2019年1月1日作成
最終更新日:8月09日(金)更新


☆ ☆ ひ と り ご と ☆ ☆  2019年度版 

明けまして おめでとう ございます! 新らしい年が始まりました。今年はどんな年になるのかなぁ〜? 素敵な思い出が出来るのかなぁ〜?
 ※ ここには私の”うれしかった事”、”悔しかった事”など、思いのまま&気ままに書いていくつもりです。
あくまでも”私”個人のひとりごと、ぼやきの感想のページです。どうかご了承・ご理解をくださいね。* ̄∇ ̄*)エヘヘ 


  過去の”ひとりごと”へのリンクです。
1997年度 1998年度 1999年度 2000年度(前) 2000年度(後) 2001年度
2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度
2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度


過去、1997年から2010までのリンクを外しました。
もしもご興味があってどう〜してもご覧になりたい方は、
こちらから掲示板にて、お知らせください。改めてURLをお知らせします。



2019年元旦(月)

明けまして、おめでとうございます。 新たな年がまた始まりました。本年もどうぞよろしくお願いします。
みなさまのおうちでは、お正月をどのようにお過ごしでしょうか? 今年は、我が家では、特に何をするわけでもなく、おとそ・お雑煮くらいです。(*^▽^*)ノハーイ
母が認知症なので、おもちも詰まったらこまるので、あまり食べれないしね。それに、気分に本当にむらがあるので、寝てばかりでいることもあるし、家のことは何もしないしね。掃除、洗濯、ご飯の支度どころか、自分のことも分からなくなることもあり、私は一人で、家のこと、母と妹の世話までしないといけないし...。
どうしたらいいのか?? ますます 母のボケ具合が進んできています。ある時は、食べ物をみるととめどなく食べてしまったり、自分のおなかの加減も分からないくらい? 自分のあまりすきでないもの?美味しくないものは、全く食べようとしないしね。お腹の加減がわからないのかなぁ〜?って思うことも多々あります。( -.-) =зフウー
わたしが、ケーキやパンを作ると、即、食べて.. 「だって美味しいんだもの。」といいながら、ほとんど一人で食べてしまい、私は、味見程度しかできなくて.。まぁ、喜んで食べてくれるのはいいけど、ひとりで全部は... o(*^▽^*)oあはっ♪
いろいろあります。どうなるんだろうね。

2月2日(土)

2月になりました、ついこの間、お正月、三が日、七草..とかって言っていたのに。(*´-д-)フゥ-3 早いものです。
母の認知症の認定が、要支援-1から、11月26日付で、要介護-2に急に上がってしまい..(´゚Д゚`)ンマッ!! 11月頃って、ちょうど母のだめだめ期で、徘徊とか電話攻撃とか、寝たきりとか、いろいろ重なっていた時期だったので...
それから、アツルハイマー予防の薬をもらって、今は、すっかり元気になり、毎日、折り紙をしています。千羽鶴を折ってます。
だから介護の認定の変更をしなくてもよかったのかなぁ〜って、今頃になっておもったり..でも、すぐには変更もできないし、これからどうなるかわからないから、しばらくはこのままで..ってことになりました。
今までは、週1回、デイサービスに行っていたけど、今度は、週に2-3回行けるようになったの。でも、今のところは定員いっぱいで、週1日しか入れないので、別の所を探さないといけないので..また、それも大変かも? (*´-д-)フゥ-3。まぁ、元気でいてくれるのが一番ですが...


4月1日(月)

4月になり、新元号がきまりましたね。「令和(れいわ)」だそうです。穏やかで幸せ多き年になるといいですねぇ〜。
またしても、母の認知症が... 気温の変化のせいか、すこし暖かくなると翌日は急激に寒くなったり、桜も咲きはじめたのに、寒くてそのままだし。なんだか、いろいろ変化があります。ε-d(-∀-` )フィ〜。気分がいいと折り紙を折ってます。千羽鶴、たくさんたまりました。 ヾ(≧▽≦)ノあははは! でも、色紙の種類によって、色合い、硬さも違い、なかなか合わせるのも難しいみたいですよ。 (ノω`*)エヘヘ
母のこともだけど、世の中も、平和で過ごせるのが一番dえすね。


5月25日(土)

新元号 「令和」になりました。
お天気もいきなり雨になったり、晴れたり、真夏日になったり... これじゃぁ〜 母の認知症も... 気温の変化が激しいので、寝てばかりの毎日です。ヾ(≧▽≦)ノあははは!
今年は、まなびぃで担当する私の講座は長期のものばかりで...。1日集中6時間で7日間とか、Word12日間とか、HPのデモ講座とか、なんだかなぁ〜。
それに、他の講座の担当者も... いろいろですねえ~。(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン まぁ、頑張るさ!(○ ̄∀ ̄)ノぁぃ


7月20日(土)

学生さんは、夏休みになりました。今年ももう、半年が過ぎてしまったのね。早いものです。
母は、相変わらず、寝るか、たべるかのどちらかの生活で、活気もないよ。 それに、母とみえこさんの間の異母兄弟のひさおさんが、亡くなったと連絡もあり、「私も、そろそろおばあちゃんが、お迎えにきてくるね」っていいだして.. ε-d(-∀-` )フィ〜。 まだ早いよ。もう少し、頑張って..とは言ってはいるけど、私も、正直、母のボケ(認知症)には、ほとほと参ってます。それに、妹のきちがいもいるし。どうなるんだろうね。  家のことは私一人でやってるんだよね、生活費ももらってないのにね。 (;´д`)トホホ、がんばるしかないか! (。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン


8月9日(金)

今、母が千葉西総合病院の外科病棟に入院中です。今まで、大きな病気も、白内障以外、したことがなかったのに...
 7/26のこと、元山駅の下のおっかさんがなくなり「わくわくスーパー」となってオープンしたので、朝の開店の時に一緒に自転車で、買い物に行ったの。
 母が自転車で外出、半年ぶり?位? しかも、買い物に行くといったのも...買い物は無事に済んで、家に戻り、11時頃かな? 「おなかすいた」というので、食パンでハムサンドを作ってたべて、それでもまだ食べたいっていうので、バナナを。3本も食べました。
 その後1時間以上してからかな?「気持ち悪い、吐きそう..」ってことで、白のビニールをゴミ箱にかけて、そこに... 出てくるのは、たべたものじゃなくて、胃液とか白いあわの様な物?
何度か嘔吐しているので、母に「病院行こうよ、なんか変だよ、熱中症かなぁ〜」っていうと、「病院に行く」と素直に言うの。(゚ω゚ノ)ノ いつもは、「病院なんて行かないよ、大丈夫だよ!」て威張るのに。
 自分でも変だなぁ〜手ともったんだね。で、タクシーを呼んで、即、出掛けて...。もし何か会ったときは、千葉西?って思ったけど、これから何度も通うことを考えると、鎌ヶ谷総合病院の方が近いし楽だなぁ〜思い、鎌ヶ谷総合病院へ
 平日だし、2時ごろから午後の診察があると思っていたけど、内科はやってないって! どういうこと??って感じ!! 救急で判断をするということになり、看護師さんが、「嘔吐の様子から、普通の内科でいいよ、4時半からだから待っていて..」っていわれて、まだ気持ち悪くて、吐いているのに?? 
 観察室のベットで休むことになり.. その間も、吐いてました。で、私は、4時半少し前に順番取りに夕診の受つけをして...
5時少し前に早めに内科で呼んでくれて、「風邪でしょ、風邪でお腹が痛かったり、吐いたりするのがあるから..」っていわれて、薬を出してもらって、会計に行こうとしたの。
 「トイレ、我慢できない!」と母が言い出してトイレへ.... 出てきたときに、血がぽたぽた...
「どうしたの? 後ろ向いて?」って、見るとおしりのところが真っ赤! Σ(o>艸  慌てて、救急の看護師さんに、「血が出ているみたいなんですけど..」って相談をすると...「お尻みせて〜」って、それから、もうバタバタ! 
いきなりオーバーナイトの部屋に入り、ベットに寝て、洋服着替えて、おむつして、点滴のための血管を2つもとり...。何がどうなったのか? 私もオロオロ...
7時ごろかなぁ〜CTを取るって、母が検査にいって、いわれたことは、「腸が破れてます。命にかかわるから..」って。止血剤を入れて、ビタミンの点滴をして...それが7時半ごろかな?
 どうしたらいいの? 看護師さんたちも、先生がいないとか、外科だとか... 動き回っていて...そうこうしているうちに、「今日の分の支払いをお願いします。これから千葉西に移動しすまので」っていわれて、私は、支払をしに受付に、母は救急に移動することになったみたいだけど、その時に私がその場を離れたから、不安になったのか?点滴の管を抜いたって... 大慌てででした。
男のベテランの看護師さんと、救急車にのり、千葉西へ... それが9時すぎだったかな? 
 「ご家族の方は、家族控え室でお待ちください」っていわれて...。で、22時過ぎ頃、呼ばれて、「今から造影剤を使った検査をしたいので、同意書にサインを」っていわれて...。その時は状況を教えてくれなくて...。
 それからしばらくして、「落ち着かないので、そばにいて下さい」って救急の母の所に..。そこで、ほとんど説明もなく、「手術します」っていわれて。
 「えっ?いつですか?」って聞くと、「今からすぐに、命にかかわるから...今日中にやります」っていわれて...
(゚ω゚ノ)ノしたというか、どうなっているのか全く分からずの状態。 で、その場で、手術の同意所、輸血の同意書、抗生剤?を使う同意書、麻酔の同意書 などなど、読みもせずに、サインだけ...。森本先生が一緒に手術してくれるっていわれて
 23:45頃、「行きましょう」って、一緒に3Fの手術室へ... 私は、家族控え室で待つようにいわれて... 妹に連絡をしても、「私には、関係ないし..」っていうの! なんて冷たい奴? おかあさんが手術をしているんだよ? って言っても、我関せずで...
 24時、夜中の1時、2時、3時になっても、終わらない、3時半頃、バタバタと足音がしてので、ドアを開けてみると、外科の先生が...「ここにいたの」っていわれて... それからしばらくして、家族控え室で、簡単な説明が...
「S字結腸が破けて、おなかのなかにカスが広がってしまって、全部は処理できなかった。大変だった」ってことと、「人工肛門を作りました」ってことを話してくれたの。 で、母は、そのままICUへ入って...。
 会えたのは、朝5時半ごろ、人工呼吸器、酸素の管、心電図、そのほかにもいろいろなものがいっぱいついていて... まるでTVドラマでやるまさにあの状態。「3〜4日は痛みがあるから、寝かせた状態になります。輸血も結構したし、いろんな薬もつかっているので、様子をみながら..」ってことになり。その場で、入院の話、書類などをもらって....
 一人だし、どうしたらいいのか、ほんとうに心細かった。
とりあえず、一旦家に戻って、必要なものを用意しないと..ってことで、帰りの途中、大雨! びしょぬれ、電車もまだあまりないし、五香で降りてタクシーに...家についたのが10時近かった
とりあえず、ケアマネの広川さんに連絡して、入院していまICUにいる事など。
それから、もうバタバタ、おむつを買って、身の回りの物をそろえて、13時過ぎにまた母の所へ... なんだか機械につながれていて見ているのもつらくて...
でも、4日め?位から、酸素の量が減って、人工呼吸器がとれて... 7/30には、初めて祥子も一緒に行ったの、その時は、半分寝ていたけど、話もできて... それからだんだんにいろいろ取れて...7/31頃には、「もうすぐ、一般病棟に移れそうだよ」っていわれて、ほんとうにすこしほっとしたというか、なんというか...。 ε-d(-∀-` )フィ〜
8/1の朝10時ごろ、病院から電話で、「6Fの北に移動しました」って連絡をもらって... いそいで12時ごろ行ってみると、ナースステーションの横のガラス張りの観察室(673-2)。それに、手も縛られているし..ε-d(-∀-` )フィ〜 点滴を抜くからとか、何かあると困るから、手がかかると大変だし...って、手をミトンに入れてベットにしばられていたの。8/6に、ナースステーションの横の観察室に移り... そして8/8昨日は、652号室、病棟でも、ナースステーションの目の前の部屋に移動になったの。 その時は、連絡もなかった。6人部屋の左側の真ん中で、すごく狭くて暗くて... 母、もうぐったりって感じでした。少し良くなったのかなぁ〜って思っていたのに、昨日は...
で、昨日初めて、森本先生がベットに来て様子をみに..もう全粥だけど食事も3食出ているしね。 男性の看護師さんが、「そろそろ帰れるかもね..」って言ってくれたの。うれしくて...
 そのころから、今度は、私がすこしホットしたのか、喘息発作が... 今日で3日目です、後で病院に行きます。 ε-d(-∀-` )フィ〜 
母のストーマ(人工肛門)の交換も3回やったしね。最初は、見せてもらって、2回目は、もうやりました。できたよ〜。 で、3回目も、形の違うものだけど、出来た! これからは、私がやらないといけないんだよね。
昨日の森本先生の話だと「そろそろいいけど、でも、もう少し、しばらく、ストーマの交換の練習をしていってからね」っていわれた。で、そのストーマにつては、私が、「一時的なものですか?」って聞くと、「手術して繋く事もできるけど、でもなぁ〜、ウーン」って困っていました、ってことは、年も年だし、これ以上負担をかけないで、そのまま永久にってことだよね。 もう覚悟します。 
なんだか本当にいろいろあって、疲れた! 




TOPへ戻る  

Copyright (C) 1997-2019 Kaoru Yanagisawa All rights reserved.