【return】


房総移転に伴い

2014年5月19日に有機JAS認定を改めて取得し直しました

◆定休日  毎週水曜日

新年度からOWL FARMの有機野菜は道の駅を活用して販売しております。
−有機野菜の宅配を長い間ご利用いただいた皆様に心より感謝いたします−
安全・安心・新鮮そして美味しい滋養たっぷりのOWL FARM-有機野菜
「2019年後半について」

 後半は高温期からの栽培になるため、有機栽培にとっては困難な作型になります。虫害で消滅多数ということを毎年繰り返してきました。今年からは虫害の激しい野菜の秋作は中止または播種時期を遅くするなどして、効率を上げてまいります。宅配をやめたことにより、品目数の縛りがなくなり無駄を省いた栽培が可能になりました。

◆土つくり 年々地力が向上しております。積み重ね効果でしょう。野菜の味も徐々に良くなってきました。今後も微量要素を多く含む良質な有機質を投入してさらなる土壌改良をしてまいります。

◆場所選定 ナス科野菜の栽培場所全般についても余裕が出てきました。ナス、ピーマン類の栽培可能場所は年々拡大しています。トマトの作付け量は大幅に縮小したため、栽培場所の選択肢が広がりました。今年はタバコ栽培履歴のない場所を選びました。また、獣の好物は獣が出にくい場所で栽培してきましたが、この頃はどこにでも現れるため、昨年から電気柵を設置して防御することにしました。

◆播種定植 秋冬野菜はアブラナ科が多く、虫害が激しいため、播種時期は9月下旬以降。したがって端境期が11月中旬頃まで続きます。夏野菜の名残で10月までは何とかなるかもしれませんが、確実とは言えず、端境期が避けられないことは確実です。ほぼつかめた房総での播種スケジュールに従って今年も良作を目指します。

◆品  目 宅配をやめたために品目数は減らして年間70品目程度。多品目少量栽培です。とはいえ、直売所での品揃えも豊富な方が良いわけですから、それなりには頑張ります。
栽培品目中、落花生、ニガウリ、ソラマメについては全量自家採取種になりました。

◆販  路 JA直売所「ながいき市場」、道の駅「つどいの郷むつざわ」へ出荷中。日曜日のみオープンの武蔵小金井のショップへの出荷も継続中。宅配サービスは2018年末をもちまして終了させていただきました。

◆取り組み姿勢 経営は引き続き道楽農業です。時々釣りに出かけたり、農閑期には旅行に出かけたり、繁忙期でもコンサートに出かけたり。ほどほどに忙しい農場生活を楽しんでおります。
                                *****

「2019年前半について」


 房総に移転して7回目の春を迎えることになります。年の前半は天候の影響も比較的少なく良作に恵まれてきました。本年も良作目指して有機野菜作りに取り組んでまいります。

◆土つくり: 年々地力が向上しております。積み重ね効果でしょう。野菜の味も徐々に良くなってきました。今後も微量要素を多く含む良質な有機質を投入してさらなる土壌改良をしてまいります。

◆場所選定: タバコ栽培履歴の影響が徐々に薄れ、ナス科野菜の栽培場所全般についても余裕が出てきました。ナス、ピーマン類の栽培可能場所は年々拡大しています。トマトの栽培場所は風通しとタバコ栽培履歴を考慮して決めますが、露地トマトは天候の影響を受けやすく発病の確率が高いため、作付け量は大幅に減らします。野菜ごとに異なる水分要求量を考慮し、湿潤な水田と乾燥しやすい畑を使い分けながら適地適作を目指します。また、獣の好物は獣が出にくい場所で栽培しますが、要所に電気柵を設置して獣害を防ぎます。

◆播種定植: 1月下旬から室内の暖房機の前で苗つくりを始めます。春が早い房総ですが、宅配用野菜生産をしないため、全体的にはゆっくり目に育苗します。夏の果菜類は何回も播種定植しますが、キュウリは支柱栽培と地這い栽培を使い分けて長期収穫を目指します。

◆品目: 本年より年間60品目程度に減らします。ブルーベリーも少量ですが販売可能になりました。野菜の栽培品種については房総の種苗会社のものを徐々に増やしています。また、可能な種は自家採取しています。落花生(おおまさり)とニガウリは全量、ソラマメは6割程度自家採取になりました。

◆販路: 2018年12月をもちまして宅配業務終了。道の駅「つどいの郷むつざわ」、JA一宮直売所、JA茂原直売所(今春茂原市六ツ野にオープン予定)などへ出荷予定。日曜日のみオープンの武蔵小金井のミニショップHerb&Berry(小金井市本町5−4−24、?042−381−1118、武蔵小金井駅から徒歩6〜7分、住宅地のアパートの一部を改造した小さな売店、日曜午前中心)での販売も続けます。

◆取り組み姿勢: 耕作面積を1.8haから1.3haに縮小し、楽しいと感じられる程度の無理のない野菜生産を目指します。経営は引き続き道楽農業です。2018年はテニスゼロ回、釣り3回。今年も車で10分程度のところに釣り場があるという幸せを満喫するつもりです。


リアトリス 
TEL,FAX 0475−36−2106
携帯電話 090−7426−9854


E-mail michio-kita@mqb.biglobe.ne.jp

アナベル
房総オーガニック−アウルファーム−(地図はPDFファイルです)

房総でも有機JAS認定を取得しています。

 
(アウルファームとアウル出版企画の統合フロントページにLINKです



このホームページは
解像度 “1280×1024から1024×768” でご覧ください

皆様の好奇心へのお答え◆アウルファームとアウル出版企画は経営
者の異なる全くの別組織です。ただし、経営者同士は青少年時代から
の交友関係が続いております。つまり、仲良しです。
○○○○○○