『眉かくしの霊』について



 泉鏡花の『眉かくしの霊』という小説のテクストに、こんな奇異な箇所があります。

そのまま熟(じっ)と覗いていると、薄黒く、ごそごそと雪を踏んで行く、伊作の袖の傍を、ふわりと巴の提灯が点いて行く。おお今、窓下では提灯を持ってはいなかったようだ。――それに、もうやがて、庭を横ぎって、濡縁か、戸口に入りそうだ、と思うまで距った。遠いまで小さく見える、としばらくして、ふとあとへ戻るような、やや大きくなって、あの土間廊下の外の、萱屋根のつま下をすれずれに、段々此方へ引返す、引返すのが、気のせいだか、いつの間にか、中へ入って、土間の暗がりを点れて来る。……橋がかり、一方が洗面所、突当たりが湯殿……ハテナとぎょっとするまで気がついたのは、その点れて来る提灯を、座敷へ振り返らずに、逆に窓から庭の方に乗り出しつつ見ている事であった。

 窓から前の庭の方を見ていて、怪訝な提灯の行方を眼で追っていたら、いつのまにかそれが自分の背後に近づきつつあるのを見てしまったというのです。それも「座敷へ振り返らずに」それが見えたという……。SFではないので時空が捻じ曲がったわけではありません。なんだかわけが分からないけれど不気味です。よい読者は深く追求することなく、ただその不気味さをじっくり味わっておけばよいでしょう。

 しかし悪い読者としては、主人公の「境」という男がロクロ首になったか、幽体離脱をしたか、まあ、いろいろ思いを巡らせることになります。とにかくそんなふうに「境」という存在が延び広がって、その輪郭が曖昧になるというようなことをイメージします。そうすると小説の中のものごとの境界もまた曖昧になって、伊作の傍を行く提灯がなにやら浮遊する魂のように見えてきたりもします。引用した部分のすぐ後で「境」は女の霊を見るわけですが、女の口にひき銜(くわ)えられ、窓を越えて空高く跳ね上げられる「魚」に変じてしまいます。

 これは結局、夢なのだそうですが、しかし「さかい」から「さかな」へのテクスト的な変容、あるいは「さかな」による主人公への「水」の属性付与の暗示に比べれば、そんなことはどうでもよいのです。

 けれども、ここにいるもっと悪い読者は、窓から自分の背後の風景を見るという「境」の異様な体験に、「鏡」の中を覗き込むあのごく平凡な経験を重ね合わせてみようではないかと提案します。窓の外側の世界が、鏡という、厚みを欠いた境(境界)によって区切られているのであれば、「境」という登場人物が幻の「鏡」に似てしまい、鏡に映ること、鏡に映すことなど、あらゆる「鏡」の属性をその身に帯びるということもありうるのです。前が後ろであるような矛盾も、だからここではいともたやすく成立してしまいます。

 境がこの場で遭遇したことは、結局は夢なのだそうですが、「境」から「鏡」へのテクスト的な変容、そして先に暗示された「水」属性と「鏡」のイメージとの親和性にくらべたら、そんなことはどうでもよいのです。この作品における「水」と「鏡」の親和性を(珍しくもなく)指摘すること。拙文がいわんとしているのはそういうことです。

 鏡とは、ときに神秘的であったり不気味であったりするものです。『眉かくしの霊』は、ある意味で「鏡」をキーワードとする小説であるといえるでしょう。桔梗ケ池の奥様と呼ばれる妖女は真っ青な池の汀(みぎわ)で鏡台に向って化粧をします。いっぽう、この小説のヒロインともいえるお艶は、桔梗ケ池の妖女を模倣して眉を剃り落とします。もちろん鏡台に向って、です。眉を剃るのは既婚女性であることを示すしるしです。妾であるお艶が正妻の顔をみずから獲得しようというのです。彼女が「鏡」の中に覗き見るのは自分の顔ですが、同時に桔梗ケ池の奥様の顔でもあるでしょう。鏡という厚みを欠いた境界を間に挟んで、ふたりの女が向かい合っているのです。この時ふたりの間に「分身」という関係が成立します。

「向うから、私(てまい)が来ます、私(てまい)とおなじ男が来ます。や、並んで、お艶様が。」

『眉かくしの霊』というと、きまって引用されるのがこの料理番伊作の分身(ドッペルゲンガー)の出現場面です。「境=鏡」的存在の画師(えかき)境賛吉がその場に居合わせていることが、伊作の自己像幻視に少なからず作用しているかにみえて、なかなかに刺激的です。つまり、冒頭で引用した怪異と同質の現象が、今ここで反復されているのではないか、伊作の分身やお艶様(桔梗ケ池の奥様の分身)が、あの怪訝な提灯のさらなる出現も含めて、前方からではなく、逆に背後からやって来ているのではないかと。そして伊作にしても境賛吉にしても、幻の「鏡」を覗き見るというポーズを無自覚のうちに共有しているのではないかと。

 しかし、それ以上に興味深いのが、お艶と奥様というふたりの女の分身関係です。妾(めかけ)という正妻ならざる存在のお艶は、「美人」でもあり「妻」でもある桔梗ケ池の奥様への意地と憧れから眉を剃り、ある夜、その奥様とまちがえられて、「川」のそばで射殺されます。桔梗ケ池の水は凝って鏡台となり、その鏡像関係にある鏡台がお艶の宿の座敷に鎮座しています。さらにまた、それら鏡台がふたたび融けて、お艶の射殺現場を流れる「川」の水になる……、そう読むこともできるように思います。とても幸せそうには見えない女たちを「水」のイメージが絶望的に結びつけているかのようなのです。

 ともあれ、「水」属性の存在である桔梗ケ池の女もまた、「鏡」に向って化粧をするというポーズを(「鏡」を覗き見るというポーズを)、その典型としてとっていました。彼女が鏡の中に見るのは自分自身の顔ですが、同時に彼女と同じ無名の誰かの顔、意地と憧れをふたつながらぶつけたい、奥様でも妾でもない誰でもない誰かの顔であるのかもしれません。恐らくその誰かの鏡にも別の誰かの誰でもない顔が……。

 とりあえずの結論。『眉かくしの霊』は鏡がテクストを侵蝕する小説である。


 1998.02.03/2019.05.09(debug)




眉かくしの霊 あらすじ

 大正13年 5月「苦楽」初出、大正13年12月『番町夜講』(改造社)所収

 霜月半ば、「筆者」の友人の画師境賛吉は木曽の奈良井に宿を取った。出された鶫料理を堪能しつつ、鶫を食べて口を血だらけにした芸者の話を思い出す。これは魔がさした猟師による誤射というこの小説の後段の暗示となる。翌晩、境が庭にいる料理番の伊作に奇怪な提灯がついて行くのを窓から目で追うと、それが宿の中へ、境の部屋へとやって来る。この背後の出来事を、うしろを振り返ることなく見てしまうという怪事。続いて姿見の前に女が現れ、「似合いますか」といって懐紙で眉を隠してみせる。夢かうつつか境はこの女によって姿を魚に変えられる。伊作は前の年に柳橋のお艶という芸者が同じ部屋に逗留したことを境に明かす。お艶は愛人が「大蒜屋敷」で姦通騒動に巻き込まれたのを救いに来たのであるが、「桔梗ヶ池」の奥様なる魔の者の美しさを模倣せんとして自分も眉剃りをしていたために、猟師に誤って射殺される。伊作が仔細を語り終えた時、ふたりの前に伊作の分身と提灯とお艶が、射殺直前の姿をそのままに出現する。座敷はさながら桔梗ヶ池と化して、汀に白い桔梗が咲くように雪のけはいが畳に乱れ敷くのであった。

 泉鏡花の最高傑作。


 佐藤和雄(蟻) / 泉鏡花を読む