愛すべきその他のMELODIC A〜C

BEST300から追い出されたバンドやBESTに挙げるほどではないけど気になるバンド。せっかくなので、闇に葬るのも、もったいないということで掲載します。ランキングはせず、ABC順としておきます。

THE ABS "MENTALENEMA"

abs初期UKメロディックの有名バンドの1stアルバム。1989年リリース。テイチクから国内盤が発売されているというのは、奇跡というか無謀というか。8曲ということもあるけど、まさしく最後まで駆け抜けていきます。スピード感満載なサウンドかつ力強く見事に歌い上げるボーカルの絶妙なタッグが秀逸です。但し、ジャケはあまりにもダサすぎます。ちなみに栄森さんのレビューによると「アブス」と読むらしいです。なお、コンプリートCD"A WOP BOP A LOO BOP..."がリリースされていますので、普通の人はそちらをゲット願います。

ALL SYSTEMS GO! "ALL SYSTEMS GO!"

all systems goカナダのメロディックバンドの1stアルバム。1999年リリース。元DOUGHBOYSとBIG DRILL CARというスーパー・メンバーからなる、ミディアムテンポの良質ポップメロディーが心地よいです。実に甘酸っぱくて、ノリノリです。決めの曲はなく、一番良い曲がカバー曲"California Bummer"というのは残念ですが、さすがに職人、クオリティーは高く、甘美な声が良く染みて、実によろしおす。

APPLEORCHARD "TACET"

appleorchardBROCCOLIのScootが在籍していたとされているバンドの1996年リリースの唯一のアルバム。で、加えてFrankieがプロデュースなので、私にとんでもない期待を抱かせたブツです。湿り気の帯びた哀愁漂うUKならではの音自体は、まさしくBROCCOLIが頭をよぎりましたが、構成は若干エモな方向で、私の過剰な期待には応えられませんでした。しかし、曲は良く、じっくり聴き込んで、じわ〜っと感じていただきたい良作であることは間違いないようです。

BANGERS "DUDE TRIP"

BANGERS初期作品の編集盤。2010年リリースのUKメロディック。プンプンと男臭さ満載なゴリゴリ感があるものの時折キラッと光るメロディーを挟んでくるところで、同郷のUKで言えば何かFOUR LETTR WORDを新しくしたっぽいし、USで言えばOFF WITH THEIR HEADSなんかが思い浮かびましたが、いつもの的外れかもしれません。6曲目の"The Hard Way"や8曲目"Little Lives"なんかがお気に入りであります。

BLANK FIGHT "HOUSE BAND FEUD"

blank fightジャケットみたまんまのイーストベイ・サウンド。いや、イーストベイの生きる伝説Aaron Cometbus様が参加しているので、Aaronサウンドと言った方がいいのかもしれません。皆さんのご想像通り、ラフで、チープで、牧歌的で、ポップで、明るくなくて、好きだな〜。2003年リリース。ハーモニカが加わった3曲目"Song For K8Q"等、いい曲書いてます。

THE BOMB "INDECISION"

bombシカゴの伝説NAKED RAYGUNを採り上げていないのに、なぜTHE BOMBなのって人もいることでしょうが、先にこちらを紹介。メロディック・ハードコアの黎明期から生きているベテランならでは味のある曲の数々におっさん連中は暗涙にむせぶことでしょう。「おっぺけぺー」ならぬJeff Pezzatiの「オヘッオー」の掛け声が次から次へと出てくるのは、なんとも懐かしく微笑ましい。あのJ. Robbinsプロデュースによる2005年リリースの1stアルバム。

THE CARRIE NATIONS "...BE STILL"

carrie nationsこんなジャケで想像つくと思いますが、もろイーストベイ影響大なアルバム。イメージでいうと、FIFTEENをのろくして、才能を抜いた感じ(ちょっと可哀相か)。2003年リリースの唯一のアルバム。2005年には解散しているみたいです。チープで、スピードや明るさはないものの、ポップな心を持っております。声を張りあげる二人のボーカルによる掛け合いが特徴的です。天才ではないのに、1曲ごとに個性を待たせようとして、展開やメロディーを工夫しようとしているのも健気でよろしい。悪くはないよ。

THE CATERAN "BITE DEEPER"

cateran今から二十数年前、テイチクのフリーペーパー"Shakin' Street"のUKメロディックバンド特集(なぜ捨てた!もう一度読みたい!)で、栄森さんが絶賛していたときから、関心があったバンド。まさしくメロコアって言葉が無かった1988年のスコットランド産らしい男臭い無骨な音です。とにかく、1曲目"Don't Like What I Do"が格好いい(というか正直、これさえあれば...)。是非、CD化して欲しい。ちなみにNIRVANAのUKツアーのサポートをしたそうな。

CROCODILE GOD "THE COMPLETE RECORDINGS 1994 - 1999"

crocodile godリリース元のCRACKLE!のサイトでは、"BUZZCOCKS meets GREEN DAY"と紹介されているUKメロディックバンドの45曲入りコンプリート。"BUZZCOCKS meets GREEN DAY"ってちょっと言い過ぎでしょう。45曲入りというだけあって、どうでもいい曲もあって、一気に最後まで聴くにはお腹一杯となり、アルバム自体の評価としては難しいところもあるのですが、"Two Days""Wurlitzer"等、王道UKメロディックではない、小気味よいUKポップ・パンクを聴かしてくれます。2007年リリース。



愛すべきその他 D〜Fに進む】
MY BEST 281〜300に戻る】
FIFTEENとLEATHERFACEが好きだ!に戻る】
【姉妹ページ海外旅行記 小市民の気弱な旅へ】