海外旅行持ち物リスト

以下の持ち物リストにあるのは私が海外旅行に持っていくものです。海外旅行の際の必需品は人によって異なりますし、タイに行くのかパリに行くのかでも異なると思います。あくまで参考にどうぞ。とはいえ、海外旅行の場合、パスポートとクレジットカードさえ持って行けば、少なくともすぐに帰国できるので、これらについては厳重な管理が必要だと思います。

パスポートと航空券

パスポートパスポートはコピーも用意。あと念のため、顔写真を2枚程用意。滞在中、信頼できるホテルの場合はセキュリティーボックスに預け、できない場合は旅行用の腹巻きで守ることにしています。なお、この腹巻き、内部がゴアテックス素材で蒸れにくいというのが売りでした。

クレジットカードとマイレージカード

マイレージカードクレジットカードは、やっぱり必需品でしょう。私は最低2枚用意します。一枚はポケットに突っ込む。もう一枚は万が一の時のために別にところに保管。なお、JCBは使えないところがあるので注意。一般的にVISAが一番使いやすいのでは。
またマイレージとは飛行距離に応じてポイントを貯めて無料航空券と引き換えるための制度ですが、ほとんど海外に行くことがないと思っていても意外と貯まることがあるので、作っておいた方がいいです。

パックパックかスーツケース

マウンテンスミスどちらがいいのかは、そのときの旅行の内容次第です。バックパックのときは、マウンテンスミスの80リットル"FROSTFIREU"でいきます。このパックは重さがうまく分散されて、同じ重さでも軽く感じます。1ドル80円そこいらのときに通販で買いました。ちなみにスーツケースは、以前、安物でハンドルがもげたので、エースのプロテカにしています。

Tシャツ、パンツと長袖のシャツ

長袖シャツTシャツなんかは、2〜3枚あれば、あとは洗濯。洗剤も小さなケースに入れておけば便利。また現地での購入もおみやげの代わりになるかも。長袖のシャツはどんなに熱い国でも、朝が寒かったり、クーラーががんがんに効いているところあるので、必要です。なお、機内が猛烈に寒い場合があるので、機内持ち込みにしておきます。

サンダル

サンダル部屋や機中でのスリッパとしても使えるし、あれば便利。できれば、走って逃げることが可能なスポーツ・サンダルがベストかな。あと,新品は使わないように。私はバリに行ったとき,サンダル擦れで,かかとの上が血まみれになってしまいました。

洗面用具とセームタオル

セームタオルボディーソープ、歯ブラシ、歯磨き粉。私の場合、頭もボディーソープで洗います。で、セームタオル。バックパッカーの時のみ必要。スポーツ店(競技用水着売場)などで売っている。拭き心地は悪いが、これ1枚でなんとか体を拭ける。嵩張らないし、すぐ乾くので便利。私はアリーナのを使っています。ちなみに濡らして絞ってから使います。

変換プラグ

変換プラグ最近はデジカメやパソコン持参なので、充電のため、必需品です。これら4つのプラグと補助プラグでほぼ世界中つなげられるらしいです。ちなみに、これだけでは電圧を変えることはできません。念のため。

カメラ

デジカメコンパクトデジカメ富士フイルムX10と一眼レフニコンD90を所有。X10は私が求めている性能(軽い。明るいズームレンズ。飽きのこないデザイン)にこたえてくれるので、出番が多くなりそう。ニコンの方はレンズはAF-S NIKKOR 16-85mmED VRかちょっと軽く行きたいときはAF-S NIKKOR 35mm f/1.8Gを使用。(AF-S Nikkor 70-300mmEDもありますが、ボストン出張のみ使用)。どちらも以前のカメラより高感度撮影がとっても優秀なので、使うのが楽しい。

小さなノートとボールペン

メモ帳ちょっとしたメモや、アドレス交換などに必要。あと筆談にも。以前はノートに旅日記を書いていましたが、帰国後、汚い字を解読してパソコンに入力するのが邪魔くさくなり、ノートパソコンも持参するようになってしましました。また、ポールペンは何かと使うので、すぐに出せるところに用意しておいた方がいいです。

常備薬

巷の本には、日本人にはきつい薬があるので、できるだけ日本で用意しておいた方がいいと書かれてあります。で、私は酔い止め、頭痛止め、下痢止め、鼻炎の薬、目薬、絆創膏を持って行きます。ちなみにこれまで、タイで下痢止め、イタリアで花粉症の薬を購入したことがありますが特に問題はありませんでした。ちなみに、乾燥地域の場合、逆むけすることが多いので、小さなハサミを持って行きますが、機内持ち込みしないように願います。

おしりの薬用清浄材

おしり多分20人に一人しか必要ないでしょう。私には今や必需品になってしまいました。完全にウォッシュトイレになれてしまった私のおしりは、軟弱になり、普通のトイレでは、すぐにかぶれて歩くのがすごく不快になってしまいます。こんな私の救世主、サニーナさんです。これからもお世話になります。

現金

現金勿論、ちょっとは必要ですが、たくさんの現金は持っていかないように。国によっては、現地のお金以外にドルを少額持っていると便利なこともあります。私の場合、財布は持たず、現地のお金はズボンの前ポケットに突っ込んで、すぐに出せるようにしています。財布ごと盗られる心配もないし、一見、無防備なようですが、この方がいいと思います。

街歩き用リュックかバック

バックどちらにしろ、人混みの中では、荷物は前で抱えていた方がいいです。私はスペインの地下鉄の中で背中にしょっていたリュックが知らぬ間に開けられていました。そのとき、友人はウエストポーチを知らぬ間に全部抜き取られ(友人はウエストポーチがなくなったことをしばらく気がつかなかった)、友人はえらいことになったことがあります。ということでウエストポーチは危険ですし、その経験から私はしません。

時計

腕時計愛用時計は、方位磁石とアラームが付いているカシオ・シー・パスファインダー。ヨドバシのポイントで買いました。方向音痴で小さな音でも起きられる小生には便利。まちがっても、ロレックスとかしていかないように。税関申告もじゃまくさいし。

スマートフォン

スマホ以前、電子辞書を持ち物リストに記載していましたが、今やこちらでしょう。辞書でも何でもありです。あまりに簡単に調べられて面白くなくなるかもしれません。で、"スマートフォン"と記載しましたが、いつまでこの言葉が通用するのでしょうか。すぐ別の物にとってかわって、"スマホ"って何?って聞かれそう。ちなみに海外で電話やインターネットを利用する際は、使っている携帯会社のHPを前もって確認しておく必要があると思います。

iPadとキーボード

iPadとキーボード海外滞在中に本サイトのメモを作成するためにこれまで、シグマリオン、レッツノート、ポメラDM20なんかを試してきましたが、現在はiPadとロジクールキーボードTK710の組み合わせを使用しております。キーボード自体がiPadカバーになる構造はイケてます。海外では、私の場合、ネットができて、テキスト入力がスムーズにできて、軽くて、電池がもてば最強マシーンとなるわけですが、この組み合わせは最強なのかな〜と思います。PCとは違い瞬間起動なのもお気に入りであります。

i-pod nanoなど娯楽グッズ

i-podi-pod nano、えっ、いらない?んー、私は持って行きますよ、軽くて最高じゃないですか。最近、長時間音楽を聴き続けるということが日常難しいので、飛行機の中でこんなCD買ってたっけのオンパレードですごく楽しいです。で、写真で写っているアルバムはBROCCOLIの"HOME"です。ってわかんねえか。あと,これも飽きたときのために文庫本も持って行きます。寂しい夜には、これが一番です。簡単な本と難しい本の2種類あれば良。バックパックの時は読み捨てます。

ティッシュ等その他もろもろ

ティッシュは花粉症なので必需品です。日本のポケットティッシュは最高品質なのでたくさん持って行きます。あと,ナイロン袋は荷物の仕分けに便利なので,複数持って行きます。スーパーの袋で構わないが、できればビームス等のひもでしばれる袋の方が便利です。

カウンター
(2011/9/24設置)


海外旅行記 小市民の気弱な旅トップページに戻る】
番外編に戻る】