BACK_HOMEトップのページ  BACK私の思うところのページ  前へ前の 私の思うところ  次へ次の 私の思うところ 

日本の歴史認識


(順次、リンクや引用などを追加して、更新していきます。)
 
 ☆ジャンプ☆
  ■日本の歴史認識■《当サイト管理人なりのまとめ》
  ■リンク・引用・著書など資料集■
   ○未分類
   ○大東亜戦争について
   ○第二次大戦 名言集
   ○日本軍における朝鮮人将兵
   ○東京裁判について
   ○連合国の日本占領政策について
   ○余命3年時事日記
   ○日本のために(ブログ)
   ○かつての日本は美しかった(ブログ)
   ○きままに歴史
   ○国際派日本人養成講座
   ○人種思想の歴史について
   ○人種差別について(1945年より前のもの)
   ○奴隷について
   ○欧米の植民地について
   ○ヘブライの館2
   ○ユダヤ人について
   ○ユダヤ人迫害について
   ○ホロコーストに関する疑問
   ○捕虜の取り扱い
   ○日本(日本軍)悪玉史観に関する疑問
   ○共産主義・社会主義
   ○コミンテルン
   ○スパイ工作・洗脳工作
   ○日本人のルーツについて
   ○高森明勅
   ○福澤諭吉
   ○石原莞爾
   ○中村 粲
   ○江藤淳
   ○西尾幹二
   ○水間政憲
   ○高橋史朗
   ○遠藤 誉
   ○ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上・下」
   ○ドミトリー・プロホロフ
   ○中国共産党の歴史
   ○アレン・アイルランド(Alleyne Ireland)著「 The New Korea 」
   ○シンシアリー
   ○ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ著「So Far from the Bamboo Grove」
   ○小林千登勢 著「お星様のレール」
   ○小堀桂一郎
   ○渡部昇一
   ○日下公人
   ○加瀬英明
   ○西部邁
   ○中西輝政
   ○高山正之
   ○田母神俊雄
   ○伊藤貫
   ○菅沼光弘
   ○瀧澤一郎
   ○藤井厳喜
   ○馬渕睦夫
   ○宮崎正弘
   ○佐藤優
   ○長谷川三千子
   ○佐々木良昭
   ○伊藤哲夫
   ○八木秀次
   ○関岡英之
   ○黄文雄
   ○呉善花
   ○石平
   ○村田春樹
   ○井尻千男
   ○西村幸祐
   ○小山和伸
   ○クライン孝子
   ○青山繁晴
   ○宮脇淳子
   ○倉山満
   ○江崎道朗
   ○上念司
   ○河添恵子
   ○武田邦彦
   ○山村明義
   ○茂木弘道
   ○室谷克実
   ○鳴霞
   ○ヘンリー・S・ストークス
   ○ジェームズ・B・ウッド
   ○マイケル・ヨン
   ○ケント・ギルバート
   ○佐藤晃
   ○福住蟷螂
   ○福冨健一
   ○東條由布子(東條英機の孫)
   ○小名木善行(ねずさん)
   ○しばやん
   ○テキサス親父(トニー・マラーノ)
   ○KAZUYA
   ○某国のイージス(及び おもてなしニュース)
   ○安濃豊
   ○石部勝彦
   ○水島総
   ○上島嘉郎
   ○井上和彦
   ○濱口和久
   ○大高未貴
   ○佐波優子
   ○竹田恒泰
   ○西川京子
   ○稲田朋美
   ○西田昌司
   ○西村眞悟
   ○三宅博
   ○山田賢司
   ○新唐人テレビ
   ○終戦後の状況
   ○靖国神社の参拝について
   ○戦後賠償について
   ○日本の歴史教育について
   ○沖縄について
   ○台湾について
   ○韓国について
   ○朝鮮について
   ○百済との関係について
   ○バングラデシュについて
   ○著書など

 
■日本の歴史認識■
《当サイト管理人なりのまとめ》
 「戦前の日本軍国主義はであり、欧米(連合国)の自由主義はである」とする自虐史観(=東京裁判史観・GHQ史観)は、実際の歴史を注意深く慎重に見ていけば正しくないことがわかります。
 戦前の欧米は植民地主義であって、アジア・アフリカ・中南米などへの侵略を続けていた。アメリカは米国内のインディアンを殲滅し、ハワイを侵略し、フィリピンを植民地とし、次に中国を狙っていたであろうと考えられる。ソ連は共産主義組織のコミンテルンなどを通じて世界各国(アメリカのルーズベルト政権・日本の近衛政権・中国国民党を含む)にスパイを送り込み、敵同士(アメリカ・日本・中国国民党など)をお互いに戦わせるように工作していたことが分かってきている。
 戦前の日本が行ったアジア進出は、アジアを近代化させて欧米の植民地にさせないための行動であり、植民地主義の欧米やソ連が行ったことに比べればかなり良心的であった。日本が併合した台湾と朝鮮の統治は、収奪の対象であった欧米の植民地とは全く異なり、日本が国庫から資金を持ち出して台湾・朝鮮に投入して急速に近代化を推し進めたものである。台湾と韓国が、第2次世界大戦後の世界で比較的優位な地位を占めたのは、日本が統治時代に行った近代化のおかげである。
 当時の朝鮮は前近代的な王朝国家のままで、しかも両班などの同族勢力が互いに権力闘争を続けたいた。欧米に対抗する武力もなく、近代化への兆しも無く、自力で独立を保つことはほぼ不可能な状態であった。放置すれば帝政ロシアの植民地になったであろうことは、まず間違いない。
 満州は万里の長城の外にあって、本来は満州民族の故地である。多くの漢民族の移民が入っていたとはいえ、本来は漢民族の土地ではなかった。その満州で、中国人の軍閥が横暴な政治を行って民衆を搾取し、国際秩序を無視して外国権益・在留外国人を攻撃していた。(現在のチベットに比されるような状況であっただろうと推察します。)
世界史年表51931年 柳条湖事件(満州事変へ)
 支那事変についても、中国側が仕掛けたと考えてまず間違いないことが、現在は解ってきています。西安事件を収拾する過程で、中国国民党と中国共産党が第2次国共合作に向かっただけでなく、蒋介石とスターリンが提携する契機となった(その交換条件は、ソ連で実質的な人質になっていた蒋経国(蒋介石の息子)を中国に返すことであった。)。これにより一致抗日を決意した蒋介石と、中国共産党と、これを支援するスターリンは、日本との戦いを開始した。盧溝橋事件は、中国共産党の劉少奇(注: 林彪 と誤記していました。2013年6月23日訂正。)とその手下が仕掛けた可能性が濃厚である。盧溝橋事件については現地で停戦協定が成立したにもかかわらず、中国側は大紅門事件・廊坊事件・広安門事件と日本軍への攻撃を続け、さらに通州事件で日本人居留民230人もしくは260人を惨殺し強姦し死体を辱めた。それに加えて上海でも、日本海軍の大山中尉を殺害して日本を第2次上海事変へ引きずり込んだ。自虐史観の人々は、これら通州事件その他の中国側の横暴を完全に無視し、歴史を叙述する際にはまったく触れない。歴史をわい曲しておきながら、日本人は「真実の歴史」を知るべきだと恥ずかしげもなく言う。
世界史年表51936年 中国で西安事件(第2次国共合作へ。蒋介石とスターリンが提携へ。)
世界史年表51937年 廬溝橋事件(支那事変へ)
 アメリカイギリスは、ドイツと日本を叩くために、このスターリン・蒋介石・毛沢東のグループと手を結んだ。ルーズベルトは、参戦に反対するアメリカ国民を欺くために、日本軍がアメリカを攻撃するように策をめぐらせたことが解ってきている。日本を経済的に締め上げ、ハワイにいるアメリカ太平洋艦隊を囮として差し出し、アメリカ議会に秘して最後通牒のハル・ノートを日本に提示した(その強硬な内容の原案を書いたハリー・デクスター・ホワイトは、ソ連のスパイだったことが判明している。)。自ら日米開戦へ誘導したにもかかわらず、日本は卑怯な不意打ちを行ったと非難し、「リメンバー・パールハーバー」と叫んでアメリカ国民の戦意を煽った。
 結果的に、日本は戦いに敗れたけれども、その後も独立戦争を続けたアジアの多くの国々が欧米の植民地から独立することができた。日本の戦いがなければ、世界中が欧米の植民地のままであったろうと考えられます。
 日本とドイツの反共勢力を崩壊させ殲滅した結果、最終的に第二次世界大戦で最も大きな漁夫の利を得たのはソ連中国共産党であった。アメリカは蒋介石の国民党も見捨ててしまい、中国・北朝鮮・満州・樺太・千島列島・チベット・東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)・内モンゴル・ベトナム・ラオス・カンボジア・ビルマ(ミヤンマー)と、広大な地域が共産主義圏に入った。
 そして、戦勝国(連合国)は自分たちの行った戦争犯罪を含む多くの悪辣な行為原爆投下による民間人の大量虐殺・焼夷弾による木造家屋を攻撃対象とする空襲・民間人もまとめて殺害した残虐な沖縄戦・日本降伏後のソ連軍侵攻・中ソ米軍兵による強姦・殺人・掠奪・接収等の蛮行など)を覆い隠し、「戦前の日本軍国主義こそ悪であった」とするために、日本を占領統治したGHQは、プロパガンダ番組『眞相はかうだ』をNHKラジオで放送し、『太平洋戦争史』を全国の新聞に掲載させた。さらに、「プレスコード」と呼ばれる規則を設けて報道管制を行い、検閲を実施し、 7,769点 7,100点 以上の図書を焚書した。これらを行っていることは日本国民に知らされず、極秘のうちに行われた。
LINK プレスコード - Wikipedia
 プレスコードにおける「削除および発行禁止対象のカテゴリー」は次のとおり。
  1.SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
  2.極東国際軍事裁判批判
  3.GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判
  4.検閲制度への言及
  5.アメリカ合衆国への批判
  6.ロシア(ソ連邦)への批判
  7.英国への批判
  8.朝鮮人への批判
  9.中国への批判
  10.その他の連合国への批判
  11.連合国一般への批判(国を特定しなくとも)
  12.満州における日本人取り扱いについての批判
  13.連合国の戦前の政策に対する批判
  14.第三次世界大戦への言及
  15.冷戦に関する言及
  16.戦争擁護の宣伝
  17.神国日本の宣伝
  18.軍国主義の宣伝
  19.ナショナリズムの宣伝
  20.大東亜共栄圏の宣伝
  21.その他の宣伝
  22.戦争犯罪人の正当化および擁護
  23.占領軍兵士と日本女性との交渉
  24.闇市の状況
  25.占領軍軍隊に対する批判
  26.飢餓の誇張
  27.暴力と不穏の行動の煽動
  28.虚偽の報道
  29.GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
  30.解禁されていない報道の公表
 極東国際軍事裁判(東京裁判)では、遡及して罪を問う法を新たに制定し、正当な弁護も退けて、勝者による一方的な断罪を行った。東京裁判のほか、南京(中華民国による)・マニラ・ニューデリー・ハバロフスク・瀋陽(1956年、中華人民共和国による)その他でも軍事裁判が行われているが、その多くが東京裁判以上にずさんな裁判であったとみられる。有罪判決を受けた者のなかには、多くの無実の者が含まれる。また、戦勝国(連合国)側の犯罪は、一切裁かれていない。
 東京裁判でも裁かれた南京大虐殺は、もともとは、支那事変中に中国国民党(第2次国共合作時)がねつ造した宣伝工作であったことが判明している。これを東京裁判に持ち出したのであるが、その理由は、@日本が原爆を投下されてもしかたがないほど悪逆であったと主張するため(そのため数十万人の虐殺が必要であった。)、A中国やソ連などが行った多くの残虐行為(北伐中の蛮行、1927年に中国軍が行った南京事件、漢口事件、済南事件、中国の軍閥どうしの戦争、中国共産党や軍閥が行った粛清や処刑、間島暴動、万宝山事件、通州事件、黄河決壊事件、長沙大火、日本降伏後のソ連による侵攻、葛根廟事件、敦化事件、通化事件、長春包囲戦などなど。山のようにあるが、自虐史観では全く取り上げられない。)を日本のせいにするため、と推測される。
 また、朝鮮を植民地にして朝鮮人を奴隷にしたとのわい曲(併合であって植民地ではないし、李氏朝鮮にあった奴卑の制度は日本が廃止した。)は、ルーズベルトによって言われ始め、GHQ政策に受け継がれたとみられている。
LINK YouTube ≫ 反日の在日朝鮮人を生んだのはGHQだった
 そのため、朝鮮人は戦後の日本において特殊な地位を与えられた。戦時中は、多くの朝鮮人が日本軍の勝利に拍手喝采し、日本軍に志願する者も少なくなかった。にもかかわらず、戦後は、「日本に侵略された植民地の民族」として扱われた。これは、日本人としては、全く受け入れ難い。朝鮮人は戦勝国には入れてもらえなかったが、いわゆる「第三国人」として日本人とは区別された。日本国内において、朝鮮籍という特殊な戸籍が与えられ、日本官憲の取り締まりを受けず(このために多くの犯罪が起こっている。)、朝鮮総連民団といった組織をつくり、他国の在留外国人とは異なる特別な優遇を受けるようになった。今日までの変遷を経てもなお、多くの優遇制度が残っており、在日特権と呼ばれている。こうした歴史的背景から、韓国や在日の間では朝鮮人を日本人の上に置く風潮があり、これが朝鮮人のおかしな歴史認識を形作った理由のひとつかもしれない。こうした大きな流れを受けて、朝鮮人(特に韓国)は、日本が朝鮮を植民地支配し奴隷のように搾取収奪したと言い(上に記したように誤りである。)、根拠のない従軍慰安婦問題を持ち出して、日本を貶めるている。従軍慰安婦問題や南京大虐殺問題については、朝日新聞などの大手マスコミ左翼知識人など、多くの左翼勢力がこれに加担し煽り続けた。これに対して、かつての自民党の政治家は、平身低頭して謝罪し、償いに代えて多額の経済協力をしてきた(日本の政治家へキックバックがあったのではないかともささやかれている。)。こうした日本の姿勢にもかかわらず、いまだに謝罪と賠償を求めており、いつまでも終息しないばかりかますます混迷を深めているように見える。その原因は、彼らの民族性を見誤り、日本人の場合と同じように対応した結果である、と言わざるをえない。今日(2013年)の安倍総理大臣は、こうした戦後体制を終わらせるべきだとして、「戦後レジュームからの脱却」を政治スローガンに掲げている。憲法改正の動きや、靖国神社参拝などは、こうした動きの一環である。これらの動きに、中国と韓国は猛反発しているし、アメリカも快く思っていないはずである。アメリカとしては、日本がいつまでも敗戦国のままでいてくれれば、日本の頭を押さえ続けていられるからである。
 現在の日本が自虐史観一色に染まっている理由は、主に次の点にあります。
@戦後のアメリカによる占領統治期間(7年間)において、GHQによる言論統制検閲が行われ、アメリカが聖人君子であるかのように日本人に信じ込まされた。
AGHQの意向に沿わないとされた 7,769点 7,100点 以上の書物が焚書されている。軍国主義的なもののほかにも、天皇に関するもの、保守的な思想、日本的な価値観など、アメリカの意に沿わないものが抹殺された。
BGHQによる公職追放が行われ、日本の保守的な指導者たちが一掃されたあとに、左翼的な思想を持つ人々(マルクス主義のシンパたち)が日本社会での重要な地位を占めるにいたった。GHQの方針を受け入れた彼らは、「戦前の日本軍国主義は悪であり、欧米の自由主義は善である」とする自虐史観を日本の世論として形成し、こうした意見をマスコミで広く報じるほか、子供や学生たちにも継続して教育し続けてきた。そして、これは、GHQの占領がとうの昔に終わっているにもかかわらず、今日においてもまだ続いている。
 日本の歴史認識自虐史観(=東京裁判史観・GHQ史観)によってわい曲されていることに気づいた少数の人々がこれまでいくら主張しても、現在の日本のマスコミ・学術機関・教育機関などは完全に自虐史観に支配されており、ほとんど無視されてきました。しかし、今日のインターネットの発達により、彼ら少数派の主張を知る機会が得られるようになってきたため、これらの意見を支持する人々の輪が少しづつ広がってきています。変革の時は、近いかもしれません。
 当サイト管理人の考えるところでは、大東亜戦争の一番の目的は「アジアを欧米の植民地にさせない」という点にあったと考えます。だから、よく問題にされているような、侵略戦争だったのか自衛の戦争だったのかという点が一番重要な問題なのではなくて、アジアの開放のために役に立ったのかどうかを問題にすべきです。朝鮮半島での歴史を見れば、当初は金玉均らの独立党を支援して朝鮮における明治維新を断行しようとしたわけですが、これが失敗に終わり、しかも維新の志ある朝鮮人たちをむごたらしく扱うのを見た日本人は、朝鮮人の手による近代化は無理だと判断せざるをえませんでした。その結果、日本が直接朝鮮を支配下において近代化を実行することになりました。これが侵略であるかそうでないかという点が一番重要な問題なのではなくて、これによって朝鮮は欧米の植民地(特にロシア)にならずに近代化を実行できたが、この方法は良かったのか悪かったのかを問題にすべきです。もし、もっと良い方法があったというのなら、日本は批判を受けるべきかもしれません。ただし、今日のアジアが欧米の植民地となっておらず、しかも韓国と台湾が近代化した国(地域)として世界において比較的優位な立場を保持して欧米の国とも対等に渡り合っていることは、日本が行った多大の努力大きな犠牲がなければ有り得なかったことです。支那大陸(中国)においても、近代化は遅々とした歩みであって、清朝が倒れて軍閥が割拠する状態では、いずれ欧米の植民地になったであろうことは間違いありません。
 もう一つ、当サイト管理人が思うことは、現在の中国北朝鮮が国際社会と調和せず、まるで100年前の帝国主義時代の王朝国家のように、おかしな行動を続けていることを見ると、両国の政治面での近代化がまだ達成できていないと言わざるをえません。経済についても、中国経済の近代化は、ケ小平の依頼を受けてた松下幸之助ら日本財界が協力があってはじめて一定の結果を得たのであって、戦前のシステムを放棄した北朝鮮の経済は、遅々として近代化が進んでいません。戦前の何人かの日本人(石原莞爾など)は、中国人は近代的な政治を行うことはできないのではないかと疑問を持っていましたが、歴史がこれを証明したのかもしれません。このように、アジアの近代化が一部で不完全なまま残されている今日の状況は、戦前日本の取り組んでいた課題が、日本の敗戦によって途中で挫折したままになっている状態、と見ることもできるのではないだろうか。
 第2次世界大戦に勝った連合国が戦後の世界秩序を構築したのであるが、一部の国(中国以外は戦前の欧米列強である)が特権(安保理常任理事国)を握り、いまだに平等にはなっていない。しかもその特権は、投票などによって他国から支持されたものではなく、戦争で勝った側の主力であったという完全に軍事的な理由からである。覇権を握ったアメリカソ連は、かつての帝国主義のようなあからさまな領土侵略は放棄したものの、強大な武力を背景に関係国を味方に付けて影響力を行使している。心の底では、「強国が弱小国を支配することは妥当だ」と考えているのであり、植民地主義の名残のように見える。いまや中国もこの考え方に組しており、領土的野心さえ隠そうとしない。現在、強国と弱小国は、まったく不平等な状態にある。国連総会では一国一票の権利があるものの、安保理はこれを無視して行動することできる。つまり、議会を無視して武力で世界を動かしている訳である。現代の国際社会は、武力がものをいう「戦国時代」であると言っても、間違いではないであろう。いまの欧米列強が作り上げた今の世界秩序に代わって、いろいろな民族の国家が平等に共存する新たな世界秩序の実現が、求められているのではないだろうか。その時にはきっと、日本の活躍する場があるはずだと思う。
(当初 2012年10月。直近の更新 2013年9月22日)

LINK ニコニコ動画 ≫ チャンネル桜 8.6田母神俊雄講演会 ヒロシマの平和を疑う! 完全版2 必見

 
■リンク・引用・著書など資料集■
○未分類
LINK 正統史観年表
LINK 脱 ・ 洗脳史講座
LINK ぢぢ様玉稿集 大日本史 番外編 朝鮮の巻
LINK 花うさぎの『世界は腹黒い』保存ブログ 〜花うさぎ=安仲徹男 氏

LINK 日本の国旗 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 日の丸の由来
LINK 君が代 - Wikipedia
LINK 保守速報【米弁護士】ケント・ギルバート氏「日本の教師が、国歌を歌えない子供を意図的に量産している。世界の常識から見たらまったく恥ずべきことだ」(2015年3月18日付) 〜君が代は、3代目まであったうちの2代目らしい。
LINK 哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』「君が代」誕生と「薩摩琵琶歌」の名曲「蓬莱山」(2009年11月6日付)
LINK 旭日旗 - Wikipedia

LINK 自虐史観 - Wikipedia
LINK 歴史認識 - Wikipedia
LINK 極東国際軍事裁判 - Wikipedia 「 「東京裁判史観」批判 」の項
LINK ソ連空軍志願隊 - Wikipedia
LINK フライング・タイガース - Wikipedia
LINK 大陸打通作戦 - Wikipedia
LINK 日本の戦争犯罪一覧 - Wikipedia
LINK 近隣諸国条項 - Wikipedia
LINK Office of Strategic Services - Wikipedia OSS
『Office of Strategic Services(OSS)とは、第二次世界大戦中のアメリカ軍の特務機関で、諜報機関である。1941年7月に設立された情報調整局 Coordinator of Infomation(COI))の後身で、後の中央情報局(CIA)の前身。ウィリアム・ドノバン少将によって設立された。』
『OSSの定訳はなく、戦略諜報局、戦略情報局、戦時情報機関や特殊戦略部隊、戦略事務局、戦略任務局など多数ある。』
LINK YouTube ≫ 【長谷川三千子】時代が安倍氏に追いついてきた[桜H24/10/4]
LINK YouTube ≫ 11 17 ブータン国王 国会演説
LINK アメリカの鏡・日本 - Wikipedia アメリカ人女性学者ヘレン・ミアーズの著書
LINK ゆるいサヨク思想米軍は正義の軍隊か? 必見 〜一部に残虐な写真がありますのでご注意ください。
LINK YouTube ≫ 中帰連・撫順戦犯管理所洗脳プロセス(南京関連)
LINK YouTube ≫ 認罪〜中国撫順戦犯管理所の6年〜 1/11 同 2/11 同 3/11 同 4/11 同 5/11 同 6/11 同 7/11 同 8/11 同 9/11 同 10/11 同 11/11
LINK YouTube ≫ 終戦から62年 日韓それぞれの引揚げ01  同02
LINK 横田喜三郎 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 横田喜三郎は東京裁判の翻訳係を務めていらっしゃった。
LINK 勝間田清一 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 「反日朝日の原点と無知な外務省」(H19.4.1)
LINK YouTube ≫ 日本の戦後はGHQの公職追放から始まった(H19.1.24)
LINK 32年テーゼ - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 『米国にある「日本財布論」@』菊池英博 AJER2013.4.12(1)
LINK News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース大日本帝国を敗戦に導いた史上最低クラスの売国奴「瀬島龍三」の正体がヤバすぎる…帝国陸軍参謀に潜り込んだソ連スパイ・共産党コミンテルンと連携し間違った作戦指揮・北朝鮮の張成沢ともズブズブの関係だった(2013年12月15日付)
LINK YouTube ≫ 三島由紀夫の遺言
LINK 保守速報【大日本帝国】元特攻隊員だけど何か質問ある?外国が攻めてきたら、老体にムチ打って、また出かけるよ(2014年8月11日付)
LINK 保守速報【ポーランド】初代大統領「ポーランドを第二の日本にしたい」【世界の絆】驚くほど親日的なポーランド、日本人が知らない『94年前に結ばれた絆』(2014年8月12日付)
LINK ボロロン速報GHQ占領期、3年超の機密往復書簡を発見…日米間で警察予備隊「同意」を伝達 その背景には 2ch「朝鮮駐進軍?」「在日お前エラの先祖だ」「大阪経済法科大学・・・」(2014年9月8日付)
LINK YouTube ≫ 2/3【討論!】安倍政権への進言・諫言・提言[桜H26/8/2] 重要 〜特に、26分22秒付近から38分47秒付近までの、西部邁・高山正之・小堀桂一郎氏の歴史認識に関する発言。
LINK YouTube ≫ 【池間哲郎】アジアの人たちが教えてくれた本当の日本[桜H26/8/5]
・池間哲郎著「日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」育鵬社、2013年
LINK YouTube ≫ 【西田昌司】朝日の慰安婦報道、問題の根本はGHQであり属国根性である[桜H26/8/7]
LINK ボロロン速報日韓併合は、米国のプエルトリコ併合と同様、「侵略」ではない 2ch「そこまでは言いすぎ。侵略でいい」「日本はハワイ併合をやるべきだった」(2014年9月27日付)
LINK 教えて!goo中国における反日の歴史とその現状 - 歴史
LINK 国民が知らない反日の実態中国はなぜ反日か?
LINK YouTube ≫ 「大東亜戦争とスターリンの謀略」三田村武夫 [桜] 必見
・三田村武夫 著「大東亜戦争とスターリンの謀略 戦争と共産主義」自由社 (自由選書)、1987年(復刻版) 重要
LINK YouTube ≫ 元民社党委員長 塚本三郎 コミンテルン 村山談話を斬る! 総理には靖国神社参拝を!
LINK Yahoo!知恵袋日本の大学生は「侵略戦争の罪」を少しも恥じ入っていない=韓国の大学教授が苦言―...
LINK 産経ニュース【金正日】日本と戦った北の「神話」覆す「乳母」の証言…出生年は嘘「母やせ細り母乳が出なかった」(2014年12月17日付の記事)
LINK 産経ニュース【正論】河合と尹にみる日韓言論の桎梏 東京大学名誉教授・平川祐弘(2014年12月25日付の記事)
LINK 株式日記と経済展望第2次世界大戦で勝ったのは日本一国のみであり、「戦争勝利の定義」を検証することで証明された(2015年1月13日付)
LINK U-1速報中国人学者が分析した『日本人の失敗歴』がちょっと微妙だと話題に。敗者である日本人の観点で反省(2015年1月16日付)
 この記事では、『日本外交の過誤』について、次のように述べている。
『 特筆すべきは、この文章は1951年に日本外務省が吉田茂首相(当時)の指示によってまとめられた「満州事変」から太平洋戦争終結に至るまでの日本外交の致命的失策を徹底的に検討するための文書(この文書は『日本外交の過誤』と称し、外交史料館に所蔵されている。2003年に公開された)に基づいて書かれており、日本人でもあまり知らない事実が書かれていることである。』
・小倉和夫 著『吉田茂の自問 敗戦、そして報告書「日本外交の過誤」』藤原書店、2010年
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」を転載していきます(2008年5月25日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−序文(2008年5月26日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(1) 満州事変、国際連盟脱退(2008年5月28日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(2) 軍縮会議脱退、日独防共協定締結(2008年5月29日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(3) 支那事変(2008年5月30日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(4) 日独伊三国条約締結(2008年6月1日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(5) 日ソ中立条約締結(2008年6月3日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(6)仏印進駐、蘭印交渉(2008年6月4日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(7)日米交渉(2008年6月5日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(8)終戦外交(2008年6月9日付)
LINK 考察NIPPON外務省極秘文書「日本外交の過誤」−(9)結論(2008年6月10日付)
LINK 考察NIPPON[書評]吉田茂の自問―敗戦、そして報告書「日本外交の過誤」(2008年6月13日付)
当サイト管理人の感想:「考察NIPPON」さんのサイトを読むと、「日本外交の過誤」の内容は戦後の自虐史観と大差はないように思います。当時の外務省の無力を告白し、霞ヶ関の役人的な視点からの若干の反省があります。
 自虐史観を脱するためには、まず、日本が欧米の植民地主義に反抗したことを肯定的に評価するべきです。そして、コミンテルンの様々な工作の実態を暴き出し、F・ルーズベルト大統領が米国の参戦を画策したという説を掘り下げていく必要があるものと思われます。 )
LINK ボロロン速報地理テストで「支那」「南朝鮮」「中国とは中華民国の事」と回答、日教組教員を悩ます“ネトウヨ中学生”が増加中!?(2015年1月17日付)
LINK 櫻井よしこ オフィシャルサイト「改めて問う、講和条約と村山談話」(2008年12月25日付)
 このページのうち「騙し討ちの村山談話」の項を引用します。なお、引用文中の太字は、当サイト管理人が施したものです。
騙し討ちの村山談話
 この件については『諸君!』2005年7月号に西村眞悟氏が詳述している。氏は次のように書いた。
 自社さ政権の下で国会における謝罪決議が構想され始めたが、反対の声は超党派で強まり、決議案が上程されても否決されることが明白になった。すると6月9日の金曜日、「本日は本会議なし、各議員は選挙区に帰られたし」との通知が衆議院内にまわされ、反対派の議員らは選挙区に戻った。その隙を狙ったかのように、土井たか子衆院議長が金曜日の午後8時近くという遅い時間に本会議開会のベルを押したという。
 結果として265人の議員が欠席、議員総数509人の半数以下の230人の賛成で決議案は可決。だが、参議院は採決を見送った。これでは折角の決議の権威もない。評価もされない。そこで首相らは次に総理大臣としての談話を出す道を選んだ。
 95年8月15日、村山氏は学者谷野作太郎内閣外政審議室長ら少数の官邸スタッフらと練り上げた談話を閣議に持ち込み、古川貞二郎官房副長官が読み上げた。この間の経緯は、「閣議室は水を打ったように静まり返った」と報じられた。事前説明なしで突然出された談話に、閣僚は誰ひとり反論出来ていない自民党にとって、このことこそが痛恨の一事だ。
 首相は談話を出すに当たって記者会見に臨んだ。その席で、「談話で日本が過去に国策を誤ったとして謝罪したが、具体的にどの政策をどのように誤ったと認識しているのか」と問われ、村山首相は絶句した。
 国会決議の卑劣な出自。自らの談話も具体的に説明出来ない空ろな首相。村山氏の政治家としての、否、それ以前に、人間としての資質は、知れば知るほど、興醒めである。
 社会党時代、長きにわたって氏は自衛隊を憲法違反だと非難した。首相になった途端に合憲だと主張を変え、自衛隊員に国家防衛の崇高な任務に励めと訓話した。しかし、首相を辞して社民党に戻ったら、またもや自衛隊違憲論に戻ったのだ。国家の重要事に関して二転三転した節操なき人物の談話を後生大事にするほど、日本人は愚かではないであろう。 』
LINK 日本国外務省会見・発表・広報談話総理大臣談話総理大臣談話(過去の記録)「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(いわゆる村山談話)(平成7年(1995年)8月15日付) いわゆる「村山談話」
LINK 村山内閣総理大臣談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」 - Wikipedia いわゆる「村山談話」(1995年(平成7年)8月15日)
LINK 歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議 - Wikipedia 衆議院本会議での決議(1995年(平成7年)6月9日)
LINK 日本の戦争謝罪 - Wikipedia
LINK 日本の戦争謝罪発言一覧 - Wikipedia
LINK 株式日記と経済展望日米開戦の時に東郷茂徳外相が辞任していれば、少なくとも すぐには開戦を決定できなかった。重光葵が辞職を勧めた。(2015年1月19日付) 〜井上寿一氏(学習院大学学長)と森永輔氏(日経ビジネス副編集長)の対談のようです。
LINK 産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】「事実」直視せぬ朝日 周恩来の「免罪符」を愛用し(2015年1月22日付の記事)
LINK YouTube ≫ 【歴史捏造】朝日新聞がまた嘘報道?!東京裁判史観の欺瞞[桜H27/1/22]
LINK YouTube ≫ 【KSM】親日国ポーランド「ポーランド人は受けた恩を絶対に忘れない人たち」KSM WORLD©
LINK YouTube ≫ 知られざる親日国フィンランド〜未来世紀ジパング
LINK News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース【韓国発狂】親日イギリス人が日本軍の残虐行為を完全否定キタ━━━(°∀°)━━━!!! 在日がファビョっててワロタwww(2015年1月27日付)
LINK 産経ニュース【野口裕之の軍事情勢】イスラム国の蛮行で暴かれる「韓国が知られたくない恥史」(2015年2月2日付の記事)
LINK YouTube ≫ 小沢一郎 〜 闇の系譜 :秘書逮捕の真相/北朝鮮との黒い関係 高画質 重要・必見
LINK 産経WEST【河村直哉の国論】日教組教師発言に見る左傾「紀元節は嘘だらけ」 日本を否定する教育の異常(2015年2月12日付の記事)
LINK 産経ニュース中国高官の息子“史上最悪のコネ入社” 米金融大手でセクハラしてもクビ切らず(2015年2月12日付の記事)
LINK 大概大概(テゲテゲ)日刊P-CAN・ASIAN雑記中国で戦時中の日本人鎮魂碑・去思碑発見(2014年1月15日付) 〜「去思碑」
LINK 酒たまねぎやホームページ堀内豊秋海軍大佐といわゆる戦犯裁判について
LINK YouTube ≫ 50 Centuries in 10 Minutes
LINK YouTube ≫ World War II in Europe and the Pacific: Every Day
LINK YouTube ≫ 100 Years in 10 Minutes (1911 - 2011 in 10 Minutes)
LINK 韓流研究室自民党二階俊博総務会長、韓国中小企業中央会から感謝状(2015年2月16日付)
LINK 売国奴列伝売国奴列伝・金丸信
・韓光煕 著「わが朝鮮総連の罪と罰」文藝春秋、2002年(文春文庫、2005年)
・高英煥(コ・ヨンファン)著「亡命高官の見た金正日」池田菊敏訳、徳間書店、1995年
・高英煥(コ・ヨンファン)著「平壌25時 金王朝の内幕 元北朝鮮エリート外交官衝撃の告白」池田菊敏訳、徳間書店、1992年
LINK クオリティ・マインドデミング博士の統計的品質管理
LINK U-1速報日本の『逆請求権に巻き込まれ』で韓国代表が会議で狂乱状態に。日本の戦略に完全敗北した韓国陣営(2015年2月26日付)
LINK 久保田貫一郎 - Wikipedia
LINK 日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約 - Wikipedia 日韓基本条約
LINK 朝鮮半島から流出した文化財の返還問題 - Wikipedia
LINK 岡崎勝男 - Wikipedia
・山下康雄(当時、名古屋大学で国際法を担当)
LINK 西村熊雄 - Wikipedia
LINK 高杉晋一 - Wikipedia
・1957年5月に「帰還者給付金などの支払い法」を制定
LINK 半可通日記「久保田貫一郎日本代表が韓国を非難して、日韓会談を決裂させた。」(2013年6月15日付)
LINK 半可通日記「久保田妄言」その二(2013年6月21日付)
LINK 半可通日記「久保田・江藤妄言」のアメリカ版。(2013年7月11日付)
LINK ビルマでの降伏日本軍人の抑留 - Wikipedia
・会田雄次 著「アーロン収容所 西欧ヒューマニズムの限界」中公新書、1962年(中公文庫、1973年)
LINK トラネコ日記原爆は戦争犯罪(2013年9月2日付)
LINK J-CASTニュース「原爆も化学兵器と同じ国際法違反になるのか」 ロイター記者の質問にネットで称賛の声(2013年8月30日付の記事)
LINK 野口哲也のHP国際関係データ・バンク十七条の憲法
LINK YouTube ≫ 【伊藤祐靖】特殊部隊員の本懐[桜H27/3/3]
LINK 産経WEST【日本千思万考】米国が中韓の不当な「歴史戦」に荷担するワケ…「軍国日本=悪」論で自国の「国際法違反」を正当化(2015年3月17日付の記事) by 上田和男 重要
LINK 産経WEST【軍事ワールド】70年ぶり発見「武蔵」に見る第1級のハイテクパワーと造船技術…日本の粋を結集、引き揚げは可能か(2015年3月18日付の記事)
LINK WJFプロジェクト政治家の仕事と歴史家の仕事(2012年12月27日付)
LINK WJFプロジェクト自虐史観と構造改革(2013年5月5日付)
LINK Reparations for slavery - Wikipedia (英語) 奴隷制への賠償
LINK Reparations for slavery debate in the United States - Wikipedia (英語) 奴隷制への賠償についての米国における議論
LINK U-1速報韓国に味方した米学者は『極めて悲惨な境遇に陥る』と記者が示唆。典型的な馬鹿として後世に名を残すことに(2015年4月21日付) by ケント・ギルバート氏
LINK 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現昭和天皇の全国ご巡幸・行幸最初の地は広島だった・貞明皇太后の前で泣いた昭和天皇・マッカーサーを感動させた昭和天皇の言葉・陛下は我々を裏切らなかった・「昭和の日」を機会に読んでほしい(2009年4月29日付) 重要
LINK YouTube ≫ 【遠くの声を探して】日本の南洋統治に見る八紘一宇の精神[桜H27/4/22]
LINK カイカイ反応通信韓国人「敗戦からの復活…日本の高度経済成長はこうして始まった」(2015年6月11日付)
LINK カイカイ反応通信韓国人「第二次世界大戦で沈没した日本軍の戦艦の数」→「世界を支配しようと暴れまわっただけのことはある」(2015年6月23日付)
LINK U-1速報韓国の”凄惨な国際的犯罪”を『被害者が赤裸々に暴露』した模様。治療を懇願されるも放置され死亡した(2015年6月28日付) 日本漁船の拿捕
LINK 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)【韓国の反応】平川祐弘東大名誉教授「史実に基づく修正までなぜためらうのか」(2015年7月19日付) by 平川祐弘(東京大名誉教授)
LINK 産経ニュース【野口裕之の軍事情勢】枢軸国・韓国の「連合国なりすまし」(2015年8月17日付の記事)
LINK YouTube ≫ 【もうひとつの玉音放送】先帝陛下の大御心を振り返る[桜H27/8/25]
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】大東亜戦争と戦後70年・Part2[桜H27/8/15] 2/3同 3/3同
LINK YouTube ≫ 1/2【戦後70年】安倍談話を考える[桜H27/8/18] 2/2同 重要
LINK YouTube ≫ 1/3【創立12年目SP】チャンネル桜の大東亜戦士たち−田形竹尾編[桜H27/8/22] 重要・必見
LINK YouTube ≫ 2/3【創立12年目SP】チャンネル桜の大東亜戦士たち−小野田寛郎編[桜H27/8/22] 重要
LINK YouTube ≫ 3/3【創立12年目SP】チャンネル桜の大東亜戦士たち−名越二荒之助編[桜H27/8/22] 重要
LINK YouTube ≫ 1/3【戦後70年】日米激戦地の現在−英霊の魂が眠る島・ガダルカナル[桜H27/8/29] 2/3同 3/3同
LINK YouTube ≫ 【戦後70年】御前会議の舞台「御文庫附属庫」−先の大戦を振り返る資料映像[桜H27/9/14] 重要
LINK 産経ニュース【記憶の風景−戦後70年】イペリット、ルイサイト、青酸ガス…地図から消された「毒ガス」製造の島 広島県「大久野島」(2015年3月22日付の記事)
LINK 産経ニュース【満州文化物語(6)】“反日プロパガンダ”に使われる「平頂山事件」の真実 語られぬ抗日ゲリラの撫順炭鉱襲撃(2015年9月13日付の記事)
LINK 産経ニュース【満州文化物語(7)】溝に転落し動けない母娘をメッタ刺しに…甦る“恐怖”の記憶(2015年9月27日付の記事)
LINK 撫順襲撃事件 - Wikipedia
LINK 平頂山事件 - Wikipedia
LINK 株式日記と経済展望当時のニクソン政権は、イギリスを経由することで、中国にハードウエアや技術を提供した。(2015年4月7日付)
LINK A.M.ナイル - Wikipedia (人)
LINK ナイルレストラン歴史
LINK ラース・ビハーリー・ボース - Wikipedia (人) 中村屋のボース
LINK 中村屋 - Wikipedia
LINK 相馬愛蔵 - Wikipedia (人)
LINK スバス・チャンドラ・ボース - Wikipedia (人)
LINK 自由インド仮政府 - Wikipedia
LINK インド国民軍 - Wikipedia
LINK G. M. ナイル - Wikipedia A.M.ナイルの次男
LINK 保守速報【日印首脳会談】モディ首相「日本ほどのパートナーはいない」新幹線もベタ褒め「印鉄道に大変革」(2015年12月13日付)
・A.M.ナイル 著「知られざるインド独立闘争 A・M・ナイル回想録」河合伸 訳、風濤社、2008年
・樋口哲子 著、中島岳志 編「父ボース 追憶の中のアジアと日本」白水社、2012年
・藤原岩市 著「F機関 アジア解放を夢みた特務機関長の手記」バジリコ、2012年
LINK 産経ニュース【石原慎太郎 日本よ ふたたび】奢れる白人よ 君たちの世界支配はもう終わったのだ(2015年12月21日付の記事) by 石原慎太郎
LINK 産経ニュース自民の歴史研究組織が初会合 歴史教育にも反映へ(2015年12月22日付の記事) 重要
LINK 産経ニュース【歴史戦】自民党歴史検証本部の初会合に中国外務省「日本側は国際常識と定説を尊重せよ」(2015年12月22日付の記事)
LINK 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)【韓国の反応】韓国ショック!米国務相報道官「日本政府に聞いてくれ」「コメントはない」「論じるつもりはない」→韓国メディア「・・・・・・」(2015年12月23日付) 〜みずきさんの解説が、すばらしい。
LINK YouTube ≫ 池上彰の教科書に載っていない20世紀 予習復習SP 20151213
LINK カイカイ反応通信韓国人「日本の植民地支配に対する謝罪と賠償は不十分?欧州の事例と比較してみよう」(2016年2月13日付)
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】国体論と戦後日本[桜H28/2/13] 2/3同 3/3同
LINK 産経WEST【百田尚樹氏講演(下)】英国の恫喝にも屈せず…戦後日本を立て直した侍たち、最も不幸で最も偉大な大正世代 (京都「正論」懇話会詳報)(2016年3月2日付の記事)
LINK ラルフ・タウンゼント - Wikipedia アメリカ人の外交官・作家
・ラルフ・タウンゼント著「暗黒大陸中国の真実」田中秀雄・先田賢紀智共訳、芙蓉書房出版、2007年
・ラルフ・タウンゼント著「アメリカはアジアに介入するな!」田中秀雄・先田賢紀智共訳、芙蓉書房出版、2005年
LINK オロモルフのページオロモルフの論考『暗黒大陸中国の真実』抜粋(オロモルフ)
・鬼塚英昭 著 「田中角栄こそが対中売国者である 〈佐藤慎一郎・総理秘密報告書〉を読み解く」成甲書房、2016年
LINK まほろばの泉仰ぎみる佐藤慎一郎先生の「総理秘密報告」・?  その一(2016年3月1日付)
LINK まほろばの泉仰ぎみる佐藤慎一郎先生の「総理秘密報告」・?   終章(2016年3月2日付)
LINK まほろばの泉佐藤慎一郎先生隋聴備忘録    あの夜のこと   2007 10/27  再(2016年3月4日付)
LINK まほろばの泉佐藤慎一郎氏に観る 機密費という銭   2010 加筆再(2016年3月8日付)
LINK まほろばの泉備忘録 「張学良 鎮す」    2007. 6/4掲載 改(2011年2月2日付)
LINK U-1速報日本世論が『韓国には許容できない変貌を遂げた』と韓国人記者が発狂中。朝日新聞の反日扇動の威力が激減した(2016年5月4日付) 朝鮮日報
LINK 日韓ビジネスは宝の山造船業の日韓比較(2)(2006年5月2日付)
LINK YouTube ≫ 【KSM】神風特攻隊が残した戦果 連合国側の軍人の証言 今を生きるすべての日本人へ
LINK 2012年の黙示録SPACE NAVIGATORSPACE LIBLARY5号室会津武士道
LINK 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)【韓国の反応】「敵兵を救助せよ!」日本の海の武士道(2016年6月7日付)
LINK 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)【韓国の反応】韓国人「ポーランドが親日的な理由」(2016年6月18日付)
LINK 株式日記と経済展望ドイツ映画「帰ってきたヒトラー」 それでも大多数がナチに投票したことに変わりはない。(2016年6月21日付)
LINK 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)【韓国の反応】米国の黒人ジャズ演奏家「私たちを人間として歓迎してくれたのは、アフリカと日本だけだった」(2016年6月24日付)
LINK 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)【韓国の反応】「ベルギー」と「日本」の恩恵返済リレー(2016年7月3日付)
LINK YouTube ≫ 『天皇陛下、生前退位』報道と譲位の問題点を語り尽くす!|竹田恒泰チャンネル
LINK 千載くもらぬ歴史は古し世界で尊重される教育勅語と修身(2014年7月21日付)
LINK 産経ニュース【野口裕之の軍事情勢】安倍晋三首相の真珠湾訪問で暴かれる「日本だった韓国」と「逃げ回った中国共産党」 「抗日戦勝利」の妄想(2016年12月12日付の記事)
 
○大東亜戦争について
(当サイト管理人の意見)
・戦争においては、双方に主義主張がある。それなのに日本は、ナチスドイツ等のファシズムと同一視されて、一方的に日本はだとされている。
・日本にも主張すべき正義がある。それは「白人(欧米列強)の人種差別植民地主義に基づいて行われた世界侵略に対して、日本が反攻したのだ」という主張であると思う。
・どちらの正義が最終的に承認されるかは、未来の歴史家によって判定される。
・中村粲 著「大東亜戦争への道」展転社、1990年
・林房雄著「大東亜戦争肯定論」夏目書房、2001年
・田中隆吉 著「日本軍閥暗闘史」中公文庫、2005年
LINK YouTube ≫ 歴史観セミナー「大東亜戦争とは何だったのか」01 〜 同11 (再生リスト) 必見
LINK YouTube ≫ 1/4【討論!】大東亜戦争肯定論[桜 H21/8/14] 2/4同 3/4同 4/4同 必見
LINK YouTube ≫ 日本人が知ってはならない歴史 必見
LINK YouTube ≫ 【思想戦】大東亜戦争の大義【防共回廊】
LINK YouTube ≫ 2011.05.06放送 「なぜ日本は大東亜戦争を戦ったのか」 田原総一朗
LINK YouTube ≫ まだ太平洋戦争と呼びますか?【大東亜戦争に込められた想い】  お勧め
LINK 草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★★アメリカは日本の真珠湾攻撃を事前に知っていた可能性が非常に高い ! 〜ブログ
LINK Google ブックス[図解]これならわかる! 太平洋戦争: なぜか学校では教えてくれない「あの戦争」のすべて ... - 三野正洋 - Google ブックス
LINK MSN産経ニュース「ルーズベルトは狂気の男」 フーバー元大統領が批判(2011年12月7日付の記事) ジョージ・ナッシュ著「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」の内容から
LINK YouTube ≫ 【特別鼎談】大東亜戦争を考える[桜H25/8/10]
LINK YouTube ≫ 【和田昭】ネタジ・スバス・チャンドラ・ボース忌と大東亜会議70年を語る[桜H25/8/20]
LINK YouTube ≫ 日本がアジアに残した功績の真実
LINK YouTube ≫ 日本に対する世界の評価(賞讃) アジア諸国は親日だった
LINK YouTube ≫ 日本人の知らないスリランカと日本
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】日本は本当に独立国か?[桜H26/4/25] 2/3同 3/3同 重要
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】大東亜戦争とは何だったのか?[桜H26/8/16] 2/3同 3/3同 必見
LINK ウィンストン・チャーチル - Wikipedia の「アメリカと日本の参戦」の項のなかに、下の記述がある。
『回顧録の中でチャーチルはこの時に勝利を確信したと主張している。「ついにアメリカがその死に至るまで戦争に突入したのだ。これで我々は戦争に勝った。イギリスと大英帝国は滅亡を免れたのだ。ヒトラーの運命は決まった。ムッソリーニの運命も決まった。日本人にいたっては粉微塵に粉砕されるだろう」と書いている[675]。』
(脚注675)^ a b 山上(1960) p.191 =山上正太郎 『ウィンストン・チャーチル 二つの世界戦争』 誠文堂新光社、1960年(昭和35年)。ASIN B000JAP0JM。
LINK 産経ニュース【戦後70年・全特集まとめ読み】日本は焦土と化したあの日からいかに立ち上がったのか?(2015年12月28日付の記事) 〜各特集へのリンク一覧
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】大東亜戦争と天皇[桜H28/8/13] 2/3同 3/3同 必見
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(1)】片手に十字架、片手に鉄砲 西欧白人国家の侵略(2016年12月4日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(2)】先住民を追い出し太平洋に出た米国 略奪を「明白な運命」と正当化(2016年12月11日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(3)】日露戦争機に対日戦想定した米国 日本人移民を排斥(2016年12月18日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(4)】満州を狙い日本に嫌がらせした米国 支那事変拡大にコミンテルンの影(2016年12月25日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(5)】日本を追い込んだルーズベルト 背景に人種偏見と共産主義(20176年1月1日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(6)】ルーズベルトは真珠湾攻撃を事前に知っていた「日本に1発目を撃たせろ」 現地に教えず兵見殺しに…(2017年1月8日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(7)】最初から落とすつもりだった原爆 相手が日本人だから大量虐殺(2017年1月15日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(8)】野蛮な復讐劇だった東京裁判 原爆など米ソの戦争犯罪は不問に(2017年1月22日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(9)】押し付けられた日本国憲法 GHQの社会主義者が9日間で作る(2017年1月29日付の記事)
LINK 産経ニュース【入門・日米戦争どっちが悪い(10)完】全体主義を世界に広めた米国 ヤルタで中国、東欧をソ連に献上(2017年2月5日付の記事)
LINK カイカイ反応通信韓国人「70年が過ぎた今も残っている旧日本軍の痕跡を見てみよう」(2017年1月21日付)
 
○第二次大戦 名言集
LINK ニコニコ動画 ≫ betbetbetさん の投稿動画リスト (注:こちらが元ソースのように思われます。できれば、こちらでの視聴を、お勧めします。)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集(日本編)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 U(続・日本編)
注:YouTubeでのV(改訂版)は、見つけることが出来ませんでした。
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 W
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 X
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 Y(戦犯編)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 Z(続戦犯編)2 1 同 2 2
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 [(開戦編)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 \(アジア独立編)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 番外編(大空のサムライ編)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 ]
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 XI(責任編)
注:YouTubeでの]U(徴兵制って知ってる?編)は、見つけることが出来ませんでした。
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 ]V(影の主役編)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 ]W(Bー29編)
LINK YouTube ≫ 第二次大戦 名言集 XV(現場の怒り・愚痴編)
注:YouTubeでの]Y(原爆編)と]Z(艦長編)は、見つけることが出来ませんでした。
 
○日本軍における朝鮮人将兵
LINK ニコニコ動画 ≫ チャンネル桜 8.6田母神俊雄講演会 ヒロシマの平和を疑う! 完全版2 〜9分56秒付近から 必見
LINK 洪思翊 - Wikipedia
LINK 金錫源 - Wikipedia
LINK 李垠 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 字幕【テキサス親父】靖國~社真榊奉納の安倍首相に中韓が激怒?
 この動画の「動画解説」欄の説明のなかに、次の記述がある。引用文中の太字は、当サイト管理人による。
『 日本軍の捕虜収容所に収容された連合国軍の兵士達は、看守のほとんどが朝鮮人で非常に野蛮で残忍だったと書き記している。
 「バターンの死の行進」では、その看守達のほとんどが朝鮮人で最も虐待的で、銃剣に血糊が付いていることが兵隊としての勲章だと思っていると記録されている。
 タイとビルマを結ぶ鉄道建設の映画「クウェー川鉄橋」、(死の鉄道として知られている)では朝鮮人看守達が仕切っていた。
 そこで働いていた連合国軍の兵士で日本軍の捕虜の1人の将校は、「朝鮮人は馬鹿で常に捕虜の取り扱いに関しては獣(ケダモノ)の様だった」と報告している。』
 この文章の出典は、下の英語版ウィキペディアらしい。
LINK Korea under Japanese rule - Wikipedia の「World War II」の項内にある「Korean service in the Japanese military」の項 重要
LINK 日本統治時代の朝鮮 - Wikipedia の「軍事」の項
LINK 朝鮮人日本兵 - Wikipedia
LINK 朝鮮軍人 - Wikipedia
LINK Category:朝鮮人の日本陸軍軍人 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 必見!実写!「日本軍に志願した朝鮮人が年間8万人!」
LINK <丶`д´> パクリ大国 南朝鮮 + { となりはずっと『日流熱風』 } + pakuri 韓国( ´Д`;)日本人として戦った朝鮮兵
LINK ねぇ知ってたぁ?日本軍の評判を落としまくった朝鮮籍軍
 
○東京裁判について(極東国際軍事裁判)
LINK 極東国際軍事裁判 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 【舘雅子】東京裁判から従軍慰安婦・拉致問題まで〜歴史の目撃者が語る真実 Part1[桜H25/7/16]
LINK 先生、そこまちがってるよ靖国とA級戦犯 vol.4(2006年3月25日付)
LINK 先生、そこまちがってるよ靖国とA級戦犯 vol.5 サンフランシスコ講和条約(2006年3月26日付)
LINK 先生、そこまちがってるよ靖国とA級戦犯 vol.6 アムネスティ条項(2006年3月27日付)
LINK 先生、そこまちがってるよ靖国とA級戦犯 vol.7(2006年3月28日付)
LINK 資料室資料一覧サンフランシスコ平和条約11条・東京裁判(極東国際軍事裁判)
LINK YouTube ≫ 【遠くの声を探して】東京裁判の野蛮性、「歴史の真実」は先哲の証言に在り[桜H27/5/20] 重要
 
○連合国の日本占領政策について
・田中英道 著「戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」 二段階革命理論と憲法」展転社、2011年
 
○余命3年時事日記 → 余命三年時事日記
 ブログ主の「かずくん」さんは、2013年12月9日にご逝去され、関係者の方が引き継いだようです。更に、2015年5月11日の記事から、3代目に引き継がれたようです。
 歴史観だけでなく、多くの時事問題・軍事問題を含んでいます。
 自衛隊や軍事関係などについても興味深い記事があり、それらについては  日本と日本人 のページの 「■日本の自衛隊■」の項にリンクを貼ってあります。
 「余命3年時事日記」(So-netブログ)のサイトは、2015年8月6日に一部記事が削除され、同年8月10日にアクセスが遮断されたようです。そのため、同年8月12日に、新しいサイト「余命三年時事日記」(WordPress 日本語)が立ち上げられたようです。

・余命プロジェクトチーム著「余命三年時事日記」青林堂、2015年
・余命プロジェクトチーム著「余命三年時事日記ハンドブック」青林堂、2016年
・余命プロジェクトチーム著「余命三年時事日記2」青林堂、2016年
 この本の191〜193ページから引用します。
『B日本がどの程度リターンするかということ
 前述の覚醒の程度にもよるが、選挙に直接、大きな影響を与える問題が発生している。韓国大統領李明博の天皇陛下侮辱発言だ(韓国大統領の言葉の直訳)。
 日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、重罪人にふさわしく手足を縛って頭を踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。そんな馬鹿な話は通用しない。それなら入国は許さない。
(yamatotube2「足をしばって、ひざまづいて謝罪するなら」韓国大統領・天皇を侮辱 平成24〈2012〉年8月15日より)

 いろいろなサイトの直訳に差がないことと、こんなすさまじい過激な内容にもかかわらず遮断も訂正しようという動きもまったく出てこないことからこの発言はほぼ正しいと判断できる。また、動画を使用するテレビニュースが後半部分の音声を消しているようなケースも多い。韓国内で日常的に言っていることをそのまま発言したのだろうが、たとえ韓国内でいかなる事情があろうとも、これは完璧にNG。少なくとも、即、韓国に対するすべての2国間支援は打ち切りにすべきだろう。
 通常なら過激発言は大喜びで各国語に訳して拡散する在米コリアンが今回まったくスルーしているのは、どれほどヤバイかわかっているからだろう。韓国与党も完全に李明博を切り捨てた。この件は大学のセレモニーで学生たちとの竹島問題質疑応答の際に発言したもの。さすがに韓国政府側も公表できなかったというだけのことはある。
 この発言は、越えてはいけない線を越えたどころか、まさに日本に対する宣戦布告だ。
 ちなみに日本のメディアでは直訳報道したところはひとつもなかった。相手の宣戦布告を「仲良くしましょうね」的雰囲気に訳すとは…… 
(以下略) 』
 同じく199ページから引用します。
「たった60万人の在日韓国朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷!」
              (韓国SBS 平成24〈2012〉年8月31日より)

 李明博韓国大統領が、「北朝鮮の復興は心配ない、日本にやらせるのだ。私が日本にすべてのカネを出させる、我々はすでに日本を征服しているからだ。奴らのカネは我々が自由にできる、日本は何も知らない、フジテレビが証拠、日本人はよだれを垂らして見ている、私にまかせろ、日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私の兵隊だ!」と、いわゆる日本征服宣言を行った。
 そして決定的な韓国大統領李明博の天皇陛下侮辱発言だ。
 この二つの問題発言、なんと日本メディアはまったく報道していないのだ。しかしネットではアップされ、一気に拡散してしまった。普通の日本人なら激怒するだろう。 』
LINK 余命3年時事日記アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だC 同D (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記日本人の民度と国家間の優劣を考察してみた (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記日韓戦争を考察するA現状と戦後史(その1) 同(その2) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記2012年衆院選挙を考察する(選挙前) 同(選挙後) 〜選挙関係部分以外の内容が興味深い。 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記日中戦争、日韓(朝)戦争と安倍イズムB (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記色あせてきたアメリカの正義 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記外患罪適用スタンバイ (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記中国軍事放談会 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記中国経済放談会 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記韓国国籍法と兵役法は棄民法 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記驚きの中国軍事委員会(遺稿記事) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記中国軍事委員会記事検証座談会 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記中国、韓国ここ10年(時系列検証) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記在日は住民登録に及び腰(2014年3月13日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記ロシア考察(遺稿メモから)(2014年3月18日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記時事放談会 韓国事案(2014年3月28日付) 〜延坪島の砲撃についても言及がある。 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記2015は極限値 (大気汚染)(2014年4月17日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記反日議員アラカルト(2014年5月18日付) 〜中国国内の状況についても言及がある。 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記余命時事放談会記事フォローアップ(2014年6月23日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記余命記事のぼかしとカット基準@(2014年6月29日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記ぼかしとカットD核武装(2014年7月16日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記ぼかしとカットF朝鮮戦争(2014年7月22日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記遺稿プロジェクト終了。新余命時事へ。(2014年8月22日付)
LINK 余命3年時事日記2015年7月8日(2014年8月24日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記日本再生大作戦放談会 橋下辛坊A(2014年10月26日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記日韓議連の韓国訪問(2014年11月2日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記2014年衆院選放談会A(2014年12月11日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記14日は衆院選投票日 みなさん出番ですよ(2014年12月13日付) 〜在特会裁判の最高裁判決についても言及がある。 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記2014年衆院選挙 不正開票(2014年12月18日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記閑話休題 アラカルトE(2015年3月13日付) 重要 (リンク切れ)
 このサイトのなかに、次の記述があります。なお、引用文中の太字は、当サイト管理人が施したものです。(注:前後の文脈から推測すると、引用部分は 2006年あたり 2007年か?(注) の話のようです。)
『 また日米安全保障会議の前段として米軍基地内で極秘で行われた2回の実務者会議においては日本の左翼化に危機感を持った米国から極東の安全保障について重大な提議がありました。ひとつは「韓国切り捨て」であり、もうひとつは「軍事力の強化」でした。
.....「韓国切り捨て」については盧武鉉の反米政策に嫌気を起こし、また暗号化の問題では韓国外交親中であることがもろにばれてしまい米国も決断せざるを得なかったようですね。これ以降、戦時統制権返還や武器売却禁止等はこの流れとなりました。
.....日本の軍事力強化については、かなり突っ込んだ内容になっています。大陸間弾道弾と原潜以外はすべて容認ということで「日本の政治状況が許せば核の売却までok」という凄まじさで、日本側は唖然としたと聞いております。 』
(注:LINK 余命3年時事日記韓国よさらば。(2013年10月9日付) のなかに、「これは2007年と思われるが、」 との記述がある。)
LINK 余命3年時事日記閑話休題 アラカルトI(2015年3月18日付) 〜まとめ的で、分かりやすい。 (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記閑話休題 Q&AA(2015年3月28日付) 重要 (リンク切れ)
 このサイトのなかに、次の記述があります。
『 この関係の傍証をあげておきます。余命の過去ログで数度再掲している資料です。
.....「第一次安倍内閣の時代、2007年日米極秘交渉があった。
「我々は日本側が一切の記録を残さないことを前提に提案を行う。
米国は韓国に対し、過去、現在、将来の各種分析を行った結果、同盟国としては不適格との結論に達した。よって経済的にはスワップの延長停止をはじめとして積極的に関わる援助等は行わないことを決めた。
 軍事に関しては、最先端軍事技術の供与停止をはじめとして軍事訓練等もそれを考慮して対応する。来る2012年米韓指揮権委譲後は速やかに在韓米軍の撤退をすすめ、統合司令部だけを残す予定である。
 その後の北朝鮮侵攻のような事態については、朝鮮戦争勃発当時とは大きく周辺国の状況が変化しているので、韓国の国防力と非参戦を考慮すれば米国や日本が巻き込まれることはないと判断している。原則、米国は介入しない方針だ。
 韓国との原子力協定改定を認めることはない。陰で核開発を進める国に核開発のお墨付きを与えるようなもので論外である。
 米中ともに朝鮮半島非核化を望んでいる。このままの中途半端な米韓同盟は北朝鮮の核武装を進め、それはIAEA脱退による韓国の核武装と必然的に日本の核武装につながる。 米国が半島から手を引いて日本とともに第一列島線防衛に専念することは両国にとっても多くのメリットがあると考える。
 半島は中国の影響を受け韓国は半属国となるであろうが、即、侵攻、占領のパターンは考えにくい。  韓国が国として存在するならば中国は北朝鮮と韓国に自国の安全保障上、絶対に核を持たせないであろうから半島は非核化されるであろう。
 ついては事実上、敵となる韓国と直接向き合い対峙することとなる日本に対し、米国は以下の対応をとる。まず日米安保の密接強化。軍事共同訓練の強化。日本の防衛力強化への協力。また戦後の軍事産業にかかる制限や規制を原則解除、容認、黙認することとする。 米国は直接の脅威となりうる原潜と大陸間弾道弾は認めないがそれ以外は注文をつけない。日本の国内事情が許せば、中国に対する抑止力の範囲で核弾頭を売却してもよい。日本が軍備増強し、中国に対する核抑止力を持つことはアジアの平和、世界の平和につながると我々は確信している。日本はこの提案を踏まえて適切な対応をとられたく思う」   』
LINK 余命3年時事日記エイプリルフール放談会(2015年4月3日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記安倍シナリオ 7.9(2015年5月17日付) (リンク切れ)
LINK 余命3年時事日記朝鮮人の本性(2015年6月8日付) (リンク切れ)

LINK 保守速報『余命3年時事日記』が消される →キャッシュが残っていたので記事「在日特権」「外患罪適用の法整備」は閲覧可(2015年8月10日付)
LINK 余命三年時事日記この余命サイトは本物です。By 余命爺(2015年8月14日付) (リンク切れ)
LINK 余命三年時事日記余命ブログ削除の裏側(2015年8月14日付) 重要 (リンク切れ)
LINK 余命三年時事日記大和心への回帰(2015年8月15日付) 注目 (リンク切れ)
LINK 余命三年時事日記302 余命ブログ削除の裏側(2015年8月21日付) 重要
LINK 余命三年時事日記305 大和心への回帰(2015年8月21日付) 注目
LINK 余命三年時事日記333 保守サイト遮断について(2015年8月30日付)
LINK 余命三年時事日記343  国会デモ考察@(2015年9月28日付)
LINK 余命三年時事日記344  国会デモ考察A(2015年9月28日付)
LINK 余命三年時事日記345 日本解放第二期工作要綱@(2015年9月28日付)
LINK 余命三年時事日記346 日本解放第二期工作要綱A(2015年9月28日付)
LINK 余命三年時事日記351 自民HPと大嫌韓時代(2015年10月7日付)
LINK 余命三年時事日記352 10/7 内閣改造(2015年10月10日付)
LINK 余命三年時事日記369 余命書籍化 2015/12/17(2015年11月22日付)
LINK 余命三年時事日記383 余命の近況と南京通州事件(2015年12月14日付) 〜通州事件については後半部分。
LINK 余命三年時事日記408 竹島資料(2016年1月3日付) 〜第15回国会「水産・法務・外務連合委員会」(昭和28年)
LINK 余命三年時事日記441 ご迷惑をおかけしました(2016年2月6日付) 〜まとめ的な内容があります。
LINK 余命三年時事日記455 深田萌絵ブログ削除事件B(2016年2月14日付) 〜真実はいかに。
LINK 余命三年時事日記789 お知らせ(2016年5月25日付)
LINK 余命三年時事日記822 巷間アラカルト92(2016年6月7日付) 〜2016年6月5日、川崎デモ。
LINK 余命三年時事日記824 川崎デモ事件@(2016年6月7日付)
LINK 余命三年時事日記825 川崎デモA(2016年6月7日付)
LINK 余命三年時事日記827 川崎デモ事件B(2016年6月8日付)
LINK 保守速報【朝日新聞】川崎のヘイトデモ、出発直後に中止 排外主義的な団体のヘイトスピーチに反対する市民ら数百人が囲む(2016年6月5日付)
LINK 保守速報【川崎デモ】桜井誠氏「神奈川県警の制止にも関わらず妨害が続いたためデモ隊に対して解散命令。主催者は妨害側に対し威力業務妨害で告訴を検討」(2016年6月5日付)
LINK 余命三年時事日記843 巷間アラカルト99(2016年6月11日付)
 このページの中に、次の記述がある。
『.....動き出したね。これからラッシュになるだろう。今回の例では、民事だろうが刑事だろうが、団体で告訴、あるいは告発が提起された段階で支援に入るようだから適用される事例は多いだろう。とくに民事損害賠償訴訟は勝てば還ってくるからな。
しばき隊の野間がツイッター誹謗中傷裁判で敗訴しているが、類似の訴訟が頻発するだろう。カウンターデモなどやってられなくなる。今回の川崎デモだけでも訴訟のネタは山ほどある。今回「すみれの会」が稼働したことで「余命がいなくても大丈夫」がやっと実現した。ジャパニズム31も売れに売れている。余命の読者には心から感謝申し上げる。 』
LINK 余命三年時事日記1008 Xday(2016年7月9日付)
LINK 余命三年時事日記1125 日韓法的地位協定(2016年8月6日付) 重要
LINK 余命三年時事日記1151 日本再生大和会からのお知らせ(2016年9月5日付)
LINK 余命三年時事日記1228 告発が始まったよ!(2016年10月26日付)
LINK 余命三年時事日記1599 2017/03/25アラカルト(2017年3月25日付)
LINK 余命三年時事日記1609 2017/04/10アラカルト(2017年4月11日付) 〜後半の部分
LINK 余命三年時事日記おしらせ2(2017年12月15日付) 〜今後の活動方針など。
 
○日本のために(ブログ)
・井上太郎 著「日本のために」青林堂、2013年
・井上太郎 著「諜報機関」青林堂、2014年
・井上太郎 著「井上太郎最前線日記」青林堂、2016年
LINK 日本のためにブログのポリシー
LINK 日本のために(1) 誇り高き国、日本! 日本は素晴らしい国です!
LINK 日本のために(2) 誇り高き国、日本! 日本は素晴らしい国です!
 このサイトに、次ぎの記述がある。なお、引用文中の太字は、当サイト管理人が施したものです。
『少し違った角度から欧米の植民地政策に目を向けると、イギリスだけですが、公開された英国外務省の公文書によると、英政府は「Operation Legacy」の名のもとに、ケニア、ウガンダ、マレーシア、タンザニア、ジャマイカ、その他の植民地の当局者に対し、「英政府を辱める恐れがある」文書の破棄方法を指示しています。英国の公文書には、シンガポールにある英国王室海軍の焼却炉で周辺地域から集められた数多くの文書が処分されたこと、沿岸部からできる限り離れた海流の穏やかな深海に文書が沈められたことについての記載もありました。』
LINK 日本のために(3) 誇り高き国、日本! 日本は素晴らしい国です!
LINK 日本のために(4) 誇り高き国、日本! 日本は素晴らしい国です!
LINK 日本のためにこの二人の女性記者を忘れないで下さい
LINK 日本のためにお〜い南朝鮮聞こえるか?!「靖国神社に参拝する朝鮮皇族の写真…南朝鮮初公開」
LINK 日本のために(前半) 田母神氏、応援ブログ「日本は侵略国家ではない」
LINK 日本のために(後半) 田母神氏、応援ブログ「日本は侵略国家ではない」

LINK 日本のためにヘイトスピーチ?!レイシスト?!在日特権?!(2013/07/26)
LINK 日本のためにヘイトスピーチ?!レイシスト?!在日特権?!(つづき)(2013/07/26)
LINK 日本のために共産党、そして左翼が危険な理由。社会主義との違いは?(2013/08/08)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.1(2013/08/10)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.2(2013/08/11)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.3(2013/08/12)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.4(2013/08/13)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.5(2013/08/14)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.6(2013/08/15)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.7(2013/08/16)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.8(2013/08/17)
LINK 日本のために世界からの日本の評価 Vol.9(2013/0818)
LINK 日本のために(1) 親日国シリーズ(2013/11/11)
LINK 日本のために(2) 親日国シリーズ(2013/11/18)
LINK 日本のために(3) 親日国シリーズ(2013/11/19)
LINK 日本のために(4) 親日国シリーズ(2014/01/06)
LINK 日本のために中共を知ろう 第一回
LINK 日本のために中共を知ろう 第二回
LINK 日本のために中共を知ろう 第三回
LINK 日本のために中共を知ろう 第四回
LINK 日本のために中共を知ろう 第五回
LINK 日本のために中共を知ろう 第六回
LINK 日本のために中共を知ろう 第七回
LINK 日本のために間もなく拉致問題が大きく動きます。 かなりの長編ですが、出来るだけ多くの人に知ってもらい 国民一人ひとり しっかり認識し、一致団結して拉致問題を解決に導かなければいけません。
LINK 日本のために何故拉致被害事案は起きたのか?
LINK 日本のために拉致事案は社会党によって隠蔽された!
LINK 日本のために拉致事件の手口は?工作員はこうして連絡しあった!
LINK 日本のために果たして拉致とはどういう事案なのか
LINK 日本のために拉致事件とよど号グループ
LINK 日本のために拉致事件に対する政策とは?
LINK 日本のために民主党政権下での拉致問題政策
LINK 日本のために拉致事件は、いかにして解決するか
LINK 日本のために昨夏に訴えていた平昌五輪のブログです(2014年12月10日付)
LINK 日本のために昨夏に訴えていた平昌五輪のブログです 続編(2014年12月11日付) 〜日韓基本条約についても言及がある。
LINK 日本のために昨夏に訴えていた平昌五輪のブログです 続続編(2014年12月11日付) 〜ソウル五輪や東京五輪招致についても言及がある。
LINK ソウルオリンピック - Wikipedia
LINK 中曽根康弘 - Wikipedia
LINK 瀬島龍三 - Wikipedia
・金雲竜
LINK アディダス - Wikipedia
LINK フアン・アントニオ・サマランチ - Wikipedia
LINK ジャパラ2020年オリンピック招致に関する猪瀬東京都知事の「失言」とニューヨークタイムズで活躍する謎の「日本人」記者・田淵広子さん(2013年4月30日付)
・勝見貴弘〜犬塚直史(民主党参院議員(長崎選挙区)の私設秘書
LINK 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現2018年冬季五輪は韓国の平昌(ピョンチャン)で開催決定!買収!・李大統領招致プレゼン「韓国人は公正な競争を重視する」「全ての約束を必ず守る」・八百長やパラリンピック放送中止を懸念・東アジアの東京は2020年夏季五輪招致にマイナス(2011年7月7日付)
LINK 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現日本に平昌五輪の支援要求!韓国・雪も施設も資金も無し!確約した空港からの高速鉄道建設も反故(2013年8月20日付)
LINK 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現平昌五輪「ソリは長野開催」大会組織委員会が検討・JOC竹田会長「要請があれば前向きに協力」(2014年12月7日付)
LINK 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現五輪分催を衆院選の争点にしろ!種目交換等IOC会長「既に平昌と東京に話し済み」黒幕は舛添要一(2014年12月9日付)
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日韓併合とは、そして日韓基本条約 前半(2015年2月25日付)
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日韓併合とは、そして日韓基本条約 後半(2015年2月26日付)
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える (1)(2015年3月4日付) 〜日教組などについて。
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える (2)(2015年3月9日付) 〜同上
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(3)(2015年3月13日付) 〜同上
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(4)(2015年3月17日付) 〜教科書問題
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(5)(2015年3月20日付) 〜新しい歴史教科書をつくる会の内紛などについて。
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(6)(2015年3月25日付) 〜同上
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(7)(2015年3月31日付) 〜同上
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本の戦後は終わっていない 最終章(2016年2月22日付)
LINK 日本のために井上太郎のブログ 何がヘイトスピーチだ! 最終章(2016年3月18日付)
LINK 日本のために井上太郎のブログ 国連藩基文事務総長の私利私欲(2016年3月24日付)
 
○かつての日本は美しかった(ブログ)
LINK かつての日本は美しかった【「つくる会」分裂を仕掛けた中国人スパイ/WILL8月号掲載】(2012年6月26日付)
LINK かつての日本は美しかった【歴史教科書「検定」に関与した中国人スパイ李春光/『WiLL』10月号掲載論文】(2012年8月26日付)
LINK かつての日本は美しかった【民主党 祖国にひたすら貢ぐ】(2012年9月7日付)
LINK かつての日本は美しかった【安倍晋三と経団連 米倉会長・・・2012年11月後半のある日の出来事】(2012年12月20日付)
LINK かつての日本は美しかった【日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話】(2013年11月22日付)
LINK かつての日本は美しかった【“日本がハングルを禁止した”の嘘 PART1】(2013年11月24日付)
LINK かつての日本は美しかった【“日本がハングルを禁止した”の嘘 PART2】(2013年11月25日付)
LINK かつての日本は美しかった【「靖国ではなく、南京に行くべき」 中国が仕掛ける反日歴史工作】(2014年1月6日付)
LINK かつての日本は美しかった【在日のルーツ・・・残虐非道な李承晩(イ・スンマン)】(2014年5月27日付)
LINK かつての日本は美しかった【国債報償運動の真実】(2014年8月17日付)
LINK かつての日本は美しかった【パク・クネの男・・・金載圭(キム・ジェギュ)が、父親に提出したとされる報告書】(2014年8月23日付)
LINK かつての日本は美しかった【パク・クネの男・・・チェ・テミンの娘婿チョン・ユンフェ 】(2014年8月24日付)
LINK かつての日本は美しかった【在日のルーツ発見・・・強制連行は真っ赤な嘘】(2014年9月30日付) 〜李承晩の妻フランチェスカによる文章
LINK かつての日本は美しかった【パク一族の謎・・・朴5親等の甥殺人事件】(2014年10月18日付)
LINK かつての日本は美しかった【パク一族の謎・・・5親等甥殺人事件 PART.2】(2014年10月23日付)
LINK かつての日本は美しかった【パク・クネ・・・名誉毀損=大統領侮辱罪 乱発の実態 PART.1】(2014年10月30日付) 〜西北青年会について
LINK かつての日本は美しかった【パク・クネのアキレス腱・・・正修奨学会】(2014年10月31日付)
LINK かつての日本は美しかった【大統領の愛人に飼われる検察】(2014年11月29日付)
LINK かつての日本は美しかった【日本も同じだ】(2015年3月7日付)
LINK 기자 趙 甲 濟 의 세 계 : Cho Gab-Je The Investigative Reporter's World1980년대부터 언론계로 침투한 反日-從北 세력(2015年3月7日付)
 =(機械翻訳)「記者 趙甲済 の世界 : Cho Gab-Je The Investigative Reporter's World 」 ≫ 「1980年代から言論界に浸透した反日-従北勢力」
LINK かつての日本は美しかった【日韓併合の真実…韓国側一次資料】(2015年3月13日付) 【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.1】
LINK かつての日本は美しかった【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.2】(2015年3月13日付)
LINK かつての日本は美しかった【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.3】(2015年3月13日付)
LINK YouTube ≫ 1925년 일제시대 우리나라 모습. 공립보통학교 운동회.
 =(機械翻訳)「1925年日帝時代、韓国の姿。公立普通学校の運動会。」
LINK かつての日本は美しかった【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.4】(2015年3月14日付)
LINK かつての日本は美しかった【日本人街→ザパニーズタウンでした・・・共同通信また嘘報道】(2015年3月28日付)
LINK かつての日本は美しかった【朝鮮日報必死!!】(2015年3月29日付)
LINK かつての日本は美しかった【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.5】(2015年7月2日付)
 このなかに、前韓国空軍大佐チェ・サムヨン氏の発言として、次のような記述がある。なお、引用文中の太字は、当サイト管理人が施したものです。
「 キム・ジョンイルの父親キム・イルソンは、終戦前は、満洲で誕生しました。実名は、キム・ソンジュ。朝鮮語より中国語が流暢で、匪賊として活躍しました。1945年、朝鮮北部を占領したソ連によって、抗日の英雄 キム・イルソン将軍の伝説が作られていたのです。すなわち、偽のキム・イルソンです。本当のキム・イルソン将軍は、我々が少年時代、朝鮮北部で噂で聞いた人物ですが、当時33才の若造だったキム・ソンジュなはずがありません。本当のキム・イルソンは、日本の陸軍士官学校21期を卒業し、独立運動に転向したキム・グァンソだと言われています。 」
LINK かつての日本は美しかった【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.6】(2015年7月2日付)
LINK かつての日本は美しかった【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.7】(2015年7月3日付)
LINK かつての日本は美しかった【知ってはいけない日帝統治の真実 Page.8】(2015年8月11日付)
LINK かつての日本は美しかった【古ぼけた雌犬、ババア、挺隊協 PART.1】(2016年1月3日付) ソ・キソク氏
LINK かつての日本は美しかった【古ぼけた雌犬、ババア、挺身協 PART.2】(2016年1月4日付)
 
○きままに歴史  重要
LINK きままに歴史きままに歴史資料集 きままに歴史資料集目次2
LINK adsawada日記 きままに歴史資料集 管理人Note「きままに歴史資料集」修正追加など
 
○国際派日本人養成講座
LINK 国際派日本人養成講座/ウェブリブログ (新サイト)
LINK 国際派日本人養成講座既刊閲覧、ガイド、索引 (旧サイト)
LINK 国際派日本人養成講座地球史探訪:大東亜会議 〜 独立志士たちの宴 必見。一読願いたい。
LINK 国際派日本人養成講座分野別インデックス 210.7昭和
LINK 国際派日本人養成講座地球史探訪:ルーズベルトの愚行
LINK 国際派日本人養成講座地球史探訪:操られたルーズベルト
LINK 国際派日本人養成講座地球史探訪:日米開戦のシナリオ・ライター
 このサイトに、次の記述がある。
『 1941年当時、日本の空母10隻に対して、アメリカの太平洋艦隊は7隻であり、当面日本の優位が続くと見られていた。しかし、2年後にはアメリカは100隻もの空母を建造して、反攻に移れると計算していた。日本に2年分の石油備蓄を許したのは、戦争を決意させるには十分だが、最終的な勝利を得るのは不可能、という周到な計算の結果であった。』
LINK amazon.co.jp真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々 [単行本] ロバート・B・スティネット (著), 妹尾 作太男 (翻訳)
LINK 航空母艦一覧 - Wikipedia の「アメリカ」の項
 このサイトによると、アメリカが第二次世界大戦中に建造した空母は、125隻(うち50隻はカサブランカ級)。ちなみに日本は、19隻(うち1隻は未完成)。
LINK カサブランカ級航空母艦 - Wikipedia
LINK 北海道大学学術成果コレクション : HUSCAP第2次世界大戦におけるアメリカ経済の軍事化への転換:準備的考察(森杲 著)
LINK 国際派日本人養成講座人物探訪:名将・山口多聞
 このサイトに、次の記述がある(孫引き)。
『最後の連合艦隊司令長官・小沢治三郎少将は、戦後、大東亜戦争の敗因について「日本海軍は人事で敗れた」と語っている。[1,p311] 』
LINK amazon.co.jp烈将 山口多聞 (徳間文庫) [文庫] 生出 寿 (著)
LINK 国際派日本人養成講座地球史探訪:終戦後の日ソ激戦
LINK 国際派日本人養成講座The Globe Now: 北方領土交渉小史〜スターリンの「負の遺産」
LINK 国際派日本人養成講座 Common Sense: 戦後補償の日独比較 〜ワイツゼッカーの苦衷〜
LINK 国際派日本人養成講座/ウェブリブログJOG(634) 「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか
LINK 国際派日本人養成講座地球史探訪:大日本帝国憲法〜アジア最初の立憲政治への挑戦
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)Media Watch: 忘れさせられた事(江藤淳氏追悼号)
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)The Globe Now: 対中ODAの7不思議 〜2000年(平成12年)7月9日付
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)分野別インデックス --220 各国史・各国事情-- 〜「220 アジア、東洋」
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)地球史探訪:人種平等への旗手〜米国黒人社会の日本観 〜2000年(平成12年)4月2日付
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)The Globe Now: 日朝「密室利権外交」小史(上) 〜2008年(平成20年)8月10日付
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)The Globe Now: 日朝「密室利権外交」小史(下) 〜2008年(平成20年)8月24日付
・重村智計 著「外交敗北 日朝首脳会談の真実」講談社、2006年
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)人物探訪:昭和の哲人・安岡正篤 〜2004年(平成16年)10月17日付 重要
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)The Globe Now:「日中国交正常化」〜 幻想から幻滅へ 〜2003年(平成15年)9月28日付
 
○人種思想の歴史について
LINK 松岡正剛の千夜千冊TOP1422夜『アーリア神話』レオン・ポリアコフ
 
○人種差別について(1945年より前のもの)
LINK 人種差別 - Wikipedia
LINK アメリカ合衆国の人種差別 - Wikipedia
LINK 中国人排斥法 - Wikipedia 〜1882年アメリカ
LINK 排日移民法 - Wikipedia 〜1924アメリカ 正確には、1924年移民法(Immigration Act of 1924)または ジョンソン=リード法
LINK 排日 - Wikipedia
・駒形丸事件 〜1914年に起きたカナダでのインド移民排斥事件
LINK 産経ニュースカナダ首相が100年ぶり謝罪…インド人乗せた日本の「駒形丸」入国拒否事件で(2016年5月19日付の記事)
LINK HYPER Philatelist駒形丸事件100年(2014年4月15日付)
LINK アイ・カナダ留学サポートKomagata Maru Incident (駒形丸事件)(2012年11月10日付)
LINK 鹿児島大学リポジトリ細川道久「駒形丸事件史料 『大陸日報』の報道記事(III)」 (2013年2月7日付)(PDFファイル)
・吉田禎男 著「駒形丸事件」八ツ橋出版部、1936年
世界史年表51941年 日本軍が真珠湾を攻撃(大東亜戦争(太平洋戦争)へ、〜1945)大東亜戦争(太平洋戦争)と人種偏見について
 
○奴隷について
LINK NAVER まとめアイルランド白人奴隷の歴史
LINK NAVER まとめ歴史的絵画に描かれた女性奴隷たちの神秘的な世界
LINK 株式日記と経済展望キリシタンが日本の娘を50万人も海外に奴隷として売った事(2006年1月27日付)
 
○欧米の植民地について
LINK Category:植民地 - Wikipedia
LINK ヘレロ・ナマクア虐殺 - Wikipedia in 旧ドイツ領南西アフリカ(現・ナミビア)
LINK YouTube ≫ 有本香 イギリスがインドで行った支配の仕方が、あまりにもひどすぎる!
LINK ポカホンタス - Wikipedia (人。ネイティブアメリカン)
 
○ヘブライの館2
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏ユダヤ難民に冷淡だった欧米諸国
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏ナチスとスイスの協力関係 〜スイスの銀行やBIS(国際決済銀行)について
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏上海と満州のユダヤ難民
 このサイトによると、日本は1938年(昭和13年)12月6日の五相会議近衛文麿首相・有田八郎外相・板垣征四郎陸相・米内光政海相・池田成彬蔵相兼商工相)で、「人種平等の原則によりユダヤ人を拒否しない」と決定した。この時、陸軍大臣の板垣征四郎は、「日本は八紘一宇の精神である」と言った。

LINK NPO法人 国際留学生協会向学新聞現代日本の源流杉原千畝
LINK NPO法人 国際留学生協会向学新聞現代日本の源流小辻節三
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏公式に否定された絶滅収容所「ダッハウ収容所」
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏「400万人」が「150万人」に訂正された「アウシュヴィッツ記念碑」
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏チフスにかかって病死したアンネ・フランク
 このサイトによると、ユダヤ人(ロマ人・共産主義者など)の収容所においてシラミの媒介するチフスで大量のユダヤ人等が死亡している。DDTのなかったドイツではチクロンBという消毒薬を用いて消毒していたが、ガス室を使って大勢のユダヤ人等を一度に消毒することも行われていた。このことから、「ガス室大量殺人」を否定する主張があるという。ただしこれは、ユダヤ人殺害がなかったという主張ではない。
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏『ホロコースト産業』について
 このサイトによると、ノーマン・フィンケルシュタイン『ホロコースト産業』という本で、アメリカのユダヤ人エリートたちは「ホロコーストを商売にしている!」として痛烈に批判した。
 ホロコースト産業が発生したのは1967年の第三次中東戦争の直後で、『イスラエルを滅ぼしてはならないという恐怖心』からではなく、むしろアメリカの戦略上の都合(アメリカとイスラエルの軍事同盟化を正当化するため)からであるとみる。
「ホロコースト産業がホロコースト犠牲者の数字を膨らませたがる理由は明白だ。生存するホロコースト生還者が多ければ多いほど、上限のあるドイツの和解金の分け前が大きくなるのである。」
 アメリカの首都ワシントンに政府運営のホロコースト博物館があり、米国内に7つの大きなホロコースト博物館がある。年に一度のホロコースト記念日には50州それぞれの主催する記念式典が、多くは州議会の議事堂で行なわれる。ホロコースト組織協会(AHO)には、米国で100以上のホロコースト機関が名を連ねている。
 ナチスによって迫害されたのは、ユダヤ人のほかにジプシー(ロマ民族)・共産主義者・障害者も多いのだが、彼らは全く無視されている。
LINK YouTube ≫ Jewish girl cries to criticise Dr. Norman Finkelstein.flv (英語)
LINK 優生学 - Wikipedia の「アメリカの優生政策」の項
LINK 排日移民法 - Wikipedia
LINK PRmob米国ホロコースト記念博物館についての事実
LINK United States Holocaust Memorial Museum 米国ホロコースト記念博物館(英語)
LINK YouTube ≫ Museum 20th Anniversary Boca Tour Stop Highlights (英語)
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室大東亜戦争の舞台裏「日露戦争」と「日米対立」と「日中戦争」の舞台裏  必見
  〜日露戦争とユダヤの金融資本との観点から、日米の対立を分析しています。
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室大東亜戦争の舞台裏「原爆ホロコースト」の実態
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ナチスの亡霊ベラスコの告白
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ホロコーストの舞台裏日本に圧力をかけるシオニスト組織「SWC」
 
○ユダヤ人について
・広瀬隆著「赤い楯 ロスチャイルドの謎T〜W」集英社文庫、1996年
LINK Category:ユダヤ人 - Wikipedia
LINK Category:ユダヤ人機関 - Wikipedia
LINK Category:ロスチャイルド家 - Wikipedia
LINK ユダヤ人 - Wikipedia
LINK ユダヤ教 - Wikipedia
LINK イスラエル - Wikipedia
LINK シオニズム - Wikipedia
LINK バルフォア宣言 - Wikipedia
LINK ユダヤ系アメリカ人 - Wikipedia
LINK リトアニア・ポーランド・ロシア・ユダヤ人労働者総同盟 - Wikipedia
LINK ベタ・イスラエル - Wikipedia 〜エチオピアに住むユダヤ人
LINK セファルディム - Wikipedia 〜ユダヤ系のディアスポラのうち南欧諸国(スペイン・ポルトガル・イタリア、トルコなど)に定住した人々。
LINK アシュケナジム - Wikipedia 〜ユダヤ系のディアスポラのうちドイツ語圏東欧諸国などに定住した人々。
LINK ハザール - Wikipedia の「「アシュケナジム・ハザール起源説」について」の項 〜ハザールは、7世紀から10世紀にかけて存在した国家で、ユダヤ教も信仰されていた。
 
○ユダヤ人迫害について
LINK ホロコースト - Wikipedia
LINK ポグロム - Wikipedia  〜ロシア語
LINK 反ユダヤ主義 - Wikipedia
・ヴィクトール・E・フランクル著「夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録」霜山徳爾訳、みすず書房、1961年(注:2002年に、池田香代子訳の新版が出ています。)
・アンネ・フランク著「アンネの日記」
LINK 鳥飼行博研究室(東海大学)アジア太平洋戦争・第二次大戦リンク集ホロコースト:ユダヤ人絶滅・アウシュビッツ強制収容所
LINK 鳥飼行博研究室(東海大学)アジア太平洋戦争・第二次大戦リンク集アウシュビッツ強制収容所の奴隷労働:Auschwitz ブナ・モノビッツ
LINK 鳥飼行博研究室(東海大学)アジア太平洋戦争・第二次大戦リンク集マウトハウゼン強制収容所 Mauthausen:親衛隊と奴隷労働者
LINK YouTube ≫ アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所 / Auschwitz Birkenau [4K] by KAZUYA
LINK YouTube ≫ 【Front Japan 桜】歴史におけるユダヤ問題 / 欧州から考えるユダヤ人問題 第三回 / 9.11テロと格差問題〜映画『ナインイレヴン 運命を分けた日』[桜H29/8/28]
 
○ホロコーストに関する疑問
LINK ホロコースト否認 - Wikipedia
LINK マルコポーロ事件 - Wikipedia
LINK サイモン・ウィーゼンタール・センター - Wikipedia
LINK 三鷹板吉のホームページ本 棚66Q&Aもくじ
LINK 対抗言論のページ発言録特別編 -- 木村愛二氏とのガス室論争
・西尾幹二、川口マーン恵美 著「膨張するドイツの衝撃」ビジネス社、2015年
 この本の61ページから引用します。川口マーン恵美さんの発言です。なお、引用文中の赤字は、当サイト管理人が施したものです。
(前略)(注:この部分では、韓国と日本について語られています。)
 ポーランドの場合はかなり違います。実際ドイツ人に親や親戚を殺された人が大勢いますから、国民のあいだにはドイツに対する不信感や憎しみがあります。一方、じつはこれは封印されていることですが、戦後、ポーランド領となった地域に残されたドイツ人たちも、強制収容所に入れられて、拷問されたり、殺されたりと、それはひどいことをされたという事実があるのです。子供も女性も、ただドイツ人だという理由で虐待されて、殺された。看守にユダヤ人を持ってきたというのですからすさまじかった。
 しかし、それについてドイツ人はいっさいなにも言わないし、ポーランドは、ドイツが知っていながら何も言わないことを知っている。これは怖い話です。だからこそ、ポーランド政府が「自分たちは犠牲者だ、賠償せよ」と、あからさまにいうことは絶対にありません。といっても、なにも要求しないわけではなく、国民の対独感情やドイツ人の罪の意識を上手に利用してドイツとの外交を進めています。そのあたりがすごいです。政治家の外交交渉で両国を比較すると文化の違いというより、外交能力の違いを感じます。
(後略) 』
 
○捕虜の取り扱い
世界史年表51945年 日本人捕虜のシベリア抑留(注:リンクのみ)
・パウル・カレル、ギュンター・ベデカー 著 「捕虜 誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路」畔上司 訳、学研M文庫、2007年
 
○日本(日本軍)悪玉史観に関する疑問
LINK 歴史修正主義 - Wikipedia
LINK 陸軍悪玉論 - Wikipedia
LINK カイカイ反応通信韓国人「西洋のアジア人男子に対するイメージ低下に貢献した日本」
LINK カイカイ反応通信韓国人「日本が配布した毒ガスポスターを見てみよう」
世界史年表51938年 日本政府がユダヤ人を差別しないことを決定
世界史年表51943年 東京で大東亜会議
 
○共産主義・社会主義
LINK 第一インターナショナル - Wikipedia
LINK 第二インターナショナル - Wikipedia
LINK コミンテルン - Wikipedia
LINK 社会主義インターナショナル - Wikipedia
 
○コミンテルン
・三田村武夫 著「大東亜戦争とスターリンの謀略」自由選書、1987年 (注:原著は1950年「戦争と共産主義」。GHQによって発売禁止になったらしい。)
LINK コミンテルン - Wikipedia
・ジェーン・デグラス 著・編「コミンテルン・ドキュメント T 1919-1922」荒畑寒村・大倉旭・救仁郷繁 訳、現代思潮社、1969年
・ジェーン・デグラス 著・編「コミンテルン・ドキュメント U」荒畑寒村 訳、現代思潮社、1970年
・ジェーン・デグラス 著・編「コミンテルン・ドキュメント V 1929-1943」対馬忠行・雪山慶正・石井桂 訳、現代思潮社、1972年
LINK ゾルゲ事件 - Wikipedia 〜戦前日本での工作活動
LINK リヒャルト・ゾルゲ - Wikipedia (人)
LINK 尾崎秀実 - Wikipedia (人。おざき ほつみ)
LINK 西安事件 - Wikipedia の「日本への影響」の項に、次の記述がある。引用文中の太字は、当サイト管理人による。
『当時朝日新聞社の記者でソビエト連邦のスパイであった尾崎秀実は、スターリンが蒋介石の暗殺を望んでいないという情報を元に蒋介石の生存や抗日統一民族戦線の結成など事件の顛末を正確に予測。対支分析家として近衛文麿の目に止まり近衛の私的機関昭和研究会へ参加することとなる。以後日本の中枢情報がゾルゲ諜報団を通じてソ連に筒抜けになる。』
・リヒアルト・ゾルゲ 著「リヒアルト・ゾルゲ獄中手記」岩波現代文庫、2003年
LINK ベノナ - Wikipedia 〜VENONA、Venona project、ヴェノナ、ベノナファイル
LINK YouTube ≫ 【6月28日配信】特別番組「近衛上奏文を語る」国際政治学者藤井厳喜 倉山満【チャンネルくらら】 重要
・山口富永 著「告発 コミンテルンの戦争責任 近衛上奏文と皇道派」国民新聞社、2010年
 
○スパイ工作・洗脳工作
LINK スパイ - Wikipedia の「著名なスパイ」の項
LINK 情報機関の一覧 - Wikipedia
日本(戦前)
LINK 明石元二郎 - Wikipedia
LINK 陸軍中野学校 - Wikipedia
LINK ニコニコ動画 ≫ 私は日本のスパイだった〜秘密諜報員ベラスコ〜 1 同 2 同 3 同 4 〜NHKで1982年(昭和57年)9月20日に放送されたらしい。
・アンヘル・アルカサール・デ・ベラスコ(ユダヤ系スペイン人)
LINK 東機関 - Wikipedia(とう きかん。「盗」から「東」に変更したらしい。)
LINK 須磨弥吉郎 - Wikipedia(当時は、駐スペイン公使)
・三浦文夫(当時は、駐スペイン公使館の一等書記官)
LINK ヘブライの館2 THE HEXAGONWAR研究室ナチスの亡霊ベラスコの告白
中国共産党(終戦直後)
LINK YouTube ≫ 認罪〜中国撫順戦犯管理所の6年〜 1/11 同 2/11 同 3/11 同 4/11 同 5/11 同 6/11 同 7/11 同 8/11 同 9/11 同 10/11 同 11/11 重要
ソ連(戦後)
LINK ソ連国家保安委員会 - Wikipedia KGB
LINK ミトロヒン文書 - Wikipedia
LINK レフチェンコ事件 - Wikipedia 〜戦後日本での工作活動
LINK 産経ニュース【野口裕之の軍事情勢】ロシアがソ連から引き継いだ毒殺史 日本の元外務省調査員や首相の長男にも魔手が(2016年2月8日付の記事)
アメリカ(戦後)
LINK 中央情報局 - Wikipedia CIA
私の思うところアメリカの覇権に関するリンク集 の「■資源国への支配■」の項
イギリス(戦後)
LINK 秘密情報部 - Wikipedia MI6(国外を担当)
LINK 保安局 (イギリス) - Wikipedia MI5(国内治安維持が目的)
中国共産党(戦後)
世界史年表51937年 日本軍が南京を占領 の「【中国側のねつ造と宣伝工作(プロパガンダ)】」の項
・鳴霞・千代田情報研究会 著「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」飛鳥新社、2013年
・石平著「私は「毛主席の小戦士」だった」飛鳥新社、2006年
 
○日本人のルーツについて
LINK YouTube ≫ Origins of Japanese 1.Ydna:C1,D2 −日本人はどこから来た?
LINK YouTube ≫ Origins of Japanese 2.Ydna:N −日本人はどこから来た?
LINK YouTube ≫ Origins of Japanese 3.Ydna:O2b,O2a,O1 −日本人はどこから来た?
LINK YouTube ≫ 【長浜浩明】韓国人は何処から来たか[桜H26/4/15]
 
○高森明勅
LINK 高森明勅 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 「三種の神器」を実際に見た話
LINK YouTube ≫ 高森明勅/纏向遺跡と伊勢、出雲
LINK YouTube ≫ 高森明勅/古事記と魏志倭人伝
LINK YouTube ≫ 高森明勅/古事記「幻の最古の写本」事件
LINK YouTube ≫ 高森明勅/古代の民衆は天皇を知っていた
LINK YouTube ≫ 高森明勅/敬語は何故あるか
LINK YouTube ≫ 高森明勅/日本人は大東亜戦争の開戦をどう迎えたか
LINK YouTube ≫ 【5月30日配信】特別番組 典憲体制を語る! 高森明勅 倉山満【チャンネルくらら】 重要
LINK YouTube ≫ 【6月30日配信】討論暴論強硬論平成27年6月号「日本の元号を語ろう!」 高森明勅 宮脇淳子 倉山満【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【8月14日配信】特別番組!靖国神社を語る 高森明勅 倉山満【チャンネルくらら】 重要
LINK YouTube ≫ 【10月25日配信】 特番「象徴天皇と皇室典範」神道学者高森明勅・国際法学者小野義典・憲政史家倉山満【チャンネルくらら】
 
○福澤諭吉(1835-1901)
LINK 福澤諭吉 - Wikipedia
LINK 脱亜論 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 「脱亜論」 - Good-bye Asia [Eng Sub]
LINK 芋太郎の広場資料室 Siryou脱亜論isa訳 脱亜論
 
○石原莞爾(1889-1949)
LINK 石原莞爾 - Wikipedia
LINK 世界最終戦論 - Wikipedia
LINK 青空文庫石原 莞爾図書カード:No.1154「最終戦争論」 〜長文ですが、一読をお勧めします。実に奥深い論です。
 1940年(昭和15年)5月29日に行われた講演の内容がベースになっているらしい。1940年というのは、日中開戦(1937年)の後、ドイツのポーランド侵攻(1939年)の後、日米開戦(1941年)の前である。実にスケールの大きな論理展開で敬服するとともに、この論旨のほとんどが現在においても当てはまることに気づかされます。
 石原莞爾は、歴史における文明の大きなうねりを達観した上で、最後に最終戦争が行われて「世界統一の指導原理の確立」と「全人類の永遠の平和」が実現すると予測している。その担い手はおそらく日本の主導する東亜であろうと記述しているのであるが、残念ながら日本は敗れ、アメリカが世界の覇者となった。しかし、いまだに「世界統一の指導原理の確立」と「全人類の永遠の平和」は実現していない。アメリカの自己中心的な正義観では、イスラム教徒や中国などを心腹させることができないようにみえます。
 これからもう一度「最終戦争」が行われるのか、それとも軍事力によらずに、政治の力や世界経済の一体化などによって平和裏に「世界統一の指導原理」が確立されるのか、当サイト管理人には解りかねますが、キーワードは「道義」だろうと思います。世界中の人々が受け入れることのできる道義感(思想・哲学・倫理観)がなければ、「世界統一の指導原理」とはなれないでしょう。現在の日本の価値観は、この世界標準となるべき道義感に最も近いのではないかと当サイト管理人は考えています。ただし、日本が他者に押しつけてはいけません。良いと認められれば、おのずから真似られるでしょう。また、日本独自の要素(特に神道)をはずして、世界共通の価値観となる必要があると思います。まず世界中が完全に政教分離を行ったうえで宗教の自由を認め、汎神論(アニミズム)を基本原理としてこの多数の神々のなかにユダヤ教・キリスト教・イスラム教・仏教・ヒンズー教・日本神道の神々などを全て包み込んでしまう形にもっていくことがどうしても必要になるだろうと、当サイト管理人は考えています。
 なお、この石原莞爾の文章のなかから、当サイト管理人の心に響いた記述を、いくつか書き出しておきます。
『明治維新後、民族国家を完成しようとして、他民族を軽視する傾向を強めたことは否定できません。台湾、朝鮮、満州、支那に於て遺憾ながら他民族の心をつかみ得なかった最大原因は、ここにあることを深く反省するのが事変処理、昭和維新、東亜連盟結成の基礎条件であります。』(第三章から)
『(前略)しかし断わって置かなければならないのは、こういう時代の大きな意義を一日でも早く達観し得る聡明な民族、聡明な国民が結局、世界の優者たるべき本質を持っているということです。その見地から私は、昭和維新の大目的を達成するために、この大きな時代の精神を一日も速やかに全日本国民と全東亜民族に了解させることが、私たちの最も大事な仕事であると確信するものであります。』(第六章から)
『明治維新は日本の維新であったが、昭和維新は正しく東亜の維新であり、昭和十三年十二月二十六日の第七十四回帝国議会開院式の勅語には「東亜ノ新秩序ヲ建設シテ」と仰せられた。更にわれらは数十年後に近迫し来たった最終戦争が、世界の維新即ち八紘一宇への関門突破であると信ずる。』(第六問に対する回答から)
LINK YouTube ≫ 『反面教師ドイツに学べ@【再】』上念司・倉山満 AJER2013.4.6(3) 〜ドイツ人のルーデンドルフと石原莞爾の最終戦論との関係について言及あり。
・高木清寿著「東亜の父 石原莞爾」(たまいらぼ、1985年。これは復刻版で、元本は錦文書院1954年。)から、いくつか引用します。
(注:高木清寿は、報知新聞記者の出身で、その後石原莞爾の側近となり、石原莞爾の構想する東亜連盟の活動などにも参加していたようです。)

 高木清寿著「東亜の父 石原莞爾」(たまいらぼ、1985年)p112-113 から引用太字は当サイト管理人による。
『 軍閥を倒すに自ら軍閥を造らなかった尽忠の石原将軍は、もちろん二・二六事件には関係がなかった。しかるに岩淵辰雄氏の如きはいかにも将軍がこれに関係した軍閥の一人であり、「橋本欣五郎大佐、土肥原賢次大将(当時少将)等と帝国ホテルで、後継内閣を協議した」などと全く事実無根のデマを流布している。将軍も生前これに対して憤慨し、「岩淵が書いたもので事石原に関する限り全部嘘だ」といって居られた。私は岩淵氏の良心を疑うものである。また重光葵氏はその著「昭和の動乱」の中で、将軍が、事件鎮圧に向った将兵に、叛乱を煽動する演説をしたなどと嘘偽を報道している。
共に驚くべき人たちである。立野信之氏著「叛乱」にも同様の誤りを伝えている。さらにまた山口重次氏著の「悲劇の将軍石原莞爾」の中に、満州事変当時、関東軍に在って、参謀本部の橋本欣五郎大佐らの桜会をおどらしたとの記事は、全く事実無根、将軍を誤るもはなはだしいものである。 』

 高木清寿著「東亜の父 石原莞爾」(たまいらぼ、1985年)p116 から引用
『 日華事変は、事変勃発当初に、「中国の抗戦意志がつよければ予測をゆるさぬ長期持久戦争となる。半年から一ヵ年後には戦線は中国全土におよび、数年後には日本は世界戦争をまき起してかならず日本の命とりになる。」と石原将軍がその見透しを予告した通りの持久戦争であった。
 持久戦争は政治(政略)価値が第一義であり、戦略は第二義以下になる。それにもかかわらず、軍首脳部を占めていた軍閥が正しく軍事学を把握していなかったこと、および政治家が軍事学の知識に欠けていたために、軍閥に強引に武力第一主義で押し通され、政略が圧倒されてついに軍閥独裁政治にまで堕落して敗戦にいたった戦例である。
 持久戦争には、戦争目的の確立と、攻勢の終末点をどこにおくか、この二つが大切な問題である。
 しかしここで石原将軍がなにゆえに最後まで日華事変に反対し、また大平洋戦争にも反対阻止したのか、その言論行動を知ることは、将軍の戦争観を理解し、日本敗戦の根本原因を知るために、必要不可欠なことである。 』

 高木清寿著「東亜の父 石原莞爾」(たまいらぼ、1985年)p120 から引用
『「ところがその後日本は、『満州は我々日本の生命線である。』とスローガンばかり叫んでいた。支那事変が始まるまでの六年間の、満州における日本の兵備増強は、遺憾ながらきわめて微々たるものであった。これに反してソ連は、極東兵備を黙々として、音無しの構えで、一つの宣伝もなくやったのだ。そしてその極東兵備充実に伴い漸次その態度を硬化して、昭和八年すでにスターリンは、
『ソ連は外国の寸土をも必要としないが、わが国土は断じて守る』
 旨を強調し、昭和十年には極東における日本とソ連の戦争力はたいへんな差を生じていた。
 その後の二年間でソ連はさらにひそかに猛烈な兵備を増強し、空軍・機械化部隊の大拡張、海軍の再建を行い、ウォロシロフ国防相が、
『一旦緩急あれば断じて敵国土内において、その攻略企図を粉砕すべし』
 と豪語するに至ったのだ。
 昭和十二年の夏には北満における彼我の兵備の差は、甚だしくなって、外国人の書いたものによると、その比が一対五、一対十といっている。これが世界の常識となっていた。
 私は昭和十年八月参謀本部作戦課長を拝命して、日ソ兵備の主客地位を顚倒しているこの状態を知って実に驚いた。これが支那事変で蒋介石氏が徹底的抵抗を決心した最大原因であると私は睨んでいる。」(石原将軍談) 』(注:太字部分は引用元では傍点となっている。)

 高木清寿著「東亜の父 石原莞爾」(たまいらぼ、1985年)p182-183 から引用
『(前略)ある時、中野正剛氏が私にこんな話をした。
 「今日汽車の中で橋欣(橋本欣五郎大佐)に会ったよ。彼は淡泊な男だから実におもしろいことをいっていた。俺は彼に、
 『君は陸軍大学の優等生で恩賜の軍刀を頂いた一人だと聞いているが、石原閣下も軍刀組だそうだね。私は陸軍の軍人をあまり知らないがみな同じように大将中将の肩章をつけてしまうと、どの人がどれだけ偉いんだか判らない。そこで素直にきくが同じ軍刀組でも、石原閣下と比較して君は一体どうなんだね。』とたずねて見た。彼は、
 『君、冗談ではないぞ、石原閣下とこの俺を比較するなんて、それはお月様とすっぽんの差がある。第一いまの陸軍の中に石原閣下の足下に追いつける者なぞ一人もいない。板垣閣下(征四郎大将)だって誰にしたって、石原閣下の数十段下の人さ。同じ軍刀組だって一(ピン)から十(キリ)まである。石原という人は日本陸大はじめて以来の傑物なんだ。それと比較されては困るよ。』
といっていた。軍人というものは嫉妬心が強くてなかなか他人をほめないものだが、橋欣は石原閣下をほめていた。橋欣も淡泊でいい男だね。」
 と語ったが、陸軍部内で将軍の価値を知る者にとっては、誰れしも将軍が現役を去ることを惜しまない者はなかった。(後略)』
・石原莞爾生誕百年祭実行委員会編「永久平和への道 いま、なぜ石原莞爾か」(原書房、1988年)から、引用します。
 石原莞爾生誕百年祭実行委員会編「永久平和への道 いま、なぜ石原莞爾か」(原書房、1988年)に収められだ寧柱著「9 石原莞爾の人と思想」p227 から引用。(注:゙寧柱は、石原莞爾の支持者だったようです。)
『 東條と右翼の迫害がはじまった。内なる燻(くすぶ)りが表面化したのである。主に、石原への迫害であった。
 東條の反感を買ったのは、マインカンプと戦陣訓である。ヒットラーの華々しい進撃を藉(か)りて、大陸進攻に国民を焚きつけている矢先、マインカンプに水をさすのは自分への反撃である。ましてや、戦陣訓の理非を論じられては別して、自分の命とりである。
 かれは石原の去就をはかり、憲兵を放って動向をさぐった。いちいち言葉をチェックして揚足とりに熱中した。
 右翼とりわけ極右は、石原をあしざまに罵倒した。平和主義・反戦論・非国民・アカ・反国体・果ては朝鮮独立で明治大帝に弓ひく国賊だ、と口の限りをつくして罵った。 』
世界史年表51931年 柳条湖事件(満州事変へ)
世界史年表51931年 柳条湖事件(満州事変へ)「満州事変」に関する資料集(1)
世界史年表51931年 柳条湖事件(満州事変へ)「満州事変」に関する資料集(2)
世界史年表51931年 柳条湖事件(満州事変へ)「満州事変」に関する資料集(3)
世界史年表51937年 廬溝橋事件(支那事変へ)
世界史年表51937年 廬溝橋事件(支那事変へ)「支那事変」に関する資料集(1)
世界史年表51937年 廬溝橋事件(支那事変へ)「支那事変」に関する資料集(2) 〜長文ですが、一読をお勧めします。当時の陸軍参謀本部の状況に詳しい。
世界史年表51937年 廬溝橋事件(支那事変へ)「支那事変」に関する資料集(3)
世界史年表51937年 廬溝橋事件(支那事変へ)「支那事変」に関する資料集(4)
 
○中村 粲(なかむら あきら)
LINK 中村粲 - Wikipedia
・中村粲 著「大東亜戦争への道」展転社、1990年
・中村粲・松本健一・江藤淳・総山孝雄・上杉千年 ほか 著「大東亜戦争の総括」展転社、1995年
・中村粲 著「教科書は間違っている―沖縄「集団自決」・シンガポール「虐殺」の真相」日本政策研究センター、2005年
LINK YouTube ≫ 歴史観セミナー「大東亜戦争とは何だったのか」01 〜 同11 (再生リスト) 必見
LINK YouTube ≫ 歴史観セミナー「反日教科書と偏向マスコミを斬る」01 〜 同11 (再生リスト) 必見
 〜南京事件、ねつ造写真、731部隊、慰安婦問題、朝鮮人の面長(村長)が行った強制連行、NHKと朝日新聞の偏向報道など。
 
○江藤淳
・江藤淳 著「閉ざされた言語空間−占領軍の検閲と戦後日本」文春文庫、1994年
・江藤淳 著「忘れたことと忘れさせられたこと」文春文庫、1996年
・江藤淳 著「一九四九年憲法−その拘束」文春文庫、1995年
LINK 国際派日本人養成講座(既刊閲覧、ガイド、索引)Media Watch: 忘れさせられた事(江藤淳氏追悼号)
 
○西尾幹二
LINK 西尾幹二 - Wikipedia
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封」徳間書店、2008年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封2」徳間書店、2008年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封3」徳間書店、2009年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封4 「国体」論と現代」徳間書店、2010年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封5 ハワイ、満州、支那の排日」徳間書店、2011年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封6 日米開戦前夜」徳間書店、2011年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封7 戦前の日本人が見抜いた中国の本質」徳間書店、2012年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封8 日米百年戦争」徳間書店、2013年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封9 アメリカからの「宣戦布告」」徳間書店、2014年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封10 地球侵略の主役イギリス」徳間書店、2014年
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封11 維新の源流としての水戸学」徳間書店、2015年
  注:GHQ焚書図書開封のシリーズは、文庫版(徳間文庫カレッジ)が出ているようです。
・西尾幹二・青木直人 著「第二次尖閣戦争」祥伝社新書、2012年
・西尾幹二著「決定版 国民の歴史 上・下」文春文庫、2009年 〜「日本から見た世界史」を描くべきだとして、様々な切り口を提示している。
 この本の「上巻付論」の章で、日本本来の規範・原理について考察し、次の記述がある。
「自他の区別を明確にして、自分の拠って立つ原理を世界に訴えかけるなどということは、日本人には夢にも考えられない。それでいて外来のものを終始意識しているということは、逆に言えば自己本来のものが先に存在しているということに気づいているためではないでしょうか。さりとて、それをはっきりはさせない。」(上巻p479-480)。
「規範がない、原理がないというこのことは、日本民族の場合、必ずしも弱点ではないのではないかということを私は言いたいのです。」(上巻p486)。

当サイト管理人の意見: 西尾幹二氏は日本本来の規範・原理という点を強調しているのですが、それが何であるかを掴みかねているように私には見えます(注:失礼で、申し訳ない。)。当サイト管理人の意見は次のとおり。
 日本民族の拠って立つところの根本は、古代(神代)から現代にまで続く民族の歴史と、日本民族全体が親戚であるかのような意識にあると思う。これは、「神道」「国体(天皇)」「古事記」「日本書紀」などに良く現れている。日本民族の自信と誇りがここにある。そのために命を捧げた英雄が、日本の歴史のなかに多くいる。そして、終戦時に日本政府が「国体護持」を最後まで要求し続けたことの、意味するところは実に重たい。
 したがって、これは、全くもって「規範」や「原理」というようなものとは異なる。「規範」や「原理」ではないから、これを外国人に対して論理的に説明することは難しい。日本民族の誇りであるから、これを他民族に理解しろというのも難しい。そしてまた、原理主義的でないがゆえに、何でも良いものを取り入れることができる。何が良いかは自分で考えなさいというのが、原理主義的ではない神道の本質だと思う。 )
・西尾幹二著「日本人はアメリカを許していない」ワック(WAC)、2007年 〜「沈黙する歴史」(徳間書店、1998年)の改題・改訂版
 この本のなかで、次の書籍なども紹介されている。
・江藤淳著「閉された言語空間」文藝春秋
・高橋史朗著「検証戦後教育」広池学園出版部
・サミュエル・ハンチントン著「文明の衝突」
・ヘレン・ミアーズ著「アメリカの鏡・日本」
・石坂洋次郎著「青い山脈」1947年に朝日新聞で連載された小説
・アメリカ国務省が発表した文書「平和と戦争」1943年 〜注:GHQ史観の出発点か?
・日本の文部省著作「新しい憲法の話」1947年
・日本の文部省著作教科書「民主主義」1948年
・西尾幹二著「日本人は何に躓いていたのか」青春出版社、2004年 〜当サイト管理人としては、賛同できる部分と賛同できない部分とがあるが、その独特の視点は今日において一層重要性を増していると思います。
・西尾幹二著「歴史を裁く愚かさ」PHP研究所、1997年
LINK 焚書 - Wikipedia の「GHQによる日本での「焚書」」の項
LINK YouTube ≫ 【西尾幹二】日本人が戦った白人の選民思想・前半[桜H25/4/24] 第125回:戦中の日本人は戦後のアメリカの世界政策を知りつくしていた 必見・最重要
LINK YouTube ≫ 【西尾幹二】日本人が戦った白人の選民思想・後半[桜H25/5/8] 第126回:地表の1/3を占めていた覇権国家英米への日本の正当なる反逆 必見・最重要
 上の2つの動画では、「米國の世界侵略」大東亞戦爭調査會編、毎日新聞社、1944年刊(注:GHQが真っ先に焚書した10冊のうちの1つと、西尾幹二氏は述べている。)について紹介している。
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】加藤陽子 半藤一利 北岡伸一 徹底批判1[桜H25/1/16] 必見
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】加藤陽子 半藤一利 北岡伸一 徹底批判2[桜H25/1/30] 必見・重要
 日中共同歴史研究に対する批判の動画で、次の書籍をベースに紹介されています。
 西尾幹二・福地惇・柏原竜一・福井雄三著「自ら歴史を貶める日本人」徳間ポケット(新書)、2012年刊。
 支那事変(日中戦争)について興味深い話が多いのですが、特に、西安事件にイギリスが係わっていた可能性があるとの主張は初耳でした。
 1936年に中国で起きた西安事件(張学良が蒋介石を拉致監禁した事件)については、ソ連の関与があったであろうと一般的にみられていますが、上の動画(15分15秒付近から)で西尾幹二氏はイギリスが関与した可能性のあることを指摘している。その趣旨は以下のとおり。
 1936年から始まったスペイン内戦で、ソ連が人民戦線政府を支援し、独伊が右派の反乱軍を支援した。日本は日独防共協定を結んで反ソ親独の立場を取った。イギリスはまだ態度を明確にしていなかったが、その後の第二次世界大戦においてソ連と連携している。こうした状況のなかで、イギリスはアジアにおいて、背後から西安事件を画策したのかもしれない。中共軍の討伐をしていた張学良は、英米系ユダヤ工作によってコミンテルンと秘密協定を結んだのかもしれない。イギリスはこの危機に乗じて中国の金融経済力を独占しようとしたのだと思う。西安事件以降、蒋介石は反共から第二次国共合作へ方向転換し、イギリスとソ連は中国国民党政府を支援していく。イギリスとソ連が手を組むという第二次世界大戦の構図が、西安事件の怪しげな動きのなかにある。
LINK 北岡伸一 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 再生リスト
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第1回 第1回:占領直後の日本人の平静さの底にあった不服従に彼らは恐怖を感じていた
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第2回 第2回:一兵士の体験した南京陥落
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第3回 第3回:太平洋大海戦は当時としては無謀ではなかった
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第4回 第4回:正面の敵は実はイギリスだった
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第5回 第5回:太平洋上でのフランスの暴虐
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第6回 第6回:オーストラリアは何故元気がない国家なのか
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第7回 第7回:オーストラリアのホロコースト
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第8回 第8回:南太平洋の陣取り合戦
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第9回 第9回:シンガポール陥落までの戦場風景
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第10回 第10回:人権国家フランスの無慈悲なる人権侵害
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第11回 第11回:アメリカ人が語った真珠湾空襲の朝
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第12回 第12回:オランダのインドネシア侵略史@
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第13回 第13回:オランダのインドネシア侵略史A
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第14回 第14回:日本軍仏印進駐の実際の情景
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第15回 第15回:日本軍仏印進駐下の狡猾惰弱なフランス人
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第16回 第16回:『米本土空襲』という本
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第17回 第17回:アジア侵略の一全体像 −前編−  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第18回 第18回:アジア侵略の一全体像 −後編−  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第19回 第19回:仲小路彰の『太平洋戦史』  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第20回 第20回:従軍作家が見たフィリピン戦場最前線
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第21回 第21回:「バターン死の行進」直前の状況証言
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第22回 第22回:大川周明『米英東亜侵略史』を読む ―ロンドン軍縮協定と日本の曲がり角―  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第23回 第23回:『GHQ「焚書」図書開封』の刊行と新事実の発見  必見
 この動画のなかから、重要と思われるポイントをまとめてみました。なお、著書「GHQ焚書図書開封」(第一巻)の第一章も参考にしました。
・General HeadQuarters , Supreme Commander for the Allied Powers
 GHQ(=総司令部) SCAP(=連合国軍最高司令官)
 the Confiscation of the Propaganda Publications (宣伝用刊行物没収)
・焚書の対象は、1928年(昭和3年)1月1日〜1945年(昭和20年)9月2日に出版されたもの(約22万点ある)。
・22万1723点(対象期間中の出版数)→9288点(当初。日本側の協力?)→7769点の没収リストGHQが提示。1948年(昭和23年)6・7月ころ)→文部次官通達→県知事→没収官(現場の教師は含めない。当事者以外には秘密裏に没収する。)
・(注)この7769点のGHQ没収リストは、48回に渡って発出されたGHQ指令(覚書)の合計であるが、これには重複があり、これを除くと約7100点ほどであると、西尾幹二氏が後の動画で述べています。(どの回だったか調査中)
・日本の帝国図書館(現在の国立国会図書館)のリストを使って絞り込みか。
・帝国図書館館長であったオカダさんの回想記「終戦直後図書館界大変動期の回顧」が発見された。これによると、出版物追放に関する調査のための小委員会が設けられ、その主なメンバーは、外務省の田中政治部次長、外務省の矢野事務官、内閣終戦連絡事務局の太田事務官らが担当で、専門委員として東京大学の尾高邦雄助教授、金子武蔵助教授、帝国図書館の岡田温(ならう)館長。小委員会の上にある本委員会は、委員長牧野英一の主宰で、首相官邸内会議室で開かれた。いずれも秘密会議だったらしい。
・GHQ > 民間検閲部隊(CCD) > プレス・映像・放送課(PPB) > 調査課(RS)=没収図書指定リスト作成班(米軍属6人(うち将校2人)。日本人を常時9〜25人雇用。)
・没収行為は、1946年(昭和21年)からスタートし、いつまで続いたかは不明(講和条約のころか?)。
・民間人一般家庭にあるもの、図書館にあるものは除外。
・没収した図書→アメリカのワシントン文書センター→アメリカ議会図書館
・検閲した文書→アメリカのメリーランド大学→プランゲ文庫→国立国会図書館(日本?)がマイクロフィルム化
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第24回 第24回:日本文明と「國體」 皇室と日本精神
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第25回 第25回:戦場が日常であったあの時代
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第26回 第26回:戦場の生死と「銃後」の心
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第27回 第27回:空の少年兵と母
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第28回 第28回:開戦直後に真珠湾のそばをすり抜け帰国した日本商船
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第29回 第29回:中国兵が語った中国戦線
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第30回 第30回:匪賊になって生き延びた中国人逃亡兵
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第31回 第31回:忘れられている日本軍部隊の「人情」
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第32回 第32回:消された名著・菊池寛『大衆明治史』Part1
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第33回 第33回:消された名著・菊池寛『大衆明治史』Part2  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第34回 第34回:『国体の本義』の光と影
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第35回 第35回:歴史に顕れる国体
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第36回 第36回:山田孝雄 国体の本義について
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第37回 第37回:山田孝雄 国体の本義から学ぶもの
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第38回 第38回:山田孝雄 国体の本義を通して見る日本  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第39回 第39回:許し難い心の弱さ  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第40回 第40回:国家主義者 田中智學の空想的一面
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第41回 第41回:白鳥庫吉『國體眞義』を読む  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第42回 第42回:この父母にしてこの子あり −日本の躾−
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第43回 第43回:「国体」論は小説になりうるか
 この動画の52分25秒付近から、「利によらず義によっている人を十人挙げてみよ」と言っている。
 そこで、当サイト管理人が考えるところにより、現代における十人を挙げてみます。
 安倍晋三・稲田朋美・明石康・山中伸弥・水島聡・西尾幹二・高山正之・田母神俊雄・水間政憲・青山繁晴
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第44回 第44回:国体の認識と人間の生き方は別
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第45回 第45回:小説『軍神 杉本中佐』  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第46回 第46回:城山三郎が夕暮れのキャンパスで国体を見た  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第47回 第47回:開戦前の日本の言い分(1)  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第48回 第48回:開戦前の日本の言い分(2)  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第49回 第49回:日本史を特色づける「急変」「漸変」「不変」の相
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第50回 第50回:日本家族國家論  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第51回 第51回:世界史的立場と日本  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第52回 第52回:總力戦の哲学  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第53回 第53回:仲小路彰『太平洋侵略史』を読む(1)
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第54回 第54回:仲小路彰『太平洋侵略史』を読む(2)
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第55回 第55回:仲小路彰『太平洋侵略史』を読む(3) 〜大東亜戦争関係の部分(4分25秒〜10分36秒付近)も興味深い。
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第56回 第56回:仲小路彰『太平洋侵略史』を読む(4)
・仲小路彰 著「太平洋侵略史 1〜6」国書刊行会、2010年(復刻版)
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第57回 第57回:戦争という運命を引き受けた知識人の悲劇(1) 仲小路彰「太平洋侵略史」復刻
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第58回 第58回:戦争という運命を引き受けた知識人の悲劇(2) 仲小路彰の歴史洞察
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第59回 第59回:アメリカ外交の自己欺瞞
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第60回 第60回:黒人私刑の時代とアメリカ政治の闇
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第61回 第61回:アメリカの野望は国民にどう説明されていたか
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第62回 第62回:戦争の原因は対支経済野望だった
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第63回 第63回:アメリカの仮想敵国はドイツではなく日本だった
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第64回 第64回:日本は自己の国際的評判を冷静に知っていた
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第65回 第65回:長與善郎「少年満洲讀本」その一
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第66回 第66回:長與善郎「少年滿洲讀本」その二  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第67回 第67回:長與善郎「少年滿洲讀本」その三
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第68回 第68回:米国のハワイ侵略 第1幕
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第69回 第69回:立ちつくす日本、踏みにじる米国
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第70回 第70回:ハワイ併合に対する日本の抗議  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第71回 第71回:アメリカのハワイ・フィリピン侵略と、満洲への野望  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第72回 第72回:仲小路彰の戦争への哲学  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第73回 第73回:支那と排日の八つの原因
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第74回 第74回:排日の担い手は英米系キリスト教会からロシア共産主義へ  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第75回 第75回:支那の国民性と黄河決壊事件  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第76回 第76回:現実家 長野朗が見た 理想郷・満洲の矛盾  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第77回 第77回:戦争名画をめぐるドラマ  ゲスト:溝口郁夫(近現代史研究者)
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第78回 第78回:歴史を動かしたのは「民族」ではないのか  必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第79回 第79回:支那軍閥の徴税・徴兵・略奪  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第80回 第80回:支那政治の裏を描く本当の歴史  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第81回 第81回:移住と同化、支那人の侵略の仕方  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第82回 第82回:満洲事変前の漢民族の満洲侵略  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第83回 第83回:いかに満人は消去され、蒙古人は放逐され、朝鮮人は搾取されたか  重要・必見
 この動画で紹介されている、フリップから引用します。
『 内田良平の「支那観」
一、平気でウソをつく。
二、平然と恩人を裏切る。
三、歴史事実を故意に改変する。
四、約束を守らない。
五、身内・仲間は大事にするが、「外部」は騙す。
六、敵を分断し、陰謀を常に仕掛ける。
七、自分本位に思考し、自己利益のみを追求する。
八、社会構成が「聖人主義」であり、平等思想を認めない。
九、その地位についたものは地位を利用し私服を肥やす。 』
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第84回 第84回:支那事変 −漢民族が仕掛けてきた民族戦争−  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第85回 第85回:大正年間の支那 民衆の生活様々  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第86回 第86回:今の反日の原点を見る 蒋時代の排日  重要・必見
・長野 朗 著「支那三十年」大和書店、昭和17年
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第87回 第87回:大川周明 大東亜秩序の歴史的根拠1  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第88回 第88回:大川周明 大東亜秩序の歴史的根拠2  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第89回 第89回:大川周明の示す大東亜圏の範囲
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第90回 第90回:大川周明の「東洋」の概念に疑義あり
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】#91 大平洋の覇権と米西戦争[桜H23/12/7]
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】#92 アメリカの脱領土的システム支配[桜H23/12/21]
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第93回 第93回:あるドイツ人の見た支那事変  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第94回 第94回:日本の不運、持てる国米英と弱い国支那  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第95回 第95回:支那の国民性あれこれ1
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第96回 第96回:支那の国民性あれこれ2  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第97回 第97回:アジア開放の象徴・ビルマの独立戦争 ゲスト:溝口郁夫(近現代史研究者)  重要・必見
・野田毅 著、溝口郁夫 編「南京「百人斬り競争」虚構の証明 野田毅獄中記と裁判記録全文公開」朱鳥社、2011年
・溝口郁夫 著「秘録・ビルマ独立と日本人参謀 野田毅陣中日記」国書刊行会、2012年
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第98回 第98回:日米戦争は宗教戦争だった ゲスト:溝口郁夫(近現代史研究者)
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第99回 第99回:ドイツ人が見ていた太平洋の「戦争か平和か」1
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第100回 第100回:ドイツ人が見ていた太平洋の「戦争か平和か」2
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第101回 第101回:「大東亜戦争調査会」叢書1  重要
LINK アメリカ合衆国国務長官 - Wikipedia
LINK ダニエル・ウェブスター - Wikipedia 第19代米国国務長官
LINK ウィリアム・スワード - Wikipedia 第24代米国国務長官
LINK ジョン・ヘイ - Wikipedia 第37代米国国務長官
LINK チャールズ・エヴァンズ・ヒューズ - Wikipedia 第44代米国国務長官
LINK ヘンリー・スティムソン - Wikipedia 第46代米国国務長官
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第102回 第102回:「大東亜戦争調査会」叢書2  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第103回 第103回:「大東亜戦争調査会」叢書3  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第104回 第104回:「大東亜戦争調査会」叢書4  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第105回 第105回:「大東亜戦争調査会」叢書5  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第106回 第106回:「大東亜戦争調査会」叢書6  重要・必見
LINK YouTube ≫ 【西尾幹二】#107 GHQ焚書図書開封、夏の特別講話 [桜H24/7/31]
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第108回 第108回:「大東亜戦争調査会」叢書7  最重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第109回 第109回:「大東亜戦争調査会」叢書8  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第110回 第110回:「大東亜戦争調査会」叢書9  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第111回 第111回:「大東亜戦争調査会」叢書10  重要・必見
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第112回 第112回:満洲事欒とは何か「大東亜戦争調査会」叢書11  重要
LINK YouTube ≫ GHQ焚書図書開封 第113回 第113回:國際聯盟とは何だったのか「大東亜戦争調査会」叢書12  重要
 (注:「GHQ焚書図書開封」は更に継続中。必見です。)
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話「安倍政権の課題」[桜H25/8/14] 第133回:真夏の夜の自由談話「安倍政権の課題」
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話「歴史と政治を峻別せよ」[桜H25/8/28] 第134回:真夏の夜の自由談話「歴史と政治を峻別せよ」
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】西尾幹二全集刊行記念講演会1[桜H26/1/8] 第143回:大東亜戦争の文明論的意義を考える−父祖の視座から
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】西尾幹二全集刊行記念講演会2[桜H26/1/22] 第144回:大東亜戦争の文明論的意義を考える−父祖の視座から
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】西尾幹二全集刊行記念講演会3[桜H26/2/5] 第145回:大東亜戦争の文明論的意義を考える−父祖の視座から
LINK 藤田幽谷 - Wikipedia
LINK 藤田東湖 - Wikipedia
LINK 水戸学 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の歴史放談 その1[桜H26/8/6] 第158回:真夏の夜の歴史放談 その1
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の歴史放談 その2[桜H26/8/20] 第159回:真夏の夜の歴史放談 その2
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」 関野通夫氏と語る1[桜H27/5/6] 第177回:「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」 関野通夫氏と語る1  必見
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」関野通夫氏と語る2[桜H27/5/20] 第178回:「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」 関野通夫氏と語る2  必見
・関野通夫 著「日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦」自由社(自由社ブックレット)、2015年
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話T 〜 ユネスコ歴史遺産登録問題[桜H27/7/15] 第182回:真夏の夜の自由談話T 〜 ユネスコ歴史遺産登録問題
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話U 〜 閉ざされた韓国文化と日本[桜H27/7/29] 第183回:真夏の夜の自由談話U 〜 閉ざされた韓国文化と日本2  重要
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話V 〜 EUの全体が見えないドイツの暴走[桜H27/8/18] 第184回:真夏の夜の自由談話V 〜 EUの全体が見えないドイツの暴走
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話W 〜 ドイツよ、日本の「戦後処理」を見習え[桜H27/8/26] 第185回:真夏の夜の自由談話W 〜 ドイツよ、日本の「戦後処理」を見習え
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話X 〜 安倍総理の70年談話について1[桜H27/9/9] 第186回:真夏の夜の自由談話X 〜 安倍総理の70年談話について1
LINK YouTube ≫ 【GHQ焚書図書開封】真夏の夜の自由談話Y 〜 安倍総理の70年談話について2[桜H27/9/23] 第187回:真夏の夜の自由談話Y 〜 安倍総理の70年談話について2  重要・必見
LINK バナナ・ヒロシの「はーい!バナナです」西尾幹二「GHQ焚書図書開封」を読んでいる 〜個人のブログ
 このブログに書かれている西尾幹二著「GHQ焚書図書開封」の一部抜粋から引用(孫引き)。
『(前略)
 考えてみればGHQによる「検閲」や「焚書」も、何をせよの命令ではなく、なにをするなの禁止の最も徹底した形態であり、思想破壊の極限とでもいうべきものです。ことに「焚書」は何十年か先を見越した、時間とともに効果の出てくる時限爆弾の一つであります。おそらくそのせいでしょうが、皇室、国体、天皇、皇道、神道、日本精神といった文字が表題にある書物は、正確に数えてはいませんが、500点ほどはあり、虱つぶしに廃棄していたことに、占領軍による信仰破壊の先を見抜いた見取図があったように思えてなりません。おそらく日本以外の他の被占領軍に対するアングロサクソンの伝統的な統治手法が踏襲されたのかもしれません。日本がフィリピンや韓国のように簡単にキリスト教に改宗しなかったのは、2000年以上に及ぶ仏教や人道の歴史の深さによるのだと考えるべきです。
 とりわけ戦意形成の17年間の歴史を日本人の前から消して目隠しをかぶせてしまう「焚書」は、魂の深部を壊す悲しい行為でした。しかしそれだけではなく、占領軍が新しい歴史を教え込む前提でもありました。アメリカ産の歴史の見方、すなわち満州事変より後に日本は悪魔の国になり、侵略国になったため、本当は戦争をしたくない平和の使徒アメリカがいやいやながらついに起ち上がって悪魔を打ち負かした、というばかばかしい「お伽噺」を日本国民の頭に覚え込まるのにはどうしても必要な手続きでした。
 やがていつの間にかアメリカが民主主義を与えてくれて日本を再生させたという迷信に、一億国民が完全に支配されてしまうのです。
 いいかえれば、昭和20年(1945年)より後にもひきつづき言葉と謀略による戦争、「戦後の戦争」が続いていたといってよいのです。GHQの民間検閲支隊(CCD)はそのための最前線の舞台であり、6人の調査課(RS)は白兵戦の尖兵の位置にあったといっていいでしょう。面白いことに昭和21年にはやくもGHQ側に不安が生じ、焚書の実行に不首尾の感情があったということは、日本人のなかに秘かな抵抗、占領軍に対する表立たない不服従の意識が働いていたことをも意味しないでしょうか。さりとて全体として日本人は目隠しされて服従することに少しずつ馴れていき、昭和23,24年の頃にはいつの間にかアメリカ万歳になっていくのです。GHQの戦略の勝利か、日本人のいい加減さの屈服か、このあたりは心の奥にある秘密と関わっているので、解明しようとしてもどうしても解明し尽くせない、いちばん分かりにくい、戦後史の謎に属する部分です。
 日本の一般国民には広く不服従の感情があったことは、少年時代の私の記憶にもありますが、アメリカの占領政策に無抵抗で、いちばん脆かったのは、残念ながら指導階級ではなかったかと思います。ことに知識人、学者や言論人といった知的指導階級の弱さは恥ずかしいばかりです。その意味で東京大学文学部をはじめ、牧野栄一のような戦前から一流と目された法律学者の公職追放などへの対米協力は改めて検討され、処断されるべきでしょう。金子武蔵、尾高邦雄が個人として何をしたかは証拠不十分ですが、昭和21年〜22年当時の東京大学文学部には「集団としての罪」があります。
 考えてみると彼らは国民に対する裏切り者ではありませんか。ナチス・ドイツに占領されたフランスのヴィシ―政権の協力者が戦後フランス国民から処断されたと同じ罪を犯し、同じ運命を辿るべき人々のはずなのです。
 それがどういうわけか、日本ではそういう問題意識が生まれぬままに今日に至りました。敗戦国だからでしょうか。フランスも実は戦勝国とはとうてい言えない国家なのです。それはともかく、一国の歴史の抹殺、国民の正当な愛国心の破壊、文明の殲滅という点でナチス・ドイツとアメリカ占領軍がやったことの間には、非文明的行為という一点に関する限り、ほとんどへだたりはありません。
 それに「文部次官通達」によると、都道府県知事に指名された地域のインテリ、教育に関係のある<現場教師以外>の知識人によって没収行為が行われたわけですから、各都道府県庁の資料室の倉庫の奥に昭和23年当時の「宣伝用刊行物没収官」の氏名リストが残っているケースも少なくないでしょう。彼らは何食わぬ顔で各地域の名士になってその後地位を得て活躍していたに違いありません。「宣伝用刊行物没収官」は誰であったかを今突きとめ、その使命を例え時期外れであったにせよ公表すべきです。この種の問題には時効はないのです。日本国民はそういう自責的なケリをきちんとつけないからいつまで経っても主体性ある国民として起ち上がれないのです。 』
LINK 日本における検閲 - Wikipedia の「連合国軍占領下」の項
LINK ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム - Wikipedia GHQによる日本占領管理政策として行われたという政治宣伝(江藤淳氏の主張)
LINK 江藤淳 - Wikipedia
LINK 甲斐弦 - Wikipedia 戦後にGHQの検閲官を務めた日本人。「GHQ検閲官」という本を書いている。
LINK YouTube ≫ 【西尾幹二】河野談話見直し "Reviewing Kono statement" by Kanji Nishio 必見・重要
 2013年(平成25年)4月4日に、日本外国特派員協会で行われた講演。西尾幹二さんが、従軍慰安婦問題に真正面から反撃しています。
LINK 西尾幹二のインターネット日録歴史認識と安倍総理(2013年7月4日付)
LINK 西尾幹二のインターネット日録無能なオバマはウクライナで躓き、日中韓でも躓く(四)(2014年7月7日付)
LINK 西尾幹二のインターネット日録『天皇と原爆』の書評(2014年8月21日付)
LINK 西尾幹二のインターネット日録朝日新聞的なるもの(2014年10月20日付)
LINK YouTube ≫ 西尾幹二全集刊行記念講演「戦争史観の転換」(前半) 同(後半)
LINK YouTube ≫ 西尾幹二全集刊行記念講演「ニーチェの言葉「神は死せり」」(前半) 同(後半)
LINK YouTube ≫ 西尾幹二全集刊行記念講演「スペイン、オランダ、イギリス、フランス、ロシアは地球をどのように寇掠したか」(前半) 同(後半)
LINK YouTube ≫ 西尾幹二、中国滅多切り 2008年6月7日付のアップ
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】西尾幹二氏に聞く[桜H26/1/3]
LINK YouTube ≫ 正論を聞く集い【水島総】質疑応答 D/D GHQ没収本のデジタル復刻を!
LINK YouTube ≫ 西尾幹二の世界 第一回 /西村幸祐放送局
LINK YouTube ≫ 西尾幹二の世界 第二回 /西村幸祐放送局 重要
LINK YouTube ≫ 西尾幹二の世界 第三回 /西村幸祐放送局
LINK YouTube ≫ 花田編集長の右向け右!【朝日新聞徹底批判】第8弾 日本は世界の誤解と本気で戦え!! 最重要・必見 (リンク切れ)
 西尾幹二氏と花田紀凱氏の対談。慰安婦問題、ドイツ軍の慰安所、戦争と性など。日本以外の国の方が、数段にすさまじいが、完全に隠蔽されているようです。
 なお、下のページで、この対談の後半の内容をまとめてみました。
私の思うところ各国の慰安婦(軍の売春施設) の「■ドイツ■」の項
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】西尾幹二と大いに語る[桜H27/1/2]
LINK YouTube ≫ 西尾幹二「日米戦争とその背後にある西欧500年史―幻となった文明―」第一部 同 第二部 同 第三部 重要
・西尾幹二著「GHQ焚書図書開封9 アメリカからの「宣戦布告」」徳間書店、2014年
・ジェフリー・レコード 著「アメリカはいかにして日本を追い詰めたか」渡辺惣樹 訳、草思社、2013年
・山内進著「文明は暴力を超えられるか」筑摩書房、2012年
LINK 産経ニュース【正論】中国の金融野心と参加国の策略 評論家・西尾幹二(2015年4月16日付の記事)
LINK YouTube ≫ 【年忘れ特別対談】西尾幹二氏に聞く、西洋の野蛮[桜H27/12/29]
LINK 西尾幹二のインターネット日録晩春のひととき(2016年4月27日付) 「GHQ焚書図書開封」のTV放映を終了
LINK 産経ニュース【正論】トランプ外交も本質変わらず…米国への「依頼心」こそ最大の敵 評論家・西尾幹二(2016年6月10日付の記事)
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!特別版】西尾幹二氏と語る、世界と日本の現在(いま)[桜H28/6/25]
LINK 西尾幹二のインターネット日録青葉を観ながら考えさせられたこと(2016年6月28日付) ゲストエッセイ 坦々塾会員 伊藤悠可 鋏をもって煙を切るやうなもの
LINK YouTube ≫ 【討論】シリーズ「日本の敵」:GHQ焚書図書とは何だったのか?[桜H28/10/22] 重要・必見
 
○水間政憲
LINK 水間条項(初代)−国益最前線国益スクープ 〜水間政憲氏が、著作記事などを公開しているようです。
LINK 【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】 〜水間政憲氏のブログ
・水間政憲著「ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実」PHP研究所、2012年
・水間政憲著「ひと目でわかる 「日韓併合」時代の真実」PHP研究所、2013年
・水間政憲著「ひと目でわかる 「日中戦争」時代の武士道精神」PHP研究所、2013年
・水間政憲著「ひと目でわかる 「アジア解放」時代の日本精神」PHP研究所、2013年
・水間政憲著「ひと目でわかる「戦前日本」の真実 1936-1945」PHP研究所、2013年
・水間政憲著「ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実 1923-1935」PHP研究所、2014年
・水間政憲著「ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実」PHP研究所、2014年
・水間政憲著「ひと目でわかる「日の丸で歓迎されていた」日本軍」PHP研究所、2015年
・水間政憲著「ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実」PHP研究所、2015年
・水間政憲著「朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった」徳間書店、2010年
LINK amazon.co.jpひと目でわかる「日韓併合」時代の真実 [単行本(ソフトカバー)] 水間 政憲 (著)
LINK YouTube ≫ ひとめでわかる「日韓併合時代の真実」 VOL.1
LINK YouTube ≫ ひとめでわかる「日韓併合時代の真実」VOL.2
LINK YouTube ≫ ひとめでわかる「日韓併合時代の真実」3
LINK YouTube ≫ 【水間政憲】「日韓併合」時代の真実[桜H25/2/4]
LINK YouTube ≫ 【第8回】中国人が「中国兵がいなくなってよかった」と喜んでいる写真
LINK YouTube ≫ 第14回 南京大虐殺について朝日新聞では話題にもなった事がなかった
 この動画(2分00秒付近から)の水間政憲氏の発言によると、松井石根は孫文とも交流があり、蒋介石が日本へ留学した際には下宿の保証人になったという。
LINK YouTube ≫ 第15回 アリソン殴打事件・真相箱・東京裁判提出証拠の真実
LINK amazon.co.jpGHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫) [文庫] 櫻井 よしこ (著)
LINK YouTube ≫ 第16回 「従軍慰安婦問題」
LINK YouTube ≫ 第17回 日本が統治していた頃の朝鮮 1992年の朝日新聞一面とは
LINK YouTube ≫ 第18回 従軍慰安婦問題・そして衝撃の「人肉商」
LINK YouTube ≫ 第19回 元凶はGHQプレスコードだ
LINK YouTube ≫ 【最終回】「マスコミを批判できなければ言論人ではない!」
LINK YouTube ≫ 日韓・日中歴史の真実【特別編】竹島問題について
LINK YouTube ≫ 水間政憲「ここに書いてありますけどね」動かぬ証拠連発!
LINK YouTube ≫ さくらじ#73 水間政憲が暴く日韓併合時代の真実
LINK YouTube ≫ 【対談】中山成彬 & 水間政憲 3・8衆議院予算委員会質疑の真意
LINK YouTube ≫ 【番外編】中山先生 予算委員会で時間切れとなった資料
LINK YouTube ≫ マスコミが最も恐れること 4.28 2009年のアップ
LINK YouTube ≫ 【水間政憲】写真で見る「日中戦争」時代の武士道精神[桜H25/5/30]
LINK YouTube ≫ 2/3【討論!】中国の属国化した韓国と慰安婦問題[桜H25/8/3]
 この動画(2/3)の7分12秒付近から、慰安婦問題と日本から韓国への経済支援との関係について。
 この動画(2/3)の11分35秒付近から、終戦直後の日本での米軍による多くの強姦事件とGHQによる隠蔽工作について。
 この動画(2/3)の19分45秒付近から、水間政憲氏の発言によると、昭和28年の国会議事において、@日本の独立(昭和27年4月28日)以降昭和27年12月までの8か月間で、日本での米軍による強姦事件は 1878件で、Aまた、米軍の司令官(仙台など)が知事に命じて売春パスポート(日本の厚生省は禁止)を発行させていたことが問題視されている。
LINK YouTube ≫ 【水間政憲】従軍慰安婦捏造の根源「アメリカ」の真実[桜H25/8/26]
 この動画に、日本占領軍のアメリカ兵による日本人強姦事件などについて、水間政憲 氏の発言がある。
LINK YouTube ≫ 水間論説委員 【韓国】糞尿だらけの川で洗濯していた事実
LINK YouTube ≫ 【古谷経衡】さくらじ#102、ひと目で分かる水間政憲のカウンター・プロパガンダ【saya】
LINK YouTube ≫ 【古谷経衡】さくらじ#120 水間政憲がぶっ壊す「WGIP」と「戦前暗黒史観」【saya】
 この動画(1時間00分29秒付近から)の水間政憲氏の発言によると、GHQによって公職追放された人数は約21万人(うち20万人はG項)で、公職追放されると3親等に及ぶので事前に自主退職した者もおり、これを含めると100万人以上(資料本の著者は200万人くらいとみているらしい)が排除された。
 また、動画のなかで紹介している本は、高桑幸吉 著「マッカーサーの新聞検閲 掲載禁止・削除になった新聞記事」(読売新聞社、1984年)だと思われる。
LINK クリック20世紀GHQ、軍国主義者の公職追放などを指令
 このサイトによると、G項は「その他の軍国主義者・極端な国家主義者」で、さらに、次のような記述もある。
「(前略)G項は定義が不明瞭であり、誰でも追放しようと思えばできる。 三月一日の発表により、この点の明確化がなされた。 それによると、一九三七年から一九四五年八月の期間に政府の政策決定に関与した全閣僚を含むトップレベルのすべての官職が、 特に平和主義的であったと逆証されない限り、該当するとした。」(五百旗頭 真 著「占領期 首相たちの新日本」(読売新聞社、1997年)p188)
LINK YouTube ≫ 歴史問題検証PT第2回勉強会講師:水間政憲氏「慰安婦問題等・歴史認識問題の背景と対策」
LINK YouTube ≫ 【7月14日】そよ風4周年記念講演会1【水間政憲】 同 2 同 3 同 4 同 5
 この動画(4の10分45秒付近から)の水間政憲氏の発言によると、リンドバーグの著書で、南洋諸島での米軍の日本兵に対する残虐行為について、「将軍が是認されていた」と書いているが、水間政憲氏の調査によると、この将軍はマッカーサーであるという。
 また、この動画(5の01分07秒付近から)の水間政憲氏の発言によると、日本の特高警察が(確か)6004人がクビ(公職追放。1945年10月4日。)にされたが、それまでの間、特高警察は米軍の素行調査をしていた。米軍による強姦・輪姦事件を含むこの資料を水間政憲氏が手に入れた。その資料は、国会図書館(マイクロフィルムなので実名入り)と国立公文書館(ペーパーで黒塗り)とにあるという。また、この資料を調べているときに、ゴトウさん(注:SAPIOの記事によると下の本。)が1000人の被害女性から聞き取り調査した内容を1冊のにまとめたものがあることを見つけて手に入れた。この本の内容の一部について、水間政憲氏が次のように紹介している(5の03分32秒付近から)。

『 武蔵野の11歳の小学生の女の子2人(注:「SAPIO」の記事では3人?)の、多摩川というか所沢の方で、強姦されて、何が起きたか分からない、気絶して、それで最後は顔を蹴られてただとかね、あとはね、大森の中村病院といって、今は道路とビルになっちゃってるんですけど、そこにはねトラック4台(注:「SAPIO」の記事ではトラック3台。1946年4月の事件。)で、米軍兵200から300人くらい押し込んで、それで、妊婦だとか、看護婦さんから、まかない婦さんから、そういうのを全部で100人近くみんな強姦されてる。それで一番ひどいのは、生まれて2歳の子供(注:「SAPIO」の記事では、生まれて2日の子供。)、床にたたきつけられてられて殺されてる。 』

 こうした内容を「SAPIO」に書いたが、取材に来たのはAP通信だけで、AP通信の記者は本の著者(ゴトウさん?)が入院していたが存命だったので本人に取材し、その結果を東京発発信してくれた。それ以外の日本のメディア保守言論人も一切触れないという。
(当サイト管理人による注: この「SAPIO」は、2007年4月11日号のようです。下のサイトで、水間政憲氏が、著作記事などを公開しているようです。
LINK 水間条項(初代)−国益最前線国益スクープ慰安婦問題 の「秘史発掘! 封印されていた占領下の米兵「日本人婦女子凌辱事件」ファイル」の項
 このサイトにある、「SAPIO 2007年4月11日号」「秘史発掘! 封印されていた占領下の米兵「日本人婦女子凌辱事件」ファイル」と題する水間政憲氏の記事によると、上の動画で述べている1冊は「進駐軍ノ不法行為」(内務省警保局外事課)で、調査期間は1945年8月30日〜10月4日までのようです。
 また、ここでいうゴトウさんの本は、SAPIOのこの記事によると、五島勉 著「黒い春 <米軍・パンパン・女たちの戦後>」1953年です。なお、当サイト管理人がネットで調べたところ、倒語社から1985年に出ているようですので、こちらは復刻版でしょうか?) )


LINK 清瀬一郎 - Wikipedia
LINK 戸井田三郎 - Wikipedia
LINK 戸井田徹 - Wikipedia
LINK 西尾幹二 - Wikipedia
LINK 藤岡信勝 - Wikipedia
LINK 新しい歴史教科書をつくる会 - Wikipedia
世界史年表5 ≫ 1945年 GHQが日本を占領統治(〜1952)(未作成) ≫ アメリカ兵による犯罪[GHQの日本占領政策]
LINK YouTube ≫ 水間政憲>日韓併合時代の真実 〜中韓の反日と日本の経済援助
(この動画の当サイト管理人的なまとめ)
<初めて金になることを知った>
・1982年、教科書で「侵略」を「進出」に書き換えたとの誤報記事。
 →翌年(1983年)から韓国へ約1,500億円(韓国の国家予算の破綻を救った)。
 →中国にはお金を出していない。代わりに、日本政府の保証で、コウザン製鉄所(上海郊外に新日鉄が作った)のデフォルトを救い、新日鉄が助かった。
<南京問題>
・1982年秋、洞富雄(早稲田大学)著「南京大虐殺 決定版」
・1984年、南京大屠殺記念館が開館
・1984年、南京大虐殺のキャンペーン(「朝日ジャーナル」から始まった)
 →毎年、ODAがじゃんじゃん行くようになった。
<靖国問題>
・1984年?1月4or5日、朝日新聞が、中曽根首相の靖国神社公式参拝、を報道。
・1985年8月15日の中曽根首相の靖国参拝に、文句を言う。
 →(靖国問題・毎年ネタ)
<慰安婦問題>
・1988年、ソウルオリンピック(このころ韓国経済の危機)
・1988年?、慰安婦問題が始まる
 大分県に住む在日朝鮮人が、「朝日ジャーナル」に「慰安婦に謝罪せよ。」の広告(たて1本・15回)を出した。 →「朝日ジャーナル」に飛び火 → 「朝日新聞」の社会面に飛び火
・1991年1月、吉見教授が慰安婦問題の決定的証拠発見したとの記事(実は悪い業者を取り締まれとの命令書)
LINK YouTube ≫ 水間政憲(2)吉田清治のウソ
LINK YouTube ≫ 水間政憲(3)現在はGHQ占領下よりひどい言語空間
LINK YouTube ≫ 水間政憲(4)台本「真相箱」真相はかうだ-NHK洗脳ラジオ放送
LINK YouTube ≫ 水間政憲(5)小林よしのり_説得した
LINK YouTube ≫ 水間政憲(6)橋下徹_GHQ洗脳「真相箱」の手口なり!!
LINK YouTube ≫ 水間政憲7)フェリスはとんでもない韓流お嬢らしい?
LINK YouTube ≫ 水間政憲8)朝日の引っかけ質問から祭りは始まる
LINK YouTube ≫ 水間政憲9)満鉄欲しいハリマンと尖閣欲しいメジャー
LINK YouTube ≫ 水間政憲@【邪教朝日新聞】の日本つぶし
 この動画(3分12秒付近から)の水間政憲氏の発言によると、次のとおり。
 日中国交正常化の1年前(注:1971年に当たる。)、(朝日新聞の)広岡(知男)社長が本多勝一に「中国の旅」の連載をやらせた。ここで「百人斬り」とか戦後初めて南京の問題が出た。朝日新聞が1980年代に南京大虐殺のキャンペーンを始めたきっかけになったのが、本多勝一「南京への道」(朝日ジャーナル・1984年4月13日〜)。この時の編集長が筑紫哲也で、筑紫哲也と本多勝一は朝日新聞の同期入社。
LINK YouTube ≫ 水間政憲A【朝日新聞】とパチンコ仲間達
LINK YouTube ≫ 水間政憲B教科書会社はバタバタしてる
LINK YouTube ≫ 水間政憲C朝鮮半島歳出額の2倍のカネを突っ込んでいた
LINK YouTube ≫ 水間政憲D彼らは【既成秩序の廃止】が最大目標
LINK YouTube ≫ 水間政憲E中川大臣は暗殺されたようだ?
LINK YouTube ≫ 水間政憲F【人権擁護法案】に立ち向かった西川京子議員
LINK YouTube ≫ 水間政憲G密教の目的は【私有化そして家族の廃止】
LINK YouTube ≫ 水間政憲Hワクチン・向精神薬・添加物・遺伝子操作食品
LINK YouTube ≫ 【水間政憲】有名女子中学入試問題に潜む「洗脳教育」の実態[桜H26/3/10]
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】水間政憲、急がれる脱中国と教育再生[桜H26/7/4]
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】水間政憲、大和撫子を蝕む反日教育への反撃を[桜H26/7/11]
LINK YouTube ≫ 【水間政憲】ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実[桜H26/10/23] 必見
LINK YouTube ≫ 【水間政憲】やはり解体しかない!朝日新聞新体制の欺瞞[桜H26/12/8] 〜フィリピンでの戦にも言及あり。
LINK U-1速報震災の混乱に乗じて『中国が借款3兆円を踏み倒して』日本側激怒。実力で回収を図ろうとするも有耶無耶に(2015年2月22日付)
・水間政憲著「ひと目でわかる 「アジア解放」時代の日本精神」PHP研究所、2013年
 水間政憲 著「ひと目でわかる 「アジア解放」時代の日本精神」(PHP研究所、2013年)p18 から引用。なお、引用文中の太字は、当サイト管理人によるものです。
『 一九四一年十一月二十七日、米国は、それまでの日米交渉を一方的に潰す挑発的な「ハル・ノート」を、日本に突きつけてきました。その「ハル・ノート」を評し、当時のグルー駐日米国大使は回顧録で、「このとき、開戦のボタンは押されたのである」と書き残しています。
 米国は、「ハル・ノート」を出した翌日ハワイ以外のフィリピンやグアム島などの前哨基地に対して「ディフェンス・コントロール・T」の指令を発令していました。同指令は「戦争状態に突入した。後は現場指揮官の判断に委ねる」との戦争指令だったのです。』
LINK なでしこアクションJapanese rule of the Korean Peninsula By Masanori Mizuma
LINK YouTube ≫ やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#1前編 重要・必見
LINK YouTube ≫ やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#1後編 重要・必見
LINK YouTube ≫ 《5/10公開》【超拡散希望】やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#10 【情報戦の実践講座C】2006年〜現在 重要
LINK YouTube ≫ 【超拡散希望】「ひと目でわかる『戦前日本』の真実」を著者水間政憲本人が「徹底解説」
LINK YouTube ≫ 《5/17公開》【超拡散希望】やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#11 【情報戦の実践講座D】2006年〜現在 重要
LINK YouTube ≫ 《5/24公開》【超拡散希望】やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#12 〜朝日新聞主張の逆を行ったから日本はここまで来られた〜 重要
LINK YouTube ≫ 【超拡散希望】十五年戦争史観をこの一冊で完全粉砕!「ひと目でわかる『大正・昭和初期』の真実」を著者水間政憲本人が「おもしろ解説」
LINK ニコニコ動画 ≫ 《5/31公開》【超拡散希望】やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#13 百年後の日本の未来の為に〜小樽龍宮神社と麻生太郎現財務大臣〜 重要
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】水間政憲、「眞相箱」の真相はかうだった![桜H27/8/21] 重要
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】水間政憲、日本文化の発信が最強のカウンタープロパガンダになる[桜H27/8/28]
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】水間政憲、女性天皇に繋がる夫婦別姓の危険性[桜H27/12/25]
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】水間政憲、名門校子弟を蝕む「学び舎」の教科書[桜H28/5/6]
 
○高橋史朗
・高橋史朗 著「検証戦後教育 日本人も知らなかった戦後50年の原点」広池学園出版部、2001年
・高橋史朗 著「日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと」致知出版社、2014年
・高橋史朗 著「「日本を解体する」戦争プロパガンダの現在 WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の源流を探る」宝島社、2016年
LINK YouTube ≫ 【高橋史朗】あらためて『GHQ洗脳政策』を考える[桜H27/6/23] 重要
LINK YouTube ≫ 【高橋史朗】ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの源流を暴く![桜H27/8/4] 〜前半は中国による世界記憶遺産登録の動きについて 重要
 
○遠藤 誉
・遠藤 誉 著「卡子(チャーズ) 出口なき大地」読売新聞社、1984年
・遠藤 誉 著「卡子(チャーズ) 中国革命戦をくぐり抜けた日本人少女 上・下」文春文庫、1990年
・遠藤 誉 著「中国動漫新人類」日経BP社、2008年
・遠藤 誉 著「ネット大国中国 言論をめぐる攻防」岩波新書、2011年
・遠藤 誉 著「チャイナ・ギャップ 噛み合わない日中の歯車」朝日新聞出版、2013年
・遠藤 誉 著「完全解読「中国外交戦略」の狙い」WAC BUNKO、2013年
・遠藤 誉 著「中国人が選んだワースト中国人番付」小学館新書、2014年
・遠藤 誉 著「毛沢東 日本軍と共謀した男」新潮新書、2015年
LINK ボロロン速報日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか(2016年6月30日付)
LINK Yahoo!ニュース日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか?(2016年6月23日付の記事)
LINK BBC中文网日本学者:中共与日军共谋对抗国军(2015年12月25日付の記事) (中国語)
LINK 明鏡新聞網明鏡出版《毛澤東勾結日軍的真相》:來自日諜的回憶與檔案 〜ニューヨークにあるMirror Media Group(明鏡出版)から中国語版が出ているらしい。
LINK ニューズウィーク日本版人民が党の真相を知ったら、政府を転覆させるだろう――1979年、胡耀邦元総書記(2016年8月31日付の記事)
LINK ニューズウィーク日本版ワシントンで「毛沢東」国際シンポジウム――日本軍と共謀した事実を追って(2016年9月5日付の記事)
 
○ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上・下」(土屋京子訳、講談社、2005年) 〜一読をお勧めします。
 この本を読むと、毛沢東と中国共産党が発足当初からすでに残虐な体質を持っていて、国共内戦時からすでに、共産党内の権力闘争にあけくれ、占領地域に過酷な恐怖政治を行い、多くの人々を拷問・処刑・殺害等し、その事実を隠蔽し歴史をねつ造している、ことが書かれている。
 ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上」p179 から引用
『 その後、歴史は完全に改竄(かいざん)され、現在では、愛国的で抗日に熱心だったのは国民党よりも中国共産党のほうである、ということになっている。「統一戦線」や「一致対外」を提案したのも、国民党ではなく中国共産党であった、ということになっている。これらはすべて真実の歴史ではない。』
(注:柳条湖事件(満州事変)が勃発したとき、一致抗日を呼びかけたのは蒋介石で、共産党はこれに応じなかった、というのが真実であると書いている。)

 ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上」p237 (孫文夫人の宋慶齢についての注釈部分) から引用。宋慶齢はソ連のスパイだったと書いている。
『★宋慶齢は、蒋介石夫人宋美齢の姉である。宋慶齢の長い生涯を通じて、彼女がソ連のスパイであったという事実は秘されており、今日なおほとんど知られていない。しかし、一九三七年一月二六日に宋慶齢から在モスクワ中国共産党代表団長で宋慶齢のコントローラーだった王明(ワンミン)にあてた秘密書簡が、彼女の役割を疑う余地なく示している。書簡は次のような書き出しで始まっている。「王明同志へ。親愛なる同志、お伝えしなくてはならない事実があります。これによってわたくしの……中国における近い将来の活動が危険にさらされる可能性があるからです……ここにお知らせする事実について考慮いただき、どうすべきか助言をいただければ幸いです……」。書簡に記された内容のひとつは、コミンテルンのアメリカ人スパイ、アグネス・スメドレーに関する苦情だった。宋慶齢は、スメドレーが「外国人シンパを次々と家に連れてくるので、せっかく重要な目的に使われてきたこの家が使えなくなってしまいました……彼女を隔離するようにとのご指示を[中国共産党に]通知しておきました」と書いている。』

 ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上」p301 (張作霖暗殺についての注釈部分) から引用。張作霖暗殺はソ連の仕業だったと書いている。
『★張作霖爆殺は一般的には日本軍が実行したとされているが、ソ連情報機関の資料から最近明らかになったところによると、実際にはスターリンの命令にもとづいてナウム・エイティンゴン(のちにトロツキー暗殺に関与した人物)が計画し、日本軍の仕業に見せかけたものだという。』
LINK ナウム・エイチンゴン - Wikipedia
LINK 張作霖爆殺事件 - Wikipedia の「ソ連特務機関犯行説」の項
LINK 張作霖爆殺事件ソ連特務機関犯行説 - Wikipedia
LINK アパグループApple Town特別対談| ドミトリー・プロホロフ氏 | 1928年の張作霖の爆殺事件はソ連の特務機関の犯行だ 必見
 この対談のなかで、プロホロフ氏は、「サルヌインだけではなく、他のソ連の工作員のエージェントも関東軍に入り込んでいました。これは事実です。」、「日本軍に属していたエージェントが、サルヌインの指令を受けて、爆弾を仕掛けたと考えられます。」などと述べている。
LINK フリストフォル・サルヌイン - Wikipedia
LINK 南京事件−日中戦争 小さな資料集張作霖爆殺事件(2) ―「ソ連犯行説」をめぐって−

 ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上」p309 (賀龍(ホーロン)の率いる紅軍第二方面軍が、湖南・湖北の省境に根拠地を構えていたこと、についての注釈部分) から引用。この根拠地で行われた粛清について書かれている。 
『★この根拠地においても、一九三二年から一九三四年にかけて残虐な粛清がおこなわれた。賀龍自身が、「この一回の粛清だけで、一万人以上が殺害された。現在[一九六一年]、この地には少数の女性同志が生き残っているが、これは、男性が先に殺害されたあと……[粛清者が]女性にとりかかる前に敵が来たからである……」「今日でも、この地域では……大きな穴から次々と人骨が掘り出されている」と回顧している。生存者たちの回想によると、多くの人間が「麻袋(マータイ)に入れられ、大きな石を縛りつけられて、洪(ホン)湖に投げ込まれた。漁師はこの湖で漁をしなくなった。あまりに多くの死体が浮いたからだ。湖の色も変わった」という。 』

世界史年表51937年 廬溝橋事件(支那事変へ)「支那事変」に関する資料集(4) 「マオ」からの引用文
世界史年表51936年 中国で西安事件(第2次国共合作へ。蒋介石とスターリンが提携へ。) 後半に引用文あり
 
○ドミトリー・プロホロフ
LINK YouTube ≫ 【ドミトリー・プロホロフ】張作霖爆殺事件はソ連特務機関の謀略であった[桜H21/12/7]  必見
 
○中国共産党の歴史
・ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上・下」土屋京子訳、講談社、2005年
・石平著「なぜ中国人はこんなに残酷になれるのか」ビジネス社、2012年
LINK YouTube ≫ 九評共産党 【第二評】中国共産党はどのようになり上がったのか 製作:新唐人テレビ。お勧め
LINK 丸幸亭老人のシナにつける薬内部大粛清「富田事件」---「文革」の原型、誤解されつづける周恩来17
LINK 21世紀社会動態研究所 長征前夜の死(私)闘
LINK 大紀元日本【お勧め本】 中国がひた隠す毛沢東の真実  北海閑人著
・北海閑人 著「中国がひた隠す毛沢東の真実」寥建龍 訳、草思社、2005年
LINK 産経ニュース【検証・文革半世紀 第2部(1)】紅衛兵世代が中国を動かす 「暴力信仰」横の連携で出世 武闘による犠牲は100万以上とも(2016年6月20日付の記事)
LINK 日本財団会長 笹川陽平ブログ「華国鋒は毛沢東の息子だった」(2014年5月21日付)
LINK 小樽商科大学学術成果コレクション 人文研究第48輯中国の"文化革命"後における魯迅作品の運命
 
○アレン・アイルランド(Alleyne Ireland)著「 The New Korea 」 1926年刊、英語。日本の朝鮮統治を分析した本です。
LINK Questia, Your Online Research LibraryThe New Korea by Alleyne Ireland
LINK 新“敬天愛人”のブログ史実を知った韓国人の動揺(2010年12月15日付)
LINK NAVER まとめ【希少文献】「日本の韓国統治に関する細密な報告書」1926年、原題「The New Korea」
LINK シンシアリーのブログ本文へのリンク(まずはここから!)
LINK シンシアリーのブログこんにちは!まず読んでみてください。
LINK シンシアリーのブログ3章・要約(前半部)
LINK シンシアリーのブログ3章・要約(後半部)
LINK シンシアリーのブログ4章・政府組織その1(前半部)
LINK シンシアリーのブログ4章・政府組織その1(後半部)
LINK シンシアリーのブログ5章・政府組織その2(前半部)
LINK シンシアリーのブログ5章・政府組織その2(後半部)・・ちょっと長いです・・
LINK シンシアリーのブログ6章・法と法院(前半部)
LINK シンシアリーのブログ6章・法と法院(後半部)
LINK シンシアリーのブログ7章・警察署と監獄(前半部)
LINK シンシアリーのブログ7章・警察署と監獄(後半部)
LINK シンシアリーのブログ8章・政府財政(前半部)
LINK シンシアリーのブログ8章・政府財政(後半部)
LINK シンシアリーのブログ9章・教育(前半部)
LINK シンシアリーのブログ9章・教育(後半部)
LINK シンシアリーのブログ10章・保健、衛生、及び社会事業(前半部)
LINK シンシアリーのブログ10章・保健、衛生、及び社会事業(後半部)
LINK シンシアリーのブログ11章・韓国の経済発展その1(農業・前半部)
LINK シンシアリーのブログ11章・韓国の経済発展その1(農業・後半部)
LINK シンシアリーのブログ12章・韓国の経済発展その2(林業)
LINK シンシアリーのブログ12章・韓国の経済発展その2(漁業)
LINK シンシアリーのブログ12章・韓国の経済発展その2(鉱業)
LINK シンシアリーのブログ13章・韓国の経済発展その3(貨幣と商業)
LINK シンシアリーのブログ13章・韓国の経済発展その3(製造業)
LINK シンシアリーのブログ13章・韓国の経済発展その3(銀行業)<終>
 日本語版が出たようです。
・アレン・アイルランド著「THE NEW KOREA―朝鮮が劇的に豊かになった時代」桜の花出版編集部 編、桜の花出版、2013年
 
○シンシアリー
(注:シンシアリーさんは、韓国に住む韓国人です。)
・シンシアリー著「韓国人による恥韓論」扶桑社新書、2014年
・シンシアリー著「韓国人による沈韓論」扶桑社新書、2014年
・シンシアリー著「韓国人が暴く黒韓史」扶桑社新書、2015年
・シンシアリー著「韓国人による震韓論」扶桑社新書、2015年
・シンシアリー著「韓国人による嘘韓論」扶桑社新書、2016年
LINK シンシアリーのブログ負けた歴史は要らない 〜「三田渡の碑」などについて。
LINK シンシアリーのブログ大韓民国憲法・前文 〜韓国の憲法について。
LINK シンシアリーのブログ憲法三条を守れ! 〜韓国の憲法について。
LINK シンシアリーのブログ韓国、大統領選出方式の昨日と今日
LINK シンシアリーのブログ大韓民国、改憲の歴史(1948〜1987)
LINK シンシアリーのブログ石炭戦艦・揚武號(ヤンムホ)
LINK シンシアリーのブログ憶測で書いてみます・・「奪われた土地」という嘘について
LINK シンシアリーのブログ「村山談話を継承しろ」というけど・・じゃ、当時の韓国の反応は?
LINK シンシアリーのブログ「小泉談話」を振り返ってみる
LINK シンシアリーのブログ韓国、84年に天皇の謝罪を要求し、謝罪のガイドラインまで日本側に伝達(2015年3月30日付)
LINK 産経ニュース韓国元大統領「昭和天皇」に遺憾と反省求める…“植民地支配”「最大限強い言葉で反省を」 韓国外交文書で発覚(2015年3月30日付の記事)
LINK シンシアリーのブログremorse(2015年4月23日付)
LINK シンシアリーのブログ自民党、東京裁判の検証を推進?(2015年6月16日付)
LINK シンシアリーのブログNYTの見た「韓国の応急室(集中治療室)」(2015年6月19日付)
LINK シンシアリーのブログ「臨時政府の継承」は今でも韓国の根幹(2015年7月2日付)
LINK シンシアリーのブログ1965年、韓国政府は個人補償についてどう思っていたのか?(2015年9月15日付)
LINK シンシアリーのブログ1994年、「解放」が何故か「光復」になった(2015年9月25日付)
LINK シンシアリーのブログ1951年の慰安婦記事・・「慰安婦にちゃんと課税しよう」と当たり前のように記述(2016年1月12日付)
LINK シンシアリーのブログ代言官請破取童女書(2016年3月28日付)
LINK シンシアリーのブログ日本旅行記・2016年4月(※食べ物の写真が多いので夜には観覧注意(2016年4月4日付)
・ジョージ・トランブル・ラッド著、「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて) 」桜の花出版編集部 編、発行 桜の花出版、発売 星雲社、2015年
・アーサー・J・ブラウン著、「朝鮮はなぜ独立できなかったのか 1919年 朝鮮人を愛した米宣教師の記録 」桜の花出版編集部 編、発行 桜の花出版、発売 星雲社、2016年
LINK シンシアリーのブログ1938年「内地よりも多くの朝鮮の小学生たちが我々日本軍に激励の手紙をくれた」(2016年4月8日付)
LINK シンシアリーのブログ在日学徒義勇軍(2016年4月12日付)
LINK minaQのつぶやき 네토미나在日学徒義勇軍がコテコテのウソ(2014年11月24日付)
LINK シンシアリーのブログQ:反日は北朝鮮の陰謀ですか?(2016年4月12日付)
LINK シンシアリーのブログ1938年、朝鮮の「就職難」関連記事(2016年6月7日付)
LINK シンシアリーのブログ1940年、東亜日報「日本への密航ブローカーをもっと厳しく取り締まってくれ」(2016年6月8日付)
LINK シンシアリーのブログ朝鮮戦争の少年兵、その数は約3万人(500人は少女兵)(2016年6月23日付)
LINK こりあうぉっちんぐ朝鮮戦争:少年・少女兵の実体認められる>ねえ日帝は?(2010年2月20日付)
LINK シンシアリーのブログ仙甘学院をご存知でしょうか(2017年10月3日付)
 
○ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ著「So Far from the Bamboo Grove」
LINK 竹の森遠く - Wikipedia ヨーコ物語
 このサイトによると、この本は、日系米国人作家のヨーコ・カワシマ・ワトキンズが、1986年にアメリカで出版した自伝的小説で、彼女は1945年の終戦時に11歳で朝鮮にいた。朝鮮人による日本人に対する迫害・性的暴行についても記述がある。2005年に韓国でも『요코 이야기(ヨーコ物語、ヨーコの話)』として訳出された(後に発売中止)。日本語版は出版されていない(注:2013年にハート出版から日本語訳が出版された。)。アメリカでは優良図書に選ばれ中学校用の教材として多くの学校で使用されている。一部の韓国紙や韓国人団体は感情的にこの本が嘘だらけだと批判した。
LINK YouTube ≫ ヨーコ物語(竹の森遠く)概要1 同2 同3 同4 同5 同6 同7 同8 同9 同10 同11 同12(完)
LINK 真実はどこに・・・『竹の森遠く 』概要目次
LINK 真実はどこに・・・『竹の森遠く』について
LINK amazon.co.jp竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 [単行本] ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ (著), ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ(監訳) (監修), 都竹 恵子 (翻訳)  〜日本語訳が出たようです(2013年)。
・「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ著、ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ監訳・監修、都竹 恵子 訳、ハート出版、2013年
LINK 保守速報二日市保養所、戦後の日本人引き揚げ時の朝鮮半島での悲惨な史実、アメリカの社会科教科書として採用された『竹林はるか遠く』の日本語版が発売(2013年6月4日付)
LINK News U.S. 中国・韓国・在日朝鮮人崩壊ニュース【重要・緊急拡散】韓国人による日本人強姦虐殺の真実が書かれた名著「竹林はるか遠く」ついに日本語版発売へ!!!!【全国民必読書】 日本人は戦争犯罪の加害者でなく、被害者である!!!!! 在米韓国人のロビー活動も虚しく、全世界に真実の歴史が知れ渡る結果に!!!!! 2ch「大切なのは、この本の存在を多くの日本人や外国人に伝えることです。ご近所の書店で購入したらお友達に伝えましょう。ネットで購入したらクチコミや評価でこの本を多くの方に知らせましょう」(2013年6月4日付)
 
○小林千登勢 著「お星様のレール」
・小林千登勢 著「お星様のレール」金の星社、1982年
 この本の86ページから引用します。(注:1945年11月の平壌のようです。)
『 おじいちゃんたちは、留置場にいるとき、きいたそうです。
「なぜ、こんなひどい目にあわせるのか?」
 すると、朝鮮人は答えたそうです。
「日本の警察は、朝鮮人に対して、もっともっとひどいことをした」
 おじいちゃんたちは、またききました。
「でもわたしたちは、悪いことはなにもしていない」
 すると相手も、また答えました。
「いや、あなたたちは、朝鮮人の土地や財産をうばうようにして裕福なくらしをしてきた」
 おじいちゃんは、そんなふうにして、けっきょく二か月間留置場にはいっていました。そのあと、今日になって、とつぜん、
「あなたは年よりだし何の役にもたたない。帰ってもよい」
と、いわれたのだそうです。 』
・小林千登勢 著「お星様のレール」フォア文庫(金の星社)、1984年
・小林千登勢 原作「アニメ版 お星様のレール」金の星社、1993年 〜原著に対して変更創作の手が加えられています。
 この本の後書きに、『この本は、長編アニメーション映画「お星様のレール」をもとにつくられました。』との記述があり、脚本は、『浦畑達彦/堀 有三』と記されている。
LINK 本当の日本の歴史小林千登勢 「お星さまのレール」 2010-04-30 (リンク切れ)
 〜どうやら、このブログ(現在リンク切れ)で、アニメ版をさらに悪意のある改造・改変をしてアップしていたようです。
LINK Heartail---ココロのシッポこれ一体なんなの!?小林千登勢著『お星さまのレール』---確信?故意?実は日本の貢献を隠した反日図書だ!&モラルなき捏造画像に憤慨!!(2011年5月17日付)
LINK No!自虐史観【拡散希望】吃驚仰天「お星さまのレール」(最終回)(2012年2月24日付)
LINK No!自虐史観「お星さまのレール」でのサイト内検索結果| Ameba検索
 
○小堀桂一郎
・小堀桂一郎 編「東京裁判 日本の弁明」講談社学術文庫、1995年
・小堀桂一郎 編「東京裁判 幻の弁護側資料: 却下された日本の弁明」ちくま学芸文庫、2011年
・東京裁判資料刊行会(代表小堀桂一郎) 編「東京裁判却下未提出弁護側資料(全8巻)」国書刊行会、1995年
・小堀桂一郎・中西輝政 著「歴史の書き換えが始まった!〜コミンテルンと昭和史の真相」明成社(日本の息吹ブックレット)、2007年
・小堀桂一郎 著「歴史修正主義からの挑戰 日本人は「日本」を取り戻せるのか?」海竜社、2014年
・小堀桂一郎 著「日本人の「自由」の歴史 「大宝律令」から「明六雑誌」まで 」文藝春秋、2010年
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】小堀桂一郎氏に聞く[桜H26/1/2]
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】小堀桂一郎と大いに語る[桜H27/1/1]
LINK YouTube ≫ 【年忘れ特別対談】小堀桂一郎氏に聞く、憲法改正と日本の国柄[桜H27/12/30]
 
○渡部昇一
・渡部昇一 著「本当のことがわかる昭和史」PHP研究所、2015年
LINK YouTube ≫ 【知の巨人】新春特別対談−渡部昇一氏に聞く[桜H25/1/1]
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】渡部昇一氏に聞く[桜H26/1/2] 必見
 この動画(15分26秒付近から)の渡部昇一氏の発言によると、1985年(昭和60年)11月8日ころの国会答弁で、土井たか子議員の「侵略戦争をどう考えるか。」旨の質問に対して、外務省の小和田氏(注:小和田恆(ひさし)氏と思われる。1985年には外務省条約局長だったと思われる。皇太子妃雅子様の父。出典:LINK 小和田恆 - Wikipedia )が「日本は東京裁判の告発条項○条によって有罪とされているから、中国の言うとおりにしなければなりません。」旨を回答している。サンフランシスコ条約の11条にある「judgment(判決)」「裁判」と日本の外務省は誤訳したが、日本は「judgment (判決)」を受け入れたのであって東京裁判を受け入れたのではないと渡部昇一氏は解釈している。
 また、この動画(7分39秒付近から)の渡部昇一氏の発言によると、南京虐殺を広めたホンダなにがし(注:本多勝一と思われる。)は、渡部昇一氏の友人の調査によれば在日であると言っている。
LINK YouTube ≫ 日本の戦後はGHQの公職追放から始まった(H19.1.24)
LINK YouTube ≫ 【追悼番組】渡部昇一&小野田寛郎、大東亜戦争と戦後日本を語る[桜H26/1/25] 必見
〜興味深い話が多い。主な話題は次のとおり。
  靖国神社(1分50秒〜 および 26分07秒〜.)とバチカン(5分48秒〜)
  ユダヤ人救済(11分31秒〜)
  慰安婦(16分33秒〜)
  暗号解読(28分58秒〜)
  陸軍と海軍(31分35秒〜)
  コミンテルン・中国・韓国(39分22秒〜)
  自然塾(44分18秒〜) など
『正論』2005年1月号 「私が見た従軍慰安婦の正体」小野田ェカ
LINK 悪の教典#9永遠の謎小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」(「正論」一月号より)
LINK YouTube ≫ 証言「私が見た従軍慰安婦の正体」 小野田寛郎
LINK 保守速報「『従軍慰安婦』なるものは存在せず」私が見た従軍慰安婦の正体 …元陸軍少尉 小野田ェカ氏(2014年1月18日付)
・山田清吉 著『武漢兵站』図書出版社、1978年
LINK 台湾沖航空戦 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 渡部昇一「 東京裁判とマッカーサー証言」「安倍総理はリビジョニストか」 重要・必見
LINK YouTube ≫ 【8月6日配信】特別番組 本当のことがわかる昭和史 渡部昇一 倉山満【チャンネルくらら】 重要・必見
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】渡部昇一氏に聞く、グローバリストと東京裁判史観[桜H28/1/1] 重要
LINK 産経ニュース【渡部昇一氏死去】戦後の言論空間に風穴、勇気ある知の巨人(2017年4月18日付の記事)
LINK YouTube ≫ 【追悼特番】渡部昇一先生を偲んで〜稲田朋美防衛大臣、小堀桂一郎先生とともに[桜H29/5/13] 重要・必見
 
○日下公人
LINK YouTube ≫ 【日下公人】戦後67年目の日本[桜H24/8/15] 必見
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】日下公人氏に聞く[桜H26/1/3]
 この動画(32分48秒付近から)の日下公人氏の発言によると、第一次世界大戦後に国際連盟の事務局次長になった新渡戸稲造らは、ドイツから日本に割譲されたトラック・パラオ・サイパンに委任統治の制度を作って導入し、文明開化したら独立させることにしたという。
LINK YouTube ≫ 【日下公人】世界は日本のリードを待っている[桜H26/2/27]
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】日下公人と大いに語る[桜H27/1/2]
LINK nikkei BPnetSAFETY JAPANコラム日下公人第57回 You と Me を区別しない日本的人間関係 by 日下公人
LINK YouTube ≫ 6/17(金)日下公人「日本出動」第10回 ゲスト:倉山満 〜日下公人先生にお話をうかがってみよう〜
 
○加瀬英明
 加瀬英明氏の父は、ミズーリ号での降伏文書調印式に随行員として参列した外交官の加瀬俊一氏。(注:なお、同姓同名の別人で、同時期にスイス公使だった別の加瀬俊一氏もいる。)
LINK YouTube ≫ 【加瀬英明】アメリカはなぜ対日戦争を仕掛けたのか[桜H23/12/5]
LINK 漁火新聞漁火新聞 backnumber 2005?年5月号警鐘 日本人として大いに誇るべきこと(評論家 加瀬英明)
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】加瀬英明、河野談話を打ち破る戦い[桜H25/10/25]
 日本の文化と、外国の文化の違い、についても触れています。
LINK YouTube ≫ 【新しい歴史教科書をつくる会】歴史認識と日本外交−外交を改めずして歴史認識は改まらない[桜H25/12/10]
 〜 加瀬英明氏(10分07秒付近から)、田母神俊雄氏(19分20秒付近から)、杉原誠四郎氏(31分14秒付近から)、藤岡信勝氏(34分32秒付近から)の発言が特に興味深い。
LINK YouTube ≫ 【加瀬英明氏インタビュー】 大東亜戦争の意義<前編>【ザ・ファクト】
LINK YouTube ≫ 【加瀬英明氏インタビュー】 大東亜戦争の意義<後編>【ザ・ファクト】
LINK YouTube ≫ 【新春特別対談】加瀬英明氏に聞く[桜H26/1/3]
LINK YouTube ≫ 日米開戦70年記念講演 加瀬英明1なぜアメリカは対日戦争を仕掛けたのか 同2
 
○西部邁
LINK YouTube ≫ 【年忘れ特別対談】西部邁氏に聞く、イノベーションと民主主義崇拝[桜H27/12/30]
 
○中西輝政
LINK 中西輝政 - Wikipedia
LINK WEDGE Infinity中西輝政氏に聞く 尖閣問題、日本の3つの喪失
LINK YouTube ≫ 【年忘れ特別対談】中西輝政氏に聞く、安倍談話の内幕[桜H27/12/29]
 
○高山正之
・高山正之 著「アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!」ワック、2014年
LINK YouTube ≫ 高山正之「もうマッカーサー史観はやめようよ」 カイロ宣言史観の呪縛 必見
 この動画によると、マッカーサーはA級戦犯7人を昭和天皇の誕生日(4月29日)に起訴し、今上天皇(平成天皇)の誕生日(12月23日)に処刑した。マッカーサーは、「日本国民はどんな顔をして天長節を祝うのか見てみたい」と副官シーボルド(ウィリアム・シーボルドGHQ外交局長)に話したという。
LINK ウィリアム・ジョセフ・シーボルド - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 反日の在日朝鮮人を生んだのはGHQだった 必見
 この動画によると、ルーズベルト大統領はカイロ会談の時に、日本は朝鮮半島を奴隷化していると発言した。
LINK YouTube ≫ 欧米人が仕掛ける罠1 2 必見
LINK 花うさぎの「世界は腹黒い」2「白人は人間ではない」高山正之の世界史観
LINK Kazumoto Iguchi's blog「白人は人間ではない」:現代のコペルニクス
LINK YouTube ≫ 高山正之『異見自在』「NHKはウソをつく」
LINK YouTube ≫ 高山正之「もうちょっと公平に見なさいよ歴史を!NHKは許せないよ!」
LINK YouTube ≫ さくらじ#54 高山正之、ジャーナリズムを大いに語る!
LINK YouTube ≫ さくらじ#85 高山正之、旅から見た歴史を語る!
LINK ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)風俗と慰安婦とアメリカ兵の問題 橋下発言と、その報道に思うこと(2013年5月31日付)(6ページ目)
 ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)の『新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く 降旗学』【第33回】2013年5月31日「風俗と慰安婦とアメリカ兵の問題 橋下発言と、その報道に思うこと」 降旗 学 [ノンフィクションライター] (6ページ目)
 このサイトのなかに、次のような記述がある。なお、太字は、当サイト管理人によるものです。
『(前略)
 週刊新潮で『変見自在』というコラムを連載中の高山正之さんが、興味深い資料を紐解いていた。このコラムは、週刊新潮を読むときの楽しみのひとつと言ってもいいくらいに痛快なのだ。
 ずっと以前、高山さんには私が集めた資料をお貸ししたこともあるのだが、この方は、それはそれは入念に資料を漁る方で、ジャーナリズム系のコラムを書かせたら、この高山正之、毎日新聞の牧太郎、櫻井よしこのお三方が日本のトップ3だろうと思っている。私なんかと違い、実に説得力のあるコラムをお書きになるのだ、この人たちは。他にもジャーナリズム系のコラムを書かれている方、ごめんなさい。
 高山さんのコラムによると、日本の敗戦後、厚木にアメリカの部隊が入ったその日の夜、アメリカ兵による最初の強姦事件が起きたとあり、その十日後にも中野のアパートに押し入った米兵が制止する男性ら数人を殴り倒し、押し入れに隠れた女性を襲った等々の記録を当時の新聞から引き出している。
 事件は全国的に広まり、一日で四六件もの強姦事件が起きたような驚くべき事実を挙げ、また、当時の調達庁が調べたところでは、一九五一年にサンフランシスコ講和条約が結ばれるまでの六年間で、実に二五三六人の日本人男性が、妻や娘を守ろうとしてアメリカ兵に殺害されたとある。
 信じられるかい、二五〇〇人以上だぞ。止めようとした男性が二五〇〇人以上も殺害されているのなら、被害に遭った女性はどれだけいると思うのだ。
 私は、決して、古い話だからの一言で片づけることはできないと思う。アメリカ兵による性犯罪は、いまもなお起きているのだ。従軍慰安婦制度そのものに目を向け、慰安婦の苦痛を推し量る裁量も大切だが、アメリカ兵の被害に遭った女性、そしてアメリカ兵に殺された男性の無念にも目を向ける必要はあるはずだ。
(後略) 』
LINK コトバンク調達庁 とは
LINK 防衛施設庁 - Wikipedia
LINK 2012年の黙示録Bookstand6号室雑誌閲覧室残忍な人たち 〜 なぜ原爆を落としたか 週刊新潮2005年8月11・18日号●変見自在 高山正之(帝京大教授)
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】高山正之、罪無き者のみ橋下慰安婦発言を責めよ[桜H25/7/26]
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】高山正之、アラブの春の幻想と独裁者の実像[桜H25/8/2]
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】あらためて大東亜戦争を考える[桜H25/11/30] 2/3 同 3/3 同
LINK YouTube ≫ 爆笑 高山正之1日米開戦70周年記念講演会 米国はなぜ日本に悪意を抱いた 同2
LINK YouTube ≫ 「島嶼問題を考える」D 緊急シンポジウム−3 高山正之
LINK YouTube ≫ 「島嶼問題を考える」J 緊急シンポジウム−9 高山正之 安定した(敵対)勢力を憎む米国
LINK YouTube ≫ やらまいか#39「宗教が動かす世界!ボストンマ?ラソンテロを解剖する!」
LINK YouTube ≫ 戦後レジーム脱出方法とは? 反日史観の各個撃破と米軍事パワーの代替
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】大東亜戦争とは何だったのか?[桜H26/8/16] 2/3同 3/3同 必見
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】高山正之、朝日新聞が昔から自作自演していた話[桜H26/10/3]
LINK 山口淑子 - Wikipedia 〜李香蘭
LINK ニコラス・クリストフ - Wikipedia 〜ニューヨーク・タイムズの記者。妻は伍潔芳(中国系アメリカ人三世の作家で投資家)。
LINK ダグラス・マッカーサー - Wikipedia
・高山正之著「厚木の凱旋将軍「マッカーサーは失禁していた」」(「歴史通(2014年9月号)」所収)
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】高山正之、戦争の現場からイスラムの混沌へ[桜H26/10/10]
LINK 225戦記週刊新潮 「変見自在」 比のマッカーサーとロムロ。(2013年9月25日付)
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】高山正之、米大統領選挙に見る日本への敵意[桜H28/3/18]
LINK YouTube ≫ [高山正之] 白旗掲げたインディアンを、皆殺しにした米国人 4.17
LINK YouTube ≫ 平成27年08月09日「歴史の真相−人種差別の欧米と人種平等の日本」講師:山正之先生
LINK YouTube ≫ 【Front Japan 桜】高山正之・木坂麻衣子:オバマ大統領は原爆投下を謝罪せよ / こどもの日の親の話[桜H28/5/6]
LINK YouTube ≫ 高山正之 「よそ者の節度」
LINK YouTube ≫ 6/28(火)〜百田尚樹・山正之・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】 〜特に、51分17秒から1時間01分00秒付近、長征などについて。および、1時間18分35秒から1時間28分17秒付近、真珠湾攻撃などについて。
 
○田母神俊雄
LINK YouTube ≫ 1/3【8.6田母神講演会】ヒロシマの平和を疑う!完全版[桜 H21/8/12] 2/3同 3/3同 必見
 日本人のための正しい歴史認識について、大変よくまとまっており非常にわかりやすいです。
LINK ベノナ - Wikipedia
LINK ハリー・ホワイト - Wikipedia
LINK amazon.co.jp日米・開戦の悲劇―誰が第二次大戦を招いたのか (PHP文庫) [文庫] ハミルトン フィッシュ著
LINK 太平洋戰爭史 - Wikipedia
LINK 眞相はかうだ - Wikipedia
LINK 冨士信夫 - Wikipedia
LINK ニコニコ動画 ≫ チャンネル桜 8.6田母神俊雄講演会 ヒロシマの平和を疑う! 完全版2 必見
LINK YouTube ≫ 田母神俊雄氏が語る 日韓併合100年 本当に韓国を貶めたのか
LINK YouTube ≫ 【田母神塾 第105回】 中国は戦争準備をしていない 【情報謀略戦】
LINK YouTube ≫ 【新しい歴史教科書をつくる会】歴史認識と日本外交−外交を改めずして歴史認識は改まらない[桜H25/12/10]
〜 加瀬英明氏(10分07秒付近から)、田母神俊雄氏(19分20秒付近から)、杉原誠四郎氏(31分14秒付近から)、藤岡信勝氏(34分32秒付近から)の発言が特に興味深い。
LINK YouTube ≫ 【追悼番組】小野田寛郎、フィリピン・ルバング島での「30年戦争」を語る[桜H26/1/21] 〜平成21年(2009年)6月29日に放送されたもの。
LINK YouTube ≫ 【追悼番組】小野田寛郎、帰国してからの「戦い」を振り返る[桜H26/1/22] 〜平成21年(2009年)7月6日に放送されたもの。
LINK YouTube ≫ 倉山満が訊く、特別編〜麻生太郎とは何者か?第1回 ゲスト田母神俊雄 同 第2回 同 第3回 同 第4回 同 第5回 重要
LINK アパグループ真の近現代史観 懸賞論文アパグループ第1回「真の近現代史観」懸賞論文 受賞者発表日本は侵略国家であったのか 田母神俊雄 (防衛省航空幕僚長 空将) (PDFファイル)
LINK 田母神俊雄 - Wikipedia の「最優秀藤誠志賞受賞論文」の項
 このサイトによると、田母神俊雄氏は、2008年10月31日に航空幕僚長を解任、同年11月3日付で航空自衛隊を退職。
LINK 防衛事務次官 - Wikipedia
LINK 増田好平 - Wikipedia 防衛事務次官(2007年9月1日〜2009年8月25日)
LINK 防衛大臣 - Wikipedia
LINK 浜田靖一 - Wikipedia 防衛大臣(2008年9月24日〜 2009年9月16日)
LINK 内閣総理大臣の一覧 - Wikipedia
LINK 麻生太郎 - Wikipedia 内閣総理大臣(2008年9月24日〜 2009年9月16日)
LINK YouTube ≫ 【my日本 H25/1/10】田母神俊雄 〜第二回 韓国とどう向き合うべきか〜 1/2
LINK YouTube ≫ 【my日本 H25/2/6】田母神俊雄 〜第三回 安倍晋三 自民党総裁誕生〜 1/2 同〜 2/2
LINK YouTube ≫ 田母神俊雄氏「日本は侵略国家であったのか」3/3 必見
 
○伊藤貫
LINK YouTube ≫ 【伊藤貫】日米関係の真実[桜H23/4/21]
LINK YouTube ≫ 【伊藤貫】アメリカと世界はどうなる[桜H26/3/20] 必見
LINK YouTube ≫ 【伊藤貫】アメリカの中東・世界戦略の真実[桜H27/2/9]
LINK YouTube ≫ 国際政治学の主流派と米対日基本政策と今後の世界1/4 伊藤貫 同2/4 同3/4 同4/4 重要・必見
LINK ニコラス・スパイクマン - Wikipedia
・America's Strategy in World Politics: the United States and the Balance of Power, (Harcourt, Brace, 1942).
・The Geography of the Peace, (Harcourt, Brace, 1944).
・ニコラス・スパイクマン著「平和の地政学」奥山真司 訳、芙蓉書房出版, 2008年
LINK YouTube ≫ 混沌とした国際政治で日本は西部ゼミナール 2014年4月13日放送
LINK YouTube ≫ 国家に必要な三つの要素西部邁ゼミナール 2014年4月20日放送 重要
LINK YouTube ≫ 文明の衝突と不介入主義外交西部邁ゼミナール 2015年2月15日放送
LINK YouTube ≫ アメリカ文明は欠陥品である西部邁ゼミナール 2015年2月22日放送 必見
LINK YouTube ≫ 【伊藤貫】米中衝突は起こらない!アメリカが日本を守らない理由[桜H27/11/19] 重要
LINK YouTube ≫ アメリカニズムを如何にせん【前半戦】2015年12月31日放送 同【後半戦】同 重要
LINK YouTube ≫ 自滅するアメリカ帝国 崩壊のシナリオ(伊藤貫 氏)-ザ・リアルインサイト3月号- 重要・必見
LINK YouTube ≫ 西部邁ゼミナール 三回連続企画 「アメリカ帝国大混乱」〔1〕 伊藤貫〔評論家ワシントンD.C.在住〕
LINK YouTube ≫ 「世界を崩壊させる金融資本主義」伊藤貫 西部邁ゼミナール×「表現者」連動企画アメリカ帝国大混乱!!!
LINK YouTube ≫ TOKYOMX表現者連動企画 「アメリカ帝国大混乱!!!」 伊藤貫×西部邁 重要
LINK YouTube ≫ 米IMFを中国元AIIBが運営 国際政治経済16,10,28以後予測!
LINK YouTube ≫ 2017/02/12 伊藤貫氏(国際政治アナリスト,著述家) 「The World with President Trump」
LINK YouTube ≫ 2017/02/12 講師2人と参加者による集中討議
LINK ヘンリー・アダムズ - Wikipedia
LINK ラインホルド・ニーバー - Wikipedia
LINK ジョージ・ケナン - Wikipedia
LINK T・S・エリオット - Wikipedia
LINK ケネス・ウォルツ - Wikipedia
LINK サミュエル・P・ハンティントン - Wikipedia
LINK YouTube ≫ トランプ大統領の誕生をどうみるか?伊藤貫×西部邁が日本のいわゆる保守派とは異なる考察!「歴史感覚乏しき国家アメリカ」の現状めぐり
LINK YouTube ≫ 『未来展望を暗闇にする進歩信仰』伊藤貫〔ワシントンD.C.在住〕 現代アメリカ―近代主義のモンスターなのか【2】TOKYOMX西部邁ゼミナール
LINK YouTube ≫ 【特別番組】伊藤貫・激動する国際情勢の真実[桜H29/10/31]
LINK YouTube ≫ いつまでアメリカの属国でいるのか「世界大分裂を語る!!!」西部邁×伊藤貫 隔月刊誌「表現者」連動企画TOKYOMX西部邁ゼミナール
LINK YouTube ≫ 西部邁×伊藤貫「世界大分裂を語る!!!」【2】The System is Rigged!トップ0.1パーセント層が全てを支配する米国流民主主義の頽廃 2017年12月16日〔土〕
 
○菅沼光弘
LINK 菅沼光弘 - Wikipedia
LINK Amazon ≫ 菅沼光弘:本
LINK YouTube ≫ 菅沼光弘 石原慎太郎 東京の窓から
LINK YouTube ≫ 高山正之×菅沼光弘『異見自在』スペシャル対談 その1「TPPについて」
 この動画(20分08秒付近から)で、アメリカ流の日にちの選び方を批判して、次の点を指摘をしています。
・ニクソンショック(ドルと金の交換停止の方。1971年8月15日)の8月15日は、日本の終戦記念日、連合国の対日戦勝記念日(VJデー(Victory over Japan Day))である。
・東京大空襲(最も激しかったのが1945年(昭和20年)3月10日)のあった3月10日は、日本の陸軍記念日であった。
・日本国憲法を公布(1946年(昭和21年)11月3日)した11月3日は、明治天皇の誕生日で、当時は明治節の祝祭日であった。しかも、当初は、日本国憲法公布は2月22日(ジョージ・ワシントンの誕生日)が考えられていたという。
・GHQがA級戦犯を起訴(1946年(昭和21年)4月29日)した4月29日は、昭和天皇の誕生日である。
・GHQがA級戦犯を処刑(死刑の執行。1948年(昭和23年)12月23日。)した12月23日は、今上天皇(平成の天皇。当時は皇太子。)の誕生日である。
LINK YouTube ≫ 高山正之×菅沼光弘『異見自在』スペシャル対談 その2「ヤクザ」
 アメリカ政府の企業に対する経済制裁などについて。
LINK YouTube ≫ 高山正之×菅沼光弘『異見自在』スペシャル対談 その3「原発問題」
LINK YouTube ≫ 日本の裏社会 公安 菅沼光弘
LINK YouTube ≫ 【藤井厳喜】菅沼光弘先生に聞く「アイヌ・北海道」の闇と人権擁護法案
LINK YouTube ≫ 【藤井厳喜】菅沼光弘先生に聞く「アイヌ・北海道」の闇と人権擁護法案
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】さようなら韓国、さようなら戦後体制[桜H26/6/14] 2/3同 3/3同 必見(特に、菅沼光弘氏の発言)
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】対日謀略機関の暗躍と日本[桜H27/6/6] 2/3同 3/3同 重要・必見(特に、菅沼光弘氏と瀧澤一郎氏の発言)
 
○瀧澤一郎
LINK YouTube ≫ 【瀧澤一郎】ロシアで起きている地殻変動を読み解く [桜H25/7/18]
LINK YouTube ≫ 【瀧澤一郎】安倍政権の対露外交の行方[桜H25/11/20]
LINK YouTube ≫ 【瀧澤一郎】ロシアの国内情勢とソチ五輪への影響[桜H26/1/29]
LINK YouTube ≫ 【瀧澤一郎】中露の接近と日露関係の今後[桜H26/5/30]
LINK YouTube ≫ 【瀧澤一郎】ロシアから見る国際情勢〜独ソ戦勝70年記念式典と中露合同軍事演習[桜H27/5/27] 重要
 この動画(2分15秒付近から)の瀧澤一郎氏の発言によると、第二次世界大戦ではドイツが先にソ連を攻撃したのであるが、実は、ソ連のドイツ攻撃計画をドイツの諜報機関が嗅ぎ付けて、ドイツが逆に先手を打ってソ連を攻めた、という説があるらしい。
 
○藤井厳喜
・藤井厳喜、稲村公望、茂木弘道 著「日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず」勉誠出版、2016年
・藤井厳喜 著「アングラマネー」幻冬舎新書、2013年
LINK YouTube ≫ 岡潔先生著『日本民族の危機』2月18日・復刻記念講演会告知【藤井厳喜】
LINK YouTube ≫ 『米中新冷戦、どうする日本(3)@』【藤井厳喜】AJER
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『三大神勅と日本の理想@』AJER2014.1.2
LINK YouTube ≫ 【藤井厳喜・講演】アメリカ共和党は日米戦に対してどのような考えをしていたか2<日米歴史検証・第5弾「大東亜戦争問題シリーズU」> 〜日米開戦については、16分05秒付近から。
LINK YouTube ≫ 【藤井厳喜】村山元首相の妄言と「村山談話」を斬る―植民地主義、人種差別と戦った日本
LINK ボロロン速報朝鮮に注ぎ込んだ血税「63兆円」 数々の援助で身を捧げた先人たち 2ch「韓国人は土人」「韓国人の礼儀知らず」「究極のバカ日本人だな」(2014年3月3日付)
LINK ZAKZAK【世界を感動させた日本】朝鮮に注ぎ込んだ血税「63兆円」 数々の援助で身を捧げた先人たち(2014年3月2日付の記事)
 この記事の全文を引用します。タイトル以外の文中の太字赤字は、当サイト管理人が施したものです。
【世界を感動させた日本】朝鮮に注ぎ込んだ血税「63兆円」 数々の援助で身を捧げた先人たち
2014.03.02
★(5)
 韓国の「反日」は、とどまることを知らない暴走を続けている。それは韓国人が歴史を直視せず、反日妄想に現実逃避しているからである。この連載の最終回に、朝鮮を救った感動的な日本人の話を紹介しよう。
 まず、35年間の日本による朝鮮半島統治(1910〜45年)とは何だったのかを、如実に示す数字を見ておこう。
 この間、朝鮮の人口は1300万人から2500万人にほぼ倍増した。コメの収穫量は1000万石から2000万石になり、平均寿命は25歳(10年)から45歳(44年)に伸びた。工業生産指数は100(13年)から550(38年)に大躍進し、公立小学校は約100校から約5000校に増え、ハングルを普及させた。鉄道はゼロから出発し、何と総延長6000キロを敷設したのだ。
 日本政府累計約21億円朝鮮に注ぎ込んだが、これは現在の貨幣価値63兆円にのぼる。第3次日韓協約が締結された07年からの38年間で計算すると、1日45億円の血税を朝鮮に援助したことになるのだ。
 朝鮮の発展に身をささげた日本人も数多い。
 重松●(=高の右に昇)(しげまつ・まさなお、1891〜1975年)は農民を貧困から救うべく、私財を投じて朝鮮の農村振興を計り、「聖者」とまで呼ばれた人物である。彼はまず養鶏により卵を売り、その金を貯蓄してを買うという、自助努力の仕組みを農村に根付かせた。彼は三一暴動で被弾して右足が不自由になったが、終戦までの31年間、貧しい朝鮮農民の救済に無私の活動を続けた。
 朝鮮農民の救済に尽力した農学者に、津田仙(つだ・せん、1837〜1908年)がいる。津田塾大学の創立者、津田梅子の父親である。農学者高橋昇(たかはし・のぼる、1892〜1946年)は、朝鮮農業の近代的実態調査を行い、農業発展の基礎を造った。石塚俊(いしづか・たかし、1888〜没年不詳)は朝鮮米穀倉庫会社社長として、品種や農法の改良、潅漑(かんがい)施設の改善などを通じて、農業生産の飛躍的向上に貢献した。
 日韓併合前の朝鮮は禿山ばかりであり、総督府はひたすらに半島の緑化に努めた。
 1918〜42年、日本は何と6億622万4000本植林を行っている。この植林事業に一生をささげたのが浅川巧(あさかわ・たくみ、1891〜1931年)である。彼はまた白磁などの朝鮮の美術工芸の研究者であり、日本への紹介者でもあった。
 朝鮮戦争で大量の孤児が発生したが、韓国孤児を133人も育てた偉大な日本女性がいた。望月カズ(もちづき・かず、1927〜83年)がその人である。彼女自身も孤児だったが、反日機運の強い中であくまで日本女性としての生き方を貫いた。
 朝鮮に幾つもの巨大水力発電所を建設して近代工業化に大貢献したのが、日本窒素肥料社長だった野口遵(のぐち・したがう、1873〜1944年)である。野口は出力70万キロワットという当時、世界第2位の水豊ダムを1940年に完成させた。北朝鮮は今でもこのダムを使っている。
 「感謝しろ」というつもりはない。ただ、韓国や北朝鮮の人々は、こうした歴史的事実を直視すべきではないのか。 =おわり

 ■藤井厳喜(ふじい・げんき) 国際政治学者。1952年、東京都生まれ。早大政経学部卒業後、米ハーバード大学大学院で政治学博士課程を修了。ハーバード大学国際問題研究所・日米関係プログラム研究員などを経て帰国。テレビやラジオで活躍する一方、銀行や証券会社の顧問、明治大学などで教鞭をとる。現在、拓殖大学客員教授。近著に「米中新冷戦、どうする日本」(PHP研究所)、「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」(幻冬舎新書) 』
LINK ZAKZAK【世界を感動させた日本】台湾で神になった日本人 漁民に寄り添い自決した巡査(2014年2月25日付の記事)
LINK ZAKZAK【世界を感動させた日本】教科書が教えない歴史 ミャンマー、インドネシア独立に尽力した日本人に勲章(2014年2月26日付の記事)
LINK ZAKZAK【世界を感動させた日本】土光敏夫さんゆかりの「ドコー大豆」 ブラジル不毛の地を世界有数の穀倉地帯に(2014年2月27日付の記事)
LINK ZAKZAK【世界を感動させた日本】アインシュタイン、チャプリンが絶賛 偉人たちに愛された日本(2014年2月28日付の記事)
LINK YouTube ≫ 「島嶼問題を考える」B 緊急シンポジウム−1 佐々木良昭・藤井厳喜
LINK YouTube ≫ 「島嶼問題を考える」G 緊急シンポジウム−6 藤井厳喜
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『対米戦略の基本:歴史から学ぶ@』AJER2014.3.21
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『クリミア問題で迷走する米オバマ外交@』AJER2014.3.20
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『世界経済の支配構造が崩壊する:反グローバリズムで日本復活@』AJER2015.1.29
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『世界経済の支配構造が崩壊する:「イスラム国」と北朝鮮を影で支えるもの@』AJER2015.1.30
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『VW問題:EUを窮乏化すさせる独ナチズム経済@』AJER2015.10.9
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『毛沢東は帝国日本と協力していた!!:遠藤誉著「毛沢東」を読む@』AJER2015.12.24
・遠藤誉 著「毛沢東 日本軍と共謀した男」新潮新書、2015年
LINK YouTube ≫ 【6月4日配信】倉山満が訊く、国際政治学者藤井厳喜さん「パナマ文書タックスヘイブン問題なぜ今出てきた?これからどうなる?」【チャンネルくらら】 重要(特に後半)
LINK YouTube ≫ 【6月28日配信】特別番組「近衛上奏文を語る」国際政治学者藤井厳喜 倉山満【チャンネルくらら】 重要
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『トランプ当選をなぜ予想できたか?トランプ大統領の政策と日本の対応@』AJER2016.11.10 重要
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜『日米戦争を起こしたのは誰か フーバー大統領回顧録を論ず【再】』AJER2016 11 11
LINK YouTube ≫ 藤井厳喜氏講演「トランプ時代の日本の外交安全保障戦略」日本のこころタウンミーティング in 東京A 2017/1/14
 
○馬渕睦夫
・馬渕睦夫 著「世界を操る支配者の正体」講談社、2014年
 この本の147ページから引用します。
『 シリアの内戦はどう考えても民主化勢力と独裁政権との戦いではありません。比較的まともな世俗政権のアサド大統領を倒すという武力闘争にほかなりません。にもかかわらず、我が国のメディアを含め欧米のメディアは、なぜ判で押したように反政府勢力を民主化勢力と報じているのでしょうか。
 私たちは、このような洗脳にはっきりと気づく必要があります。この洗脳が効果を上げている背景には、東西冷戦時代の古い思考に染まってしまって、そこからいまだに脱出できない私たちの心理が存在しているように思えます。 』

 この本の166ページから引用します。
『 マネーを支配する者とはマネーの発給権を握っている中央銀行であり、中央銀行の株主です。FRBの株主はいまだに公開されていませんが、さまざまな研究の結果ロスチャイルドやゴールドマンサックス、JPモルガンなど国際銀行家であることが明らかになっています。そうしますと、グローバリズムとは、国際銀行家たちが支配する世界市場を創造しようとする地球規模の運動であるということができるのです。 』

 この本の166ページから引用します。
『(前略)
 このように考えていきますと、なぜロックフェラーたちアメリカの国際銀行家がアメリカの外交政策を支配しているかが理解されるのです。『ロックフェラー回顧録』の中で、アメリカの外交政策を決めているのはロックフェラーとその仲間が主宰する民間シンクタンクの「 Council on Foreign Relations 」(外交問題評議会、CFR)であるとロックフェラーは明言しています。この点は、国際政治の専門家の間では広く知られている事実ですが、なかなか広言されません。歴代のアメリカ大統領や主要閣僚はまず例外なくCFRのメンバーから選ばれ、彼らはCFRの政策提言に従った政策を実行しています。現在の国際情勢に関するアメリカの政策を巡り、オバマ大統領の指導力低下といった話がよく出ていますが、必ずしもオバマ大統領の責任ではありません。私たちはアメリカの外交政策を指導しているCFRの意向を正確に読み取って、対応する必要があります。 』
当サイト管理人による注:ここでいう「ロックフェラー回顧録」は、デイヴィッド・ロックフェラー著「ロックフェラー回顧録」(楡井浩一訳、新潮社、2007年)を指しています。)
LINK YouTube ≫ 『世界はハルマゲドンに近づいている(その2)@』馬渕睦夫 AJER2014.12.5(5)
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫「和の国の明日を造る」 第1回 (1/13水 20時)
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第2回(1/20水20時〜)
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第5回(2/17水20時〜) 〜主にロシア関係
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第9回 〜主に米国大統領選挙(トランプ氏)関係
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫「和の国の明日を造る」 第13回
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫★グローバリズムの末路!朝鮮戦争の真相を暴露!民主党敗北の意味!国難の正体! #馬渕睦夫 重要
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫『和の国の明日を造る』 #39 〜日本を元気にする古事記のこころ ゲスト:小野善一郎(湯島天満宮権禰宜)
LINK YouTube ≫ 【特別編】馬渕睦夫『和の国の明日を造る』 #39 質疑応答コーナー 〜ゲスト:小野善一郎(湯島天満宮権禰宜)
LINK YouTube ≫ 馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第40回 〜朝鮮戦争などについて
 
○宮崎正弘
LINK YouTube ≫ 宮崎正弘・講演「トランプ現象とは何か?中国崩壊のカウントダウンが始まった」2016 08 23 〜中東情勢を含む
LINK YouTube ≫ 【Front Japan 桜】中朝関係の行方 / 天皇皇后両陛下ベトナム訪問と独立戦争を戦った残留日本兵−井川一久氏に聞く[桜H29/2/21] 〜井川一久(元朝日新聞サイゴン支局長)
 
○佐藤優
・佐藤優 著「日本国家の神髄 焚書『国体の本義』を読み解く」扶桑社新書、2014年
 
○長谷川三千子
・長谷川三千子 著「神やぶれたまはず 昭和二十年八月十五日正午」中央公論新社、2013年
LINK 長谷川三千子 - Wikipedia
LINK ASREAD | 「真実を見つめ、明日を正しく読み取る」言論ポータルサイト長谷川三千子『神やぶれたまはず』ともう一つの解答(2014年1月6日付) by 投稿者:木下元文
LINK 産経ニュース【正論】歴史を見る目歪める「北岡発言」 埼玉大学名誉教授・長谷川三千子(2015年3月17日付の記事) 〜「侵略」という言葉について。
 
○佐々木良昭
LINK YouTube ≫ 「島嶼問題を考える」F 緊急シンポジウム−5 佐々木良昭  〜アメリカの最近の中東戦略について。
 
○伊藤哲夫
LINK YouTube ≫ 『ヤルタ協定・カイロ宣言は戦後秩序の基礎たりうるか@』伊藤哲夫 AJER2014.2.13(3)
LINK アルジャー・ヒス - Wikipedia
LINK ベノナ - Wikipedia
 
○八木秀次
LINK YouTube ≫ 【八木秀次】教育再生〜「学習指導要領・教科書検定基準」改定の行方[桜H26/1/30]
 
○関岡英之
・関岡英之著「帝国陸軍 見果てぬ「防共回廊」」祥伝社、2010年
LINK YouTube ≫ 3/4【完全版】6.21 日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラムin東京[桜H25/7/14] 〜6分17秒付近から
LINK YouTube ≫ 4/4【完全版】6.21 日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラムin東京[桜H25/7/14] 〜35分55秒付近から
LINK YouTube ≫ 【関岡英之】防共回廊とウイグル・トルコ情勢を語る[桜H25/7/4]
 
○黄文雄
・黄文雄 著「「食人文化」で読み解く中国人の正体」ヒカルランド、2013年
・鄭義 著「食人宴席 抹殺された中国現代史」黄文雄 訳、光文社(カッパ・ブックス)、1993年
LINK YouTube ≫ 黄文雄 韓国という厄災 日本人には理解不能 かくも卑しきコリアン根性
LINK YouTube ≫ 第37回「日本人は、なぜ世界から尊敬され続けるのか」
LINK YouTube ≫ 黄文雄「これから始まる中国の悪夢」2015 11 26
 
○呉善花
・呉善花 著「韓国併合への道」文春新書、2000年 (注:2012年に、「韓国併合への道 完全版」が出ています。)
・呉善花 著「日韓併合を生きた15人の証言」星雲社、2015年
LINK iRONNA何でもあり 幻想の世界に生きている韓国国民
LINK iRONNA呉善花 恨と火病と疑似イノセンスと― 異常な反日行為と心の病
 
○石平
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】石平、仁義なき中国の権力闘争[桜H26/9/5]
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】石平、自滅に向かう独裁体制と中国文化[桜H26/9/12]
・石平著「私は「毛主席の小戦士」だった」飛鳥新社、2006年
・石平著「なぜ中国人はこんなに残酷になれるのか」ビジネス社、2012年
LINK U-1速報中国当局の宣伝が『安倍首相に徹底論破され』関係者が顔面蒼白。総力を結集した歴史戦で中国は敗北した(2015年5月4日付)
LINK YouTube ≫ 特別番組「なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 」石平 福島香織 倉山満【チャンネルくらら・4月22日配信】
 
○村田春樹
LINK YouTube ≫ 【村田春樹】大東亜戦争と朝鮮人 日本人かく戦へり 彼らは part1/2 同 part2/2
LINK YouTube ≫ 【村田春樹】そよ風 講演会 前半『日本人はなぜ朝鮮人が嫌いになったのか! 同 後半 同 質疑応答 〜終戦後の状況について。後半は必見
LINK YouTube ≫ 【古谷経衡】さくらじ#91、村田春樹の見た沖縄とネトウヨの真実【saya】
LINK YouTube ≫ 「正論を聞く集い」十月講演『日本は韓国に謝罪する必要は無い!』@ 同A 同B 必見
・下條正男著「日韓・歴史克服への道」展転社、1999年
LINK YouTube ≫ 【古谷経衡】さくらじ#128 村田春樹の語る「戦後日本と朝鮮人」【saya】
LINK YouTube ≫ 2674.2.20【正論の会・正論を聞く集い・講演会】講師・村田春樹・前編! 同・後編! 同・質疑応答 必見
LINK 徳田球一 - Wikipedia
LINK 志賀義雄 - Wikipedia
LINK 金天海 - Wikipedia
LINK 朴烈 - Wikipedia
LINK 朴烈事件 - Wikipedia
LINK 町井久之 - Wikipedia (本名:鄭建永)
LINK 在日韓国・朝鮮人の事件年表 - Wikipedia
LINK 名古屋少年匕首殺害事件 - Wikipedia
LINK 生田警察署襲撃事件 - Wikipedia
LINK 直江津駅リンチ殺人事件 - Wikipedia
LINK 富坂警察署襲撃事件 - Wikipedia
LINK 七条警察署襲撃事件 - Wikipedia
LINK 日光中宮祠事件 - Wikipedia
LINK 長崎警察署襲撃事件 - Wikipedia
LINK 東条村強盗事件 - Wikipedia
LINK 中京私設警察事件 - Wikipedia
LINK 富山駅前派出所襲撃事件 - Wikipedia
LINK 一勝地村農家6人殺害事件 - Wikipedia
LINK 坂町事件 - Wikipedia
LINK 新潟日報社襲撃事件 - Wikipedia
LINK 首相官邸デモ事件 - Wikipedia
LINK 百田駐在所巡査殉職事件 - Wikipedia
LINK 神奈川税務署員殉職事件 - Wikipedia 神奈川県川崎市
LINK 津別事件 - Wikipedia
LINK 会津破蔵事件 - Wikipedia
LINK 浜松事件 (抗争事件) - Wikipedia
LINK 阪神教育事件 - Wikipedia
LINK 宇部事件 - Wikipedia
LINK 益田事件 - Wikipedia
LINK 枝川事件 - Wikipedia
LINK 高田ドブロク事件 - Wikipedia
LINK 本郷事件 - Wikipedia
LINK 平事件 - Wikipedia
LINK 下関事件 (騒乱) - Wikipedia
LINK 台東会館事件 - Wikipedia
LINK 連島町事件 - Wikipedia
LINK 長田区役所襲撃事件 - Wikipedia
LINK 王子朝鮮人学校事件 - Wikipedia
LINK 浅草米兵暴行事件 - Wikipedia
LINK 神奈川朝鮮人学校事件 - Wikipedia
LINK 広島地裁被疑者奪回事件 - Wikipedia
LINK 高田事件 (法学) - Wikipedia
LINK 桜井町事件 - Wikipedia
LINK 奈良警察官宅襲撃事件 - Wikipedia
LINK 島津三条工場事件 - Wikipedia
LINK 祖国防衛隊 (在日朝鮮人団体) - Wikipedia
LINK 吹田事件 - Wikipedia
LINK 枚方事件 - Wikipedia
LINK 大須事件 - Wikipedia
LINK 相馬ヶ原駐屯地事件 - Wikipedia
LINK 大村収容所事件 - Wikipedia
LINK 五所川原税務署襲撃事件 - Wikipedia
LINK 別府市警察署事件 - Wikipedia
LINK 上十条二丁目交番爆破事件 - Wikipedia
LINK Category:在日韓国・朝鮮人の事件 - Wikipedia
LINK Category:昭和時代の殺人事件 (戦後) - Wikipedia
LINK Category:占領下の犯罪 - Wikipedia
LINK Category:昭和時代戦後の事件 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 村田春樹&但馬オサム、おおいに韓国を語るA 同B
LINK YouTube ≫ 【村田春樹】三島由紀夫が生きた時代[桜H27/11/3] 〜村田春樹 氏は、「楯の会」の会員だったそうです。
LINK YouTube ≫ 【歴史戦】平成の大演説会『ダマれ!韓国』[桜H28/4/5] 〜by 長浜浩明 氏、村田春樹 氏
LINK YouTube ≫ 村田春樹・講演「皇位とは?宮家とは?天皇陛下の生前退位について考える」正論を聞く集い2016 09 15
 
○井尻千男
LINK YouTube ≫ 【快刀乱麻】大東亜戦争という"義戦"[桜H25/8/12]
LINK YouTube ≫ 【快刀乱麻】20世紀は人種差別の世紀だった[桜H25/8/26]
 
○西村幸祐
LINK YouTube ≫ 戦略情報研究所Sセミナー「幻の黄金時代」西村幸祐 〜1980年代頃について。
LINK YouTube ≫ 【ニュースの読み方】揺れ動く戦後体制、震源地は西村![桜H25/4/17]
LINK YouTube ≫ 【ニュースの読み方】日系人442連隊とは何か?[桜H22/12/15]
LINK YouTube ≫ 【隣国関係】台湾重視の認識共有、韓国嫌厭の客観情勢[桜H25/9/11]
LINK YouTube ≫ 世界から絶賛される日本人(黄文雄・著):【Critic】ブックレビュー
LINK YouTube ≫ 反日ファシズムの逆襲(1):【Critic】西村's Voice/西村幸祐放送局 同(2)
LINK YouTube ≫ 石平×西村幸祐 対談「平成24年、この年の意味。」/西村幸祐放送局
LINK YouTube ≫ 『ついに発刊!! テキサス親父本! 西村幸祐先生にその面白さを聞く@』西村幸祐・藤木俊一・藤井実彦 AJER2014.4.22(3)
LINK YouTube ≫ 【ニュースの読み方】ISIL人質事件と戦後70年[桜H27/1/30]
・大川周明 著「回教概論」(1942年、慶應書房)。中公文庫 1991年、ちくま学芸文庫 2008年
LINK 大川周明 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ トランプ大統領誕生の意味@西村幸祐 AJER2016.11.11(9)
 
○小山和伸
LINK YouTube ≫ 【早い話が...】マスコミが伝えない真実の日韓近現代史[桜H25/5/15]
LINK YouTube ≫ 【歴史認識】橋下市長と高市政調会長、やはり煽り始めた敗戦利得言論[桜H25/5/15]
LINK YouTube ≫ 2/3【年末SP討論】年忘れキャスター討論会[桜H25/12/27] 〜 34分10秒付近から。
 
○クライン孝子
LINK YouTube ≫ 【言いたい放談】理研はアメリカの出張所なのか?[桜H26/4/18]
 
○青山繁晴
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】8.6広島・祖国は甦る![桜H23/8/23]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】日本版NSC、沖縄慰霊巡拝への思い[桜H25/3/1]
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】すぎやま・青山夫妻対談その2[桜H25/7/19]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】シベリア抑留、選挙制度改革、政治と通貨統合の歪み[桜H25/10/25]
 〜長勢了治 著「シベリア抑留全史」(原書房、2013年)を紹介しています。
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】何のために生きるのか、青山の天命と死生観[桜H26/2/7]
 〜この動画(1分39秒付近から)の質問者の経験談(自虐史観からの目覚め)が非常に興味深い。
LINK YouTube ≫ 【北朝鮮拉致問題】青山繁晴「安倍首相が金正恩に敗北!? 政府に国民の声を伝えろ」
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】憲法改正と歴史観の刷り込み[桜H26/4/18]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】河野談話破棄と憲法無効論、ままならぬ安倍政権と国論の現実[桜H26/4/25]
LINK YouTube ≫ 2014/04/24 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「オバマ大統領 尖閣は日米安保の適用範囲と明言」「TPP 閣僚級協議の継続で一致」など
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】誤報とイエロージャーナリズムの構造的要因[桜H27/8/7]
LINK YouTube ≫ 【前編】青山繁晴×百田尚樹が語る『終戦の日と日本人』
LINK YouTube ≫ 【後編】青山繁晴×百田尚樹が語る『終戦の日と日本人』
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】国民の生活を護るためにも憲法改正を![桜H27/9/18]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】単独防衛論の前に立ちはだかる兵器発達の現実[桜H27/11/27]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】日印歴史フォーラムと慰安婦日韓合意、青山の見解その1[桜H28/1/8]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】慰安婦日韓合意、青山の見解その2※先行公開[桜H28/1/8]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】中性子爆弾と中東情勢、何が北朝鮮を動かしたのか?[桜H28/1/22]
LINK YouTube ≫ 【青山繁晴】フィリピンに根付いた反日プロパガンダ、それに対峙する日本人が持つべきメンタリティとは?[桜H28/1/29]
LINK YouTube ≫ トランプ当選でアメリカの世界支配は終わり 世界は日本を待っている 青山繁晴解説
LINK YouTube ≫ 【櫻LIVE】第189回 -青山繁晴・独立総合研究所・代表取締役社長 × 櫻井よしこ(プレビュー版)
LINK YouTube ≫ 7/14(木)〜青山繁晴・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】
LINK YouTube ≫ 【DHC】6/26(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】 重要
 
○宮脇淳子
・宮脇淳子 著「教科書で教えたい 真実の中国近現代史」柏艪舎、2016年
・宮脇淳子 著「日本人が教えたい新しい世界史」徳間書店、2016年
・宮脇淳子 著「どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史」KADOKAWA、2017年
・宮脇淳子 著「教科書には書かれていない 封印された中国近現代史」ビジネス社、2017年
LINK YouTube ≫ 「中国」という「国」はない〜尖閣諸島の問題を機に〜:宮脇淳子
LINK YouTube ≫ 満洲という「国」はあった!:宮脇淳子
LINK YouTube ≫ 国民国家と民族の誕生:宮脇淳子
 このサイトによると、近代化の際に日本が多くの語を作ったが、その語が中国に取り入れられており、現代中国語の7割がこの日本の作った語を使っているという。韓国でもこれらの語をハングル読みにして使っている。
LINK YouTube ≫ モンゴル帝国から世界史は始まった:宮脇淳子
LINK YouTube ≫ ロシアはアジアだ!:宮脇淳子
LINK YouTube ≫ 1/4 【宮脇淳子】『真実の中国史を知って日本の未来を開こう!』 2/4 同 3/4 同 4/4 同 
LINK YouTube ≫ 【宮脇淳子】平成24年・日中関係を占う[桜H24/1/9]
LINK YouTube ≫ 『30分でわかる尖閣問題@』宮脇淳子 AJER2013.1.24(3) 同A
LINK YouTube ≫ 『満洲って何!?@』宮脇淳子 AJER2012.4.26(5)
LINK YouTube ≫ 【古谷経衡】さくらじ#118 宮脇淳子の広い世界、歴史と学会とカルチャーギャップ【saya】
『じっくり学ぼう!日韓近現代史』 (CGS)
LINK YouTube ≫ 第1話 なぜ今、日韓近現代史なのか?〜昔も今も韓国は韓国【CGS 宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #2 李氏朝鮮ってこんな人達〜韓国に車も樽もなかった【宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #3 こんなに弱いぞ朝鮮軍!〜え?ハングル文学ないの?韓国軍も米軍任せだし...【CGS 宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #4 グローバル化と対峙した日本人〜真人間が悲惨な国韓国【CGS 宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #5 朝鮮は秀吉の"通り道"〜強すぎた日本、弱い中国・韓国【CGS 宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #6 住みたくない土地,朝鮮〜韓国が技術者を使い捨てるのは昔から【CGS 宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #7 貢物は美女と宦官〜弱い上、なにもないのに調子に乗る国、韓国【CGS 宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #8 閔妃暗殺は内ゲバ?!〜やはり真人間は生きられない韓国【CGS 宮脇淳子】
LINK YouTube ≫ #9 教科書は願望の結晶!ウソすぎて入試が作れない裏事情とは【日韓近現代史 宮脇淳子先生】
LINK YouTube ≫ #10 敵も味方も関係なし!強者が大好き韓国・朝鮮の歴史【CGS宮脇】
LINK YouTube ≫ #11 朝鮮半島の抗争を生きた大院君の波乱万丈人生【CGS宮脇】
LINK YouTube ≫ #12 朝鮮の非礼と征韓論の真相はこれ!【CGS宮脇】
LINK YouTube ≫ #13 韓流ドラマはSF・ファンタジーの世界〜朝鮮史の真実【CGS宮脇淳子】
  (以下、継続中)
LINK YouTube ≫ 【9月8日配信】歴史人物伝「●●もビックリの中国論?!大隈重信を語る」倉山満 宮脇淳子【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【9月15日配信】特別番組「教科書で教えたい真実の中国近現代史」宮脇淳子 倉山満【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【10月5日配信】特別番組 「日本人が教えたい新しい世界史」 宮脇淳子 田沼たかし 倉山満【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【10月9日配信】特別番組「日本人が教えたい新しい世界史:続編」宮脇淳子 田沼たかし 倉山満【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【12月4日配信】重版出来御礼!「教科書で教えたい真実の中国史」宮脇淳子・江崎道朗・倉山満【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 特別番組「どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史 」宮脇淳子 倉山満【チャンネルくらら・2月23日配信】
LINK YouTube ≫ 特別番組「どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史 」第2回「モンゴル帝国から一つの世界史は始まる」 宮脇淳子 倉山満【チャンネルくらら・2月25日配信】
LINK YouTube ≫ 特別番組「どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史 」第3回「シベリアの語源シビルは●●と同義!」 宮脇淳子 倉山満【チャンネルくらら・3月4日配信】
LINK YouTube ≫ 特別番組 「どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史 」第4回「今こそ日本人のための世界史を書こう」倉山満【チャンネルくらら・3月11日配信】
LINK YouTube ≫ 追悼番組 岡田英弘先生を偲んで〜その学問と生き様 東洋史研究家宮脇淳子 東京大学准教授杉山清彦 憲政史家倉山満【チャンネルくらら・6月15日配信】 重要
LINK YouTube ≫ 「教科書には書かれていない封印された中国近現代史」宮脇淳子 江崎道朗 倉山満【チャンネルくらら・11月18日配信】
 
○倉山満
・倉山満 著「嘘だらけの日米近現代史」扶桑社新書、2012年
・倉山満 著「嘘だらけの日韓近現代史」扶桑社新書、2013年
・倉山満 著「嘘だらけの日中近現代史」扶桑社新書、2013年
・倉山満 著「嘘だらけの日露近現代史」扶桑社新書、2015年
・倉山満 著「世界一わかりやすい地政学の本」ヒカルランド、2016年
・倉山満 著「国際法で読み解く世界史の真実」PHP新書、2016年
・倉山満 著「日本人だけが知らない「本当の世界史」」PHP文庫、2016年
・倉山満 著「真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任」宝島社、2017年
LINK YouTube ≫ 【特対】嘘だらけの日米近現代史(前編)@倉山満・藤井厳喜 AJER2012.9.6(4) 同(前編)A 同(後編)B 同(後編)C
LINK YouTube ≫ 『ジョージ・ワシントンは架空の人物?@』倉山満 AJER2012.9.14(4) 同A
LINK YouTube ≫ 『誰が"アメポチ"だ?@』倉山満 AJER2012.9.21(3) 同A
LINK YouTube ≫ 『乱世の姦雄 リンカーン@』倉山満 AJER2012.9.28(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『ペリーと江戸幕府の"友情"物語@』倉山満 AJER2012.10.5(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『日米を狙う世界史的陰謀@』倉山満 AJER2012.10.12(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『アメリカから見た日露戦争@』倉山満 AJER2012.10.19(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『人類史最大の災厄@』倉山満 AJER2012.10.26(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『ワシントンの間抜けと陰謀@』倉山満 AJER2012.11.2(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『国際プロパガンダの手口@』倉山満 AJER2012.11.9(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『情報・謀報・陰謀@』倉山満 AJER2012.11.16(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『史上最悪の外務大臣@』倉山満 AJER2012.11.23(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『「暗殺つきポピュリズム」の末路@』倉山満 AJER2012.11.30(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『謀略に弱くなった日本人@』倉山満 AJER2012.12.7(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『今、そこにあるアメリカの陰謀@』倉山満 AJER2012.12.14(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『なぜ弱いアメリカが強い日本に勝てたのか?@』倉山満 AJER2012.12.21(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『情けない国、日本@』倉山満 AJER2012.12.28(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『取り引き材料にされる日本@』倉山満 AJER2013.1.11(3) 同A
LINK YouTube ≫ 『岸と池田は断絶していない!@』倉山満 AJER2013.1.18(3) 同A
LINK YouTube ≫ 『小泉内閣よりマシな政権は?@』倉山満 AJER2013.1.25(7) 同A
LINK YouTube ≫ 『歴史に学ぶ安倍内閣のあり方@』倉山満 AJER2013.2.1(3) 同A
LINK アルバート・ウェデマイヤー - Wikipedia
LINK amazon.co.jp「第二次大戦に勝者なし〈上〉ウェデマイヤー回想録」 (講談社学術文庫) [文庫]アルバート・C. ウェデマイヤー (著)
LINK 倉山満の砦2011年2月24日(木) 第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(6)―アメリカの場合
LINK ウッドロウ・ウィルソン - Wikipedia
LINK 石井菊次郎 - Wikipedia
LINK 石井・ランシング協定 - Wikipedia
LINK 九カ国条約 - Wikipedia
LINK 幣原喜重郎 - Wikipedia
LINK 内田康哉 - Wikipedia
LINK YouTube ≫ 【倉山満】財務省の近現代史〜米中代理戦争の主戦場[桜H24/2/22]
LINK YouTube ≫ 『「軍部」って誰?@』倉山満 AJER2012.2.17(3) 同A
LINK YouTube ≫ 『主計局のつぶやき@』倉山満 AJER2012.2.24(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『元祖"増税大魔王"対大蔵省@』倉山満 AJER2012.3.2(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『占領軍=ソ連のスパイとの闘い@』倉山満 AJER2012.3.9(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『安倍晋三と岸信介の"やめ方"@』倉山満 AJER2012.3.16(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『田中角栄評価の大嘘@』倉山満 AJER2012.3.23(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『大蔵省対スターリン@』倉山満 AJER2012.5.4(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『大蔵省を復活させよ!@』倉山満 AJER2012.5.11(1) 同A
LINK YouTube ≫ 『予算関連法案と財務省の決断@』倉山満 AJER2012.5.25(4) 同A
LINK 保守速報【憲政史研究者】倉山満氏 「朝鮮人を人間扱いしたから大日本帝国は滅びた」(2013年11月22日付)
・倉山満著「嘘だらけの日米近現代史」扶桑社新書、2012年
 倉山満著「嘘だらけの日米近現代史」(扶桑社新書、2012年)p92 から引用。日米戦争(太平洋戦争)のアメリカの勝因について。
『 アメリカの勝因は四つあげられます。第一は圧倒的に優位な生産力、第二は戦時体制の構築による国家意思の統一、第三は敵を強いと認めたうえで合理的に戦訓を抽出する能力、そして第四は情け無用の国際法違反です。通商破壊で民間船舶だろうがなんだろうが沈め、無差別都市空爆で民間人を平気で殺傷しました。間違いなく戦争に負けていたら責任者は全員処刑です。特に原爆は非人道兵器の使用ですから二重の意味で国際法違反です。』
当サイト管理人の意見:当サイト管理人は、これと併せて、@アメリカによる日本側無線の暗合解読、A日本の政治的意思決定の不統一性、も指摘しておく必要があると現在(2013年3月)考えています。)

 倉山満著「嘘だらけの日米近現代史」(扶桑社新書、2012年)p103 から引用。GHQのケージス大佐について。
『 そして、「日本国憲法の父」ことケージス大佐は、鳥尾子爵夫人と不倫旅行で混浴しているところを写真に撮られ、半強制的に帰国させられます。ケージスの陰湿な人妻漁りは当時から語り草ですが、マッカーサーの路線変更でお役ご免となった末の自業自得の結末だったと言えるでしょう。もちろん、「ケージス不倫旅行捕り物帳」は、マッカーサーが容認しなければできません。』

 倉山満著「嘘だらけの日米近現代史」(扶桑社新書、2012年)p104 から引用。マッカーサーのGHQ政策について。
『 日本占領政策を採点するために派遣されたCIAのアレン・ダレス(のちの長官)はマッカーサーに告げます。「お前は日本を共産主義者に売り渡したいのか」と。』

 倉山満著「嘘だらけの日米近現代史」(扶桑社新書、2012年)p109-110 から引用。朝鮮戦争での毛沢東の戦争目的について。
『 ここで中国側の事情を見てみましょう。毛沢東には三つの戦争目的がありました。
 第一は、国内で権力確立のために反対派を粛清することです。
 毛沢東は一九四五年から四年間、内戦を戦っていました。そして蒋介石を大陸から追い出し、中華人民共和国を建国します。これは中国風にいえば王朝交代であり、毛沢東は初代皇帝です。中華帝国では、新王朝の新皇帝が真っ先にやることは功臣の粛清です。なぜならば、建国の功臣こそ自分の地位を脅かす可能性が最も高いと考えるからです。
 毛沢東の兄貴分のスターリンは、日本の敗戦後の北朝鮮に子飼い官僚のような金日成を据えました。その後の金一族が北朝鮮で独裁体制を敷きつつ、ソ連に忠誠を誓う国となったのはご存じの通りです。スターリンは満州にも高崗という人物を連れてきて同じことをさせようとします。そもそもスターリンは、毛沢東を自分の子飼いとして文字通り「飼って」おきながら、蒋介石とも同盟を結び、どっちが勝ってもいいように双方に保険をかけるような人物です。中国本土を支配する毛沢東に対し、高崗を育成して牽制しようとしたのです。
 毛沢東からすれば、おもしろいはずがありません。そこへ朝鮮動乱です。毛沢東は自ら戦争介入を申し出て、軍閥化しはじめていた高崗の軍隊にまともな武器も持たせず最前線に突っ込ませたのです。もちろん、最新兵器は後方の毛沢東直轄部隊が持ち、前方の高崗軍を脅しながら突撃命令を出しました。これを督戦と言います。こうして中国軍は地雷原に自爆突撃を繰り返すことになるのですが、毛沢東はそもそも敵対軍閥の兵士を死なせることが目的なので、人命など問題ではありません。むしろ死亡率が高まるほど好都合というわけです。この毛沢東の目論みは見事に成功しました。 』
 これに続いて、倉山満氏は、第二の目的は「海洋勢力を鴨緑江に寄せ付けないこと」、第三の目的は「スターリンに満州の支配権を認めさせること」であったと、述べています。
『じっくり学ぼう!日本近現代史』 (CGS)
LINK YouTube ≫ 第1週1回 日本人にとっての世界史【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1週2回 三十年戦争と江戸幕府【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1週3回 「鎖国」中の日本【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1週4回 日本人が知らない七年戦争 【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1週5回 天下泰平!平和ボケ 【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1週6回 ついに瀬戸際!アヘン戦争 【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週1回 地球儀から読み解く世界!【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週2回 海の支配者!大英帝国【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週3回 陸の挑戦者!ロシア帝国【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週4回 懲りない人たち・・・フランス帝国【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週5回 民族のるつぼハプスブルク帝国【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週6話 ドイツ帝国の誕生【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週1話 アヘン戦争と日本の知識人【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週2話 小手先の大失敗!天保の改革【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週3話 ついに英露がやってきた!クリミア戦争【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週4話 ペリー?誰、それ?【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週5話 井伊直弼と不平等条約【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週6話 安政の大獄と桜田門外の変【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週1話 文久の改革〜かくして幕末動乱は始まった!【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週2話 薩英戦争〜薩摩、大英帝国に喧嘩を売る【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週3話 四境戦争〜長州、世界中を敵に回す【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週4話 馬関戦争〜長州、大英帝国を追い返す【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週5話 功山寺決起〜維新回天、はじまる【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週6話 薩長同盟〜若者の志が日本を動かした【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週1話 第二次長州征伐〜崩れゆく徳川【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週2話 徳川慶喜の逆襲【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週3話 大政奉還〜徳川将軍家、最後の罠!【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週4話 王政復古の大号令〜大久保利通の決断【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週5話 鳥羽伏見の戦い〜維新回天、なる!【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週6話 戊辰戦争〜敗者たちの幕末維新!【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6週1話 五箇条の御誓文〜天皇を中心とした国民国家日本【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6週2話 廃藩置県〜中央集権の逆クーデター【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6期3話 地租改正と殖産興業〜強兵の前に、まず富国【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6期4話 文明開化と西洋化〜追いつけ追い越せ欧米に!【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6期5話 国境画定〜周辺諸国と張り合った明治外交【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6期6話 岩倉使節団と士族反乱〜武士階級の集団自殺と近代化の矛盾【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第7週1話 立憲政治への道〜みんな憲法が欲しかった【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第7週2話 明治十四年の政変〜日本の恥!自由民権運動【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第7週3話 伊藤博文と立憲政治調査〜文明国になりたい!【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第7週4話 内閣制度と憲法審議〜憲法とは国家の骨組み【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第7週5話 これが帝国憲法だ〜先進的な内容に世界が驚嘆!【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第7週6話 初期議会〜衆議院、やりたい放題!【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第8週1話 脱亜論〜福沢諭吉が朝鮮人を見捨てたワケ【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第8週2話 ベルリン体制の崩壊【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第8週3話 日清戦争〜アジアの決着戦【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第8週4話 三国干渉から日英同盟へ〜白人の陰謀と戦った日本【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第8週5話 日露戦争〜全日本人必見!栄光の歴史【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第8週6話 世界史の奇跡!日本海海戦〜ポーツマス外交大勝利【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第9週1話 協商の年〜明治四十年が坂の上の雲だった【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第9週2話 桂園時代〜ニコポン政治家の情意投合【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第9週3話 大正政変〜"毒殺"されたのは誰だ?【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第9週4話 第一次世界大戦〜帝国陸海軍、カナダから地中海まで守る!【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第9週5話 ロシア革命〜西にレーニン、東に原敬【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第9週6話 政党内閣制を求めて〜急ぎすぎた民主制【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第10週1話 昭和初期の日本〜暗黒社会...ってホント?【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第10週2話 金融政変と張作霖爆殺事件〜少数与党の悲哀を越えて【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第10週3話 金解禁とロンドン条約〜強すぎた政党内閣の末路【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第10週4話 満洲事変〜日本が一方的に侵略?【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第10週5話 上海事変と5.15事件〜憲政の常道、放棄のワケ【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第10週6話 国際連盟脱退〜言語道断の大失敗【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第11週1話 2.26事件〜・・・軍部ってダレ?【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第11週2話 支那事変〜泥沼の日本【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第11週3話 第二次世界大戦の開始〜ドイツに騙される日本【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第11週4話 ノモンハン事件〜ソ連にしてやられる日本【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第11週5話 三国同盟〜またもドイツに騙される日本【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第11週6話 対米開戦〜破滅に向かう日本【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第12週1話 真珠湾攻撃〜世紀の奇襲大成功!...のハズだった【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第12週2話 ミッドウェー海戦〜まだまだ強いぞ!帝国陸海軍【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第12週3話 ガダルカナル攻防戦〜弱いアメリカが強い日本に勝てたワケ【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第12週4話 大陸打通作戦〜それでも恐れられた帝国陸海軍【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第12週5話 沖縄戦〜なぜ沈んだ?戦艦大和【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第12週6話 敗戦〜御聖断、下る【CGS倉山満】
『じっくり学ぼう!日本近現代史』現代編 (CGS)
LINK YouTube ≫ 第1話 敗戦と占領〜武装解除するとどうなる?【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1週2話 マッカーサーって、こんなの【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1週3話 占領軍〜赤い悪魔たち【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週1話 東京裁判とは?〜「裁判」を名乗る復讐ショー【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週2話 日本人弱体化計画〜国際法と文明を無視した一方的蹂躙【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2週3話 東京裁判史観の呪い〜歴史問題で日本が勝利できない理由【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週1話 松本烝治の奮闘〜最初は押し付けじゃなかった?【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週2話 マッカーサーのラクガキ〜ラクガキが日本の憲法となってしまうまで【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第3週3話 金森徳次郎、国体を守るための戦い【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週1話 GHQが行った、悪魔の如き言論弾圧【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週2話 占領こそが総力戦の本番だ!【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第4週3話 公職追放の真実〜占領軍に不都合なもの【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週1話 農地改革〜「最も成功した占領政策」...なぜ?【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週2話 財閥解体〜経済民主化?ナニソレ?【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第5週3話 かくして日本はただの地名となった【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6週1話 吉田茂はこんなひと【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6週2話 占領から講和へ【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第6週3話 捏造された吉田ドクトリンと保守本流【CGS 倉山満】
『じっくり学ぼう!日本近現代史』自民党政治 (CGS)
LINK YouTube ≫ 第1部1話 朝鮮戦争〜共産主義の恐怖【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1部2話 日ソ共同宣言〜日本を危なくするハトの遺伝子【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第1部第3話 出たり入ったりまた出たりのハト − 保守合同から55年体制へ【近現代史 倉山満】
LINK YouTube ≫ #10 増税・デフレ容認派と戦う勇者達へ - 筋を曲げないエコノミスト〜石橋湛山【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2部第4話 自民党総裁選挙〜派閥抗争の原点【CGS倉山満】 〜注:「第1部第4話」の誤りではないかと思われる。上の「#10」と同じアドレスである。改題か?
LINK YouTube ≫ 第2部第1話 日米安保と高度経済成長〜安保改正にかけた岸信介の執念【CGS倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2部第2話 池田勇人が実現した憲政の常道 - 日米安保と高度経済成長【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2部第3話 高度経済成長〜頑張れば、希望と仕事がつかめるしくみ【CGS 倉山満】
LINK YouTube ≫ 第2部第4話 池田勇人の世界政策と遺産〜日本は大国だ! 敗戦国じゃない!!【CGS倉山】
LINK YouTube ≫ 第3部第1話 日韓基本条約〜佐藤栄作は本当に「タカ派」だったのか【CGS 倉山満】
  (以下、継続中)
LINK 株式日記と経済展望ソ連は典型的なファシズム国家です。ファシズムとは、党が国家 の上位にある体制のことです。中国もファシズム国家です。
LINK YouTube ≫ 【5月30日配信】特別番組 典憲体制を語る! 高森明勅 倉山満【チャンネルくらら】 重要
LINK YouTube ≫ 【10月30日配信】特別番組「世界一わかりやすい地政学の本」倉山満・宮脇淳子・江崎道朗【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【11月17日配信】拉致事件を解決できない日本は・・特別番組「国際法で読み解く世界史」倉山満・宮脇淳子・小野義典【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【11月20日配信】「国家」に必要な3つのものとは!?〜特番「国際法で読み解く世界史」後編 倉山満・宮脇淳子・小野義典【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【12月10日配信】プーチンの地政学とは!?〜重版出来御礼!特番「世界一わかりやすい地政学の本」倉山満・宮脇淳子・江崎道朗【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 特別番組 冬の戦争シリーズ「日米開戦の真実〜隠蔽された近衛文麿の戦争責任」第1回日本はなぜアメリカと戦争をしたのか? 秋吉聡子 倉山満【チャンネルくらら・11月26日配信】
 
○江崎道朗
・江崎道朗 著「コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾 迫り来る反日包囲網の正体を暴く」展転社、2012年
・江崎道朗 著「アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄」祥伝社新書、2016年
・江崎道朗 著「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」青林堂、2016年
・江崎道朗 著「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」PHP新書、2017年
・江崎道朗 著「日本は誰と戦ったのか」ベストセラーズ、2017年
LINK YouTube ≫ 【4月27日配信】倉山満が訊く、ゲスト評論家 江崎道朗「WW2後のアメリカはニューディール連合・リベラルに乗っ取られた!」【チャンネルくらら】 重要
・佐藤和男 監修「世界がさばく東京裁判」終戦五十周年国民委員会、1996年
・佐藤和男 監修「世界がさばく東京裁判」(改訂版)明成社、2008年
・リー・エドワーズ 著「現代アメリカ保守主義運動小史」渡邉稔 訳、明成社、2008年
LINK YouTube ≫ 【9月18日配信】江崎道朗の備忘録「米国人歴史学者が訴える〜「反日思想に染まったアメリカの歴史学会」」【チャンネルくらら】 重要
・ジェイソン・モーガン 著「アメリカはなぜ日本を見下すのか? 間違いだらけの「対日歴史観」を正す」ワニブックスPLUS新書、2016年
LINK YouTube ≫ 【10月8日配信】特別番組「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」江崎道朗・内藤陽介・倉山満【チャンネルくらら】 重要
LINK 松岡正剛の千夜千冊1047夜『アメリカン・マインドの終焉』アラン・ブルーム
LINK YouTube ≫ 【10月9日配信】江崎道朗の備忘録「米の櫻井よしこ氏?女性保守活動家故フィリス・シェラーフリー氏がトランプを応援した理由」聞き手小野義典【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【10月29日配信】特別番組「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密 第2弾」江崎道朗・宮脇淳子・倉山満【チャンネルくらら】 重要
・リー・エドワーズ 著「現代アメリカ保守主義運動小史」渡邉稔 訳、明成社、2008年
LINK YouTube ≫ 『(推薦書籍紹介番組)「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」』藤井実彦2016.11.8(CM1) 重要
LINK YouTube ≫ 【12月7日配信】重版出来御礼!特番「アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄」江崎道朗・宮脇淳子・倉山満【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 【1月29日配信】江崎道朗のネットブリーフィング「全米で巻き起こった反トランプデモの正体とは?」小野義典【チャンネルくらら】 重要
LINK YouTube ≫ 【6月5日配信】江崎道朗のネットブリーフィング「トランプがアメリカの保守派に支持された理由!今が東京裁判史観見直しのチャンス!」おざきひとみ【チャンネルくらら】
LINK YouTube ≫ 重版御礼!「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」江崎道朗 倉山満 秋吉聡子【チャンネルくらら・9月12日配信】
LINK YouTube ≫ 「日本は誰と戦ったのか」江崎道朗 宮脇淳子 倉山満【チャンネルくらら・11月25日配信】
LINK オーウェン・ラティモア - Wikipedia
 
○上念司
LINK YouTube ≫ 『上念司の近衛内閣論@』上念司・倉山満 AJER2012.2.21(3) 同A
LINK YouTube ≫ 『続・上念司の近衛内閣論B』上念司・倉山満 AJER2012.2.28(3) 同C
LINK YouTube ≫ 『反面教師ドイツに学べ@【再】』上念司・倉山満 AJER2013.4.6(3)
 
○河添恵子
LINK YouTube ≫ 『アメリカでも歪められる日本の歴史@』河添恵子 AJER2012.4.18(1) 同A
LINK MSN産経ニュース【40×40】河添恵子 日中“虚構の友好”40周年(2012年10月4日付の記事)
LINK YouTube ≫ 第2回前編 河添恵子の警告!中国の実情【神谷宗幣が訊く!】
LINK YouTube ≫ 第2回後編 河添恵子の警告!中国との関係を考える【神谷宗幣が訊く!】
LINK YouTube ≫ 【河添恵子】香港民主化デモ・その背景と行方[桜H26/10/14]
LINK YouTube ≫ 『アジアインフラ投資銀行(AIIB)の裏!?解説@』河添恵子 AJER2015.4.15(11)
LINK YouTube ≫ 【河添恵子】中国の抗日と新国共合作の実態[桜H27/12/3] 重要
LINK YouTube ≫ 河添恵子さん「マスメディアが報じない中国の真実」正論を聞く集い2016 03 15 重要
LINK YouTube ≫ 【文化講演会】マスメディアが報じない中国の真実 河添恵子 重要
LINK YouTube ≫ 【Front Japan 桜】経済成長について知ろう / 米中首脳会談−朝鮮半島問題で習近平はアメリカに命乞い?[桜H29/4/5] 〜後半部分
LINK YouTube ≫ 【Front Japan 桜】松明は醒めた炎で / 米中首脳会談を裏解説−トランプ政権が握る習政権のアキレス腱[桜H29/4/14] 〜後半部分
LINK YouTube ≫ 河添恵子|トランプvs習近平の裏真実!マスメディアを信じてはいけない●●な理由。テレビに騙されてはいけません! 重要
 
○武田邦彦
LINK YouTube ≫ 【保存版】 武田邦彦さんが解説する「反日日本人について」 / 武田 邦彦 〜ちょっと微妙な部分もありますが、聞いていて面白いです。
LINK YouTube ≫ 【保存版】 普通の歴史 / 武田 邦彦 興味深い
 この動画(4時間53分47秒付近から)で、武田邦彦氏は、東京裁判は裁判ではないとした上で、東京リンチ事件と呼んでいる。
 
○山村明義
LINK YouTube ≫ 第12回 GHQのキリスト教洗脳の実態と神道【CGS 山村明義】
LINK YouTube ≫ 第13回 GHQの洗脳以後の日本のシステム【CGS 山村明義】
LINK YouTube ≫ 第14回 政治・外交・教育と神道【CGS 山村明義】
LINK YouTube ≫ 第15回『天皇制解体』を目論む勢力?【CGS 山村明義】
 
○茂木弘道
LINK YouTube ≫ 【茂木弘道】「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか?[桜H22/1/11]
LINK 防衛省防衛研究所日本の戦争計画におけるイギリス要因 ―「対英米蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」の消滅まで― (赤木完爾 著)
 
○室谷克実
・室谷克実 著「日韓がタブーにする半島の歴史」新潮新書、2010年
・室谷克実 著「悪韓論」新潮新書、2013年
・室谷克実 著「呆韓論」産経セレクト、2013年
・室谷克実 著「ディス・イズ・コリア」産経セレクト、2014年
・室谷克実 著「韓国は裏切る」新潮新書、2016年
LINK ボロロン速報史実を知らず、漢字を読めなくなってしまった韓国人の哀れ〜「悪韓論」著者・室谷克実「韓国は敵国」(2013年6月30日付)
LINK YouTube ≫ 室谷克実さん「マスコミが報じない韓国の眞実」講演会2014 10 21
LINK YouTube ≫ 『「対馬=韓国領」論の史的分析@【再】』室谷克実 AJER2015.2.21(1)
LINK YouTube ≫ 室谷克実さん講演「追い詰められた韓国の深層」 2015 05 26
LINK ZAKZAK「日帝残滓追放」を叫ぶのは結構だが、日本語なしで韓国語は成り立たない(2016年4月7日付)
LINK ZAKZAK【新・悪韓論】昔“両班”今“財閥” 前近代的な“身分制度”がいまだ機能する韓国(2016年4月14日付)
LINK 産経ニュースクネ女王、ナッツ姫、ユン・ソナ…謝罪しない韓国人 「水に落ちた犬」は容赦なく追撃の愚 室谷克実(2017年7月7日付)
 
○鳴霞
LINK 鳴霞 - Wikipedia
・鳴霞 著「中国人民解放軍の正体」日新報道、2010年
・鳴霞・千代田情報研究会 著「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」飛鳥新社、2013年
・鳴霞 著「中国 驚愕の性奴隷」青林堂、2015年
LINK YouTube ≫ 【重要証言】鳴霞先生、本多勝一を叱る!「『中国の旅』は嘘ばっかり!」 重要
LINK YouTube ≫ 【重要証言】中国がゼッタイに隠したい「80万人の中国共産党慰安婦」 重要
LINK YouTube ≫ 人間の死体から出る油(人油)を食用に!?
LINK YouTube ≫ 鳴霞チャンネル#1 1/3 鳴霞先生、日中友好40周年を総括【日本守ろうTV】
LINK YouTube ≫ 鳴霞チャンネル#1 2/3  日中友好40周年 中国暗黒の歴史【日本守ろうTV】
LINK YouTube ≫ 鳴霞チャンネル#1 3/3 もし中国共産党が崩壊したら?【日本守ろうTV】
LINK YouTube ≫ 【重要証言】鳴霞先生、本多勝一を叱る!「『中国の旅』は嘘ばっかり!」
 鳴霞・千代田情報研究会 著「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」(飛鳥新社、2013年)p119-126 から引用。中国共産党のスパイについて。
中共スパイの原点は周恩来
 中共スパイの元祖は、元首相の周恩来とされている。それは一九三〇年代に、自清という党員を貿易会社の社長に偽装させ、夫婦でアメリカに派遣、アメリカの商工界・貿易業界・軍需業界・政界など各方面と交流させ情報収集させたことに由来する。
 一九二一年七月の共産党結党以来、スパイ工作による情報収集、謀略はお家芸ともいえるものであった。当時、中国大陸を手中に収めつつあった蔣介石の国民党政府と内戦に突入すると、大勢の特務員を国民党に潜入させた。一説によると、蔣介石の側近には一六人の中共の有名スパイがいたとされている。その何人かを紹介しておこう。

@李克農
 国民党に潜入した初期の大物スパイで、毛沢東は、彼を『大特務』と絶賛し、一九五五年に軍歴ゼロのままで建国功労者として大将の位を授け、軍事情報部門の総責任者とした。一九六二年二月九日に北京で病死している。

A熊向暉
 精華大学時代の一九三六年に共産党秘密党員となる。同時に中華民族解放先鋒隊清華分隊責任者に就任している。一九三七年一二月に周恩来の指示で、国民党の高級将官、胡宗南が司令官を務める第八戦区に入隊、胡に従って後に第一戦区に移り情報収集。一九三九年三月には国民党中央陸軍軍官学校第七分校を卒業している。一九四七年まで胡宗南の侍従副官として機密工作秘書となる。当時、毛沢東は熊の送ってくる国民党の情報を高く評価し、「彼ひとりで数個師団より役立つ」と称賛したという。
 国民党将軍となった胡は、お気に入りの熊をアメリカに留学させ、自らの片腕にしようとしたが、その後、正体が判明。熊は国民党を脱走。胡将軍は「裏切り者」と激怒した。一九四九年一一月、熊は周恩来に招請され北京中南海勤政殿に出向くと、そこにやはり国民党高級官僚として潜入していた張治中などがいた。彼らが親しげに「これは熊老弟か、あなたも蜂起したのか」と冗談を言うと、傍らにいた周恩来が「熊弟は蜂起ではなく帰隊したのだ」と笑い、熊を潜入させた経緯を話した。すると国民党で国防部参謀次長をしていた劉斐は、「だから胡宗南はいつも戦争で敗けていたのか」と大笑いしたという。
 周恩来はその後、熊を外交工作員にして、喬冠華と一緒に中共政権代表として国連総会に出席させている。また外交部新聞司副司長なども歴任させている。
 このエピソードに登場する張治中とは、日中戦争勃発時の南京・上海の国民党軍司令官。蔣介石の命令を無視して上海の日本軍を一方的に攻撃、日中戦争の端緒を開いただけでなく、日本軍を泥沼の全面戦争に引きずり込み、ソ連とも通じた大物スパイである。

B汪錦元
 中国人の父と日本人の母を持つハーフ。一九二九年に上海で母と暮らしていた頃、母に連れられて来日。日本共産党員の西里龍夫などの影響を受け、一九三六年に中国共産党に入党。一九三八年初めに中共の命令で、蔣介石と決別した汪精衛(汪兆銘)の上海政府(親日本政府)の秘書処に潜入した。日本語の達者な汪錦元は、汪精衛の随行秘書兼日本語通訳となり、一九四〇〜四二年の間に二回日本を訪問。汪精衛の情報だけでなく日本の国家情報も収集して周恩来から絶賛された。
 一九四二年八月に、西里龍夫らが起こした治安維持法違反事件に巻き込まれて日本警察に逮捕されたが、一九四五年五月に釈放。中国共産党新四軍淮南根拠地に戻った。
 一九四五年九月には、中共の命令で国民党組織内部に長期潜入し、一時期は中共との連絡も途絶えたが、中共の上海占領後には保衛部所属の「東方経済研究所」代表となっている。しかし、いわゆる反ブルジョワジー運動である「三反・五反」運動の余波で一九五五年に逮捕され北京刑務所に服役。一九八二年八月に名誉回復した。一九九二年三月に病死。ちなみに「三反・五反」運動とは、「反汚職」「反賄賂」「反脱税」などを掲げ、民衆の支持を得ようとした運動。文化大革命の小型版といえるものだが、内部告発、隣人告発が奨励される苛酷なもので、約二〇万人が自殺したという。虚構で固めた中共政権は、常にこうしたプロパガンダによる弾圧が必要なのかもしれない。

C郭汝瑰
 毛沢東の腹心であった大物スパイ。孫文が創設した黄埔軍官学校を卒業し、共産党の秘密党員となって日本に留学。帰国後、対日戦争のために国民党に潜入した。
 一九三七年は四二旅団長として日本との戦争に参戦。蔣介石から絶大な信頼を得、国民党内の軍人エリートとして台頭した。
 郭汝瑰は中共初期スパイメンバーの董必武にリクルートされたことになっているが、実際には最初から共産党員だった。中共のスパイでありながら、日本の敗戦後も依然として蔣介石の信任は厚く、国共内戦中には作戦指揮の国防部作戦庁長に昇進、定期的に蔣介石の官邸に出入りし、国民党のすべての作戦計画を把握。毛沢東に報告していた。
 また国民党軍が敗北し被害を受けるよう偽情報を流して、蔣介石が作戦判断を間違うように誘導もした。郭汝瑰の工作によって国民党軍は敗走を続け、ついに蔣介石は台湾へ追い出される結果となった。毛沢東は当時、「我が胸中には百万の雄兵がいる」と語っていたが、その百万兵の中の半分は郭がもたらす国民党の作戦情報だったのである。
 ところが、大きな功績をあげた郭汝瑰は、中共政権樹立後、要職に重用されることなく四川省交通庁長に追いやられた。後には前述の「三反・五反」運動の余波で、「国民党のスパイ」とされ追放される。一九七八年になってようやく名誉回復されたが、彼はすでに七一歳になっていた。中共のスパイの運命もまた苛酷なのである。

 いずれにせよ国民党は、共産党に軍事力や戦闘によって敗北したのでなく、「内部の敵」中共の潜入スパイによる情報戦に敗北したのである。
 そもそも、蔣介石の運命のみならず、日本および中国共産党の命運も大きく変えた一九三六年の西安事件を画策した黒幕も、周恩来である。
 西安事件とは中国東北地方(奉天軍閥)の支配者で国民党に帰順していた張学良(日本軍に爆殺されたとされる張作霖の息子)が、蔣介石を自らの支配地・西安に招待し、突然拉致監禁した事件である。
 蔣介石は張学良を一の子分のように信頼していたが、実は張はソ連のスターリンとも毛沢東とも通じていた。そして、この拉致監禁の当初の目的は、蔣介石の暗殺であった。なにしろ当時の中共は、蔣介石軍によって黄土高原の延安に追い詰められ、一時は八万人いた軍隊も一万人を割る状態で、崩壊寸前だったのだ。
 しかしスターリンの目論見は違っていた。「最初の敵は日本軍である。蔣介石はまだまだ生かしておいて利用すべきである」と国共合作(国民党と共産党が協力して日本軍と戦うこと)を提案。かくて事件解決の斡旋者として登場するのが周恩来である。周恩来は蔣介石解放の条件として、国共内戦の停止と挙国一致による抗日を要求。蔣介石はこれを呑み、翌一九三七年の上海における日本軍との全面戦争へとつながっていくのである。
 もっとも毛沢東は、国共合作が成立した後、こう言ったという。
「適当に銃を撃って、さっさと逃げて、国民党軍と日本軍を戦わせておけばよい。日本軍が勝っても、彼らは点(都市)と線(鉄道・幹線道路)しか支配できない。背地の農村地帯を我々が支配すればよい。それに日本軍は他国の軍隊だ。いずれ国に帰っていく」
 国共合作は見せかけで、この時国民党軍の大陸での敗北も決定したといえなくもない。
 毛沢東は『毛語録』ばかりが有名だが、ユン・チアンの『マオ』によれば、共産党に入党する三年も前の二四歳の時に、こんなことを書いている。
「『殺すなかれ』『盗むなかれ』『中傷するなかれ』といった戒めが、良心に由来するものとは考えない。これらは自衛を求める利害の観念から生じたものにすぎない」「(すべての配慮は)断固として外的な道徳律や、いわゆる責任感に基づくものであってはならない」
 目的のためには良心や道徳、責任感など、日本人の好きな徳目はすべて否定し、謀略や奸計も辞さない、というのが毛沢東、ひいては中国共産党の行動原理であり、その巨魁毛沢東の最高の随伴者で、中共の謀略スパイ工作の元祖が、周恩来だったのである。
 日本では、政治家にも知識人にも周恩来ファンが多いが、筆者としてはなんとお人好しの人たちだろうと思うしかない。 』


 鳴霞・千代田情報研究会 著「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」(飛鳥新社、2013年)p126-143 から引用。南京大虐殺論争について。
南京大虐殺が一九七九年までの中国歴史教科書に一切掲載されていない不思議
 蔣介石が中共の謀略に嵌ったように、現代の日本がまんまと嵌められたのが、「南京大虐殺」である。
 筆者は二四歳まで主に中国遼寧省瀋陽で過ごしたが、小学校や中学校で日本軍による「南京大虐殺」などということを学んだことがない。実際、一九五八年版の『中学歴史教師手冊』の中の「中外歴史大事年表」の一九三七年には「日本軍侵占上海、国民政府遷都重慶」と簡単に記されているだけだ。
 もう少し時代の下った一九七五年『新編 中国史』では、「一九三七年に国民党政府は(対日本軍戦で)南京防御に失敗し重慶に首都を移した」とされている。注目すべきは、一九五八年版の『教師手冊』の中に「蔣介石は大量の共産党と革命群衆を屠殺した」という記述があることである。さらに一九四九年、国共内戦に勝利した毛沢東は南京郊外の雨花台(百人斬り競争をしたとされる日本軍将校が処刑された場所)に「雨花台烈士陵園」を建設し、自ら筆を執り「死難烈士万歳」と書いた。その文字が、「国民党政府雨花台屠殺了三十万共産党烈士」と記された記念碑に刻み込まれている。
 いずれにしろ、一九七九年までの歴史教科書にも新聞雑誌にも、日本軍による「南京大虐殺」という話は存在しなかった。ところが、一九七九年の「全日制中学歴史教科書」に突然、日本軍による「南京大虐殺三〇万人」という話が登場する。
 一体なぜなのか。一九七九年という時期は重要である。その前年の七八年に日中は「平和友好条約」を正式に締結し国交正常化、この年は大平首相(当時)が訪中し、巨額の経済援助(ODA)を約束した。つまり、中共はODA獲得のためのレバレッジとして「南京大虐殺」が有効だと判断し、情報操作を開始、世論誘導を始めたのである。
 そもそも、南京大虐殺とは何なのか。支那事変といわれる日中戦争の最中に、当時の中華民国の首都であった南京攻防において、日本軍が引き起こしたとされる大量虐殺である。
 一九三七年一二月、日本軍は支那事変を終結させるため南京へ侵攻。同一三日に南京を占領。それから約六週間の間に市民や捕虜三〇万人を虐殺したと中国共産党は主張する。南京大虐殺紀念館の外壁には、大きな文字で「300,000」の数字が犠牲者数として掲げられており、中国の子供たちは、毎年そこへ行かされて反日教育を受けるのだ。
「南京大虐殺」は、日本でも共産党や社会党、親中である朝日新聞、日教組などを中心に広められ、教科書にまで掲載されるようになったのは、ご存じのことと思う。
 筆者は「南京大虐殺」については、八二年に日本に来てから詳しく知った。学生時代、一切教えられなかったからだ。興味を持って、様々な書物を読み、最終的に大規模虐殺どころか、小規模の虐殺さえ、実際にはなかったのではないか、という結論に達した。さらに前述した雨花台に建立された毛沢東の「共産党烈士」記念碑の三〇万と、日本軍が虐殺したとされる犠牲者の数の一致に気づき、中共の巧妙なすりかえ工作にも気づいた。
 もちろん、戦争であるから、日本軍が品行方正で一切の戦争犯罪的行為がなかったということはないだろう。窃盗や強姦事件などもあったろう。しかし、それはごく少数で、終戦直後、満州に侵入したソ連兵や、中国人が日本人の戦後残留者に対して行ったものなどに比べればはるかに小さいものであったと考えられる。むしろ南京での日本軍は、非常に人道的な組織行動を取っているのである。南京戦の最中、市内にいた民間人は全員、南京市内に設けられた「安全区」に避難していた。安全区は、南京に住む欧米人の発案による日本軍の承認を得て設けられたものであり、日本軍はそこを一切攻撃せず、安全区の民間人らは誰一人死んでいない。そもそも、戦争中に安全区のような場所を作ること自体が、過去の戦争ではなかったし、その後の国共内戦でも同様だった。
 ただ、日本軍の南京占領が始まると、そのような日本軍の措置を逆手に取り、中国兵の多くは軍服を脱ぎ捨て、中国人市民を殺して服を奪い、民間人に化けて南京の安全区に逃げ込んだ。そうした中国兵の中には、武器を隠し持ってゲリラ活動を行う者や、安全区内で強姦や略奪、殺人などを行い、それを日本兵の仕業に見せかける者もいた。
 こうした民間人になりすまして戦う中国兵を便衣兵と呼び、日本軍が摘発し、場合によっては銃殺したのは当然のことである。国際法では、こうした不法戦闘員は「捕虜」としての扱いを受けることができず、直ちに銃殺されても致し方ないとされている。
 戦争は殺し合いである。だから一般人を巻き込まないために、兵士は正規の軍服を身に着けることが義務づけられている。こうした不法戦闘員は数千名に上ったという。
 また、日本軍は、一方で市民や捕虜に対し食糧支援などの人道的活動も行っている。その結果、日本軍占領下で餓死した市民は一人もいなかった。日本軍の支援に感激して、のち汪兆銘が上海に樹立した親日政府の兵士になった中国人捕虜たちも多くいた。
 では、なぜ日本軍による「南京大虐殺」なる虚構が語られるようになったのか。
 そもそも、南京においては悲劇的な虐殺事件が過去に何度かあった。南京は華東に位置し、古代より揚子江沿いの要衝地帯。長く首都だったこともあり、政治的な象徴でもあった。当然、南京をめぐる攻防戦は少なくなかった。古くは西暦三二二〜四年の王敦(おうとん)の乱(五胡十六国時代)などもあるし、西暦五五二年には王僧弁の南京大屠殺(南北朝時代)という記録も残っている。近年で最も大きな虐殺が行われたのは「太平天国の乱」だ。
「南京の北東の門の前に、爆薬二十トンを爆発させた。爆発の煙が消えたとき、その軍隊は市内になだれ込み、飢えた住民に襲いかかった。王宮と他の宮殿は、火を放たれた」(K・S・カロル著『毛沢東の中国』)
 ここに登場する軍隊は、清朝末期の漢族軍人・曽国藩が率いる湘軍だ。
「続く三日間に、十万人以上の人々が殺されたが、投降した反徒はひとりもいなかった。われわれはポンペイを思わせる人影のない街路を前進したが、焼死者の悪臭にたえられなかった」「五十万の人口のうち、生き残ったのは、五百人に過ぎなかった」(前掲書)
 これが一八六四年に起きた「南京大虐殺」、要するに「太平天国の乱」の結末である。そしてこれは、中国人の軍閥が中国人を虐殺したものである。
 五〇万という数字は、著書カロルの水増しで、現在では、犠牲者は「二〇万人」というのが定説になっている。しかし、外国人から見て、見渡す限りの虐殺の跡は、その国の人々の残虐性を物語った数字ではなかったか。また曽国藩の幕僚であった趙烈文は、著書『能静居士日記』の中で、「虐殺は一ヵ月間続き、財宝を運び出す車列は延々三ヵ月続いた」と記している。加害者側の告白であることが重要だ。
 さて、二〇万人の犠牲者数と三ヵ月という期間。どこかで聞いた覚えがあると思う歴史通の読者も多いと思う。そう、二〇万人とは市ヶ谷における東京裁判で、蔣介石の中華民国側が「日本軍による南京大虐殺」の犠牲者として突如持ち出した数字であり、三ヵ月とは、日本軍の占領により、南京が混乱に陥っていたとする期間である。こうした数字の剽窃やすりかえは、中国人は実に巧妙である。
 さて、日本軍の南京攻略(一九三七年一二月)の前に、二つの南京事件というものがある。まずそれを説明しておこう。
 第一次南京事件は、一九一三年八月、袁世凱(当時の中華民国大総統)の腹心・張勲が南京を奪取した際、日系商店や在留日本人を襲い、日本人十数人が虐殺された事件で、日本国内に対中強硬路線が高まる原因となった。
 第二次南京事件は蔣介石が引き起こしたものである。
「(父は)眼鏡を奪い取られ、目が見えないまま二階から飛び降りたそうです。腹と足を刺され、父は重傷を負いました。(略)その時に着いていた血だらけの背広をわが家では大事にとっておりました」(門田隆将著『この命、義に捧ぐ』)
 日本陸軍・根本博中将(当時は少佐で南京領事館付の駐在武官)の長女が語る、九死に一生を得た第二次南京事件の生々しい記憶だ。一九二七(昭和二)年三月二四日、南京の日本領事館に勤務していた根本少佐は、そこで南京事件に遭遇。乱入した中国人集団に素手で立ち向かったが、銃剣で刺され、深い傷を負った。襲撃した中国人集団は、蔣介石率いる国民革命軍の正規兵だった。北伐の途上にあった国民党軍は、その日の朝早く、南京に入城。当初は平穏であったが、程なく城内は騒擾状態に陥った。
 国民党軍の一部兵士と「民間人」が日米英などの在外公館や居留地を襲撃、暴行・略奪を繰り返したからだ。事件当時、南京に居住していた日本人は、約五〇〇人。彼らは軒並み襲撃を受けた。日本領事館に侵入した中国人集団は日本公館員を襲い、金品を強奪するだけではなく、領事夫人を陵辱するといったショッキングな事件まで引き起こしている。
 この、蒋介石軍による南京襲撃は、外交上の大事件だった。在外公館を宣戦布告もなく襲撃するなどというのは国際法上許される行為ではないし、まして虐殺、陵辱、強奪といった犯罪行為が平然と行われたのである。
 当初、英米は揚子江に軍艦を出動させ、南京城内を砲撃し、数千の犠牲者と多数の家屋を破壊するという強硬手段を取った。ところが、その後の日本や英米による蔣介石追求は甘かった。当時、日本の大陸における権益拡大により、欧米国内においても反日機運が高まっていたことと、背後にロシア革命後のコミンテルン(国際共産主義組織)が動いていたこともあって、日米英が協力して事件処理にあたるという体制が取れなかったのだ。結局、各国が個別に交渉し、国民党側が賠償の責任を取る、というあいまいな形で解決している。実際、事件当時にソ連が国民党に送り込んだ政治顧問ボロディンは、コミンテルンの工作員だったし、南京に入城した第六軍・第二軍の政治部主任も共産分子だった。
 そして、コミンテルンと中国共産党の狙いは、蔣介石軍兵士を暴走させ、蔣介石を世界から孤立させることにあった。したがって、日米英のある意味軟弱な追及は、中国共産党およびコミンテルンの謀略をこの時点で挫折させたと言えなくもない。この第二次南京事件を日本の親ソ、親中メディアや媚中学者が、一切無視し続けた理由もここにある。
 もちろん、中国共産党も、敵対していたはずの蔣介石軍の南京における蛮行を政権樹立後も声高に非難するようなことはなかった。何しろ、自らが背後で糸を引いていたのだから、当然といえば当然だ。そして、日中平和友好条約が締結されるやいなや、過去の南京における惨劇を一緒くたにして、日本軍の蛮行として宣伝し始めたのだ。
 ただ、中共は、この南京大虐殺を喧伝するにあたり、日本の世論に対する周到な準備もしていた。代表的なものが朝日新聞で一九七一年八月から連載が始まった、本多勝一記者の『中国の旅』である。これは中共が用意した証言者にインタビューしたもので、日本軍の南京侵攻における暴虐が、証言の裏を取ることなく羅列された、ジャーナリズムとして噴飯もののレポートである。
 しかし、その記述を使った日教組が子供たちに自虐史観を教えることによって、南京大虐殺は瞬く間に広まっていった。またNHKは、七九年の後半、人民解放軍の全面協力を得て、「シルクロード」の撮影に入っている。このテレビ番組は、ウイグルに対する非人道的な侵略や、タクラマカン砂漠での核実験を糊塗し、ウイグルを中国領として自明のものとした、ある意味中共の宣伝番組だったのだ。
 つまり、日本を代表する二大マスコミが、日本の世論操作のため、中共の下僕のごとき内容を報道したのである。このマスコミと中共の情報操作の関係は、後の章で詳述する。
 では、逆に南京大虐殺について、中共はどのようなことを発表していないのか。
 まず言えるのは、日本軍の南京攻略後、南京に人々が戻ってきているという事実である。実際に虐殺が行われていれば、命からがらやっと逃げた人々がその場所に「戻ってくる」などということは考えられない。
 日本軍の南京への攻撃開始の約一週間前、南京の警察庁長官・王固磐は記者会見において「ここ南京には今なお二〇万人が住んでいる」と発表。南京安全区国際委員会(安全区を管轄する委員会)も「南京市内の人口は二〇万人」と発表し、南京陥落から一ヵ月後の一月一四日には、人口が「二五万人」に増えたと公表している。
 人々が戻ってきたということは、平和が回復し、商店なども店を開け、それだけの働き口もあったということだ。また食料や水(南京では水道水および井戸水などは飲めない)などの生活物資も確保されていた。
 占領後、日本軍は、民間人に化けた中国兵と本当の民間人を区別するため、一人ひとり面接審査を行っている。その際、一〇歳以下の子供と六〇歳以上の老人は戦闘能力がないと判断され、無条件で審査から除外された。そして、民間人と認められた人々には「良民証」というものを発行している。その発行数は一六万人分を超えていた。このような事実も、中共から一切情報が流されていないもののひとつである。
 また、南京が日本軍によって陥落したとき、日本軍兵士たちとともに、一〇〇名を超える新聞記者やカメラマンが共に南京市内に入っている。その中には日本人記者たちだけでなく、ロイターやAPなど、欧米の記者たちも参加し、占領の状況を克明に報告している。既に仮想敵国であった日本軍が、国際法に違反する虐殺を行っていれば、彼らは大々的に報道したはずであるが、その中の誰一人として、「三〇万人の大虐殺」を報じていない。ただし、アメリカの一部の新聞に虐殺を想起させるような記事が出たのも事実。しかし、それらは、現地にいなかった記者が伝聞で書いたもので、なおかつ蔣介石政府の中央宣伝部に協力する記者によるもの(つまりスパイであったことが今日判明している)で、現地報道の大勢とはならなかった。
 イギリスの英字新聞では日本軍が南京において中国人に食糧や水を配給し、中国人が喜ぶ姿が報道されている。他にも日本兵が、丸腰で南京の市民から買い物をしている姿や南京の中国人と歓談している姿などが、写真で報道されている。また中国人負傷兵を手当てする日本の衛生兵たち、再び農地を耕し始めた農民たち、破壊された街を、銃の代わりにつるはしなどを持って復興作業に従事する日本兵たちの姿も紹介されている。
 一方の戦争当事者である国民党総統・蔣介石も、南京を脱出し武漢に臨時政府を置いてから終戦に至るまで、中国人民向けに何百回ものラジオ演説を行い、また同様回数の外国人記者との会見も行っているが、ただの一度も、「南京で大虐殺があった」などと言っていない。南京は彼が生まれ育った街であり、これは非常に不自然なことだ。
 ただし、前述した通り、彼の隷下の中央宣伝部が、外国人記者に日本軍の仕業とする偽写真や捏造写真(現在南京大虐殺紀念館に展示されているものの大半はこれである)を流し、国際的同情を引こうと画策したのは事実。しかし、それとても日本軍の組織的戦争犯罪を追及したものでなく、戦争につきものの敵を中傷する宣伝、プロパガンダであった。
 もう少し、南京占領時の状況を見てみよう。当時の日本軍の司令官・松井石根大将は、南京攻略を前に、「決して民間人を殺してはならない」と全軍に厳しく命じている。実際、南京占領後、安全区のリーダーであったドイツ人、ジョン・ラーベは、「日本軍が安全区を攻撃しなかったことを深く感謝いたします」という感謝状を松井大将に手渡している。
 ジョン・ラーベについては、その日記と称するものが、アイリス・チャンの『ザ・レイプ・オブ・南京』のネタ本になっているので、少し触れておく。ラーベはドイツ・シーメンス社の武器商人で、国民党政府に武器を売り込むのが仕事であった。当時、ドイツは国民党政府を支援していたため、ラーベはヒットラーに、日本の悪口をせっせと報告していた。ところが一九三六年の日独防共協定が日独伊三国同盟に進展しようとしていた矢先に、ラーベは日本への否定的な報告書を持って帰国、ヒットラーの怒りを買い失脚。ラーベの日記は、その恨みつらみが元となっており、決して公正な態度で書かれたものではない。またアイリス・チャンの『ザ・レイプ・オブ・南京』も一時ベストセラーになったものの、あまりに歴史的誤りが多く批判が集中、本人はその後自殺している。
 本題に戻ろう。前述したように、南京に住む欧米人らは「南京安全区国際委員会」というものを作っており、日本軍による南京占領後に南京で起きた犯罪事件をまとめ、日本軍に提出。その取り締まりと治安の維持を求めている。それによると、日本兵によると思われる犯罪が四二五件報告されているが、大部分は伝聞にすぎず、そのうち殺人事件は四九件。その四九件のうち、国際委員会の委員が直接目撃したものはわずか二件で、いずれも国際法上合法と判断される内容のものでしかなかった。特にそのうちの一件は、民間人の服装で反乱を起こそうとした中国軍を取り締まったものである。
 この「軍服を着ていない中国兵」は数多く目撃されている。例えば『南京戦史』という証言集の中で、橋本以行(もちつら)氏が、南京攻略戦の最中、揚子江岸で見た中国兵たちをこう語っている。「小銃や機銃を大事に携行していても、正規兵の服装をした者は一人も見当たらない。彼ら揚子江岸の中国兵らは、降伏勧告にも応えず、戦闘を続けたので、日本軍は攻撃を続行。中国兵はジャンク舟に乗って逃げようともしたが、多くは溺死し、遺体は下流の揚子江岸にうち上げられた」。同誌にはそのときの写真も掲載されているが、これが「大虐殺の証拠写真」として「南京大虐殺紀念館」に展示されているのだ。
 南京の城壁内で、『ニューヨーク・タイムズ』のティルマン・ダーディン記者は、「軍服を一斉に脱ぎ捨てる中国兵たち」を目撃している。一九三七年一二月二二日の同紙に「私は一部隊全員が軍服を脱ぐのを目撃したが、それは滑稽といってよいほどの光景であった。多くの兵士は下関へ向かって進む途中で軍服を脱いだ。小路に走りこんで便衣(民間人の普通の服)に着替えてくる者もあった。中には素っ裸になって一般市民の衣服をはぎ取っている兵士もいた」と書いている。南京のジェームズ・エスピー米副領事も、「脱ぎ捨てられた中国兵の軍服が街路の至るところに散乱しているのを目撃した」と報告している。
 では、虐殺のようなことはまったくなかったのか。
 南京戦に参加した日本兵らの証言によれば、南京をはじめその周囲で悪事を積み重ねていたのは、日本兵ではなく、むしろ中国兵のほうであったという。
『1937 南京の真実』には、日本兵の目撃談として「(通りかかった)この町には、かつて蔣介石の大軍がたむろしていたのですが、空陸一体の皇軍の進撃に、敵はもろくも敗退したのです。城内の住民は食糧は申すまでもなく、家財道具もことごとく支那軍のために強奪され、男はみな壕掘りに、連日連夜酷使されたということでした。このような国の民こそ全く可哀相でなりません」とある。
 また梶村止(いたる)少尉は一九三八(昭和一三)年一月一五日の彼の日記に、南京戦に参加したのち、南京から上海方面に移動中、近くの村人が中国兵に襲われ、救助を求めてきたというエピソードを紹介している。梶村少尉は一行三〇余名が現場に急行したときは、村を襲撃したとされる中国兵たちは逃走したあとであった。「自国の兵隊の悪事を敵軍に報告、討伐を願うという矛盾が、とりもなおさず支那軍隊がいかなるものであるか、この一事にて判断できる」。なお、この中国人の村人たちは、駆けつけてくれた梶村小隊に感謝し、彼らになけなしの食料を提供し、名残を惜しんだとの記述も残っている。
 前出のティルマン・ダーディン記者は、ニューヨーク・タイムズ紙で、南京攻防戦を控えた中国軍を「焼き払いの狂宴」と題して次のように記した。「一二月七日以降、南京へ向けて一五マイルにわたる農村地区では、ほとんどすべての建物に火がつけられた。村ぐるみ焼き払われた。中山陵園内の兵舎・邸宅や、近代化学戦学校、農業研究実験室、警察学校、その他多数の施設が灰燼に帰した。……この中国軍による焼き払いによる物質的損害を計算すれば、優に二〇〇〇万ドルから三〇〇〇万ドルにのぼった。これは、南京攻略に先立って何ヵ月間も行われた日本軍の空襲による損害よりも大きい」。つまり中国兵は逃亡する際、日本軍に物資や食料が渡るのを恐れ、中国人の村や町を焼き払ったのだ。
 本多勝一・『中国の旅』には、日本軍が行ったとされる「三光作戦」というものが出てくる。三光とは中国語では「殺し尽くし、焼き尽くし、奪い尽くす」という意味だが、そもそも日本語にはそうした意味はなく、これは蒋介石軍が最も得意とした戦略である。『敵の顔』の著者サム・キーンは「敵は自我の否定的側面から構成される」という。すなわち、「貪欲さと残酷さ、加虐性など自己の否定的側面は敵の資質としてのみ認識し」、そうすることで「不安と罪悪感を縮小する」というのだ。アメリカ副領事ジェームズ・エスピーが行った前記報告にも、「中国兵自身、略奪と無縁ではなかった。……日本軍入城前の最後の数日間には、疑いもなく彼ら自身の手によって、市民と財産に対する侵犯が行われた。気も狂わんばかりになった中国兵が、軍服を脱ぎ棄て市民の着物に着替えようとした際には、事件もたくさん起こし、市民の服欲しさに、殺人まで行った」とある。
 まさに、外国人の目から見ても、当時の日本人の記録を見ても、略奪や殺人を犯していたのは中国兵のほうであり、日本軍ではないのである。
 それにしても、人口二〇万人の都市で三〇万人を虐殺するなど神様でも不可能だ。この幼児でもわかる疑問を、『文藝春秋』の二〇〇五年八月号で櫻井よしこ氏が中国の知識人二人にぶつけたことがある。この時、中国側の一人、黒龍江省社会科学院研究員で近代史のエキスパートだという歩平氏は「歴史の事実は孤立して存在するのではなく、被害者の感情に関係する」「南京の三〇万という数字は単に一人一人の犠牲者を足していったものではなく、被害者の気持ちを考慮したもの」であると開き直った。中国から帰化した筆者が言うのもいささか気が引けるが、これが絶対謝らない中国人のメンタリティである。
 大きな嘘ほど「バレない、見破られない」とよく言うが、「南京大虐殺」という大嘘は、日本から巨額のODAを引き出し続けるだけでなく、日本におけるナショナリズムの高揚を抑え、日本国民の防衛意識を萎縮させ、民間企業などにおける商取引においても、戦争責任の話を枕に振ると、交渉が中国側に有利に働くという実利までも生んでいる。さらにこれが村山談話や河野談話につながり、日本の内政に干渉するテコにもなっている。
 ところで、筆者が生まれた瀋陽から約三三〇キロ北方に長春という都市がある。満州国の首都だった新京である。この都市は国共内戦中の一九四八年、林彪率いる共産党軍によって半年間包囲され、水も食糧も補給されない冷酷な戦略により、市民六五万人の餓死者を出したと言われる。戦争における犠牲という面では、ドイツが行ったレニングラード包囲戦と同様の悲惨さである。にもかかわらず中共政府は、これを「無血解放」と呼び、実態調査も研究もせず、歴史の闇に葬ってしまっている。それが中共のやり方なのである。 』


 鳴霞・千代田情報研究会 著「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」(飛鳥新社、2013年)p258-259 から引用。現代の中国における、軍内部の衝突について。
『 もともと、軍、武装警察、警察(公安)の仲は悪い。それぞれが権力を基盤とした裏ビジネスをしており、その利権をめぐってしばしば衝突が起きるからだ。軍内部でも衝突が起きるのだから始末が悪い。例えば蘭州軍区と、その管轄下の甘粛省軍区は利益配分をめぐって銃撃戦を展開、一二人が死亡、九〇人が負傷した。遵義駐屯軍と貴州軍区も、二六〇万元で購入したビルをめぐって銃撃戦を繰り広げ、五二人が死亡、九〇人が負傷。阿南の空軍格納基地では、当直の二人の軍人が、商売の利益配分でトラブル、互いに発砲して火災を引き起こし、航空機八一機が爆発、九〇人が焼死した。これらはほんの一例であるが、中国の公式メディアでは一切正確に報道されない。 』
 
○ヘンリー・S・ストークス
・加瀬英明、ヘンリー・S・ストークス 著「なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか」祥伝社新書、2012年
・ヘンリー・S・ストークス 著「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」祥伝社新書、2013年
・ヘンリー・S・ストークス、植田剛彦 著「目覚めよ!日本 連合国戦勝史観の呪縛からの脱却」藤田裕行 編・訳、日新報道、2015年
・ヘンリー・S・ストークス 著「外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた」藤田裕行 訳、悟空出版、2015年
・ヘンリー・S・ストークス 著「英国人ジャーナリストが見た現代日本史の真実」藤田裕行 訳、アイバス出版、2016年
・ヘンリー・S・ストークス 著「戦争犯罪国はアメリカだった!   英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄」藤田裕行 訳、ハート出版、2016年
・ヘンリー・S・ストークス 著「大東亜戦争は日本が勝った」藤田裕行 訳、ハート出版、2017年
・ヘンリー・S・ストークス ・植田剛彦 著「日本が果たした人類史に輝く大革命 「白人の惑星」から「人種平等の惑星」へ」自由社、2017年
・ヘンリー・S・ストークス 著「欧米の侵略を日本だけが撃破した」藤田裕行 訳、悟空出版、2017年
LINK 産経ニュース【歴史戦 第8部 南京「30万人」の虚妄(4)後半】「責任は敵前逃亡した蒋介石に」 NYタイムズ元東京支局長に聞く(2014年12月28日付の記事)
LINK 産経ニュース【歴史戦 第8部 南京「30万人」の虚妄(4)前半】騒動に巻き込まれた英国人(2014年12月28日付の記事)
・デール・スミス著「司法殺人?」 〜デール・スミス氏はオーストラリア人高裁判事で、東京裁判を30年間研究して出した本らしい。
LINK 株式日記と経済展望目覚めよ!日本―連合国戦勝史観の呪縛から脱却 ストークス,ヘンリー・S.(2015年2月10日付)
LINK U-1速報『中韓の日本への態度は明らかに不公平』と英国人記者が指摘。不見識・不勉強の誹りを免れないだろう(2015年4月28日付)
LINK 株式日記と経済展望「太平洋戦争」は日本が始めたものではなかった。アメリカがしたくて仕掛けた戦争だったのだ。(2015年11月16日付)
LINK YouTube ≫ 戦争犯罪国はアメリカだった!「東京裁判こそ戦争犯罪だった」ヘンリー・S・ストークス著
 
○ジェームズ・B・ウッド
・ジェームズ・B・ウッド著「「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか」茂木弘道 訳、ワック、2009年
LINK Ddogのプログレッシブな日々『「太平洋戦争」は無謀な戦争だったか ジェームズ・B・ウッド【著】茂木弘道【訳】』を読む
LINK 70年代以前の真実と90年代以降の真実、混沌とした80年代「太平洋戦争」は無謀なせんそうだったのか ジェームズ・B・ウッド著 〜ブログ
 
○マイケル・ヨン
LINK 産経ニュース米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに(2014年11月27日付の記事)
LINK News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース【拡散】親日アメリカ人が慰安婦のウソを徹底的に暴いてるぞ!!! これ韓国人ガチで発狂するわwww(2014年11月30日付)
LINK Kent Gilbert | FacebookKent Gilbert - マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳... | Facebook
LINK ケント・ギルバートの知ってるつもりマイケル・ヨン氏の記事の日本語訳(二カ国語)(2014年11月29日付)
LINK National Archives and Records AdministrationInteragency Working Group (IWG)Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records  Interagency Working Group Final Report to the United States Congress April 2007(PDFファイル)
LINK 保守速報【米国ジャーナリスト】マイケル・ヨン様「韓国娼婦達は韓国政府を訴えている。次のステップは米国政府を訴えることだろう」(2013年12月25日付)
LINK ボロロン速報マイケル・ヨン氏「中国はおそらく歴史上最大の人権侵害国だ、国際同盟関係に歪みをもたらす」 2ch「中国と韓国は世界の敵」(2014年12月30日付)
LINK Michael Yon JP日韓問題: 第二次世界大戦中、韓国人男性が臆病者だったとでも言うつもりか?(2014年11月28日付)
LINK Michael Yon JP慰安婦のストーリーが崩れ落ちていく(2014年12月13日付)
LINK Michael Yon JP神風とメダル表彰者(2015年1月8日付)
LINK Michael Yon JPフィリピン(2015年1月10日付)
LINK Michael Yon JP日本の人道支援:これが韓国や中国だったら(2015年1月18日付)
LINK Michael Yon JP日本と慰安婦 ? 売春婦はどこにでも(2015年1月27日付) 重要
LINK ボロロン速報マイケル・ヨン氏「米国の入国管理局は、韓国人売春婦が巨大なビジネスを展開しないよう目を光らせることで手一杯だ」 2ch「チョンは売春民族」「売春が大好きな朝鮮女」(2015年1月28日付)
LINK Michael Yon JP日本 − レポート:一万人以上が巨大新聞社である朝日新聞社に対しての訴訟に参加した(2015年1月29日付)
LINK Michael Yon JPちょっと良いお話(2015年2月21日付)
LINK Michael Yon JP日本 ―― 老年人口(2015年3月7日付)
LINK Michael Yon JP日本 ― 神社本庁(神道)での神道の神官とのミーティング(2015年3月9日付)
LINK Michael Yon JP日本について(2015年3月14日付) 重要
LINK Michael Yon JPセックス奴隷の調査(2015年4月11日付)
LINK Michael Yon JP”戦死者を悼むためにパラオを訪れている日本の天皇皇后両陛下を大群衆が歓迎した”(2015年4月12日付) 〜言語の壁について。
LINK Michael Yon JP3月17日、有楽町の外国人記者クラブ  藤岡 信勝(2015年4月20日付)
LINK Michael Yon JPビルマにて(2015年4月23日付)
LINK Michael Yon JP日本とアメリカの医学実験など: update(2015年4月26日付)
LINK Michael Yon JP植村隆:不誠実な日本人ジャーナリスト、アメリカツアーへ update(2015年4月28日付)
LINK Michael Yon JPアイリス・チャン:レイプ・オブ・南京の著者 ― 中国のエージェント update(2015年4月29日付)
LINK Michael Yon JPAmerican Sees the Light on the Sex Slave information battle(2015年5月2日付)
LINK Michael Yon JP真実への道:ビルマでの戦時の日本人たち(2015年5月13日付)
LINK Michael Yon JPビルマ:日本人が、限られた人数の性奴隷を使役していたことを示す有力な証拠  (the title was revised)(2015年5月14日付)
LINK BURMA STAR ASSOCIATIONTHE MASSACRE OF KALAGON VILLAGE June 1945
LINK Michael Yon JPビルマ−日本:性奴隷の報告(Burma-Japan: Sex slave report)(2015年5月17日付)
LINK Michael Yon JP日本:「スコッツボロガールズ」――この映像をプロモートしないでください (Japan: "The Scottsboro Girls" --- Do Not Promote this Film )(2015年5月20日付)
LINK 寄付を集めるファンドレイジングサイト JapanGiving(ジャパンギビング)"SCOTTSBORO GIRLS"チャレンジを応援〜慰安婦問題の常識を覆すため世界へ発信
LINK YouTube ≫ SCOTTSBORO GIRLS Trailer - Uncomfortable "Comfort Women" スコッツボローガールズ 日本語字幕
LINK YouTube ≫ SCOTTSBORO GIRLS Teaser 2
LINK YouTube ≫ Racism America & Sex Slaves [ 8 TIPS you need to know about Comfort Women before taking sides] 日本語字幕 by 谷山雄二朗 in アメリカ 注目
LINK YouTube ≫ 【櫻LIVE】第104回 - 谷山 雄二朗 × 櫻井よしこ(プレビュー版)
LINK 産経ニュース【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】濡れ衣払拭 個人の挑戦(2014年10月6日付の記事)
LINK 本当の日本、絶対許さない韓国谷山雄二朗さん製作DVD、SCOTTSBORO GIRLSを観ました(2014年11月3日付) 個人のブログ
LINK 保守速報【動画】谷山雄二郎氏、米国セントラルワシントン大学で演説! “慰安婦を考える際に決め手となる八ヶ条” 保守速報読者さんの字幕書き起こし付き(2015年5月22日付) 〜谷山雄二郎氏の講演動画の日本語字幕を文字起こししたもの。
LINK Michael Yon JP櫻井よしこ女史は決断を下すべきだ(2015年5月23日付)
LINK Michael Yon JPCWUの岡田です(2015年5月24日付) 〜注:CWUは、「セントラルワシントン大学」のことだと思われます。
LINK Michael Yon JP谷山雄二朗氏の映画のレビュー:スコッツボロガールズ(2015年5月28日付)
LINK Michael Yon JP谷山雄二郎監督の映画、スコッツボロガールズからのフィルムクリップ(2015年6月4日付)
LINK Michael Yon JPフィルムレビュー:スコッツボロガールズ (updated)(2015年6月11日付) 重要
LINK Michael Yon JPマイケル・ヨンと大学生との対話(2015年6月14日付)
LINK Michael Yon JPセントラルワシントン大学は歴史について落第点だ。(2015年6月17日付)
LINK Michael Yon JP拝啓 マイケルヨン氏(2015年7月27日付) 朝日新聞のスタッフライターのHajime Takeda氏への回答
LINK Michael Yon JP南京大虐殺(2015年8月12日付)
LINK YouTube ≫ WWII BATTLEGROUND: Japanese Invasion of China 1937-1944 (720p)
LINK Michael Yon JPアジア解放者としての日本(2015年8月30日付)
LINK Michael Yon JPアジアの国々が日本を嫌悪しているという作り話(2015年9月3日付)
LINK Michael Yon JP韓国人の戦争犯罪者の顔写真(2015年9月11日付)
 この記事の全文を引用します。
『Hongは日本兵だった。日本兵の制服を着ていたので彼の戦争犯罪の責めは日本が負った。ひっきりなしに繰り返される韓国発のお話では,彼らは皆日本人の犠牲者と言うことになっているのは愚かだし不誠実だ。当時,数十万人の韓国人が日本兵として軍務についた。

同僚のメモ:

 Hong, Ki Song,別名 キッシズ トヨヤマ。「軍属」の非戦闘員。
 タイ国・ビルマでの鉄道建設における最も嫌われた衛兵。
 戦争捕虜をゴルフクラブで殴りつけることで悪名高い。

 Hong/ トヨヤマは志願してその役割を果たしていた。
 シンガポールの英国軍裁判所で死刑を宣告される。
 死刑判決は後に終身刑に減刑された。

 この顔写真は東京の巣鴨刑務所で米兵によって撮られたものだ
 物語は本「クワイ河にかける橋」で触れられていた。

日本軍の被害者だったとアメリカ人とオーストラリア人に言っている韓国人は日本にさらなる補償を求めている … 彼らはどこにでもいる第三国の契約者のように,権力のある地位に就いたとき,だれも見ていないと過大な暴力を相手に「補償」してしまうのにもかかわらず。 』
LINK Michael Yon JP第二次大戦中,タイ国における日本軍の振る舞い(2015年9月13日付)
LINK Michael Yon JPお勧め記事: 今日、何を読もうか迷っているならば、これを!(2015年10月17日付) マッカーサーの証言
LINK Michael Yon JP日本:「性奴隷」のウソに対して真実を語るサイト(2015年11月29日付)
LINK EAGER (East Asian Geopolitical Executive Response)
LINK Web Voiceアジアの「慰安婦」を追跡する〜マレーシア ペナン島〜(2015年12月6日公開) by マイケル・ヨン
LINK Michael Yon JP神風とイスラミック自爆テロリスト:その違い(2015年12月8日付)
LINK Michael Yon JP「慰安婦」:韓国の教授が激しい反発を受ける(2015年12月19日付)
LINK Michael Yon JP日本と台湾:サツマイモとタロイモ(2016年1月2日付)
LINK Michael Yon JP日米韓 関係と慰安婦問題 updated(2016年1月19日付) by アーチー・宮本
LINK Michael Yon JP「南京大虐殺の映画の数字に両者からクレーム」(2016年4月2日付)
LINK Michael Yon JPForeign 'Journalist' David McNeill in Japan caught using phony source I published this earlier. Bears repeating because he still is active:(2016年6月25日付) (日本語訳)日本で活動する外国人記者デービッド・マクニール氏は取材していない記事を書いたことが明るみになった (アイルランド人ジャーナリスト マクニール氏の脅迫) 以前書いた記事を再掲する。 理由は、彼がまだ 日本で活発に記事を書いているからである。
LINK Michael Yon JPPEARL HARBOR ATTACK HEARINGS(2016年7月1日付) (日本語訳)パールハーバーについての聴聞会資料
LINK ibiblio(The Public's Library and Digital Archive 公共の図書館とデジタルアーカイブ) ≫ PEARL HARBOR ATTACK HEARINGS Part 19 (英語・PDFファイル)
LINK Michael Yon JP"Japanese Suicide Bombers, and American Pilot "(2016年7月5日付) (日本語訳)「日本の特攻隊とアメリカ人パイロット」
LINK Michael Yon JPA FURTHER TIENANMEN IN CHINA? EXCLUSIVE INTERVIEW TO MICHAEL YON"(2016年10月16日付) (日本語訳)「中国でさらに天安門?マイケル・ヨンへのへの独占インタビュー」 重要
LINK Michael Yon JP真珠湾攻撃から75年(2016年12月4日付)
LINK
Michael Yon JP奇襲攻撃: もう一つの真珠湾物語(2016年12月7日付)
LINK
Michael Yon JPパールハーバー:1941年から続く改ざんと陰謀(2016年12月9日付)
LINK 生田乃木次 - Wikipedia 〜ロバート・ショートを撃墜したパイロット
LINK ソ連空軍志願隊 - Wikipedia
LINK フライング・タイガース - Wikipedia
LINK Michael Yon JP「日本人のビンタ”Jap Slap”」(2016年12月19日付)
LINK
Michael Yon JP韓国の独立記念館(독립기념관)(2017年1月22日付) 〜主に各国の情勢について by マイケル・ヨン
LINK Japan ForwardThe Hate Farm: China Is Planting a Bitter Harvest(2017年2月23日付の記事) by Michael Yon (an independent American writer and photographer)
LINK 産経ニュース憎しみの種を植える中国 加担する記者たちは責任を負う 米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン(2017年2月25日付の記事)
LINK Michael Yon JP韓国-米国-日本:「韓国東海の独島」(2017年3月22日付) 〜分断工作のテクニックについて by マイケル・ヨン
LINK 産経ニュースマイケル・ヨンと大学生との対話 (アーカイブより、2015年6月)(2017年4月8日付の記事)
LINK Michael Yon JP朝鮮人の戦争犯罪(2017年7月18日付)
LINK Michael Yon JPマイケル・ヨン JAPAN Forwardへの特別寄稿(2017年8月11日付)
LINK Japan ForwardComfort Woman Statues: A War Against the US, Not Japan(2017年7月26日付の記事) by Michael Yon (an independent American writer and photographer)
LINK Japan ForwardComfort Women Issue: Why Do the Japanese Keep Apologizing?(2017年7月27日付の記事) by Michael Yon
LINK Japan ForwardAmericans, Comfort Women Myth Makers from Asia Think We’re Too Naive(2017年7月28日付の記事) by Michael Yon
LINK Japan ForwardKorea’s Comfort Women Statues Are Cast-Metal Racial Hatred(2017年7月31日付の記事) by Michael Yon
LINK Michael Yon JPプロパガンダ: 日本とインドネシア対米国 第二次世界大戦 第一部 - YouTube(2017年8月30日付)
LINK Michael Yon JP世界は強い日本を必要としている(2017年10月25日付)
 
○ケント・ギルバート
・ケント・ギルバート 著「米国人弁護士が「断罪」 東京裁判という茶番」 ベストセラーズ、2016年
・ケント・ギルバート 著「ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人」 PHP新書、2017年
LINK 保守速報【米弁護士】ケント・ギルバート氏「日本の教師が、国歌を歌えない子供を意図的に量産している。世界の常識から見たらまったく恥ずべきことだ」(2015年3月18日付) 〜君が代は、3代目まであったうちの2代目らしい。
LINK YouTube ≫ ケント=ギルバート×藤岡信勝「『南京事件』が教科書から消えた!」2015 06 14
LINK ZAKZAK朴大統領の中国軍事パレード出席は米国への強烈な侮辱だ K・ギルバート氏(2015年9月24日付の記事)
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】ケント・ギルバート、米国人も恥ずかしい東京裁判と慰安婦像[桜H29/1/27]
LINK YouTube ≫ 特別番組「ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人〜トランプは人種差別主義者なのか?」ケント・ギルバート 江崎道朗 倉山満【チャンネルくらら・8月27日配信】
LINK YouTube ≫ 特別番組「腹心バノン更迭、北朝鮮問題、トランプ政権どうなる!?」ケント・ギルバート 江崎道朗 倉山満【チャンネルくらら・9月2日配信】
LINK YouTube ≫ 特別番組「日本人の知らないアメリカ人の愛国心とは?」ケント・ギルバート 江崎道朗 倉山満【チャンネルくらら・9月9日配信】
 
○佐藤晃
LINK 佐藤晃 (戦史家) - Wikipedia
LINK ★阿修羅♪掲示板佐藤晃著 『太平洋に消えた勝機』 東京裁判のA級戦犯で帝国海軍の軍人がいないのは米国に内通していたのだろう
LINK 高瀬事務所なんとなくブログ「「太平洋に消えた勝機」佐藤晃(光文社)」読みました! 〜個人のブログ
 
○福住蟷螂
LINK YouTube ≫ アメリカは南京大虐殺について何も知らなかった@福住蟷螂 AJER2012.3.22(1) 同A 同B AJER2012.3.29 同C 同D AJER2012.4.5
 終戦直後にNHKラジオ放送が放送したGHQ製作のプロパガンダ放送「真相はこうだ」が数回に渡って放送されたが、このうちの南京大虐殺についての回の放送内容の後ろ半分が発見されたという。この動画の@とAで、産経新聞の記事(平成17年12月20日付)を元に、この放送の内容が紹介されている。
当サイト管理人の感想:この放送内容をみると、ずいぶんとレベルの低い感じがします。製作したのはアメリカではなくて中国なのではないかと感じます。日本がラジオ放送で中国軍の仕業だと嘘の宣伝をしたという話も、これは中国側のやり口であり、それを裏返して日本がやったと言っているようにみえます。(参照:LINK 通州事件 - Wikipedia の「国民政府によるデマ放送」の項 を参照のこと。) )
LINK Yahoo!知恵袋米帝が日本企業に対して恐喝訴訟を起こすのは、『い・つ・も・の・コ・ト!』です...
LINK Google ブックス「アメリカはどれほどひどい国か」著者:日下公人,高山正之
 
○福冨健一
LINK YouTube ≫ 【福冨健一】東條由布子さんを偲んで[桜H25/2/18]
 東條英機、A級戦犯、東條英機の家族などについて。
 
○東條由布子(東條英機の孫)
LINK YouTube ≫ 【井上和彦】東條由布子さんを偲ぶ[桜H25/2/21]
LINK YouTube ≫ 【追悼】東條由布子氏の思いを振り返る〜若い世代への願い[桜H26/2/13]
 この動画(8分25秒付近から)で、東條由布子さんは、真珠湾攻撃について次のように語っている。
 日本は暗号解読によりアメリカが昭和16年11月26日にハルノートを提示することが分かり、その内容があまりにひどいことから、ハルノートが提示される前日の11月25日に、日本の連合艦隊は単冠湾(ひとかっぷわん・択捉島)を出航し真珠湾攻撃へ出発した。アメリカは日本の外交文書・海軍文書の暗号を解読し、連合艦隊が出航したわずか1時間後には 単冠湾からハワイ真珠湾までの航路にあたる領海・領空を真空地帯に指定するという電報を全軍に打っているが、ただしハワイを守っているキンメル大将とショート中将には打電しなかった。そのため他の軍は動いていなかったが、キンメル大将とショート中将は様子がおかしいと艦隊を出したところ、(アメリカの)軍部はあわてて戻れと命じた。真珠湾では大事な船や新しい船は港を出ていて、古い船しかなかった。連合艦隊の航路はアメリカが逐次に把握していたことがアメリカの軍人(ロバート・B・スティネット)が1989年に出版した「真珠湾の真実」にすべて記載されている。
当サイト管理人による注:日本語版は、ロバート・B・スティネット著「真珠湾の真実 ルーズベルト欺瞞の日々」(文藝春秋、2001年)であるが、当サイト管理人の理解では、これはまだ説であって事実として確定したものではないと認識している。
参考:LINK 真珠湾攻撃陰謀説 - Wikipedia )
LINK カイカイ反応通信韓国人「顕忠院で涙した日本人女性、その理由とは…」
 
○小名木善行(ねずさん)
LINK ねずさんの ひとりごと支那事変の真実
LINK YouTube ≫ 「大豆と満州」満州急発展の裏にあった開拓ばなし(前編) 同(後編)
LINK ねずさんの ひとりごと満州従軍看護婦実話(1) 同(2) 同(3)
   堀喜身子 松岡寛 吉田亀治 青葉園 青葉慈蔵尊
LINK ねずさんの ひとりごと奉天駅前事件
   調寛雅(しらべ かんが)著「天皇さまが泣いてござった」
   LINK 子どもへ伝える大切なもの昭和の日 「天皇さまが泣いてござった」
LINK ねずさんの ひとりごと東条英機閣下の遺書
 この遺書のなかから抜粋。
『実は東亜の多民族の協力を得ることができなかったことが、今回の敗戦の原因であると考えている。』
『今次戦争の指導者たる米英側の指導者は、大きな失敗を犯した。
  第一は、日本といふ赤化の防壁を破壊し去ったことである。
  第二は、満州を赤化の根拠地たらしめた。
  第三は、朝鮮を二分して東亜紛糾の因たらしめた。』
『日本は米国の指導に基づき、武力を全面的に抛棄(ほうき)した。これは賢明であったと思う。
 しかし、世界全国家が、全面的に武装を排除するならばよい。
 然(しか)らざれば、盗人がばっこする形となる。泥棒がまだいるのに警察をやめるやうなものである。 』
LINK ねずさんの ひとりごと反日商売
LINK ねずさんの ひとりごと小麦のお話
LINK ねずさんの ひとりごと世界に誇る縄文文化
LINK ねずさんの ひとりごと日本が朝鮮にした恐ろしいこと
LINK YouTube ≫ 【小名木善行】建国の心を伝える[桜H26/2/11]
LINK ねずさんの ひとりごと小町園の悲劇 〜終戦直後の米軍用慰安所
LINK ねずさんの ひとりごとヘンリー・S・ストークス氏の講演
LINK ねずさんの ひとりごと堀内豊秋大佐・・・仁政の軍神(2009年6月21日付)
LINK ねずさんの ひとりごと朝鮮コンス(2015年3月2日付)
LINK ねずさんの ひとりごとおかしなアノお辞儀は韓国式コンス(2013年7月28日付)
LINK ねずさんの ひとりごと李承晩と朝鮮戦争(2015年7月16日付)
LINK YouTube ≫ 【新シリーズ予告】通史で学ぼう!「目からウロコの日本の歴史」 YouTubeプレイリスト
LINK YouTube ≫ どこから来たの?日本人 〜文明のあけぼの〜【CGS 日本の歴史 1-1】
LINK YouTube ≫ 世界最古の文明は日本から? 【CGS 日本の歴史 1-2】
LINK YouTube ≫ 元祖和風スイーツ!? 縄文クッキー 〜縄文「文明」を探る〜【CGS 日本の歴史 1-3】
LINK YouTube ≫ 縄文時代に始まった稲作【CGS 日本の歴史 1-9】
LINK YouTube ≫ 弥生人渡来説の嘘! 〜なぜ弥生時代に生活が質素になったのか〜【CGS 日本の歴史 1-10】
LINK YouTube ≫ 日本はこう見られていた! 〜旧唐書から読み解く〜【CGS 日本の歴史 2-2】
LINK YouTube ≫ 古墳時代という嘘 〜実は墓ではなかった!?〜【CGS 日本の歴史 2-3】
 
○しばやん
LINK しばやんの日々GHQ情報部長が、日米は戦うべきではなかったと述べた理由(2013年8月23日付)
LINK しばやんの日々『近衛上奏文』という重要文書がなぜ戦後の歴史叙述の中で無視されてきたのか(2016年5月13日付)
LINK しばやんの日々無人のキスカ島に上陸した米軍に多くの死傷者が出た事情……『キスカ戦記』を読む9(2016年11月17日付)
 
○テキサス親父(トニー・マラーノ)
LINK YouTube ≫ 字幕【テキサス親父】靖國~社真榊奉納の安倍首相に中韓が激怒?
 この動画の「動画解説」欄の説明のなかに、次の記述がある。引用文中の太字は、当サイト管理人による。
『 日本軍の捕虜収容所に収容された連合国軍の兵士達は、看守のほとんどが朝鮮人で非常に野蛮で残忍だったと書き記している。
 「バターンの死の行進」では、その看守達のほとんどが朝鮮人で最も虐待的で、銃剣に血糊が付いていることが兵隊としての勲章だと思っていると記録されている。
 タイとビルマを結ぶ鉄道建設の映画「クウェー川鉄橋」、(死の鉄道として知られている)では朝鮮人看守達が仕切っていた。
 そこで働いていた連合国軍の兵士で日本軍の捕虜の1人の将校は、「朝鮮人は馬鹿で常に捕虜の取り扱いに関しては獣(ケダモノ)の様だった」と報告している。』
 この文章の出典は、下の英語版ウィキペディアらしい。
LINK Korea under Japanese rule - Wikipedia の「World War II」の項内にある「Korean service in the Japanese military」の項
LINK YouTube ≫ 字幕【テキサス親父】俺が日本を愛する理由 -Vol.12 - 戦争現地編
LINK YouTube ≫ 字幕【テキサス親父】テキサス親父の朝鮮・支那向けの歴史教育
 
○KAZUYA
LINK YouTube ≫ マスコミや大学教授がおかしなことやる理由
・スイス政府編『民間防衛』原書房編集部 訳、原書房、1995年(新装版第9刷)
 当サイト管理人も、読んでみました。「突き詰めて考えるとこうなるか」というのが、私の感想です。さすが、スイス。
 この本の288〜289ページから引用します。スイスが占領された場合のシミュレーションですが、非常に示唆に富んでいます。
『 占領軍の洗脳工作
今や占領軍はわが国の全土を手に入れた。
彼らは絶対にわが国から出ていかないかのように行動している。
あるときは残忍なまでに厳しく住民を痛めつけ、あるときは反抗する住民を手なずけようとして、約束や誓いを乱発する。
言うまでもなく、彼らに協力する者が、どこでもわが国の行政の主要ポストを占めていて、すべてのわれわれの制度を改革してしまおうと占領軍に協力している。
裏切者にまかせられた宣伝省は、あらゆる手段を用いて、われわれに対し、われわれが間違っていたことを呑み込ませようと試みる。
彼らは、レジスタンスが犯罪行為であり、これはわが国が強くなるのを遅らせるだけのものだということを証明しようとする。
占領国の国語の学習がすべての学校で強制される。
歴史の教科書の改作の作業も進められる。
“新体制”のとる最初の処置は、青少年を確保することであり、彼らに新しい教義を吹き込むことである。
教科書は、勝利を得たイデオロギーに適応するようにつくられる。
多くの国家機関は、あらゆる方法で青少年が新体制に参加するようそそのかすことに努める。
彼らを、家庭や、教会や、民族的伝統から、できるだけ早く引き離す必要があるのだ。彼ら青少年を新体制にとって役に立つようにするために、また、彼らが新しい時代に熱狂するようにするために、彼らを洗脳する必要があるのだ。
そのため、新聞やラジオ、テレビなどが、直ちに宣伝の道具として用いられる。個人的な抵抗の気持は、新国家の画一的に統一された力にぶつかって、くじかれてしまう。占領軍に協調しない本や新聞には用紙が配給されない。
これに反して、底意のある出版物が大量に波のように国内にあふれ、敵のイデオロギーは、ラジオを通じて、また、テレビの画面から、一日中流れ出ていく。それは、あるいは公園の樹木に仕かけられたスピーカーから、あるいは町を歩く人に映像の形で訴えられ吹き込まれる。
だれでも公式発表以外の情報は聞けないように、聞いてはならないようになる。
教会は閉鎖されないが、そこに通う人たちは監視される。こういう人たちは容疑者扱いなのだ。学校では、あらゆる宗教教育が禁止され、精神的な価値を示唆することは一切御法度になる。 』
LINK YouTube ≫ 従軍慰安婦問題は朝日新聞の捏造と指摘した国会中継が削除される
LINK YouTube ≫ 第1回 KAZUYAが語る、修身の歴史〜グローバルの前にまず、自分の身を修めよ!【CGS】
LINK YouTube ≫ 第2回 教育勅語危険論には逆から読んで倍返しだ!【甦れ!修身 KAZUYA】
LINK YouTube ≫ 第3回 いったいどこが危険思想なの?KAZUYAが語る廃止された教育勅語【CGS KAZUYA】
LINK YouTube ≫ 韓国語に韓国の歌・・・一体どこの国の教師なのか?
LINK YouTube ≫ 学校を燃やす教師と教育に殉じた教師 〜台湾にある「六氏先生之墓」について。
LINK YouTube ≫ 間接侵略の恐怖!一億総ケンポーでピースピースを許してはいけない
LINK YouTube ≫ 毎日新聞が「変態」と呼ばれる理由〜毎日デイリーニューズWaiWai問題
LINK 毎日デイリーニューズWaiWai問題 - Wikipedia
LINK 毎日新聞社「毎日デイリーニューズ」刷新 改めておわびと決意(2008年9月1日付)毎日新聞(2008年7月20日付)検証記事(PDFファイル)
LINK 毎日新聞問題の情報集積wiki
LINK YouTube ≫ 大東亜戦争について中韓以外のアジア諸国の声を聞いてみましょう
LINK YouTube ≫ ロシアに侵略され不法占拠され続ける北方領土
LINK YouTube ≫ 【隣国を知ろう】ずっとCHINAの属国だった朝鮮を独立させたのは?
LINK YouTube ≫ 【隣国を知ろう2】独立より権力闘争の朝鮮!今度はロシアに事大
LINK YouTube ≫ 【隣国を知ろう3】前近代から抜け出せない朝鮮の悲劇と日韓併合
 
○某国のイージス(及び おもてなしニュース)
LINK YouTube ≫ 【親日国パラオ】 国旗が繋ぐその絆! (前編) 同(後編)
LINK YouTube ≫ 【真実の歴史】 日英同盟
LINK YouTube ≫ 【真実の歴史】大東亜共同宣言
LINK YouTube ≫ 【永遠の0】 筑波海軍航空隊
LINK YouTube ≫ 【日本分割計画】 日本を救ったスリランカ!
 
○安濃豊
LINK ニコニコ動画 ≫ 安濃豊のアジア解放戦争史 帝国政府声明文とクラウゼビッツの戦争論
LINK ニコニコ動画 ≫ チャンネル桜へ 「だからアジア解放戦争だったと何度言ったら」
LINK ニコニコ動画 ≫ アジア解放のためなら不景気がなんだ
 
○石部勝彦
LINK mixiから亡命しました大東亜戦争について考える(石部勝彦氏報告)
 
○水島総
LINK YouTube ≫ 【直言極言】反日勢力の跳梁跋扈に備えよ[桜H26/3/14]
LINK YouTube ≫ 【戦後レジーム】日韓友好も日米安保体勢もまやかしだ[桜H26/3/27]
LINK YouTube ≫ 【直言極言】危機的な日本の現状、今我々がなすべき事とは?[桜H26/3/28]
LINK YouTube ≫ 【直言極言】日米首脳会談、本当に話し合われた内容とは?[桜H26/4/25]
LINK YouTube ≫ 【言いたい放談】中東と欧州、エネルギー安保の2大戦線[桜H26/6/27]
 
○上島嘉郎
LINK YouTube ≫ 【遠くの声を探して】「閉された言語空間」を脱却するためには[桜H26/2/5]
LINK YouTube ≫ 【遠くの声を探して】今を生きる者の責任、死者の声と未来の足音を聞け[桜H26/3/19]
LINK YouTube ≫ 【古谷経衡】さくらじ#131 上島嘉郎の見る「命の燃焼」と「奇麗事」【saya】
LINK YouTube ≫ 【遠くの声を探して】サイパン・テニアン慰霊の旅、今の日本人が忘れてしまったものとは...[桜H26/11/26]
LINK YouTube ≫ 【遠くの声を探して】日米の勝負は未だつかず、出光佐三の示した民族の気概[桜H26/12/10]
LINK 出光興産人間尊重の百年出光の百年石油危機の衝撃と対応店主出光 佐三、逝く
 このサイトに、『昭和天皇は、「出光 佐三、逝く」として、「国のためひとよつらぬき尽したる きみまた去りぬさびしと思ふ」と詠まれました。』との記述がある。
LINK YouTube ≫ 【遠くの声を探して】歴史的仮名遣いの中に在る、護るべき日本[桜H27/2/18]
 
○井上和彦
・井上和彦著「日本が戦ってくれて感謝しています」産経新聞出版、2013年
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜インド編 Part1[桜H25/12/9]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜インド編 Part2[桜H25/12/12]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜フィリピン編 Part1[桜H25/12/16]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜フィリピン編 Part2[桜H25/12/19]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜台湾編 Part1[桜H26/1/20]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜台湾編 Part2[桜H26/1/23]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜パラオ編 Part1[桜H26/2/3]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜パラオ編 Part2[桜H26/2/6]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜マレーシア編 Part1[桜H26/2/17]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜マレーシア編 Part2[桜H26/2/20]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】「知られざる日本・インドネシア交流秘話」をめぐる旅[桜H26/9/1]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】「知られざる日本・インドネシア交流秘話」をめぐる旅 Part2[桜H26/9/4]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】「知られざる日本・インドネシア交流秘話」をめぐる旅 Part3[桜H26/9/8]
LINK ZAKZAK【賞賛されていた陸海軍 知られざる日本】ベトナム独立のために戦った日本兵 士官学校設立に尽力
LINK ZAKZAK【賞賛されていた陸海軍 知られざる日本】北欧の親日国フィンランド 日露戦争の勝利が独立の精神的支柱に
LINK ZAKZAK【賞賛されていた陸海軍 知られざる日本】日本に感謝していた毛沢東 兵器提供や空軍創設にも尽力
LINK ZAKZAK【賞賛されていた陸海軍 知られざる日本】日本軍の存在なしに韓国軍はなかった 朝鮮戦争のエピソード
LINK ZAKZAK【賞賛されていた陸海軍 知られざる日本】ロシア、強制労働に耐え日本将兵が建設した建造物に驚き
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】第一次大戦を戦った先人達〜日本海軍将兵が眠る地中海・マルタの旅[桜H26/12/15]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】第一次大戦を戦った先人達〜日本海軍将兵が眠る地中海・マルタの旅 Part2[桜H27/2/23]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本人が知っておくべきもう一つのハワイの歩き方 Part1[桜H27/7/2]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本人が知っておくべきもう一つのハワイの歩き方 Part2[桜H27/7/6]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】パプアニューギニア・ラバウル〜偉大なる先人達が残した親日国[桜H27/8/17]
LINK 産経WEST【名古屋「正論」懇話会】「アジアの日本評価を知るべし」シンガポールに山下大将像 比では特攻隊式典も ジャーナリスト井上和彦氏(2016年2月17日付の記事)
 
○濱口和久
LINK YouTube ≫ 【危機管理講座】日露戦争を終結させた外交力[桜H26/10/22]
LINK YouTube ≫ 【危機管理講座】児玉源太郎が築いた親日・台湾の礎[桜H27/1/28]
 
○大高未貴
LINK YouTube ≫ YouTubeを「魔都見聞録」で検索 〜興味深いものが並んでいます。いずれも当を得ていると思います。
LINK YouTube ≫ 【日本封じ込め】沖縄で発見!?米国が蒋介石に発行した軍資金証券[桜H25/6/17]
LINK YouTube ≫ 【大高未貴】第二の「吉田清治」だったのか?沖縄県史『朝鮮人慰安婦虐殺』の真相を追う[桜H25/10/28]
LINK YouTube ≫ 【魔都見聞録】日本とユダヤの不思議な相関[桜H26/4/21]
LINK YouTube ≫ 【魔都見聞録】さすが朝日新聞、時空を越えた歴史ねつ造のマッチポンプ[桜H26/11/3]
LINK YouTube ≫ 【魔都見聞録】田中角栄の真実[桜H28/4/18]
・鬼塚英昭 著 「田中角栄こそが対中売国者である」成甲書房、2016年
 
○佐波優子
LINK YouTube ≫ 【撫子日和】先人の名誉を守れるのは後世の我々だけ[桜H25/2/5]
LINK YouTube ≫ 【佐波優子】感動の記念講演「ことほぎの春」第56回埼玉建国奉祝式典
 欧米の植民地の状況と、日本の統治した朝鮮・台湾の状況について。旧日本兵の遺骨収集について。
LINK YouTube ≫ 【撫子日和】乙女の御霊の下で咲き続ける花[桜H25/4/9]
 埼玉県さいたま市にある青葉慈蔵尊と、終戦後の満洲での悲劇について。
LINK 新しい歴史教科書をつくる会 山形県支部青葉慈蔵尊由来記
LINK YouTube ≫ 【撫子日和】法務死された方々の心を偲ぶ[桜H25/6/4]
LINK YouTube ≫ 【撫子日和】69年振りの帰還、姪御さんに渡された陸軍軍曹の御遺骨[桜H27/3/3] 〜DNA鑑定
 
○竹田恒泰
LINK YouTube ≫ 昭和天皇が"合祀に不快感"←これは巧妙な情報操作なんです!
 
○西川京子
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】西川京子、大切にしたい 日本に生まれた僥倖を[桜H26/3/7]
 
○稲田朋美
・稲田朋美著「百人斬り裁判から南京へ」文春新書、2007年
・稲田朋美著「私は日本を守りたい」PHP研究所、2010年
LINK YouTube ≫ 【稲田朋美】「私は日本を守りたい」出版記念会[桜H22/12/16]
LINK 産経ニュース【歴史戦】稲田朋美・自民党政調会長 「慰安婦の次はぜひ『百人斬り報道』の訂正を」「首相70年談話は何も心配ない」(2015年3月22日付の記事) 重要
LINK 産経ニュース【産経志塾・稲田朋美講演詳録】「政治には興味がなかったけど、南京事件の裁判に携わるようになって…」 『網タイツの女王』ファッションにもワケがあります(2015年12月19日付の記事)
 
○西田昌司
LINK YouTube ≫ #13 共産党から学んだ!? 戦後政治の原点と憲法〜京都府議時代【CGS 西田昌司】
LINK YouTube ≫ #13(後編) 進撃の巨人とサファリパークと日本【CGS西田昌司】
 
○西村眞悟
LINK YouTube ≫ 3/3【国会議員討論】安倍政権の一年を振り返る!そして来年は?[桜H25/12/28] 〜 29分20秒付近から、及び、39分40秒付近から。
LINK 闘戦経 - Wikipedia
 
○三宅博
LINK YouTube ≫ 【三宅博】河野談話撤回!国民の力で謂われ無き汚名を晴らそう[桜H26/3/14]
LINK YouTube ≫ 【三宅博】売国奴の政治責任は国民全体に転嫁される、例えば河野洋平の場合[桜H26/3/20]
 
○山田賢司
LINK YouTube ≫ 【山田賢司】衆議院予算委員会・在外邦人と先人の名誉を守るためには[桜H26/3/18]
 
○新唐人テレビ
LINK YouTube ≫ 九評共産党 【第二評】中国共産党はどのようになり上がったのか 製作:新唐人テレビ。お勧め
 
○終戦後の状況
LINK 保守速報朝鮮人が駅前の一等地でパチンコ屋や焼肉屋を営業しているのは、皆、あの時奪った罹災者の土地だ(2013年10月26日付)
 
○靖国神社の参拝について
LINK YouTube ≫ 1/3【討論傑作選】追悼、遠藤浩一氏:國連続討論・3「國から日本へ」[桜H26/2/8] 2/3 同 3/3 同 〜2005年8月13日に放映されたもの。
LINK 先生、そこまちがってるよカテゴリー:【靖国とA級戦犯】
 
○戦後賠償について
 日本とドイツの対応は、ずいぶん異なっているようです。
(当サイト管理人による注: 日本は、中華民国・フィリピン・インドネシア・ベトナムなどに賠償・借款を支払っており、韓国には経済協力形式で支払っている。北朝鮮とは未解決。また、サンフランシスコ条約で連合国側(45か国)が賠償請求権を放棄し、この代償として日本は海外で保有していた在外資産をすべて放棄した。)
(当サイト管理人の意見: ドイツは、主に、人種差別に基づく「ホロコースト」について謝罪し賠償している。ならば、欧米列強が、白人による人種差別に基づいて行った「有色人種に対する蛮行・残虐行為」についても、謝罪し賠償されるべきであろう。)
LINK 日本国との平和条約 - Wikipedia の「サンフランシスコ講和会議」の項
LINK あるコリア系日本人の徒然草日本とドイツの戦後(謝罪と賠償)其の壱 同 弐 同 参 同 四 同 五 同 六 〜個人のブログ。くわしいです。
LINK 草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★★ドイツの戦後賠償はユダヤ人に対する個人賠償だけで、国家賠償は全くして無い! 〜ブログ
LINK 徒然なるままにエッSAY!◎ ドイツは個人補償はしていても国家賠償はなし 〜ブログ
 上のサイトに、日本とアメリカの戦後処理について次の記述がある。
『●アメリカに対する戦後処理
アメリカは請求権を放棄したことになっているが実は違うのです。
・在米日本資産の全てを没収 5千万ドル
・ 日本の占領に要する経費の全額 ?億ドル、いまに至るも2004年の在日米軍のページによれば、米軍駐留経費69億ドルのうちの49%を日本政府が負担している。
・ガリオア資金(日本に小麦、脱脂粉乳などを食料援助)、エロア資金(ペニシリンなどの医療援助)などは全て利子つきで返還を要求され、総額は5億8千万ドル(戦後処理支出の最高額)  』
LINK ガリオア資金 - Wikipedia
 このサイトに、次の記述がある。
「 対日援助額は、1946年度から1951年度までの累計で16億ドル弱であり、占領地域経済復興資金 (EROA, Economic Rehabilitation in Occupied Area) と合わせて18億ドルである。
 西ドイツは、1953年に33.178%の返済率のもとで資金返済に関してアメリカと協定を調印した。日本は、アメリカとの断続的な交渉の上で、1962年に西ドイツの返済率にならって約5億ドルの返済協定を調印した。」
LINK 日本の現在(危ない日本)日本から韓国への戦後補償と謝罪
LINK MSN産経ニュース【緯度経度】ソウル・黒田勝弘 韓国発展に自民党あり(2013年6月1日付の記事)
 この記事によると、韓国政府の経済企画院が「請求権資金白書」を過去に発行しているらしい。この「請求権資金白書」は、1965年の日韓国交正常化の際に日本から韓国に提供された5億ドルが、韓国でどのように使われたかを詳細に記録した韓国政府の公式文書である、と書いている。
LINK ハンギョレ・サランバン対日請求権資金を使った企業ら、徴用被害支援は‘私は知らない’(2012年5月31日付)
LINK 保守速報ギリシャ、戦争賠償22兆円請求 ドイツ「解決済み」と拒否(2015年2月12日付)
LINK 保守速報ロシア下院議員ら、ドイツから戦争の賠償金求めるチーム結成(2015年2月12日付)
LINK Yahoo!ニュース「ドイツを見習え」の虚構 ユーロがあぶり出すギリシャとドイツの戦後問題(2015年1月25日付) ディストモ村の殺戮
LINK BLOGOS「ドイツを見習え」の虚構 ユーロがあぶり出すギリシャとドイツの戦後問題(2015年1月27日付)
 この記事のなかに、次の記述がある。なお、引用文中の太字は、当サイト管理人によるものです。
『 戦後、ドイツは東西に分断され、平和条約を締結できなかったため、「国家間賠償」は延期、事実上放棄された。敗戦国ドイツに支払い切れない懲罰的な賠償を課し、ナチスの台頭を招いた第一次大戦の反省からだ。
 1990年に東西ドイツが統一された際の2プラス4条約もドイツへの賠償請求権を認めていないというのがドイツ政府の立場だ。
 「ドイツギリシャの中央銀行から奪った金塊虐殺に対し賠償する、東西ドイツ一つになったら支払いますと約束してきました。東西が統一したら今度は金融システムが1つになるまで5年待って下さいと言いました。しかし何も起きませんでした」
 キミアさんは語気を強めた。金塊は今では10兆6000億円相当の価値があると報じられている。
 95 年、ディストモ村の虐殺被害者遺族250人超が生命・財産の損害賠償を求めてギリシャ裁判所に提訴した。「ドイツ人の弁護士10人が支援してくれました」とミキアさんは振り返る。
 第1審リバディア裁判所は2年後、「戦争犯罪は国家の主権的行為ではない」として、主権国家は他の国家の裁判権に属さないという「主権免除」を否定。加害国に対する戦争被害者個人の直接請求権を認める歴史的な判決を言い渡した。 』
『 ドイツのギリシャ占領は「ドイツ人はギリシャ人の靴ひもまで奪っている」(ムッソリーニ)と言われるほど過酷を極め、飢餓で20万〜30万人が死亡した。ギリシャ人の悲惨な記憶が今のユーロ問題にも複雑な影を落とす。 』
LINK ドイツ最終規定条約 - Wikipedia 2プラス4条約(1990年9月12日調印、1991年3月15日発効)(注:ドイツ統一は、1990年10月3日発効。)
LINK ドイツ再統一 - Wikipedia
LINK オーデル・ナイセ線 - Wikipedia
LINK 旧ドイツ東部領土 - Wikipedia
LINK ドイツ・ポーランド国境条約 - Wikipedia
LINK JIIA 公益財団法人 日本国際問題研究所研究活動「過去」をめぐる日独比較の難しさ−求められる慎重さ− 庄司 潤一郎(防衛研究所戦史研究センター長)(2014年5月29日付)
LINK U-1速報ドイツが『国際条約で賠償を全面拒絶して』韓国人が赤っ恥状態。ドイツを見習うと日本はいかなる賠償もする必要なし(2015年2月21日付)
LINK the hankyoreh japan歴史で反省し続けるドイツ、ソ連軍の生存捕虜4000人に補償(2015年5月22日付の記事)
LINK 北海道新聞ドイツ連立与党、ソ連兵に補償の方針 元捕虜が対象と報道(2015年5月20日付の記事)
LINK 産経ニュースナチス捕虜のソ連兵捕虜を追悼 独大統領、「最大の犯罪の一つ」(2015年5月6日付の記事)
・パウル・カレル、ギュンター・ベデカー 著 「捕虜 誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路」畔上司 訳、学研M文庫、2007年
LINK 国際派日本人養成講座 Common Sense: 戦後補償の日独比較 〜ワイツゼッカーの苦衷〜
LINK 自由主義史観研究会特集特集 日本の戦後補償 これでも償いは済んでいないのでしょうか?
 
○日本の歴史教育について
LINK YouTube ≫ 【城内実】歴史教育の正常化、「安倍談話」実現に向けて[桜H24/11/2]
LINK YouTube ≫ 【永久保存】 2013.03.08 衆議院予算委員会 中山成彬 日本維新の会 動画の34分05秒付近から
LINK YouTube ≫ 【選挙と教育】本質からズレた左翼弁護士と無気力教員[桜H25/3/27]
LINK MSN産経ニュース強まる自虐史観 集団自決「軍強制」 慰安婦「連行」(2013年3月26日付の記事)
 この記事の中には、次の記述もある。
『清水書院の日本史Bも、現行版は「日本軍の関与のもと…集団自決に追い込まれた人々もいた」としていた表現を「日本軍によって…」と変えた上、「日本兵による命令によっても集団自決をとげた」との記述も加えた。』
『清水書院の日本史Aは、「日本軍に連行され、『軍』慰安婦にされる者もいた」と記述。現行版の「慰安婦として連行される者もいた」との表現から強めたが、これも検定意見は付かなかった。』
LINK Yahoo!ニュース「頑張れ日本!」のシンポジウムで発言――下村大臣が強権発動を示唆(週刊金曜日 2013年4月1日付の記事)
LINK YouTube ≫ 【神回】2013.4.10 衆議院予算委員会 自民党:西川京子
 主に8分30秒付近以降に注目。
LINK YouTube ≫ 【神回】2013.4.10 衆議院予算委員会 日本維新の会:中山成彬
LINK YouTube ≫ 【教科書検定】近隣諸国条項撤廃へ、新聞各紙の反応は?[桜H25/4/11]
LINK 東アジア速報 安倍首相は歴史記憶喪失症 日本は国際社会で尊敬されてない 反省と賠償を 〜中央日報・社説(2013年4月12日付)の紹介
LINK 保守速報【自民党】『教科書法』制定を検討、自虐史観を問題視、中韓配慮の『近隣諸国条項』についても見直しを(2013年6月13日付)
LINK YouTube ≫ 【撫子日和】学校の図書室を変えていこう![桜H25/10/1]
LINK YouTube ≫ 南京大虐殺を否定する教師、肯定する教師
LINK 保守速報【画像5枚】『日教組作成の教科書採点表』が自虐史観に満ちている件…(2013年11月18日付)
LINK ニコニコ動画 ≫ H26/4/8 参議院文教科学委員会・和田政宗【歴史教育を問う!】
LINK News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース【朗報】安倍内閣の教科書検定、慰安婦部分を大幅に削除キタ━━━(°∀°)━━━!!! 日本の教育が大復活へ!!!(2015年4月8日付)
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(5)(2015年3月20日付) 〜新しい歴史教科書をつくる会の内紛などについて。
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(6)(2015年3月25日付) 〜同上
LINK 日本のために井上太郎のブログ 日本国としての教育を考える(7)(2015年3月31) 〜同上
LINK 産経ニュース【日本の議論】これは一体どこの国の教科書なのか…新参入『学び舎』歴史教科書、検定前“凄まじき中身”と“素性”(2015年5月7日付の記事)
LINK U-1速報朝日推薦の新教科書の『常軌を逸脱した内容』に検定員が驚愕。日本の教科書とは思えない内容だ(2015年5月19日付)
LINK U-1速報悪夢の出版社「東京書籍」の『最悪すぎる裏事情』を関係者が暴露。日本を貶めるデマを超適当に掲載(2015年9月8日付)
・渡部昇一・谷沢永一 著「こんな「歴史」に誰がした」文春文庫、2000年
LINK 保守速報【動画】NHK教育 高校講座「日本史」〜「女性や子どもを含む多くの中国人を殺害」字幕付きで放送(2016年2月7日付)
LINK YouTube ≫ 【日いづる国より】水間政憲、名門校子弟を蝕む「学び舎」の教科書[桜H28/5/6]
LINK 産経ニュース拿捕や死傷者など船員被害の歴史を教科書に明記へ 竹島や尖閣など 学習指導要領解説書の全容判明(2017年6月21日付の記事)
 
○沖縄について
LINK YouTube ≫ Q 08 沖縄の反日教育
LINK YouTube ≫ 【鈴木正人】地方から蝕まれる日本の国防[桜H25/2/20]
 この動画(7分45秒付近から)によると、埼玉県から沖縄県への修学旅行において偏向した歴史教育が行われているという。
LINK YouTube ≫ 【八木秀次】八重山教科書問題その後[桜H25/4/18]
LINK YouTube ≫ 【アーカイブ】沖縄の声−アメリカが齎した沖縄の発展[桜H25/11/25]
・仲新城 誠 著「国境の島の「反日」教科書キャンペーン 沖縄と八重山の無法イデオロギー」産経新聞出版、2013年
LINK YouTube ≫ 沖縄のルーツは日本!大日本人皇五十六代、清和天皇の孫、六孫王より七世の後胤、六条判官為義の八男(琉球王国の始祖)
 
○台湾について
LINK アジア歴史資料センター ≫ 資料の閲覧 ≫ インターネット特別展知ってなるほど 明治・大正・昭和初期の生活と文化台湾原住民族 〜日本の調査にみるその文化〜
LINK MSN産経ニュース【旧制高校 寮歌物語】(23)台湾に息づく日本の教育
LINK YouTube ≫ 台湾の教科書にも載っている、八田與一。
LINK YouTube ≫ 台湾で愛された日本人、八田 與一。
LINK YouTube ≫ 「ダムの父」日本人技師の記念公園が台湾で開園(11/05/09)
LINK YouTube ≫ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】日台交流頻道第5回、教科書も間違っている台湾の国際的地位[桜H25/11/7]
LINK アルバニア決議 - Wikipedia 〜1971年10月25日に採択された第26回国際連合総会2758号決議(国際連合における中華人民共和国の合法的権利の回復)
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】日台交流頻道第6回、台湾の国連加盟支援と日台野球交流[桜H25/11/14]
LINK YouTube ≫ ニューギニアで日本人と共に戦った台湾・高砂義勇隊【大東亜戦争】
LINK YouTube ≫ 台湾の高砂義勇伝
LINK YouTube ≫ 親日国 日本の台湾統治の真実 『もう一度日本時代に戻りたいです』
LINK YouTube ≫ 米国から見た日本の台湾統治〜「知られざる台湾・台南市」より
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】日台交流頻道第13回、安倍総理の靖国参拝と「嘘」が記述されている教科書の問題[桜H26/1/9]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】日台交流頻道第14回、国民党によって人治社会に逆戻りしつつある台湾[桜H26/1/16]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜台湾編 Part1[桜H26/1/20]
LINK YouTube ≫ 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています〜台湾編 Part2[桜H26/1/23]
LINK YouTube ≫ 学校を燃やす教師と教育に殉じた教師 〜台湾にある「六氏先生之墓」について。
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】日台交流頻道第15回、「夜市」の楽しさと「大中国史観」のおかしさ[桜H26/1/23] 〜台湾の歴史観については、8分27秒付近から。
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】日台交流頻道第16回、中国の取り込みか?混乱する民進党 他[桜H26/1/30] 〜台湾の国民党と総統選挙については、9分54秒付近から。
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】日台交流頻道第17回、期待!日本統治時代が舞台の台湾映画「KANO」他[桜H26/2/9]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第20回、映画「KANO」が描く日本時代の台湾人の栄光・「孫文銅像」引き倒し事件の背景[桜H26/2/27]
LINK ZAKZAK【世界を感動させた日本】台湾で神になった日本人 漁民に寄り添い自決した巡査(2014年2月25日付の記事)
LINK 保守速報【台湾】「ROC(中華民国)は出て行け、打倒国民党」 台湾独立派、孫文像を引き倒す(2014年2月29日付)
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第21回、中国の「反台湾」宣伝に踊るメディア各社の一斉誤報[桜H26/3/6]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第22回、検証−終戦直後の228事件での中国軍の台湾人大量虐殺[桜H26/3/13]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第23回、感動!日本時代の写真が語る台湾人の真心[桜H26/3/20]
LINK ボロロン速報英国外務省 「台湾人は中国人ではない。圧倒的多数の台湾人は原住民」 2ch「台湾人は台湾人だな」(2014年3月24日付)
LINK 台湾は日本の生命線!台湾人は漢民族ではない―知っておきたい隣国の真実
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第24回、国会占領!台湾の学生、民衆に声援を![桜H26/3/27]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第25回、台湾の学生運動と国民党の民衆迫害文化[桜H26/4/3]
世界史年表51947年 台湾で二・二八事件(注:リンクのみ)
世界史年表62014年 台湾で学生が立法院を占拠(注:リンクのみ)
LINK カイカイ反応通信韓国人「1992年、台湾と国交断絶した時の映像」(2014年4月15日付) 在韓中華民国大使館の閉鎖時の様子
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第28回、昭和天皇と弟宮「御手植の大木」・台湾と「尖閣、慰安婦」・台湾料理教室[桜H26/4/24]
LINK ボロロン速報台湾の蓬莱米、米寿祝う 日本米と掛け合わせ命名88年 2ch「台湾は日本の名残を大切にするなぁ」(2014年4月28日付)
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第30回、反日中国人「特権階級」が"君臨"する台湾・他[桜H26/5/8]
LINK MSN産経ニュース【外信コラム】台湾有情 埋もれかけた戦後の絆(2014年5月14日付の記事)
 この記事の全文を引用します。なお、引用文中の太字は、当サイト管理人によるものです。
『 戦後、台湾の陸軍で「上将」(大将)の位についた日本人がいる。日本陸軍の元少将、富田直亮(なおすけ)(1899〜1979年)だ。その没後35年に合わせて初の法要が先日、台北郊外の寺院で営まれた。陸上自衛隊出身で富田の元秘書、台北在住の阿尾博政氏(83)らが、「埋もれかけた日台の絆を語り伝えたい」と準備したのだ。
 富田を台湾に招いたのは国共内戦で中国大陸を失った蒋介石。49年から20年間、日本軍元将校83人をひそかに軍事顧問とし、台湾軍将校を再教育。軍の動員体制などを整えた。
 赤(共産)軍に対抗する意味で団長の富田の現地名は「白鴻亮」とされ、顧問団は「白団」と呼ばれた。存在は87年の戒厳令解除後になって明るみに出た。
 「軍事面での貢献が強調されがちだが、多数の工場を開設して退役軍人の力を台湾の経済建設につなげたのも、白団の功績だった」と阿尾氏は証言する。
 法要には富田の次男で米ニューヨーク在住の重亮(しげあき)氏(77)ら団員の遺族や在留邦人ら約40人が集い、阿尾氏を会長に白団顕彰会も設立された。
 日本統治時代とは対照的に、戦後のこうした交流は台北の軍事博物館などでも一切触れられていない。僧侶の読経の中、日台の関係の深さ、複雑さを思った。(吉村剛史) 』
LINK YouTube ≫ 亡命法学者が明かす「台湾統一戦線」の陰謀
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第33回、戦いが生んだ日本人とパイワン族の友情、他[桜H26/5/29]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第42回、日本時代以来の温泉街「北投」・新たな台湾原住民が認定[桜H26/7/31]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第47回、特別企画−明治神宮と台湾人の心[桜H26/9/13]
LINK YouTube ≫ 【日台友好】李登輝元総統来日特集Part1[桜H26/9/23]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第50回、感動広げた日本時代の石碑・学生が馬英九に単身抗議[桜H26/10/3]
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第59回、台湾派が大勝!国の前途を賭けた地方選挙[桜H26/12/4] 重要
LINK 産経ニュース【外交文書公開】国連代表権問題 日本 台湾の議席死守に向け経済支援で集票(2015年1月15日付の記事)
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第63回、重病の陳水扁前総統が仮釈放・台湾でも楽しい「初日の出」イベント[桜H27/1/8] 〜特に後半(15分50秒付近から)
LINK iRONNAなぜ、台湾の若年層は韓国を嫌うのか〜現地座談会から(『Voice』 2014年9月号) by 古谷経衡
LINK YouTube ≫ 【台湾チャンネル】第65回、日本の心揺さぶる台湾映画「KANO」―プレミア・インタビュー[桜H27/1/23]
LINK 保守速報【台南】大日本帝国軍・杉浦茂峰兵曹長が神として祀られている飛虎将軍廟で、御神輿の奉納式(2015年4月5日付)
LINK 保守速報【台湾】 日本統治時代の社交場の歩みを紹介する展示会 若者に1920年代の台湾の歴史伝える…レストラン江山樓(画像16枚)(2015年5月5日付)
LINK 保守速報【広島】台湾の元少年工ら40人が来日「日本で『お国のために』と誇りを持って働いた」「当時は同じ日本人として支えあった」 日本人元工員と共に「君が代」歌う(2015年5月15日付)
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.85】全国高校生が捏造教科書に抗議・台湾にもある「乃木坂」・蔡英文が訪米から帰国 [桜H27/6/12]
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.88】台湾での神社再建とパイワン族の心[桜H27/7/2]
LINK 保守速報【台湾】日本統治時代の神社、日本人の尽力で再建 李登輝氏もお祝い(2015年8月13日付)
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.89】改竄教科書に高校生が抗議デモ・日本から爆発事故の負傷者救援・他[桜H27/7/10]
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.90】戦う高校生!日本が報じない台湾の「歴史教科書問題」[桜H27/7/16]
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.99】戦地で二千の台湾人を救った日本人隊長・中国軍拡の標的は台湾と日米同盟[桜H27/9/18]
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.105】日台分離70年−知るべき「台湾光復」「一つの中国」の虚構[桜H27/10/30] 重要
LINK YouTube ≫ 【河添恵子】中国の抗日と新国共合作の実態[桜H27/12/3] 重要
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.112】またも日経が捏造報道!米国の対台湾武器売却問題で・台湾人学生ツアーが千葉県の森田健作知事と・その他[桜H27/12/19]
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.124】日本は5年前の台湾の恩を忘れず・知られざる台独運動の英雄、陳智雄烈士 [桜H28/3/17] 〜13分00秒付近から、陳智雄 氏について。
LINK YouTube ≫ 【台湾CH Vol.134】日本人が知るべき蔡英文総統の就任演説の意義 [桜H28/5/28] 重要
LINK YouTube ≫ 【涙腺崩壊注意】台湾教育の聖地「芝山巌」で日本統治時代の歴史を語り継ぐ唐さん
LINK YouTube ≫ 台湾元総統 李登輝氏講演会 テーマ「台湾のパラダイムの変遷」 2015.07.22
LINK YouTube ≫ L20111218 台灣演義:李登輝傳(再生リスト・台湾語)
LINK NAVER まとめYoutubeで楽しむ台湾の15の少数民族の伝統音楽・舞踊
LINK 産経ニュース日本統治時代の資産を回収せよ 台湾で国民党の「不当」財産回収法が成立(2016年7月25日付の記事)
LINK 保守速報【画像】昭和20年、終戦の年 台湾から引き上げた日本人が同じ部署の台湾人女性に宛てた寄せ書きが震えると話題に(2016年8月17日付)
LINK かつて日本は美しかった日本敗戦後の台湾の支那兵(2009年11月21日付) 重要
LINK U-1速報『安倍政権が我々の”公式原則”を無視した』と中国が凄まじい衝撃を喰らった模様。一つの中国を事実上無視した(2016年12月30日付) 〜「交流協会」を「日本台湾交流協会」に変更。2017年1月1日から。
 
○韓国について
LINK キムチ速報【論説】呉善花氏「日本メディアの『朴槿惠大統領は親日』幻想に騙されるな。歴史問題でも竹島でも反日教育しか受けていない」(2013年4月19日付)
LINK 株式日記と経済展望朴大統領は、瀬島龍三氏と秘密裡に接触し、日本企業と韓国企業との援助契約を進めた(2015年4月7日付) by 北村 隆司 氏
LINK 産経ニュース【日韓国交正常化50年】日本供与の5億ドル使途は? 浦項製鉄所建設へ23% 重工業発展に寄与(2015年6月18日付の記事)
 この記事の全文を引用します。
『 2015.6.18 07:00
【日韓国交正常化50年】
日本供与の5億ドル使途は? 浦項製鉄所建設へ23% 重工業発展に寄与
 日本の資金5億ドル(無償3億ドル、有償2億ドル)は何に使われたのか。
 資金は1966〜75年に10次にわたり供与された。韓国メディアによると、5億ドルは65年当時の韓国国家予算の55%に当たる。
 使用実績を産業別にみると、鉱工業が55.6%と最大。国土開発などの社会間接資本が18%、農林水産業が13.2%となっている。
 具体的には、浦項(ポハン)総合製鉄所建設(73年に第1期工事完了)に約1億1950万ドル(資金全体の23.9%)が投入され、軽工業から重化学工業への転換に寄与。アジア最大の貯水量を誇った昭陽江(ソヤンガン)ダム建設(春川(チュンチョン)市、73年完工)に約2160万ドル(4.4%)、ソウルと釜山を結ぶ大動脈、京釜(キョンブ)高速道路建設(70年開通)に約690万ドル(1.4%)が注ぎ込まれた。
 しかし、朝鮮日報は「(62年から10年間の)借款の7割は米欧からで、日本は2割にすぎない」と日本の貢献を過小評価する。
 韓国の経済企画院が76年に発刊した「請求権資金白書」では、日本の資金に関し「60年代初頭から始まった経済開発5カ年計画を遂行するのに効果的に使用されたのは事実だ」と指摘している。(藤本欣也) 』
LINK 産経WEST【関西の議論】韓国初の即席ラーメン、明星食品が無償で技術提供…「残飯がゆ」の飢え解決の熱意からはじまった(2016年12月21日付の記事)
 
○朝鮮について
LINK ぼやきくっくり戦前に朝鮮人衆議院議員がいた「SAPIO」07.5.9号&慰安婦問題の現状(2011年9月17日付)
LINK ボロロン速報福澤諭吉が予言した「朝鮮滅亡」 韓国の屈折した負のスパイラル 2ch「韓国キモい」「諭吉かもん!」「韓国はスルーで」(2013年12月22日付)
LINK ZAKZAK【世界を感動させた日本】朝鮮に注ぎ込んだ血税「63兆円」 数々の援助で身を捧げた先人たち(2014年3月2日付の記事) 重要
LINK YouTube ≫ 1/3【討論!】朝鮮半島はいったいどうなっているのか?[桜H26/3/8] 2/3同 3/3同
LINK ヘンドリック・ハメル - Wikipedia 〜1653年に難破して朝鮮に漂着したオランダ人
・ヘンドリック・ハメル著「朝鮮幽囚記」生田滋訳、東洋文庫(平凡社)、1969年
・シャルル・ダレ「朝鮮事情」金容権訳、東洋文庫(平凡社)、1979年
・イザベラ・バード「朝鮮紀行」時岡敬子訳、講談社学術文庫、1998年
LINK 韓国学 - Wikipedia
LINK niconicoブロマガ日韓問題(初心者向け)「韓国の前方後円墳が隠蔽のために破壊された」は間違い(2014年12月24日付)
LINK YouTube ≫ 【長浜浩明】韓国人は何処から来たか[桜H26/4/15]
・室谷克美著「日韓がタブーにする半島の歴史」新潮新書、2010年
LINK YouTube ≫ 『新羅4代王は列島から行ったA【再】』室谷克実 AJER2012.11.24(2)
LINK YouTube ≫ 未来を創る科学者達 (6)遺伝子に隠された日本人の起源 〜篠田謙一〜 〜特に19分02秒付近から25分22秒付近まで。
LINK Yahoo!知恵袋日本人と朝鮮人は別人種
LINK Yahoo!ニュース沖縄人ルーツ「日本由来」南方系説を否定(沖縄タイムス 2014年9月17日付) (リンク切れ)
LINK 在日朝鮮人から見た韓国の新聞朝鮮独立軍は何故、瓦解したか → 同胞からも嫌われた結果殲滅されたのです(2016年8月20日付)
 
○百済との関係について
LINK News U.S. 中国・韓国・在日朝鮮人崩壊ニュース韓国人「日本人は百済系だからウリ達と兄弟ニダ!!」 ← バカ  今の韓国人は百済とは何の関係もなし!!!!! そもそも日本は百済を統治する立場に!!!!! 劣等遺伝子民族は真の歴史を知り発狂憤死すべきである!!!! 2ch「天皇が半島の子孫なら、なぜ『日王』などと呼ぶのか。嘘と妄想と手のひら返しを繰り返しすぎだろ」(2013年5月1日付)
 このサイトのコメントとして、次の記述がある。太字は、当サイト管理人による。
『★現天皇のゆかり発言で有名になった桓武天皇の母親の高野新笠の系図
武寧王[461年日本生まれ第25代百済王(在位501-523年)]
純陀太子  在日1世(日本に人質に)
斯我君   在日2世
法師君   在日3世
雄蘇利紀君 在日4世
和史宇奈羅 在日5世(和氏に改名して日本に帰化)
和史粟勝  在日6世
和史浄足  在日7世
和史武助  在日8世
和史乙継  在日9世(娘を天皇家に嫁がせて高野姓を賜る)
高野朝臣新笠 在日10世―桓武天皇[第50代天皇(在位781-806年)]
・・・つまり桓武天皇の母親の高野新笠は10代前に渡来し、6代前に日本に帰化した百済系10世なのです。
彼女の百済系の割合は1/(2^10)=0.00098。パーセントにすると0.098%となります。
逆に日本系の割合は99.902%で、血筋から見ても帰化している事から見ても正真正銘の日本人です。
ましてや125代の今上天皇との関係は「0」と言って差し支えありません。
また「百済≠韓国」である事も強調しておきます。
さらに「武寧王の父の東城王は日本(倭)からやって来た」と韓国の古文書に書かれている事も付け加えておきます。
そして桓武天皇が即位したのは781年・・・つまり660年百済滅亡の121年後なのです。百済の政治的な関わりは「0」です。 』
LINK 水.土壌.心の汚染や、アジア太平洋の利権を現場で考え真実を伝える朝鮮半島南部の前方後円墳&任那日本府&ヒスイ製勾玉は糸魚川のみ産地(2012年3月17日付)
LINK 縄文と古代文明を探求しよう!NHKスペシャル「日本と朝鮮半島2000年」第2回放映(2009年6月17日付)
 
○バングラデシュについて
LINK ボロロン速報バングラデシュ首相「国旗は日の丸から」父の秘話明かす(2014年5月27日付)
 
○著書など
・呉善花 著「韓国併合への道」文春新書、2000年(注:2012年に、「韓国併合への道 完全版」が出ています。)
・角田房子 著「閔妃暗殺」新潮社、1988年(注:1993年に文庫版(新潮文庫)が出ています。)
・アレン・アイルランド 著「THE NEW KOREA―朝鮮が劇的に豊かになった時代」桜の花出版編集部 編、桜の花出版、2013年
・ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー 共著「「日本の朝鮮統治」を検証する 1910-1945」塩谷紘 訳、草思社、2013年
・K・カール・カワカミ 著「シナ大陸の真相 1931〜1938」福井雄三 訳、展転社、2001年
(注:原著は英語で、「Japan in China」の表題で1938年(昭和13年)3月にロンドンで出版された。著者のK・カール・カワカミは、日本人で本名「河上清」 日系アメリカ人で日本名「河上清」、欧米で文筆家として活躍したらしい。)
・高木清寿 著「東亜の父 石原莞爾」たまいらぼ、1985年(復刻版)
・角田順 編「《明治百年史叢書》 石原莞爾資料 ―国防論策篇―」原書房、1967年
・田中正明 著「「南京事件」の総括」小学館文庫、2007年(文庫版)
・東中野修道 著「南京事件 国民党極秘文書から読み解く」草思者、2006年
・東中野修道・小林進・福永慎次郎 著「南京事件 「証拠写真」を検証する」草思社、2005年

・ロバート・B・スティネット 著「真珠湾の真実 ルーズベルト欺瞞の日々」妹尾作太郎監訳、荒井稔・丸田知美共訳、文藝春秋、2001年
 この本自体も非常に興味深いのですが、巻末にある中西輝政(京都大学教授)の「解説」が更に興味深い。
 また、次のような文献批判もありますので参照のこと。
LINK 戦史研究所間違った歴史の本「真珠湾の真実」 ロバート・E・スティネット 文藝春秋社
・ハミルトン・フィッシュ 著「ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言」渡辺惣樹 訳、草思社、2014年
・ジェフリー・レコード 著「アメリカはいかにして日本を追い詰めたか」渡辺惣樹 訳、草思社、2013年
・アラン・アームストロング 著「「幻」の日本爆撃計画」 塩谷紘 訳、日本経済新聞出版社、2008年
・渡辺惣樹 著「日米衝突の根源 1858−1908」草思社、2011年
・チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ著「リンドバーグ第二次大戦日記 上・下」新庄哲夫 訳、新潮社、1974年
・会田雄次 著「アーロン収容所」中公文庫、1973年
・ジョン・ダワー著「人種偏見 太平洋戦争に見る日米摩擦の底流」斎藤元一 訳、TBSブリタニカ、1987年
 (改題 「容赦なき戦争 太平洋戦争における人種差別」平凡社ライブラリー、2001年)
・ジョン・ダワー 著「敗北を抱きしめて 上・下 増補版 第二次大戦後の日本人」三浦陽一・高杉忠明・田代泰子 訳、岩波書店、2004年
・カレイ・マックウィリアムス 著「日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944」渡辺惣樹 訳、草思社、2012年

・金子俊夫 著「樺太1945年夏」講談社、1972年
・長勢了治 著「シベリア抑留全史」原書房、2013年
・田中正明 著「パール判事の日本無罪論」小学館文庫、2001年
・江藤淳 著「閉された言語空間」文春文庫、1994年
・甲斐弦(かいゆずる) 著「GHQ検閲官」葦書房、1995年
・ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ 著「竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記」ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ監訳・監修、都竹恵子訳、ハート出版、2013年

・ユン・チアン、ジョン・ハリデイ 共著「マオ 誰も知らなかった毛沢東 上・下」土屋京子訳、講談社、2005年
・鳴霞・千代田情報研究会 著「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」飛鳥新社、2013年
・黄文雄 著「「食人文化」で読み解く中国人の正体」ヒカルランド、2013年
・室谷克美 著「日韓がタブーにする半島の歴史」新潮新書、2010年
・馬渕睦夫 著「世界を操る支配者の正体」講談社、2014年

・池間哲郎著「日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」育鵬社、2013年

(シリーズ日本人の誇り)桜の花出版
・楊素秋 著「日本人はとても素敵だった 忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景(シリーズ日本人の誇り1)」桜の花出版、2003年
・蔡敏三 著「帰らざる日本人 台湾人として世界史から見ても日本の台湾統治は政策として上々だったと思います(シリーズ日本人の誇り2)」桜の花出版、2004年
・柯徳三 著「母国は日本、祖国は台湾 或る日本語族台湾人の告白(シリーズ日本人の誇り3)」桜の花出版、2006年
・楊應吟 著「素晴らしかった日本の先生とその教育(シリーズ日本人の誇り4)」桜の花出版、2006年
・桜の花出版編集部 編「少年の日の覚悟 かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り5)」桜の花出版、2010年
・桜の花出版編集部 編「インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった。(シリーズ日本人の誇り6)」桜の花出版、2006年
・桜の花出版編集部 編「フィリピン少年が見たカミカゼ 幼い心に刻まれた優しい日本人たち(シリーズ日本人の誇り7)」桜の花出版、2006年
・桜の花出版編集部 編「アジアが今あるのは日本のお陰です スリランカの人々が語る歴史に於ける日本の役割(シリーズ日本人の誇り8)」桜の花出版、2009年
・原田要 著(証言者:西川清 氏)「零戦(ゼロファイター)老兵の回想 南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人(シリーズ日本人の誇り9)」桜の花出版、2011年
・桜の花出版編集部 著(証言者:西川清 氏)「朝鮮総督府官吏 最後の証言(シリーズ日本人の誇り10)」発行:桜の花出版、発売:星雲社、2014年

・アーノルド・J・トインビー著「歴史の研究 1・2・3 《サマヴェル縮刷版》」長谷川松治 訳、社会思想社、1975年





【参考ページ】
私の思うところ日本と日本人
私の思うところ日本の歴史認識 〜このページ
私の思うところ日本的価値観としての「和道主義」
私の思うところ反日宣伝(プロパガンダ)に関するリンク集
私の思うところアメリカの覇権に関するリンク集



更新 2017/12/17
 mail メールはこちらへ


  <広告>
cover cover cover cover cover cover cover cover cover cover cover
cover cover cover cover cover cover cover
cover cover cover cover cover cover cover cover cover
cover cover cover cover cover cover cover cover cover cover cover
cover cover cover cover cover cover cover cover cover
cover cover cover cover cover cover cover cover cover cover


  <広告>


 BACK_HOMEトップのページ  BACK私の思うところのページ  前へ前の 私の思うところ  次へ次の 私の思うところ