ナットクする 自信がもてる 赤ちゃんのうまい名づけ by All About 命名ガイド 牧野くにお 

baby
     



 記念の名づけでもっとも多いのは、生まれる年の十二支を使う名づけです。そのほか、思い出の地名を記念したり、有名人や歴史上の人物の名をつける「あやかり名」というものもあります。

     例:ひつじの年、おひつじ座を記念した名前
              
    
羊に関する字をあげる=洋・祥・達・美・義・祥・・
              
        
この字を使って名前を作る
              

        洋の字を使う
          ようへい  洋平 …
          ようすけ  洋介・洋輔 …
          ひろし   洋 …
          ひろみ   洋美 …
          ひろゆき  洋之 …
        美の字を使う
          さとみ   里美・聡美 …
          み か   美花・美香 …
          ゆうみ   優美・友美 …



この名づけのよい点
 
名前が思い出になることです。
この名づけで気をつけること
 
漢字にくわしくないと、字がうかんでこないこともあります。また、地名を記念して名前を作ったり、安易にタレントの芸名などをまねると、実名として使いにくくなることがよくあります。


      今の年・月・季節を記念する名前

   平成31(2019)年
 亥 (い)の年を記念して
      
 亥のもっとも古い字は、動物のホネを描いた象形文字です。「ガツンとぶつかる」「細かい」といった意味で使われてきた字です。
 劾(力をこめてぶつける)、該(言葉があたる)、咳(コンコンとするセキ)、核(実の固い部分)、孩(小さい子)、刻(細かくきざむ)、垓(地の果て)の字に入っています。

 動物のイノシシに関係のある字は、猪のほか、「豕」が毛のかたいイノシシをあらわす字です。家、琢(かたい宝石)、毅(強い)、豪(強い)などの字に含まれます。
  
  毅(たけし)
  雄毅(ゆうき)
  崇毅(たかき)
  雅毅(まさき)
  昌毅(まさき)

  将毅(まさき)
  良毅(よしき)

  達毅(たつき)
  知毅(ともき)
  智毅(ともき)
  広毅(ひろき)
  弘毅(ひろき)
  大毅(だいき)
  陽毅(はるき)
  琢(たく)

  琢也(たくや)
  琢矢(たくや)
  琢吾(たくご)
  琢実(たくみ)
  琢海(たくみ)
  琢哉(たくや)
  琢悟(たくご)
  琢斗(たくと)
  豪貴(たけき)
  豪志(たけし)
  豪之(たけゆき)

 12月にちなんで

 
12月(師走=しわす)聖夜・ジングルベル・鈴・ノエル(フランス語で聖夜)・レンナ(イタリア語でトナカイ)・柚子湯
  聖悟(せいご)
  聖吾(せいご)
  聖斗(せいと)
  聖也(せいや)

  聖介(せいすけ)
  聖華(せいか)
  聖花(せいか)
  乃恵瑠(のえる)
  蓮奈(れんな)
  鈴音(すずね)
  柚香(ゆずか)
  冬の季節にちなんで

 
の字・
冴(こおる)・冬・雪・柊

     
  冬美(ふゆみ)
  美冬(みふゆ) 

  冬華(ふゆか)
  雪奈(ゆきな)
  雪華(ゆきか)
  雪音(ゆきね)
  美雪(みゆき)
  沙雪(さゆき)
  
冬馬(とうま)
  冬吾(とうご)
  冬聖(とうせい)
  柊(しゅう)
  柊平(しゅうへい)
  柊也(しゅうや)
  柊斗(しゅうと)
  柊吾(しゅうご)
  柊介(しゅうすけ)
  柊大(しゅうだい)
  柊太(しゅうた)