このページはリンクフリーですが、できればこちらまでメールでご連絡下さい

全国学童保育連絡協議会

東日本大震災・平成28年熊本地震支援関係
☆★☆新着情報☆★☆
 2017年5月1日現在の学童保育の実施状況調査結果(報道発表資料)修正版:2017年9月28日更新
 第52回全国学童保育研究集会in兵庫、特設分科会「災害と学童保育」分散会C(フィールドワーク分散会)参加申し込みについて(PDF):2017年9月19日更新
第52回全国学童保育研究集会のリーフレットができました:2017年6月28日更新
個人情報保護方針を改定しました:2017年6月2日更新
『改訂・テキスト学童保育指導員の仕事』を刊行しました:2017年6月1日更新
第42回全国学童保育指導員学校のご案内:2017年5月5日更新
『学童保育情報2016-2017』を刊行しました:2016年11月17日更新
平成28年熊本地震 学童保育支援募金の呼びかけ:2016年6月8日更新  
『学童保育指導員の実態調査報告2015』を刊行しました:2016年2月25日更新 
『学童保育ハンドブック第2次改訂版』を刊行しました:2016年2月25日更新 
「提言 私たちが求める学童保育の設置・運営基準(改定版)と「学童保育の保育指針(案)の本文を掲載しました:2013年9月3日更新
5年ぶり 学童保育の詳細な実態調査結果(報道発表資料):2013年4月3日更新
東日本大震災学童保育義援金の呼びかけ:2011年3月15日更新

2017年5月1日現在の学童保育の
実施状況調査結果
「支援の単位」数は2万9271、
入所児童数は114万7855人
把握できた「待機児童」は、1万6832人

報道発表資料

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・

第52回全国学童保育研究集会in兵庫
リーフレットができました
 

第52回全国学童保育研究集会in兵庫リーフレット(PDFファイル)

日程・会場
2017年11月4日(土)神戸国際展示場2号館(神戸市)
     5日(日)神戸国際展示場2号館、
          神戸国際会議場、
          アリストンホテル神戸、
          夙川学院短期大学
          ニチイ学館神戸ポートアイランドセンター
          神戸市勤労会館(神戸市)で開催します 

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・

第42回全国学童保育指導員学校の
ご案内

 日程   会場 
南関東会場   6月4日(日) 東京都板橋区・大東文化大学 板橋キャンパス
西日本(大阪)会場   6月4日(日) 大阪市・大阪市立大学 杉本キャンパス 
西日本(石川)会場   6月11日(日) 石川県金沢市・金沢市文化ホールほか 
北関東会場   6月18日(日) 栃木県宇都宮市・帝京大学 宇都宮キャンパス
九州会場   6月18日(日) 福岡県春日市・クローバープラザ 
北海道会場   6月25日(日) 北海道札幌市・北海道立道民活動センター(かでる2.7) 
四国会場   6月25日(日) 香川県高松市・高松テルサ 
東北会場   7月9日(日) 宮城県仙台市・宮城学院女子大学 

*どの会場でも受講できます。複数の会場を受講することもできます(受講料はそれぞれ必要です)。
*連絡協議会等の加盟・未加盟にかかわりなく、どなたでも受講できます。保護者や行政職員の方も受講できます。
*お問い合わせは、全国連協または開催地の連絡協議会まで。
*くわしい案内・申込書は、全国連協または地域の連絡協議会で取り扱っていますので、お問い合わせください。

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・

平成28年熊本地震
学童保育支援募金の呼びかけ
 

平成28年熊本地震 学童保育支援募金の呼びかけ(PDFファイル)

 全国学童保育連絡協議会は、熊本県・大分県の学童保育連絡協議会と協力し、「平成28年熊本地震」で被害を受けた地域の学童保育指導員と保護者をはげまし、子どもたちの安全と安心を保障する学童保育づくりのための支援のための募金を呼びかけることにしました。
募金の趣旨、使途、振込口座情報などは「平成28年熊本地震 学童保育支援募金の呼びかけ」をご覧ください。
 お寄せいただいた募金は、熊本県・大分県の学童保育連絡協議会と相談のうえ、平成28年熊本地震による甚大な影響があった地域での、支援の取り組みに活用していく予定です。
 ぜひとも広く学童保育関係者に、募金へのご協力の呼びかけをお願いいたします。
 なお、全国学童保育連絡協議会では、東日本大震災学童保育募金についても、ひきつづきご協力をお願いしています。被災した地域の学童保育指導員と保護者をはげまし、子どもたちの安全と安心を保障する学童保育づくりのため、今後も息の長い取り組みが必要です。
 募金をはじめとして、さらなるご協力をお願い申し上げます。

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・

5年ぶりの学童保育の詳細な実態調査の結果を発表しました
3月29日の報道発表資料はこちらから→PDFファイル

 全国学童保育連絡協議会は、毎年、学童保育数や入所児童数の調査を行っています。2012年5月現在の調査結果は、2012年8月3日に報道発表しました。
この調査とあわせて、4〜5年ごとに学童保育の詳しい実態調査(「学童保育の実施状況調査」)を行っています。
 2012年5月に行った詳しい実態調査の結果の一部を、2013年3月29日に報道発表しました。
 調査結果は、「学童保育の実態調査報告」としてまとめて、5月頃に刊行する予定です。

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・

東日本大震災学童保育義援金の呼びかけ

2011年3月11日午後2時46分に起きた日本観測史上最大の大地震により、東日本
地域が大きな被害を受けました。特に、岩手県、宮城県、福島県の沿岸地域の被
害は甚大です。全国学童保育連絡協議会は、被災地の学童保育を支援するために
皆さんに義援金を呼びかけます。
 → 義援金呼びかけ文(PDFファイル)

☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°☆*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・