最終更新日:2017年4月23日

ワインに目覚めて20年。

おいしいワインを飲んでみたい。味わってみたいという一途な心。

自己流・極主観的に飲んで感じたことを記していきますので、おかしなところなどあったら教えて下さい。

 

お手紙待ってます!

こちらまで
過去の記録
97年 11月12月
98年 1月2月 | 3月4月 | 5月6月 | 7月8月
| 9月-12月
99年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
00年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
01年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
02年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
03年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
04年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
05年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
06年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
07年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
08年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
09年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
10年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
11年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
12年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
13年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
14年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
15年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
16年 1月−3月 | 4月−6月 | 7月−9月 | 10月−12月
17年 1月−3月

今までの金賞ワインたち


評価の一応の目安は、
GOLD・・・探してでも買うべし SILVER・・・売ってたら買うべし BRONZE・・・お金があったら買うべし
NOTE・・・飲みたい日なら買うべし  SKELTON・・・買うべからず


2017年4月のワイン

 

 

4月23日

NOTEAdria 2013/Vega Montan/Bierzo(アドリア/ベガ・モンタン/ビエルゾ)

香水とヴァニラの香りがするキャラメルのような甘ったるい味。続いて出てくるのがコーヒーとチョコレート。よく味わってみると20日に飲んだカリフォルニアほど甘くない。でも常に人工的な香水のような甘ったるい香りがあり、味の傾向と似ているので実際以上に甘く感じる。後味もそう。実際には糖度は高くないのに香りと味がシンクロして、両者のズレのせいで落ち着かないのかもしれない。しかもパーカーポイント92点!少なくとも個人的嗜好には全く合わない。単品価格を見てまたびっくり!62点。セラー専科で5本セット6226円(2017/3/19)。単品価格は2354円。

 

4月22日

BRONZEEl Miracle by Mariscal 2013/Valencia(エル・ミラクル・バイ・マリスカル/バレンシア)

少し重めのボトル。ガルナチャ・ティントレラという品種です。甘さ控えめで苦味に振った感じの熟したグルナッシュ。スパイシーでチェリーやプルーンなど黒系ベリーが複数感じられるけれど複雑というよりは素朴。この価格帯では優良ワインながら、期待しすぎてはダメ。下のワインの残りを飲んだあと続けてこれを一口飲んだら荒くて苦く、正直これを1本飲むのは辛いなぁと思った。でもその後開いてきたのか落ち着いてきたのか、小さくまとまっている優良ワインだと思った。75点。京橋ワインで12本セット16200円(2017/2/4)。単品価格は950円。

 

4月20日

SILVERRanch 32/Monterey(ランチ/モンテリー)

カリフォルニアの赤。ブルゴーニュのピノととてもよく似ている。というか、AOCブルゴーニュを飲む時には、この味をいつも期待している(そして裏切られる)。ということで、理想的なピノ。若い果実の甘酸っぱい味。時間とともに甘さが増してくるが、酸がしかりあるので嫌味じゃないし、もちろん甘ったるくならない。外向的で、タイプとしてはニュイ。ボディーは軽めのミディアム。値段を見てもう一度びっくり。ブルゴーニュだったら確実に2倍はする。80点。タカムラで1382円(2017/4/13)。

 

4月16日

NOTEViognier 2015/Vin de Pays de l’Ardeche/Cave Saint-Desirat(ヴィオニエ/ヴァン・ドゥ・ペイ・ダルデッシュ/カーヴ・サン・デジラ)

白い花の香りがして典型的なヴィオニエ・・・といいたいところだけどブラインドだったらゲヴュルツと答えていたかも。エキゾチックな雰囲気は満々。ミネラルが強く、後味に残る苦味はサンペレグリノみたい。でも、味は濃いのに平面的で変化は全くなく、チリワインの方がストレートかつ柔軟。単品で楽しめるほど個性はなく、料理に合わせるには我が道を行き過ぎ。70点。京橋ワインで12本セット16200円(2017/2/4)。単品価格は1598円。

 

4月14日

NOTEMorgon 2012/Domaine de Javerniere/Georges Duboeuf(モルゴン/ドメーヌ・ドゥ・ジャヴェルニエール/ジョルジュ・デュブッフ)

クリュ・ボジョレのモルゴン。酸味+明るさ+甘み<苦味+暗さ+甘み。じっくり嗅ぐとはっきりしたイチゴの香りがあるが味も香りも弱く、明らかに閉じている。ボディーはミディアムで骨格はしっかりし潜在力は認めるけれど、今これを飲むより11月に飲むヌーヴォーの方が気軽に楽しめてずっといい。70点。セラー専科で5本セット6226円(2017/3/19)。単品価格は3218円。

 

4月11日

BRONZEDomaine de La Cendrillon "Classique" 2013/Corbieres(ドメーヌ・ドゥ・ラ・サンドリオン・クラシック/コルビエール)

シラー、グルナッシュ、カリニャンというこの地域に典型的なセパージュ。なので味も予想されるように厚みのある黒系果物のジャム。だけど力でくる感じは全くなく小ぶりにまとまっており、ローヌワインからスースーするようなハーブやピリピリとした胡椒ぽさを除いたような穏やかな味。74点。京橋ワインで5本セット6226円(2017/3/19)。単品価格は2462円。

 

4月8日

NOTECasale Mattia 2015/Terre Lavichi e/Frascati(カサーレ・マッティア/テッレ・ラヴィケ/フラスカーティ)

イタリアのビオワイン(白)。色は濃く、きれいな麦色。味ははっきりくっきりなんだけど・・・。酸味も苦味もたっぷりしっかりでいるのに無個性。しっかり仕事をしているがゆえに、いるのかいないのかわからない人みたい。食事を邪魔することはまずないので、食中酒としては最適かも。71点。京橋ワインで12本セット16200円(2017/2/4)。単品価格は不明。

 

4月5日

BRONZEMarsannay 2013/Moillard-Grivot(マルサネ/モワヤール・グリヴォ)

ラベルと中身とがぴったり対応している。ほどほどに濃いきれいなルビー。いちごのような若く明るく甘い香りとカシスのような暗く苦味を感じさせる香りがうまく調和。コクもあり、若さと熟成がバランスよく溶け込んだ、いかにも5年目のブルゴーニュ。足りなかったのは味の変化だけだけど、それはないものねだり。75点。京橋ワインでブルゴーニュ5本セット10778円(2016/12/5)。単品価格は2894円。

 

4月2日

BRONZEApollonio "Mani del Sud" 2013/Copertino(アポッロニオ・マーニ・デル・スド/コペリティーノ)

産地は長靴の踵。南イタリア赤。ネグロ・アマーノというぶどうが主で、他にモンテプルチアーノなど。期待しないで飲んだがとてもよかった。イタリアワインでは珍しくジャムのようなネットリとした甘みが舌にまとわりつく。黒ベリーとかスパイス香とか、ローヌの味わいに似ていて、でもイタリア的な人当たりのよさをもっている。75点。京橋ワインの12本セット16200円(2017/2/4)。単品価格は1814円。

 

 

 

 

 


レストランみてあるき
管理人プロファイル