パンクへの道!PART4

最終話 そしてLEATHERFACE、FIFTEENへ(大2〜現在-1991年〜)

snuff大学に入ると、テープを交換しあえるような友人もいなくなり、唯一の情報源がPUNK雑誌"DOLL"だけになっていた。その当時の春号には、READERS POLLという企画があり、読者による人気投票の結果を載せていた。その中で、ハードコア版JAMと言われていたSNUFFというバンドが上位に載っており目についた。ハードコア、JAM、どっちも好きだし、間違いなさそうと思い、購入。あの1stだ。圧倒されるようなスピード感がありながら、素晴らしいメロディーを奏でる。若干、単調なハードコアに食傷気味だった私には、誰もが出来そうで出来なかったことを1stで完成させている才能に驚くとともに、私の購入ベクトルの変更を促すこととなった。

leatherfaceそして何かのレビューでLEATHERFACEもグッドバンドとして紹介されており、HÜSKUR DÜ MEETS MOTORHEADと評されていた(とはいえ、当時はどちらのバンドも聴いたことはなかったので判断がつかなかった)。しかし、その時、初めてのリアルタイムでの出会いを信じ、3rds"MUSH"を購入。いやー、すごかった。ツインギターにあのだみ声でメロディックに歌い上げる。劇渋で格好良くって、CDがレザーで焼き切れて穴が開くぐらい繰り返し聴いたもんです。

fifteen私が購入したSNUFFもLEATHERFACEも演歌で有名な大手レコード会社のテイチクから出た日本盤だった。どう考えても儲かりそうもないリリースだ。栄森さん(?)の尽力のおかげのためかテイチクの暴走はこれだけに終わらず、HARD-ONSMIDWAY STILLの日本盤がリリースされるのだが、どう考えても営業戦略として問題があるような気がする…。ABSの日本盤なんて、私が社長だったら、止めるけどなー。いやー、本当に当時のテイチクってすごかった。で、更に、CDを購入したことが分かる半券か何かを送付すると、"SHAKIN' STREET"というフリーペーパーが5回ぐらい(?)送付されてきた。これまた、SNUFF以外のUKメロディックを紹介したページがあったり、もりだくさんの内容だった(なぜか、捨ててしまった自分が情けない。もう一度読んでみたい)。その中で、BEYONDSのメンバーが今年のベストアルバムとしてFIFTEENの1stを確か1位として紹介しており、それでTIME BOMBにて購入。これが、現在まで長期にわたるFIFTEEN最高伝説の始まりであった…。

それ以降の購入遍歴については、ベストパンクのページをご覧いただけたら幸いであるが(ほとんどが、1990年以降に購入したものである)、FIFTEENが一番、LEATHERFACEが二番、SUPERCHUNKが三番というのは、この十数年変わっていない。別に神格化にしているわけでもなく、柔軟な姿勢で新しいバンドも聴いているのだが、あのぞくぞくするような感覚を味わうことができなくなっている。多分、音楽そのもののせいではなく、歳のせいなんだろう。でも、また新しい出会いを求めて当分新しいバンドも聴いていこうと思っている今日この頃である。ちなみにMANIKINSは最近のヒットです。(終)


パンクへの道PART3に戻る】
FIFTEENとLEATHERFACEが好きだ!に戻る】
【姉妹ページ海外旅行記 小市民の気弱な旅へ】