モネガーデンふじちゅ~連絡先メルアドモバイルページへGO 自己紹介

ごあいさつ  

2018.11.19更新

 ブログのほうは、随時更新してます。

 今年の横浜での学会で、かなり取り上げられていた「すれ違い咬合」の症例です。

 すれ違い咬合の症例 

 症例を追加しました。

 つい先日終了した患者さんの症例をまとめてみました。8歳前から始めて、現在高校3年生。途中、嫌になったみたいだけど、終了のレントゲン写真見ながら話を聞くと、「やって、よかった。」とのこと。

第1期第2期治療を行った症例 

 長期経過症例をご紹介します。19年前に直した症例のその後です。長期経過症例をご紹介しておきます。

 世の中には、「歯を並べるのが歯科矯正治療だ。」と思っている歯科医もいるようです。機能も治さないと、ちゃんと使えません。しっかり噛めて、きれいな歯並びを手に入れるためには、小学生のうちに手を打たないと間に合いません。ちなみに、当院では、チン・キャップは使いません。(過去の装置です。)

舌の機能発達不全症例のご紹介

 小学生で第1期治療をやり、中学生で第1期治療をやって、現在高校生。身長146.3cmの子が175cmになりました。この子も実は、最初噛めていませんでした。

 

モバイルページのこちらからモバイルページへGO

QRコードが使える方は、以下をご利用ください。お出かけの時には、便利かもしれません。ふじもと矯正歯科モバイル

更新項目

非抜歯症例のご紹介

前歯部開咬の歯科矯正治療 (第1期治療)