BACK_HOMEトップのページ   BACK世界史のページ   年表4年表4に戻る

1597年 豊臣秀吉の二度目の朝鮮出兵(慶長の役)


 1592年(文禄元年)の豊臣秀吉による一度目の朝鮮出兵(文禄の役)は、明国軍が朝鮮を援助して戦線が膠着し、飢饉のため兵糧が欠乏したため、講和交渉が行われたが、小西行長はなんとしても講和を結ぼうと策謀を用い、秀吉の意図が明国王にそのまま伝えられず、それを知って激怒した秀吉は再度遠征の命令をくだした。1596年(慶長元年)9月2日のことである。

 翌1597年(慶長2年)に、日本は、再度、約14万の大軍で朝鮮へ攻め込んだ(朝鮮では「丁酉の再乱」、日本では「慶長の役」と呼ぶ。)。
 今回は、朝鮮側の防備ができており、戦線は再び膠着し、1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が死去して日本は撤退した。

 この戦乱により、多くの人命が失われ、朝鮮の田畑が荒廃した。儒者や陶工・活字印刷などの技術者が日本に連れ去られ、一般の捕虜は奴隷として外国へ売り飛ばされた。


【会戦】
 秀吉が再征の令をだした1596年(慶長元年)9月2日の時点で、朝鮮半島にとどまっていた軍は、釜山および加徳島にあった若干部隊にすぎなかった。それは、小西行長の策謀した講和交渉で全軍撤退という条件を満たすため、小西行長が諸将に撤兵を呼びかけていたことによる。
 小西行長は講和交渉の策謀が明らかとなったとき、誅殺されるところをまぬがれたので、軍功により罪を償おうとして、1597年(慶長2年)1月、全軍の部署が定まる前に朝鮮半島へ渡ろうとすると、加藤清正もこれと先を争った。彼らは、慶尚道を攻撃している。
 秀吉は、2月20日に諸将の部署を定め、総勢14万余人となった。

 このとき、朝鮮の水軍では、元均が李舜臣の功をねたんで讒言し、李舜臣は投獄されていた。また、日本の水軍も、前回の反省から大艦をもってあたった。このため、7月15日の巨済島の戦いで朝鮮の水軍は全滅し、日本が完全に制海権を握った。

 朝鮮半島に渡った部隊は、8月には全羅道を攻撃した。また、忠清道で明の軍隊と戦いこれも破ったが、漢城(現在のソウル)にはすでに明軍が入っていたため、近づき難かった。
 朝鮮の水軍が、ふたたび李舜臣を起用すると、日本の水軍は敗北が続いた。
 明軍の攻撃と、寒冷期が近づき兵糧に欠乏をきたしたため、日本軍は朝鮮半島南部へ移動した。


【撤兵】
 翌1598年(慶長3年)3月になると、一部の軍に帰国が命じられ5月29日に撤兵した。
 秀吉は、病により8月18日に死去したが、喪はしばらく伏せられ、朝鮮からの撤兵が行われた。8月25日、徳川家康と前田利家は、2人の使者を朝鮮半島に送り、諸将をして和を講じ軍を撤収させることを命じた。
 朝鮮の水軍は撤収する日本軍を襲撃したが、李舜臣の戦死によって襲撃はやんだ。
 12月10日に最後の軍が日本に帰国した。





【参考ページ】
1592年 豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄の役)
1597年 豊臣秀吉の二度目の朝鮮出兵(慶長の役) 〜このページ



【LINK】
朝鮮出兵
LINK 文禄・慶長の役 - Wikipedia
LINK Yahoo!知恵袋韓国では歴史の授業で朝鮮出兵で野蛮国家日本からの侵略を防いだとか言ってるけどさ 〜ベストアンサーが詳しいです。
LINK システム論アーカイブ論文編秀吉の朝鮮出兵はなぜ失敗したのか
LINK こん秀吉の慧眼によって救われた大航海時代の危機
LINK 京都の不動産会社グローバルエステート 大将のブログ正しい歴史認識 文禄の役
LINK しばやんの日々多くの朝鮮民衆が味方し勝ち進んだ秀吉軍〜〜朝鮮出兵2
LINK ねずさんの ひとりごと秀吉の朝鮮出兵
李舜臣
LINK 李舜臣 - Wikipedia
LINK News U.S. 中国・韓国・在日朝鮮人崩壊ニュース韓国の李舜臣とかいう英雄は【 実在しない 】ことが発覚www 反日映画「鳴梁」の興行成績も【 捏造 】らしいぞwww(2014年8月28日付)
LINK NAVER総督府弾薬庫弾薬庫/東郷平八郎と李舜臣
朝鮮人陶工
LINK カイカイ反応通信韓国人「豊臣秀吉に拉致された朝鮮人陶工の末路…朝鮮に帰りたくない」(2015年2月5日付)





参考文献
「日本の歴史12 天下一統」林屋辰三郎著、中公文庫、1974年
「地域からの世界史1 朝鮮」武田幸男・宮嶋博史・馬渕貞利著、朝日新聞社、1993年


更新 2015/2/5

  <広告>


 BACK_HOMEトップのページ   BACK世界史のページ   年表4年表4に戻る