本文へスキップ

真宗大谷派(京都・「東本願寺」末流)【お東のもんと】清仁寺(セイニンジ)

電話での、お問い合わせはTEL.011-384-3711

〒067-0055 北海道江別市篠津805番地4号

清仁寺(せいにんじ)は、石狩平野を流れる、石狩川のほとり、のどかな田舎にたたずむ、浄土真宗のお寺です。 このホームページは、お寺の法要・行事等のご案内・行事報告・納骨堂についてなど広く皆様(特に、ご門徒以外の一般の方々)に知っていただこうと思いつき、開設致しました。興味はあれど、直接お寺まではこれない方のために、作りました。 この、ホームページが、きっかけとなって、お寺に足が、運ばれます事を、願っております。(ご一緒に仏様のお話を聞きましょう!)

informationお知らせ

電話やメールでのご相談もいたしますが、できれば、お寺まで足をお運びいただき、直接お話をお伺いいたします。お気軽にご相談ください。特に、納骨堂に関しては、百聞は一見にしかず、見学されますことをお勧めします。
宗教の事・お内佛(お仏壇)の事・お墓や納骨堂の事・その他、仏事に関する相談事)
● 葬儀・法事のご案内
葬儀・法事は亡き人との別れをとおして、故人の生涯をたずねるとともに、〈私〉もまた、死にゆく者
として、生きる意味を問われる大切な場です。清仁寺では、葬儀・法事の会場としてご利用いただけます。
● 納骨のご案内
近年、様々な事情で、「お墓を建てられない」、「維持できない」など、お困りの方が見受けられます。この為、清仁寺では、その受け入れ体制を整えました。ご門徒の方に限らず、どなたでも、お受け致します。まずは、お寺までご相談下さい。
● 清仁寺寺号公称100年を平成32(2020)年にお迎え致します。これを記念に、慶讃法要を催したく、総会を経て、準備に取りかかります。寺門興隆に、ご理解ご尽力賜りますようお願い致します。



八藤紋
2018年7月10日
●平成三十年度 拙寺 報恩講、お陰様を持ちまして、真宗門徒の私たちに取りまして、一年中で最も大切なお仏事を無事、厳修出来ました事、お礼申し上げます。
 布教使の竹園先生には、懇切丁寧なご法話を頂きありがとうございました。又、次回のご縁を楽しみにお待ちしております。
 そして、相導師の浄土寺 霜田様を始め、ご法中の皆様には、ご法務ご多用の中、お繰り合わせ、ご参勤賜りまして、誠にありがとうございました。
 今年も、暑い報恩講様となりました、それにも増して、この三日間、篤い、無二の勤行を頂き、大感動の内に、御仏事を終える事が出来ました。これひとえに、皆様のお力添えのたまものと、報恩感謝の念で一杯であります。
 先日(7/1)、毎年の事ではありますが、報恩講の準備に、お磨き、清掃、草刈り、剪定をお当番の門信徒の皆様総出で、雨の中、汗をかいた事でありました。そして、報恩講の期間中、朝な夕な御斎の準備、総務係、会計に書記、等々、係りの役員、ご門徒の皆様、大変ありがとうございました。この清仁寺に、参集頂いた全ての皆々様に、お礼を申し上げたいと思います。
 これから、又、来年の報恩講に向け、宗祖親鸞聖人の教えに遇い、真の拠り所を教えて頂いたご恩に報謝し、教えを聞信して、ともに念仏申す身となっていく事をお誓いし、一言、清仁寺住職として、お礼の言葉と致します。誠に、ありがとうございました。

八藤紋
2017年4月07日
● 遷座式法要を、厳修致しました。「お知らせ」を参照下さい。
2016年7月10日
● 御本尊の「宮殿・須弥壇」宗祖親鸞聖人(御開山)の「御厨子」を御洗濯致しました。
2016年3月29日
● 納骨壇を増設いたました。
2010年7月7日
● 納骨堂の他に「須彌壇収骨堂」が新たに新設されました。(冥加金5万円 永代経志 応分)

八藤紋
1998年3月19日
● サイト「清仁寺ホームページ」を開設しました。
1921年11月
● 大正10年、「清仁寺(せいにんじ)」と寺号公称される。今年で、97年を迎えます。

親鸞聖人

shop info.店舗情報

宗祖 親鸞聖人

〒067-0055
北海道江別市篠津805番地4号
TEL.011-384-3711
FAX.011-384-6091

清仁寺