明治35年創業 民族の誇り地酒 情熱の酒屋

 籠屋 秋元酒店
     KAGOYA     
いらっしゃいませ。


    http://www.houzan.com                  狛江でおいしい地酒を楽しむ会
 籠屋(有)秋元商店image
 03-3480-8931

 9:00〜20:00
 日曜祭日10:00〜20:00
 電話受付 19:00まで
 ※月曜定休

 かごや御案内【発注・送料・支払方法・来店等の案内】
日本酒
 
日本酒新着情報
本格焼酎
世界に誇れる日本の蒸留酒
 □焼酎新着
 泡盛
  □春雨・宮里酒造所
ワイン
 ■ワイン新着 
ウィスキー
 
ウィスキー新着
ビール 
ビール新着 
梅酒リキュール類
 ■リキュール新着
食品等 
 ■新着食品 

明治35年創業 情熱の酒屋

   日本の酒 籠屋

 

 (かごやトップページへ)

  明治35年に籠屋商店としてこの地に創業。屋号の通り裏で竹細工の籠を作り表でお店を構え小売りしていました。戦時中の一時期、統制により籠屋は味噌・醤油・塩を、近くの金森商店は酒・たばこのあつかいになり、戦後、酒・たばこも復活しました。

「情熱の酒屋」
地酒、焼酎、ワイン、果実酒の専門店です。当店のモットーは「日本人ですもの日本のお酒で乾杯!」。日本全国には小さいながらも一生懸命酒造りをしている蔵元が沢山あります。造り手の情熱やこだわりが詰まった最高のお酒を、心を込めて皆様にお届けします。

スタッフの7割が20代の若さ溢れる酒屋です。本物のお酒の魅力をしっかりと伝えると共に、楽しく飲んでいただけるよう笑顔で頑張らせていただきます!一見して酒屋とは判りにくい店構えですが、お気軽にお立ち寄り下さい。お待ちしております。

住所

201-0016 東京都狛江市駒井町3−34−3 
☆小田急線和泉多摩川駅下車徒歩20分 (喜多見住宅行きバス10分駒井バス停前)
☆駒井大通り 駐車場有り 【 バス時刻表】

駐車場 駐車場あります。

当店前に専用駐車場10台停められます。聖徳太子の「酒」の看板が目印。
電話 03―3480―8931   
FAX 03―3489―2044
営業時間 ■ 火〜土曜日   9:00〜20:00
■  日曜日祝日  10:00〜20:00
定休日 月曜日
販売 ご案内致しました商品は,店頭渡し又は,宅配便でお送り致します。 尚、ご紹介だけにとどめさせていただいているお酒・店頭販売のみのお酒もございます。誠に勝手乍ら御了承ください。
ご注文は,電話,FAX,Eメールでお願い致します。
 
■商品代金・送料・手数料に付きましては下記の通りです。
  ○代金につきましては基本的に代引きにさせて頂いております。
  ○送り先が異なるときは,入金確認後の発送になります。
■宅配便について 
大きさ
(金額・内税)
地区別金額 北海道 北東北 南東北

関東

信越 北陸 中部 関西 中国 四国 九州 沖縄
900ml以下のボトル
12本まで
もしくは1800ml
6本まで
1080 660 560 660 770 870 980 1080
代引き手数料 300円 
クール便料 210円
送金口座

口座名/有限会社 秋元商店

 三井住友銀行 国領支店 普通 6659994
 マインズ農協  狛江支店 当座 2647543

 籠屋(かごや)・有限会社秋元商店
代表取締役 秋元 賢
201-0016東京都狛江市駒井町3-34-3
電話03-3480-8931
ファックス03-3489-2044
運営責任者 秋元 賢
メールkagoya@houzan.com

(秋元酒店)籠屋 秋元商店
             (駒井大通り商店会)

明治35年創業。籠屋の店頭の行灯。
4面の文字は、籠屋が2面、青山道、武州駒井である。
武州駒井は武蔵国駒井村の略で駒井村は明治以前は幕府直轄領であった。
もう一面の青山道、は旧大山道の一つで登戸へ渡り町田相模原へ続く。津久井道でもあった。駒井の部落には大山講は無く、大山参りもほとんどされていないようであった。江戸よりの通り道であり大山道の方が一般的に言われている。地元部落の人や登戸近郊の人たちにとっては江戸への道であり青山道と言われていた様である。
 駒井大どうりを西に真っ直ぐ行き多摩川に突き当たったところに多摩川の渡しがあった。今の猪駒通りは堤道であった。
駒井の対岸の宿河原は昔(いつのころまでかよく分からない)駒井宿河原と言われていた。駒井が取れて今の宿河原になった。狛江側にも宿河原があったが住居表示の変更のときに駒井町に組み入れられた。
籠屋、当店の屋号で昭和の始めまで、竹籠はじめ竹工芸品、竹箒などの製作をしておりその傍らで籠屋商店を営んでいた。籠製品竹箒は矢野口の先から溝口、渋谷のほうまで納入していたようである。登戸が一番の得意先だった。又、鮎籠は部落の人たちによって青山、赤坂方面へ多摩川の鮎とともに大いに利用された。
 

明治35年籠屋商店 「籠屋」浪漫の酒と情熱焼酎       
かごや(有)秋元商店
201-0016 東京都狛江市駒井町3-34-3
電話 03-3480-8931 / FAX 03-3489-2044
http://www.houzan.com/
  E-MAIL: kagoya@houzan.com
営業時間
:9:00〜20:00(日曜・祭日10:00〜20:00) 定休日:月曜日
(かごやトップページへ)