生方史郎の「古典派からのメッセージ」




●あなたは人目の読者です●
(SINCE 2000.5.14.)



●近況メモ●

 

平成27(2015)年8月15日(土)晴れ

 戦後70年に際して、安倍晋三首相の談話が昨日発表されました。19世紀の西洋列強のアジア進出から説き起こし、近代日本の世界史上の役割とその限界を指摘・自覚しつつ、戦後70年の歴史を誇らしく振り返っています。適切でオーソドックスな日本近現代史回顧だと感じます。 また、第二次大戦直後の日本の困窮に戦勝国が手を差しのべたことへの感謝を述べているのは、これまでの日本の政治指導者が触れなかった点ではないでしょうか。このくだりもよくできていると思います。 さらに、戦後我が国が自由と民主政治を守ってきたことを強調することは、中国の政治体制や近年の独善的国際行動への「批判」「あてつけ」にもなっており、これもよくできていると感じました。韓国と中国だけがこだわるキーワードがいくつ入っているとか入っていないといったくだらない詮索をせず、素直に読めば、よくできた談話だと思います。全文を通して読むことをお勧めします。

 

平成27(2015)年2月23日(月)曇り

 旧暦の新年も過ぎました。今日は特に暖かな春の空気を感じる一日でした。歩いていると、春を感じさせる草木にもよく出くわすようになりました。左の写真は愛知県豊田市の実家の庭に咲き初めた福寿草です。ふだん何気なく踏みつけているような所から、ある朝気づくと黄色の花が顔を出していて驚きました。まるで「私たちのことを忘れないでください」と訴えているかのようです。右の写真は、名鉄三河線「若林」駅から徒歩5分ほどの所にある逢妻男川の岸辺に咲いた紅梅です。鮮やかな色合いは目を引きます。

 豊田市内を南流する逢妻男川と逢妻女川が、豊田市と知立市の市境付近で合流し逢妻川となって衣浦湾へ注いでいます。逢妻男川は名鉄三河線に沿って流れているので、小生の子どもの頃から青春時代にかけての生活の風景のひとつでした。でも昔は生活用水や工場の排水も流れ込んだどぶ川でした。今でも同じような状態かと思って川をのぞいて見ると、意外にきれいなのにも驚きました。流域の子どもたちやボランティアによってかなり清掃活動が行われるようになり、魚たちも棲息しているようです。工業都市に住む人たちも自然環境を大切にする時代になったのだと実感した次第です。

     

 

 

●これより以前の「近況メモ」●

2011年〜

2010年1・2月 2010年3・4月 2010年5・6月 2010年7・8月 2010年9〜12月

2009年1・2月 2009年3・4月 2009年5・6月 2009年7・8月 2009年9・10月 2009年11・12月

2008年1・2月 2008年3・4月 2008年5・6月 2008年7・8月 2008年9・10月 2008年11・12月

2007年1・2月 2007年3・4月 2007年5・6月 2007年7・8月 2007年9・10月 2007年11・12月

2006年1・2月 2006年3・4月 2006年5・6月 2006年7・8月 2006年9・10月 2006年11・12月

2005年1・2月  2005年3・4月 2005年5・6月 2005年7・8月 2005年9・10月 2005年11・12月

2004年1月〜3月   2004年4月〜6月   2004年7月〜9月   2004年10月〜12月

2003年1月〜6月   2003年7月〜12月

2002年

2000年〜2001年



●更新履歴●

2015年2月16日   読者の広場(掲示板)に書き込み

2013年3月23日   自由をよりよく生きるためにを掲載

2012年2月17日   東日本大震災と金融機関を掲載

2011年7月11日   ドラマと歌舞音曲と−心に残る「羽衣」を掲載



●ネット版序文●

 小生が自作の雑文集を公にしようと思い立った経緯は、本文の「序」をお読みいただきたいのですが、要するにこのホームページは、「情報」を得るためのサイトではありません。自立した大人が「考えるヒント」を得るためのサイトであり、より良き生き方を求める人が「古典と対話するための感性」を覚醒させるためのコーナーであり、日々実務に追われる誠実な職業人が「日常生活から離れた知的好奇心」を喚起するためのページです。

 このサイトは、あたかも本を読むような構造に出来ています。どうか読書気分で開いて下さい。ただしインターネットの唯一の欠点は、本と違い、寝転がって読めないことです。そのうちにまとめて本にできたら、と思っています。

 ご意見、ご感想などを是非メールでお寄せ下さい。できる限り、お返事するようにします。もしあなたのご意見、ご感想を公開させていただいてよろしければ、掲示板にご記載下さい(ペンネーム、匿名でも結構です)。

平成12(2000)年5月

生方史郎



●内容●

古典派からのメッセージ・1973年〜1999年:すべて掲載済み

古典派からのメッセージ・1999年〜2000年:四編を除き掲載済み

古典派からのメッセージ・2001年〜2002年:三編を除き掲載済み

古典派からのメッセージ・2003年〜2004年:一編を除き掲載済み

古典派からのメッセージ・2005年〜2006年:三編を除き掲載済み

古典派からのメッセージ・2007年〜2008年:すべて掲載済み

古典派からのメッセージ・2009年〜  :掲載中



●ご意見、ご感想などのメールは「こちら」へ●



●掲示板(読者の広場)●



●リンク集●



●管理人履歴●