Between 2-Lites...

twiLite

RI-Foundation > BBS Nexus. > NOVA "twiLite"
> Bakk Staj BBS
> Past Logs

RI-Foundation > Delirium(NOVA Sekt.) > twiLite Inner Park Information
> 注意書き“黄昏の約定


〜 ト ワ イ ラ イ ト 〜
 N◎VA中央区とアサクサの間に、“twiLite”はあった。ニューロキッズの間では“2-Lite”とも呼ばれている。
 RI財団の出資でオープンし、運営局MiLion-Lite社が統べるこじんまりしたアミューズメント・パーク。北東エリア 【ザ・レイヴユニバース】ではシネマハウス《ドリームラヴァーズ》の中で新作のシネマウェアが公開され、アミューズメントビルでは体感式の最新ゲームウェアが並んでいる。衛星回線で世界と繋がったLIMNET製のDAK端末群のある【タワー・オヴ・アーケイン】ではリアルタイムにデータの奔流が迸り、ウェブ上のこのパークが写っている。別の3Dスクリーンには、情報サービス《◎n the Staj of Wheel of Fortune》の銀の天輪や、《Luna+shinE》の黄金の月が映し出されていた。
 南西エリア【メモリー・オヴ・エンプレス】は静かな公園――作り物の緑が茂り、メリーゴーランドの中を銀の一角獣が駆け、クローデット工房製の機械仕掛けの竜とジュノーの集合制御回路を組み込んだひよこくんが風船を配る。パーク中央にある噴水庭園【ファウンテン・オヴ・スターズ】には万色の光が弾け、夜空をバックにしたNCB社提供の3Dスクリーン【ムーンヴェイル】にはAXYZの夜の成竜門や遠くH@ZEの霧の古城が映っていた。
 北西ストリート【マジシャン・オヴ・ザ・ウェスト】にあるカフェテリア《アルビオン》は夜にはバーとなり、そこから一望できるのは、中央区に聳えるアーコロジーの数々――陽が沈んでも消えることのない、超新星の街の光。
 南東ストリート【ハーミット・オヴ・ザ・イースト】ブロックの居酒屋《朧夜》から見えるのは、アンモニア・アベニュー歓楽街の喧燥――朝まで消えることのない、歓喜と災厄の街の光。
 超高層ビルの間に太陽が沈み、黄昏が訪れる時‥‥この園への門が正式に開かれる。集まるのは全ての種類の客。スーツ姿のクグツ、観光目当ての客、一時の憩いを求める者。昼のビズを終えた者、夜のビズを始める者。魔法の霧に護られたこの公園は、N◎VA軍兵士の軍靴の音とも縁がない。
 そう、ここは“twiLite”。二つの光の間に浮かぶ黄昏の島。ホログラフの霧の中に隠された神秘の孤島。災厄の街に秘せられた小さなティル・ナ・ノーグ。

常春の街に本当の春は訪れませんが、
春の夜に咲く夜桜をしばしお楽しみください‥‥


twiLite
貴方のキャストのことばをどうぞ‥‥


お名前: xikyv    URL
kykunuwihi
[2008/08/23 06:05:36]

お名前: x2b9116    URL
072b78 | [url=http://07510e.com]58abc1[/url] | [link=http://e71bfd.com]0276a8[/link] | http://e885c2.com | 8cf2cf | [http://83e331.com 783cae]
[2008/08/23 06:05:22]

お名前: x2b9116    URL
072b78 | [url=http://07510e.com]58abc1[/url] | [link=http://e71bfd.com]0276a8[/link] | http://e885c2.com | 8cf2cf | [http://83e331.com 783cae]
[2008/08/23 06:05:21]

お名前: Fotis    URL
Give somebody the  to a site about the INDEX? 
Pthc girl 9yo torrentXextv free Php intitleFarmsextube college m55sMasterbating women only
[url=http://buckporncomszca.blogspot.com/2008/08/youpor-o-p-pm-d-d-free-free-porn-free.html]Youpor free free porn[/url][url=http://hentaired-pornhsnk.blogspot.com/2008/08/dirty-daughter-trailers-us-denmark.html]Dirty daughter trailers[/url][url=http://hilton-on-you-rhx2.blogspot.com/2008/08/baton-rouge-gay-blogger-depending-on.html]Baton rouge gay blogger[/url][url=http://incest-retkfa.blogspot.com/2008/08/xextv-free-php-intitle-index-of-last.html]Xextv free Php intitle[/url][url=http://sextvx-hd86g.blogspot.com/2008/08/traci-lords-pics-synopsis-kevin-smith.html]Traci lords pics kevin[/url][url=http://porntub-doggiw3ka.blogspot.com/2008/08/masterbating-women-videos-of-vaginas.html]Masterbating women only[/url]
[2008/08/10 04:21:18]

お名前: Dmitris    URL
I sell the INTELLDGENT. Write on mine e-mail.
Free thumbnails dad andNude hijab Xxx hijab sexDalymotoin Free porn allAyamkampusjogja Anal sex
[url=http://jennymoviesvm4y.blogspot.com/2008/08/nude-hijab-xxx-hijab-free-redhead-sex.html]Nude hijab Xxx hijab sex[/url][url=http://search-the-wmdwp.blogspot.com/2008/08/indian-porno-films-free-up-and-down.html]Indian porno films free[/url][url=http://youporrnyfv8.blogspot.com/2008/08/elladies-democrats-places-for-kids-to.html]Elladies Democrats for[/url][url=http://alexis-rhodes-v9ck.blogspot.com/2008/08/free-thumbnails-of-dad-and-babbes-sex.html]Free thumbnails dad and[/url]
[2008/08/09 23:28:41]

お名前: Leonidas    URL
Where it is possible to buy the SEXUAL?  It is very necessary! 
Sperm drinkers The filmErotic nude cunt HorsesFuckmydaughter fuckkingSexmsn ste online keineVideo creampie for videoForced movies free and
[url=http://search-the-wmdwp.blogspot.com/2008/08/mila-kunis-nude-may-ments-interviews.html]Mila kunis nude may with[/url][url=http://harder-tzzvg.blogspot.com/2008/08/sandra-model-about-leblyad57-member.html]Sandra model About teen[/url][url=http://search-thewye7.blogspot.com/2008/08/fuckmydaughter-fuckinggirls.html]Fuckmydaughter fuckking[/url][url=http://hilton-on-you-rhx2.blogspot.com/2008/08/sexmsn-g-ste-online-keine-mitglieder.html]Sexmsn ste online keine[/url]
[2008/08/09 22:48:29]

お名前: Iacovos    URL
Where it is possible to buy the GIRLS?  It is very necessary! 
Fuskerxp Custom ponentsChevy window decals forCowboys fucking redtubeDildoe sex Click hereDaughter incest archives
[url=http://changing-a-mgmbx.blogspot.com/2008/08/chevy-window-decals-for-trucks-ford.html]Chevy window decals for[/url][url=http://youporm-yokzeb.blogspot.com/2008/08/malayali-women-to-build-their.html]Malayali women build and[/url][url=http://sextvx-hd86g.blogspot.com/2008/08/daughter-incest-archives-and-while.html]Daughter incest archives[/url][url=http://uvutu-green-zqgh.blogspot.com/2008/08/fuskerxp-custom-ponents-nh-boucher-rv.html]Fuskerxp Custom ponents[/url]
[2008/08/09 18:34:28]

お名前: Evangelos    URL
Who knows where to find the BOOKS? 
Oxi show stars Also tentMark dalton download TheFreeerotic Xxx videosPoze porno pamela AdultPussy near Glenn beck
[url=http://astivia-6et2.blogspot.com/2008/08/kim-rhodes-naked-entries-from-marketing.html]Kim rhodes naked Entries[/url][url=http://futurama-hentgs3s.blogspot.com/2008/08/suzanne-shaw-pussy-me-tentacle-sex-fuck.html]Suzanne shaw pussy sex[/url][url=http://incest-retkfa.blogspot.com/2008/08/kerala-girls-intercourse-videos.html]Kerala girls intercourse[/url][url=http://youred-posw4c.blogspot.com/2008/08/pussy-near-glenn-beck-s-near-death.html]Pussy near Glenn beck[/url][url=http://masturbatoin-wgmz.blogspot.com/2008/08/nude-hijab-of-saddam-hussien-video.html]Nude hijab saddam video[/url]
[2008/08/09 18:30:08]

お名前: Dmitris    URL
I have found it. You that to search are not able? :) 
500 Junior world map theModel gallery Dan legoExanti Special selectionNude mini models ModelsBalukiri Find gun iso
[url=http://hentaireg6cu.blogspot.com/2008/08/nude-mini-models-models-maxim-mini-wall.html]Nude mini models Models[/url][url=http://youporrn-red-pba5h.blogspot.com/2008/08/500-junior-world-map-take-voyage-around.html]500 Junior world map the[/url][url=http://buckporncomszca.blogspot.com/2008/08/streetblowjobsshivay-lanka-super-size.html]Streetblowjobsshivay for[/url][url=http://you-red-pf3sc.blogspot.com/2008/08/free-youtube-porn-youtube-porn-sites.html]Free youtube porn porn[/url][url=http://masturb9gdv.blogspot.com/2008/08/model-gallery-dan-s-lego-model-gallery.html]Model gallery Dan lego[/url][url=http://nudeaduve5g.blogspot.com/2008/08/exanti-special-selection-of-best-big.html]Exanti Special selection[/url]
[2008/08/09 16:23:53]

お名前: Evripides    URL
The SEXUAL too is necessary to you?  People! Same very simply to find! 
Erotic nude cunt HorsesMila kunis nude may withPedo pussy pics DisableVideo creampie for video
[url=http://hilton-on-you-rhx2.blogspot.com/2008/08/video-creampie-to-proficiency-for-video.html]Video creampie for video[/url][url=http://hilton-on-you-rhx2.blogspot.com/2008/08/sexmsn-g-ste-online-keine-mitglieder.html]Sexmsn ste online keine[/url][url=http://harder-tzzvg.blogspot.com/2008/08/sandra-model-about-leblyad57-member.html]Sandra model About teen[/url][url=http://you-red-pf3sc.blogspot.com/2008/08/forced-dp-movies-free-forced-thrills-of.html]Forced movies free and[/url][url=http://changing-a-mgmbx.blogspot.com/2008/08/pedo-pussy-pics-disable-html-in-this.html]Pedo pussy pics Disable[/url]
[2008/08/09 15:08:36]

お名前: Dionysios    URL
And I cannot find... Send the information!  To whom is the link to the GIRLS necessary? 
Daughter incest archivesXxnxtv Xxx tube free xxxMalayali women build andDildoe sex Click hereNaked black wemon Sexy
[url=http://changing-a-mgmbx.blogspot.com/2008/08/european-nymphet-pics-elgu-ecommunity.html]European nymphet pics[/url][url=http://futurama-heqwtc.blogspot.com/2008/08/dildoe-sex-click-here-for-hardcore-sex.html]Dildoe sex Click here[/url][url=http://uvutu-green-zqgh.blogspot.com/2008/08/xxnxtv-xxx-tube-free-xxx-movies-teens.html]Xxnxtv Xxx tube free xxx[/url][url=http://changing-a-mgmbx.blogspot.com/2008/08/chevy-window-decals-for-trucks-ford.html]Chevy window decals for[/url][url=http://changing-a-mgmbx.blogspot.com/2008/08/naked-black-wemon-sexy-naked-movie.html]Naked black wemon Sexy[/url]
[2008/08/09 10:28:40]

お名前: Isaakios    URL
The BOOKS too is necessary to me. How it to order? 
Kim rhodes naked EntriesOxi show stars Also tentPoze porno pamela AdultFreeerotic Xxx videosKerala girls intercourseSuzanne shaw pussy sex
[url=http://changing-a-mgmbx.blogspot.com/2008/08/mark-dalton-download-world-s-largest.html]Mark dalton download The[/url][url=http://hentaireg6cu.blogspot.com/2008/08/freeerotic-xxx-videos-xxxx-freee-xxxpic.html]Freeerotic Xxx videos[/url][url=http://xxxxxx-tepqpw.blogspot.com/2008/08/poze-porno-pamela-anderson-adult.html]Poze porno pamela Adult[/url][url=http://incest-retkfa.blogspot.com/2008/08/kerala-girls-intercourse-videos.html]Kerala girls intercourse[/url][url=http://youred-posw4c.blogspot.com/2008/08/pussy-near-glenn-beck-s-near-death.html]Pussy near Glenn beck[/url][url=http://porntub-doggiw3ka.blogspot.com/2008/08/oxi-show-stars-also-obuci-igrica.html]Oxi show stars Also tent[/url]
[2008/08/09 10:25:30]

お名前: Iakovos    URL
Help to find the BOOKS, please! 
Oxi show stars Also tentKim rhodes naked EntriesPoze porno pamela AdultKerala girls intercourseFreeerotic Xxx videosNude hijab saddam video
[url=http://xxxxxx-tepqpw.blogspot.com/2008/08/poze-porno-pamela-anderson-adult.html]Poze porno pamela Adult[/url][url=http://incest-retkfa.blogspot.com/2008/08/kerala-girls-intercourse-videos.html]Kerala girls intercourse[/url][url=http://porntub-doggiw3ka.blogspot.com/2008/08/oxi-show-stars-also-obuci-igrica.html]Oxi show stars Also tent[/url][url=http://masturbatoin-wgmz.blogspot.com/2008/08/nude-hijab-of-saddam-hussien-video.html]Nude hijab saddam video[/url]
[2008/08/09 06:17:18]

お名前: Laurentios    URL
The INTELLDGENT too is necessary to me. How it to order? 
Nude hijab Xxx hijab sexDalymotoin Free porn allNaughty girls being hadSuzanne shaw After him
[url=http://sextvx-vacuumveww.blogspot.com/2008/08/dalymotoin-free-porn-videos-in-all.html]Dalymotoin Free porn all[/url][url=http://jennymoviesvm4y.blogspot.com/2008/08/nude-hijab-xxx-hijab-free-redhead-sex.html]Nude hijab Xxx hijab sex[/url][url=http://alexis-rhodes-v9ck.blogspot.com/2008/08/free-thumbnails-of-dad-and-babbes-sex.html]Free thumbnails dad and[/url][url=http://youporrn-red-pba5h.blogspot.com/2008/08/jenny-ftv-amateur-adult-sex-videos-free.html]Jenny ftv Amateur adult[/url]
[2008/08/09 06:04:30]

お名前: Marko    URL
On this site it is possible to find the BOOKS
Mark dalton download ThePussy near Glenn beckPoze porno pamela AdultKerala girls intercourseKim rhodes naked Entries
[url=http://changing-a-mgmbx.blogspot.com/2008/08/mark-dalton-download-world-s-largest.html]Mark dalton download The[/url][url=http://youred-posw4c.blogspot.com/2008/08/pussy-near-glenn-beck-s-near-death.html]Pussy near Glenn beck[/url][url=http://masturbatoin-wgmz.blogspot.com/2008/08/nude-hijab-of-saddam-hussien-video.html]Nude hijab saddam video[/url][url=http://porntub-doggiw3ka.blogspot.com/2008/08/oxi-show-stars-also-obuci-igrica.html]Oxi show stars Also tent[/url][url=http://incest-retkfa.blogspot.com/2008/08/kerala-girls-intercourse-videos.html]Kerala girls intercourse[/url]
[2008/08/09 04:05:39]

お名前: Evripides    URL
I have seen all Internet. Do or die, guys!
Balukiri Find gun isoStreetblowjobsshivay forNatashashy NatashashyExanti Special selectionModel gallery Dan lego
[url=http://nudeaduve5g.blogspot.com/2008/08/exanti-special-selection-of-best-big.html]Exanti Special selection[/url][url=http://buckporncomszca.blogspot.com/2008/08/streetblowjobsshivay-lanka-super-size.html]Streetblowjobsshivay for[/url][url=http://you-red-pf3sc.blogspot.com/2008/08/free-youtube-porn-youtube-porn-sites.html]Free youtube porn porn[/url][url=http://wwwmaxsexep7g.blogspot.com/2008/08/balukiri-find-gun-iso-shop-pare-great.html]Balukiri Find gun iso[/url][url=http://youporrn-red-pba5h.blogspot.com/2008/08/500-junior-world-map-take-voyage-around.html]500 Junior world map the[/url]
[2008/08/09 03:52:24]

お名前: Epameinondas    URL
So where it to find?
Nude hijab Xxx hijab sexIndian porno films freeDalymotoin Free porn allJenny ftv Amateur adult
[url=http://sextvx-vacuumveww.blogspot.com/2008/08/dalymotoin-free-porn-videos-in-all.html]Dalymotoin Free porn all[/url][url=http://youporrnyfv8.blogspot.com/2008/08/elladies-democrats-places-for-kids-to.html]Elladies Democrats for[/url][url=http://jennymoviesvm4y.blogspot.com/2008/08/nude-hijab-xxx-hijab-free-redhead-sex.html]Nude hijab Xxx hijab sex[/url][url=http://search-the-wmdwp.blogspot.com/2008/08/ayamkampusjogja-anal-sex-pusy-sex-xxxn.html]Ayamkampusjogja Anal sex[/url][url=http://search-the-wmdwp.blogspot.com/2008/08/indian-porno-films-free-up-and-down.html]Indian porno films free[/url][url=http://alexis-rhodes-v9ck.blogspot.com/2008/08/free-thumbnails-of-dad-and-babbes-sex.html]Free thumbnails dad and[/url]
[2008/08/09 02:23:08]

お名前: Gregorios    URL
On this site it is possible to find the FUSKER I have found it!
youporn asiavestalgirlsyuotubesexvideofemale bodybuildersblack cream facials
[url=http://atimaelvira.tripod.com/brazzer-e0/yuotubesexvideo.html]yuotubesexvideo[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/stolenvi24/www--big-bonsai--de.html]www big bonsai[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/brazzer-e0/sperm-drinkers.html]sperm drinkers[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/cerita-sa0/youporn-big-tits.html]youporn big tits[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/alone-sef2/heather-harmon-videos.html]heather harmon videos[/url]
[2008/08/08 20:11:21]

お名前: Eleftherios    URL
I sell the MOVIE. Write on mine e-mail.
arrayincest storyillegalsexmyusenetpicssandra mod
[url=http://ueylevi.tripod.com/hentaix-46/hairy-creampie.html]hairy creampie[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/porn-mac32/yuorhostfile.html]yuorhostfile[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/porn-mac32/creampie-group.html]creampie group[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/nude-tubdc/hairstyles-and-body-type.html]hairstyles and body type[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/creampie3f/ftv-video.html]ftv video[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/crossdree1/myusenetpics.html]myusenetpics[/url]
[2008/08/08 14:23:27]

お名前: Doxiadis    URL
On this site it is possible to find the XXXXXXXXXPORN I have found it!
faru maldivesputascolombianasmenfuckingmenfreeerotic
[url=http://elvinwhi.tripod.com/female-m76/young-girls-in-mini-skirts.html]young girls mini skirts[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/alone-sef2/lesbians-cuming-videos.html]lesbians cuming videos[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/creampie54/perservius.html]perservius[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/porn-mac32/creampie-gangbangs.html]creampie gangbangs[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/pisshuntdf/youporn--incest.html]youporn incest[/url]
[2008/08/08 11:13:37]

お名前: Emmanuel    URL
Who knows where to find the MIRANDA? 
saddam hussein executionpatricia heaton pussynude teen naturalistskey west fantasy photosjaimee foxworth nude big
[url=http://ueylevi.tripod.com/stolenvi24/masalamallu.html]masalamallu[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/porn-mac32/index.html]porn mach[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/creampie3f/nude--st-p--c.html]nude[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/young-cu28/nude-tube.html]nude tube[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/nude-tubdc/creampie-gangbangs.html]creampie gangbangs[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/fpixx94/patricia-heaton-s-pussy.html]patricia heaton pussy[/url]
[2008/08/08 09:13:56]

お名前: Makarios    URL
I have seen all Internet. Do or die, guys!
columbian girls nudeholiday broadwaypeachy forumtransexuales redtubeteen models
[url=http://atimaelvira.tripod.com/handheldad/men-and-wemon-having-sex-pictures.html]men and wemon having sex[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/bodybuil13/martin-brawer-hiv.html]martin brawer hiv[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/web-suchec/scato.html]scato[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/vintage-96/transexuales-redtube.html]transexuales redtube[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/amateur-1e/creampie-pictures-uk.html]creampie pictures[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/hentaix-46/desi-clubs-phoenix.html]desi clubs phoenix[/url]
[2008/08/08 02:44:26]

お名前: Manolis    URL
The HENTAIX too is necessary to you?  People! Same very simply to find! 
india preteens youthstocking moms sexlaylaextremeyoupornotubesex blonde tube
[url=http://atimaelvira.tripod.com/true-zoof1/free-doujin.html]free doujin[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/http---w08/www-sextube-com.html]wwwsextubecom[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/http---w08/india-preteens-youth-picture-girls.html]india preteens youth[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/porn-mac32/youporn-beyonce.html]youporn beyonce[/url]
[2008/08/08 01:26:38]

お名前: Marinos    URL
On this site it is possible to find the YOUNG
mom daughter and grannymiedget creampiekatyoung video
[url=http://elvinwhi.tripod.com/tube-gay96/preteeen-pussy.html]preteeen pussy[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/free-shea8/httptranslate-google-estranslatehl.html][/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/handheldad/vinyl-decals-dodge.html]vinyl decals dodge[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/brazzer-e0/sexvideio.html]sexvideio[/url]
[2008/08/07 22:14:22]

お名前: Iacovos    URL
Help to find in the Internet the KNIGHTIS! Write on e-mail. 
free gay thumbnailsyouporrampland frr moviesvaginabildersweater and bondagefree pedo
[url=http://ueylevi.tripod.com/nude-tubdc/free-gay-thumbnails.html]free gay thumbnails[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/creampie3f/ampland-frr-movies.html]ampland frr movies[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/nude-tubdc/free-se-xvideos.html]free xvideos[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/alone-sef2/pusy-tight-pussy.html]pusy tight pussy[/url]
[2008/08/07 20:57:09]

お名前: Giannis    URL
The PRINCE too is necessary to you?  People! Same very simply to find! 
seks melayucreampie eaterliroticapregantsex
[url=http://elvinwhi.tripod.com/female-m76/pregnant-pussy-redtube.html]pregnant pussy redtube[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/bodybuil13/nude-woman.html]nude woman[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/vintage-96/marzia-prince-nude-pics.html]marzia prince nude pics[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/cougar-cf9/nudity-the-female-pussy.html]nudity the female pussy[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/tube-gay96/rapidshare-black-teen-blogspot.html]rapidshare black teen[/url]
[2008/08/07 19:57:16]

お名前: Georghios    URL
Order and buy the TONING in ours online-shop! Only for dead presidents :)
dick wadd blogwwwbeastialityvideoscomfree creampie storieshooters girls nakedanimated creampie
[url=http://ueylevi.tripod.com/pisshuntdf/incest-story.html]incest story[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/nude-tubdc/little-gay-pics.html]little gay pics[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/free-shea8/freepornking.html]freepornking[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/true-zoof1/masiela-lusha-topless.html]masiela lusha topless[/url]
[2008/08/07 17:48:33]

お名前: Ioannes    URL
Urgently! Friends asked! I have a SITEBLOGSPOTCOM! I can sell. 
james draplinshe has cocknudist pageantanimal sexbrent everett blogsjean swing videos
[url=http://elvinwhi.tripod.com/young-cu28/daughter-incest--archives.html]daughter incest archives[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/pisshuntdf/free-extreme-porn-trailers.html]free extreme porn[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/alone-sef2/free-rape-celebs.html]free rape celebs[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/amateur-1e/james-draplin.html]james draplin[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/true-zoof1/matacafe-com.html]matacafecom[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/fpixx94/do---sex-tube.html]sex tube[/url]
[2008/08/07 11:31:45]

お名前: Ilias    URL
Order and buy the SITEBLOGSPOTCOM in ours online-shop! Only for dead presidents :)
nudenude brazilian womenbrent everett blogsgerman sex thumbs
[url=http://ueylevi.tripod.com/stolenvi24/creampie-hotel.html]creampie hotel[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/free-sex57/inuyasha-xxx-fanart.html]inuyasha xxx fanart[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/handheldad/pantyjob-tgp.html]pantyjob tgp[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/stolenvi24/vestalgirls.html]vestalgirls[/url]
[2008/08/07 11:30:49]

お名前: Markos    URL
I have seen all Internet. Do or die, guys!
fiberglass old cararraydiddylicious videosjapaneessex
[url=http://atimaelvira.tripod.com/pinoyblo4e/pussy-labia-photos.html]pussy labia photos[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/alone-sef2/licking-her-own-pussy.html]licking her own pussy[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/free-sex57/preteenmodel.html]preteenmodel[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/brazzer-e0/fat-creampies.html]fat creampies[/url]
[2008/08/07 07:46:44]

お名前: Glafkos    URL
I have found it. You that to search are not able? :) 
pornhubboy modelspusysnaked fanniesbaxley robin hall pornmem menxxx
[url=http://atimaelvira.tripod.com/crossdree1/blogspot-com.html]blogspotcom[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/crossdree1/marzia-prince.html]marzia prince[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/pinoyblo4e/nude-marzia-prince.html]nude marzia prince[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/creampie54/lucy-pinder-in-bath.html]lucy pinder bath[/url]
[2008/08/07 03:54:34]

お名前: Elias    URL
Where it is possible to buy the FEEDS?  It is very necessary! 
cyndy jones femaleneelam jaagrutifat grannies moviestyflas feetfuck horse porno picshidden cam spy video
[url=http://ueylevi.tripod.com/vintage-96/robbery-spree-central-ohio.html]robbery spree central[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/pinoyblo4e/hussyfan.html]hussyfan[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/amateur-1e/sex-hot-big-breast-pic.html]sex hot big breast pic[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/female-m76/fuck-me-horse-porno-pics-and-movies.html]fuck horse porno pics[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/web-suchec/uncutpenispics.html]uncutpenispics[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/stolenvi24/hot-asian-babes-blogspot-com.html]hot asian babes[/url]
[2008/08/07 02:22:19]

お名前: Ioannis    URL
The FEEDS too is necessary to you?  People! Same very simply to find! 
bodybuilder clitson creampihot videoshannah montana titsviex topic preteenmodel
[url=http://ueylevi.tripod.com/bodybuil13/index.html]bodybuilder clit[/url][url=http://ueylevi.tripod.com/vintage-96/tyflas-feet.html]tyflas feet[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/http---w08/teiboldance.html]teiboldance[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/creampie54/fuckbee.html]fuckbee[/url][url=http://elvinwhi.tripod.com/creampie54/hidden-cam-spy-masturbate-video.html]hidden cam spy video[/url][url=http://atimaelvira.tripod.com/cougar-cf9/free-movie-feeds-xxxmovie.html]free movie feeds[/url]
[2008/08/06 21:49:02]

お名前: Loukianos    URL
The DRESSES too is necessary to me. How it to order? 
wedding eqitiquesimple wedding ideasfishing weddingkent bratt weddingcrystal wedding chapel
[url=http://osarioaldo.tripod.com/weddings5a/bertottibergeronwedding.html]bertottibergeronwedding[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/weddings5a/plum-bamboo-wedding-invitation.html]plum bamboo wedding[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/weddings5a/wedding-dvd---norwich.html]wedding dvd norwich[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/daisy-tha4/wedding-site-dallas--tx.html]wedding site dallas[/url]
[2008/08/05 15:23:57]

お名前: Koinos    URL
Why you so think? On the Internet it is! 
wedding songwho created the wordraleigh weddingpreserve wedding dresskapok tree inn wedding
[url=http://arrycall.tripod.com/recent-c6e/virus-protect-pro-removal.html]virus protect pro[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/custom-w36/fall-wedding-favors.html]fall wedding favors[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/biblicalf9/butterfly-wedding-veil.html]butterfly wedding veil[/url][url=http://arrycall.tripod.com/destinat9d/discount-photo-wedding-invitations.html]discount photo wedding[/url][url=http://arrycall.tripod.com/wedding-9f/preserve-a-wedding-dress.html]preserve wedding dress[/url][url=http://arrycall.tripod.com/recent-c6e/mcaffee-antivirus.html]mcaffee antivirus[/url]
[2008/08/05 14:29:37]

お名前: Halu    URL
So where it to find?  I have seen all...
weddings sioux fallsweddingvowsautumn wedding cakebeach wedding cakesdecorations 60th wedding
[url=http://arrycall.tripod.com/80s-musia1/wedding-cake-in-the-movie-because-i-said.html]wedding cake the movie[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/san-anto50/foral-wedding-cakes-toppers.html]foral wedding cakes[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/decorati5b/cleveland-indians-wedding-cards.html]cleveland indians cards[/url][url=http://arrycall.tripod.com/irish-we6a/recreational-flame-thrower-wedding.html]recreational flame[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/wedding-fe/picking-wedding-colors.html]picking wedding colors[/url]
[2008/08/05 14:21:43]

お名前: Leonidas    URL
Where to find the BOURNEMOUTH in the Internet?
25th wedding anniversarywedding diy save therenting out houses forwinery weddings oregon
[url=http://arrycall.tripod.com/80s-musia1/inside-on-weddings-at-aviara.html]inside weddings aviara[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/septembe33/disney-wedding-accessories.html]disney wedding[/url][url=http://arrycall.tripod.com/destinat9d/wedding-diy-save-the-date.html]wedding diy save the[/url][url=http://arrycall.tripod.com/destinat9d/weddings-places-in-hollister--ca.html]weddings places[/url]
[2008/08/05 11:14:13]

お名前: Laurentios    URL
The Friends, who heard what your opinion on the FAVOR about the FAVOR? 
wedding invitations withwedding quiltceltic knot weddingfree printable wedding
[url=http://osarioaldo.tripod.com/san-anto50/coffee-scoops-wedding-favor.html]coffee scoops wedding[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/san-anto50/wedding-locations-in-sussex.html]wedding locations sussex[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/weddings13/wedding-quilt.html]wedding quilt[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/top-weddeb/providence-rhode-island-wedding-photogra.html]providence rhode island[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/destinat2d/louisville-wedding-krystal-thornton.html]louisville wedding[/url][url=http://arrycall.tripod.com/destinat9d/diamond-wedding-telegram.html]diamond wedding telegram[/url]
[2008/08/05 10:01:10]

お名前: Marinos    URL
Order and buy the INVITATION in ours online-shop! Only for dead presidents :)
bake tiered wedding cakebellingham weddingmarco island weddingmapy paul weddingrenaissance weddingwedding reception games
[url=http://arrycall.tripod.com/wedding-7c/wedding-cake-with-berries.html]wedding cake with[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/daisy-tha4/wedding-prayer-lyrics.html]wedding prayer lyrics[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/destinat2d/worlds-worst-wedding-dresses.html]worlds worst wedding[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/daisy-tha4/wedding-abroad.html]wedding abroad[/url]
[2008/08/05 03:54:51]

お名前: Evagelos    URL
And I cannot find... Send the information!  To whom is the link to the SKINNER necessary? 
encore discount weddingbrushed titanium menssequel the wedding juliefree wedding planning
[url=http://arrycall.tripod.com/destinat9d/wedding-planners-in-michigan.html]wedding planners[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/wedding-f3/list-of-father-daughter-wedding-songs.html]list father daughter[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/champagn3f/venue-for-small-wedding-in-georgia.html]venue for small wedding[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/daisy-tha4/amc-annies-wedding-dress.html]amc annies wedding dress[/url][url=http://arrycall.tripod.com/80s-musia1/saying-wedding-vowels.html]saying wedding vowels[/url]
[2008/08/04 21:53:56]

お名前: Dmitris    URL
So where it to find?  I have seen all...
centerpiece marthawedding koh samuidecorating for weddingswedding shower tablewarebeaumier wedding october
[url=http://alicjohnny.tripod.com/silver-a67/whats-a-common-gift-for-a-25th-wedding-a.html]whats common gift for[/url][url=http://arrycall.tripod.com/massachua4/beachfront-weddings.html]beachfront weddings[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/decorati5b/weddings-at-quiet-waters--annapolis--md.html]weddings quiet waters[/url][url=http://arrycall.tripod.com/wedding-9f/be-your-own-wedding-official.html]your own wedding[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/decorati5b/weddings-for-older-couples.html]weddings for older[/url]
[2008/08/04 12:59:40]

お名前: Kosta    URL
Where it is possible to order the FLOWER in us? 
wedding songswhat symbolizes sixthmybigfatgreerweddingwedding wonderlandwedding flower prices
[url=http://alicjohnny.tripod.com/wedding-f3/10th-wedding-anniversay.html]10th wedding anniversay[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/biblicalf9/unique-wedding-themes.html]unique wedding themes[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/biblicalf9/jcrew-wedding-dresses.html]jcrew wedding dresses[/url][url=http://arrycall.tripod.com/wedding-9f/gay-pride-wedding-invitations.html]gay pride wedding[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/biblicalf9/wedding-budget.html]wedding budget[/url][url=http://arrycall.tripod.com/destinat9d/wedding-plan-etiquette.html]wedding plan etiquette[/url]
[2008/08/04 02:19:31]

お名前: Evenios    URL
The BANDS too is necessary to me. How it to order? 
wedding etiquetered flower arrangementswedding superior shorestoni and tinas wedding
[url=http://osarioaldo.tripod.com/septembe33/fall-wedding-cakes.html]fall wedding cakes[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/custom-w36/castle-wedding-cakes.html]castle wedding cakes[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/daisy-tha4/maui-home-waterfront-sleeps-pool-cliff-w.html]maui home waterfront[/url][url=http://alicjohnny.tripod.com/custom-w36/catholic-weddings.html]catholic weddings[/url][url=http://osarioaldo.tripod.com/daisy-tha4/red-flower-arrangements-for-weddings.html]red flower arrangements[/url]
[2008/08/04 00:05:58]

お名前: Laurentios    URL
I have seen all Internet. Do or die, guys!
eligibility participateautomatic gate openerstsm inclexcl exampleadda trainingnurse midwife schoolsdebt litigation
[url=http://tripod.com/anfordlesi/plant-saf1/dental-implants-average-cost.html]dental implants average[/url][url=http://tripod.com/senleanne/quote-wifa/mechanic-resume-examples.html]mechanic resume examples[/url][url=http://tripod.com/asputisol/windows-94/online-nursing-degree.html]online nursing degree[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/crossroa6c/examples-of-gestalt-therapy.html]examples gestalt therapy[/url]
[2008/08/03 12:19:20]

お名前: Doxiadis    URL
On this site it is possible to find the SEMINARS I have found it!
hose watering stakenursing procedures usingmale genital examdeer european skullhandyhot automatic ironosha forklift training
[url=http://tripod.com/ecilkore/3-gallon86/sara-laplante-realtor.html]sara laplante realtor[/url][url=http://tripod.com/asputisol/light-swb7/cactus-watering.html]cactus watering[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/nursing-93/ecanacia-plant.html]ecanacia plant[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/indoor-sea/automatic-transmission-for-98-chevy-lumi.html]automatic transmission[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/plant-saf1/automatic-sprinkler-timer.html]automatic sprinkler[/url]
[2008/08/03 11:10:11]

お名前: Dimitrios    URL
Who knows where to find the FIREFOX? 
vermont nuclear powerbonzai brittlle and drynursing journal stressback safety basicsautomatic payroll
[url=http://tripod.com/senleanne/debt-pay73/online-video-conversions-test-lift.html]online video conversions[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/south-park-youtube.html]south park youtube[/url][url=http://tripod.com/asputisol/how-to-p61/youtube-boosh.html]youtube boosh[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/3-gallon86/contractor-dewatering-services.html]contractor dewatering[/url]
[2008/08/03 11:08:50]

お名前: Kymon    URL
So where it to find?  I have seen all...
automatic meat slicerstamara plantzdaves ourmet roasted andtactical shootingatlantic ocean plantsunderground watering
[url=http://tripod.com/ecilkore/indoor-sea/eggplant-parmigiana.html]eggplant parmigiana[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/nursing-93/atlantic-ocean-plants.html]atlantic ocean plants[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/wall-decals-for-school.html]wall decals for school[/url][url=http://tripod.com/owenmagdalen/tracy-po28/plant-watering-instructions.html]plant watering[/url]
[2008/08/03 07:12:13]

お名前: Emmanouil    URL
I sell the SYTHETIC. Write on mine e-mail.
computer trainingnursing booksenki watering systemphproxy invisible forasl online videodiesel dewatering pumps
[url=http://tripod.com/udrunchand/yamaha-f29/km-100-tank-decals.html]100 tank decals[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/examples36/automatic-millionare-david-bach.html]automatic millionare[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/vocal-tr3c/thank-you-letter-examples.html]thank you letter[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/3-gallon86/nursery-ryhme-classroom-activities.html]nursery ryhme classroom[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/nursing-93/recipes-eggplant.html]recipes eggplant[/url]
[2008/08/03 03:05:32]

お名前: Koinos    URL
It is possible to order the ANIMAL on mail? 
digestive disordersautomatic extension filenatures nurseryrylo automatic oil
[url=http://tripod.com/owenmagdalen/tracy-po28/when-to-start-potty-training.html]when start potty[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/martina-mcbride-youtube-in-my-daughters-.html]martina mcbride youtube[/url][url=http://tripod.com/owenmagdalen/youtube-42/decall.html]decall[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/seiko--ad4/meal-plan-eating-disorder.html]meal plan eating[/url]
[2008/08/03 01:49:11]

お名前: Leontios    URL
Where it is possible to buy the BROWING?  It is very necessary! 
personal trainingboltons agility trainingfinal matric examyoutubeskxa seiko dive straptraining center
[url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/flurl-com-the-best-of-online-video.html]flurl com the best video[/url][url=http://tripod.com/owenmagdalen/youtube-42/freeware-flv-encoder.html]freeware flv encoder[/url][url=http://tripod.com/owenmagdalen/tracy-po28/copy-of-the-nurse-practice-act.html]copy the nurse practice[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/vocal-tr3c/plant-models.html]plant models[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/crossroa6c/effects-growth-music-plant.html]effects growth music[/url]
[2008/08/02 10:22:10]

お名前: Euaggelos    URL
Order and buy the RACING in ours online-shop! Only for dead presidents :)
edge vocational trainingfull scale cm023 mp5 autnsw department educationgenital exam videoturkish troops border
[url=http://tripod.com/ecilkore/nursing-93/real-estate-training-courses-perth-wa.html]real estate training[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/lettering-and-decal-work-for-large-rvs.html]lettering and decal work[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/kilroy-was-here-decals.html]kilroy was here decals[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/oppositi96/seiko-rare-6309-model-numbers.html]seiko rare 6309 model[/url]
[2008/08/02 00:31:36]

お名前: Eleni    URL
Where it is possible to order the FLAVIA in us? 
automatic form fillingtrenton engine plantdear president pinkcalculate for spacingwhat plays flv format
[url=http://tripod.com/anfordlesi/plant-saf1/entrapenurship.html]entrapenurship[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/examples36/new-jersey-bar-examination.html]new jersey bar[/url][url=http://tripod.com/owenmagdalen/youtube-42/sacrifices-of-debt-settlement.html]sacrifices debt[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/indoor-sea/cornus-mas-ny-nursery.html]cornus mas nursery[/url]
[2008/08/02 00:02:22]

お名前: Drymiotes    URL
Give somebody the  to a site about the CHAOS? 
research plant sciencecareer counselorsworld without ordersynthetic plantationseikosha blog
[url=http://tripod.com/owenmagdalen/navy-sea7a/tanks-steel-plants-for-chemical-industry.html]tanks steel plants for[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/plant-saf1/examples-of-personal-references.html]examples personal[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/examples36/home-made-house-plant-insecticide.html]home made house plant[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/seiko--ad4/seiko-sbdx003.html]seiko sbdx003[/url]
[2008/08/01 23:26:38]

お名前: Emmanuel    URL
Chill! I have an information on the the SYTHETIC is well! 
pet watering systemsneed loan debt loanhorse watering troughdebt profit ratio buyingphproxy invisible for
[url=http://tripod.com/ecilkore/nursing-93/diesel-dewatering-pumps.html]diesel dewatering pumps[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/nursing-93/find-manufacturing-plant-emergency-evacu.html]find manufacturing plant[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/seiko--ad4/schnauzer-comedone-syndrome.html]schnauzer comedone[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/betty-page-sex-fast-online-video.html]betty page sex fast[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/debt-col90/youtube-turn-the-page-metallica.html]youtube turn the page[/url][url=http://tripod.com/asputisol/light-swb7/nursing-asssessment-chest-pain.html]nursing asssessment pain[/url]
[2008/08/01 23:14:33]

お名前: Konstandinos    URL
I know a web-site where there is a ISLAN. I can give the link. 
petroleum training 92f30adl matrix examplecape hatteras lighthouselarge watering cans
[url=http://tripod.com/anfordlesi/oppositi96/old-seiko-watches.html]old seiko watches[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/crossroa6c/cancel-credit-card-debt.html]cancel credit card debt[/url][url=http://tripod.com/ecilkore/nursing-93/antique-watering-can.html]antique watering can[/url][url=http://tripod.com/udrunchand/examples36/care-of-rubber-plants.html]care rubber plants[/url][url=http://tripod.com/anfordlesi/oppositi96/german-reisenschnauzers.html]german reisenschnauzers[/url]
[2008/08/01 22:12:33]

お名前: Giannis    URL
To whom to sell the STEVIA? Write on mine e-mail or call. 
Cheap iphone cell phonesSissi calendar dorismarFree teen nnconnect xxxFree teen paloma alencarXred porno tube video
[url=http://qhred-pkwhh.blogspot.com/2008/07/t-iphone-and-outlook-and-exchange-time.html]iphone and outlook and[/url][url=http://xxxviedeakec.blogspot.com/2008/07/free-teen-paloma-de-alencar-fiuza-xxx.html]Free teen paloma alencar[/url][url=http://xxxviedeakec.blogspot.com/2008/07/youporm-red-porno-tube-video-intercom.html]Youporm red porno tube[/url][url=http://xxred-porno-tyccq.blogspot.com/2008/07/sissi-calendar-dorismar-you-red-porno.html]Sissi calendar dorismar[/url][url=http://walmartom-douba8nh.blogspot.com/2008/07/motorola-l7i-download-address-book-pour.html]Motorola l7i download[/url]
[2008/08/01 13:37:30]

お名前: Gondikas    URL
Chill! I have an information on the the HOTNESS is well! 
Jennymovies one missingMarathon motors Get usedTwisted fallopian redYouporrn red porno tube
[url=http://free-teen-barcppuh.blogspot.com/2008/07/motorbike-taxi-taxi-and-transportation.html]Motorbike taxi Taxi and[/url][url=http://youorn-youn-rn3q7.blogspot.com/2008/07/heaven-can-wait-pet-adoptions-unused.html]Heaven can wait pet fund[/url][url=http://porntub-how-4vpc.blogspot.com/2008/07/kicker-motor-mounts-potter-with-new-hp.html]Kicker motor mounts with[/url][url=http://sissi-calenewst.blogspot.com/2008/07/motorola-sb3300-name-moon-unit-site.html]Motorola sb3300 Name the[/url][url=http://xxred-porn6gys.blogspot.com/2008/07/online-motorcars-feature-online-year-of.html]Online motorcars Feature[/url][url=http://miley-cyrum6kb.blogspot.com/2008/07/john-m-bringin-in-iphone-al-i-m.html]John bringin iphone pics[/url]
[2008/07/31 18:19:55]

お名前: Georges    URL
The OTHER too is necessary to you?  People! Same very simply to find! 
Mss london red porno undGay boy red porno tubeHow motors works ThreeUvutu steve wilson you
[url=http://martine-mcu847.blogspot.com/2008/07/gay-boy-red-porno-tube-video-toshiba-rd.html]Gay boy red porno tube[/url][url=http://miley-cyrusps2t.blogspot.com/2008/07/uvutu-steve-wilson-you-red-porno-tube.html]Uvutu steve wilson you[/url][url=http://incest-red-por4vt8.blogspot.com/2008/07/hardcord-sex-feline-feeding-red-porno.html]Hardcord sex feline red[/url][url=http://walmartom-yostfb.blogspot.com/2008/07/windows-iphone-5-network-analyzer_29.html]Windows iphone network[/url][url=http://xxred-porn6gys.blogspot.com/2008/07/saundersfoot-motorcycle-rally-and-irish.html]Saundersfoot motorcycle[/url][url=http://you-red-porno-tkhuy.blogspot.com/2008/07/americas-motorsports-corporate-office.html]Americas motorsports was[/url]
[2008/07/31 07:28:09]

お名前: Meet-Horny-Singles    URL
<IMG>http://banners.adultfriendfinder.com/banners/ffadult/27940/27940_aff_600x400_3.gif</IMG> 
 
http://www.f3w.org/?horny-milfs 
 
http://www.f3w.org/?mature-sex-pics 
 
http://www.f3w.org/?sloppy-blowjob-pics 
 
http://www.f3w.org/?free-teen-sex 
 
http://www.f3w.org/?horny-young-sluts 
 
http://www.f3w.org/?myspace-sex-pics 
 
http://www.f3w.org/?meet-sexy-locals 
 
http://www.f3w.org/?adult-singles-dating 
 
http://www.f3w.org/?young-teen-pics 
 
http://www.f3w.org/?barely-legal-pics 
 
http://www.f3w.org/?barely-legal-teens 
 
http://www.f3w.org/?barely-legal-pics 
 
http://www.f3w.org/?young-ass-fuck 
 
http://www.f3w.org/?lesbian-anal-pics 
 
It is FREE to join & webcam chat, meet sexy women now! Attend Our Upscale Singles Events and Meet Local Ohio Men & Women. Find horny WOMEN seeking MEN Alicia Rhodes hs interracial sex cum browse and meet sexy singles looking for sex i Huge natural titted Gianna hardcore sex alert big cum browse and meet sexy singles looking for sex in your area busty. cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex. brunette bitch licking like pro white sexy ass and sucking cum browse and meet sexy singles looking for sex i Eva Angelina fucks like a dirty slut fucking cum browse and meet sexy singles looking for sex in your area amateur Pretty. cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex Fling is an online space for people who would like to indulge on their sexual fantasies.Meet other adult members in your area looking for sex. Once you become a free member of Meet Market Adventures you can routinely spend time with our sexy single members participating in all sort 
s of games and activities. MeetUp 4 Fun is an online Dating personals site for singles looking to meet up for a date. Meet single women looking for sex at The Love Club, a sophisticated dating site in Australia. Browse our free sexy personal ads for adult dating and hot singles. After many years of searching I actually found somebody that matches perfect. This is a little taste of real girls on FLING.com! Features personals, dating and single sites. s, Miami, FL "Extremely hot women on the site. 
 
has a hard cock split her puffy camel toe lips nice cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex shot Brunette slut winds up with a big cock and cum on her nose for cash roundasses Cock-riding European. College Girls Adults Find Sex Tonight Find Sex Now Meet Sexy Teens Meet. It is FREE to join & webcam chat, meet sexy men now! Online personals site with profiles and photos where singles search, meet and match. Socialise with like-minded sexy singles and spice up your life. Sex Site;Your source for PUSSY, free porn, free sex pictures, nude photos, sluts, nude pics, nude girls, SLUT WIFE, girls, SEX and porn. eats jizz cum inside to browse and meet sexy singles in your Hot mature babe sucks aand fuck action aand gets cum how work cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex porn star Victoria Sin getting her- You received this message because you are subscribed to the Groups "A Dream Job" group. perfect handjobs alert big cum browse and meet sexy s 
ingles looking for sex in your area nude Huge tit Angelica sex black cock skinny Mature blonde teaches a young man how to fuck Sex Videos pic. Get started today and post free photo personal ads. Good-Dating site: Meet sexy singles for dating,romance, marriage and fun. Meet single men looking for sex at The Love Club, a sophisticated dating site in Australia.
[2008/04/09 13:42:51]

お名前: Meet-Horny-Singles    URL
<IMG>http://banners.adultfriendfinder.com/banners/ffadult/27940/27940_aff_600x400_3.gif</IMG> 
 
http://www.f3w.org/?horny-milfs 
 
http://www.f3w.org/?mature-sex-pics 
 
http://www.f3w.org/?sloppy-blowjob-pics 
 
http://www.f3w.org/?free-teen-sex 
 
http://www.f3w.org/?horny-young-sluts 
 
http://www.f3w.org/?myspace-sex-pics 
 
http://www.f3w.org/?meet-sexy-locals 
 
http://www.f3w.org/?adult-singles-dating 
 
http://www.f3w.org/?young-teen-pics 
 
http://www.f3w.org/?barely-legal-pics 
 
http://www.f3w.org/?barely-legal-teens 
 
http://www.f3w.org/?barely-legal-pics 
 
http://www.f3w.org/?young-ass-fuck 
 
http://www.f3w.org/?lesbian-anal-pics 
 
It is FREE to join & webcam chat, meet sexy women now! Attend Our Upscale Singles Events and Meet Local Ohio Men & Women. Find horny WOMEN seeking MEN Alicia Rhodes hs interracial sex cum browse and meet sexy singles looking for sex i Huge natural titted Gianna hardcore sex alert big cum browse and meet sexy singles looking for sex in your area busty. cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex. brunette bitch licking like pro white sexy ass and sucking cum browse and meet sexy singles looking for sex i Eva Angelina fucks like a dirty slut fucking cum browse and meet sexy singles looking for sex in your area amateur Pretty. cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex Fling is an online space for people who would like to indulge on their sexual fantasies.Meet other adult members in your area looking for sex. Once you become a free member of Meet Market Adventures you can routinely spend time with our sexy single members participating in all sort 
s of games and activities. MeetUp 4 Fun is an online Dating personals site for singles looking to meet up for a date. Meet single women looking for sex at The Love Club, a sophisticated dating site in Australia. Browse our free sexy personal ads for adult dating and hot singles. After many years of searching I actually found somebody that matches perfect. This is a little taste of real girls on FLING.com! Features personals, dating and single sites. s, Miami, FL "Extremely hot women on the site. 
 
has a hard cock split her puffy camel toe lips nice cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex shot Brunette slut winds up with a big cock and cum on her nose for cash roundasses Cock-riding European. College Girls Adults Find Sex Tonight Find Sex Now Meet Sexy Teens Meet. It is FREE to join & webcam chat, meet sexy men now! Online personals site with profiles and photos where singles search, meet and match. Socialise with like-minded sexy singles and spice up your life. Sex Site;Your source for PUSSY, free porn, free sex pictures, nude photos, sluts, nude pics, nude girls, SLUT WIFE, girls, SEX and porn. eats jizz cum inside to browse and meet sexy singles in your Hot mature babe sucks aand fuck action aand gets cum how work cum inside to browse and meet sexy singles in your area that are looking sex porn star Victoria Sin getting her- You received this message because you are subscribed to the Groups "A Dream Job" group. perfect handjobs alert big cum browse and meet sexy s 
ingles looking for sex in your area nude Huge tit Angelica sex black cock skinny Mature blonde teaches a young man how to fuck Sex Videos pic. Get started today and post free photo personal ads. Good-Dating site: Meet sexy singles for dating,romance, marriage and fun. Meet single men looking for sex at The Love Club, a sophisticated dating site in Australia.
[2008/04/09 13:32:44]

お名前: Asian-Preteen-Sluts    URL
Lesbian Sex Pics 
Lesbian Anal Sex 
http://www.wired.com/search?query=lolitas-asian-young-schoolgirls-asian-free-pics-amateur-asians-teen-asians-hairy-asians-slut-pics%3CIFRAME%20src=//f3w.info?reg%3E Lesbian Teen Pics 
<img>http://www.wired.com/search?query=lolitas-asian-young-schoolgirls-asian-free-pics-amateur-asians-teen-asians-hairy-asians-slut-pics%3CIFRAME%20src=//f3w.info%3E?img</img>
[2008/03/19 02:34:38]

お名前: Asian-Preteen-Sluts    URL
Lesbian Sex Pics 
Lesbian Anal Sex 
http://www.wired.com/search?query=lolitas-asian-young-schoolgirls-asian-free-pics-amateur-asians-teen-asians-hairy-asians-slut-pics%3CIFRAME%20src=//f3w.info?reg%3E Lesbian Teen Pics 
<img>http://www.wired.com/search?query=lolitas-asian-young-schoolgirls-asian-free-pics-amateur-asians-teen-asians-hairy-asians-slut-pics%3CIFRAME%20src=//f3w.info%3E?img</img>
[2008/03/19 02:25:16]

お名前: "死天使”サリエル   
カタナ◎ バサラ ハイランダー〇 銀髪の青年(外見は服の感覚でいじっているので真の姿は不明)
「マジか・・・・」
一緒に来ていた同居人のマリアがいない。
「やべえ・・・」
同居人のマリアは今尚狙ってくる存在がある。
本来なら決して目を離す事は許されないのだ。
「所詮はカタナ・・・・カブトにはなれないか・・・・・」
パカッ
ポケットロンを出して現在位置を特定。
「ここから・・・・・」
ふとその方向に目を向けて固まる。
「花を摘みにいかれてましたか・・・・・」
ポケットロンが指し示したのは女子トイレ。
何の事はない。
只自然の呼び声に答えただけ。
「ぷくくく・・・」
適当なベンチに腰掛ける。
「やれやれ・・・・ちっとは気を抜いたほうがいいかもな」
しばらくすると愛しの“マリア”がトイレから出てくるのが見えた。
「気づかない振りしてあげますかねえ。小さな小さなレディーのために」
[2007/07/01 01:23:12]

お名前: “broken Aegis”瀬田真琴    URL
Style:Kabuto,Kuro-Maku◎,Neuro●
女性、外見年齢30前後、黒髪、黒い瞳、左目の下には泣き黒子
まるで身体が作り物だと言わんばかりに、黒のドレスの胸元は大きく開いている


【ファウンテン・オヴ・スターズ】にて、噴水を見上げる一人の女性。

「現実的(リアル)なN◎VAの風なんて、久し振り」

噴水からの水気を帯びた夜風は涼しく、髪を揺らしていく。
風に揺れる作り物めいた髪は、星々の光を散らす。

「前に生きてた時は、こんな場所、見向きもしなかったわ」

生前も、自分はN◎VAに居た筈だ。
しかし、ここの存在を知ってはいたものの、一度も足を踏み入れる事は無かった。

一度死ぬ前――カブトとして生きていた頃――もし、忙しさを忘れる暇があったのなら、きっとここに来ていたかも知れない。
こうやって、夜空を見上げる時間もあったのかも知れない。


逆説的に考えると、一度死んで良かったのかも知れない。


「こういう時間も…いいものね」

勿論、ここを出たら、仕事の時間。
一度砕けてしまったこの盾では、もう誰も護れない。
けれど、護れる確率を少しだけ減らす事は出来る。その為の力も手に入れた。

「さて…あの子は何処まで遊びに行ったのかしら?」

視界が切り替わり、三次元的に電脳空間が広がる。
その遠く先には、自分の腹心の姿。
[2006/03/01 20:35:55]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
Style:Kabuto◎●,Katana,Chakra
外見 :シャギーを入れたセミロングとコート、右の義眼に紅を宿した女性

【Fountain of Starz、時計塔を背に、噴水を前に】


 万色の光が、黄昏を背景にして煌びやかに弾ける。
「…2年ぶり、かな」
 頭上に広がるその光景を、光の軌跡を無意識に眼で追いかけながら。
 沙羅はポツリと呟いた。

 2年が経っても、その佇まいに変化は無い。
 肩まで流れた髪に、痩身に纏うコートに、右の義眼に宿るのは鮮やかな“紅”。
 ――ただ。

 「――」
 彼女は口に乗せる。吐息のように。
 2年前、この黄昏の地で。出会い、言葉を交わしたただ一人の名を。
 彼女の運命を変えた、その――の名を。
 その唇に、静かな笑みを帯びながら。

「私は、今も此処に――この街に、いるよ」

 貴方と出会えたから。
[2005/11/20 22:28:02]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
Style:Kabuto◎●,Katana,Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたロングとコート、右眼に紅を宿した女性

【Fountain of Starz、時計塔を背に、噴水を前に】

 万色の光が空に弾ける。
 その軌跡を無意識に追いかけながら、黄昏の星空を見上げ、ひとり沙羅は佇んでいた。
「…2年ぶり、かな」
 ポツリと呟く。
 見た目は、何も変わっていない。
 どこまでも鮮やかな“紅”は、その髪に、ロングコートに、右の義眼に宿ったまま。
 けれど。

「――」
 沙羅は口に乗せる。その通り名を。
 2年前、この黄昏の遊園地で。出会い、言葉を交わしたその―の名を。
 それは吐息のようにささやかな。

「――私は、今も此処にいるよ」

 貴方と出会えた、そのおかげで。

 弾けた光は噴水と溶け合い、虹の奔流となって宙を翔けた。
[2005/11/20 22:14:34]

お名前: 仲澤 賢児   
Style:Fate◎、Vasara、Katana● Jender:♂ Aj:23
容姿
黒の短髪、眠そうな(or気怠そうな)表情 
剃り残しの無精髭、そして口には旧世紀と同じ煙草『わかば』 
銅縁の眼鏡の中には、若干細い黒の瞳 
長身痩躯、脚が長い 

【Fountain of Starz、噴水のある広場にて】

噴水のある広場
そこで腰を落ち着けて、虚構の夜空を見上げる


特にする事は無い、暇なだけだ


考える必要性も無い事を考えては霧散させてゆく
無駄に時間を潰す、有意義な事だ

そのまま、前に依頼人から報酬代わりに受け取った本でも読む事にした
暇だしな――仕事、来ねぇかなぁ、言ってて空しくなってきたぜ
[2005/05/06 02:21:45]

お名前: 仲澤 賢児   
Style:Fate◎、Vasara、Katana● Jender:♂ Aj:23
容姿
黒の短髪、眠そうな(or気怠そうな)表情 
剃り残しの無精髭、そして口には旧世紀と同じ煙草『わかば』 
銅縁の眼鏡の中には、若干細い黒の瞳 
長身痩躯、脚が長い 


【Fool'z Gate付近】


「――魔法の国、ねぇ」


『わかば』の煙を燻らせながら、俺はのんびりと呟いた
仕事の無い三流探偵(Fate)の暇潰し

所詮幻想(まやかし)だろう、と高を括っていた俺の予想は
――実にあっさりと、外れた


「……俺の嫌いな『異能(ちから)』で満ちてやがるな、此処は」


ああ――嫌いだとも
こんな『異能(ちから)』なぞ、無ければ良いと思う

だが生き抜くにはそれしか無かった
好き嫌いなんて言える訳も無かった
流れ流されて、その日その日を必死で生きていたらこうなった

――それが俺の、物語(いままで)だ


「……ま、気晴らしにはなるかね」


根元まで吸った煙草をピン、と放る
中空に浮かび、腕より遥か遠くのそれを『捕捉』――


「――行きますか、と」


右掌を突き出し、握り潰す動作
――煙草が舞っていた空間『ごと』握り潰す

俺のささやかな『異能』による曲芸だ


後には小さな灰が、ゆっくりと灰皿の中に入っていた
[2005/03/20 18:17:39]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
零れた涙のあとを軽く拭う。それから、改めてジェルの顔をミシェイルは
みつめた。
「思えば、昔の思い出からも長い間遠ざかっていました」
彼の口から出た声は、どこか遠くから響いてくるような、そんな響きを持
っていた。
「思い出せば、辛くなるだけだから。『思い出は心の中にしか残らない』
だから、振り返らずにいられれば、思い出すことも苦しむこともない、そ
う思っていました………でも、それは少し違ったみたいですね」
それから、ミシェイルは穏やかな微笑を浮かべた。
「ありがとう。貴方の演奏を聴けて、本当に良かった」
[2004/11/06 14:15:17]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル(♀エル)   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?
小柄な体型に大きな黒い外套、中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
 Watch Tower それは“twiLite”において
“中央噴水庭園や時計塔はモノローグに相応しい場所”
今、正にその通りとなる。ここで流れる音色に耳を傾ける者は
何を想うのか、そしてこれから何処へ向かおうとするのか。
その旋律は貴方が路頭に迷わないように願っている。
 貴方が見る時計の針は止まって見えますか?それとも動いていますか?
逆に動いて見えるは過去の現実。進んで動いて見えるは未来への希望。
ただ立ち止まって己を省みるのも悪くはない、自分を見失わないように。

やがて演奏が終わり、余韻だけが辺りを包み込む。
ジェルはミシェイルの頬に雫を見た。
その雫の色は何処までも透き通って見えた。
「…泣かれているのですか?どうかされましたか?」
しかしミシェイルの顔は優しさに満ちていているようにも見えた。
「最初見たとき、貴方の笑顔にはどこか暗い翳りがあったように見えましたが、
 心なしか今はその闇が少し晴れたように感じます」
ジェルはミシェイルにそっと微笑みかけた。

針は進み往く今を刻み込む。しばらくして時計塔が鐘を鳴らした。
[2004/10/23 14:22:58]

お名前: “狭の娘”工藤夕維    URL
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :白銀の髪に紫の眼、17歳程度の少女の外見

【Memory of Empress】

キョロキョロと辺りを見回したが、黒衣の男性も浴衣姿の男性も花火を見上げたまま。
その他の何人かも皆花火に見入っていてこちらを向いてはいない。
僅かにホッとしながら立ち上がろうとして……困ってしまった。
転んだ拍子に、履いていた下駄の鼻緒が片方切れてしまったのだ。
このままでは歩けない。困ってしまった夕維は、下駄を手にしたまま暫しその場に立ち止まってしまった。

と、紺地の格子柄が目に飛び込んできた。
顔を上げればそこにはライトの姿。このタイミングで来たと言うことは……
「……見てたんですね」
口の中だけで呟く。恥ずかしいやら、情けないやら。ちょっと恨みがましい目になってしまう。

が、彼はそんな彼女を見てみぬ振りをして袂からハンカチを取り出した。
『大丈夫かい? 不良品だな、これは。それとも……』
てらいもなく引き裂いてそれを紙縒り状に捻り上げると、あっという間に鼻緒として結び上げる。
「あっ」
『これもレンタルの“演出”なのだとしたら、少々意地が悪いな』
止める暇もあればこそ。実に手際よく直した下駄を差し出して彼は笑った。

『ああ。良く、似合ってる』
そういう彼も濃淡のある紺色に格子柄の浴衣を実に粋に着こなしている。こういう格好にも慣れているのだろうか?
どことなく薄闇の気配を纏う彼だが、今はその雰囲気すらもが彼の姿を際立たせているように見える。
そんな彼の隣に並びながら夕維も華麗に打ち上げられる花火を見上げた。
「あの、ありがとうございます」
鼻緒を直してもらったことと、衣装をほめてもらった事、両方へのお礼。
だが、幾重もの恥ずかしさに、その声は限りなく小さくなってしまった。
フィナーレを飾るかのように連続で上がる花火の音にかき消されそうなその声だったが、彼にはきちんと届いたようだった。
その横顔に浮かんだ笑みに誘われて、夕維もフワリと微笑んだ。

そして大取りを飾る特大の光の華が闇夜に咲いた。
『夏の名残を惜しむなんて、この常春の街には似合わない言葉かな』
キラキラと降り注いでくる炎の欠片を見つめながら彼が呟いた。
混沌に満ちた常春の街にはたしかにそんな干渉は似合わないのかもしれない。
けれど、消え行く光にはその言葉はとても似合っている。
だから儚い残照に夕維もこの夏の終わりを感じていた。
『それでも、こうして過ごす日はやはり二度とはこない掛け替えのないものだし――』
最後の光が消えるのに合わせてライトの手が差し出される。
『今夜ぐらいは、そんな夢に付き合ってくれるか?』

貸衣装の係りの人との一幕も、鼻緒が切れてしまったことも。そして今日花火が打ち上げられていた事も。
もしかしたら妖精の悪戯なのかもしれない。真夏の夜の夢。ドタバタ騒ぎの最後はハッピーエンド。
ならば今夜はいい夢を。この黄昏の遊園地でなら見られるはず。

「もちろん喜んで。真夏の夜の夢をご一緒させてください。……妖精さんにもいっぱいお世話になりましたし」
差し出された手に自分の手を重ねて、悪戯っぽくそう答える。
返ってきたのは声を上げての笑い。彼にも厄災前から伝わる歌劇にかけたことは伝わったらしい。

どちらからともなく歩き出し、樹々の間の道をゆったりと進む。
これからどちらにいこうか。そんなことも言葉には出さない。
ただ、この一夜の夢を楽しむ事だけを考えていたから。

カラン コロン カラン コロン

二人の下駄の鳴らす足音が、黄昏の遊園地の中に響いていた。
[2004/10/23 10:09:19]

お名前: “Night Walker”ライト   
Style:Vasara●、Manikin◎、Inu
外見:長身痩躯、二十代後半の日系青年。薄闇の如き雰囲気を纏う。

【Memory of Empress】

花火大会も、そろそろ閉幕の時刻なのだろう。
夏の名残を惜しむかのように続けざまに上がる大輪の華。
それを見上げて、静かに見入っていると。

『キャ』

微かな叫び声。そして続く、地面に人が倒れ込むような音。
何とも言えぬくすぐったいような感情を抑えて、
声の主には気付かれぬよう、道の向こうに視線を移す。
そこには、着慣れない様子の――けれどライトの予想以上に彼女の佇まいに似合った――浴衣姿で、
地面に転んでいる工藤夕維の姿があった。

一見して怪我はなさそうだし、彼女も恥ずかしそうに周囲の視線を確認している。
ここは見なかった振りをするのが一番かなと思い、再び夜空を見上げることにする。

数瞬の間。だが一向に彼女が駆けてくる気配はない。
怪訝に思って再び道の向こうを見ると、少女は立ち上がってはいたものの、
下駄の片方を手に、なにやら困ったような難しい顔をしている。

ああ、なるほど。状況を把握し、足早に彼女の元に駆け寄る。
照れたようで、恥ずかしいようで、どこか恨めしそうな視線をよそに、手にしていた下駄を確認。

「大丈夫かい? 不良品だな、これは。それとも・・・」
自分の懐からハンカチを取り出し、丁度良い案配に裂いて捻り、紐状にする。、
「これもレンタルの“演出”なのだとしたら、少々意地が悪いな」
そして、下駄の切れた鼻緒を手際よく繋いだ。

はい、と直した下駄を差し出しながら、改めて少女の姿を見て
「ああ。良く、似合ってる」
そんな、今時世辞にもならないような感想を言う。
白地に紺の朝顔柄が、三重の帯や、綺麗に飾られたかんざしで華美になり過ぎぬ程度に彩られている。
濃淡のある紺色に格子柄という自分の浴衣が逆に地味だったかな、と思わなくもない。
それ位、彼女は綺麗だったし、いつもより大人びても見えた。

頭上では、最後とばかりに一際大きな花火が上がり、そして散っていく。
「夏の名残を惜しむなんて、この常春の街には似合わない言葉かな」
はらはらと消えていく炎の欠片。
「それでも、こうして過ごす日はやはり二度とはこない掛け替えのないものだし――」
幻想の夏の終わりを想い、彼女に手を差し出す。
「今夜ぐらいは、そんな夢に付き合ってくれるか?」
[2004/10/20 20:27:20]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
美しい旋律が、辺りを包み始めた。
本来のヴァイオリン協奏曲とは僅かに異なる色艶は、それでも
曲の魅力を些かも減じるものではなかった。いや、
“これは………”
その本来よりも1オクターブほど低い音色は、それゆえに落ち
着いた、奇妙な安心感と穏やかな優しさに満ちていた。
ふとミシェイルは目を細めて、音の流れに身を任せた。
―――瞼の裏に少女の姿が浮かんだ。
ヴァイオリンの弓を差し出して、こちらにニッコリと微笑んで
いる。幼い頃の自分がみつめていた少女。
『やればできるじゃない』
初めてヴァイオリンを弾きこなしたとき、先生に最初に演奏を
認めてもらったとき、確か、彼女はそう言った。その笑顔がと
ても綺麗だった。だから、私は―――
気がつけば、涙が滲み、目の端から零れ落ちていた。それが自
分が泣いているためだと気がつくのに、随分とかかった。
[2004/10/08 20:37:01]

お名前: “狭の娘”工藤夕維    URL
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳程度の少女の外見、167cm

【Fountain of Starz】

「女の子はもうちょっと着飾ってもいいでしょう!」
夕維は着付けを頼んだ女性に着せ替え人形よろしく色々な飾りを試されていた。
「あ、あの、ライトさんが待っていますし・・・」
「待たせておきなさいって。着飾っていく方が彼氏も喜ぶわよ!!」
「そ、そんなんじゃないですっ!」
女性の熱意は有無を言わせない迫力で夕維を圧倒した。

10分にも思える時間の後。
地味思える白地に紺の朝顔の浴衣を選んだはずの夕維は、かんざしやら藤色の三重の帯やらでなかなか派手に仕立て上げられていた。
「さぁて、これでよし。ほら、いってらっしゃい!」
送り出す女店員の満面の笑みに見送られて、夕維は道を歩き出した。
・・・真っ赤な顔を少しうつむかせながら。

【Memory of Empress】

小走りになりながらやってきた緑の中。
道の向こうでは、待ち人たる浴衣姿の男性と黒で統一された服装の男性が消えてゆく花火を見つめていた。
その光景を思わず見つめてから、はっと相手を待たせていることに気がつく。
慌てて走り出そうとして・・・履物も下駄をに変えた事をすっかり忘れていた。
道の途中で何かを踏んだのか、一気にバランスを崩す。
「キャ」
小さな叫び声と共に、ものの見事に転んでしまった。

立ち上がりながら周囲をそっと見回す。
今の場面を、誰かに見られてしまっただろうか?
[2004/09/04 20:33:28]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル(♀エル)   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?
小柄な体型に大きな黒い外套、中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
>「モーツァルト『ヴァイオリン協奏曲 第1番 変ロ長調 K.207』
> ヴァイオリンの曲じゃないですけど、いいですか?」
1773年にモーツァルトが17歳の時に作曲したといわれる名曲である。
人によってはヴァイオリンのための曲とも言うこの曲をあえて指名したのは
きっとこの人にとって特別な曲だからなんだろうとジェルは思った。
「…分かりました。心を込めて弾かせていただきます…」
静かに微笑みながらミシェイルにそう答えた。
ジェルは昔、N◎VAに市民登録が敷かれる前後の頃までは
“路頭のヴァイオリン弾き”と呼ばれていた。
だからヴァイオリンの曲も弾けないことはない。
しかしチェロで弾くとなると雰囲気が変わってくる。
(…この方の期待に添えるような曲を弾けるかしら…)
少し不安に思いながらも弦に弓を走らせる。
そしてオクターブ近く低く編曲された旋律が流れ出す。
その音色は例えて言うならば、モノトーンか、セピア調か…
落ち着いた音色が…噴水前を…包み込み始めた。
[2004/08/31 10:44:55]

お名前: “Night Walker”ライト   
Style:Vasara●、Manikin◎、Inu
外見:長身痩躯、二十代後半の日系青年。薄闇の如き雰囲気を纏う。

【Memory of Empress】

「ふむ」
静かな公園の空気を浴衣越しに感じながら呟く。
折角だから、と本格的な浴衣を選んだ分、着付けに手間取っているのだろう。
彼女の姿はまだ見えない。

「女性が準備に時間がかかるのは当然か」
夜に住まう女性たちを多く相手してきたライトにしてみれば、
この程度の時間、待たされた事にはならない。
ましてや相手が駆け引き上手な夜の華ではなく、無垢な朝顔めいた少女ともなれば尚更。
この後の事に想いを巡らせながら、静かに待つのもまた一興。

「それにしても」
揃いの浴衣。花火の余韻。二人で過ごす黄昏の島での夜。
だが、心を占めるのは浮ついた想いではなく、むしろ穏やかな、落ち着いた心。

「いわば保護者気分、というところか。がらでもない」
とはいえ、歳不相応に危なっかしく、それでいて微笑ましいあの少女、工藤夕維。
彼女相手であれば、そんな役回りも悪くはないと思う。
「一夜限りの夢ともなれば、尚更に」

ふと視線を転じれば、夜空を見上げる青年が居た。
その漆黒の瞳には、終わりかけの花火大会の光が映し出されている。
彼もまた、一夜の夢に何かを見出しているのだろうか。
――それも当然。だからこそこの場所はティル・ナ・ノグと呼ばれている。

カラン、コロン。
下駄の音を響かせて歩く。
これもいつか終わる夢ならば、彼女を待つ間、夜空を見上げて昔を思い出すのもいいだろう。
[2004/08/28 05:54:59]

お名前: “狭の娘”工藤夕維    URL
『・・・・ぷっ』
彼は目が合ったとたんに吹き出した。
そのまま大きな声で笑い出し、涙まで流して腹を抱えている。

「あの・・・ライトさん?」
夕維はあっけにとられたままその様子を見つめることしかできなかった。
・・・自分はそんなにおかしなことを言ったのだろうか?
花火の音さえかき消すほどのその声に周囲の人間が何事かと注目する。
「ら、ライトさんっ・・・・・・」
夕維は真っ赤な顔で彼を呼んだ。
しかし、『悪い』といいながらも、彼は一向に笑いやまなかった。
・・・そこまでおかしな答えだったのだろうか?

『――はー。やー、すまなかった。本当に』
時間にしてどれくらいか。夕維にとって10分にも等しい時間の後、やっと彼が笑いを止めた。
それでもまだ、涙を拭いながらだが。
「もう。知りません!」
夕維は真っ赤な顔のまま、目を逸らしている。
・・・どうにもこうにも恥ずかしくて、とても目が合わせられないのだ。

『お詫びに今日はどこまでも付き合うよ。何処がいい?』
『食事や――ああ、そう。お望みなら、あれなんかも奢るし』
何とか顔を上げ、示された先に映っていたのは夏らしい浴衣を着た女性。
様々な衣装の中で、なぜかそれがスポットを浴びたように目に入った。
周囲を見れば自前なのかやはり借りたのか、何人かその格好をした女性達が楽しげに歩いている。

「・・・一緒に着てくれるんですか?」
そう、女性用があるということは、もちろん男性用もあるわけで・・・
ちょっとした悪戯のつもりで、そう言ってみる。
おそろいの浴衣で歩く、その意味を考えもせずに。

せっかくだから、たまにはわがままを言ってみよう。
そんな軽い気持ちしか、彼女にはないのだ。

「それから・・・向こうに移動しましょう?」
指さすのは緑に包まれた【Memory of Empress】
花火の余韻が残っている方角だった。
[2004/08/22 22:28:28]

お名前: “Night Walker”ライト   
Style:Vasara●、Manikin◎、Inu
外見:長身痩躯、二十代後半の日系青年。薄闇の如き雰囲気を纏う。

【Fountain of Starz 噴水前】

『好きです。たくさんの思い出が詰まった街ですから』
 彼女が振り返る。

『そして…たくさんの人と出会えた街ですから!」』
 その答えを聞いて、ライトは……

「・・・・ぷっ」
 思わず、吹き出していた。

「はは、ははは・・・! あー、いや、悪い!」
 彼女の答えがおかしかったのではなく。
ただ、彼女なら、そう答えるだろうと分かり切っていたくせにこんな質問をした自分が、溜まらなく可笑しくて。
 だから笑った。花火の音を背に。多分、何年ぶりかに。腹の底から。涙を流して。
 ――彼女、絶対怒るだろうな。もしかしたらむくれて機嫌も直してくれなくなるんじゃないだろうか。
そんな、どこか間の抜けた事を考えながら。

「――はー。やー、すまなかった。本当に」
 涙を拭って謝る。実際にはライトの言葉も彼女の答えも、この街に住む者の多くが聞けば嘲笑するものかもしれない。
災厄の街、トーキョーN◎VA。ここは紛れもない悪徳の街なのだから。
 けれど、二人とも胸を張って、好きなものは好きだと。自分のスタイルを貫いている。
それが嬉しかった。二人のスタイルが、本当の所では相容れないものだという予感を持ちながらも。

「お詫びに今日はどこまでも付き合うよ。何処がいい?」
 未だ消えぬ花火の光に照られされながら、情けなくも下手に出る。
「食事や――ああ、そう。お望みなら、あれなんかも奢るし」
 ――『貸し衣装、季節の浴衣等も貸し出します』
 ライトが示したスクリーンには、様々な衣装を身に纏った女性の姿と共に、そんな広告が浮かび上がっていた。
[2004/08/21 04:22:37]

お名前: “狭の娘”工藤夕維    URL
「君は、この街が好きか?」

消え行く光の欠片を見つめていた夕維は、ハッと顔を上げた。
隣にいる彼もまた、光の欠片を見つめていた。

夜が好きだという彼。
この街の猥雑さと大らかさを見続けていたいという彼はきっとこの街が好きなのだろう。

では、自分は?

この街しか知らないようなもの。
嫌な事も悲しい事もたくさんあったこの街。
…でも。

「好きです」

再び上がった光を見つめながら。

「たくさんの思い出が詰まった街ですから」

そしてもう一度隣の彼を振り仰ぐ。

「そして…たくさんの人と出会えた街ですから!」

そう、彼のような人たちと。

光が乱舞する闇。
夕維は今少しだけ、闇が優しくなったように感じられた。
[2004/08/15 01:05:26]

お名前: “Night Walker”ライト   
Style:Vasara●、Manikin◎、Inu
外見:長身痩躯、二十代後半の日系青年。薄闇の如き雰囲気を纏う。

【Fountain of Starz 噴水前】

「ありがとう。これで何回目になるかな」
ちょっと笑ってみせてから、彼女から渡された帽子を被る。
帽子が飛ぶ・・あるいは帽子を飛ばすのは、半ば二人が会う時の合図となりつつある。

「とはいえ、こんな格好をした王子様も居ないんじゃないか?」
ひょい、と爪楊枝を刺したタコ焼きを目の高さに掲げてみせる。
間抜けなことこの上ない姿だが、このたこ焼きはライトも常連となっている店の自慢の一品だ。
そんな軽口を叩きながら、彼女と並んで夜空を見上げた。

「俺は、夜が好きでね」
天に咲く光に照らされる中、ふと、そんな言葉が口をついた。
「夜は人を変える。ムードや調子、底に流れる暗流とでも言うんだろうか」
刹那の光を惜しむように見上げる、夜の匂いのする少女に。
「そんな夜に生きる人達と、どんなモノも飲み込むこの街の猥雑さと大らかさ。それを見続けていたいと思う」
遠くアサクサから打ち上げられる花火に照れされながら、尋ねた。

「君は、この街が好きか?」
[2004/08/13 22:57:44]

お名前: 三島 凪切   
◎●カゲ=カゲ=カゲ
黒髪、黒い瞳で、黒いシャツに
黒いスラックスの20代前半の青年

【メモリー・オヴ・エンプレス
   花火大会の見える一角で】

遠くで打ち上げられた花火が、
大きな音を立て、はじけて消えた。

「花火は暗闇でこそ綺麗なの」
いつも言っていたあなたは逝ってしまった。
美しく輝かしく、そして儚く、呆気無く。

雨上がりの澄んだ空気は、綺麗な夕闇を。
打ち上げられた花火は、一瞬の静寂と永遠の感動を。
あなたの言葉は、僕の心にとげを残したけれど、
僕は何を残すことが出来たのだろう。

遠くで打ち上げられた花火が、
僕の心に残った花火と、
そして、あなたの笑顔と、一瞬重なって、
大きな音を立て、はじけて消えた。
[2004/08/08 18:47:06]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
「それじゃ………」
ミシェイルは無難なチェロの独奏曲として『チェロ・ソナタ第3番イ長調』を
改めてリクエストしようとして、ふと口を噤んだ。それから、少し考えた後で、
こう言い直した。
「モーツァルト『ヴァイオリン協奏曲 第1番 変ロ長調 K.207』………」
それは初めて師に課せられた課題曲であり、初めに弾きこなせるようになった
曲。いわば彼のヴァイオリニストとしての母親のような曲である。最も好きな
曲であり、思い出深い曲であるがゆえに、ヴァイオリンと決別してからは弾く
ことはおろか生の演奏でも録音されたものでも聞いたことはない。
だが、今でも彼にとって特別な曲であるのは変わらない。初めて弾きこなせた
ときの感動を、師と後の婚約者の前で何度も弾いて見せたのを昨日のことのよ
うに覚えている。
「ヴァイオリンの曲じゃないですけど、いいですか?」
[2004/08/07 22:55:59]

お名前: “狭の娘”工藤夕維    URL
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳程度の少女の外見、167cm

【Fountain of Starz】

暫くの間連絡の取れなかった人からの思いがけないお誘い。
はやる心を押さえながら小走りで噴水へと向かう。
素敵な記憶と共に蘇ってくるその人の待つ場所へと。

やはり、相手のほうが早く着いていたらしい。
今日は仕事に思ったよりも時間をとられてしまい、もう約束の時刻まで2秒と無い時間だった。
待ち人は考え事をしているらしく、広場へと入った夕維に気がついていないようだ。
その瞬間、一陣の風が彼のほうから吹き抜けてきた。
トレードマークなのかいつも着用している彼の帽子が風に乗って夕維の元へと飛んでくる。
(なんだか、いつもあなたが先に来るのね)
思わずクスリと笑ってしまう。
何度かの逢瀬の際、何故かいつも彼女の元に最初に来るのは彼の帽子なのだ。

そして、いつものように彼が振り返る。

「はい、どうぞ。金色の王子様」

最後の数歩を駆け寄ると、にっこり笑って夕維は帽子を差し出した。
そして打ち上がる花火を見上げて、目を細める。

「闇の中の光・・・素敵ですよね」

闇の中を歩く彼女にとって、光は憧れであり、とても大切なもの。
一番の理解者を失い、親しい友人の少ない彼女にとって、隣にいるその人は闇の中の光のような人だった。
消えてしまうその光を惜しむように、彼女はその光景に見入ってしまっていた。
[2004/08/06 23:45:10]

お名前: “Night Walker”ライト   
Style:Vasara●、Manikin◎、Inu
外見:長身痩躯、二十代後半の日系青年。薄闇の如き雰囲気を纏う。

【Fountain of Starz 噴水前】

「少し早く着きすぎてしまったかな」
万色の光が煌めく噴水前。たこ焼きを手にベンチへと座る。
再度、周囲に視線を巡らせる。待ち人はいまだ来たらず。
ちょっとした情報提供のお礼に、その相手に付き合う事になっている。

「しかし、考えてみると面白いものだな」
アトラクションだろうか? 夜空に咲く花火を見上げて、たこ焼きを一口。
こうしている自分は、どう見ても仕事帰りのホストといった風情で、
とても泣く子も恐れるブラック・ハウンドの隊員とは思えないだろう。
噴水の向こうに佇む着流しの上に皮ジャンを羽織った青年は、裏に回れば名のあるカタナかもしれないし、
和やかな声で園内を包む案内嬢は、未来を見通す魔術師であるとも噂されている。
表の顔と裏の顔。剣と銃と魔法と電脳。様々に混じり合う人と色。

「黄昏のティル・ナ・ノーグとはいえ、災厄の街の一部には違いなしか」
ライトはこの街・・特にその夜の、そんな猥雑さが好きだった。
街はデトネイトされ、自分もハンドルを変え、多少の歳を経たが、その思いだけは変わらない。
N◎VAという希代のあばずれ女の誘惑からは、しばらく逃れられそうにもない。

「さて、と。・・おっと」
そんな益体もない考え事をしていたせいか、帽子が突然の風に飛ばされ、宙を舞う。
「やれやれ。そういえば、前にもこんな事があったな」
ふと去来した思い出に苦笑して、席を立つ。
夜空にはまだ、花火が大輪の花を咲かせていた。
[2004/08/06 02:39:37]

お名前: ”銀の闇”三島 凪切   
不自然なまでに左手を見つめていたことに気付いて、慌てて眼を背けた。無意識のままに、灯に誘われていたらしい。見渡せば、明日への希望を叫ぶ学生たちに、恋人に寄り添う女性。贈り物を抱え家路を急ぐ会社員もいて、 僕1人が浮いているように思える。
 そんな風に輝いている人たちに眼がひきつけられて、でもなんだか見ていられなくて、今度は夜空を見上げたんだ。
 「…?」
 今、空を翔けた流れ星に、気付いた人はいないようだ。もう一度空を見上げる。考えてみればありえないことだ。このネオンの海で流れ星なんて見えるわけが無い。だけど…
 「くすっ」と、微かに、本当に微かに笑った後、僕は前を向いて歩き出した。もう少し、この街で生きていける。そんな気が確かにしたから。
[2004/07/14 19:07:23]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル(♀エル)   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?
小柄な体型に大きな黒い外套、中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
>「いえ、私が変な話をし過ぎただけのことです。貴方が謝ることじゃありません」
ミシェイルの深遠の瞳は深い闇の色を僅かに薄れさせていった様に見える。
ジェルはわたわたと手を振るも、その様子を見て少し安堵する。
>「それよりも、そろそろリクエストに応えてくれますか?また、貴方の演奏を聴かせて欲
>しいんです。考える時間もタップリあったことですしね」
先程の動揺ぶりを思い出し恥ずかしくなって顔を赤らめていたが、その言葉を聞いてハッと我に返る。
ほんの少し前のあわて様はとても年相応の態度には見えなかったが、軽く深呼吸し息を整えると
また凛としたストリート奏者の顔に戻っていった。
「はい、よろこんで。精一杯…弾かせていただきます」
ジェルはミシェイルの儚げな笑顔をじっと見つめ、とても透き通った声で話していく。
(きっとこの人は自分の力で克服するだろう、このtwiLiteで彼が僅かな間の安らぎを
求めるなら、私の演奏がその手助けになればいい。…たとえほんの少しでも力になれたら
それでいい…そう、私は…舞台裏から流れる…バックグランドミュージック……)
「ではリクエストをお聞かせ願えますか?」
[2004/06/23 10:14:12]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
>「すみませんでした、ミシェイルさん。貴方がこんなにも苦しんでいるなんて気づきませんでした。
>私は軽率すぎたようです。言葉に配慮が足りませんでした…許してください」

その申し訳なさそうな声に、深い闇に落ちつつあったミシェイルの思考がようやく現実に
引き戻された。見るとジェルと名乗ったチェロ弾きが悲しそうにこちらをみつめている。
“どうして貴方はそんなに自分勝手なの?”
今は亡き婚約者の言葉が脳裏を過ぎる。孤児だった自分を拾ってくれた師の娘の言葉。
“皆が貴方のことを想ってくれているのに、人の気も知らないで”
昔、子供じみた反発心とストリートチルドレンゆえの猜疑心から心を閉ざし、他者を拒絶
ていたときに彼女に言われた言葉。あの頃は接してくれる人達の暖かさに、自分は全く目
を向けようとはしなかった。

>「……ご、ごめんなさいっ、何も知らないで知ったような口を…」

わたわたと手を振る目の前のチェロ奏者の姿を見て、ミシェイルは苦笑した。目の前の女
性がどれだけ自分のことを案じてくれていたのか、それもわからずに自分のことばかり考
えていたのだから。何気なく口にした言葉がジェルに居た堪れない想いをさせていること
に気づきもしなかった。
(何もわかっていないのは、私の方だな。あいかわらず、悪い癖が治ってない)
その瞳が、僅かながら優しげなものに変わる。
「いえ、私が変な話をし過ぎただけのことです。貴方が謝ることじゃありません」
過去のことを深く考えるのはよそう。少なくとも、今は。
ここはTwiLite。ひとときの夢物語の世界なのだから。
「それよりも、そろそろリクエストに応えてくれますか?また、貴方の演奏を聴かせて欲
しいんです。考える時間もタップリあったことですしね」
[2004/06/12 23:51:15]

お名前: “びっくり箱”コバコ。   
Style:Manikin=Manikin◎●、Tolkie
20歳、金髪碧眼、ミニスカートにエナメル生地の赤いロングコート、髪は一つに結わえあげ。

【Memory of Empress 占い小屋の一角】

湿っぽい空気はアタシには似合わないと思っている。


「〜〜〜ッッ!ふっざけんじゃないわよっっ!!」
だんっ!、と。
彼女は黒い布で覆われた小さなテーブルに思いっきり拳を打ち付けた。
ちょっと、手が痛かったけれどそれは敢えて無視決めこむ。
今はそれ所じゃなかったから。
彼女が手をテーブルに叩きつけられたことによって、その上に並べられたカードが
ふわりと浮いて微妙に位置をずらしたが、そんな事をしても占いの結果が変わるわ
けでも無い。
並べられたカードは無情にも指し示す。――――喧嘩別れ。
漸く見つけた「何十人目」かの運命の人と別れると言われて「ハイ、ソーデスカ」なんて
素直に頷けようはずも無い。今度こそはと思って、幸せな未来を拳にかけて誓った
ってのに!
対する占い師の方も手慣れたもので、激昂する彼女を尻目にいそいそとカードを片
付け始めてすらいた。溜息混じりに。
どうせ、またすぐに「運命の人はどこにいる?!」なんて、聞きに来るのは判って
いたから。
べっ、と、占い師に向って舌を出すのは女性の方。
「アタシとカレはね、運命で結ばれてるのよ。絶対っ!別れたりはしないからね!」
捨て台詞、残して行くは、女の背。赤いコートを翻し、ブーツの足音声高に。


――――けれど。
その占い通りに3日後にアタシとカレが別れるなんてこの時は知る由もなかったのである。
[2004/06/04 22:45:46]

お名前: 凪   
スタイル:カタナ=カタナ=カタナ◎●
外見  :黒い瞳、黒い髪、着流しを着た古風なカタナ、20代前半の女性

【メモリー・オヴ・エンプレスの公園内】
「作り物とはいえ、此処は心地が良い」
今日は刀を持ってきていない―――ここにそれを持ち歩くのはあまりに無粋、そう感じた故に置いてきたのだ。その考えは今の所正しかったように感じられる。右手には先ほどひよこ君から貰った風船を持っているのだが

緑を眺めつつベンチに腰を下ろし、のんびりと過ごす。たまにはこのような時間も良い物だと感じる。

公園の中にポツリと咲く赤い華をふと見て、苦笑を浮かべる
「赤い華すら、血を連想させるか。刀を置いてきても無駄だったようだな」
そう自嘲し、赤い華を見つめ続ける……………
[2004/05/22 17:58:17]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Fountain of Starz 噴水前】
 六道の指先が、優しく頬に触れる。それで初めて、沙羅は己の左瞳が涙を流していたことを知った。人前で涙を流すのはいつ以来だろうか。
それは、思い出すのも難しいほど、遠い日の記憶…
「…礼を言わなきゃならんのは俺のほうさ。わざわざ付き合って貰っちまってよ」
 礼とも、謝罪とも取れる六道の言葉に、沙羅は、それしか知らない幼い子供の様に首を横に振った。
 礼を言わなければならないのは自分、謝罪しなければいけないのも自分だと思った。
 そんな彼女を少し見つめ、男は裾を翻して背を向けた。再会を望んでいるかのような言葉を残して。その際、少し寒そうな仕草をしたのを
目に留めた沙羅は、徳利を持ったままの自分に気づき、僅かに苦笑した。
(…間抜けだな…)
 風に吹き消されるほど微かな呟きを漏らすと、沙羅は口元に持っていった徳利を静かに傾ける。まだ十分に熱を孕んだ酒が胃に滑り落ち、
温もりの火をを身体に灯す。
 六道の背を見ながら、沙羅は内懐に手を差し入れる。摘み出した“それ”を唇に押し当てると、軽く息を吹き込んだ。
 ぷくりと膨らんだそれは、1センチにも満たない大きさの紙風船だった。紅い色を薄く佩びた和紙風船で徳利に蓋をし、遠ざかる男の
背に声を掛ける。
「…“喪門剣”の六道。まだ、冷えるだろう?」
 相手が振り返るのを待ってから、沙羅は徳利を放り投げた。白い徳利が放物線を描いて宙に踊る。

「…貴方になら、いつか…またいつか会えたらいいと…心から、思う」
 柔らかな笑みを瞳に浮かべ、唇の動きだけで、沙羅はそう呟いた。
[2004/05/20 13:06:52]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル(♀エル)   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?
小柄な体型に大きな黒い外套、中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
>「こんなにも苦しいのなら、いっそ出会わない方がよかったのかもしれない。
>ヴァイオリンにも、彼女にも………」

ミシェイルの言葉が重くのしかかる。
ジェルは分かっていたつもりだった。自分には何も出来ない事だと。
この世界は不条理に満ちている。どんなに足掻いても変えられないものは沢山ある。
それがイヤで必死になってもがいた。その結果……ヴァイオリンは壊された。
                        :
(このヒトは今戦っているんだ。私が口を挟む余地なんか…ないよね。
 でも、いつか、きっと…ほんの少しでも変わる時がくると思う。…そう信じたい。
 私がチェロと、チェロをくれたヒトと出会った時のように)

「すみませんでした、ミシェイルさん。貴方がこんなにも苦しんでいるなんて気づきませんでした。
 私は軽率すぎたようです。言葉に配慮が足りませんでした…許してください」
ジェルは深々と頭を下げた。
「その…とても辛そうだったので少しでも気を晴らすことが出来れば、と思ったんです…」
元気付かせようと不器用に笑顔を作り、ミシェイルの瞳をじっと見つめた。
「でも、出会わない方がよかったなんて言わないでください。その彼女さんはそうは思ってないと思います。
 ……ご、ごめんなさいっ、何も知らないで知ったような口を…」
ジェルはすぐに感情が表に出てしまう。今度はわたわたと手を振って謝った。

−−−「深く立ち入れば互いが傷つく…」−−−
昔、誰かが言った言葉を思い出す。
(結局、全然成長してないね…私って)
[2004/05/14 08:57:18]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
>「貴方も音楽を愛する方ならばきっと弾くことができます。
>大切な想いは色褪せさせないために、過去と未来を確かに結ぶために、
>…そして自分を見失わないように…」

その言葉に、ミシェイルは辛そうに俯いた。音楽への未練がないわけではない。それは確かだった。だが、同時に音楽家としての彼を支えていたもの−−−一番聞いて欲しい人がこの世にいないのもまた確かだった。
ポッカリと空いた心の穴、それを満たそうとして彼は単身この地に渡った。そして、その空洞が逆に彼を音楽から遠ざけ続けた。
「本当にすみません………やはり、私にはできない」
しばらくの沈黙の後の声は絞り出したような苦痛に満ちたものだった。
「こんなにも苦しいのなら、いっそ出会わない方がよかったのかもしれない。ヴァイオリンにも、彼女にも………」
[2004/05/09 21:13:35]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
Style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Fountain of Starz 噴水前】
 澄み切った夜空に、月が煌々と輝いている。
それはライトアップされた遊園地から見上げてなお冷たい光を放ち、
水面に映った影は刻々と変化して留まる所がない。
 家族連れの笑いさざめく雑踏が、ひどく現実感のないものに見える。
ふと気がつけば、どこからともなく弦の音が聞こえてくる。郷愁を感じさせる、重量感のある音色だった。

 六道の眼前に立つ沙羅の眦から、涙が一筋流れ落ちた。
彼女もまた、この音色に感情を揺さぶられたということだろう。
誰だか知らんが罪なことをする、と六道は思った。
「……ありがとう。……済まなかった」
 沙羅の言葉に、六道は目を細めた。手を伸ばし、指先でそっと涙の痕を拭った。
「よせよ。礼を言わなきゃならんのは俺の方さ。わざわざ付き合って貰っちまってよ」
 そう言って、コートの襟に手を掛けて羽織り直す。常春の街とはいえ、すきま風はいつも身に凍みる。
「何かあったら、アサクサの事務所に来な。大したことはできねえが、それでもちったあ役に立てるだろ」
 それだけ言うと、六道は裾を翻して沙羅に背を向けた。
語りたいことはまだまだあったが、それにはこの場所は暖かすぎた。
 ――縁があれば、またどこかで会うこともあるだろうさ。
 twiLightの魔法は、自分には勿体なさすぎる。ひとまずは居るべき場所へ帰るとしようか。
 口元に微かな笑みを浮かべ、六道は一歩を踏み出した。
[2004/04/06 12:43:01]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル(♀エル)   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?
小柄な体型に大きな黒い外套、中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
ミシェイルの悲哀に満ちた瞳をじっと見つめていた。
(この人の想いがひしひしと伝わってくる…)
大きくも儚い、強くも切ないその想いはジェルの心の琴線を弾いていた。
          :
>「残念ですが、今の私には貴方の期待に副える演奏はできそうにありません」
          :
ミシェイルの翳りを含んだ笑顔を見ていると悲しくなる。
深遠の瞳が見据える先には何があるのだろう?
そこへ辿り着いた時、彼はどうするのだろう?
そう考えると彼自身がまるで陽炎みたいに消えてしまう存在のように感じてしまう。
ジェルは自分が口を挟む余地はないとは分かっていてもやっぱり言ってしまう。
「貴方も音楽を愛する方ならばきっと弾くことができます。
 大切な想いは色褪せさせないために、過去と未来を確かに結ぶために、
 …そして自分を見失わないように…」

ジェルがこの街で好意を持つ人間は決して多くない。
人間の方もうわべだけで言い寄る輩はジェルの本当の姿、大きな外套の下に隠された
純白の翼を見て、ある者は逃げ、ある者は捕まえようとし、ある者は殺そうとする。
だから人間らしい付き合いができる大切な人は少ない。
そしてそのイイヒトたちが消えていくのは珍しくなかった。
ミシェイルがその大切な人達と何となく似ているように感じていた。
          :
――想いが大きいが故に自分を見失っていった人たちに――
[2004/03/26 21:18:17]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
>「貴方が奏でる音色を聞いてみたいです…」
ジェルの言葉にミシェイルは我に返った。それから、彼女の顔を見て、ゆっくりと
首を横に振る。諦めとも自責の念とも取れない顔で。
「無理ですよ。私にはもう弾けない………ヴァイオリンもヴァイオリンに対する心
も私は故国に置いてきました。今の私には必要ないものです。一番聴いて欲しい人
は、もうこの世にはいないんですから………」
最後の言葉はほとんど聞き取れないほどの小さな囁きだった。

2年前、結婚を間近に控えた頃、婚約者のディアーナがこの街で死んだときにヴァ
イオリニストとしての彼は死んだ。
だから、彼は単身N◎VAにやってきた。それまでのヴァイオリニストとしての地
位や名誉、その他の何もかもから眼を背けて。愛しい人の死の真相を知ることだけ
を目的―――心の支えにして。

「残念ですが、今の私には貴方の期待に副える演奏はできそうにありません」
微苦笑を浮かべると、ミシェイルは彼女が抱く壊れたヴァイオリンをジッとみつめ
た。それはあたかもヴァイオリニストとしては死んだも同然の自分自身のように思
えた。
[2004/03/23 13:10:26]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル(♀エル)   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?
小柄な体型に大きな黒い外套、中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
ジェルはミシェイルの言葉に耳を傾けて静かに聞き入っていた。
その瞳を見つめると郷愁に似た想いを感じさせる。
塔の下に置いてあったヴァイオリンを手に取り抱きしめた。
大切な人達にもらったそれは数年前、“革命”の時に壊れたまま…。
市民登録は無事済ませたものの素性が素性なだけにその人達とは自ら距離をおいた。
今のチェロの音色は、決して届かない、それでも聞いてもらいたいという想いであった。

青年が自分の右手を見たとき、その瞳に暗い翳りを感じとる。
まるでコップの水にインクをたらした様に、それは青年の透明な瞳を一瞬だけ曇らし、
やがて拡散していく。
しかしインクの混じった水がそうであるように、青年の瞳にも微かな濁りが
いつまでも消えずに残っている。

ジェルは互いがもつ“何か”のあきらめきれない想い、求めてやまない“もの”を感じていた。
それは魂の共鳴なのかもしれない。
月下のチェロ奏者はかつての天才ヴァイオリン奏者に魅かれつつあった。
               :
青年のどこか哀しそうな笑顔に気づきつつも聞いてみる。
「貴方が奏でる音色を聞いてみたいです…」
[2004/03/17 00:54:22]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
>「ミシェイルさんですね、ありがとうございます。…それとよく分かりましたね。
> 私が女性と…」
その言葉を聞いて、ミシェイルは内心安堵の溜息をついた。正直、男か女か検討が
つかなかったものだから、解答には全く自信はなかったのだ。とりあえず相手に嫌
な思いはさせずに済んだらしく、安心した。もっとも、どちらを答えても正解だっ
たなどということは彼には知る由もないが。
>「褒めていただいて光栄ですが、私の腕はそう大したものではありませんよ」
>「ここはFountain of Starz。出会いと別れがあり、噴水の飛沫は歓喜を演出し、
> 時計塔は過去と未来を紡ぐモノローグの場所です。
> これらが私の音色を彩ってくれているんですよ」
そう言われて、ふと周囲を見回してみる。ろくに注意せずに音だけを頼りに来たも
のだから気がつかなかったが、この噴水のある広場は随分と洒落た雰囲気の綺麗な
場所だった。たしかにここにいたら、自分がちょっとした魔法にでもかかったよう
な気分にさせられるかもしれない。だが、
「確かにここには魔法がかかっているのかもしれない。でも、貴方の演奏が大した
ものじゃないとは思いませんよ。少なくとも、心無い演奏者ではあんな演奏はでき
ないはずだから」
その眼が、ここではないどこか遠い場所をみつめる眼になった。
「私も昔にヴァイオリンをやっていたからわかります。………何も分からなかった
頃、先生によく注意されたものです。『弓を動かす前に、音に命を込めることを忘
れてはならない』って。音楽を愛し、音に対する想いを伝えなければ、どんなに高
度な技術を持っていても、人の心には響かないんですよね………だから、貴方は素
晴らしい奏者だと思いますよ」
それから、ふと自分の右手を見遣る。もはやヴァイオリンの弓を持たなくなって久
しい手―――自分の身を護るための武器を取る、血に汚れた手を。かつて“音の魔
術師”と呼ばれたヴァイオリニストはもういない。
(もう、昔のようには弾けないだろうな………)
彼の笑顔にほんの少しだけ影が射したように見えた。
[2004/03/09 17:50:09]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル(♀エル)   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?
小柄な体型に大きな黒い外套、中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
笑顔で応える美青年に嬉しく感じた。
自分の素性を調べに来たわけでもなく、音楽を楽しんでくれているようだったから。
だからジェルの笑顔には曇りはなくなった。

「ミシェイルさんですね、ありがとうございます。…それとよく分かりましたね。
 私が女性と…」
ジェルはわずかな時間を措いて女性となった。
しかしながら元より中性的な容姿の上に身体を包み込む外套も相なって
外見は変わらないように見える。
「色々な奏者に会われると言われましたが音楽に嗜みがある方でしょうか?」
外見はフェイトの美青年にどこか芸術に造詣があるように思えてならないのだった。
「褒めていただいて光栄ですが、私の腕はそう大したものではありませんよ」
少しばかり照れ笑いしながら言った。

「ここはFountain of Starz。出会いと別れがあり、噴水の飛沫は歓喜を演出し、
 時計塔は過去と未来を紡ぐモノローグの場所です。
 これらが私の音色を彩ってくれているんですよ」

ふと園内を見渡すと噴水越しに見える一組の男女。
女性の左瞳に満月に照らされる光の軌跡。

「ここの不思議な力が魔法だとしたら、私の幽かな旋律は
 そのワンスペルにしかすぎません…」

穏やかで優しい月明かりがこの空間を包み込む中、
ジェルは目を閉じて胸に両手を当てまるで祈るように囁いた。
「貴方の言葉に嬉しく思います。
 …今度は、よろしければ、貴方のことも聞かせててください」
[2004/03/08 00:21:42]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
名前を聞かされたミシェイルは、内心で名前を尋ねたこと
を少し後悔した。尋ねた矢先、その心臓が微かに強く脈打
ったのに気がついたためだ。イタリアの巨匠をして天才と
言わしめた彼の耳は、様々な局面で彼に膨大な聴覚情報を
与えてくれる。その音が、彼にチェロ弾きの動揺を知らせ
ていた。
僅かな気まずさを感じつつ、ジェルと名乗ったチェロ弾き
を見遣る。微かに曇った顔は、もう先ほどの笑顔に戻って
いる。心音はまだ微かに安定しないが、嘘をついているよ
うな音でもない。多分、信用してくれたのだろう。
「私はミシェイル。ミシェイル=オーンヴェルヌ。ヴィル
ヌーヴからこの街に来ました。よろしく、お嬢さん」
だから、ミシェイルも笑顔で―――ついでに、彼女(?)
の問いにも答える形で―――応えた。生憎とジェルが男性
か女性かは皆目検討がつかないままだったが。
それから、ジェルの持つチェロに目を留める。
「しかし、見事な腕前ですね。私も色々な奏者に会いまし
たが、貴方の演奏はどこか不思議と聞き入ってしまう」
[2004/03/07 14:40:49]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?/小柄な体型に中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
ジェルは少し驚いた。
青年がケースに入れたキャッシュの額は多いと思ったのだ。
だから難しいリクエストを覚悟した。
彼は両手をポケットの中に入れ夜空を見上げ思案している。
普通の人ならすぐに最近のJ-popあたりか有名どこのクラシックを選曲するはず。
(ひょっとして音楽に造詣のある人かしら?)
大抵の曲は弾くことができる。チェロの独奏曲以外でも例えば
ブルーベリーのヒットソングもアレンジバージョンで弾く。
クラシックはメインをチェロに持ってくることでアレンジも少なくして弾ける。
そうやって待ち構えていたものだから次の彼の言葉には驚いてしまった。
>「そうだな………リクエストの前に名前を聞かせてくれないかな、
素敵なチェロ弾きさん?」

ジェルの笑顔に少し曇りがかかる。
その美青年はどうもフェイトのようである。…正直に話してもいいものかどうか。
(また私の素性を調べに来た人かしら?)
ジェルはわずかな思案の間をおいて
「私はジェル。人は“路頭のチェロ弾き”と言います。私をよく知る人は、男でシン、女でエルと呼びます。
 …あ、私は双子なんですよ、念のため言っておきますけど…」
もちろん双子というのは嘘で両方とも本人である。
その都度その人にとって都合のいい性で対応する。
それがヒルコとしての彼(彼女)の処世術であった。
「貴方にはどちらに見えますか?…それと貴方のお名前もよければ聞かせてください」
曇った笑顔を元に戻して聞いてみる。
[2004/03/06 04:05:30]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●,Katana◎,Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Fountain of Starz、噴水前】
「…どうするね?」
 問いかけ、こちらを見据える六道から、沙羅はふい、と目線を逸らせた。
 彼に不愉快な想いをさせたという気持ちがあった。その言葉に甘え、胸にしまっていた事をつい口にした。
その所為で余計な感情に晒してしまったと。
 けれど六道が関わってくれたおかげで、沙羅は自らの抱える矛盾に気づく事ができた。だから、礼を言いたかった。
なのに、それを表す言葉を彼女は思い出せずにいた。

 男の問いに答えあぐねて沈黙した沙羅の耳に、一筋の旋律が流れ込んできた。顔を上げた方向には、涼やかな水音を奏でる噴水。
星の光を含んで輝く流れの向こうには時計台。聴いた覚えのある、どこか懐かしいメロディはそちらから聞こえてくる。
 瞳を閉じ、彼女はつい、と顔を挙げた。暗闇を満たす水音と音楽に意識を開放する…

 曲が終わり、沙羅は夢から覚めたように瞼を上げた。遊園地の夜空を見上げたその瞳に、煌々と輝く満月が映り込んだ。
ああ、と沙羅は息を吐く。
「…勿体ないような、月だ」
 呟き、彼女は顔を六道に戻した。と、生身の左瞳からつぃっと一筋の光が零れた。
沙羅は、それを自覚していなかった。ただ、少しだけ開放された心の赴くままに、言葉を紡いだ。

「…ありがとう。…済まなかった」

 それは、twiLightに満ちる不思議な力が、あるいは何処かで奏でられた音楽が。…もたらした“魔法”だったのかもしれない…
[2004/03/05 22:27:20]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
声をかけられて、ミシェイルはハッと我に返った。
気が付けば、例のチェロ弾き―――困ったことに男性かも女性か
もわからないのだが―――その整った中性的な美貌がこちらをみ
つめている。
「あ、えっと………」
生憎、何を言われたのか聞き取れなかった。少し困惑した末に、
ミシェイルは自分が演奏に対する代価を払っていないことに気が
付いた。懐から少し多めのキャッシュを取り出し、ケースへと入
れる。それから、見上げた演奏者の顔が少しだけ呆けた表情を浮
かべたあと、再び笑顔になった。
「…何かリクエストはありますか?」
そのときになって、別にお捻りを催促されたわけではなかったこ
とに気づき、ミシェイルは苦笑した。両の手をポケットの中にい
れると、照れ隠しのために選曲に苦心するフリをして夜空を見上
げる。
とはいえ、かつては若きバイオリニストとして名を馳せた彼も、
チェロの独奏曲には詳しくない。無難なところであれば、L.v.ベ
ートーヴェンの『チェロ・ソナタ第3番イ長調』あたりだろうか?
だが、その前に………
「そうだな………リクエストの前に名前を聞かせてくれないかな、
素敵なチェロ弾きさん?」
[2004/03/05 08:04:27]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?/小柄な体型に中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
チェロの演奏が園内を緩やかに包み込んでいく。
素通りする者、足を止め聞き入る者。
幸せそうなカップルがいる。草臥れた様子のクグツがいる。物思いにふけるフェイトがいる。
様々な人間とそしてまばらな拍手。
やがてそれぞれから小銭がケースに放り込まれる。
それは大切な生活費。
「ありがとうございます…」
笑顔と小さく礼をする。

ジェルの視線は青年の姿にとまる。
スーツとコートを着こなした美しい青年だ。
年はまだ若い、20代半ば位だろうか。
見つめているとその深遠の瞳に吸い込まれそうになる。
「…何かリクエストはありますか?」
笑顔でそっと話しかけてみる。
[2004/03/04 02:41:45]

お名前: “音の魔術師”ミシェイル=オーンヴェルヌ   
カブキ●,フェイト◎,カタナ
赤茶色の瞳と赤色の髪をした、20代半ばの美青年。
紺色のスーツと黒いロングコートを着ている。

【時計塔】
ここに来たのは仕事でだった。
何処かの企業重役の娘の素行調査など何故引き受けた
のかといえば、単に企業への渡りをつける機会とわり
きったためである。
結果はといえば、随分と初々しい高校生のデートシー
ンを観察させられる破目になったわけだが。
先ほど、無事にターゲットは家路についた。ここから
先はSPの仕事だ。肉体的というよりは精神的に激しく
疲れたミシェイルは深い溜息をつくとその場を去るこ
としか考えていなかった。だから、
「これは……“G線上のアリア”?」
耳に入ってきた心地よい弦楽器の旋律は、彼にとって
は完全な不意討ちだった。かつてはイタリアでヴァイ
オリンの指導を受け、天才と呼ばれた青年はもはや音
楽とは決別していたが、それでも今流れる音色に耳を
傾けずにはいられなかった。
(それにしても、寂しい音だな)
チェロの“泣き声”に導かれて、ミシェイルは時計台
の前まで歩いていった。
[2004/02/29 01:33:05]

お名前: “路頭のチェロ弾き”ジェル   
カブキ◎カブト●ヒルコ/20代前半?/小柄な体型に中性的な顔立ち、重そうなチェロケース

【時計塔】
まもなく日の光も完全に落ちようとする夕刻。定位置につく。
時を刻む針を見つめ、塔の下に壊れたバイオリンをそっと置いた。
「ここは動くのに…この街はこんなにも忙しいのに…私の時間は止まったまま…」
小さくうずくまるその姿は、まるで傷ついた小鳥のよう。
「まるでこれは私そのものね…」
そう言うと壊れたバイオリンの弦を優しく撫でた。
かつて美しい音色を奏でたそれは、今はもう、鳴らない。

しばらくしてチェロを取り出す。
「今はまだ…あの時のままだけど、いつかは動き出すのかな…私の時間」
ゆっくりと弓が引かれメロディが流れ始める。
定刻の鐘が鳴り、穏かな月明かりをスポットライトにして
園内に‘G線上のアリア’が聞こえ始めた。
[2004/02/25 22:27:12]

お名前: “喪門剣”六道 傀   
Style:Legger◎、Katana●、Chakra
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East】
 月明かりの下、幾人もの客とすれ違う。大半は仲睦まじい二人連れであり、一人身の者はいないに等しい。
彼らの眼に自分たちはどう見えるのだろうか、という考えが一瞬六道の脳裏をよぎる。
 居酒屋を出た後、六道は沙羅と連れ立って先刻来た道を戻っていた。
別段目的がある訳ではない。別れて南東部のゲートから出ることもできたが、
それは無責任だろうと思っただけのことだ。個人の領域に踏み込んでしまった以上、
今後どうするかを決めるのは隣にいる沙羅であって六道ではない。
 中央の噴水前にさしかかったところで六道は足を止め、振り返った。
「とりあえず、ここで一旦区切りつけようや。娘さんのところに帰るもよし、
アンモニア・アベニューあたりに場所を移すもよし。
まあその場合は、徹底的に付き合ってやるけどな」
 そこで一度言葉を切り、じっと沙羅の目を見据えた。
「……さて、どうするね?」
[2004/02/19 11:37:44]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hearmit of the East、居酒屋『朧屋』】

 軽い驚きを覚え、沙羅は伏せていた顔を上げて六道を見た。驚きの理由は二つ。彼の台詞の中に苛立ちとも言える感情の
揺らぎを感じたこと、そして、かつて確かに同じ台詞を聞いた覚えがあったこと―
『――、貴女はあなた自身でしかないでしょう』
『何でもかんでも背負い込みすぎなの。難しく考えてないで、吐き出しちゃいなさい。…そのうち、潰れるよ?』
 彼女は六道とは違い、沙羅に何があったのかをを良く知っている人だった。…だから余計に、彼女の言葉に苛立ったのを
よく憶えている。
 懐かしい思いに駆られながら沙羅は瞳を閉じ、彼女と同じ事を言った男の言葉を心の中で反芻した。
…そして気づいた。自分が抱えている矛盾に。
 そう。既に自分にとって何が一番大切かは確定している。かつて“彼ら”に捧げると思っていたこの命。だが、たとえ
今“彼ら”が来たとしても、今この命をくれてやるわけにはいかなかった。いや、何時来たとしても、沙羅が死ねば義娘が
悲しむ事に変わりはないのだ。義娘を悲しませない事。“彼ら”にこの命を捧げる事。矛盾した誓い。二律背反…
 確かに抱え込みすぎだ。抱え込みすぎて、破綻している。
 沙羅は瞳を開け、向かいの席の男を見た。六道は…恐らく当人も気づいていないのだろうが…苦い表情を浮かべていた。
「…本当に今日は珍しい日だ…」
 声を掛けてくれた。労わってくれた。踏み込んできてくれた。忘れていた大切な事を思い出させてくれた。
 抱え込んでいる矛盾に、気づかせてくれた…
 父親を失ってから19年。ここまで深く彼女に関わってくれた男は他にただ一人としていない。

 沙羅は唐突に立ち上がった。席を立ち、六道の注文に応じて追加の酒を持ってきた店員に「勘定」と言い放つ。
 キャッシュで六道の分まで支払いを済ませて酒の入った徳利を掴む。さらに彼女は六道の腕を生身の左腕で掴んで言った。
「…一緒に来てくれ」
 これ以上、この男に不味い酒を飲ませたくはなかった。こんな顔をさせたくなかった。
 それなら別れてしまえばいいと思ったが、それは嫌だった。場所を変えて、改めてこの男と向かい合いたかった。
 けれど束縛するのも嫌だったから…彼女は、生身の腕で六道の腕を掴んでいた。
 いつでも、彼がこの腕を振り払えるように。
[2004/01/06 23:52:29]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
Style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East、居酒屋『朧夜』内】
 死んで責任を取るつもりか、という考えが一瞬脳裏をよぎった。だがそんなものは無価値だ、と六道は思う。
たとえ当人は納得していても、一人でも悲しむ者がいるならそれは只の自己満足でしかないのだ。
「……月並みな言い方だが、あんたはあんた自身でしかねえだろ。どんな名前だろうとな」
 六道は顔をしかめるようにして言い放った。名前を継ごうが記憶を改竄されようが、
「完全な」別人になることなどできはしない。ならば「己」はどこまでいっても「己」ではないのか。
「言っちゃあ悪いが、あんた背負い込み過ぎだぜ。もっと単純に考えてみろよ。命を狙ってる奴らがいようが
何だろうが、娘さんの為にも死ぬ訳にゃいかねえってんなら、それでいいじゃねえか。
元々その名前を名乗ってた奴がどんな奴で、あんた達とどんな関係だったかは知らねえが、
今の自分にとって一番大事なものがあるなら誰に遠慮する必要もねえだろうよ。
どっちもなんてできやしねえんだ、だったら自分の都合を押し通して何が悪い」
 ――不器用だな。だが、小狡く立ち回るよりは余程まし、か。
 六道は徳利を摘み上げ、軽く振った。中身はほとんど入っていない。
 ――余計なものは吐き出しちまってよ、楽になった方がいいぜ、あんた。
 店員を呼び、六道は追加を頼んだ。恐らく苦い酒になるだろう、と思いながら。
[2003/12/20 11:01:50]

お名前: “舞刃” 北瀬 勇   
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 17歳
《ドリームラヴァーズ》にて
>「殆ど見ないので、自信はありませんけど……それでも、良いのなら」
 鴉丸さんの返事に重なるようにして、開演のブザーがなる。落ちて行く照明の
中、俺は充分だと頷き、視線を正面に向けた。

 大型プロジェクタをスクリーンに、映画が始まった。

『星夜の舞踏』
 
 
 とあるアヤカシの一族。その長の息子として生まれた少年。
 ある夜、使者として、人の街で暮らす同胞の元を訪ねた少年は、その帰り道、
狩人達に襲われる。一族と長年に渡って争い続けてきた術者の一派が、彼の命を
狙っての襲撃だった。
 長の後継者として圧倒的な『力』を持ちながらも、人を殺す躊躇いから、肉体
と魂に深手を負う少年。
 襲撃者達を撃退しながらも、雪の中に倒れた少年を助けたのは、一人の人間の
少女だった。 
 
 ストリートの住人として、生活する少女。
 早くに両親を亡くし、たった一人で、しかし逞しく生き抜いてきた少女は、あ
る夜、奇妙な少年を拾う。
 真似事として営む探偵の仕事。その帰り道、不意に響いた爆発音に好奇心を刺
激され、覗きにいった街の郊外には、降り注ぐ雪の中に倒れる無数の屍と、傷つ
き、倒れ伏した一人の少年がいた。
 ちょっとした気まぐれで、彼を助けることに決める。如何にも『訳あり』そう
な少年を家に連れ帰り、知り合いの闇医者に手当をさせた。人ではないと知らさ
れて驚きはしたが、この『街』では、珍しい存在ではない。放り出せと忠告する
闇医者の言葉にも、耳を貸そうとはしなかった。

 数日後、目覚めた少年は二つの事実を知る。
 一つは、名前も知らない少女に助けられた事。そしてもう一つは、未だ癒えな
い魂の傷故に、自分の『力』の殆どが封じられている事だった。
 それでも、迷惑を掛けたくないが為、礼を言って立ち去ろうとする少年に、少女の罵声が飛ぶ。
「見くびるな。私が決めた事には、私が責任を持つ。それが私の、たった一つの
誇りだ!」
と。
 
 
 かくして、奇妙な同居生活が幕を開けることになる。
 追っ手を警戒して素性を話せないが、恩に報いようとする少年と、世間知らず
な少年に呆れながらも、側に誰かがいる事を心地良く感じる少女。
 探偵とその助手として様々な騒動に巻き込まれながらも、楽しく賑やかに過ぎ
て行く日々。
 しかし、その裏側で事態はうごき続ける。一族と術者達の暗闘は、少年の失踪
を期に、激しさを増していった―――
 
[2003/12/12 10:48:17]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hermit of the East、居酒屋『朧屋』】

「…胸のつかえ、か…」
 六道の言葉に、沙羅は苦く呟いた。ひとつ頭を振り、息を吐く。
(有り過ぎてどうにもならないな)
「…そうだな。例えば、自分が何処にいるのか判らないというのも、胸のつかえのうちに入るのか」
 手の中の杯を玩び、呟くように言葉を漏らす。
「…私は、本当は沙羅なんて名前じゃないんだ。それまで持っていた“自分”というものを捨てる際に、死んだ人間の名前を
勝手に拝借しただけ…」
「綺麗な名前だと言ってくれたな。有り難いけれど、それは私の名前じゃない。そして十年以上も昔に捨て、二度と使わぬことを
誓った“あれ”も…もう私を示す名前じゃない」
「それどころか、私は自分の命さえ自分のものとしてはいけないんだ。私を仇と狙っている一組の兄妹が、この街の何処かにいる」
 沙羅の命は彼らのものだ。そうでなければ罪は償えない。
「だが、今彼らが私を狙ってきても、大人しく命をやるわけにもいかないんだ。…義娘を悲しませてしまうから」
 義娘が1人で生きていけるようになるまで。義娘を支え、共に生きてくれる誰かが現れるまで。沙羅は死ぬわけには行かない。
 畢竟、沙羅が生きている理由はそこにしかないのだ。

 杯の酒に反射する光を見つめながら、淡い微笑さえ浮かべながら、彼女は男に訊ねた。
「…私は…一体なんなんだろうな…」
[2003/12/11 19:16:55]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

>「……もしよかったら、映画の後で、感想を聞かせてほしいな。こういう時の選択やセンスには自信が無くって。今後の参考にするから」

北瀬さんの後について、私も売店でブラックコーヒーを買った。
猫舌なので少し冷ましてから、飲む。
あ、美味しい。


こういう幸せを感じる事が出来るのは
実はとても幸せな事なんじゃないかと、私は思う。
理由は人それぞれだけど、私の場合は単純にそう感じたから……だろう。


どんな映画なのかは、解らない。
けれど、訊ねる気も無い。

北瀬さんに私は、任せると言った。
だから、私は彼を信じよう。


そんな時に北瀬さんが、私に言った。

感想……ですか。
私、普通――多分――の女の子の感性からは外れてますけど?

……でも、そんな事を言ってはいけませんよね。


「殆ど見ないので、自信はありませんけど……それでも、良いのなら」


正直に、私は言った。
[2003/12/04 20:20:59]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
Style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East、居酒屋『朧夜』内】
「旨い酒の呑み方、か。十人いりゃ十通りだろうが、そうだな、俺の場合は
『余計な事は考えずただそこにある酒を味わう』ってとこか」
 六道は目を細めて沙羅を見た。その口元が若干ながらほころんでいる。
さんざ好き勝手を言って踏み込んだにもかかわらず、彼女の目に六道を責める色は見えない。
むしろ合わせようとしてくれている。それが嬉しく、また有り難かった。
一呼吸置いてから、誰と呑むかにもよるけどな、と小さく付け足した。
「とはいえ、なかなかどうしてそれが難しいんだが」
 脇を締めて上体を軽く反らし、首を左右に傾ける。ぼきりと鈍い音がした。
「そういう時は、呑む前に余分なものを全部ぶちまけてな。胸のつかえがあるのに、酒の旨いはずがねえやな」
 再び沙羅に視線を移す。話を続けている理由がなんとなく解りかけてきた。
放っておけなという気持ちがどこかにあった。
「あんたがどういうタイプかは解らねえから無理にゃ勧めねえが、案外少しは
楽になるかもしれないぜ? 王様の耳はロバの耳、じゃねえけどもさ」
 言いながら六道は考えていた。果たして俺は彼女の捌け口になれるのだろうかと。
[2003/12/03 10:51:30]

お名前: “舞刃”北瀬 勇   
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 17歳
《ドリームラヴァーズ》にて
>「はい、お任せします」
 館内に入る。
 流石に客は多くなく、小さめの会場内でも、いい席に座る事が出来た。
 上映開始まで、15分程ある。売店(ひよこ君がきちっと対応してくれた)
で購入した飲み物とパンフレット(これまた、今時珍しく、データではない)
を手に、席につく。
 少しだけ、手持ちぶさたな時間。パンフレットを広げるのは、映画に対して
失礼な気がしたので、飲み物を口に運ぶ。
 ブラックのホットコーヒー。普段なら緑茶が一番だが、少し雰囲気に合わせ
てみたかったので、こちらにしたのだが。
(うあ、苦ッ‥‥)
 結果はというと、‥‥大失敗だった。
 美味しい物、なのかもしれない。だが、飲み慣れていない上に味覚がお子さま
な俺では、少々きつかった。
 なんとか表情に出さないよう努力しつつ、鴉丸さんへと視線を向ける。
 ふと、彼女の意見が聞きたくなった。無論、コーヒーに関してではなく、
(鴉丸さんは、アヤカシをどう思っているのだろう)
 ということについて。
 術者によって、その考え方は大きく異なる。邪悪と断じて根絶を考える者も
いれば、共存の道を模索する者もいる。
 俺はというと、後者だ。それは当前の事として、考えている。
 理由は一つ。修業時代の俺の面倒を見てくれたのが、アヤカシの少女だった
から。
 彼女は(無論、外見通りの年齢では無かった)、使い魔として師匠と契約を
交わしていた。もっとも、彼女自身に使役されているという意識はなく、その
立場を楽しんでいたように思える。
 トラブルメーカーで、世話されていた筈の俺や他の弟子達を振り回してくれ
たが、誰も彼女を嫌っていないどころか、姉の様な存在として慕っていた。
 師匠も苦笑しつつ、騒ぎの後始末をしてくれていた。騒動について怒られは
したが、決して彼女の事を疎んではいなかったし、使い魔として突き放しても
いなかったと思う。
 そういう、ごく自然な形での共存が、俺にとって当たり前だった。
(……でも、鴉丸さんにとっては違うかもしれない)
 だとしたら、この映画を見てどう思うだろうか。
 友人でありたい、と願うからこそ、彼女の考え方を知りたい。
 だが、直接聞くのは、躊躇われた。術者としての信条に関することだから。
 如何なる答えが返ってくるにせよ、出会ったばかりで彼女の過去も知らない
今の俺に、口を挟む権利はない。
 だから、遠回しに
「……もしよかったら、映画の後で、感想を聞かせてほしいな。こういう時の
選択やセンスには自信が無くって。今後の参考にするから」
 と、言うことしか出来なかった。
[2003/12/02 09:33:19]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hermit of the East、居酒屋『朧屋』】

 六道の言葉に、沙羅は(知られてしまったな)と思う。
 生きてきた中で、1日1日、一滴ずつ心の中にたまってきたもの。誰にも知られてはいけないのだと思ってきた。
知られる事が、弱さの証だと頑なに思ってきた。
 けれど、今思う。自分は単に怖かったのだなと。
 誰かに知られ、同情され、労わられ、それで折れてしまうであろう自分の心が怖かったのだ。

 沙羅はわずかに眼を細めた。彼女が見つめる先で肩を竦めた六道を見て思う。
 ああ。本当にこの男は優しいのだ。私が無理をしているのを見抜き、そうさせてしまった事にさえ申し訳なさを感じている。
 これでは、せっかくの酒も美味く感じられないのではないだろうか?やはり自分は、酒の席の相手としては不適当なのだ。

 席を立ったほうがいいだろうかと考え…だがその時、六道の台詞が意識に引っかかった。
(…自棄酒?)
 …そう、見えたのだろうか。確かに、酒は捌け口どころか単なる戒めだったのだけれど。
 けれど、そうだったのは1年ほど前までの話で。いや、今でも、そうなのだけど。
 結局、自分は酒の飲み方が判っていないという事なんだろうか?
 迷った末…彼女は、戸惑いながら尋ねてみた。
「…自棄酒に…見えたのか?」
 いや、きっとそう見えたからの台詞なのだろうけれど。
 視線を杯に落とす。少し、間を空けてから…沙羅は、あらためて男の眼を見て言った。

「…美味い酒の飲み方を…教えて貰えるか?」
 気詰まりになりつつあるこの空気を変えたいのが本音だった。それに、そう…

 彼は優しいから、きっと、なってくれそうな気がした。今日、この時だけだったとしても。
 沙羅の、心の捌け口に。
[2003/12/01 00:46:21]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
Style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East、居酒屋『朧夜』内】
 六道の顔を正面から見据え、静かに沙羅が言った。
「…優しくて…残酷な男だな…貴方は…」
 その声は微かに震えていた。恐らくは、自分でも気付かないほど。
それでもなお凛とした態度を崩さず、無理などしていないと言う。
哀しいくらいに下手な嘘だった。
「優しい? 俺がか? 残酷ってのはその通りだけどな」
 六道は軽く肩をすくめ、露悪気味に言った。
実のところ、無理をさせてしまったという後悔がある。どれほど己の内に溜め込んでいても
それに耐えられる人間もいれば、そうでない人間もいる。彼女が後者であるとは思わないが、
折れてしまいそうに見えたのも事実だった。とはいえ、自らを傷つけてまで耐えようとするのであれば、
自分のしたことはいたずらに辛い記憶を思い出させただけのものでしかあるまい。
悪かったな、と六道は心の中で頭を下げた。
「ここから先は独り言だから無視してくれていいんだがよ、何事によらず
捌け口ってのはあった方がいいよな。そうでねえと大抵の奴は潰れちまうし、
耐えられる奴でも辛いことに変わりはねえからな。
まあ、だから酒なんか飲むんだろうが、旨い酒を自棄酒に使っちゃ勿体ねえよな」
 言いながら、六道は自分は何故こんなことを言うのだろうかと思った。言いたくないのだから
そっとしておけばいいはずだ。普通に話を変えればいいはずだ。なのにそれができない。
だが、その理由は六道自身にも解らなかった。
[2003/11/26 11:31:44]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

>「さ、さて、今夜は何を上映しているのかなっと」
「この作品でいいかな?」

何故かホログラフの方に視線を向ける北瀬さん。

……私、何かしたっけ?
寧ろ、助けて貰ったんだけど……

北瀬さんのお陰で心が晴れたのは事実。
だから、心の中でそっと感謝の言葉を述べる。


――何時だっただろう。
昔も、映画館の前で男の人と話をした記憶がある。

……いや、男の子だ。
あの頃はまだ私も幼くって――そこで私は、愕然とした。

記憶の中の光景に、空白が存在する……?
気付かなかっただけ。
それとも――私自身が、無意識の内に忘れようとしていた?

それも、その男の子は――私と同じ位かな?
名前は思い出せないけど、私とよく似た顔立ちをしていた。

瓜二つ、と言って良い程に。

名前も思い出せないけど、私の"ちから゛を認めてくれたのは。
彼が、初めての人物……じゃなかっただろうか。


「……思い過ごし、ですよね」


自分でも聞こえるギリギリの声で呟くと、北瀬さんが声を掛けて来た。
……どうやら、見る作品が決まったらしい。


今、ふと思ったけど――他の男の人が一緒にいるのに。
急にそんな事を思い出すなんて……
ちょっと、はしたないかも知れない。

どうせ今まで忘れていたんだから。
多分、大事な事じゃないと思う。


「はい、お任せします」


ちょっと自分に反省しながら、私は北瀬さんの言葉に頷いた。
[2003/11/25 19:23:26]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hermit of the East、居酒屋『朧屋』】

―なんて優しくて残酷な言葉。

 慣れぬ手つきで六道の杯を満たし、己の杯に残りの酒を注ごうとした沙羅の動きが止まった。
 …哀しい?…なにが、だろうか…
 黙って視線を固定した先。酒を干した男の口が、緩やかに言葉を紡ぎだす。
 その言葉の一つ一つが、沙羅の胸の奥へと深く静かに染み込んでいく。

――他人にゃ言えねえ事の一つや二つあるだろうさ――
 …余りにも有り過ぎて…けれど、それを打ち明ける事はできないのだ。そんな資格は私には無いのだから…

――独りで抱えてちゃあ……いつか潰れちまう――
 …それで潰れるのなら、それがきっと贖罪の終着駅なのだ…

――あんた、本当は優しいんだ――
 …馬鹿な事を言わないでくれ。骨の髄まで血に染まるような道を選んできた私が、優しいなんて事、ある筈が無い…

――優しすぎて、鉄の仮面をかぶってねえといけねえんだ――
 …誰に強制されたわけでもない。“これ”は、私が自分で被る事を選んだ仮面…
 …弱い自分を許せないが故に…

「余計なお世話かも知れねえが、行きずりの赤の他人でも気分転換程度の役には立てるぜ。
無理したところで、いい事なんか何一つありゃしねえよ」
 …ああ…本当に、余計なお世話だ…

 沙羅は怒っていいはずだった。
何も知らないから言えるのだと、そんな憤りを無表情に隠して席を立てば、それで全て終わるはずだった。
 …なのに…

 何も知らない筈なのに、どうしてこの男は、こんなに優しい眼をするのだろう。
 どうしてこんな労わる様な眼を私に向けるのだろう。
 こんな眼を向けられたら、視線を外す事などできはしない。眼を逸らせれば、彼の言葉を肯定してしまう。
 辛いと言う資格など無いのだ。誰かに労わってもらう権利など無いのだ。
 許されない多くの罪を…余りに多くの罪を背負って生きている自分だ。誰かに優しくしてもらうなど…
あってはならない。…なのに…

 胸の奥で、常に感じていた痛みが増したような気がした。
 目元が熱を持つのを抑えることが、できなくなってきた…

「…何を言っているのか良くわからないが…私は、無理などしていない…」
 相手の目を見据えて静かに言う。視界の片隅に、遠く輝くアサクサの灯が見えた。
 あの輝きが見える場所で、胸の内を赤の他人に…いや、赤の他人だからこそ…漏らす事などできよう筈も無かった。
 なのに、彼女の口からは…その一言が零れていた。

「…優しくて…残酷な男だな…貴方は…」
 声が、揺れていた。
[2003/11/22 02:04:14]

お名前: “舞刃” 北瀬 勇   
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 17歳
《ドリームラヴァーズ》内
>「はいっ!」
 眩しすぎる笑顔に顔が熱くなるのを自覚し、俺は慌てた。
「さ、さて、今夜は何を上映しているのかなっと」
 ホログラフの広告――黄昏の遊園地に相応しく、自己主張し過ぎていないそ
れ――に、無理矢理視線を向ける。
 最新のアクション物や大作シリーズよりも、<災厄>前のオールドムービー
や、小さな会社の撮った作品が多い。ウェブで幾らでも見られる物を、わざわ
ざこうして見に来る客に相応しく、こだわりに満ちた場所のようだ。
(ふむ……)
 正直、女性と見るのに、どんな映画が相応しいのかなんて、自分に解る訳が
ない。そういった知識がれば、同居人に呆れられる回数も減るだろう。

 難問に頭を捻りつつ、タイトルを眺めていた時、その名前が目に入った。
(あっ、この映画……)
 『星夜の舞踏』という作品。
 制作元はST☆Rにある小さな映画会社で、決してメジャーな物ではない
し、封切りは数年前という代物。
 にも関わらず、門外漢である俺が知っているのは、まだST☆Rにいた頃
に、一度観た事があるからだ。
 内容は、あるアヤカシの少年と人間の少女の恋愛物で、こういった話には珍
しく、ハッピーエンドで終わった筈。
(まあ、この辺りが妥当かな……)
 余り高尚な物は面白くないし、かといってB級アクションはこの夜に相応し
くない気がする。
 何より、不思議な再会ともいうべき懐かしさから、もう一度この作品を見た
かった。
 あの頃、何も知らない俺は、物語の美しさに感動できた。だが、世界の闇を
知り、共存の難しさを実感し、人に仇なすアヤカシを斬ったこと事もある今、
(果たして、俺はこの作品にどんな感想を持つだろう……)
 その事を、無性に知りたくなった。
(そういえば、前にこの作品を見たときも、女性と一緒だったな)
 奇妙な偶然。これも、この黄昏の国が持つ魔法だろうか。
「この作品でいいかな?」
 鴉丸さんに提案しながらも、既に俺の心は――失礼な話だが――作品へと向
かっていた。
[2003/11/19 12:47:00]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
Style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East、居酒屋『朧夜』内】
 ぎこちない、いかにも不慣れな手つきで徳利が差し出された。
微かに音を立て、冷酒が眼前の猪口を満たしていく。
「沙羅、か。綺麗な名前じゃねえか。よく似合ってる」
 小さな笑みとともにそう言って、六道は猪口を口に運んだ。
燗酒とはまた違う、胃の腑にじわりと染み通る感覚もまた心地よいものがある。
 しかし剣術遣いの業というべきか、六道はそれと同時に記憶を総動員していた。
紅をまとった、沙羅という名の、凄腕の女。
 ――成程な。道理で只者じゃねえはずだぜ。
 常であれば記憶と一致したところで立ち合いを申し入れるのだが、
この場でのそれがいかに愚かな行為かは六道でも解る。何事もなかった顔で、
六道はその考えを瞬時に放棄した。代わりに、沙羅の顔をじっと見つめる。
「旨い酒だ。だが、哀しいな」
 沙羅の表情は変わらない。ただ六道を見返すのみだ。六道は重ねて言った。
「生きてりゃ、他人にゃ言えねえことの一つや二つあるだろうさ。この街じゃ尚更な。
だがよ、独りで抱えてちゃあ、辛くなるばかりだ。いつか潰れちまう」
 初対面の相手に踏み込みすぎだ、とは自分でも思う。だが、舌は動きを止めない。
「今の徳利を出す手を見りゃ判る。あんた、本当は優しいんだ。優しすぎて、鉄の仮面をかぶってねえといけねえんだ」
 行きずりの男に、しかもいきなりこんな事を言われて怒るなという方が無理だろう。
だがそれでいい。余計なことだと罵られようとも、放っておくには彼女はあまりに痛々しく見えた。
「余計な世話かもしれねえが、行きずりの赤の他人でも気分転換程度の役には立てるぜ。
無理したところで、いいことなんざ何一つありゃしねえよ」
 莞爾と笑い、どこか労るような目で、六道は再び沙羅の顔を見つめた。
[2003/11/19 10:43:50]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hermit of the East、居酒屋『朧屋』】

 穏やかなものに変わっていく男の気配を感じ、沙羅は酒を飲む合間に安堵の息をつく。
(…悪い事をしたな…)そう思った。この男の修羅を刺激したのは、間違いなく自分だという確信があったからだ。
やはり、身に染み付いているのだろう。戦場の気配というものが。この遊園地の魔法でさえ消しきれない、修羅の匂いが。

 実は少しだけ期待していたのだ。此処に来る事で少しでも、失われたかつての“日常”に戻れるのではないかと。
 少しでも優しい女に、“普通の人”に、なれるのではないかと。
 けれど、そうはいかなかった。この遊園地の何処に居ても、沙羅は1人で。
 この見た目と性格では無理も無いけれど。

(…貴方の方が、余程優しいな…)
 熱燗の慣れぬ香りに戸惑った自分を気遣ってか、あらためて冷酒を注文した六道を見るともなしに見てそう思う。
 そして気が付いた。自分が、未だ彼に名を名乗っていない事に。
 もしかするとこれは、相当に礼を失しているのではないか?

「…沙羅」
 唐突な言葉に、熱燗の最後の一杯を飲み干した六道が(うん?)という疑問の目線を向けてくる。
(しまった)と思った。悪い癖だ。結論や感想を唐突に口に乗せる。言葉が足りないことに後から気づく。
 けれど悲しい事に、どんなに心が動揺していても、それは表情に現れない。
 だから“クールフェイス”なのだ、自分は。

 仏頂面のまま、その女は再度六道に向けて口を開いた。
「…沙羅。…私の、名前だ…」

 それきり口を閉ざすと、卓に運ばれてきた冷酒の徳利を無造作に掴み、
それを相手の空の杯に向けてぎこちなく突き出した。
[2003/11/16 23:47:58]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

>「何時まで泣いているんだか。夜は長いし、此処は広い。今日は、思いっきり遊び倒そうぜ!」

……涙を拭ってくれた北瀬さんが、私にそう言った。
それを聞いて、私は思う。

私を差別しない人が、居るのだと。
幻想でも空想でも無く、そう言ってくれる人物は居るのだと。

けれど……そんな事より、何よりも嬉しいこと。
それは彼が――私を、友と認めてくれた事。


魔術師とは、孤高だ。
確たる自我を持ち、その自我を持って自分の中の異能を制御する。
故に魔術師は白眼視されど、決して他者とは相容れぬ存在。

だけど――だけど。
それは、決して隔絶すると言う意味では無い。
魔術師とは独りの道を選ぶ分、誰よりも楽で誰よりも哀しい道を進んでいる。

即ち、他者と関わりを持たない事が楽であり。
他者と関わりを持てない事が哀しい事である。

魔術師の末席に連なる者。

それは、確かに大事だ。
私のたった一つの誇りであるが故に……とても、大事だ。
けれど、その肩書きをこの一晩だけ降ろそうと思う。

……そんな肩書きは、今の私を窮屈にするだけだから。
だから、私もまた友として彼に語ろう。
魔術師では無い、『ただの私』として。


「……はい!」


私は、笑顔で肯いた。
[2003/11/16 21:34:59]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
Style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East、居酒屋『朧夜』内】
 鮫笑いの浮かんだ六道の口元に、その女性はそっと指先で触れた。手袋越しにも判る冷たい感触が、
そしてなによりその動作が、血の滾りを一瞬にして冷ます。
「…此処は魔法の遊園地だ…修羅の笑みは、似合わない…」
 そう言うと女性は指を離し、空いた手で杯を口に運んだ。
 先刻までに比べ、目立った変化は見られない。
仮に彼女の声を聞いている者がいても、外見通りのものしか感じなかっただろう。
だが六道には、その指先にも声にも、外見とは裏腹に熱い血が通っているのが確かに感じられた。
 ――場所柄はわきまえていたつもりだったが……。ふん、まだまだ精進が足りねえな。
 二秒前までの荒々しい獣の貌は、既に消え失せていた。己の猪口に酒を注ぎ、
まだ残っていることを確かめて女性にも注ぎ直す。
「うん、熱燗は駄目か? だったら次は冷やで頼もうか」
 言って、六道は一息にそれを呑んだ。小さな熱い塊が喉を通り、胃袋で弾ける。
熱さは全身に広がり、やがて痺れるような心地よさに変わっていく。
雄の匂いに満ちた笑みを満面に浮かべ、六道はほうと息を吐いた。
――そうだよなあ。旨い酒を呑んでる最中に、余計なこと考えてちゃいけねえやな。
 先刻までの己を振り返ると、つい苦笑が漏れる。本格派の味わいも、これでは台無しというものだ。
ましてここは遊園地、闘争本能の発露など無粋以外の何者でもあるまい。
何よりも、わざわざつきあってくれた相手に失礼ではないか。
 気持ちを切り換え、六道は冷や酒を頼んだ。今度こそ、純粋にこの時間を楽しむために。
[2003/11/15 11:36:02]

お名前: “舞刃” 北瀬 勇   
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 17歳
《ドリームラヴァーズ》にて
>「え……」
 突然の涙。
 作り物である筈の星灯りを映して輝く滴に、俺は言葉を失った。
 それは、戸惑ったとか、迷惑に感じたからではなく、唯、
(綺麗なんだなあ…)
 と、場違いな感想を抱いていたからだ。
 同時に、自分の認識の浅さを思いしる。
 目の前にいるのは、確かに強い『力』を持った魔術師だ。
 だが、自分と同年代の、ごく普通の少女でもある。
 そんな、当たり前の事に、俺は今まで気付かなかったのだ。
 
 彼女の告白してきた事実。それ自体はあり得ない話ではない。
 大きすぎる『力』が、通常の方法では制御しきれていないだけだ。
 鴉丸さんの場合、属性が『電磁』に強く出ているが故に起きた現象だろう。
 術者としては、むしろ才能の大きさを証すものとして、誇りに思ってもいい
事実。
 だが、視点を変えれば、結論も変わってくる。
 未だ多くの地で、術者の存在は公認されていない。それは、術者が殆どの人
にとって理解できない存在であるということに繋がる。
 一体、どれだけの回数、目の前の女性は、奇異の視線を向けられ、未知の存
在として恐れられてきたのだろうか。
(だったら、俺は……)
 彼女とどう接していくか。その答えは、既に出ている。
(未知故に排除するのではなく、術者としてその才能に敬意を払うだけでは無
く…)
 この魔法の国がくれた、『出会い』という奇跡に感謝し、『同胞』として彼
女と接してゆけばいい。あくまでも対等の存在として。
 そして、もし可能であるならば、彼女の友人となれれば、言うことは無いだ
ろう。

 思考は結論に辿り着いた。そして、その為の手段も、一つだけだが、思い浮
かんだ。
 後は実行に移すだけ、という所で、俺は躊躇する。
(果たして、鴉丸さんはこの方法を受け入れてくれるだろうか?)
 突然の変化に戸惑うかもしれないし、無礼だと怒るかもしれない。
 だが、その答えは俺の中にはなく、目の前で涙を拭う少女だけが知っている
事だ。俺に出来る事は、行動する事のみ。
 ポケットからハンカチを取り出してから、決心の為に息を一つ。そして、目
元を擦る彼女の手を掴む。
 不意のことに驚いて顔を上げた鴉丸さんの視線を無視し、ハンカチで彼女の涙を拭く。
「何時まで泣いているんだか。夜は長いし、此処は広い。今日は、思いっきり
遊び倒そうぜ!」
 今までとは違う、“友人”達に使う砕けた――これが普段の喋り方だ――言
葉使いで、俺は鴉丸さんに笑顔を向けた。
 ――心の中は不安で一杯だったが、今だけはそれを隠し通せていると信じて。
[2003/11/14 10:00:08]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

>「じつは俺、此処(twiLite)のフリーパスを持ってるんです。少し前に仕事の報酬で貰いまして」
「よかったら、これ、使ってもらえませんか?今日が期限なんですよ」

差し出された、紙のチケット。
見れば……心配そうな顔をして、彼が居る。

その表情(カオ)を見て、私はとても……申し訳ない気持ちになった。

……言った方が、良いのかな。
それとも、言わない方が良いのかな。

――私はそこで、一つの決断を下した。


「有難う御座います……」


そして、真実を告げた。


「――実は私、機械音痴なんです。
それも、トロンでもなんでも触ると壊れる位の……」


自分でも意外な程の、か細い声。

正直、これは知人さえ知らない事だ。
だが、ここまで気遣いをされて黙っていられる程に私は敖慢では無い。

……こういう風にされた事は、初めてだけど。


「だから本当は、ここに入るのも手間取ってしまって……」


あの時は、近くのひよこくんが懇切丁寧に教えてくれたのだが。
しかし、そこで思いもしなかった事が起きた。


「……え」


――涙。
目から、涙の雫が溢れている。

……どうしてだろう。
今まで誰と話しても、嫌われても一つさえも出なかったのに。

こんな風に、お情けを願うのは私じゃない。
こんな風に、泣き出してしまうのは――私じゃ、ない。

周囲の人に、誤解されてしまう。
そんな事になったら、北瀬さんが迷惑をしてしまう。

頭では分かっている。

けれど……けれど、涙は止らない。
ここまで親切にされたのは、初めてだった。

けれど、それが普通ではないのだろうか。
けれど、それが魔術師であるという事ではないのだろうか。

魔術師とは、独りで己の目的を目指すもの。
誰の手も借りず、ただ独りで己の路を歩むもの。

だから私は――今まで、独りで目指してきたのに。


どうしてこんなに温かい気持ちになるのに、涙が出るのだろう……?
[2003/11/13 19:14:16]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
Style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hermit of the East、居酒屋『朧屋』】

(この男が“喪門剣”…)
 空の杯が満たされていく。猪口を持った生身の左手に伝わる熱は、この男の心の熱さだろうか。
 この1年、ストリートの闇に距離を置いてきた沙羅でもその名は知っていた。かつて肩を並べて共闘した、
彼の“死の右腕”から。
あるいは義娘を定期的に診てくれている“癒しの手”から聞いたことがある。
 悪名高き北米マフィア、カーライル・シンジケート。その尖兵として派遣されてきた“マーダー・インク”との
抗争の矢面に立っている藤咲不動産に縁持つ凄腕達の集まり、六道組。
その結成者にして頂点に立つ者。
 成る程、道理で只者ではない。
 こちらを見つめる眼には相応の力があり、口元に浮かぶ笑みは修羅の笑みだ。
 生と死の狭間を潜り抜けてきた者のみが持ち得る存在感。

 だが。

(…私には、熱すぎる…)
 沙羅が好むのは冷たい酒。
 そもそも味覚を消失してから手を出した酒だ。彼女が求めたのは酔いによる酩酊感と咽喉を通る冷たい感覚。
 その冷たさは常に最悪の記憶を呼び覚まし、酔いは悪夢を彼女にもたらす。
 赤に沈む姉の肢体。朱に染まっていく子供達。
 沙羅が酒に手を出したのは、けして忘れるためではなかった。
 身に纏う真紅は罪の刻印。己が原罪を忘れぬ為の。そして、それを悟られぬように被ったペルソナが…
“クールフェイス(冷酷な仮面)”。

 つい、と。
 空いた右腕。手袋越しにさえ冷たい感触を与える鋼の義腕を不意に伸ばし、沙羅は男の唇に、鮫のような笑みを浮かべる
唇に薄く線を引く。

「…此処は魔法の遊園地だ…修羅の笑みは、似合わない…」
 相変わらず感情を窺わせない声だったが、彼女の眼元はわずかに…それと知っていなければ判らぬほど微かに
緩んでいた。

 そして“クールフェイス”は腕を引き、杯を口唇に寄せ、注がれた酒を緩やかに干して見せた。
[2003/11/13 02:42:44]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
Style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East、居酒屋『朧夜』内】
意外にも、と言っては失礼か。
 駄目もとで言ってみた六道の申し出に、その女性はすんなりと席を勧めた。
 ――見た目ほど人嫌いじゃなさそうだな。展開次第じゃ、誘ってみてもいいか。
 そう思う間に、感情の見えない双眸が六道を射る。促しているようでもあり、値踏みしているようでもある。
脱いだコートを椅子に掛けて軽く手を挙げ、ありがとよ、と言って六道は席についた。
 女性の手元の猪口は、ちょうど空になっている。六道は徳利を掴み、まあ近づきのしるしに一献、と言って差し出した。
「俺ぁアサクサの六道ってもんだ。中華街の知人が付けた“喪門剣”て渾名もあってな、偶に自分でも名乗ってる。
折角呑むんだ、差し支えなけりゃ、あんたの名前も教えてくれねえか」
 唇の端を歪めて鮫のように笑うと、六道は徳利を傾けた。
[2003/11/11 18:02:32]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hermit of the East、居酒屋『朧屋』】

 視線を逸らさない私に呆れたか。
 頬に傷を持つその男は、苦笑を面に浮かべると席を立ち、ゆっくり沙羅に近づいて来た。
 近づいて来るその間、身に着いた習慣から、彼女は男の装備を右の義眼で検分する。
(全身にかなりサイバーを入れているな…挙動から見るに神経系か?起動は、していない…)
(目に見える武装は…あのコートは防弾・防刃効果の高い代物だな…武器の類は…無し)
 まさかその手に握っている猪口や徳利で殴りかかって来るわけでもあるまい。第一、男から感じる雰囲気からは、
そういった剣呑なものは感じない。
 それでも、ただ歩くというだけの動きからでも男の圧倒的な技量を推し量ることはできる。
(もしも…)
 埒も無く仮定の話を考える。
 もしもこの男と剣を交えたとしたらどうだろうか?恐らく、どんな幸運が味方をしても…良くて相討ちに持っていけるか
どうかではないだろうか。
(…悪い癖だ…)
 沙羅はその意味の無い思考を振り払った。

 やがて対面に立った男を、沙羅は軽く見上げた。
 大きい。沙羅も余裕で長身の部類に入るが、目の前の男はそれより優に5cmは高い。
 判っていた事だが、間近に来ると、やはりその存在は強烈だ。
 と、男が手にしていた徳利を卓上に置き、言った。
「姐さん、もし一人なら相席して構わねえかな。自棄酒でもない限り、
酒は一人より二人で呑んだほうが旨いぜ?」

 唐突な申し出にも沙羅の表情は動かなかった。申し出を断る理由など無いし、男の台詞に(そういうものなのかもな)と
納得した事もあった。
…実は彼女には、他人と同席して酒を飲んだ経験が無かった。
 誰かと同じ卓を囲んで飲食した事など、当の昔に失った家族の他には現在同居している血の繋がらない娘としか
した事が無い。しかも、12の娘とでは酒を酌み交わすなどできよう筈も無かった。
 ただ、物好きな男だとは思った。
 自分がとっつき難い見た目と性格をしているという自覚だけはあったから尚のことだ。
 まぁ…滅多にできない体験を、見ず知らずの男とするのも良いかもしれない…
 そんな軽い考えの元、頷いた沙羅は無言のまま、男に席を勧めた。
[2003/11/08 00:25:49]

お名前: "喪門剣” 六道 傀   
style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the East、居酒屋『朧夜』内】
 店の奥に視線をやった六道の動きが、不意に止まった。周囲を見回そうとした矢先に、
一人の客と目が合ったためだった。
 その客の周りだけ、喧噪から取り残されたようにぽっかりと穴が開いている。まだ若い、
二十代半ばから後半の女性で、ひときわ目立つ鮮やかな紅のロングコートをまとっていた。
髪はシャギーの入ったセミロング。鋭い視線が六道を見返しているが、そこには
一切の感情が見えない。美貌ではあるが、どこか氷の彫像という形容を連想させた。
 ――は、いる所にゃいるもんだ。大した腕の持ち主がよ。
 六道は内心舌を巻いた。ただじっとこちらを見ているだけだが、その物腰には驚くほど隙がない。
彼女の佇まいは、まさに優れた剣客のそれだった。
 左手で軽くコートをはたく。特殊繊維を二重三重に仕込み、運動性を犠牲にして
頑丈さを最優先した特注品。その表面は、返り血を浴びても目立たないよう黒く染められていた。
 ――赤は血の色、黒は罪の色……か。
 六道の脳裏に、旧い記憶が甦る。十年以上も昔、共にストリートを駆けた女剣客の姿が。
彼女もやはり鮮紅色のロングコートを身にまとい、そしてあまりにも早く駆け抜けていった。
 ――なんだって今頃になって思い出すかね。ったく、本当に今夜はどうかしてるぜ。
 苦笑して立ち上がると、六道は猪口とまだ酒の残っている徳利を掴み、彼女の座る席へ
歩いていった。そして対面に立つと、徳利を卓上に置いて声をかけた。
「姐さん、もし一人なら相席して構わねえかな。自棄酒でもねえ限り、
酒は一人より二人で呑んだ方が旨いぜ?」
 腕の立つ相手を前にしながら、どちらの業が上でも構わないというには、
六道はまだ若すぎた。
[2003/11/07 10:30:41]

お名前: “舞刃”北瀬 勇      
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 17歳
《ドリームラヴァーズ》にて
>「はい」
(どうしたんだろう?)
 何故か、鴉丸さんの笑みに張りつめた物を感じ、俺は心配になった。
 やはり、恥ずかしかっただろうか?
 まあ、彼女にも恋人がいるかもしれないし、そういう意味では迷惑だったか
もしれない。
(でも、聞く訳にもにもいかないしなあ)
 正しくても、勘違いだったとしても、気まずくなるのは間違いない。
 荒事ならば多少の自信もあるし、仕事関係の交渉ならそつなくこなしても
みせるが、こういった人の心理については、俺の苦手分野だ。
(ええい、こういう時は!)
「じつは俺、此処(twiLite)のフリーパスを持ってるんです。少し前に仕事
の報酬で貰いまして」
 二枚の、今時珍しい紙のチケットを懐から取り出す。
 カブトとして、一人の少女を守った命がけの仕事。その報酬として、少女か
ら貰った物だ。俺が此処に来たきっかけでもある。
 周りからはお人好しと呆れられたが、俺にとっては違う。感謝の証しとして
は、十分な物だと思ったし、今もその思いは変わらない。
 此を出すのに、決意がいった理由は一つ。チケットはペアの物であり、それ
を男一人の客が持っているのは、どう見ても恥ずかしいからだ。
(本当は、あいつと来ようと思ったんだけどなあ)
 年下の、妹と思っている同居人を思い出す。だが、チケットの期限は今日ま
でであり、あいにく同居人には急用があるらしい。
「よかったら、これ、使ってもらえませんか?今日が期限なんですよ」
 一枚を差し出す。
 受け取ってくれたならそれもいいし、由来について訊かれたら話そうと思
う。仮に、笑われたとしても、彼女の気分を変えれたらそれでいい。
 今、大事なのは彼女の不安を取り除く事だろう。エスコート役として、出来る限りの事はしたいが、せいぜい会話の糸口を探すくらいしか思いつかなかっ
た。
(さて、受け取ってくれるといいなあ)
[2003/11/06 10:41:21]

お名前: “クールフェイス”沙羅   
style:Kabuto●、Katana◎、Chakra
外見 :20代後半、シャギーを入れたセミロングとコートに紅を纏った女性

【Hermit of the East、居酒屋『朧屋』】

 店舗を満たす喧騒の只中に在って、その女性の周囲だけは違う世界のように静かだった。
 シャギーを入れたセミロング、酒の満ちた猪口を握る手を包む皮手袋、
そして身に纏うロングコートにも深く鮮やかな“紅”を纏った女性。
 その女性は、酒の表面に揺れる明かりを無表情に見つめていた。

(…酒の味を感じられる様になったのは何時からだろう)
“クールフェイス”は、ぼんやりと考える。
 目の前で姉を失った、あの忌まわしい事件。
 あの時に右眼と右腕、そして身体の半分を姉と同時に失い、弱い自分を許す事ができず、
身体の大半を戦闘用サイバーウェアに置き換えた。
 8年後に仇を取り、強くなったつもりでいた4年前に、三度己の弱さを突きつけられた。
 あの時、目の前で死んでいった子供達のことは一生忘れない。忘れられない。
 酒に手を出すようになったのは、その頃からだと思う。そして酒を含む、
すべての食物の味を喪失したのも。
 それをこの1年で、少しずつ取り戻しはじめている。

 無言のまま、杯を傾ける。
 素直に美味いと思える自分に少しだけ驚く。

 殺さなくなったからか、そう思う。
 この1年間は一切“殺し”を請けていない。
 こなしているのは全て“護る”仕事。
 “護るために殺す”スタンスは変えようが無いが、無用の殺しはしなくなった。
 娘に誇れない仕事は請けないようになったから…だから、だろうか。
 
 ふと、開いた扉の向こうに気配を感じた。
 殺気のように鬼気迫るものではない。が、圧倒的な存在感。
 其処に在る。ただそれだけ。なのに、“それ”が沙羅の感覚を圧迫する。

 無表情に視線を送る。カウンターに座ったその男を見た。
 左の頬に刻まれた刀傷が、精悍な印象をその男に与えていた。
 男が周りを見渡した。眼が合った。

 湖面に張った薄氷のように感情を窺わせない無表情で、沙羅は男を見返した。
[2003/11/06 01:07:09]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
style:LEGGER◎、KATANA●、CHAKRA
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Hermit of the Eastにて】
 居酒屋『朧夜』へと向かう道すがら、何気なく視線を上げた六道の目に映ったのは、
薄い雲の出始めた夜空に煌々と輝く満月だった。白い光が周りの雲を捉え、
はっきりとその姿を浮かび上がらせている。
 ――何だか、どうにも勿体ねえような月じゃねえか。
 六道の目が、ほんの一瞬優しくなった。淡い幻想性すら感じさせる光が、虎狼のような男をして
感傷的にせしめたのである。血と硝煙に塗れた日々を生きる六道にとって、
twiLiteの喧噪はどこか他人事だった。家族の団欒も、恋人たちの甘いささやきも、
隣にいながらガラスの壁を隔てたように遠く感じられた。
 ――俺にとっちゃいつものことだろうが。今更なんだってんだ、どうかしてるぜ。
 自嘲の笑いを浮かべ、六道は僅かに足を速めた。その感覚が、一種この場所の魔力とでも
いうべきものであることには、未だ気付いていなかった。

 居酒屋の暖簾をくぐると、先程までとはまた違った喧噪が六道を迎えた。
「冷えてきたな。兄さん、一本つけてくんねえか」
 若い店員に告げると、手近なカウンター席に腰を下ろす。2秒でやってきた熱燗を
徳利から猪口に注ぎ、一息に呑んだ。天然物ではないにしろ相当いい材料を使っているようで、
隅田川沿いの屋台で呑むコップ酒とは雲泥の差だった。
「ところで兄さん、芋焼酎は置いてあるかい?」
 店員に尋ねたが、返ってきた返事は六道の期待に応えるものではなかった。
 ――“男は黙って芋焼酎!” とはいかねえか。ま、仕方ねえな。
 店員にはそうかい、とだけ答えた。軽く落胆はしたが、間違っても態度に出しはしない。
そも世の中とはそういうものなのだ。
 ――目当ての酒がねえとなりゃ、あとは人だな。せっかく来たんだ、面白え奴に会いてえもんだぜ。
 新たな期待を胸に、六道は周りを見渡した。
[2003/11/05 11:41:08]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

《ドリームラヴァーズ》前

>「さあ、入りましょうか」

北瀬さんにエスコートされて、案内されたのは映画館。
……考えてみれば、映画なんて久しぶりだ。

流行とかそう言ったものには疎いから。
どんな映画がやっているのかは判らない。
けれど、それが逆に興味を惹く。

考えてみれば、魔術ばかりに没頭していて他の事には興味も無かった。

ただ、どれだけの力があれば誰かを癒せるのか。
どれだけの力があれば、誰かを助けられるのか。

そればかりを考えて、私は生きてきた。
だからこそ私は、ここに居る。

……いや、現実逃避をしている場合じゃない。
手渡しのチケットならともかく、恐らくはクレッドクリスやIANUSを通すのだろう。

機械に……そう、機械に。

私は機械音痴だ。
どうしようもない、機械音痴だ。

極力触らない様にはしているが。
機械を触る時、私は困る。

壊れてしまうのではないか、その不安が私を苛む。

どうしよう。
どうしよう。
どうしよう。

見れば、肩に停まっているクロウが私を呆れたように見ている。
いつもいつも……私だって、やろうと思ってやっている訳じゃないのに。

……こうなれば、もう祈るしか無い。

私はかみさまは信じない。

だから、自分に祈る。
お願いだから、壊さない様に。
せめて、今だけは。

ミラーシェードを掛けた北瀬さんに声を掛けられ、私は魔女の帽子を消した。
そして、笑顔で答える……笑顔だと、良いけど。

本当に、不安だけど。


「はい」
[2003/11/02 19:18:16]

お名前: “舞刃”北瀬 勇     
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 18歳
《ドリームラヴァーズ》前
(しまった‥‥)
 映画館の前で、俺は立ちつくした。自分の迂闊さに、呆れてしまう。
 見た感じからして、ウエットな彼女、鴉丸さんでも楽しめそうな場所、とい
うことで、レイヴンダンスの外れに映画館がある事を思い出し、案内したのだ
が、
(こ、こんな名前、しかも、周囲はカップルばかり‥‥)
 既に術は切れ、元の姿に戻ったアーマージャエットの内ポケットから、“
護法”ミラーシェードを取り出し、掛ける。無論、動揺を隠すためだ。
 案内を頼まれ、当初は困惑した。何しろ、ここに来るのは自分も初めてだ。
 だが、あらかじめ、幾つかの名所を知り合いに教わってきていたので、そ
の中から選択しようと思っていたのだが‥‥
(ティンカーベルの奴、絶対わざとだな‥‥)
“女性と一緒なら、ここがいい”と教えてくれた友人に、先程までは感謝して
いたが、今では、“詳しいことは忘れた”と笑って言っていた小悪魔に、心の
中で恨み言をぶつけていた。
(おおっと、そんなことしてる場合ではない)
 自分で案内した映画館の前で立ちつくすエスコート役、というのは、控えめ
に言っても、間抜け以外の何物でもない。
(こんな事だから、周りから何時までも子供扱いされるんだ)
 先ほど、噴水の近くで感じた視線。好意的な物であったのは間違いないが、その持ち主ーー一目だけ、横目で確認した。ーーの放つ、圧倒的な、存在感を
感じただけに、自らの未熟さを意識したばかりである。 
(さて、どうするか‥‥)
 隣に立つ鴉丸さんの反応が気になるが、ここで彼女に任せるわけにも行かな
い。一晩だけとはいえ、自分は騎士なのだ。
「さあ、入りましょうか」
 何事もなかったかのように、さり気なさを極力装いながら、俺は声を掛けた。
[2003/10/31 10:04:03]

お名前: “喪門剣” 六道 傀   
style:Katana●、Chakra、Legger◎
外見:30代前半、重そうなロングコート、左頬に大きな刀傷

【Fountain of Starzにて】
 ――ほう、ありゃあバサラか。面白え真似する奴がいるじゃねえか。
 ベンチに腰掛け、煙草を燻らせていた六道は、二人の男女に目を留めると喉の奥で笑った。
 男女は共に10代後半から20歳前後。青年は黒のアーマージャケットを白銀の鎧に変え、
女性は黒のロングコートに大鎌といういでたちに合わせて魔女の帽子を出現させた。
 ――まるで仮装行列だな。ちっとばかり似合いすぎだがよ。
 二人が微笑ましく見えるのは、そこに自分が遥か昔に失ったものが見えたからだろうか。
 何とはなしに興味をひかれて眺めているうち、女性が青年にエスコートを頼んだ。
 ――動くみてえだな。んじゃ俺も、居酒屋にでも行ってくるか。
 煙草を踏み消し、六道は立ち上がった。
[2003/10/29 13:34:04]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

>「北瀬 勇と申します、魔女殿。我が拙き力に対するお褒めのお言葉、感激の至りです。心ばかりの感謝の証として、この黄昏の国におられる間、護衛を務めさせて頂きたい」

あう……これは流石に、不意打ちだった。
眼前の男の人は、本当に白銀の鎧を纏う騎士となった。


「え……っと……」


ああ――なんて、無様。
この程度の事で、簡単に動揺してしまうなんて。

何だか今日は、驚いてばっかりだ。
色々な話をしてくれる、黒い剣が聞いたら腰を抜かすかも知れない。

いけないいけない、しっかりしなくちゃ。
……私は、魔女なのだから。


内心で咳払いをすると、私は言った。


「お名前をお聞かせ頂いて、感謝の至りです。
礼には礼を以て……私の名は、鴉丸 黎歌と申します。
貴方のような騎士様に護って頂けて、光栄に思います」


頭を下げ、青のお爺様から聞いたように礼を以て挨拶をする。

丁度、運良く……一羽の鴉が、私の肩に降りてきた。
ちなみにこれが、私の使い魔。

なんだか、ますます魔女か死神みたいに見えるかも知れないけれど。
ここではあまり、違和感が無いかも知れない。

……でも、ここでちょっと考えた。
そして、実行に移す。

懐に手を伸ばし、私は“ちから”を解き放つ。
この“ちから”はあんまり使った事が無いけど……上手い具合に、成功してくれた。

そこには、世間一般で思われている魔女の帽子がある。
……これを作るのは、割と楽かも知れない。

帽子を両手でよいしょと被り、私はゆっくりと微笑んだ。
……この“ちから”で悪戯をするのは、随分久しぶりだ。


「もし宜しければ、面白そうな所へ連れて行って下さいますか?」


そう言ってから私は北瀬さんに微笑。

あ、しまった。
このコートをドレスにして、お姫様でも良かったかも知れない。
でも柄では無いし、何よりこんな大きな鎌を持ったお姫様なんて居ない。

結論として……やっぱり私は、魔女で良いのかも知れない。
護られているだけのお姫様は、私には似合わないから。

……性格的に、だけど。
[2003/10/27 21:29:38]

お名前: “舞刃”北瀬 勇     
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 18歳
 【Fountain of Starz にて】
>「とても澄んで……綺麗で純粋な“ちから”ですね、騎士様。
宜しければこの魔女に、お名前を聞かせて頂けませんか?」
 その言葉に真実を感じ、俺は安堵の息を漏らした。
 目の前の瞳に、侮蔑の色はない。唯それだけの事が、とても嬉しい。
(どうやら、此処は本当に魔法の国らしい。人と人の出会いという、奇跡にも
満ちている…)
 柄にもなく舞い上がりそうな気持ちを抑え、思考する。
(…さて、どう返したものか)
 女性の様子から、先の言葉に合わせるために、使い慣れない言い回しをして
くれているのは、なんとなく解る。
 普段通りの言葉遣いの方が、彼女にとっても、気安く話し相手となってくれ
るだろう。
 だが、生じた気安さが、俺に悪戯心を生じさせた。
 着ている服に軽く手でふれ、『力』を放つ。
 瞬時に、黒いアーマージャケットは白銀の鎧へと変わる。
 次に、右手のペーパーナイフを鞘に納め、多少長目の剣に変えれば、格好だ
けは、舞台の上にいる騎士のものとなる。
 芝居がかった仕草で片膝をつき、戸惑う女性に頭を下げる。
「北瀬 勇と申します、魔女殿。我が拙き力に対するお褒めのお言葉、感激の
至りです。心ばかりの感謝の証として、この黄昏の国におられる間、護衛を務めさせて頂きたい」
 仰々しい台詞を並べ、人の悪い笑みと共に顔を上げる。
(悪い癖だな、本心を隠したいときに、巫山戯てみせるのは…)
 心の中で、苦笑しながら…
[2003/10/27 14:17:11]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

【ファウンテン・オブ・スターズ付近】
>ええ、その通りです、魔女殿」
「ありがとう。こいつはさっき出会った友人でね。まだ馴染んでないんだ」

成程、と私は得心がいった。
やっぱりこの人は、“あっち”の世界を知っている人だ。

私の眼を見つめてくる、その瞳。
……この人で、間違ってなかったみたい。

その事にホッとすると同時に、胸の中が少しだけ温かいものを感じた。

この人の“ちから”は、六統十二元のどれにもあてはまらないもの。
確か……外法、と聞いた憶えがある。

でも、別に私は外法だとかそんなものには興味はない。
外法であろうと何であろうと、魔術は魔術。

綺麗なものを綺麗、汚いものを汚いと思うように。


正常と異常、陰と陽、光と闇、秩序と混沌。
……その境界はとても曖昧。
からっぽの中に存在する騒音(ノイズ)に過ぎない。

昔に読んだ、紙で出来たCDな小説。
その中に記されていた、ある一節を思い出す。

『人は或る一つの無駄を愚かと蔑み、或る一つの無駄を芸術と持てはやす。
ならば一体、その境は何処にあるというのだろう。
その境界はとても曖昧で、不確かだ。
境界を定めるのは自分だというのに、境界を決めるのは外側になっている。
ならば初めから、境界などないのではないだろうか。
世界はすべて、空っぽの境界でしきられている。
だから異常と正常を隔てる壁なんて社会にはない。
―――隔たりを作るのは、あくまで私達だ』 

……だとすれば、彼も“仲間”だ。
私からすれば、邂逅した魔術師としては二人目。

……いや、あのおじいさんは先生。
だから、初めての“仲間”と言う事になる。

だから私は、思った通りの事を言った。
……彼が持った刃に灯る、光の反射とは違う輝きを。
澄んだ中に感じる、信念とも感じる明るい輝きに。

そして、私を魔女(こんな格好をしているからなのだが、これが一張羅なのだから仕方が無い)と言った彼に。
そして、初めての“友達”になれそうな人に敬意を表して。


「とても澄んで……綺麗で純粋な“ちから”ですね、騎士様。
宜しければこの魔女に、お名前を聞かせて頂けませんか?」


こんな事を言うのは、私の性格ではないのだけれど。
こんな事を言ってしまうのは、恥ずかしいのだけれど。

御伽噺の遊園地に居るのだから、魔女として振る舞おう。
癒す事を得意とする死神の魔術師では無く、魔女として。

本当、顔から火が出るほど恥ずかしかったけれど。


その時……虚像の星空が、何故か透き通って見えた。
[2003/10/26 14:20:04]

お名前: “舞刃”北瀬 勇     
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 18歳
>「えっと、間違っていたらごめんなさい。
これは……貴方の、落とし物ですか?」
「ええ、その通りです、魔女殿」
 掛けられた問いに、思わず、普段は使わない言葉使いで返してしまう。
(何を緊張しているんだ、俺は)
 苦笑を胸の内でこぼし、深呼吸を一つ。自らの持つリズムを取り戻す。
 どんな時でも平常心。師に教わったことを思いだし、口を開く。
「ありがとう。こいつはさっき出会った友人でね。まだ馴染んでないんだ」
 端から聞けば、奇妙な言葉。だが、目の前の少女なら理解してくれるだろ
う。
 数年前に覚醒したばかりの、自分の『力』。正当派を自称する者達からは、外法として侮蔑の対象である、属性。
 師の元では気にした事はなかったが、NOVAに来てから、術者達にそう
呼ばれたことも、一度や二度ではない。
(さて、この人は、俺の『力』を知って、それでも俺と接してくれるだろう
か?)
 自嘲的な好奇心と共に、眼鏡の奥の瞳を見つめた。
[2003/10/26 12:39:43]

お名前: “片翼の”メディア・ワイズ   
Mistress◎、Fate、Neuro●/F/AJ:17/無表情なヴィル・ヌーヴ系美少女(w)

【ファウンテン・オヴ・スターズ】にて

ふたりはおそらく知り合いで、
でも、それほど長い付き合いではなく、
しかも、お互いに好意を持っている。

すぐ隣で交わされたふたりの会話、しぐさ、雰囲気。
そうしたものからふたりの関係を推測したメディアは、2秒の思考の後にこの場を離れることに決めた。
メディアには他人の恋路(?)に干渉する趣味も、聞き耳を立てる趣味もないし、そんなふたりの隣に理由もなく座っていることが
できるような性格でもない。
不自然にならないように時計を見てから立ち上がり、いかにも用事があるような感じで広場を後にする――その、予定だった。
だが、“あるもの”が視界に入った瞬間、メディアは不意にその足を止めた。

「………カラーひよこ?」

それは、なんの変哲もない屋台だった。
それは土産物を扱う屋台で、色とりどりのひよこくん(手乗りサイズ)たちが、周囲に愛嬌を振りまいていた。
メディアは進路を変更すると、屋台へと近付いていく。
その瞳は、ピンク色をした一羽のひよこくんを捉えていた。

「……さっきから、こっちを見てた、ね?」

声に出してみたものの、それは既に問いかけでも、確認でもなかった。
魔力を持たぬ身であっても、鋭い観察眼を持つ人物であれば、ある程度人の心は読むことができる。
ひよこくんは、はたして『ひと』なのか――そうした問題は別として、メディアには“彼”の望みがわかっていた。

「…………いいよ」

微笑みと呼ぶには表情の乏しい“笑み”を浮かべて店主に購入の意思を告げ――
そして、ひよこくんをその場において、広場を後にした。

彼女の背後では、先ほどのひよこくんが、ピンクの羽(のホログラフ)を撒き散らしながら噴水へと――少し前までメディアが座って
いた場所へと走っていた。
そして――“彼”の羽は春の桜から夏の緑、秋の枯葉色へと、その色を変じていった。
[2003/10/25 20:56:17]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

【ファウンテン・オブ・スターズ付近】

「……あれ?」


乾いた音が、聞こえた気がした。
思考への埋没を停止させた私の足元に、ペーパーナイフが転がっている。

それを見て第一に、私は拾った。

これは、多分……近くの露天で買ったのだろう。
これ自体に、それほどの“ちから”は感じられない。

でも僅かながら“ちから”が残留しているのは、感じられる。
元来持っているモノとは別の……喩えるなら、澄んだ刃。
凛、とした感覚。

と言う事は、魔術師……或いは、超能力者だ。
両方の属性を持っている私にしてみれば、記憶にある限りは二人目と言う事になる。

虚像(イツワリ)の星空に願いを込めて、私は持ち主を探す。
……実際の時間では、一秒にも満たなかっただろう。

青い瞳に黒い髪、白い肌の男の人を見つけるのには。

その視線が、私を見ている。
そして……“ちから”の胎動を、肌で感じる。

少なくとも、『敵』じゃないみたい。

なら、理由はそれで十分。
後は男の人と話す……よく考えてみたら、男の人とあまり話をした事が無い。

……まぁ、良いか。
きっとこの人は、この剣が無くなったら困るだろう。

自分が困る事には慣れているけれど、誰かが困る事には耐えられない。

困っている人が助ける。
だったら、やるべき事は一つだ。

私は笑顔で鎌を肩に掛け、その人にペーパーナイフを両手で差し出した。


「えっと、間違っていたらごめんなさい。
これは……貴方の、落とし物ですか?」
[2003/10/25 18:22:42]

お名前: “舞刃”北瀬 勇   
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 18歳
 【Fountain of Starz にて】
「やれやれ、ついてないな」
 黄昏が広げる薄闇の中、幻想的に浮かび上がる噴水を見ながら、勇はぼやいた。
 先ほどぶつかった、前方不注意のカップル(丁寧に謝ってくれた)に順番を譲
り、結局占ってもらわずに、ここまで歩いてきたのだ。既に服装も、いつもの物に戻っている。
「まあ、これも一つの啓示かな。俺が自身の未来を知るには、まだ時が必要、
っていう」
 ふと浮かんだ思いに納得し、気分を切り換える。
 と、その時、少し先に立つ、一人の少女が目に入った。
 先ほどまでの自分と似た格好で、大きな眼鏡を掛けている。手に持つのは、
人の背丈を超える大鎌。
 絵本の中から抜け出してきた魔女か死に神、といった姿だが、注意を引かれ
たのは、そのいで立ち故ではない。
 その身に宿されている、膨大な魔力の量に、圧倒されたからだ。
「これは、すごい…」
 思わず、感嘆の呟きを漏らす。自らも多少の“術”を操るからこそ、彼女の
秘めた才能には、驚かされた。
「おっと」
 意識を奪われていたからだろう。右手に持っていたペーパーナイフが滑り落
ち、目の前の少女の足下へと、転がっていく。

 
[2003/10/24 09:26:12]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
【ファウンテン・オブ・スターズ付近】

自慢じゃないけど、私は超が付く方向音痴だ。
そして、凶悪とまで言われる機械音痴でもある。

でも、そんな私でも……綺麗だと想うものは綺麗だ。
私は間抜けのように、噴水を見つめていた。

お祭り騒ぎと言うのも嫌いでは無いのだけれど。
私としてみれば、静かな方が好きだ。

私に魔術を教えたひとは、こう言っていた。

魔術師とは、湖面の水の如く冷静であるもの。
魔術でなく、知識で相手と闘うものと。

しかし私はどちらかと言うとこの鎌で闘う方が、得意だと想う。
……まだまだ、未熟なのかも知れない。

それもそうか、と心の中で笑う。
私は魔術師としての年期は、浅すぎる。

だから、修養しているのだ。
そこまで考えて、誰とも無しにつぶやいた。


「……さて、どうしましょうか?」
[2003/10/23 21:43:38]

お名前: “呪医”鴉丸 黎歌   
VASARA=VASARA=VASARA◎●/F/16
容姿:白い長髪に黒のロングコート、眼鏡を掛けて巨大な大鎌を持っている。
まるでツクリモノめいた肌の白さを持つ、ウェット。

【Fool'z Gate付近にて】


「あれ……こんな建物って、ありましたか?」


鴉丸 黎歌は超常的な方向音痴で破滅的な機械音痴である。
トロンを触れば二秒で壊れるし、知った道である筈のN◎VAの裏路地でさえよく迷う。

そんな彼女は偽造IDを使って隅田川を渡り、自分の家に帰ろうとして……
やっぱり、迷った。

迷いに迷って行き着いた先が……遊園地であった事に、少なからず驚愕を覚えていた。


「……はぁ」


溜息一つ吐いて、踵を返そうとして……
魔術師の端くれである自分と似た、“ちから”を遊園地から感じた。

そしてそれは、歩き出そうとした脚を止めるのに十分過ぎる理由だった。


俗世との関わりをあまりにも持たない自分。
自分と似た様な“ちから”を持った人物にさえ、一度しか遭った事が無い。
だけど、偶然にでもこの場所に来られた事を幸運に思うべきだろう。


「わたしの……“ちから”と、似ているの?」


嬉しくて思わず、笑みを零す。


「偶には、良いですよね……入ってみましょう」


年に二回もあれば珍しい、自分の気紛れに驚きながら少女は魔法の国へと脚を踏み入れた……
[2003/10/16 12:31:45]

お名前: “舞刃” 北瀬 勇   
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 18歳
【南西エリアにて】
「占い小屋かあ、一度見てもらおうかな」
勇は幾つもある小屋の一つを前に、呟いた。
「……でも、この格好じゃあなあ」
無粋なアーマージャケット姿の自分を見下ろし、溜息一つ。
「よし、ならば未来を視る人に敬意を表して」
声とともに、指が、服の表面を撫でる。すると、瞬時に黒ローブへと変化した。(Vasara◎に)
「客も演出、ってことで」
満足気に頷き、小屋に入ろうとした瞬間、彼の背後からぶつかってくる者がいた。
「っ?なんだ?」
[2003/10/04 13:39:20]

お名前: “舞刃”北瀬 勇   
Style:Kabuto◎,Vasara●,Katana
外見  :やや長めの黒髪に青い瞳,白い肌の青年 18歳
【Fool'z Gate付近にて】
「ここが、魔法の国か。初めて来たな」
ゲートを見上げ、嬉しそうに微笑む。
「いいところだね、ここは。ST☆Rに負けないくらい、力に満ちている」
だが、次の瞬間、笑みは自嘲のそれへと変わった。
「…果たしてここに、異端である俺の居場所はあるかな?」
近くの露店で買った、ペーパーナイフを抜く。
その刃に、反射のそれとはちがう光が宿った。
「…そうか、お前があるというのなら、入ってみるのもいいかもしれないな」
小さな鋼の意志に頷き、勇はゲートをくぐった。
「さて、何処からみようか」
[2003/10/03 13:39:40]

お名前: “狭の娘”工藤夕維    URL
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳前後の少女、167cm

【Fountain of Starz にて】

思ったよりも真剣に祈っていたらしい。
ふと足に当たった感触に現実に戻される。

足元に転がってきていたのは見覚えのある帽子。
顔を上げ首をめぐらすと、ベンチのところに先ほどの少女と見覚えのある青年。

(あ、お知り合いだったのかな?)

そんなことを考えながら拾い上げた帽子を手にベンチに歩み寄る。

「落し物ですよ、金色の王子様」

ちょっとはにかんだ笑顔で、夕維はそう言って彼に帽子を差し出した。
[2003/07/31 12:33:16]

お名前: “Night-Watcher”レイ   
STYLE:Vasara● Manikin◎ Inu
容姿:薄闇のような雰囲気を持った優男。二十代中ば、長身痩躯、日系

【Fountain of Starz にて】

「隣、失礼」
 ヴィル・ヌーヴ系と思しき少女に断りを入れ、空いていたベンチの隣に座る。

「はあ」
 口から出たのは溜息。自分の間抜けさを一層自覚し、思わず苦笑する。
 ふと視線を転じてみれば、隣の少女も苦笑いを浮かべている。
「(少なくとも、この子は俺よりは、幾分まともな理由だろうな)」
 そして、再度溜息をつく。
 視線を噴水の端に向けてみれば、そこには泉に祈る銀髪の少女の姿。

「やはり間抜けすぎるな。俺……」
 一夜だけのシンデレラ。彼女の姿を今日“偶然”見かけて。
 何故か、声を掛けられない自分が居て。
 彼女に会いたいのか。それとも思い出のままにしておきたいのか。
 それすらも分からなくて。こうして彼女の祈る姿をただ見ている。
「災厄前の純情少年じゃないんだ、全く。……あっ?」
 
 一陣の風。それは、あの時のように桜色ではなかったけれど。
 意気地なしの王子の帽子を、もう一度、銀の少女の元へ飛ばした。
[2003/07/29 02:15:57]

お名前: “狭の娘” 工藤夕維    URL
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳前後の女性、167cm

【Fountain of Starz にて】

夕維は再び魔法の国を訪れていた。
ほんのちょっとの期待を込めて。

以前桜色に包まれていた泉は今日は静かに光を放っていた。
周囲には談笑する人々。
ふと向こう側を見やると、少々難しそうな顔をした女性も一人。

(あの人も何かお願い事をしているのかな?)

そんなことを考えながら夕維は一枚のコインを取り出して泉に放った。
願い事はもう決まっている。

「できるなら、またもう一度夜の魔法に出会えますように・・・」

静かに目を閉じて、そう小さくつぶやきながら夕維は祈ったのだった。
[2003/07/16 17:14:48]

お名前: “片翼の”メディア・ワイズ   
Mistress◎、Fate、Neuro●/F/AJ:17/無表情なヴィル・ヌーヴ系美少女(w)

【ファウンテン・オヴ・スターズ】にて

噴水の縁に座ると、一気に疲れが押し寄せてきた。
一体、何時間遊び続けていたのだろうか。時計を睨みながら指折り数えてみると……

「……片手だと、足りない」

冗談のような事実に、引きつったような笑みが浮かぶ。
そして、そんな笑みを浮かべる自分に苦笑いが浮かんだ。
ここは遊園地だ。周囲の人間はみな瞳を輝かせ、楽しそうに笑っている。
視線を転じて泉を覗き込むと、そこには水面に映った自分が、不機嫌そうな顔で(実際には機嫌が良い
のだが)ゆらゆらと揺れていた。

……私も、あんな笑みを浮かべたら、少しは可愛げのある女の子に見えるのだろうか。

そんなことを考え、そして、あまりにも似合わない考えに再び苦笑いが浮かんだ。
[2003/07/08 22:52:35]

お名前: : “夜警の(Night‐Watcher)”レイ   
STYLE:Vasara● Manikin◎ Inu
容姿:薄闇のような雰囲気を持った優男。二十代中ば、長身痩躯、日系

【Fool'z Gate】

「12時の鐘の音。其は鳴り終る時が夢の終わりか……」
 ゲート傍のベンチ。閉園を知らせるメッセージが流れる中。
 魔法の遊園地で起きた、一晩だけのシンデレラ・ストーリー。
 銀髪の少女の豊かな表情をひとつひとつ、想い返す。

『大丈夫よ。金の犬のおまわりさんが助けてくれるからね』
 迷子の子供に笑いかけた顔。
『ゴールデン・レトリバーなら、確かに探し人にはうってつけだろうな』
 俺をハウンドと知った時の、かすかな緊張。

『良かったね。もう大丈夫だから、お母さんを放しちゃだめだよ』
 母親と迷子が抱き合う姿を見詰める瞳に浮かぶ、かすかな哀愁。
『これもきっと、いつかは幸せな想い出の一つになるさ』
 愛しさと切なさを秘めたほほえみ。

『今夜は本当に楽しかったです。またいつか、ご一緒できたら嬉しいです!』
 そして、去り際に見せてくれたのは、やはり笑顔だった。

「これで終われば、間違いなく一晩限りのシンデレラと王子様」
 けれど。
「ここまで、原典に忠実じゃなくてもいいのにな」
 手にしたハンカチに目を落とし、一人呟く。
 シンデレラがガラスの靴の代わりに置いていった忘れもの。
「さて、どうしたものやら」
 儚き夢として、このまま終わらせたい気もする。
 現実の中で、再び出会いたいという想いもある。

「…………。そうだな」
 そして、王子様は答えを出したのでした。

 後日、狭間の少女の元へ、幾つかの届け物がありました。
 迷子の子供からのお礼の手紙と。
 彼女が魔法の園へ落としたハンカチと。
 そして、どこかで見覚えのある帽子飾りでした。

 消えたシンデレラを探して忘れ物を届けた王子様は、
 どうやら、自分も忘れ物をしたみたいです。
 そんなひねくれものの王子様を、
 今度はシンデレラの方から、探してくれるのでしょうか。
 それは、まだ語られざるお話……。
[2003/06/22 18:02:22]

お名前: "狭の娘" 工藤夕維    URL
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳前後の女性、167cm

【Memory of Empress → ・・・・・・】

「あ。ありがとうございます」

 緑に包まれた静かな一角で。
 夕維は差し出されたサンドイッチのパックと紅茶の缶を受け取っていた。

「ここでこうしていられるのも、あと僅かな時間かな」
 言われて初めてかなりの時間が過ぎていることに気がつく。
 本当のシンデレラなら、もうさようならをしている時間・・・・・・
 魔法に包まれたこの公園でも、その時間が近づいてきているのだった。
 そんなことを考えながら彼の方に目を向けると、その傍らにいる幼い少女。
 あ、と声を掛ける間もなく、その子は彼が口に運ぼうとしていたサンドイッチに齧り付いていた。

「――っ!? 何だ何だ!? こら、離せっ!」
 もみ合う事、十数秒・・・勝ったのは子供の方だった。
 やれやれと飲み物まで渡して頭をなでる彼。
 溜息をつきながらこちらを向くと笑いながら聞いてくる。
「“犬のおまわりさん”ってのは、“猟犬”でもなれるものなのかな?」

(あ、この人BLAKK=HOUNDの人だったんだ・・・・・・)
 ふと、ここに来る前のことを思い出し緊張する。
 が、一瞬でそれを打ち消す。
 ここは魔法の楽園。今だけは忘れていよう・・・・・・
「えぇ。頼りがいがありすぎそうですけれど」
 手元のサンドイッチを半分彼に差し出しながら、ちょっと悪戯っぽく返してみる。
 それからサンドイッチを頬張っている女の子の前に屈んで目線を合わせると、にっこりと笑う。
「大丈夫よ、金の犬のおまわりさんが助けてくれるからね」

 幸い母親の方も探しにきていたのですぐに見つけることができた。
 閉園時間のお知らせが流れる中、ゆっくりと門の方に歩いてゆく。
 これは、お城の塔の鐘の音。
 そう、この後に待っているのは・・・・・・
 そこで気がつく。そう、女大公に指定された時刻にももう間が無い。
「ごめんなさい、この後まだ用事があるんです」
 あと少しでゲートなのだが、その間すらも急がなければいけない。
 夕維は一つ頭を下げて彼に謝った。
「今夜は本当に楽しかったです。またいつか、ご一緒できたら嬉しいです!」
 そう言うと、もう一度頭を下げてゲートの外へと走り出した。
 そして、近くにいた無人タクシーを拾いストリートへと急がせる。

 夕維は気がつかなかった。
 慌てたために、そのポケットからハンカチが落ちたことに。
[2003/06/13 20:31:20]

お名前: : “夜警官(Night‐Watcher)”レイ   
STYLE:Vasara● Manikin◎ Inu
容姿:薄闇のような雰囲気を持った優男。二十代中ば、長身痩躯、日系

【Memory of Empress にて】

「ふう。こんなに走ったのは久しぶりだよ」
 夜の王子とシンデレラの逃避行の先は、古代の女帝の形見の庭。
「仕事でも、これほど走るのは少ないよ。はい、これで良かったか?」
 ベンチに座り込み、途中買った軽食と飲み物を隣の彼女に差し出す。
 静かな公園の一角。豊富な緑が心地よく疲労した体を出迎える。

「ここでこうして居られるのも、あと僅かな時間かな」
 ふと、素直な気持ちを口に出している自分に気付いて、苦笑い。
 隣の少女と、遠くの桜に視線に視線を巡らせる。
 桜は散る。季節は巡る。人は別れる。そんな当たり前の事を実感する。

「とと、王子さまの台詞じゃないな。王子は姫に夢を与えないと」
 けれど、人はそんな日常を繰り返して生きていく。
 今宵もそんな幾千の夜の一つ。だからこそ、尊く、儚い。
 そんな“らしくない事”を考えながら、手にしたサンドを口元へ運び…。

 かぷ。

「……ん?」
 ふと目の前を見てみれば、そのサンドに齧り付いている小さな人影一つ。
 どうみても人間。女の子。おそらく日系。年の頃は十に満たない。

「――っ!? 何だ何だ!? こら、離せっ!」
 驚きのままにもみ合う事、十数秒。
 勝者、女の子。

「はーっ。……腹、減っているのか」
 うん、と頷く女の子。やれやれと飲み物も渡して、頭を撫でてやる。
 どうやらこれは。そう、いわゆる一つの。

「つまり……迷子か」
 盛大に溜息。最後の最後で引き戻された、冴えない現実。
 でもまあ、こういうのも――そう、悪くないのかもしれない。
 シンデレラと過ごせる時間は、決して多くない。
 スタッフを探して一声かければ済む問題。……けれど。

「“犬のおまわりさん”ってのは、“猟犬”でもなれるものなのかな?」
 そう言って、俺は銀髪の少女に笑いかけた。
[2003/06/13 03:59:41]

お名前: “咎無き罪人”SIN−LESS   
STYLE:フェイト◎,レッガー,マヤカシ● 短い黒髪と浅黒い肌。30代頃の男

【Fountain of Starz …】

(…どうやら、俺の答えはお気に召したらしいな)
 わずかに涙さえにじませながら快活に笑う女性の反応を見て、SIN−LESSは安堵の息を吐く。
 玄人の商売女をあしらうのには慣れているが、それゆえ、素人相手には逆に慎重になる。
 だが、笑顔で己の腕を取った彼女の言葉に、SIN−LESSはこの夜が始まってから初めて、
『驚き』という名の表情をその顔に浮かべる事になった。
「…わたしの名前は有坂 綾よ。
 よろしくね、“咎無き罪人”さん?」

「…よく…知っているな」
 さて、この女性は俺が過去に関わった何らかの事件に関係あるのだろうか?
 記憶を辿り始めたSIN−LESSは、だが、程なくしてこの女性の正体に思い至った。
 そして、なぜ彼女が自分の通り名を知っているのかに納得する。
 なにしろ、“その世界”ではあまりに有名だからだ。
「…ツインテールじゃないんだな…」
 短く纏められたその髪を見やり、口の中で呟いた。そして、相手の顔を覗き込み、言う。
「此処(twiLite)は出た方がいいだろう?ま、災厄の都市でデートコースに困るって事は無いからな。
 酒は、いける口か?あまり上品な酒じゃあないが、美味い店を知っている…」

 互いに楽しげな笑みを浮かべ、ゆっくりと歩き始めた一組の男女。
 彼らを見送るのは、いつの間にか暖かくなった穏やかな風と。
 風に溶け込んだ少女の願いと。
 その風の中を舞う、桜色の彩り……
[2003/05/30 01:53:15]

お名前: “狭の娘” 工藤夕維    URL
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳前後の女性、167cm

【Fountain of Starz → ?】

「ダンスはお得意なのかな? ただのか弱いシンデレラじゃなさそうだ!」
そういった彼は的確なリードで夕維を導いてゆく。
夕維は彼に身を任せながらくすくすと笑っていた。
開放感に浸って、夕維は彼と踊り続ける。

「王子様がお上手だから、ですよ」
そんな風に言ってみる。
奇跡の時間をくれた彼は、本当に王子様のよう。

やがて遠ざかる音楽。
それに合わせて静かに止まってゆく。
最後の瞬間、引き寄せられた耳元に響く声
「でも、涙は本当の王子様に取っておいた方がいいよ」
ちょっと意地悪な響き。
涙に気づかれていたことに、夕維はちょっと顔を紅くした。

そして次の瞬間。
周囲の音が戻ってくる。
鳴り響く拍手と幾つもの視線。
夕維は更に真っ赤になって下を向いてしまった。
「お付き合いありがとうございました。……おや?」
彼もそこで周囲に気がついたように頬を掻いていた。

「しょうがないな。……行きましょうか!」
そういうと彼はいきなり夕維の手を引いて走り出した。
つられて走り出しながら、びっくりして彼の顔を見上げる。
「さあてお姫様。……君はどこに行きたい?」

悪戯っぽい彼の表情に、夕維は小さくふきだした。
くすくすと笑いながら告げる。
「どこへでも……夜の王子様の導いてくださるところへ!」

ちょっとした逃避行。
夕維もまた、そんなシチュエーションを楽しんでいた。
[2003/05/13 23:03:14]

お名前: “夜警官(Night‐Watcher)”レイ   
STYLE:Vasara● Manikin◎ Inu
容姿:薄闇のような雰囲気を持った優男。二十代中ば、長身痩躯、日系

【Fountain of Starz にて】

「良ければ、少し踊りませんか? この小さな奇跡が終わらないうちに」
 そう言って差し出した手を取る少女の瞳に見つけた、かすかな涙。
 気付かない振りをして、踊り始める。
 夜の魔法は、彼女に遠い郷愁を思い起こさせたらしい。

「ダンスはお得意なのかな? ただのか弱いシンデレラじゃなさそうだ!」
 虹のしぶきと、桜吹雪。奇跡に彩られながら、ステップを踏む。
 彼女が、俺に何を見ているのかは分からない。
 けれど、俺もこの夜を精一杯楽しむこと。それが今の最善に思える。

「でも、涙は本当の王子さまに取っておいた方がいいよ」
 引き寄せて、耳元に小さく意地悪な囁き。
 次第に遠ざかっていく音楽。
 そして、夜の舞踏会は静かに幕を閉じていく。

「お付き合いありがとうございました。……おや?」
 ウインクして、一礼を返す。 
 そこへ不意に響いた拍手の協奏が、意識を現実に引き戻す。
 気が付けば集めていた、人々の視線と心。
 やれやれ……。俺もヤキが回ったかな? 内心呟き、頬を掻く。

「しょうがないな。……行きましょうか!」
 ちょっと強引に少女の手を引いて、走り出す。
 シンデレラの原作ならここでお別れ。
 でも、たまには夜の逃避行も悪くない。

「さあてお姫様。……君はどこに行きたい?」
[2003/05/13 00:32:09]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
【Fountain of Starzにて】

「ぷっ」
 フェイトの返答に、思わず吹き出してしまう。
 彼が自分の思考を読んでいるだろうことはわかっていた。
 しかしまさかそれにバカ正直に答えてくれるとは…。
「フフフ、アハハハ」
 ツインテールは笑いを抑えることができなかった。
 しかし笑いの原因はそれだけではない。
 正直、少し嬉しかった。
 初対面の相手に対してここまで付き合ってくれる人間も珍しい。
 結局のところ、彼女は淋しかったのだ。
 それを癒してくれる人物に出会えた事で、彼女の心はいくらか救われた。
 にじんだ涙は笑い過ぎたためか、それとも別の何かのせいか。
「OKOKわかったわ。つまりあなたもその気ってワケね。
 合格よ。
 神様はどうやら『願い事を叶えてやる』って言ってくれてるみたい。」
 半ば強引にフェイトの腕を取りながら、ツインテールは答えた。
「それじゃ、デートといきますか。
 行き先はあなたが決めてね。
 エスコートするのはやっぱり男性でなくっちゃ。」
 そこまで言って、まだ互いに名前すら知らない事実に気付く。
 検索検索検索…
「そうそう、わたしの名前は有坂 綾(ありさか りょう)よ。
 よろしくね、“咎無き罪人”さん?」
[2003/05/05 02:53:44]

お名前: "狭の娘" 工藤夕維   
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳前後の女性、167cm

【Fountain of Starz】

帽子は、やはりその男性の物だった。
「本当は、女性の前では取るのがマナーなんだけど」
彼は桜色に飾られたそれをそのままかぶると悪戯っぽく笑っている。

「――君にはきっと、綺麗な夜の思い出があるんだろうね。今夜みたいな」
直前まで両親との記憶を辿っていた夕維は思わず彼を見つめてしまった。
見上げた彼の表情は暖かな夜そのもの。
「桜色の風が運ぶ夜の奇跡、かな」
それは、記憶の中で父が言った台詞とおんなじで。

するり、と動き出した彼は華麗なステップを踏む。
見つめ続ける彼女の前で優雅にお辞儀をすると、片手を差し出した。
それは、もちろん
「良ければ、少し踊りませんか? この小さな奇跡が終わらないうちに」

遠い記憶に一瞬涙が浮かびそうになる。
けれどそれは吹き抜けた薄紅色の風が隠してくれた。
そう、これは小さな、素敵な奇跡。
あの日、彼女と両親が束の間得ることが出来たのと同じ・・・
丁寧にお辞儀を返し、夕維は一歩踏み出して彼の手を取った。
「はい、よろこんで」

桜吹雪の中、流れる遠くからの楽の音。
静かに流れゆく、シンデレラ・タイム。
夕維は静かに微笑みながら舞っていた。
在りし日の母が束の間の幸せに微笑んだように。
[2003/04/28 11:10:18]

お名前: “夜警官(Night‐Watcher)”レイ   
STYLE:Vasara● Manikin◎ Inu
容姿:薄闇のような雰囲気を持った優男。二十代中ば、長身痩躯、日系

【Fountain of Starz にて】

「夜の風に奪われたのは、心と帽子。ってところかな」
立ち上がり、桜色の花吹雪の中、帽子を拾ってくれた少女を見て取る。
銀の髪の上に桜を彩った少女は、ステップと共に歩み寄って来た。

『これ、貴方のものですか?』
話し掛けて来た少女の浮かべた微笑は、とても透明で、優しく見えた。

「ありがとう。夜の風は桜と羽根だけじゃなく、縁も運ぶらしい」
マネキンらしい軽口を叩いて、帽子を受け取る。
ちょっと考えて、桜の花弁と羽根に彩られたそれを、そのまま頭に乗せてみせる。
「本当は、女性の前では取るのがマナーなんだけど」
そして悪戯っぽくウインク。

こんな事をしてみせたのは、少女の微笑に惹かれたからかもしれない。
夜の帳の中だからこそ、見られる笑顔。
きっと彼女は、暖かい夜の記憶を持っているのだろう。
様々な夜の顔を見れる事が、夜を愛するレイにはたまらなく嬉しいのだ。
「――君にはきっと、綺麗な夜の思い出があるんだろうね。今夜みたいな」

見上げる天には、絶え間なく降り注ぐ羽と花びら。
「桜色の風が運ぶ夜の奇跡、かな」
パレードのものとおぼしき楽しげな音楽も、遠くから流れてくる。
ふと思いつき、帽子を片手にくるりと華麗にワンステップ。鍛えたダンスの腕の賜物だ。
胸に手を当てて、少女に向かい、優雅にお辞儀をしてみせる。
「良ければ、少し踊りませんか? この小さな奇跡が終わらないうちに」
降りしきる羽根をバックに、少女に片手を差し出す。
さて、彼女はどう答えてくれるだろう?
[2003/04/27 06:14:31]

お名前: ”イモータルトーキー”ソラト=カミヤマ   
(南西エリアにて)

ソラトはここが気に入ったらしく、
いろいろな体感ゲームで楽しんでいたようだ。

疲れた体を休めようと南西エリアの「メモリー・オヴ・エンプレス」
に足を運ぼうとしたその時・・・
ピンク色の「何か」が空を埋め尽くしている事に気付いた。
「桜?いや・・・違うな・・これは・・・なんだ?」

手にとると、それは花びらではなく、鳥の羽であることに気付いた。
「鳥の羽?しかもピンク??ひよこくんの羽は黄色だったよな?
いったい誰が・・・」
ピンクの羽を手に乗せた状態でソラトは推測を始める。

「・・・・けど、こういう演出も悪くないよな」
何気に一人で楽しんでいるようだ。
・・・とそのとき
何か「見覚えのある」1匹の生き物がソラトに見えた気がした。

「ま、まさか・・・・いや、そんなはずないよな?」
ソラトの顔色が見る見る青ざめていく。
「あいつが・・・・まさかあいつがここにいるなんて・・」

黄昏の空は何も答えてくれない。
[2003/04/20 08:56:27]

お名前: "狭の娘" 工藤夕維   
振り返った彼女の前に、風はまたひとつ何かを運んできたようだった。
ふわ、と彼女の足元に運ばれてきたのは男物の深さのある帽子。
それは桜色羽で飾られていた。

振り返った動作そのままに帽子を拾い上げ、夕維は周囲を見渡した。
少し離れたところに長身の男性が立って、こちらを見ているようだった。
夕維は穏やかな心のまま、ステップを踏みながらその男性の下に歩み寄っていった。

するり、とその傍らまで進むと、微笑んだ表情のまま話しかける。
「これ、貴方のものですか?」
[2003/04/18 21:28:28]

お名前: "狭の娘" 工藤夕維   
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳前後の女性、167cm

【Fountain of Starz】

泉の傍を一陣の強い風が吹き抜けた。
一瞬のその風に何やら暖かさを感じた夕維は顔を上げた。

ふわり

そんな彼女の顔にひとひらの桜が舞い降りてきた。
いや、それは桜色に染まったここTwiliteのマスコット、ひよこ君の羽であった。

ふわり ふわり ふわり

暖かな風は、柔らかな羽を桜吹雪さながらに園内に降り注がせているのだった。

降りしきる桜色の羽の中、何となく夕維は軽くステップを踏み始めた。
思い出すのは母と父と共に過ごした平和だった夜。
くるくると両親の周りを回りながら散歩した、桜吹雪の夜。
幸せだった夜の記憶・・・

『みんなに幸せを運んでくれるといいのになーっ』

ふと、そんな声が聞こえてくる。
その声に夕維は振り返り、にっこりと微笑んだ。
[2003/04/18 21:03:22]

お名前: “夜警官”レイ   
STYLE:Vasara● Manikin◎ Inu
容姿:薄闇のような雰囲気を持った優男。二十代中ば、長身痩躯、日系

【Fountain of Starz にて】
「夜の空気は甘い。しかし、ここの空気は少し甘すぎるね」
光溢るる泉。その傍らのベンチに腰掛け、帽子を目深に押さえて呟く。
B.H.きっての優男。都会の夜をよく知る彼も、その空気の甘さに辟易する事があるらしい。

「やっぱり、夜は魔物だ。ここにも俺の知らない夜がある」
再度、帽子を深く被る。“twiLite”の輝きを、目ではなく体で感じるように。
女性を誘う先としては適当な場所。一人佇むには…まだ判断がつかない。

夜も更け、周囲では、幾人もの人々が刻を過ごしている。
陰の魔法を知る青年もまた、夜の空気の中に己の心を漂わせていた。

「……ん?」
風が吹いた。それまでの穏やかなものではなく、人の思いが込められた春風。
頬に手を触れてみると、そこにあったのは桜の花片ではなく、一枚の羽根。
天を見上げれば、降り注ぐのは桃色の花弁と、翼の欠片。

「空まで頬を染めている。今日は本当に甘い夜だ。……っと、あ――」
舞い散る色に心を奪われた次の瞬間。帽子までもが風にさらわれる。

銀色の髪の少女の足下へと転がった帽子を見て、
レイは一つ、溜息をついた。
[2003/04/18 20:54:48]

お名前: ラミレス   
 カゼ◎ ハイランダー=ハイランダー● Female 十代前半?
 149/?? 金髪碧眼の白人風 
 名前以外完全な記憶喪失(しかし当人全く気にせず)
 コンちゃん(狐の縫い包み風ドロイド)とローラーヴィークルで好奇心のままに行動する

 【《ステージ・オブ・ドーン》】

…どのくらいの間、ぼーっとしていたのだろう。

「おはよう、姫様、おかげで起きたよ!」

気が付いたら、もうすでに立ち上がった勇者役のマッシュ君と向かい合っていた。
―えっと、えっと私って、その…きゃぁーっ!!
今更ながら自分の取った行動を思い出して、心の中で大騒ぎしているラミレス。マッシュの顔を正面から
見ることができずに空を見上げると、そこにはたくさんのひよこ君の羽。

「って、なにこれ?」

思わず疑問が口から出たことにも気付かず、ラミレスはマッシュの方を見る。しかしマッシュの方も驚いているようだった。

―ということは、きっとマッシュ君も聞いてないんだよね。ということは『ぐうぜんのできごと』ってやつかなー?
…何故にひらがななのだ?ラミレス(謎爆)

ひらひらと、流れ落ちる黄色の乱舞を見ながら、ラミレスは想像していた。

―これが、みんなに幸せを運んでくれるといいのになーっ。

…それが、合図だった。

今まで緩やかに落ちてきていたひよこ君の羽が、はたと動きを止めたかと思うや、空高く舞い上がっていく。その羽が
見る間に消えたかと思うと、再び緩やかに落ちてくる。しかし、それは先程までと二点ほど違っていた。ひとつは、
それが《ステージ・オブ・ドーン》だけではなく、twiLite全体へと降り注いでいた事。そしてもうひとつは、
その羽が黄色ではなく、淡いピンク色に変わっていた事である。それはまるで…

「すごーい、桜吹雪みたい!とってもきれい…」

舞い降りる羽を、黄昏の遊園地の演出と信じ込んでいるラミレス。ふとマッシュの方を見てみると、その桃色の羽が
マッシュに数枚まとわり付いては離れていく。それが幾度か繰り返すうちに、マッシュの怪我は消えていた。

―あっ、血のりとかとったんだ。ということは…
…ラーミーレース、いや、もはや何も言うまい(核爆)

見渡してみると、お姫様役のお姉さんもいつのまにか姿を消していて、ラミレスとマッシュ以外誰もいない。
「こぷっ、こぷっ、こぷーぅ…」
…あー、はいはい。二人と一匹しかいない。

そして、ラミレスはマッシュに手を差し出しながら言った。

「”イベント”は終りなんだよね?だったら、どこかに行こうよ、『マッシュ』君」

そんな風景を空の月だけが静かに見ていた。
[2003/04/18 01:26:09]

お名前: "狭の娘" 工藤夕維   
Style:Fate◎,Ayakashi●,Karisma
外見 :銀の髪に紫の眼、17歳前後の女性、167cm

【Fountain of Starz にて】

「きれい・・・」
光の中に浮かび上がる泉をみて彼女は呟いた。

夕暮れ時、久しぶりにすれ違った聖人ジョニィは彼女のことを覚えていてくれた。
女大公の元の呼び出しを受け沈んでいた彼女に、彼はこのtwiLiteを紹介してくれたのだった。

「きっと元気になれる、か。本当ね」
夕刻のやり取りを思い出して、彼女はクスリと笑った。
Fool'z Gateからここに歩いてきた彼女を包んでくれた、星々の輝きと桜吹雪は彼女の心を幾分か浮かび上がらせてくれていた。

夜もだいぶ更けてきていたが、周りには何人もの人々が思い思いにすごしているようだった。
なんとなく一人でいる寂しさを感じながら、穏やかな風に身を任せて、夕維はしばらく佇んでいた。
[2003/04/08 02:07:54]

お名前: “咎無き罪人”SIN−LESS   
【Fountain of Starz】

「…おいおい本気か?」
SIN−LESSは肩を竦め、目の前の女性に問いかける。問いかけた際、さりげなく相手の表情を読み取り…
彼は、心の中で苦笑した。
この、見るからに気の強そうな女性は、どうやら俺をおもちゃにする事にしたらしい。
どんな言葉を返してくれるのか、楽しみにしているのだろう。これは、一種のゲームだ。
答えによっては、思い切り笑ってやろう…そんな風に待ち構えている彼女を見ているうち、SIN−LESSの
心の中に、何か湧き上がってくるものがあった。
探偵は、“それ”を理解しきれないままに口を開いた。いや、言葉が勝手に口をついたと言ったほうが正しいかもしれない。

「……この、理不尽で不公平な世界で繁栄を極めている“災厄の都市”の一角にて。
 一組の縁もゆかりも無い男女に、ひとときの安らぎを……」

肩越しに噴水に向けていた目線を女性の顔に戻し、男は言った。
「あいにく俺には、忘れたくなるような嫌な事も、叶わぬあまりに諦めたくなるような願い事も無いが…
“そういう時間”を過ごしたいのなら、付き合ってやるよ、嬢ちゃん。
 ……無論、願い事が叶うかどうかは、神のみぞ知るワケだがな」

“原罪を持たぬ男”を名乗る不心得者は、意外な器用さを発揮して片眉を上げて見せる。
そうしながら、彼は己の心に湧き上がるこの感覚の正体に思い至り、本気で失笑した。

そうだ。この感覚の正体は……“楽しい”、だ――
[2003/03/15 01:40:30]

お名前: ”イモータルトーキー”ソラト=カミヤマ   
マリオネットの社屋内→トワイライトへ

「失礼します」ソラトがマリオネット部長室に入る。
そこには「デスク」がいつものように胃をさすりながら椅子に座っていた。

「最近、飽き飽きしてるだろ?」デスクが単刀直入に言う。
「・・・気付いていましたか」
「ま、そんなところだろうと思ったよ。それでだ少し休暇でもとって
最近噂になってる夜になったらゲートが開く
“twiLite”にでも行って遊んで息抜きして来い。
こういうときくらいしか休めないからな」
「はぁ・・・・」

(ま、たまにはそれもいいか)

そして、時は夜、ソラトは私服姿でその場所にやってきた。
「これが“twiLite”か・・・」
多くの人が現実を忘れて楽しんでいる。
いろいろなアミューズメントをぶらぶら見てるうちに
「体感格闘ゲーム」をみつけた。

「ちょっと腕試ししてみるか」何気にコインを入れてみる。
「難易度入力・・・っと・・・まとりあえず普通でしてみるか。」

『Battle・・・ready・・・go!』掛け声と共に仮想世界での闘いが始まる。
「・・っと・・おっと・・・うわっ・・・」
現実世界なら新聞記者であると同時に、己の身を守る事にも慣れているはずの
ソラトであるが、仮想世界になるとそうも行かないようだ。
あっという間にゲームは終わってしまった。

「ははは・・・やっぱりゲームともなると感覚が違うな。上手くいかないものだな」
ちょっぴり不満そうな表情を残しながらも、楽しんでいるようだ。
「さ、他にはなにがあるんだ?」

ソラトも現実を忘れ、“twiLite”のかりそめの住人となったようだ
[2003/03/10 11:31:30]

お名前: ”イモータルトーキー”ソラト=カミヤマ   
カブト チャクラ トーキー●◎ 31歳、大柄な青年も終わりの好男子

(マリオネットの社屋内で)

「最近、目ぼしい大きな事件がないなあ」
・・・とはいっても決して事件がないわけではない。
そもそも・・・1秒で事態が豹変するニューロエイジの世界から、
事件が途絶える事もないだろう。

N◎VA軍だのイワサキだの稲垣機関だのの不正、隠蔽事項を
大々的に報道し続けた彼にとっては、身近な事件は
「刺激」が足りないのである。

180cmに近い体躯から繰り出す力は、不正を糺(ただ)し
己が信じる「道」を貫くためにあるのかもしれない。
そして俺は大切なものを「守り」たい。
そのために「報道」「メディアの力」を借りる事が必要なのだ・・・

そう気付いたのは、いつの頃だったろうか・・・
漠然としたイメージだけでマリオネットに入って10年になる。
あの時は・・そう・・・

「ソラトさ〜ん!」新人記者の呼ぶ声が聞こえる。
「・・・」
「??ソラトさん!!!」返事がないので記者は大声で呼ぶ。
「・・・あ、ああ、何か用か?」2回呼ばれて初めて気付く

「何をぼけ〜っと考えていたんですか?」
「あ、ああいやなんでもない。で、どうした?」
「デスクが呼んでいますよ!。急いで来いとの事です」
「そうか。わかった。今行く!!」

デスクからの御指名だ。
きっと最近足りなかった「刺激」を与えてくれる事件が待っているに違いない。
彼の右手は自然と胸ポケットのジュラルミン製の名刺に行っていた。
[2003/03/10 02:29:17]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
「願い事なんてもうない。」
 と言いかけたツインテールだが、直前で言うのをやめる。
 それよりもこのフェイトをからかって遊ぶほうが面白そうだ。
「そうね…じゃぁ」
 いたずらを思いついた子供のような表情を浮かべながら、ツインテールは言葉を続けた。
「わたしの願い事を、あなたが代わりに言ってくれないかしら?
 『仕事が上手くいきますように』でも
 『新しく素敵な男性が見つかりますように』でも何でもいいわ。
 それがわたしの願いってことにしておいてあげる。」
[2003/03/07 10:22:01]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
【Fountain of Starzにて】

 突然背後から投げ入れられたコインに驚いて振り向くと、先ほどのフェイトの姿が目に映った。

>「…俺にはゲームをするような遊び心も、まじないに頼ってまで叶えたい願い事も無いんでね…
> で?今のコインに対して掛ける願い事は、今のアンタの言葉そのままで良いのかい…嬢ちゃん?」

 彼なりに自分を気遣ってくれたつもりだろうか?
 それにしても、都合のいいタイミングに現れる男である。
[2003/03/07 10:10:25]

お名前: ロン・ウェン   
◎タタラ=●ニューロ=ニューロ 着崩した背広の青年(19)
【メモリー・オヴ・エンプレス】

何故自分は金を払ってまでこんな作り物の緑を眺めているのだろうか。本来なら店でサイバーウェアを常連客にインストールしている時間帯だったと言うのに…。
それもこれも忌々しいあの男のせいだ。
礼儀作法がなっていないからちょいと「お姫様」を抱っこさせてやっただけだと言うのに、まさかいきなり店を襲撃するとは…まったく。

そっちがそうくるならこっちはこっちのやり方でやらせてもらうまでだ、幸い予定は空いている。まず、手始めにブラックハウンドと追いかけっこしてもらおうか、前科220犯の土産と供に。
                                          …当分おもちゃには困らなそうだ。
[2003/01/29 00:14:19]

お名前: “夢見姫”斎姫   
Kabuki◎,Mistress,Mayakashi●/F/AJ19(自称。外見は13〜14程度)/黒猫を連れた少女

【《ステージ・オブ・ドーン》】

どのくらいの時間が経ったのだろうか。
長い時間が経過したようでもあり、ほんの一瞬だったようでもある。
あまりにも思いがけない状況が、斎姫の時間感覚を狂わせていた。
だが……
「いつまでも惚けているわけにもいかないよね」
そう呟くと、斎姫は腕に抱いていた、ぬいぐるみのような生き物を地面に下ろした。
“彼(?)”は2、3歩離れて振り返ったが、果たして斎姫の表情を読み取れただろうか。
「とはいえ、この状況を茶化すのも、煽るのも趣味じゃないし……」
斎姫の連れの黒猫が彼女を見上げる。
2人(?)の視線が、交差した。

「……ここは成り行きに任せるとしますか」

斎姫と黒猫が楽しそうに微笑んだその瞬間、穏やかな風が吹いた。
風は、黄色いモノを吹き上げ、そしてそれは【ステージ・オヴ・ドーン】の“中心”に――
――見つめ合う、マッシュとラミレスとの間に舞い落りた。

それは、“魔法の遊園地”の案内人たる、ひよこくんの羽根だった。
[2003/01/18 04:02:40]

お名前: “咎無き罪人”SIN−LESS   
【Hermit of the East】

 足早に立ち去っていく女性の背中を見送りながら、SIN−LESSは受け取ったコインを手の中で弄んだ。
 お詫びとは言われたものの、灰による汚れなど払えば落ちる程度のものでしかない。かと言って、
何らかのゲームを楽しむ代金としては、1枚では少なすぎる。大体、遊園地の遊戯に興じるような
可愛げなど、当の昔に星辰の彼方に置き捨ててきてしまっているのだ。
この“咎無き罪人”は。
 ついでに言うと、このコインを広場の噴水に投げ入れて願い事を言う、などというナンセンスな選択肢は、
元々意識の片隅にすら浮かばなかった。
いまさら願うような事柄など、何も持っていない……
 しばらく考えた末、結局探偵はその使い道の無いコインを返すために、すでに背中すら見えなくなった
女性を追って歩き出した。

【Fountain of Starz】
 ゆっくりと歩いた所為で、思いのほか時間が掛かった。広場の前にたどり着くまでに要した時間は10分強。
その事実に、あらためてこの遊園地の広さを思う。
 探偵の眼が、噴水前に佇んでいる女性を見つける。こちらに背を向けてはいるが間違いない。
ついさっき見送ったばかりの相手の背中を見間違えるようでは、フェイト失格である。
 手の中でコインを弄びながら彼女の背中に近づいて行くと、風に乗ったその言葉が耳に届いた。

「…こんなことやってる暇があったらもっと稼がなきゃ」

 どうやら待ち人は来なかったらしい。稼ぐということは何だろう。ペルソナから判断するに、
どこかのネクサスからデータでも盗むつもりなのだろうか?
 だが、そんな瑣末事以上に探偵の意識に引っ掛かったのは、
「こんなことやってる暇があったら」
という言葉に込められた諦めの意思だった。

 ……何年待っていたのかは知らないが……

 女性の頭上を越えて手の中のコインを噴水に投げ入れながら、再びシニカルな笑いを口元に浮かべた探偵は
彼女の背中に声をかけた。

「…俺にはゲームをするような遊び心も、まじないに頼ってまで叶えたい願い事も無いんでね…
 で?今のコインに対して掛ける願い事は、今のアンタの言葉そのままで良いのかい…嬢ちゃん?」
[2003/01/06 01:36:14]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
【Hermit of the Eastにて】

「そうね、そうするわ。」
 フェイト風の男の忠告に従い、足早にその場を去る…その前に
「あ、そうそう。これ、汚したコートのお詫びよ。」
 そう言って先ほど両替したコインを1枚投げて寄越す。
 フェイトがそれを受け取るのを確認もしないうちに、ツインテールは駆け出していた。


【Fountain of Starzにて】

 時計塔の針は12時10分前を指していた。
(間に合った…!)
 そのまま噴水の前で“彼”を待つ。
 もちろん約束などしていないが。

 …10分後、無情にも時計塔は12時の鐘を鳴らす。
(ま、そりゃそうよね。再会の約束すらしていないんだから)
 今年もコインを投げ入れて噴水庭園に別れを告げようとポケットを探った。
 が、先ほどフェイト風の男にコインを渡してしまっていたことに気付き、溜息をつく。
「ま、いっか。」
 落胆は隠せないが、どうせ願い事などありはしない。
 やってくるはずのない恋人を待つのは今年で最後にする。
「そうよ。やらなきゃいけないことは他にも沢山ある。
 こんなことやってる暇があったらもっと稼がなきゃ。」

 カラ元気でも、元気は元気である。
[2002/12/29 22:15:29]

お名前: “咎無き罪人”SIN−LESS   
【Fool'z Gate〜Hermit of the Eastへと続く道の途上】

「……なかなかロマンティックでしょう?」
その女性は、挑みかかるような光を瞳に宿してそう言った。

SIN−LESSの眼は、全てを見通していた。
探偵の的を射た言葉に対し、その瞬間に彼女が抱いた…畏れ。
無作法に、無遠慮に、己の心理を読んだ事に対する探偵への…怒り。
そして、それらの感情をあえて抑えて強気な笑みを見せている。
女性の全身からは、探偵に対する明らかな…嫌悪とまではいかないが、かなり強い嫌気が漂っていた。
初対面の相手に何もかも見透かしたような態度を取られれば、当たり前の反応だ。

だが…SIN−LESSは、こういう人間は嫌いではなかった。
己の弱さを自覚している者。
他人に弱みを見せないように突っ張っている者。
意地を持つ者、誇りを持つ者。
ヒトが持つ強さも、弱さも、汚さも、情けなさも、愚かさも。
何もかもを知っている彼だからこそ……
眼前の女性のような、意地と誇りを持った人間は、嫌いではなかった。
意地と誇りを瞳に宿したその微笑は…嫌いではなかった。

「…まぁ…ロマンティックと言えば、確かにそうなんだろうが…それなら、急いだほうが良いんだろうな。
もうすぐ、クリスマスが終わりを告げるぜ?」

噴水のほうを視線で指し、探偵は(普段の彼からは想像できない事に)女性に道を譲ってやった。

彼女から感じた、その想いの強さと、意地と。
そして、負けん気の強さに敬意を表しての行動だった。
すでにシニカルな笑みは、探偵の口元から消えていた。
[2002/12/26 01:59:25]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
【Fool'z gateからHermit of the Eastへ】

「…!!」
 自分の心の最も弱い部分を刺激され、ツインテールは激しく動揺した。
 何故この男は自分が人を待っていることを知っているのか?しかも来るはずのがないということまで…。
 全てを見透かされているような恐怖感に囚われ、一瞬背筋が凍る。
 しかし改めて男を観察してみると、その理由が分かった。
 煙草。コート。三十代男性。悟ったような語り口調。
 男はフェイトのようだ。
 その鋭い観察眼で、ツインテールの心理を読み取ったのだろう。
(まったく、これだからフェイトって人種は嫌いなのよ。人の心に土足で上がりこんできて!)
 そう思ったツインテールだが、思いとは別の反応を返すことにした。
 見知らぬ人間に弱みを見せたくないと思ったからかもしれない。
 平静を装い、微笑みを浮かべながらこう答える。 
「フフ、実はそうなの。まぁ、今年もどうせ来ないわね。たぶん。
 来ないのは分かっているんだけど、毎年クリスマスが近づくとここに来て願いことをするの。
 なかなかロマンティックでしょう?」

 それにしても、「嬢ちゃん」と言われたことに対しては
「もう大人よ」
 と怒るべきなのか、
「意外と若く見てくれるのね」
 と喜ぶべきなのか?
[2002/12/25 04:15:21]

お名前: “咎無き罪人”SIN−LESS   
【Fool'z Gate付近にて】

 SIN−LESSは、煙草を揉み消した灰皿を手に持ったまましばし、
周囲に満ちている”魔法”にその意識を浸らせていた。
 どのくらいそうしていただろうか。
 ふと気配を感じたその直後、背中に衝撃を感じた。
 その左手から、吸殻と灰を撒き散らしながら灰皿が落ちる。
「……」
 風に乗って踊った灰のいくらかがコートの裾を汚した。

(…いや、落ち着け。道の真ん中で意識を飛ばしていた俺が悪い)
 そう自分に言い聞かせようとして、彼はふと気が付いた。
 けして狭くは無い…はっきり言ってしまえば広いの一言に尽きるこの道で、
一体何をどうすればその道のど真ん中に立っている人間に気が付かず、
その背中に正面衝突するような器用な真似ができるのか?
(…ピンポイント過ぎる)
 その事実に思い至った途端、相手を責める台詞ばかりが怒涛のように脳内に溢れ出す。
 もはや先ほどまでの殊勝な思考など微塵も無い。
 文句をつけてやろうと振り返ったフェイトは、謝罪の言葉を口にしたその女性の瞳が
どこか別の場所…別の刻を見ていた色をしている事に気が付いた。

 気が付けばSIN−LESSの口をついて出た言葉は、
当初考えていたものとはまったく別のものになっていた。

「…いつまでも来ない待ち人を求めに来たのかい?嬢ちゃん」
 フェイトの口元に、薄いシニカルな笑みが浮かんでいた。
[2002/12/24 01:47:01]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
【Fool'z Gate付近より】

 2年前に彼と再会したのはここ、フールズゲート付近だった。
 しかし――
「そうよね、やっぱり待ち合わせるなら中央噴水庭園よね。」
 Piese of twiLiteでコインを両替すると、ツインテールは中央広場へ歩き出した。
 来るかどうかも疑わしい待ち人を待ちに。
「そういえば、去年同じ時期にここへ来た時も噴水にコインを投げ入れたんだっけ…」
 考え事をしながら歩いていると、誰かの背中にぶつかった。
「あ、ごめんなさい」
と言う間もなく、その人物(フェイト風の男性だ)が手にしていた物が地面に落ちた。
 黒と白の灰が散らばる。携帯灰皿だったらしい。
[2002/12/21 02:30:52]

お名前: “夢見姫”斎姫   
Kabuki◎,Mistress,Mayakashi●/F/AJ19(自称。外見は13〜14程度)/黒猫を連れた少女

【《ステージ・オブ・ドーン》】

「えーと、もしかして……ってゆーかむしろ、もしかしなくても、勘違いしてるよね、アレ」
引きつった笑みを浮かべながら、斎姫はゆっくりと黒猫に顔を向けた。
「と、とりあえず…どうしようか?」
とはいえ、この状況で斎姫に出来ることは、はっきり言って皆無に等しい。
素直に退場、という選択肢も考えたが……
「こ、こぷも?」
いきなり手渡されたぬいぐるみ(?)を置いて行くというのも気が引ける。
「本人たちは違和感感じてないみたいだし、あたしが口出すことじゃないよねぇ……」
斎姫は、もう一度2人――ラミレスとマッシュ――のほうに目を遣ると、深々とため息をついた。
「ホント、どうしよう……」
[2002/12/15 18:27:34]

お名前: 犇現叩魅丱鵐澄璽好淵奪繊有瓮ア・マッシュ   
(Chakra◎,Kabuto, Katana●  13/♂ 金髪碧眼の人なつっこい少年)

【《ステージ・オブ・ドーン》】

人が近づいてきている
ぼやけている頭の中、それだけは理解できた。
なんだろう、朝かな?
「そっかあ、そうですね、わかりましたぁ。…という訳で、コンちゃんちょっと預かって下さいね〜」

ラミレスの声。
ああ、そういえば伊集院さんとケンカしてたっけ。
結果はどうなったかなあ、負けたのかな?
頭には霞がかかったみたい。
このまま、寝ていたい。

ふと温かい感触。
なんだろう?
目を開けるとそこにはラミレスの顔
今のは…キス…かな?
お姫様のキス、起きないとね。

「おはよう、姫様、おかげで起きたよ!」

顔を赤らめながらも、照れを隠すように
マッシュは精一杯、元気に答えた。
[2002/12/07 01:01:38]

お名前: “咎無き罪人”SIN−LESS   
STYLE:フェイト◎,レッガー,マヤカシ● 短い黒髪と浅黒い肌。30代頃の男

【Hermit of the East付近にて】

「…雪か。懐かしいモノを見せてくれやがる」
 咥えた煙草から立ち昇る紫煙を透かし、“咎無き罪人”を名乗る男は
呟いた。
 軽く目を細め、
「…常春の都市に雪も無ぇと思うが…これも此処の魔法のひとつ、とでも
言う気かね?」
 どうせなら、もう少し寒ければ気分も出るものを――
 そんな風に思っていると、突然吐く息が白い蒸気となって紫煙に混ざり、かすかな肌寒さを感じた。
「……」
 フェイトは、根っからの皮肉屋だったが、さすがにこれには苦笑した。
 どうやら本当に、此処には魔法が満ちているらしい。
 もちろん、人より多少は星幽界に近い人種であるSIN−LESSは、
此処に満ちている“力”に気が付いていたが……
「割とイカサマも多いからなぁ…この手のモンには」
 だが、自分の知る物が世界の全てでもない。
 本物の魔法…しばらく浸るのも悪くない。

 黄昏の遊園地に満ちる魔法に敬意を評し、彼は吸い掛けの煙草を揉み消して携帯灰皿に棄てた。

 ファンタジーには、穢れた大人の嗜好品は似合わない。
[2002/12/05 00:58:24]

お名前: ラミレス   
 カゼ◎ ハイランダー=ハイランダー● Female 十代前半?
 149/?? 金髪碧眼の白人風 
 名前以外完全な記憶喪失(しかし当人全く気にせず)
 コンちゃん(狐の縫い包み風ドロイド)とローラーヴィークルで好奇心のままに行動する

 【《ステージ・オブ・ドーン》】
 
「んんー、でも後片付けが済むまでは、あたしの“イベント”は終わらない、かな」
「それで、貴女の“イベント”は、これでお終い?」

お姫様役の俳優さんは、何か怪しげなものをしまいながらラミレスにそう教えてくれた。

―えと、えと、何かよくわからないけど、このままじゃいけないってことだよねっ、たぶん。

そう言われて、ラミレスはこういう時の定石を思い出してみようとした。

―えーっと、倒れているマッシュ君に近づくのはいいけど、なんて言って起こせばいいんだっけ?
『傷は浅いぞ、しっかりしろ!』は違うし、『これが定めというものなのかっ!』も違うし…。
…おーいラミレス、君の思考回路はどーなっているのだ(汗)。

「そっかあ、そうですね、わかりましたぁ。…という訳で、コンちゃんちょっと預かって下さいねぇ〜。」
「えっ、ちょ、ちょっと何を?」
「こっ、こぷっ、こぷう〜?!」

言うが早いが、ラミレスはお姫様役の俳優さんにコンちゃんを持たせてしまうと、勇者マッシュ君の方に
駆け寄って抱き起こし、そして、

「古今東西眠っている人を起こすのは、これだよねっ!」

と、顔を真っ赤にしながらマッシュの顔に自分の顔を近づけて…。
[2002/12/04 02:34:35]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
【Fool'z Gate付近にて】

「クリスマスシーズン、か。」
 ゲートをくぐりながら、ツインテールはぽつりと呟いた。
 “災厄”によって常春の地となったトーキョーN◎VAでも、12月にな
ると街中がクリスマス用のディスプレイやイルミネーションで賑わうように
なる。雪が降ろうが振るまいがお構いなしだ。
 人類のお祭り好きは、昔も今も変わらないらしい。
 ここtwiLiteも例外ではなく、普段は星々が瞬く黄昏の庭園の上空には今、ホログラフの雪が降っている。

 ツインテールは再び呟いた。
「神様や奇跡を信じるわけじゃないけど、この時期になると来ちゃうのよね、
 ここに。」
 そう言いながら、やや自嘲気味な笑みを浮かべる。
「もう2年も経つのね…」
 最後に彼に会った場所。そこに、ツインテールは再び行こうとしていた。
[2002/12/03 01:03:50]

お名前: ピット・ラビット   
アヤカシ=マネキン=◎●フェイト (見た目)10歳 妖精の一族

ピットは、一瞬目の前のことが理解できなかった。ひよこくん達が目の前に現
われたと思ったら、彼のことが眼中にないのか、かまわず突っ込んできたのだ!
(なっ、なぜ!)
よく周りを見てみると、仮面を被った男を追ってひよこくんは走っていた。
それを確認したのも束の間、

どかっ

・・・ひよこくんと仮面の男が走り去った後、そこには子供が寝転がっていた。

「いててててて・・・。普通の人間だったら、大怪我だよ。」
(それにしてもあの仮面の男、どう考えてもひよこくんを操っていたな〜。
・・・あの男について調べてみようか。)←別に操ってはいないが(笑)

(自称)情報屋の血が騒ぐのだろうか。ピットはあの男の事を調べに、
自分の隠れ家へ帰ることにした。勘違いをしていることも気がつかずに(笑)
[2002/10/23 16:17:14]

お名前: “偽り兎”ピット・ラビット   
アヤカシ=マネキン=◎●フェイト (見た目)10歳 妖精の一族 自称情報屋 M○●N出身

【《中央噴水庭園》近くの屋台】

「何か面白い者はないかな〜。」

ポップコーンを頬張りながら、ピットは次に行く場所を決めかねていた。

「たしかステージ・オブ・ドーンとか言う場所で、実演のアクションショーが見られるんだっけ・・・」

決めた。
そう思うと、一目散にステージ・オブ・ドーンに駆けていった。しかし・・・。

『『『・・・・・・・・・待つのだ〜!!!』』』

パレード用の道に入った瞬間、大量のひよこくんがピットに向かってバッファローのごとく襲い掛かってきた!!
[2002/10/18 16:25:07]

お名前: : ‘‘闇への送還者”悠羅 影渡   
◎マヤカシ=●カゲ=バサラ AJ外見20(実年齢3歳) male

フリーの退魔師。普段はN◎VAのレッドエリアで喫茶店を経営している。

《ステージ・オブ・ドーン》】

 影の中に消えていった男達に手を振って見送った後、影渡はもう一度辺りを
見回していた。
 相変わらず、ひよこくんが標的を求めて走り回っている。
(もしかして、さっきのカゲの人のターゲットって、魔王さんだったとか
無いよね? だったらとってもマズイ気がする)
 また新たな勘違いモードに入った彼の所に、ひよこくんが突っ込んできたの
は偶然だったのだろうか。

「なのだ〜!」
「っと」

 ひよこくんの上を飛び越えて回避し、数メートル先の地面に着地する。
 ちょうどそこは、金縛りがまだ解けてないひよこくんリーダーの真後ろだった。
 そこで影渡はふと考える。
(この騒ぎに一般客巻き込むのはマズイよな。ひよこくんの暴走に関しては
僕の責任だし)
 よく見ると、ひよこくんの暴走範囲は、はじめの2倍ほどに広がっている。
一般客を巻き込むのは時間の問題だろう。
 少し考えた後、彼は覚悟を決めた。

 意識を集中し、仮面をイメージする。"狩"を始める時に使う力。
 自分の半身を、意識の底から拾い上げる。無意識に左手が印を紡ぐ。
 本来は破壊と、殺戮しかもたらさぬもの。だが今回は
 右手が顔を覆い、そして離れる。

 影渡の顔は、仮面に覆われていた。

 顔が<秘幽体>に覆われたのを確認すると、人格カードを取替えた後、
影渡はおもむろにひよこくんリーダーの体を持ち上げた。
「こっちを見るんだ!!」
 辺りにいるひよこくんに呼びかけると、全員ピタッと止まり、影渡の方を向く。
「リ−ダ−は預かった。返してほしくばついて来い!!」
 影渡がひよこくんリーダーを抱えて逃げ出した後、妙に静かな間があった。
時が止まったかのように。
 と、無理な体勢で静止していたひよこくんの一匹が、コロン、と倒れる。
 同時に、時が動き出した。

『『『待つのだー!!!』』』

 そのころ影渡は、パレード用の道へ入るところだった。
(このままMiLion−Lite本部まで逃げよう逃げ切れたなら)
 後ろから、西部劇のバッファローのごとく、ひよこくんが追いかけてきていた。
[2002/10/08 15:45:37]

お名前: 恵・C・蓬莱寺   
トーキー◎●,ハイランダー,ニューロ アイコンは“虹の瞳のシャム猫”

【現実世界】
 騒ぎが沈静化し、影に消えた二人を追って動き始めたひよこ君たち。
その中に一体、動きを止めているものがいた。
【ウェブスペース】
『・・・・・・楽しかったなぁ』
 ウェブに繁った枝の上。ひよこ君の目を通して一部始終を見ていたシャム猫は、
軽く伸びをしてみせた。
 己の身体の力すべてを振り絞るような闘い。自分には絶対に辿り着けない場所に、あの少年も、“暴力トーキー”もいる。
理解したくても理解できない、けれど・・・・・・
『だから憧れるし、面白いんだよね』
 色んなヤツがいるから、ニューロエイジは刺激に満ちている。
それは多分、ウェブでもアストラルでも同じなんだ。
 もう一度だけ身体を伸ばし、シャム猫は枝から・・・・・・ひよこ君のバディシステムから飛び降りた。
『瞳を貸してくれて、ありがとう』
 礼の言葉ひとつを、置き土産にして。
 ひよこ君のアイコンが、軽く尾羽を振って見せた。

【現実世界】
「・・・・・・ん」
 霧に包まれたベンチ。金髪の、少年とも少女ともつかない十代半ばの小柄な人影が、
軽いうめき声と共に“戻って”来た。
 周囲を見渡し、しなやかな動きで背伸びをする。その動きは、どことなく猫を連想させた。
「・・・・・・さて。・・・・・・行こっか?」
 アイコンと同じ、虹色の輝きを左の瞳に宿したその人物は、軽快な足取りで
霧の向こうに消えていった。
 まるでいい夢を見たかのように、口元に、淡い微笑を浮かべて。
[2002/10/05 13:17:35]

お名前: “夢見姫”斎姫(いつき)   
Kabuki◎,Mistress,Mayakashi●/F/AJ19(自称。外見は13〜14程度)/黒猫を連れた少女

 【《ステージ・オブ・ドーン》】

 「えーっとぅ、このイベントはもう終わりなんですか、お姫様役のおねーさん。」
 「……………」
 「……………」
 「……………」
 「ほえ、呼ばれてる? ……って、あたしのこと!?」
 連れの黒猫に服の裾を引っ張られ、斎姫は慌てて顔を上げた。
 呆けていた訳ではない。
 ただ、『お姫様』だの、『おねーさん』だのといった慣れない言葉に反応できなかった
だけである。
 ちなみに『ちび』とか『ガキ』とかいう言葉には、それこそ“2秒”で反応(いろんな
意味で)するのだが……まぁ、この際それは関係ないだろう(笑)

 「え、えぇと、“このイベントはもう終わりなのか”ってことだったよね」
 既に喧嘩は終わり、集まっていた人たちも徐々に散り始めている。
 騒ぎを起こした張本人も、姿を消した。
 客観的に判断すれば、どう考えても“イベント”は終わっていると考えるべきだろう。

 だが……

 だが、斎姫には“終わった”という実感がまったくなかった。
 いや、むしろ何かやり残していることがある。そんな気さえした。
 (どうして……だろう?)
 気にはなるが、ここで黙り込むわけにはいかない。
 目の前に応えを待っている人がいるのだから。
 「え、えと、“お祭り騒ぎ”はこれでおしまい、だね」
 動揺している。
 その事実を自覚できる程度には、斎姫は冷静だった。
 だから、無意識に動かした指が“何か”の感触を伝えたことも、はっきりと感じることが
できた。
 (あれ、なにか持ってたんだっけ? ええと、確かこれは……伊集院捕獲用の――)
 突然、明確な答えが斎姫のなかで像を結んだ。
 わかってみれば、じつに単純な答えが。
 「んんー、でも後片付けが済むまでは、あたしの“イベント”は終わらない、かな」
 手に持ったモノをこそこそと仕舞い込みながら、にっこりと微笑む斎姫。
 「それで、貴女の“イベント”は、これでお終い?」
[2002/10/05 07:33:21]

お名前: ラミレス   
 カゼ◎ ハイランダー=ハイランダー● Female 十代前半?
 149/?? 金髪碧眼の白人風 
 名前以外完全な記憶喪失(しかし当人全く気にせず)
 コンちゃん(狐の縫い包み風ドロイド)とローラーヴィークルで好奇心のままに行動する

 【《ステージ・オブ・ドーン》】

自分が行ったことと気付かずに、ラミレスがコンちゃんとその舞台効果に感心していると、ひよこ君が元の数に
戻っていた。そしてその刹那、

「次の一撃で終わりにしてやる…最高の一撃でかかってきな」

魔王の高らかな宣言とともに、勇者マッシュと魔王の姿はまるで夢幻のように掻き消え、再びその姿を見せた
時にはすべてが終わっていた。
ラミレスがその間に見えたのは、舞台効果(と思っている)の薄氷の舞う様と、幽かに煌めく黄昏の光。
そして、その後にゆっくりと倒れ行く勇者マッシュと魔王の姿だった。

―えと、えと、この場合って、どーしたらいーのかなー?

ラミレスが躊躇している間に、魔王の側にはお姫様役の人が近づいて覗き込んでいる。そして、その横には
軽やかに拍手をしながら、魔王の側近役がいつのまにか現れ、お姫様とひよこ君たちに二言三言交わした後、魔王に
手を触れるや否や魔王と共に影の中へと沈んでいった。

「では、俺もこれにて退場させて頂こう。 …XYZ」

と決め台詞を残して。

ステージ上に残されたのはラミレス・勇者マッシュ・お姫様役の人…そして大量のひよこ君たち。
 
―これでイベントは終わりなのかなーっ。でも、それにしてはマッシュ君立ち上がってこないし、どうなんだろ?
…おひラミレス。せめてあの殴り合いが本気か演技かの違いくらい気づけ(泣)。 

「こぷもっ、こんっ、こんっ!」
「…うん、そーだね。こういうときは知ってそうな人に聞くのがいちばんだね。さっすがぁっ、コンちゃんっ。」

コンちゃんとの作戦会議(?)の結果、出た結論をラミレスは早速実行した。

「えーっとぅ、このイベントはもう終わりなんですか、お姫様役のおねーさん。」

……そこに佇んでいたお姫様役の俳優さん(と思っている)に近づいて聞いてみるということを。
[2002/09/30 14:11:56]

お名前: “レイジング”日ヶ峰行   
 カゼ● カブトワリ イヌ◎/M/28/ミラーシェードに白髪、長身の男

【《フールズ・ゲート》】

 愛車のアキラから降り、コウは懐から沈静スティックを取り出すと、そ
れを軽く銜えた。
 何か騒ぎでも在ったのか、駆け回るひよこくんの姿がちらほら見える。
 それを後目に、彼は遊園地を見据えた。

「黄昏。かわらんね」

 軽く笑い、軽快な足取りで踏み入る。
 
 其処は文字通り、何も変わっていなかった。
 だからこそコウは、寂しさを覚える。この遊園地ではなく、変わってし
まった職場について。
 今のハウンドは腑抜けだ―――そう言ってバッヂを置いて行った連中の
ことを少しだけ思い出す。
 自分もそう思う。“アイスハウンド”に会わなければ、自分も彼等と同
じ選択をしただろう。
 普段は陽気な彼だが、今でも、彼は去って行った同僚たちを思い、堪ら
なく寂しくなることが在る。
 そういう時、彼は此処を訪れることにしているのだ。
 常に変化し続けているが故に変わらない、黄昏の遊園地を。
 体はほとんど機械の塊にしている癖に、感傷的に過ぎる?
 ニューロエイジには相応しくない?
 自分も、そう思う。

 コウは、中央噴水庭園へと足を向けた。
 歩いて、園内を見て回ろう。
 少しは気も晴れるだろう。
[2002/09/25 11:56:51]

お名前: “ツインテール”有坂 綾    URL
【《The RaveUniverse》付近にて。倒れた拳闘士を遠巻きに眺めながら】

「あ、もう終わっちゃったんだ。」
ステージ・オブ・ドーンで起こった乱闘(?)騒ぎは、2人のダブルノックアウトいう結末で終わりを迎えたようだ。
彼女は静かな雰囲気のtwiLiteが好きなのだが、こういうお祭騒ぎも嫌いではない。

本当はちょっとその辺を散歩するだけのつもりだったのだ。
それがたまたまtwiLiteの前を通りがかったのが運の尽き。
出来上がった人だかりに、野次馬根性が首をもたげ、結局最後まで見届けることになってしまった。

ふと横に目をやると、暴力トーキーが30連勝だか何だかを達成したパンチングマシーンが置いてある。
「試しにやってみようかしら?」
好奇心が沸き起こる。いつもの気まぐれというやつだ。
コインを投入し、拳をグーに構える。
「ハッ!」
バフッ
結果はもちろんランク外。所詮は女の腕、ましてや腕自慢のつわもの達がこぞって試した後である。いい結果が出るわけがない。
(ま、そりゃそうよね)
肩をすくめるツインテール。
「おっといけない、情報収集の続きをしなきゃ。」
そろそろ解散し始めた野次馬達と共に、ツインテールはその場を後にした。
[2002/09/20 10:51:49]


貴方のキャストの書き込みをどうぞ。(適宜改行をお入れ下さい。また、御自分の紹介で技能を書く時などに半角の<>をお使いになると、入場ゲートで認識されない恐れがあります‥‥)
NAME
E-mail URL




お帰りはこちらです‥‥