石  飛  本  人  に  よ  る  ご  挨  拶




更新メモ(2020/6/23)

weblog「クリッピングとメモ」 / Twitter

プロフィール

論文・レジュメ・テキスト

担当授業シラバス

天理大学生涯教育専攻HP / weblog / Twitter

研究室紀要『天理大学生涯教育研究』

「教育・文化研究会」

「エスノメソドロジーとコミュニケーション研究会」

ブックマーク

掲示板

ご意見ご感想ご質問をお寄せ下さい




















 



更 新 メ モ


6月23日。このところなにをしていたのか。

気が付けば6月も半ばをすぎた。このところなにをしていたのか。オンライン授業というのをやっている。とにかく春学期いっぱいはオンラインでいくということで、それがちょうど折り返し地点にさしかかっている。で、うまくいっているのかどうかはきっとあとになってからしかわからないだろうが、さしあたり成立している。こちらが毎回資料を提示して、学生さんたちがそれをもとに毎回課題を提出するというしくみなので、学生さんたちもたいへんであろう。まぁ、こっちもなんだかんだで資料準備に追われているので、ぜひ、行ってこいで引き分けだと理解していただきたいものである。まぁ要するに、この状況下にあってそれなりの内容の(あるいは、「設置基準をクリアできる」)授業というものを成立させるためには、授業をする側でも受ける側でも労力が必要になるよね、という身もふたもないはなしではある。あたりまえのはなし、大学の教育というのは、通常、大学のキャンパスだの教室だのというセッティングのうえに成り立ってるわけで、というかお話は逆で、そのためにキャンパスだの教室だのというセッティングがアレンジされているのだから当然なのだけれど、それ全部なくしたうえで教育しろ学習しろとなると、まぁ労力は必要になるよねと。だから、教員もがんばってるし学生さんたちもがんばってて、春学期前半がなんとか成立したことはすごいことなんである。ここに前に書いたのは授業開始直前のタイミングで、そのときは正直どうなるかわかんなかったので、折り返し地点のいまの状況は、おどろくべき上出来だという気がする。なんか、これで春学期をぶじ完走して、いろいろ状況がおさまったら、みんなでおつかれさま!!とやりたいところではあるね。

このまえここに書いてたのが連休明けのタイミング、緊急事態宣言が延長になるのならないの、というところで、そこから全国の緊急事態が解除になり、感染状況が厳しかった地域が続き、それから東京も(なぜか感染者数が再上昇する上がりばなを狙ったように)緊急事態解除、しばらくして「東京アラート」というよくわからないが東京ブランドの何からしいものが発令されてビルをライトアップしたらしいと聞いたかと思ったら(またしてもなぜか感染者数が再上昇する上がりばなを狙ったように見えるわけで、よほど間がわるいように見えるのだけれど)(しかしライトアップの写真はいかにもきれいでSNSにあげたくなりそうだったからやはりあれは東京ディズニーランドみたいなもんだったのだろうがそれはともかくとして)それが解除になって、まぁビルを赤くしようが緑色にしようがウイルスに対しては何のまじないにもならなかっただろうからどうでもいいのだけれど、これからはウイズコロナなのだそうだ。なんか過激ダイエットをやっていったん痩せてから、もう痩せ方はわかったからといって安心してリバウンドする人、を見ているような気がしなくはない。
まぁしかし、大学というところは、ひとつまちがうと、あるいはほんの少しの隙をみせただけでクラスターになりかねない施設なので、あくまで慎重に、緊張感を切らさずにやってかないといけないってところはある。

週に3日ぐらい出勤、会議があったりはんこを押したり。あと自宅では授業資料の準備。だいたいそれでルーティンができてきて、それなりに義務に追われるように日々が流れていく。週末はぼんやりしている。外出してどこかの店に敢えて入ろうという気持ちが起こらないので引きこもりがちであるが、もともとこうだったような気もする。むりやりにでも外出して気散じをすべしという意志が消滅してしまえば、まぁこんなものである。

ひさしぶりにここに書くのだから、まぁなにか楽しそうなことでも書けないかなあと思って手が止まる。宿題。楽しいことを意識的にみつけること。


過去の更新メモ