愛すべきその他のMELODIC S〜Z

THE SHAKING HANDS "THE SHAKING HANDS"

THE SHAKING HANDS2008年リリースの1stアルバム。GUNMOLLやGRABASS CHARLESTONSなどのNO IDEA関係がちょっと思い浮かぶ熱い男の直球メロディック、汗撒き散らし系といったところなんでしょうか。哀愁漂いながら燃えていく各々の曲の良さは水準以上ですが、THE SHAKING HANDSらしさが満開となっているかというとちょっと疑問なのかもしれません。しかし、トータルとして優れたアルバムなので、手に取る価値ありだと思います。かなりの格好良さだと思います。私としては、9曲目"Embers"で泣くことにしております。

SCHLEPROCK "PROPELLER"

schleprock出だしの"バタバタバタ"という音を聴くと、すご〜く懐かしくなる1994年リリースのカリフォルニア産。全盛期のDr.Strangeから出ていることもあって、当時はよく聴いておりました。音は明らかに今風ではないけど、メロディック・パンクの魅力は今も持っていると思う。哀愁とかはないけど、小気味よい展開が彼らの持ち味なんでしょう。確かに千円以上の価値があるとは思いませんが、90年代前半のアメリカのメロディック好きは是非。

SCREECHING WEASEL "MY BRAIN HURTS"

screeching weaselラモーンなポップ・パンクの古典的傑作とされている3rdアルバム(1991年リリース)。私は名作とされている4th"WIGGLE"も持っていますが、個人的にはポップという視点からみると、こちらの方が完成されていると思うので、3rdの方がいいです。一気に流れるように最後の大名曲のタイトル曲まで辿りつきます。フロントマンBen Weaselは、我が愛するCRIMPSHRINEに少し関わっているようで、LOOKOUT!のCRIMPSHIRINEのページのバイオグラフィーをBENが書いており、「イーストベイの魂で最高のバンド」と賛辞をおくっております。これだけでも最高!

SHERMER "HOPE IS AN ANCHOR"

shermerLEATHERFACEのトリビュートに入っていてもおかしくないバンドによる1stアルバム(2007年リリース)。エモーショナルな展開はHOT WATER MUSICに近いか。NO IDEA系とも捉えられそうですが、やはりそこにはUKの香りが漂ってます。明るくなくて重めな展開に、二人の渋くて熱いボーカルが重なるところが格好いい!水準以上の曲が揃ってますが、もう一皮むけた珠玉の1曲を期待しちゃいます。

SHOREBIRDS "IT'S GONNA GET UGLY"

shorebirdsex.LATTERMAN, JAWBREAKERのメンバーによる3ピースバンドで、ボーカルはLATTERMANのMattだそうです。リリースがLPなので、iTunesに入れるのが邪魔くさいってことで、躊躇していましたが、少しの手間を嫌がったために、失うものが大きくてはいけないので、購入。買って良かった。嘆息するのではなく、悲しみ等の諸々をエネルギーに変えたかのような熱いボーカルが渋い。これに、メロディックでタイトな演奏が絡んでいきます。個人的には10曲目"The Ballad Of Marvin Heemeyer"等の疾走ナンバーが好み。2008年リリース。

STRUNG OUT "SUBURBAN TEENAGE WASTELAND BLUES"

strung outRANDYの初期のように、とにかく高速に突き抜けていくメロディック・パンク。1996年のFATからの2ndアルバム。演奏力が半端でないらしいんですが、それなりに聴ける演奏さえしてくれれば、お構いなしの私にはどうでもいいことです。しかし、速いながらも、同種のジャンルのバンドで見受けられる全く曲の違いが分からないような単調一辺倒にならず、格好良いメロディーが矢継ぎ早に繰り出されてくるのには、流石に、関心せざるを得ません。実に見事。

TEEN IDOLS "PUCKER UP!"

radonまさしく90年代っぽい感じがするこのバンドをどのように表現したらいいのだろう。簡単に言うと、GREEN DAYとSCREECHING WEASELをごっちゃにして、早回ししたものに、時折出てくる女性ボーカルをアクセントとしたバンドと言えるのでは。これは1999年リリースの2ndアルバムで、後に、BULLETS TO BROADWAYに繋がっていくのが微妙に何となく分かるような作品であります。キャッチーなノリが気持ちいいです。

TEXAS IS THE REASON "DO YOU KNOW WHO YOU ARE?"

texas is the reason1996年リリースの1stかつラストアルバム。教科書的には元NYハードコアバンドらのメンバーによるエモの歴史的名盤と称されております。プロデュースはやっぱりのJ.Robbins。確かにメロディーは素晴らしく名品だけど、若干、LIFETIME同様、過大評価されすぎのきらいもあります。それ程、新しいことをやったという気がしません。ただ単にいい音楽を作ったという評価でいいのでは。私は最初聴いたとき、なぜかDINOSAUR JR.なんかが思い浮かびました。どうも私ってエモに厳しいかも。

THIS IS MY FIST "A HISTORY OF RATS"

this is my fist元AMBITION MISSIONの女性ボーカルが在籍している2006年リリース作品。酒焼けかどうかは分からないが、魅力的なしわがれ声がメロディックに響き渡ってます。AMBITION MISSIONほど、イーストベイなパンクではないかも知れないけど、TILT、DRUNKEN BOAT、FIFTH FOUR HERO等の格好いい女性ボーカルやNO IDEA系が好きであれば挑戦してみましょう。中でも10曲目"E-ville Part 2"が内なる情熱が感じられて好きです。

VENA CAVA "SO E-VOLVED...IN-HU-MAN"

vena cava私どうも男女ツインボーカルに弱いようです。しかも兄弟ときた。サンディエゴ産の2003年リリース、1stアルバム。音自体は破壊力のようなものはないので、DISCOUNTなんかが思い浮かびますが、DISCOUNTにはないハーモニーと曲の良さで彼らの勝ちです。ちなみにバンド名は"大静脈"らしいです。個人的には2曲目"I Don't Belong"や5曲目"Amethyst & Roses"なんかが好みであります。

YELLOWCARD "OCEAN AVENUE"

yellowcard2003年リリースの4thアルバム。別にネタが無くなったから載せたというわけではありません。純粋に良い曲がたくさん収まっていると思います。メロコアとヴァイオリンの融合ということで話題となり、おそらく100万枚(?)ぐらい売ったと思うので巷には安い中古品があると思います。確かにメジャー臭さが一面に覆っており、吐き気を感じる人がいるかもしれないけど、曲が美しいというのは間違いないです。実にお見事であります。


番外編PART1に進む】
愛すべきその他 M〜Rに戻る】
FIFTEENとLEATHERFACEが好きだ!に戻る】
【姉妹ページ海外旅行記 小市民の気弱な旅へ】