練 習



無口な青年がいました。

純情で、シャイで、一途で...。

そんな青年が、恋をしました。

彼は陸上部なのですが、となりのグランドのテニス部の少女にです。

その少女の名前は、小島景子さん。

でも彼は、その少女の方から吹いてくる風に当たっただけで、

もう赤くなるほどの青年です。

とても告白なんて出来ません。

彼は、毎日毎日熱心に練習をします。

もちろん、少女のそばに、出来るだけ居たいから...。

彼の練習熱心は、つとに有名になりました。

ある日、彼が好きな景子さんが通りかかったとき、

チャンスは訪れました。

部活仲間から問いかけられました。

「どうしてそんなに練習熱心なんだい?」

彼は、大きな声で答えました。

「うん、僕はケイコが大好きなんだ。」


                      

前のページ           寒いギャグのトップ       次のページ