本文へスキップ

彩建コーポレーションは、自然素材の家づくりを専門とする工務店です。

電話でのお問い合わせはTEL.04-2929-8400

〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6

見出し家づくりのコンセプト

誰もが自然素材の家に住める家づくり!

自然素材や無垢材を使った高耐震、高断熱の家をより低価格で誰もが住めるようにする事!子供たちが将来アレルギーや喘息で悩まない家をより多くの人に住んでもらう事を企業理念として、より良い家づくりをより低価格でご提供できるように企業努力をしていきます。

構造材は危険な接着剤張り合わせの集成材は一切使いません。良質な無垢材で反りや変形の無い安心安全な無垢材と自然素材を使った家づくりで、高耐久・高耐震・高断熱な天然木の家をご提供!小さなお子様にのびのびと健康な住まいをご提供します。
構造用集成材の剥離事故の新聞報道  【構造用集成材とは】
厚さ3センチの板を接着剤で貼り合わせて作った、柱や梁材の事。
左の写真がそれで、一見すると1本の柱に見えますが、よーく見ると接着面が木目が違い、貼り合わせていることがわかります。
ご覧のように建築中に接着剤が剥がれるという事故が多く発生しているというのが事実で、接着剤による健康被害とともに、耐久性にも問題が・・・住宅メーカーはこの危険な接着剤に対し、無垢材より強度は1.5倍も強いという説明がされていますが、この1.5倍という根拠は何かというと、建築基準法では無垢材の含水率は30%以下のものを使用するという規定があり、この基準の強度に対しての1.5倍ということなのです。
木材というものは乾燥して水分量が少なくなればなるほど、強度が増してきます。含水率15%の木材は30%のものに対して、約2.5倍の強度があります。従って、含水率15%の無垢材と集成材では、無垢材の強度の方が高いという結果になります。
 集成材の剥離写真 危険な集成材
当社で使用している無垢材とは切り出した丸太を製材し、乾燥機にかけて水分量を15%まで落とした木材の事です 
 丸太を切り出したところ 無垢材の原料  無垢の家の柱の画像
良質の無垢材を使った自然素材の家づくりを誰もが住めるようにする事。特に子育て世代の方々に住んでいただきたい!そんな思いで家づくりをしています。 
        お問い合わせは 0120-504-319 まで         
 ページトップへ

ラインでリフォーム見積は所沢の彩建で
ラインでリフォーム相談は所沢の彩建で

耐震診断・耐震補強工事

屋根の葺き替えリフォーム

水廻りのリフォーム

外壁のリフォーム

shop info店舗情報

彩建コーポレーション

〒359-1106
埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6
TEL.04-2929-8400

中古を買ってリノベーション



営業エリア
埼玉県
所沢市、入間市、狭山市、飯能市、川越市、日高市、坂戸市、鶴ヶ島市、新座市、志木市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、朝霞市、東松山市、さいたま市、川島町、毛呂山町、越生町、鳩山町、東松山市、嵐山町、滑川町、小川町、鴻巣市 寄居町 、ときがわ町など
東京都
東村山市、東大和市、東久留米市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町、福生市、青梅市、清瀬市、小平市、立川市、国分寺市、国立市、昭島市 、西東京市、武蔵野市、三鷹市、練馬区、 小金井市、杉並区、板橋区、八王子市、あきる野市、日野市など