ホーム ごあいさつ 登山ガイド 登山教室 登山技術 山の写真集 山の体験談

 

と も 登 山 学 校
TOMO ALPINE SCHOOL 

 
■はじめに
■募集要項
■授業について
■机上講習
■実技講習
■受講申込
■お問い合せ
■受講生のページ

登山の初心者や初級者のための登山学校です! 夏期(75期)生・募集中! ともに学びましょう!!


■はじめに

 当登山学校は、1978年に、世界的にも著名であった、(社)日本アルパイン・ガイド協会員の森田勝氏により、ICI石井スポーツの後援のもとに設立されました。
 登山者は、登山の知識を学び、山(自然)に触れて、自己を理解することにより、登山に必要な能力を、養うことができます。
 受講されて、あなたの登山が、より安全に楽しくなることを希望します。
▲目次へ
■募集要項

対   象 : 18歳以上の初心者や初級者(女性や中高年者も歓迎)
定   員 : 10名
開   校 : 夏期(05月〜11月) 冬期(11月〜05月)
期   間 : 6カ月間
机上講習日 : 隔週の水曜日(19:00〜21:00)
机上講習場 : 未定
実技講習場 : 東京近郊の山 谷川岳 八ヶ岳 南アルプス 北アルプス 他など
受講申込金
 : 20,000円
受 講 料
 : 10,000円(月額)
実技講習料
 : 3,000円〜(日額)
▲目次へ
■授業について

 とも登山学校の授業は、登山を体験することから始まり、最終的には自己の判断から、安全で楽しい登山が実行できるようになることを、目的としています。
 講習は、夏期と冬期に、登山者に求められる知識や技術などを、机上の講義で学び理解してから、実習を受講します。実習では登山を繰り返し実践しながら、登山技術や状況判断などを学びます。
 全くの初心者にも理解しやすく、また習得しやすいように、受講生の能力に合わせて指導します。
▲目次へ
■机上講習

 登山を安全に楽しむには、登山の知識や技術などを、机上の講習においてあらかじめ理解する必要があるかと思います。
 授業は、初心者にも理解しやすく、実習と平行して学ぶことにより、着実に能力の向上がはかれます。
 内容は、“登山とは”に始まり、登山道の歩き方・登り方、クライミング、安全の確保、沢登り、衣類や装備類、登山の食事、キャンプ、雪山の歩き方・登り方、山の気象、救急法、セルフ・レスキュー、状況判断などを網羅しています。
なお、地方の方や都合で机上講習を教室で受講できない方には、送付されるテキストで学ぶことができます。
▲目次へ
■実技講習

 実技講習は、登山を実践しながら学びます。
 登山者に求められる能力は、実際の登山を繰り返しながら、習得しなければなりません。山に触れ、自己の能力を理解して、登山者に求められる知識、体力、技術、状況判断などを習得します。
 実習の方法は、能力別のクラスに別れて、受講生がリーダーとなり行動して、講師からより適切な指導を受けます。
 実習の内容やコースは、生徒の能力や希望に基づいて計画します。実習の受講は、受講生の目的や能力に適ったものを選択して受講することができます。
 実習の補習授業について
 登山の楽しみ方は、人それぞれが異なります。そして、登りたい山や登る方法、体力や技術などの個人の能力にも差があります。学校におけるグループでの実習において、全ての受講生が満足するような指導をするには限界があります。それらを補うために、補習授業を設けています。
 実習の実施期日、講習内容、その他に不都合がある場合には、正規の授業予定の外に受講生が希望する補習授業を実施します。
▲目次へ
■受講の申込

 受講を希望される方は、受講案内と受講申込書をご請求ください。
 申込書には必要事項をご記入になり、申込金を添えて、現金書留で事務局へご郵送ください。
▲目次へ
■お問い合わせ

 とも登山学校について、不明な点は遠慮無く、お問い合わせください。
 受講されて、あなたの登山が、より安全に楽しくなることを希望します。また、登山者が満足する登山学校にしたいと思います。みなさんからの、ご希望やご意見をいただければ幸いです。
アルパイン・ガイド 渡辺篤夫
〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘4−23−28−406
tel/fax 042−483−0188
e-mail:w-tomo@mte.biglobe.ne.jp
▲目次へ
■受講生のページ

 とも登山学校の受講生のページです。
 学校からの受講生へのお知らせ、机上講習のテキスト、実技講習の案内などを掲示します。受講生は、こちらをご覧ください。
 受講生のページへ
▲目次へ

ホーム ごあいさつ 登山ガイド 登山教室 登山技術 山の写真集 山の体験談

更新:2018/04/05