パンクへの道!PART2

第3話 T.REXに夢中時代(高1〜2-1986〜1988年)

T.REX THE SLIDER海の向こうでDAG NASTYがぶいぶい奮闘していた高校1年の時代になると、同級生同士で編集したテープを交換しあうことが多くなり、かくゆう私も友人岩見氏から1本のテープを借りた。これが運命のテープだったのだが、ある1曲を除いて何が入っていたかは覚えていない。とにかくそのT.REXの"Metal Guru"という曲にとてつもなく惹かれてしまった。は虫類のような声に、変なバックコーラス、滅茶苦茶なストリング・アレンジ、シンプルだが印象的なメロ、なにもかも、今まで聴いたことのない曲で、てっきり最新ロックだと思って、岩見氏に学校でこの曲について尋ねると、1972年の曲で、ボーカルは1977年に亡くなっているときた。

T.REXショックだった。14年前の曲が巷で流れている曲より新しいように聞こえた。摩訶不思議って言葉が似合うこの曲は私にとってのNew Waveであった。で、少ない小遣いの中からベスト盤、2nd「スライダー」、1st「電気の武者」等、CDを少しづつ購入していく。当時は、若干安くなってきたとはいえ、1枚3,200円であったので1枚、1枚真剣に聴いた。3,200円も出したから悪いはずはないと思いながら…。寂しいことだが、もう、あの時代の聴き方はできないと思う。

RIDE A WHITE SWANで、世間で出版されているパンクの教科書的な本には、パンクの元祖としてNEW YORK DOLLSTHE STOOGESMC5等が取り上げられることが多いが、実のところ、ロンドンのパンクス達の直接の師匠はT.REXのはずだと私は常々思っている。70年初期のテクニック至上主義の中で、シンプルなブギーを演奏したT.REXのポップな大ヒット曲の数々を後にパンクスとなった当時10代半ばのガキは熱狂して聴いていたはずだ。そして彼らが楽器を持ったとき、絶対、最初にT.REXを試しに演奏していたはずだ。ONLY ONESなんかもろに影響を受けていると感じるんだけど、私の勘違いだろうか。

CAPTAIN & MARC有名な話だが、パンク以前のバンドがパンクに対して批判的な目で見ていたのに、MARC BOLANはパンクに理解を示し、自身がホストのTV番組"MARC"に数々のパンクバンドを招くとともに、DAMNEDの"Help"を絶賛し、1977年のツアーにDAMNEDを従えている(ライブアルバムの中では、DAMNEDとともに演奏している"Get It On"が収録されている)。そして、逆にあまり知られていないというか興味がないかも知れないが、CAPTAIN SENSIBLEはソロで、T.REXのトリビュート12inch EPコンピ(1987年作品)に参加し、"Ride A White Swan"を愛情を持ってカバーし、T.REXに対する賛辞をジャケット裏に記載するとともに、MARC BOLANとのツーショット写真を載せている。渋いぜ、キャプテン!


パンクへの道PART3に進む】
パンクへの道PART1に戻る】
FIFTEENとLEATHERFACEが好きだ!に戻る】
【姉妹ページ海外旅行記 小市民の気弱な旅へ】