『Zoomによるオンライン開催 2022年10/29(土)30(日) 申し込み期限 9/30(金)

主催者にメールするメーラーが起動します

「全国研は元気の素」 2日間、存分に語りあい、学びあいましょう。ぜひ、ご参加ください!

『Zoom』によるオンライン開催

第57回全国学童保育研究集会

全国研ポスター

全国研ぜんこくけんへようこそ!

第57回全国学童保育研究集会、通称「全国研(ぜんこくけん)」を2022年10月29日(土)と30日(日)に開催します!

このホームページでは、主催者からのお知らせ、開催概要、全体会や分科会一覧、申し込み方法など、全国研に関わる情報をお届けします。

一堂に会し、1年に1回、2日間交流し、共に学びあう場

「ぜんこくけん」とは、「全国学童保育研究集会」(主催・全国学童保育連絡協議会。以下、全国研)の通称です。保護者、指導員、運営者や自治体職員、研究者の方々などが一堂に会し、1年に1回、2日間にわたって交流し、共に学びあう研究集会です。

広く一般に開かれた、参加者一人ひとりが主役の研究集会

全国研は、「広く一般に開かれた研究集会」「参加者一人ひとりが主役の研究集会」であり、なにより、「学童保育の当事者の切実な願いにもとづいて開かれる、当事者の研究集会」であることを大切にしてきました。そして、全国研で得られる“元気の素”が、学童保育の内容や施策を改善する力の源にもなっています。

よりよい学童保育を求め、つくり、守っていくうえでの原動力

第1回の全国研が開催されたのは1964年のこと。「学童保育をもっとよくしていきたい」「ほかの地域の学童保育の様子を知りたい」「働きながらの子育てをする保護者、学童保育で働く指導員が交流できる場をつくろう」という思いと願いが、全国研の出発点です。その後、この思いと願いは多くの人々によって受け継がれ、現在も「よりよい学童保育を求め、つくり、守っていくうえでの原動力」になっています。

「全国研ならでは」の、多様なテーマの分科会を実施

第57 回となる今年の全国研は、第56 回につづいてオンラインを活用して開催します。開催日は2022 年10 月29 日(土)、30 日(日)。29 日は全体会、30 日は「全国研ならでは」の一つである多様なテーマの分科会を実施します。

工夫をこらして盛りあげます! ぜひ誘いあってご参加ください

前回はコロナ禍で、オンラインを活用してはじめて開催することもあり、学びの場とすることに重きをおいて、手探りしながら準備を重ねました。今回は、さらに工夫をこらして盛りあげます! パソコンやインターネットに不慣れな方も、ぜひ誘いあって職場や地域で集まるなどしてご参加ください。

    • 2022.8.4
    • 宮城県用申し込みフォーム
    • 宮城県用申し込みフォームのリンク(URL)を掲載しました。
    • 2022.7.1
    • ホームページ開設
    • このホームページでは、主催者からのお知らせ、開催概要、全体会や分科会一覧、申し込み方法など、全国研に関わる情報をお届けします。

お知らせ一覧を見る

    準備中
    10月、順次オープン予定
    • 書店コーナー
    • 討議資料に広告を掲載している書店・出版社の紹介と、オンラインショップや連絡先の案内です。全国学童保育連絡協議会の直営店もあります。
    • 寄ってみる
    • 地域連協のコーナー
    • 地域連絡協議会が発行する冊子などの紹介・入手方法や連絡先の案内です。
    • 寄ってみる
    • 集会参加についての
      相談窓口
    • 集会当日、こまったことやわからないことがあった時の相談窓口です。
    • 窓口へ
    • 掲示板
    • この研究集会に寄せてくださった祝電・メッセージなどを掲載する予定です。
    • 見てみる

全体会

 2022年10月29日(土)13:00~17:00

 Zoomによるオンライン開催

全体会のみ、後日
オンデマンド配信あり
  • 全体会
  • 2022年10月29日(土)13:00~17:00
  • Zoomによるオンライン開催全体会のみ、後日
    オンデマンド配信あり
    • 12:00受付(入室)開始
    • 13:00~13:30歓迎行事
    • 13:30~13:50開会行事
    • 13:50~14:15基調報告全国学童保育連絡協議会
    • 14:15~15:05特別報告
    • 15:20~15:30『日本の学童ほいく』普及拡大アピール
    • 15:30~16:50記念講演
      • 「紛争地、被災地に生きる子どもたち ~取材から見えてきたこと~
      • 安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
    • 17:00閉会

分科会

 2022年10月30日(日)10:00~16:00

 Zoomによるオンライン開催

  • 分科会
  • 2022年10月30日(日)10:00~16:00
  • Zoomによるオンライン開催
    • 分科会の開始1時間前から受付(入室)開始
    • 終日の分科会 10:00~16:00
    • 午前の分科会 10:00~12:30
    • 午後の分科会 13:30~16:00
  • 主催全国学童保育連絡協議会
  • 後援厚生労働省

Zoomによるオンライン開催について

  • 本研究集会は、インターネットを介したweb会議システム Zoomによるオンライン開催です。参加にあたっては、事前にパソコンやタブレット、スマートフォン等、当日使用する端末機器にZoomアプリをインストールし、動作確認および受信する場所のインターネット環境をご確認ください。
  • *「討議資料」を送付する際に、Zoomアプリのダウンロード方法などのご案内を同封いたします。 * インストールやアプリの使用は無料ですが、通信費等が発生しますので、各自でご負担ください。*インストールはZoomの公式ホームページでできます(ここをクリックし、Zoom Desktop Clientをダウンロードしてください)。
  • 1台のパソコン(またはタブレット、スマートフォン。以下同じ)で複数の方が参 加することができます。ただし、参加費は1名につき4,000円、参加される方全員のお名前等をお知らせください。なお、1台のパソコンで複数の方が同時に、別々の分科会に参加することはできません。参加者それぞれが別の分科会に参加を希望される場合には、お一人ずつ、個人でお申し込みいただくか、希望分科会ごとにグループ分けするなどして、お申し込みください。
  • 10月30日(日)の分科会は、終日AMPMの3つの時間帯があります。終日の分科会を選んだ場合、AMPMの分科会は選べません。AMPMの分科会を選んだ場合、終日の分科会は選べません。なお、AMPMの分科会は、AMの分科会とPMの分科会とを組み合わせて2つ選ぶこともできます。
  • *参加申し込み(WEB・FAX共通)の「希望分科会」が、上記( 下線部)に示したような、選ぶことのできない組み合わせだった場合、①終日AMPM、②分科会番号の小さい順に従って、参加分科会の割り振りを行います。ご承知おきください。分科会の内容とともに、時間帯もご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  • 10月中旬以降、ZoomのミーティングIDやパスコード等、参加に必要な事項をまとめ、指定のメールアドレスへ送ります。「討議資料」は、指定された資料の送付先へ、事前に送付します。

参加者へのお願い

  • 〔レポート 資料〕分科会に参加者が自主的にレポートや資料を用意すること、画面共有することはできません。
  • 〔チラシ配布 署名・募金 カンパニアなど〕これらの活動を行うことは集会運営に支障となりますので、認めていません。全国からの参加者にとって研究・学習の有意義な場となるよう集会を運営しています。ご理解とご協力をお願いします。

1029日(土)全体会

Zoomによるオンライン開催後日、オンデマンド配信あり

  • 記念講演
    • 紛争地、被災地に生きる子どもたち~取材から見えてきたこと~
    • 安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
講師写真

©️Dialogue for People

<プロフィール>

1987年神奈川県生まれ。認定NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォー ピープル/D4P)フォトジャーナリスト。同団体の副代表。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

1030日(日)分科会

Zoomによるオンライン開催

終日●10:00~16:00AM●10:00~12:30PM●13:30~16:00

2020年3月以降、「新型コロナウイルス感染症」拡大防止のために学校が「臨時休業」していた間、学童保育は、国から保育所と同様に「原則開所」を求められ、保護者の就労と社会の機能を支えてきました。しかし、国の基準に示された施設の広さや子ども集団の規模は、すべての学童保育で実現できてはおらず、感染リスクを避けるための「利用自粛」をはじめ、子ども・保護者・指導員それぞれが制限された生活をつづけています。

感染症拡大防止と子どもによりよい放課後の「生活の場」を保障するという2つを軸にして、分科会では、保育実践、制度、運動等、さまざまな角度から、コロナ禍にあっても、私たちが培ってきた学童保育の役割と、保護者と指導員が共に子どもを育てる学童保育のあり方を確かめあいましょう。

    • 時間帯
    • 分科会
    • 学習・交流のねらい 〔分科会の概要〕
    • AM
    • ①学童保育ってなぁに?今日の子育てと学童保育の役割
    • 子育て環境の現状、保護者の仕事・職場や就労の実態をふまえて、学童保育の役割と保護者と指導員が共に子どもを育てる学童保育のあり方を学びます。
    • PM
    • ②保護者と指導員で学童保育をもっとよりよく
    • 「子どもが安心して生活できる学童保育にしたい」と願い、学童保育の生活内容をつくり、運営や条件整備に取り組むにあたって、保護者と指導員がどのようにかかわるか、そして保護者会(父母会)と指導員の役割を学びます。
    • AM
    • ③学童保育指導員の仕事ってなぁに?
    • 指導員の仕事とはなにかを確かめ、仕事に必要な打ち合わせや記録などの日々の実務やその意味、そして学童保育をよりよくしていくうえで指導員に必要なこと・大切にしたいことを学びます。
    • PM
    • ④学童保育の生活大切にしたいこと
    • 学童保育で子どもにどのような生活を保障するか、そして保護者が安心して働くために、学童保育で大切にしたいことはなにかを学びます。

子ども理解と学童保育の生活づくり(実践の交流)[一人ひとりの子どもの学童保育での生活を保障し、保護者が安心して子育てと仕事等を両立できるために大切にしたいことを、実践を交流しながら学びあいます]

    • 時間帯
    • 分科会
    • 学習・交流のねらい
    • 終日
    • ①子ども理解の視点と安心できる関係づくり
    • 一人ひとりの子どもと指導員との関係から生まれる安心感をもとにした、継続的で安定した毎日の生活をつくるために、一人ひとりの子どもをどのように理解するか、子ども同士の関係をつくるうえで大切にしたいことを学びあいます。
    • 終日
    • ②学童保育の生活の見通しと流れ
    • 継続的で安定した毎日の生活をつくるために、子どもの状況をふまえ、平日の放課後・土曜日・長期の学校休業日など、それぞれの生活の状況に合わせての見通しと流れをつくるうえで大切にしたいことを学びあいます。
    • 終日
    • ③学童保育の生活とあそび
    • 学童保育の生活の中心をしめるのは“あそび”です。子どもはあそびを楽しみ、いろいろな発見をして、人間関係を育み、成長していきます。日々の生活のなかで子ども自身が主体的にあそぶことの大切さ、また指導員があそびに関わる意味や配慮すべき点を学びあいます。
    • 終日
    • ④子どもたちの生活を伝え、保護者とともに育てる
    • 子どもの生活の様子や指導員のかかわりを保護者に伝えること、保護者の生活や思いを受けとめ、指導員と保護者がともに子どもを育てることの大切さを学びあいます。
    • 終日
    • ⑤高学年にとっての学童保育
    • 思春期を迎える高学年の子どもの学校や家庭、地域での過ごし方、子どもの思い・願いを理解しながら、1年生から6年生の子どもが過ごす場である学童保育で大切にしたいことを学びあいます。
    • 終日
    • ⑥学童保育の生活づくりと食助言者・平本福子(宮城学院女子大学名誉教授、NPO法人食生態学実践フォーラム・学童保育の「食」を考える会)
    • 学童保育に通う子どもにとって、おやつはとても楽しみな時間です。「手づくりおやつ」ができる環境になくても、子どもがおやつづくりの計画に参加することができる視点や、食は文化にかかわることも含めて、「学童保育の生活における食とは何か」「子どもたちの育ちにどのような影響を持つのか」について学びあいます。
    • 終日
    • ⑦障害のある子どもにとっての学童保育助言者・丸山啓史(京都教育大学)
    • 障害のある子どもが入所している学童保育での生活づくりの実践を交流し、指導員の働きかけで大切にしたいことを学びあいます。
    • 終日
    • ⑧子ども理解と心のケア災害と学童保育助言者・畑山みさ子(宮城学院女子大学名誉教授)
    • 多発する災害、コロナ禍のもと、心に痛手を受けた子どもにしばしば見られる行動や、そうした子どもやその周囲の大人(保護者や指導員)との関わりで心がけること、支援者たちをどのように支えていくかについて、考えます。東日本大震災直後から、子どものケアにあたる人たちのための支援活動を続けている助言者を迎え、実践を交流し、学びあいます。
    • 時間帯
    • 分科会
    • 学習・交流のねらい 〔分科会の概要〕
    • 終日
    • ①つながる“わ”保護者会・父母会の役割と活動
    • 学童保育を充実・発展させる保護者会・父母会の活動を交流し、保護者会・父母会の役割と大切さを確かめます。
    • 終日
    • ②市区町村の連絡協議会づくりと活性化
    • 連絡協議会の活動を持続・発展させるための工夫、保護者・指導員が「あってよかった」と実感した経験を交流し、市区町村・都道府県の連絡協議会の役割と大切さを確かめます。
    • 終日
    • 公立公営の学童保育実態と改善の課題
    • 公立公営の学童保育の実態と課題、保護者と指導員が生活内容と施策をどう充実させていくのかを交流し、公立公営の学童保育の意義・役割を確かめます。
    • 終日
    • 保護者が運営する学童保育運営と改善の課題
    • 運営の工夫、指導員との連携・協力のあり方、行政への働きかけの実際などを交流し、保護者が担っている役割と行政の公的責任について確かめます。
    • 終日
    • 運営主体の変更・多様化する学童保育実態と改善の課題
    • 学童保育の民間委託がすすめられたり、保護者会や地域運営委員会が運営を手放したりすることなどによる運営主体の変化がおこっています。その際に保育以外の事業を多角的に運営する法人が参入することで、学童保育の内容づくりに保護者が主体的にかかわれない状況も生まれています。さまざまな運営主体で運営される学童保育の実態を交流し、行政の公的責任と学童保育のあるべき姿を確認し、運動の課題を確かめます。
    • 終日
    • 学童保育の民営化を考える助言者・木村雅英(大阪自治体問題研究所)
    • 市町村の委託、指定管理者制度で運営される学童保育では、「人材確保・運営の効率化」「サービスの拡充」を理由とした企業参入が広がっています。また、補助事業として運営される学童保育では、企業の事業拡張にともなう参入が増えています。そのなかで、行政が果たすべき公的責任とはなにか、運営体が果たすべき役割はなにかを確かめます。保育の内容、雇用のあり方等の実態を交流し、保護者と指導員がこれまで培ってきた子どもをまんなかにした学童保育を行うための運動の課題を確かめます。
    • 終日
    • 子どもの放課後を考える助言者・増山 均(早稲田大学名誉教授)
    • 子どもにとって放課後とはどのような時間なのか、また、その時間を支える大人(指導員や保護者、地域の方々)が大切にしたい視点とは何かを確かめ、学童保育が「生活の場」であるために何が必要かを考えます。コロナ禍にあっても大切にしたい学童保育の生活についても確かめます。
    • 終日
    • よりよい施設を子どもたちに毎日の生活の場
    • 施設・設備の実態と課題について、省令基準や「放課後児童クラブ運営指針」をふまえて、改善運動や工夫を交流し、学童期の子どもの「生活の場」にふさわしい学童保育の施設・設備のあり方を確かめます。
    • 10
    • 終日
    • 安心して関係を築ける人数に「40人以下」の実現を考える
    • 省令による基準や「放課後児童クラブ運営指針」で示された「子どもの人数はおおむね40人以下」を実現するための新設、分割の必要性とあり方を考えます。
    • 11
    • 終日
    • 学童保育の制度と施策の拡充の課題
    • 「従うべき基準」の参酌化に伴う条例改正等の状況や、「施行後3年」の見直しをはじめ、学童保育の制度・施策の現状と課題を明らかにし、国と自治体への運動を交流し、学童保育の制度・施策を充実させていくために必要なこと、行政の公的責任を求める運動の課題を確かめます。
    • 12
    • 終日
    • ①専任・常勤・複数体制の確立、労働条件の確立
    • 「専任・非専任」「常勤・非常勤」「午後からの勤務」 「ローテーション」体制の実態と課題を明らかにし、指導員の仕事の確かめ、専任・常勤・複数体制や各地域での労働条件の改善の必要性を確かめます。
    • 12
    • 終日
    • ②指導員の職場づくりと指導員組織
    • 指導員の仕事に必要とされる「連携・協力」「学びあい」の実態を交流して、「職場づくり」の課題を確かめ、指導員同士が学び、支えあうための指導員組織の必要性やあり方について確かめます。
    • 時間帯
    • 分科会
    • 学習・交流のねらい 〔分科会の概要〕
    • 13
    • AM
    • ①障害のある子どもの理解と受け入れ講師・松浦淳(青森中央短期大学)
    • 障害のある子どもの権利を保障し、保護者の思いを受けとめて学童保育で生活するにあたって大切にしたい視点や必要な条件整備について学びます。
    • 13
    • PM
    • ②発達障害のある子どもの理解と支援講師・中尾正彦(日本文理大学)
    • 発達障害のある子どもの理解を深め、学童保育での生活、子ども同士のかかわり、指導員とのかかわりで大切にしたいこと、保育するうえで求められることを学びます。
    • 13
    • PM
    • ③地域の専門機関・専門職等との連携講師・佐々木将芳(静岡県立大学短期大学部)
    • 発達障害のある子どもの理解を深め、学童保育での生活、子ども同士のかかわり、指導員とのかかわりで大切にしたいこと、保育するうえで求められることを学びます。
    • 14
    • 終日
    • 高学年の子どもたちの生活と理解講師・得丸浩一(京都・小学校教諭)
    • 高学年の子どもの心と身体の特徴、生活、願い・思いを確かめ、高学年の子どもたちに保障したい放課後の生活や、学童保育や家庭で大切にしたいことを学びます。
    • 15
    • 終日
    • 子どもの権利を学ぶ講師・齋藤史夫(東京家政学院大学)
    • 「子どもの権利条約」を今日の日本の実情と照らしあわせながら、学童保育や家庭で大切にしたい子どもの権利を学びます。
    • 16
    • 終日
    • 今日の子どもの問題を考える講師・中西新太郎(横浜市立大学名誉教授)
    • SNSをはじめとしたインターネットの利用や、いじめ、不登校、引きこもり、学級崩壊、少年犯罪など、今日の子どもをめぐる状況を明らかにし、子ども理解を深めることの大切さ、子育てや教育の課題を学びます。
    • 17
    • PM
    • 学童保育と学校保護者と指導員と教師のかかわり講師・鎌倉博(名古屋芸術大学)
    • 今日の学校・教師・子どもをめぐる実態や動向、子育ての願いや子どもの生活を保護者・指導員・教師が伝えあうことの大切さを、それぞれの実践から学びます。
    • 18
    • AM
    • 子どもの気持ちに気づく家庭で、学童保育で講師・杉田真衣(東京都立大学)
    • 働きながら子育てをしている保護者の状況や思い、願いもふまえ、一人ひとりの子どもの思いや気持ちに耳をかたむけ、気づくこと、理解を深めること、信頼関係を築いていくことの大切さを学びます。
    • 19
    • PM
    • 性について考える講師・中村好子(京都・元養護教諭)
    • からだと心が大きく変化・成長する児童期に、からだと心の変化・成長についての基礎知識をはじめとして、生活をともにする大人が学んでおきたいこと、配慮すべきこと、大切にしたいことを学びます。
    • 20
    • PM
    • 子どもの発達と学力講師・馬場久志(埼玉大学)
    • 子どもの成長・発達についての知識をもとに、学力とはなにか、学力の土台になるもの、子どもの発達を保障するために家庭・学童保育・学校で大切にしたいことを学びます。
    • 21
    • AM
    • 子どもの遊び・仕事・学び講師・鈴木隆司(千葉大学)
    • 子どもの成長・発達には、遊び・仕事・学びが欠かせません。また、子どもが働くこと(家事労働も含む)や働く人への理解を深めることなどについて学びます。
    • 22
    • AM
    • 子どものからだと健康小児医療現場からの支援講師・和田浩(小児科医)
    • 生活様式・社会状況の変化とともに、さまざまな問題が生じています。今日の子どものからだの特徴、成長期にある子どもの健康について考えるうえで家庭・学童保育・学校や地域、関係機関で大切にしたいことを学びます。
    • 23
    • PM
    • 働きながらの子育てと家族・家庭講師・中嶋みさき(女子栄養大学)
    • 働きながら子育てをしている保護者の状況、仕事・職場の実態をふまえ、家族・家庭の役割、働きながら子育てする環境を築くうえで大切なことについて学びます。
    • 24
    • AM
    • 困難を抱える家庭を支える学童保育講師・川松 亮(明星大学)
    • 「子どもの貧困」「児童虐待」についての実態と課題を学び、どの子どもにとっても安心して過ごせる場所であり、困難を抱える子どもや保護者を支える学童保育の役割について考えます。
    • 25
    • 終日
    • 社会保障・児童福祉、自治体をめぐる政策動向と課題講師・石原剛志(静岡大学)
    • 社会保障の現状と課題、公的保育制度の動向、権利としての福祉、今日の自治体の政策動向と国や自治体の役割と責務、子育てと仕事等を両立することの保障を確立するための運動の課題を学びます。
    • 時間帯
    • 分科会
    • 学習・交流のねらい 〔分科会の概要〕
    • 特設
    • 終日
    • 学童保育での衛生管理と感染症対策助言者・山崎嘉久(あいち小児保健医療総合センター)
    • 「新型コロナウイルス感染症」が猛威を振るうなか、学童保育では不安や戸惑いを抱えながらも子どもによりよい生活の場を保障することに努めてきました。子どもの命と安全を守るための衛生管理や学童保育の目的・役割を果たすために必要なことを学び、交流します。