InnerWood Basses

make your own custom bass

InnerWoodは貴方を表現する為のツールとしてのベースギターを製作します

InnerWoodは貴方を表現する為のツールとしてのベースギターを製作します。

1985年11月、東京都調布市にインナーウッドは開設されました。名称の由来は、オーナーの名前木内を英語化したものです。

当工房は、自社ブランド・インナーウッドのベース製作・メンテナンス・修理・アフターケアーをサポートしていく事を業務といたしております。

特にエレクトリックベースの調整においてローアクションの弦高設定は、内外のトッププロをはじめ多くのお客様よりご用命・ご支持をいただいております。 1弦12フレットの弦高が1ミリのローアクションでも、良く鳴る楽器をお探しの方、ご自分の楽器をそんな風にしたいと思っている方はぜひ一度インナーウッドにご相談ください。

2018年GigJ4SpaltedMapleSpecial。         

世界的に材木の供給が厳しく制限される中、良質のSplatedMapleをToneWoodとして贅沢に使い2018年のマスターピースを完成させました。

Bridge/PegともにSchaller社のゴールドハードウェアを使用し、見た目にもゴージャスなベースです。販売価格は¥604,800です。

InnerWoodのベースには3つの基本ラインナップがございます InnerWoodのベースには3つの基本ラインナップがございます。ディンキーシェープのボディーのJB/PB=Gig・フルサイズのボディーのJB/PB=Classicに、ディンキーボディーでロングホーンンの24フレット仕様のStudio。

ボディー材に関しましては、良質で軽量なアッシュをはじめ多種ご用意させていただいております。

InnerWoodでは、皆様方からのご要望になるべくお答えできるベースをお作りする努力をいたしておりますが、ただ形状が特殊であるベースをお望みであればきっとそれは弊社での製作でなくても良いかもしれません。 InnerWoodのベースは、皆様方の表現したい心の中にあるパッションを爆発させる道具として機能していただける「武器」に近い物を製作します。そう言った意味では、使い手を選んでしまう楽器なのかもしれませんが、 それを使いこなせればおのずとプレーもステップアップできるはずです。

各モデルのカスタム発注・仕様・価格・納期等のご相談は、 弊社もしくは正規ディーラーBarchei'sへお尋ねください。

各モデルのスタンダード仕様の価格・オプションの情報はこちらから!

InnerWoodBassesPricing
ジェラルド・アルブライト

Gerald Albright

サックスとベースのバイ・プレーヤーのジェラルド・アルブライトはInnerWood Gig5 Custumのユーザーです。

山内 薫

山内 薫

角松敏生から若大将・加山雄三まで日本Pops界で活躍中の山内薫はInnerWood Gig4/5のユーザーです。

Jeff Carswell

Jeff Carswell

ジャコパストリアスビッグバンドのメインベーシストのジェフ・カースウェルはGigJ5のユーザーです。

Jimmy Haslip

Jimmy Haslip

ジェフ・ローバーをはじめLAの著名ミュージシャンを支えるジミー・ハスリップはInnerWoodのStudio356/355とClassic P5 Customのユーザーです。

James East

James East

Nathan Eastの弟で、兄のバンドやセルジオ・メンデス等のツアーでの来日経験もあるジェームス・イーストはGigJ5のユーザーです。