本文へスキップ

       ナットクする 自信がもてる 赤ちゃんのうまい名づけ by All About 命名ガイド 牧野くにお 

baby       ■ 名づけはここに注意


@ 真実の名づけが守られているか = 親がホンネを語ること
 名づけのとき、じつにおきやすいことは、
     ★世間で見たり聞いたりする話が気になる
     ★まわりの人と名づけの話をし、候補の名前をしゃべる
ということです。世間で流れる話は、良否、清濁が入り混じっていますから、気にしすぎますと名づけが混乱してしまいます。
     濁音を入れちゃダメよ (名前がにごる)
     サンズイは使っちゃダメよ (水難にあうから)
     字画はちゃんと合っているのか (運が悪くならないように)
     1字名前はダメだよ (片足で立つ人生だから)
     季節の字は入れちゃダメよ (移り変わるから)

     左右対称の字がいいよ (安定して運がよくなるから)
 このほかいろいろな話が流れますが、こうした名づけとあまり関係のないことは気にしなくて結構です。また字画占いをする、しないは個人の自由で、他人から強要されることではありません。
 自分はどんな名前が好きか、どんな名づけをしたいかをはっきりさせれば、質のよい知識や情報を得られるようになります。日本は名づけで大きなハンディのある国だということをよく知り、ぜひご自分のホンネをはっきりさせてください。

         欧  米         日  本 
 表音文字なので、音の響きがうかべばすぐ名前がつくれる   漢字の数が多く、たくさんの読み方や意味があり、字の選び方がむつかしい。
 専門家の書いたレベルのいい名づけの本が簡単に買える。他人への口出しは越権行為、悪事である。  雑多な話が洪水のようにあふれ、周りの口出しも多く、質のいい情報を得にくい。



A 正しい名づけが守られているか = 難点のない名前にすること
 名前はできるだけ難点のないようにしなければなりませんが、難点をチェックするには専門知識が必要で、そうしたマニュアルもありません。ただ専門家は難点のある名前を見ればすぐわかりますので、心配なかたは名づけ相談をしていただく方法もあります。
 でもそのまえに、
名づけはまじめにやればいいのです。「本人が喜んで使える名前を」「人に迷惑をかけない名前を」という気持ち、気づかいがあれば、そうひどい失敗はしないものです。でももしも、
    ★親の権利だから、どうしようがかまわない
    ★読みにくい名前は個性的だ。男女をまちがえてもかまわない。

といった感覚で名づけをしたら、人が一生使う大切な名前、変えることのできない社会の共有物を粗末にし、乱暴にあつかうことになりますから、大きな難点がでるおそれもあります。
 いちおうチェック項目だけをあげれば、つぎのようになります。太字はとくに要注意です。

奇抜すぎませんか
 
奇抜で脱線したような名は、親は面白がっていても、本人は面白くも何ともありません。
名前にふさわしい字ですか?
 
漢字はふつうの辞典ではわからない、思わぬ意味をもっていることがあります。そのほか悪い意味はなくても、名前に使うときにウラの意味を考えなければならない要注意の字、また成り立ちの上から不適当な字もあります。
名字と合わせておかしく聞こえませんか
おかしな意味の熟語になっていませんか
古風で年輩の人のように見えませんか
イニシアルは?
あだ名になるようなことはありませんか
発音しにくく、聞きとりにくい名前があります
他人に読んでもらえますか
 人に読めなければ名前としての役割をはたさず、何のための名前かわからなくなります。
読みかたはまちがっていませんか?
姓と名の区切りはまちがえませんか?
男女をまちがえませんか
 男女さかさまの逆性名前、男女両方に使われる混性名前を気がつかずにつけてしまうことも…。
似た字と見まちがえられる字があります
活字に変換できない漢字もあります
 手書きでしか書けない名前は社会生活で非常に困ります。
電話などで説明できる字ですか
外国語でヘンに聞こえる名があります
 
まぬけ」「あばずれ」「気ちがい」「酔っぱらい」「」「てめえ」「陰毛」…
 まさかこんな名前は日本にないでしょうが、日本でふつうの名前が外国でこのように聞こえることがあります。こういう例は多いので気にしてもキリがありませんが、ご本人に「この国では使わないように」と、要注意の国を教えておいたほうがいいでしょう。