今までに書いた挨拶文の記録

twitterに囁いています!  http://twitter.com/spm_skin

ウエブリブログ SPM液 乾燥肌、アトピー肌の保湿保護 http://spm.at.webry.info/

花粉が非常に多い時期になりました。
花粉が皮膚に付着する事によって炎症が起きる「花粉皮膚炎」で皮膚が荒れている方が多いと言われています。
外気に直接触れている首や顔、手首、手の甲など、特に衣服と擦れる首や手首が悪化し安いようです。
こんな時にはYJ液(ジェル)を塗って皮膚に皮膜を作ると花粉が皮膚と触れる事が少なくなり、また毛穴に入り込むことも少なくなります。
その結果、炎症を予防する事ができます。ぜひSPM液をお役立て下さい。
花粉皮膚炎からアトピー性皮膚炎になり、さらに悪化してしまうとなかなか治らず、かなりつらいことになります。2019年11月11日

スターターズキットはスタートキットと名前を変更しました。
スタートキットミニを追加しました。    2018年9月20日

2018年7月1日からゆうパック料金が大幅に値上げになります。
1000g容器などゆうパックを利用するご注文は早めにご検討下さい。
なお、レターパックやスマートレターの料金は変わらないので、ラミネート袋をご利用になると良いと思います。
料金はこちらをご覧下さい・・・SPM液の注文方法

「風が吹けば桶屋が儲かる」と言いますが、アトピーも色々な事象が組み合わさって良い治療方法が見つかりません。
そこで、ステロイドというのが出てきて、見事に炎症を抑えるので、ほとんどの医者はすぐにこれを処方します。
しかし、あたかも治ったように思って続けていると、実際は抑えられているだけで、なんの治療もしていないのですからその実態は改善していません。
ステロイドは長く続けていると皮膚を薄くする作用があり、その結果さらに皮膚が敏感になり、アレルギーが酷くなって、ステロイドが効かなくなり、さらに強いステロイドへと悪循環となり、これではいけないと思いステロイドをやめるとリバウンドによるとても酷いアトピーとなってしまいます。

SPM液の効果
SPM液を塗ると・#1・#2・#3・#4・自然治癒力が向上し、新しい皮膚に替わることにより良い皮膚になり、結果的にはアトピーが治ります。
#1 適度な保湿で乾燥によるかゆみが減少
#2 皮膚の表面は乾燥状態なので掻いても剥けにくく傷が付きにくい
#3 皮膚表面に薄い被膜を作り、空気や衣服などの接触を軽減し、皮膚を守ります
#4 弱酸性効果により除菌と良い皮膚の状態を再現

ジェル化費用値下げ、入浴剤NP値下げ
SPM液をジェル状にして、そのジェルが乾燥してできる被膜により衣服等との接触を軽減し、保湿効果を高めることができます。
Y液やYB液をジェルにするとYJ液、YBJ液になりますが、ジェルにするための費用をいただいています。
ジェルにすることが大変な作業なのですが、だいぶ慣れてきましたのでその費用を値下げしました。
1000g700円→500円、100g250円→200円
入浴剤NP(粉末)を値下げしました。1袋1200円→1100円 2袋2000円

SPM液をラミネート袋で送ることが可能になりました。
郵送料の安いレターパックライト(360円)やスマートレター(180円)で全国一律に送ることができます。
これまでレターパックライトの厚さ制限(3cm)で送れなかった内容量100g
ボトル容器の代わりに、ラミネート袋を使用すればスターターズキットなどの各種SPM液詰め合わせが可能となり、各種中間的容量300g、500gも可能となり、さらに、1000gのSPM液も送ることが可能となります。
ゆうパックでは北海道、九州、沖縄の方は大変高い郵送料でしたが、レターパックライト(360円)やスマートレター(180円)を利用すれば郵送料が
かなり安くなります。
スマートレターには100gが3袋、300gが1袋入ります。レターパックライトには300gが3袋、500gが2袋、1000gが1袋入ります。
ラミネート袋300gのY液をスマートレター(180円)で送ると、1430円です。ボトル容器100g3個の定形外(400円)では2200円となり、なんと770円もお得です。500gもお得になっていますのでご検討ください。
2017年1月20日

こちらをご覧下さい・・・・SPM液の使用上の効果
Y液、YJ液、K液はアトピー改善のための最良の組み合わせです

SPM液の新液 YJ液、KT液について
YJ液YBJ液はY液、YB液に比べ、ジェルが保護皮膜になるので首や脇の下など衣服との擦れによる炎症を軽減します。
冬は特に厚着をするので腰回りや肩、首など炎症でできた黒ずみが夏になっても消えません、結局水着も着れないかも。
KT液はK液に比べ3倍濃厚のため、薄く塗っても十分な保護皮膜になり、使用量が少なくて済み、同一容量でも長持ちします。厚塗りするとしっかりとした皮膜ができ、カサブタのように強力に皮膚を保護します。

SPM液は安価にご提供しています、お気軽にメール下さい。
注文のメールをして見積もりを見てから承認(振込)・・・SPM液の注文方法

空気が乾燥し肌がピリピリとしてつい掻いてしまう季節になりました。
SPM液を塗ると不思議と痒みが止まり、肌を無意識に掻いて炎症からアトピー化する事を防ぎます。
秋冬はSPM液で乗り切りましょう。2015年11月
SPM液の新液ができました
1.SPM液のジェル化
ジェルはSPM液の保湿性保護性をさらに改善し、することができます。
Y液をジェル化するとYJ液、YB液をジェル化するとYBJ液になります。
2.抜群の保湿保護力・・・KT液
K液に比べ十分な厚さの皮膜を形成し皮膚の保護をします。
衣服との擦れ接触を軽減、ガサガサの皮膚の保護、落屑の低減、敏感な肌をカサブタのように保護します。

寒い冬です、暖房で部屋の中の空気が乾燥してアトピー肌にはつらい季節です。
寒いからと言って厚着をしていると肌と擦れ合い、肌がガサガサきて、痒くなり、つい掻いてしまうと炎症してアトピー化してしまいます。
衣服との擦れについて
現在擦れ接触について保護できるものにK液があります。
Y液の後にK液を塗ると衣服との擦れ接触によって炎症が起きたり、炎症が悪化したりすることを防ぐことができます。
冬の多くのアトピー悪化は厚着をした衣服や、擦れ接触の刺激で炎症が起きそれが繰り返されることによって悪化することが殆どです。
冬対策の新液
そこで、擦れ接触を軽減する方法を検討しました
1.SPM液のジェル化・・・YJ液、YBJ液、YWJ液、HJ液等(K液は不可)
長い間変わらないSPM液でしたが、ジェル化ができるようになりました。
従来のSPM液の性質を保ちながら、ジェルが皮膜となり、保湿性保護性をさらに改善することができます。
Y液、YW液、YB液、YBW液やH液系、薄め液をジェル化できます。

2.K液を3倍相当濃厚にしてKT液(triple)とし、十分な厚さの被膜を形成します。
KT液:K液の3倍相当濃厚で、強力な被膜で、十分な皮膚の保護ができる。
 衣服との擦れ接触を軽減し皮膚の炎症を防ぐ
 ガサガサの皮膚の保護、落屑の低減、手荒れやかかとのひび割れ予防
 保湿で皮膚が硬くなるのを防ぎ、被膜で皮膚が割れるのを防ぐ事ができます

SPM液は安価にご提供しています、お気軽にメール下さい。
注文のメールをして見積もりを見てから承認(振込)・・・SPM液の注文方法  2015年2月15日

寒い冬です、暖房で部屋の中の空気が乾燥してアトピー肌にはつらい季節です。
寒いからと言って厚着をしていると肌と擦れ合い、肌がガサガサきて、痒くなり、つい掻いてしまうと炎症してアトピー化してしまいます。
お勧め・・・Y液、SPM−入浴剤
乾燥による痒みはステロイドやかゆみ止め(薬)を使用しなくても適正な保湿をすれば十分です。
Y液は塗って乾いた後は乾燥状態で皮膚を弱くしません。ワセリンのような油脂による保湿は皮膚を強く掻くと剥けて傷が付いてしまう事があります。
Y液とK液を併用すると肌と衣服との擦れを軽減し、皮膚を保護する事ができます。  2014年12月

秋になりました、空気が乾燥してアトピー肌にはつらい季節です。

暑さも一段落しました、そろそろ秋の乾燥の準備をしましょう。
夏の高湿度に慣れた肌は急に乾燥してくるとカサカサしてきて、痒みが出てつい掻いてしまうと炎症してアトピー化してしまいます。
お勧め・・・Y液、SPM−入浴剤
乾燥による痒みはステロイドやかゆみ止め(薬)を使用しなくても適正な保湿をすれば十分です。
Y液は塗って乾いた後は乾燥状態で皮膚を弱くしません。湿った状態では皮膚は強く掻くと剥けて傷が付いてしまう事があります。

SPM液は安価にご提供しています、お気軽にメール下さい。
注文のメールをして見積もりを見てから承認(振込)・・・SPM液の注文方法     2014年8月14日

7月、8月に腕や首、足に炎症が出たりアトピーが悪化したりする人は、露出している部分の皮膚が紫外線や汗、何かに触った手で掻く等して、もともと薄くて弱い皮膚が炎症して毎日の繰り返しにより改善せずアトピー化していく状態です。
絹などの肌に良い繊維で覆うのが良いですが、この暑さではとても着ておられません。長袖、長ズボン、首にスカーフ、考えるだけで暑くなってきます。そういう露出した肌にはSPM液を塗っておきます。Y液も良いですが、H液なら蒸れて暑いと言う事はありません。適度な乾燥状態の保湿で皮膚を保護し、炎症が発生しにくく、アトピー皮膚も改善、塗っている事が分からない、皮膚を強くするなどいろいろ良い所があります。
皮膚が炎症するのを予防するという考え方です。
炎症が出て痒くなってしまってからステロイドを塗り、また次の日も、何度もしていると皮膚が薄くなり、炎症が治らなくなってアトピー化してしまいます。
SPM液がどのような物かぜひお試し下さい。60g、100gの小容器は郵送料も定形外で安価です。
残念ながら医薬品として効果や性能を表示できないのが現状です。メールでいただいたご意見はSPM液ユーザの声をご参照下さい。SPM液の良さは、直接ご自身でお試しになるのが最も良いと思います。今使っている薬剤、保湿剤と比較してもらっても良いですし、併用しても良いです。
2014年7月28日

夏のH液の使い方・・・H液       2014年7月10日
 汗をかくような暑い時はH液がさっぱりとして痒みが出にくいです。
 夏の直射日光でほてった肌にはH液を塗って癒します。紫外線による炎症には効果的です。
 プールの塩素で傷めた肌はとても乾燥しています、H液を塗ると癒されます。アトピーでない人もプール上がりにはとても効果的です。
 今は肌の調子の良い人も秋の乾燥に耐える良い肌を作るため、今からH液を塗っておきましょう。毎日の肌のケアに効果的です。
 乳児幼児の汗疹対策にも使用できます。H液を薄め液Aで薄めたH3液、H6液を御使用下さい。

 だんだん夏になり暑くなってきました。汗をかくような暑い時ワセリンなどの保湿剤を塗っていると無性に痒くなり、掻き出すと血が出るまで止まりません。あ〜ぁこの痒みはどこから来るのか!!あ〜ぁ痒い、痒い!!実はワセリンで蒸れてふやけた皮膚は大変弱く、爪で強く掻いた時破れて傷になってしまいます。これがさらに悪化の原因。
SPM液は肌の乾燥の度合いを適正に保ち、かゆみが増加しない作用があります。・・・・かゆみ曲線
ワセリンや一般によく売られている脂を使用した保湿剤は汗に溶けないためその下の皮膚は蒸れて弱く、強いかゆみが出ることがあります。
SPM液の出発点であるSPM−H液は、皮膚の表面は乾燥状態であるにもかかわらず皮膚内は保湿されるという特性があります。

SPM液は安価にご提供しています、お気軽にメール下さい。60g、100gの小容量から1000gまであります。・・・SPM液の注文方法

SPM液の見積もりをEXELであらかじめ確認できるようになりました。→SPM液見積もりの計算
  ご希望のSPM液の容器と個数、スターターズキットや幼児敏感肌キットの数を入力し、郵送方法と地域を入力すると見積もりが計算できます。2014年6月1日

5000円以上送料無料という所が良くあります。SPM液は郵送料はきちんといただいていますが、1000gを2本以上の時はほぼ1割引きです。
例えばY液1000gは1本3300円ですが、2本では6000円(−600円)、3本では9000円(−900円)、4本では12000円(−1200円)となり、2本で本州四国では実質送料無料、3本以上ではお得になると言う構成です。また、本数を多く買うと長く使用でき、郵送料の回数も減るメリットがあります。使用期間の長いSPM液(Y液は1年)だからこそできる事です。2014年5月20日

年末、正月の郵便は混雑します。SPM液は早めにご用意下さい。
この正月はお肌も心も幸せにお過ごし下さい。2013年12月

2013年分更新しました・・・・SPM液ユーザの声
寒くなってきて乾燥により肌がカサカサしています。つい無意識に掻いてしまうと炎症からアトピー化します。
こんな時はSPM液を塗っておけば自然な肌に近く、痒みも出にくくなります。
冬のお肌の保湿にはY液をお勧めします。・・・・Y液
さらにK液を塗ると皮膚表面にすべすべの皮膜を作り、保湿を強化し、掻爬に強くなります。・・・・K液
K液は下着や防寒具、枕など寝具の接触による炎症(接触アトピー)も軽減できます。化粧の下に塗れば化粧品の悪影響も少なくできます。
2013年11月27日

6月、7月のアトピー
6月、7月は良くアトピーが悪化する場合があります。今まで調子が良かったのに。
暑くなって、汗をかき、半袖になって、太陽の直射日光を浴びる、寝苦しくて睡眠不足、腸の働きも低下し、食欲も低下。
上のような状態が続くと、皮膚が薄くなり、アレルギーが出やすくなって、時として皮膚にポツポツと毛穴を中心に炎症が起きます。
最初は腕だけでも、ひどくなると体の広い範囲に炎症が広がります。
医者へ行けば当然の事のようにステロイドが出され、塗っている間は炎症は治まります。
しかし、本当は治っていないので、ステロイドを続けていると、本当に酷いアトピーに悪化してしまう事があります。
主な原因は汗をかき衣服の洗剤が溶け出てダニなどアレルゲンと一緒に毛穴から入り日光で弱った皮膚に炎症を発生させる。
この原因を断つには、SPM液による皮膚の保護(毛穴や皮膚の隙間からアレルゲンが入りにくい皮膜作用)が有効であり、適度な保湿も皮膚の表面状態を良く保ちます。
洗濯は良く濯ぎ、下着(長袖)は絹が洗剤を含む事が少なく、皮膚を守る保湿性が良いのでお勧めです。
早めにSPM液と皮膚体調再生治療をされると炎症が広がらず、徐々に治まっていくので、ステロイドを使用しなくても改善する事ができます。

気温も暑くなってきました。
一部の方は体調が優れず、寝苦しくて、手に水泡ができ、ダニなども多くなるので、皮膚の調子も良くない方もおられると思います。
しかし、気温が高く、湿度も高い時は通常は皮膚の調子も良く、アトピーが改善する時期でもあります。
ビタミンミネラルの多い食材を食べ、栄養。睡眠、運動を基本にアトピーを改善します・・・・皮膚体調再生治療
H液はさっぱりとして、この汗の出るような暑い時期に痒みが出る事が少ない皮膚用保護剤(SPM液)です。2013年7月

ようやく暖かくなりましたがまだまだ花粉が飛んでいます。この花粉の時期には肌の調子が悪化する方が大変多いです。花粉の多い時期に悪化した肌にはSPM−入浴剤とY液の組み合わせがお勧め。SPM−入浴剤のお風呂で肌を癒し、湯上がりにY液を塗れば完璧! 湯冷めも少なく、痒みの発生も少ない。朝までにしっかりと皮膚を修復します。

まだまだ花粉が飛んでいます。花粉が皮膚に付くと皮膚のガサガサに入り込み、汗などではじけ、アレルギー症状になります。
花粉の時期は肌の調子が良くないのはこのためです。
SPM液で皮膚のガサガサを埋め、花粉が入り込まないようにすればアレルギー症状を軽減する事ができます。
また、SPM液を塗った皮膚はさらさらした乾燥状態であるので花粉が付着する事が少ない特徴があります。
ワセリンや保湿クリームをべったり塗ると花粉がいっぱい付着してしまうのでかえってアレルギー症状を悪化させてしまいます。2013年4月6日

この乾燥した寒い冬は、SPM−入浴剤とY液の組み合わせがお勧め
SPM−入浴剤のお風呂で肌を癒し、湯上がりにY液を塗れば完璧! 湯冷めも少なく、痒みの発生も少ない。朝までにしっかりと皮膚を修復します。

SPM液ユーザの声 もう13年もの間のSPM液ユーザ様のご意見です。量が多いので知りたい語句で検索して読むと便利です。例;色素沈着

あのいやな花粉の季節がもうすぐやってきます。花粉が皮膚に付くと皮膚のガサガサに入り込み、汗などではじけ、アレルギー症状になります。
花粉の時期は肌の調子が良くないのはこのためです。
SPM液で皮膚のガサガサを埋め、花粉が入り込まないようにすればアレルギー症状を軽減する事ができます。
また、SPM液を塗った皮膚はさらさらした乾燥状態であるので花粉が付着する事が少ない特徴があります。
ワセリンや保湿クリームをべったり塗ると花粉がいっぱい付着してしまうのでかえってアレルギー症状を悪化させてしまいます。2013年2月

レターパックライトで送る容器の変更のお知らせ
レターパックライト(〒350円)で送るスターターズキットライトと幼児敏感肌キットライトは60g容器と入浴剤(粉末)になります。
従来100g容器で送っていましたが60g容器にする事により価格も下がり、最初のお試しが気軽にできます。
スターターズキット(ライト)と幼児敏感肌キット(ライト)は3200円+郵送料350円(全国一律)で送れます。
ゆうパックやレターパックプラス、定形外では従来どおり100g容器(600円)で見積もります。60g容器(400円)で使用されたい方は注文のメールにその旨記載して下さい。

60g容器1個を定形外で送ると400円+郵送料140円=540円で送れます。SPM液をちょっとだけ試してみたい時に便利です。2013年2月

SPM液を作成してもう15年になります。日々改善に努め、K液やアルコールゼロのSPM液、入浴剤なども作成しています。
また、最近はより一層の品質向上に努めており、より良い材料、きちんとした作成方法、品質チェックなど多くの手間と時間をかけて作成しています。
アトピーや皮膚のトラブル、乾燥肌の改善から肌のケア、皮膚の良い状態を保つなど、長い年月利用して頂いています。
皮膚が未熟な乳児、幼児、成長期のお子様、成人後のしつこいアトピー、壮年期後半の体の衰えによる皮膚のトラブル、老年期の乾燥肌など長い年月利用できます。
今年は良い皮膚を作り、元気いっぱいに物事に向かい、その結果自分を評価する様にしましょう。 2013年1月9日

今年こそ「気にならない肌」を作りましょう! 2013年1月1日

乾燥肌のあなた、乾燥すると皮膚がピリピリして無意識に掻いてしまいます。
掻くという刺激が皮膚の炎症に繋がり、皮膚が傷ついてアレルギー性が高まると、やがて、アトピーになってしまいます。
SPM液は乾燥による痒みを軽減し、掻いても傷の付きにくい乾燥状態での保湿ができるという2面の作用があります。
(皮膚を修復する作用、皮膚の炎症を軽減する作用、除菌作用などもあります)
もうすぐ冬です!乾燥に耐える皮膚を作るため早めにSPM液を準備して下さい。
・・・・・SPM液と他の医薬品や薬品との比較
・・・・・SPM液の注文方法                    2012年10月25日

湿度が40%以下になると皮膚がピリピリして痒くなります。つい掻いてしまうと炎症からアトピーが悪化する場合があります。
SPM液を塗ると不思議にこのピリピリが消え、掻く事が少なくなります。
年を取ると皮脂が少なくなり、ガサガサの皮膚は乾燥してくるととても痒くなります。
SPM液を塗るとガサガサの乾燥肌がしっとり肌になり、乾燥による痒みが減少します。
もう秋です!乾燥に耐える皮膚を作るため早めにSPM液を準備して下さい。2012年10月10日

残暑はまだまだ厳しいですが、秋風はもうすぐそこ、乾燥に耐える皮膚を作るため早めにSPM液を準備して下さい。2012年9月

皮膚のバリアを強化し、適度な保湿をするSPM液は、皮膚の表面を保護して痒みを減少し、バリア作用でアレルゲンが入りにくい、傷に似たアトピー皮膚の自然治癒を促進し、その結果、皮膚の治りが早い。
考えてみると、今更ながら、ステロイドやプロトピックは皮膚を治す作用がないのに治療に使われていることが疑問に思われる。
これまでの治療は皮膚のアレルギーを抑えることばかり考えられていて、傷や火傷のようになったアトピー皮膚を治すという考え方があったのだろうか。
傷に似たアトピー皮膚の自己治癒促進・・・
SPM液の保湿保護作用によるバリア強化と自己治癒力の促進     2012年8月22日

直射日光が大変強いです。皮膚を出したまま強い光を浴びると日光蕁麻疹が出る場合があります。
アトピーの方の皮膚は大変弱いです。日光蕁麻疹→皮膚の湿疹→強い痒みと炎症→アトピー肌に悪化となりつらい夏となります。
強い日光を浴びたらSPM液で皮膚をなだめ、できるだけ刺激が少なくなるように絹の長袖の下着を着て、SPM−入浴剤などで皮膚をいたわります。強く掻くと厳しい事になります。

気候が良くなく、じめじめして、何となく体の元気が出ません。
睡眠不足で、手に水泡が良くできて、とても痒くて、つい掻き崩してしまい、浸出液でぐちゃぐちゃになった手を見て、ため息をついているあなた、ちょっとだけSPM液を考えてみませんか。

この暑い時の床ずれの防止に介護の方も大変かと思います。SPM液は皮膚を強くし表面は乾燥状態なので皮膚の傷つく事が少なくなります。
竹マットなど通気性の良いものを敷き、タオルのシーツで汗を吸い、時々鬱血を防ぐため寝返りをして、床ずれを防止します。
良い物を見つけました
これはいい!あのスケートの真央ちゃんも愛用。通気性がたいへん良く、蒸れることが少ない。適度な反発力で体圧の分散に非常に優れ、寝返りもしやすい。・・・・・http://airweave.jp/

ゆうパックの郵送料が安くなりました・・・・SPM液の注文方法     2012年7月1日

これから急に暑くなります。
布団をこまめに調整して最適の状態でぐっすり寝て下さい。
良い睡眠はアトピーを治すための基本です。11時には寝ましょう。
体調が悪く、寝苦しい夜を過ごした次の日は手に水泡が良くできます。
とても痒くてつい掻き崩したくなります。
多くの方はこの暑い時期はアトピーが改善する時期になります。
適切な方法でアトピーのジレンマから抜け出しましょう。2012年5月1日

もうすぐゴールデンウイークです。
連休中はゆったりと過ごし、ストレスを少なく暮らすのがアトピーを治すコツです。
連休中は郵便も遅れがちになります。
早めにSPM液を購入して連休を快適に暮らして下さい。
2012年4月22日

もうすぐ花粉の季節、あのいやなくしゃみ、鼻水、目の痒み、もう一つ大事なことは皮膚も結構花粉の影響を受けて調子が悪くなります。
皮膚のバリヤーをSPM液により強くして皮膚の炎症、悪化を予防しましょう。

アトピーを治すコツ
 皮膚のバリアー機能を向上させればアトピーに進行する原因を無くし、または今アトピーでもバリアー機能を向上させれば治っていくことが容易に考えられます。
SPM液は最適保湿作用とバリアー機能の向上作用があり、乾燥肌にも良く、皮膚を良い状態に保つことで自己治癒力(自然に治る力)を高め、ステロイドや抗炎症薬を使わなくても穏やかに改善することができます。
幼少の時や、若い時から10年、20年しっくりいかない皮膚を今年こそ快適にしませんか、活動する年代に皮膚の悩みは損です。
ステロイドやプロトピックを使っているが、何とかやめたい方、ぜひSPM液を併用してみて下さい。使用量はすぐに1/2〜1/3にできます。
いままで色々試して挫折されている方、もう一度最後にSPM液を試してみませんか!
費用も最も安いと思います、ある程度良くなってからでもずっと長く使用できます。(Y液1000g3300円は一日10g使用しても100日(3ヶ月)使用できます。2012年2月

今年もSPM液をよろしくお願いします。
アトピーの原因はフィラグリンの異常によるバリアー機能の低下であるということをNHKや色々なホームページでいわれています。(検索すればたくさんあります)
NHKではステロイドの塗り方で治る様なことを紹介していますが、これはちょっと信用できません。
要するにバリアー機能を向上させればアトピーに進行する原因を無くし、または今アトピーでもバリアー機能を向上させれば治っていくことが容易に考えられます。
SPM液は最適保湿作用とバリアー機能の向上作用があり、乾燥肌にも良く、皮膚を良い状態に保つことで自己治癒力(自然に治る力)を高め、ステロイドや抗炎症薬を使わなくても穏やかに改善することができます。
幼少の時から、若い時から10年、20年しっくりいかない皮膚を今年こそ快適にしませんか、活動する年代に皮膚の悩みは損です。
ステロイドやプロトピックを使っているが、何とかやめたい方、ぜひSPM液を併用してみて下さい。使用量はすぐに1/2〜1/3にできます。
いままで色々試して挫折されている方、もう一度最後にSPM液を試してみませんか!
費用も最も安いと思います、ある程度良くなってからでもずっと長く使用できます。(Y液1000g3300円は一日10g使用しても100日(3ヶ月)使用できます。2012年1月1日

早いもので今年もあと僅か、もう寒さが身にしみてあの夏の暑さはどこへやら。身も心も乾燥して干物状態。
湿度の方はまあまあの状態で今のところ乾燥注意報もあまり出ず、過ごしやすい冬になっています。
でも、これからが厳しい冬になっていくので保湿保護剤SPM液を準備されておくと良いと思います。
年末年始の郵便局はとても忙しく、郵便物も遅れがちです、できるだけ早めにご注文下さい。2011年12月

冬の乾燥した北風、室内の暖房による超乾燥による痒み、風呂上がりの湿った皮膚がカサカサに乾燥していく過程の痒みなど弱った皮膚を掻くとますます悪化します。SPM液は皮膚のガサガサの中に入り込み適正な通気性によって表皮バリヤーを強くし、乾燥による痒みを減少させて、正常皮膚の状態に近くする働きがあります。ワセリンや油脂とは違い、皮膚を弱くせず、自己治癒を助けます。

  冬の乾燥した北風、室内の暖房による超乾燥による痒み、風呂上がりの湿った皮膚がカサカサに乾燥していく過程の痒みなど、ガサガサ皮膚の痒みはSPM液の適正な保湿による痒み最小。

11月20日のNHKの放送で、アトピーは表皮のフィラグリンが少なくなって、掻くことで悪化することが最近の研究で明らかになったと報じている。
        http://www.nhk.or.jp/special/onair/111120.html
SPM液は皮膚のガサガサ(フィラグリンの不足した皮膚)の中に入り込み適正な通気性によって表皮バリヤーを強くし、乾燥による痒みを減少させて、正常皮膚の状態に近くする働きがある。 2011年11月30日

 秋の風が吹いて空気が急激に乾燥してきました。いつの間にか掻いている自分に気が付きます。肌がぴりぴりとして痒くなるようでしたら、SPM液を塗り、長袖の下着(絹を推奨)を着ましょう。この秋冬をに快適に過ごすようにしてください。2011年10月2日

 ステロイドによる治療は炎症を速やかに改善しそのまま塗り続けることでアトピーが治ってしまったかのような錯覚を受けます。
しかし、皮膚の本質は治ってないことに加えステロイドの影響で徐々に悪化の方向になり、しばらくステロイドをやめた後には以前よりずっと酷い状態になります。これはリバウンドだけでなく、皮膚の状態が相当酷い状態になり、治るまでかなりの苦しみを受けることになります。
 SPM液のような非ステロイド治療をすると炎症が速やかに改善することはありませんが、徐々に改善していく過程で炎症、ガサガサ、皮剥けの状況が一回でほぼ新しい皮膚が出てくる改善になり約2〜3ヶ月で殆どの炎症による荒れた皮膚は元通りになるようです。体質によりある程度くり返してもその炎症は徐々に少なくなっていきます。薬効的作用で治っているのではなく自己治癒力で治っていることが重要です。
自己治癒力は転んでできた傷がかさぶたになり、やがて剥がれて新しい皮膚ができていることと同じように、アトピー皮膚も非ステロイド状態では少し深い傷と同様の治り方をし、再発しにくいという特徴があります。色素沈着も少し深いところにできる炎症により色素が増加して黒くなりますが、炎症部分が皮膚の表面に出てきて剥がれるのと同時に垢のように剥がれていき、新しい皮膚に置き換わることによって元の肌に戻ります。
結局、炎症を何度も繰り返し治らないステロイド治療に比べ、炎症がくり返しにくい非ステロイド治療の方が確実に早く治ることが期待されます。2011年9月11日

暑い日が続きます、みなさんの体調はいかがですか?
暑くて寝苦しい日が続くと体調が落ち、手に水泡が出来安くなりとても痒いです。省エネであまり我慢もマイナスです。やっぱり早く寝て元気に過ごすのが一番です。基本は栄養・睡眠・運動です。
強い日差しに皮膚を出していると日光蕁麻疹から皮膚のアトピー気味になり、ぶつぶつして赤くなり、痒い日が続きます。
ざらざらした皮膚は風邪が吹いても痒く、敏感です。そして何もしないと無意識に掻いて浸出液や、血が出て悪化してしまいます。
そんな時にY液やH液などSPM液を塗ると不思議に痒みが止まります。掻くことも少なくなり皮膚の治癒を早めます。2011年7月3日

花粉真っ最中
アトピーの人は殆ど花粉症。今年は去年の5倍だとか。地域によっては10倍。
花粉の時期はアトピーも悪化する。ワセリンなどを塗っているとベタベタした所に花粉がたくさん付着しなかなか取れない。汗などで花粉が爆ぜると皮膚の汗腺やガサガサの皮膚などから入り込み炎症が発生する。当然痒くなってボリボリ掻くと悪化。
ここで何をしなければいけないかというと・・・早い話がSPM液・・・乾燥状態で花粉はさらっと落ちる。当然爆ぜない。保湿保護剤だから汗腺や皮膚表面を覆って花粉が入りにくい。
アトピーのある肌はただでさえ痒いのに、乾燥によってついには掻き崩し、血が出ても掻いてしまう、結果的には悪化。
花粉の時期はもう始まっています、花粉に耐えるためにSPM液で肌を強くしておきましょう。
ここで何をしなければいけないかというと・・・早い話がSPM液・・・適度な保湿で不思議とかゆみが治まる。乾燥状態だから掻いても傷が付きにくい。
そんな中でまだ皮膚がしっかりしていないお子さんの肌はピリピリの乾燥肌、つい掻いて掻いてそれが癖になって、知らない間に掻き傷だらけ。大人でも無意識でつい掻いている自分に注意しながらまた掻いてしまう、あぁ痒みがぁぁ・・・。
一つ提案です・・・SPM−Y液(100g 600円〒200円)を何気なく塗ってみて下さい。皮膚が潤い、不思議に痒みが無くなる!かゆみ止め(薬)でもステロイド(薬)でもない純粋な保湿保護剤。皮膚の表皮のちょっと下の神経より上の部分の保湿性を高め適度な湿度にするだけで痒みはほんとに少なくなる。・・・痒み曲線    2011年4月

関東地方の方へ
気象庁によると関東地方はもう一ヶ月の間雨が降っていないそうです。外の空気は超乾燥状態、北風が肌を突き刺して水分を奪っていきます。
おまけに暖房による乾燥、部屋の中は湿度30%以下。そんな中でまだ皮膚がしっかりしていないお子さんの肌はピリピリの乾燥肌、つい掻いて掻いてそれが癖になって、知らない間に掻き傷だらけ。大人でも無意識でつい掻いている自分に注意しながらまた掻いてしまう、あぁ痒みがぁぁ・・・。
一つ提案です・・・SPM−Y液(100g 600円〒200円)を何気なく塗ってみて下さい。皮膚が潤い、不思議に痒みが無くなる!かゆみ止め(薬)でもステロイド(薬)でもない純粋な保湿保護剤。皮膚の表皮のちょっと下の神経より上の部分の保湿性を高め適度な湿度にするだけで痒みはほんとに少なくなる。・・・痒み曲線    2011年2月3日

乾燥
去年の夏はとても暑い夏でした、今年の冬はなんととても寒い冬です。
部屋の中は暖房でカラカラに乾燥、外は北風がとても冷たい。
この乾燥した空気の中にいると肌がピリピリして、カサカサになり、痒くてつい掻いてしまいます。
アトピーのある肌はただでさえ痒いのに、乾燥によってついには掻き崩し、血が出ても掻いてしまう、結果的には悪化。
ここで何をしなければいけないかというと・・・早い話がSPM液・・・適度な保湿で不思議とかゆみが治まる。乾燥状態だから掻いても傷が付きにくい。
花粉
アトピーの人は殆ど花粉症。今年は去年の5倍だとか。地域によっては10倍。
花粉の時期はアトピーも悪化する。ワセリンなどを塗っているとベタベタした所に花粉がたくさん付着しなかなか取れない。汗などで花粉が爆ぜると皮膚の汗腺やガサガサの皮膚などから入り込み炎症が発生する。当然痒くなってボリボリ掻くと悪化。
ここで何をしなければいけないかというと・・・早い話がSPM液・・・乾燥状態で花粉はさらっと落ちる。当然爆ぜない。保湿保護剤だから汗腺や皮膚表面を覆って花粉が入りにくい。
花粉の時期はもうすぐ、SPM液で肌を強くし、花粉に耐えるためにもう今から準備しておきましょう。2011年1月21日

皆様あけましておめでとうございます。
2011年が始まりました。
兎年は跳ねる年、早くアトピーを治してピョンと跳ねましょう。
今年も皆様のためにSPM液を頑張って作って行こうと思っています。2011年1月1日

SPM液を使われた方が書いて下さった意見を掲載しています・・・・SPM液ユーザの声
このホームページにはSPM液は保湿保護剤とだけ記載させて頂いています。
アトピーや乾燥肌に対する多くの薬剤(ステロイドなど)や健康食品、保湿剤など様々なものが売られています。
しかし、いずれも改善への期待は高価な価格と引き替えに得られるかどうかは疑問でした。ステロイドに至っては悪化の張本人のように脱ステされることも多くありました。ほんとに治らない病としての代表はアトピーでした。
複数の要因であって、一つの要因が治るのに何ヶ月もかかる状態を一度にすぐ治すことは不可能です。
しかし要因を理解して一つずつ着実に治すことはできます。大凡3ヶ月で酷い時の皮膚が剥け終わって新たな炎症が発生しなければ最短で治ります。あとは悪化要因を無くすため栄養や生活を改善して続けることでその後の人生は大変楽しい物になるでしょう。
SPM液はそのような改善の手助けをすることで、使ってみて良かったと言われることにいつも感謝しています。
そして「SPM液ユーザの声」のように良かったと言われている方が長年に渡り多数メールに書いて下さっていることも事実です。2010年12月12日

早いもので今年もあと僅か、もう寒さが身にしみてあの夏の暑さはどこへやら。身も心も乾燥して干物状態。
湿度の方はまあまあの状態で乾燥注意報もあまり出ていない過ごしやすい冬になりそうです。
でも、これからが厳しい冬になっていくので保湿保護剤SPM液を準備されておくと良いと思います。
年末年始の郵便局はとても忙しく、郵便物も遅れがちです、早めにご注文下さい。
皆様、良い年をお迎え下さい。
兎年は跳ねる年、早くアトピーを治してピョンと跳ねましょう。 2010年12月10日

私のアトピーが酷かった頃はもう15年前になります。そのころは治療法も分からず、医者にステロイドをもらうだけでなかなか良くなりませんでした。
ある液が新聞に報道され、その先生から直接作り方を教えて頂き、ある程度は改善しました。その後色々私なりに改善してあるのがSPM液です。
自分で言うのも何ですが、若干しみるという欠点はありますが、完全水溶性のSPM液は皮脂量を低下させず長期使用ができ、何よりもアトピーがぶり返すことが少なく徐々に改善していくことを身をもって体験し、実証しています。アトピーから抜け出す方法を総合的にアドバイスしています。ぜひ一度ちょっとだけでも結構ですのでSPM液を塗ってみてその感触を知って下さい。しみるという難点を越えると希望が見えてきます。2010年11月
・・・・クリック   私のアトピー 治癒例(私の場合)

SPM液が初めての方へ
この秋冬のアトピー対策はY液とK液でOK。SPM−入浴剤も入浴しながら皮膚改善ができます。
これらを含みSPM液の一式にスターターズキットがあります。レターパックによる全国一律送料350円です。
同時に配布しています「皮膚体調再生治療(栄養と生活の改善アドバイス)」はSPM液と併用することによりアトピー改善に大変良い効果があります。
現在の治療がうまく行っていない方、いまいちの方は、ぜひSPM液を併用されると良いと思います。2010年11月4日

SPM液は医薬品ではなくてもこんなに多くの優れた作用があります。
皮膜と浸透性による保湿保護、消炎作用、接触保護作用、角質安定作用、アレルゲン侵入防止、弱酸性除菌効果、制汗作用、皮膚を掻破に強くする、体臭の消臭、ホルマリン除去など多くの働きがあります。
ステロイドやプロトピック、かゆみ止めなどの医薬品とは全く異なる作用をするので併用が可能です。 2010年10月18日
SPM液と他の医薬品や薬品との比較

SPM液は乾燥状態で保湿することについて
乾燥状態で保湿すると皮膚が弱くならずに掻いても傷が付きにくく治りが早い特徴があります。
湿っていないのでアレルゲンが付着することも少ない。
傷の手当てとして最近湿った状態で封をすると早く治ると言われています。しかし湿った状態が長いとアトピー肌は強烈なかゆみが出る場合があります。この方法は傷を治す方法ですが、SPM液は乾燥状態で傷が付きにくくするので傷が付かなければアトピーだけの問題になり、さらに傷が加わって悪化しないようにすれば治りは早くなります。
ワセリンなどの油類で保湿した時には皮膚が蒸れて剥けやすく、アトピーと傷が治るまでにまた掻いて傷が付くという悪循環が断ち切れません。
                                                              2010年10月18日

SPM液は皮膚の保湿保護材ということで大変多くの方にご利用頂いています。
単に保湿剤と言うとワセリンや油脂など水分を通さない脂で皮膚を覆うことで水分を閉じ込めて皮膚の水分を高くするという方法が良く知られています。この方法はガサガサの乾燥肌の方にはある程度有効かもしれません。しかし皮膚の炎症があるアトピー肌にはなかなか良い効果がありません、肌が熱くなって蒸れてくると猛烈なかゆみが出て、思いっきり掻くと弱くなった皮膚が剥けたりします。
SPM液は皮膚内にしみ込みすぐれたバランスの効果(消炎、殺菌、細胞間隙間充填、適度な保湿、かゆみ低減など)が得られ自然治癒を助ける作用があります。
何故か9月になっても暑い日が続きますが、これから秋になり急激に乾燥してきます。ぜひSPM液(Y液など)を用意されて今から肌を強くされるようお勧めします。快適な秋冬の生活はSPM液で!                  2010年9月15日

気になる肌のトラブル改善
象肌(凹凸が大きく深いしわ)、皮膚がパラパラと剥ける、表面がカサカサ、肌がおばあさんのようにしわしわになってきた、黒ずみ(色素沈着)が目立っているなどの気になる皮膚の症状にはぜひSPM液をお試し下さい。
ご注文でなくても気軽に質問相談メールを下さい。・・・・
メールアドレス   2010年7月13日

食べ物には注意しましょう。アレルギーのある食べ物は当然として、アレルギーを増加する食べ物によるアトピーの憎悪は意外と気付かないことが多いです。10年も20年もアトピーが治らない人は意外と食べ物による連続したアレルギーが原因である場合が多い。
夏にアトピーが悪化する人はダニが増えるからだと思っている人も多い、悪化した前2〜3日に食べた新しい食べ物を書き留めておくと良い。
何年も同じことをしてくり返すのを避けるためにはその時期のその食べ物または食べ物の組み合わせを除去してみる必要があり、しっかりとメモしておきましょう。
トマトとブルーベリーはたくさん食べないように。アレルギー性が増加し以前酷かった所がぶり返すかも。
とくにカゴメのコクミトマトは気を付けましょう。一個食べるだけで赤い点々がぼろぼろと。個人差もありますが。
その他タケノコやほうれん草・・・・                                    2010年7月

夏はH液がお勧め・・・・汗をかいてもかゆみの出にくいH液の特徴について説明しています。
H液とY液を適宜使い分けながらこの夏を快適に乗り切って下さい。
H液はSPM液の最初の液で、最もシンプルな構成でアレルギー性の非常に低い実績のある液です。
HW液はH液の2倍濃厚タイプでしっかりと塗った感じがあり、皮膚が蒸れることが無く、乾燥状態で保湿します。
ワセリンや馬油、各種オイルなどの保湿剤と呼ばれる物に比較して、H液シリーズは唯一全く皮膚が蒸れません。2010年6月15日

☆レターパック350の利用によりスターターズキットや幼児・敏感肌キットの郵送料は全国一律350円で送れます!
レターパック350対応症状別キット
SPM液症状別注文例                                     2010年6月4日

5月ゴールデンウイークはもうすぐです。連休の前にSPM液を用意して、旅行、スポーツ、趣味などに肌のトラブルのない楽しい毎日を過ごしましょう。今から始めれば夏のノースリーブ、ビキニも可能かも!5〜8月はアトピー改善の最適期間です。2010年4月

100g容器と入浴剤が郵送料が全国一律350円で送れます!
●レターパック350・・・全国一律350円 代金引換は使用できません・・・NEW!
梱包可能な大きさ・・・厚さは3cm以下、A4サイズ 100g容器と入浴剤(袋)が入ります。100g容器3個以上の購入に便利。
 100g容器10個以下  入浴剤1袋+100g容器6個以下  入浴剤2袋+100g容器2個以下
スターターズキットや幼児・敏感肌キットが全国一律350円で送れます・・・・今まではゆうパックで北海道1100円、沖縄1200円でした。
レターパック350対応症状別キット・・・・・送料全国一律350円!アトピーの症状に合わせて各種組み合わせができます。
なお、定形外郵便も対応するようにしました。
定形外郵便
(2Kgまで)全国一律850円 北海道と沖縄の方はゆうパックより安く送れます。代金引換も可能。2010年4月15日

重症アトピーの方もぜひ試してもらいたいSPM液。ほんとにあきらめていた方もこれが最後と思って一度は試してみてほしい、ちょっとしみるが!2010年4月15日

2倍濃厚のYW液とYBW液は整髪にも使える!
外出することのない休日などビシッとリキッドで整髪したくはないのだが、なんだか髪がぼさぼさで気持ちがスッキリしない方に、SPM−YW、YBW液で整髪することをお勧めします。手の平にとって髪の毛にバサバサッと塗りつけ、串で解くだけ。意外と髪が柔らかくなり綺麗に整髪できます。乾けばさっぱりとして、SPM液特有の保湿効果によりふけ、痒みも少なくなり、超簡単整髪が出来ます。急に外出、人に会うならその上からギャツビースーパーハードをちょっと塗りつけ串で解くとかなりしっかり整髪、ドライヤー不要。またまた超簡単。2010年4月

[目の周辺が赤く炎症している]
目の周辺の皮膚は顔の中でも薄くアレルゲンに対して炎症を起こしやすい部分です。
何か少しでも痒みがあると無意識に手で擦りやすい部分でもあります。
一般に顔にアトピーが出る方は、最初に目の周辺が赤くなり、治ってきても目の周辺が最後まで残ります。
この様な時は、Y液とK液の組み合わせがおすすめです・・・・SPM液症状別注文例5.Y液100g+K液100g
Y液で保湿保護をして、K液でさらに皮膜保護をすることによりアレルゲンを遮断し、手で掻くことから皮膚を守ります。2010年3月

花粉の時期のアトピー対策は、花粉が皮膚に直接付着しない様に保湿保護することが原因を取り除く最良の方法です。
もうすぐ花粉の時期になります。この時期はアトピーの方も調子が良くないらしくSPM液の注文が増える傾向にあります。SPM液で、今から花粉に負けない肌を作りましょう。杉花粉は鼻の中に入ると水分を吸いはじけてアレルギーを起こします。皮膚が汗ばんだ時に花粉があるとはじけて同様のアレルギーを少なからず起こします。痒みが増え、掻くことで悪化します。SPM液の皮膜効果(Y液、K液)で花粉を直接皮膚に接触しないようにして炎症を軽減します。
SPM液は乾燥して保湿する唯一の保湿剤です。(皮膚の表面はさらさらしていても潤っている状態)ワセリンなどのベタベタした保湿剤には静電気で花粉がいっぱい付着して長時間留まる為、皮膚の炎症を起こしやすくなります。乾燥していると付着することなく飛んで行ってしまいます。ですからSPM液を塗った肌は花粉の影響も少なくなります。2010年2月

2009年も残り僅かです。来年2010年寅年こそ、普通の皮膚で居られる幸せをぜひ実感して頂きたいと思います。

アトピーは、アレルゲンが皮膚の表面に付着し、刺激することによって過剰な抗体を作り、かゆみ物質を放出したり炎症を起こしたりします。つまり、一番の原因はアレルゲンが皮膚に付着することです。ガサガサの皮膚の隙間を埋め、表面を覆い、保湿することによりアレルゲンが皮膚の奥に届かない様にする保湿保護剤が最も効果があると考えています。保護膜によるアレルゲンの排除、掻いても傷の付きにくい乾燥状態であって、かゆみの少ない適度な保湿、これを実現することで、ステロイドやプロトピック等の薬とは全く違った考え方の治療方法を提案しています。ですから、幼児から年齢を問わず、塗る量、回数、塗る部位を問わず、ステロイドやプロトピック、痒み止め等の薬との併用も問わず、安心して使用できる物です。2009年12月15日

Y液H液には糖蜜アルコールが入っていて、時々肌がアルコールに弱いのでアルコールがないものがほしいという声にYB液HB液を作りました。これと区別するためY液、H液をYA液、HA液と名前を変えようとしました。しかしY液、H液はもう10年以上の実績のある保湿剤です。ユーザの皆様にはほんとに長く愛用して頂いてありがたく思います。そこで、やっぱり名称は変えない方が良いのではないかということで、Y液、H液として続けます。
アルコールを含むとSPM液が皮膚内にしみ込み、保湿性能が高くなります。肌に馴染むようにたまたま入れたアルコールがSPM液の効果を高めその保湿効果は多くの方の皮膚の改善を助けています。幼児から成人、老人まで幅広く使える皮膚用保湿保護剤(SPM液)をどうぞ宜しくお願いします。2009年12月9日

SPM液症状別注文例・・・まずは少ない量で試して肌に合うかどうかと、ある程度の改善を確認してからと思っている方へ
おすすめはスターターズキット幼児・敏感肌用キットです。皮膚体調再生治療を参考に体の中と外から皮膚の改善がすぐに始められます。
ちょっとだけ試してみたい方はY液100g・・・600円 約1ヶ月間のお試しができます。
ある程度の改善を認められた方は、SPM液1000gの容器を御使用下さい。安くて量を気にせずたっぷりと使えます。2009年12月14日

新SPM液情報
SPM−YB液 弱酸性ミネラルイオン水(アルコール0)を使用しSPM−Y液(Y液:アルコール入り)と同等の成分で塗った感じはしみることはY液より少なくマイルドです。Y液と同等の保湿保護作用。
アルコール入りの化粧品や外用薬がどうも苦手という方に適しています。また、若干肌の状態が良くなく敏感な方にも適しています。

医者や大部分の方はこの奇妙な病気と言われるアトピー性皮膚炎に対し「良く効く薬」を使用して治そうとします。良く効く薬とは言うまでもなく効能を認められた薬のことです。ステロイド、プロトピック、抗アレルギー剤等です。この薬の塗り方や注意など細かく指導したりします。どこかおかしいと思いませんか。確かにステロイドやプロトピックは炎症を劇的に抑えます。押さえている間はすばらしい薬です。ただ、やめたときには押さえていた反動であるリバウンドが起きます。これはとても苦しい症状になります。抗アレルギー剤を飲めば炎症は少なくなるでしょう、しかし体の抵抗力は下がってしまいます。重大な病気の時には命取りになりかねません。
もうこの医者の薬漬けの頭の糠味噌を一掃してしまいたいという気になりませんか。
SPM液はそんな「薬」的考え方ではなく、生活の改善、保湿保護、栄養、運動、睡眠など総合的改善の中のキーポイントの保湿保護剤として、日常使う肌の健康維持剤として、薬という考え方ではなくて皮膚を覆い乾燥状態で保湿し皮膚を強くし改善する作用があります。アトピーは薬では治りません。皮膚体調再生治療と併用し非常に多くの方が改善し効果を認めて頂いています。2009年11月7日

新SPM液情報
SPM−YB液 弱酸性ミネラルイオン水(アルコール0)を使用しSPM−YA液(Y液:アルコール入り)と同等の成分で塗った感じはしみることはY液より少なくマイルドです。Y液と同等の保湿保護作用。
アルコール入りの化粧品や外用薬がどうも苦手という方に適しています。また、若干肌の状態が良くなく敏感な方にも適しています。
SPM液が初めての方はこの機会にスターターズキット皮膚体調再生治療添付)を使用され、これからの脱アトピー快適人生を実現して下さい。

SPM−YBW液 2倍濃厚液 弱酸性ミネラルイオン水(アルコール0)を使用し保湿保護性能を一段と高めました。
ある程度アトピーが良くなって来てはいるが今ひとつ改善が進展しない方に適しています。
2倍濃いだけでも塗った感じは驚くほど保湿性が良く感じられます。
肌の状態の少し良くない所にはYB液でマイルドに、良い所にはYBW液でさらに効果を高くするなど使い分けをします。2009年11月7日

SPM液は皮膚の表面を覆い、皮膚内に浸透して改善する保湿剤です。
そのため他の薬(ステロイドやプロトピック)とは干渉しないので、同時に使用することが出来ます。使用方法によっては同時に使用する薬の効果を高める作用をします。
ステロイド(薬)を薄く(約1/3)塗り、Y液(またはH液)を塗るとステロイド(薬)を通常の量塗ったときと同様に効くので、ステロイド(薬)の使用量をたいへん少なくすることが出来ます。特に重症の方でステロイド(薬)を多く塗って見える方は安心できる使用量まで下げることが出来ます。
同様にSPM液を塗った後かゆみ止め(薬)を塗ると我慢できなかった痒みが軽減できます。そして特に幼児では寝ながら掻くことが少なくなり、朝起きると皮膚の修復が大変良いことに気づきます。2009年9月19日

トマトに注意
この夏暑い日が続き、体も弱ってきます。元気を付けようとカゴメトマトジュースをグイグイと飲む、冷やしたこくみトマトをムシャムシャと食べる。KAGOMEのホームページにはトマトに含まれるリコピンがアレルギーを抑制すると言うような発表があります。
ここのところ肘や膝のアトピーの調子が悪い、首のアトピーの調子が悪い方、トマトやトマトジュースを多く摂っていませんか。ぜひ、しばらく食べるのを中止してみましょう。トマトジュースもしばらくオレンジジュースやリンゴジュースに変えましょう。できれば牛乳がいい。一週間やめてみると意外と調子が良いのに驚きます。他の色々なアレルギー憎悪食物も同様に試すことができます。10年以上苦しめられてきた原因を見つけることが出来るかもしれません。こくみトマトではない普通のトマトでも結構アトピーの憎悪の可能性があります。
これは私の体験上のことから言っていることですが、アトピー憎悪の可能性のあるトマトを健康志向で売っているメーカには注意が必要です。2009年8月15日

 この夏は梅雨の頃から雨が多く、湿度が高い毎日が続きました。乾燥肌の方は意外と肌の調子の良い毎日を過ごされたのではないでしょうか。
これから梅雨が終わって気温の高い日が続き、湿度もそこそこ乾燥してきます。また、秋になれば涼しくなると共に乾燥の毎日です。夏の間にちょっと安心して肌の手入れを怠っていると、皮膚が薄いまま秋を迎え、乾燥してくると体のあちこちが痒くなり掻くことによってアトピーが悪化します。
夏の間からSPM液を塗って皮膚を強くしておくと、秋の乾燥に耐えることができます。
 逆にダニに対するアレルギー値の高い方は、湿度が高いためダニが増えて肌の調子が酷くなってしまう方もおられるでしょう。SPM液を塗ってダニのアレルギーに耐える強い皮膚を作っておきましょう。2009年8月11日

夏の風呂はシャワーの方も多いと思います。石鹸で体を洗い、シャンプーで頭を洗うのですが、シャワーで洗い流す時に十分流さないと皮膚に石鹸の成分が残ってしまうことがあります。この残留した石鹸の成分は肌の敏感な方は湿疹や炎症を引き起こすことがあります。また水道水のシャワーを長く浴びていると常に塩素が体に当たり皮膚を薄くして、アレルギーの出やすい皮膚になってしまいます。
やはり夏の風呂でも最後には湯船に浸かりお湯と皮膚を馴染ませてから上がりましょう。SPM入浴剤を入れると塩素は消えてまろやかなお湯になり、湯上がりはさっぱりとして、夏の夕涼みができます。2009年8月11日

 SPM液ももう10年以上続いています。最近でこそ少しづつその良さが口コミで知れてきました。薬として作用する訳ではないが、適切な肌の状態を保つことと栄養、睡眠、運動、生活の改善などによる体の新陳代謝を高めることでアトピーは自然に改善することを実証しています。
ステロイド等の薬治療とは全く違うので、相互干渉が無くそれと併用することができ、またステロイドの使用量をかなり少なくすることもできます。
SPM液のような何だか分からないものに重症の方が藁をも掴むように注文されて、実際に良くなってきたと思わなければ再注文はあり得ないし、実際多くのリピートの方で成り立っているSPM液ですので、使って頂いている方にはほんとに感謝しています。
SPM液は日常の肌のコンディションを良く保つ保湿剤としても長く使っていただきたいと思います。
SPM液は100gのお試し用からあります。軽症の方も重症の方も一度試してみて下さい。2009年7月2日

 この夏、昼も夜もたいへん暑い日が続きます。
汗をかくとアトピー部分はとても痒くなり、掻かずにはおれないほど痒みが出ます。思うがままに強く掻き崩してしまうととても状態が酷くなってしまいます。掻かないようにしようと思ってもつい気が付いたら掻いていたりします。掻くこつというか、傷が付かなくて悪化しにくい描き方は軽くかさこそと掻くことです。抓ったり、叩いたり、強く掻いたりすると皮膚の奥がダメージを受け長期間にわたって皮膚の状態が大変酷くなるばかりか色素沈着が残ります。2009年7月2日

今ひとつの皮膚の進歩の為には、寝る時間11時、朝食をしっかり、たばこなし、運動をすることです。新陳代謝をアップすることです。痒みを気にしない生活はほんとに嬉しいと思います。長い人生もっともっと楽しい事に気持ちを使いましょう。2009−5−21

ようやく暖かくなったと思えば、一気に暑くなって汗ばむ気温の上昇です。
汗をかくとアトピー部分は痒くなり、掻かずにはおれないほど痒みが出ます。思うがままに強く掻き崩してしまうととても状態が酷くなり、色素沈着となって後々まで改善しません。
こんな時は水で洗うか、塗らしたタオルで汗を拭き取ります。扇風機などで汗を乾かして、かゆみ止めを塗りましょう。掻くのはじっと我慢です。
シッカロールを塗ると肌がさらさらして気持ちが良いです。2009−5−4

4月に入りやっと暖かくなってきました。体の活動も高くなり、アトピーを治すのに良い時期です。
ここのホームページをじっくり読んでみて下さい。何かヒントが掴めます。2009−4−4

アトピーがとっても重症であきらめている方、十年以上治らない方ぜひSPM液をちょっとだけ考えてみて下さい。

あなたはアトピーですか、ひょっとしたら皮膚科の処方しているステロイドやプロトピックを塗らないと治らないと思っていませんか?皮膚科は治る為の方法(生活の改善や原因の除去)を教えてくれましたか?何年もアトピーで治らないものだとと思っていませんか?皮膚科の罠にはまっていませんか?健康保険で安く治療できると思っていたら大間違い。だんだん強いステロイドで知らず知らずのうちに重症アトピー患者になってしまう恐れがあります。あなたは何を改善されました?それは正しい方法ですか?だったら治ってもおかしくないですね。適正な保湿、食事、生活の改善で正常な皮膚ができ、アトピーが自然に治ってしまうことを信じますか?ここのホームページをじっくり読んでみて下さい。何かヒントが掴めます。2009年3月

 花粉はもう飛び始めました!とにかくマスクをして、帰ったら鼻の中やのどをうがいで洗いましょう。リビングや寝室には大きめの空気清浄機を置きましょう。加湿器で湿度を上げるのも良いようです。マスクは鼻の隙間から花粉が侵入しないピッタリタイプのマスクを選びます。鼻の形状に合わせて曲げられるワイヤー入りマスクが良いです。さらにお椀状のマスクを二重にすると完璧です。上のマスクが下のマスクを押さえますから洩れることがありません。くしゃみが続いたらすぐに鼻を洗ってうがいをしましょう。鼻が詰まって息ができない様な重症の花粉症にならないように気を付けましょう。
SPM液は乾燥して保湿する唯一の保湿剤です。(皮膚の表面はさらさらしていても潤っている状態)ワセリンなどのベタベタした保湿剤には静電気で花粉がいっぱい付着してずっと留まる為、皮膚の炎症を起こしやすくなります。乾燥していると付着することなく飛んで行ってしまいます。ですからSPM液を塗った肌は花粉の影響も少なくなります。2009年2月19日

 もうすぐ花粉の時期になります。この時期はアトピーの方も調子が良くないらしくSPM液の注文が増える傾向にあります。SPM液で、今から花粉に負けない肌を作りましょう。杉花粉は鼻の中に入ると水分を吸いはじけてアレルギーを起こします。皮膚が汗ばんだ時に花粉があるとはじけて同様のアレルギーを少なからず起こします。痒みが増え、掻くことで悪化します。SPM液の皮膜効果(Y液、K液)で花粉を直接皮膚に接触しないようにして炎症を軽減します。2008年2月
SPM液は乾燥して保湿する唯一の保湿剤です。(皮膚の表面はさらさらしていても潤っている状態)ワセリンなどのベタベタした保湿剤には静電気で花粉がいっぱい付着してずっと留まる為、皮膚の炎症を起こしやすくなります。乾燥していると付着することなく飛んで行ってしまいます。ですからSPM液を塗った肌は花粉の影響も少なくなります。2009年3月11日

 「薬事法施行規則の一部を改正する省令」(平成19年3月30日厚生労働省令第51号)において第一類医薬品及び第二類医薬品の通信販売を規制することになりましたが、第三類医薬品は規制の対象ではありません。SPM液の主成分はすべてこの第三類医薬品に相当し、例えばワセリン、塩、水など特に問題のない物が指定されております(医薬品とは言えない物も含んでいる)。2009年2月

40代のアトピー(中年アトピー)・・・元気だった30代を過ぎ、40代に入って何だか体の調子が思わしくないとか、メタボが気になって食事制限をするようになったとか、厄年辺りが一番悪化しやすい年令です。その原因は年令による腸の働きの低下、新陳代謝の低下、運動量の低下やストレスの増加などいろいろな原因が重なるとかなり酷いアトピーになる場合があります。そして50代になっても治らないこともあります。まずは食事と生活を改善する事です。無料で添付しています皮膚体調再生治療は治りにくい中年アトピーに対してとても良いアドバイスが書かれており、ビタミン剤、整腸剤の購入、生活の改善などご自分で改善できます。中年アトピーは良い皮膚を作る為にたいへんな努力が必要です。厳しいダイエットをした方、株価が下がって相当の損失を出したかた、勤め先での身上が厳しい方など強いストレスが長く続くと皮膚にも影響が現れてきます。勤めて明るく過ごしましょう。 2008年12月28日

 寒気が来て寒くなりました。暖房した部屋は超乾燥して皮膚がカサカサとして痒くなります。SPM液(Y液)で保湿して乾燥に耐えられるように皮膚を強くしましょう。加湿器をかけて適度な湿度にすると快適です。2008年11月23日

SPM入浴剤値下げしました・・・・1500円を1200円に。4袋4000円  2008年10月12日

SPM液はずっと続けていただきたい化粧水(保湿用)です
あれ、保湿剤ではなかったの?・・・化粧水という使い方は毎日普通に気にせず風呂上がりや寝る前、朝の化粧の時などに塗って、知らず知らずの間に肌もきれいになっている、特に女性にとっては毎日のことですし、何歳までも美しい肌でいてほしいですね。保湿剤は化粧水の代替えになります。化粧の下地に塗るという使い方もあります。どうしても化粧をしなければならない方はSPM液の上に化粧をするとその刺激を軽減することができます。
実は私はひげ剃り後にも塗っているのです。ひげ剃り後のあのピリピリじた感じが直ぐに治ります。傷が付いているとちょっとしみます。
2008年10月5日

3.SPM液を販売するようになってもう10年以上になります、その間目立った不評もなく、皆様にたいへん喜ばれたメールをたくさん頂いております。
SPM液を注文して頂く方がいる限り続けていこうと思っています。皆様のご理解をお願いしたいと思います。
2008年9月28日

さあ秋です。すぐに乾燥してきます。SPM液(Y液)で保湿して乾燥に耐えられるように皮膚を強くしておきましょう。2008年9月26日

 もう秋も近くなってきました。この夏は暑くて汗疹ができ、アトピーが悪化した方も多かったでしょう。8月の終わり頃から9月の前半は雨が良く降り、湿度も高かったのでアトピーも一段落ではなかったかと思われます。9月後半になるとようやく涼しくなり秋の気候になってきます。それと共に急激に乾燥してきます。皮膚がカサカサして痒くなり、掻くことで悪化します。
なるべく早めにSPM液(Y液)で保湿して乾燥に耐えられるように皮膚を強くしておきましょう。
 SPM入浴剤はお風呂の塩素を除去して肌にまろやかなお湯にします。肌にしみ込んで肌を改善し、湯上がり後の保湿効果が高く、湯冷めがしにくく、痒みを軽減します。

SPM液を使って頂きたい本当の所の気持ちは、肌の健康の維持や頭のふけ、痒みの軽減、いつもの化粧水、幼児の肌の健康、高齢者の肌の保湿など毎日自然に塗る生活水のような使い方をして下さるといいなあと思っています。つまり皮膚の予防健康維持です。洗面所に押すと定量出る容器に入れていつでも誰でもちょっと手に取ってさっと塗る。手や顔を洗ったらさっと塗る。ひげを剃ったらさっと塗る。こんな気にしないでいつか塗っている、いつも肌は健康。やっぱりSPM液。2008年9月19日

new 新しく作りました。特に肌の敏感な方にお勧め。
SPM液の薄め液B アルコールが皮膚に合わない方の為に、SPM液(H液、Y液)の薄め液にアルコールを含まない弱酸性ミネラルイオン水を作成しました。アルカリイオン水ではなくミネラルを多く含む弱酸性の薄め液です。肌の特に敏感な方にお勧めします。
弱酸性ミネラルイオン水(仮称)はなかなか世の中には見つかりません。アルカリイオン水は強アルカリです。肌に塗ると良くありません。
なお、従来から作成していますSPM液の溶媒はSPM液の薄め液Aと名称を改めました。アルコールに特に弱い方以外はこちらを御使用下さい。
SPM液の薄め液A SPM液(Y、Y3、Y6、H液)を薄めるための液です。アルコール成分を含み肌に良く馴染みます。表皮の浸透を良くする糖蜜アルコール入り薄め液です。H液、Y液を薄めた時表皮の浸透を良くしSPM液の効き目を高める効果があります。肌が荒れている場合や幼児の肌でも適宜薄めることにより染みるのを軽減できます。

汗疹の予防
夏の暑い日には汗がにじみ、あせもができて痒くなる事があります。そんなときにはSPM液(H液またはY液)を塗ってからシッカロールを塗るとシッカロールが安定して皮膚に付着するので効果が倍増します。あせもで困っている方はぜひお試し下さい。
この写真は多めに塗ったので白くなっていますが、適度に塗ると殆ど判らない位になります。SPM液にシッカロールの粉末が溶け込み白い反射を防ぎ透明にします。そのまま外出しても判りません。
なお、湿疹ができて特に酷い方は薄くステロイドを塗り、SPM液を塗って、ラナケインなどのかゆみ止めを塗り、さらにシッカロールを塗ると効果抜群です。

DSCF0705b.JPG (8246 バイト)実際にはこんなに白くなりません

 最近のアトピーの傾向は、40歳前後の方が目立ちます。若い頃アトピーだったが30代は比較的軽症が続いていてあまり気にしなかったが、30代後半から40代半ばころより、徐々にアトピーが再発してくることがあります。食事の内容も変わってくる事もありますが、体の特に皮膚の成長が衰えてくることが原因と考えられます。腸の働きも低下してきます。40歳前後のアトピーはしっかり治さないと50歳を過ぎても治らないことがあります。

SPM液(H液、Y液)の薄め液にアルコール0タイプができました。
現在の薄め液は表皮の浸透を良くする糖蜜アルコール入り薄め液です。H液、Y液を薄めた時表皮の浸透を良くする働きがあります。
今回アルコールが皮膚に合わない方の為に、アルコールを含まないSPM液(H液、Y液)の薄め液として弱酸性ミネラルイオン水を作成しました。通常アルカリイオン水はアルカリ性です。SPM技術で通常ではできない弱酸性のミネラルイオン水にしました。2008年7月13日

SPM液の秘密
 皮膚は乾燥しても痒くなり、汗ばむような過湿の状態では強い痒みが発生します。皮膚が適度な湿度を持つ時が最も痒みが少なく、気持ちの良い状態です。SPM液(H液、Y液)はその適度な湿度に保つことができ、痒みの少ない状態を維持します。この時が皮膚も傷つきにくく、少々掻いても傷になりません。傷が付かないと治りがとても早くなります。
 例えばワセリンを塗った状態で汗をかくと皮膚は蒸れた状態になり、とても痒くなり、掻くことを我慢できません。蒸れた皮膚はとても弱く、強く掻くと剥けたり、傷が付いたりします。
そんなわけで、SPM液は薬ではなくても、痒みが低減し、傷が付きにくく、治りが早いのです。
薬効ではなく物理的な痒み最小の湿度、傷の付きにくさがSPM液の特徴です。2008年3月23日

 もうすぐ花粉の時期になります。この時期はアトピーの方も調子が良くないらしくSPM液の注文が増える傾向にあります。SPM液で、今から花粉に負けない肌を作りましょう。杉花粉は鼻の中に入ると水分を吸いはじけてアレルギーを起こします。皮膚が汗ばんだ時に花粉があるとはじけて同様のアレルギーを少なからず起こします。痒みが増え、掻くことで悪化します。SPM液の皮膜効果(Y液、K液)で花粉を直接皮膚に接触しないようにして炎症を軽減します。2008年1月20日

新年明けましておめでとうございます。今年もSPM液をよろしくお願いします。SPM液を作るようになってから10年になります。その間に幼児、青年、高齢と広い年齢層と、たいへん多くの方に使用して頂きまして、特に問題も無く、皆様から喜ばれて続けてくることができました。これからも誠実、親切を基本としてSPM液を作成していきたいと思っております。2008年1月1日

 年末から正月にかけてSPM液の注文は受け付けています。乾燥肌で皮膚が痒い方など、この機会にぜひSPM液を試してみて下さい。
 もうすぐ年末です。年末は郵便事情が良くなく、振込が年内に届かなかったり、発送したSPM液の到着が遅れたりします。SPM液をご希望の方は早めの注文をお願いいたします。いま使用しているSPM液が残り少ない方、乾燥肌で困っている方など正月を快適に過ごす為に早めの準備をお願いします。0712

 ここのところ急に寒くなってきました。家庭や会社では暖房のため空気がより乾燥します。加湿器をかけて湿度を適度に保つようにしましょう。またSPM−Y液をつけてこの乾燥に耐える肌を作りましょう。乾燥による痒みも軽減できます。いままでSPM液があまりピンと来なかった方に薬ではないのに薬より良く効くという皮膚の保湿保護剤SPM液をぜひ一度お試し下さい。0711

 薬というのは神経や体の細胞に作用してその働きを抑制したり、促進したりします。ステロイドやプロトピックなどの皮膚治療薬は皮膚の炎症を抑え酷い状態の皮膚をめざましく早く良い状態にします。しかし長い間使用していると皮膚が薄くなりさらにアレルギーが出やすくなり、悪循環になって結果的には治ることはありません。どんどん強いステロイドを塗らざるをえなくなります。使用を中止すると抑えていた症状が一気に現れ、リバウンドして、たいへん酷い状態に一週間程でなってしまいます。
その点、SPM液は皮膚の乾燥を抑制し、外気の刺激を少なくすることによって痒みや炎症を軽減します。アトピーが治りやすい環境を作って、自己治癒を促進します。ですからSPM液を塗らなくなってもすぐに悪化することはありません。薬ではないのに薬より良く効くというのはこういう理由があるからです。アトピーが治って今後ずっと良い状態を保つには自己治癒力が必要です。特に幼児のころのアトピーは自己治癒力があるか無いかで大人になった時に大きな差が出ます。神経や細胞に作用しないで、治る環境を整えるSPM液は安心して使える保湿保護剤です。0711

 そろそろ秋の風が吹いて徐々に空気が乾燥して来ます。気温は過ごしやすくなりますが乾燥による痒みでアトピーの方にはだんだんきびしい季節になっていきます。ただ、夏の暑さによる痒みとは少し異なり、やや乾燥状態のほうが掻爬に対し皮膚は強く、SPM−Y液の乾燥状態での保湿と保護が痒みの発生を軽減し皮膚を強く維持します。湿度が30%近くなりますとカサカサの乾燥肌の方や、年配の方は体中が痒くなり、バリバリと掻くと皮膚が粉のように剥がれ、ふけのように当たりに散らばるので嫌われることもあります。こんな時はSPM−Y液を塗るとカサカサの肌が若干普通の肌に近くなり、皮膚の隙間を塞ぐので痒みも軽減します。また、さらにSPM−K液を塗れば、丈夫な皮膜による皮膚の保湿、保護ができます。若干の掻爬にも剥がれることがなく皮膚のダメージを少なくすることができます。これからの厳しい季節をSPM液で快適にお過ごし下さい。気温が下がるにつれて温かいお風呂が一日の疲れを癒やす一番の楽しみですが、SPM−入浴剤は湯上がり後もサッパリとして、湯冷めしにくく、幼児のアトピーにはしみることもないのでお勧めです。年配の方は湯上がり後の乾燥による痒みの発生が少なく、気持ちよく寝ることができます。0709

 まだまだ夏の暑さが残りますが、9月後半になると気温も下がりようやく秋に近くなった感じがします。それと共に空気が乾燥し、季節の変わり目であることもあり、肌が痒くなってアトピーが悪化する方が多くおられます。そろそろ秋の準備として今からSPM液を塗って肌を強くしておきましょう。お勧めはY液です。薄い皮膜を形成し、ベタベタしない乾燥状態での保湿作用で自然な肌の状態を保ちます。特に乾燥による痒みの発生を軽減する効果があります。0708

 アトピーの出る時期として乳児、幼児、二十歳過ぎ、高齢(40、50歳代)に分かれます。最近は高齢の方のアトピーが目立つように思います。体の成長が止まって、皮膚の代謝が少なくなり結果的に皮膚が薄くなることによってアレルギーが出るようになります。腸の働きも低下し必要な皮膚の栄養が不足するようになります。徐々に皮膚の張りが無くなり、皮膚が薄くなり、色々なアレルギーに反応しやすくなり、結果アトピーという状態になります。生活を正し、張りのある生活をしましょう。また、60歳を越えると皮脂が少なくなりカサカサになって全身の痒みが出る方がおられます。SPM−Y液を塗ると不思議な位痒みが治まって、肌が若返って見えます。0705

アトピー、アトピー性皮膚炎、保湿剤、保護剤、乾燥、痒み、幼児、ガサガサ、乾燥肌、化粧水、完治、アトピー、アトピー性皮膚炎、保湿剤、保護剤、乾燥、痒み、幼児、ガサガサ、乾燥肌、化粧水、完治
皮膚が赤い、目の周りが赤い、痒い、重症アトピー、食事療法、皮膚、自然治癒、

もどる