL,FAX 0475−36−2106
携帯電話 090−7426−9854


E-mail michio-kita@mqb.biglobe.ne.jp


房総オーガニック−アウルファーム−(地図はPDFファイルです)
◆温暖な房総での有機野菜栽培も今や軌道にのりました。

房総でも有機JAS認定を取得しています。
● 圃場環境
 通年生産可能な温暖な房総

●宅配期間
 4月〜12月。

●宅配内容
  8品目の旬の有機野菜をセットで。

●宅配料金
 3,000円/回。(送料、税込み、クール便)
 
代引きの場合は3,300円/回。(送料、税、代引き手数料込み、クール便)

●支払方法
 支払方法は代引き、または銀行振り込み。
 銀行振り込みで手数料が発生する場合はお客様ご負担でお願い致します。
      【振込み可能銀行】
      三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、
       みずほ銀行、千葉銀行、ゆうちょ銀行


 申し込み時に銀行をご指定ください。振込み口座をお知らせいたします。
 なお、月間複数回の定期購入の場合は1ヶ月まとめてのお振込みになります。初回申し込みについては振込み確認後、または代引きで商品をお届けいたします。

●入会金はありません。

●申し込み   TEL,FAX0475−36−2106 
          携帯電話 090−7426−9854

  ・ E-mail michio-kita@mqb.biglobe.ne.jp
  ・ URL http://www2s.biglobe.ne.jp/~owl

 
(アウルファームとアウル出版企画の統合フロントページにLINKです



このホームページは
解像度 “1280×1024から1024×768” でご覧ください

皆様の好奇心へのお答え◆アウルファームとアウル出版企画は経営
者の異なる全くの別組織です。ただし、経営者同士は青少年時代から
の交友関係が続いております。つまり、仲良しです。
○○○○○○